朝 目 むくみ。 【医師監修】顔のむくみを解消!朝起きたら簡単にできるマッサージ方法

二重まぶたが”むくんで”一重に!朝に即効で効果の出るマッサージ方法とは?

朝 目 むくみ

1.朝に行う、顔のむくみ対策 顔がむくんでいるときは、血行を良くすることが大切です。 そこでおすすめなのが「 冷温パック」と「 首マッサージ」です。 洗顔後、の前に行いましょう。 冬は水道水そのままでもよいですが、夏は水がぬるいため、洗面器または丈夫な袋に氷水を入れて濡らします。 (3セットくらい) 【ステップ2】首マッサージ 次に首をほぐすことで、顔をスッキリさせることが期待できます。 首を回します。 (5周くらい) 首を右に傾けて、左のラインを伸ばします(5秒くらい)。 滑りさえよくなればどんなクリームでも良いですが、あとで紹介するようなを使用すると顔のマッサージも同時にできるのでおすすめです。 顔のむくみ対策に便利なアイテム【肌らぶ編集部おすすめ】 すぐに実践できる対処方法をご紹介しましたが、こちらでは、時間をかけてでもしっかりマッサージをしたいという方にぜひ常備していただきたい、自宅でのお役立ちアイテムをご紹介します。 肌への摩擦による負担を防ぐために、指のすべりをよくしてくれるマッサージクリームを取り入れましょう。 成分が配合されているマッサージクリームをご紹介します。 そこで、これ以上むくみに悩まないためにも、そもそもむくみとは一体何かを知ることから始めましょう。 むくみは「浮腫」と書きます。 つまりは単純に身体の中の水分量が多くなったり、血行が悪く、水分が特定の場所に集中してしまった結果、膨らんで見えてしまうことを指すのです。 また、顔のむくみは、基本的に朝に起こりやすく、夜は足に目立つことが多いようです。 それは重力が関係しているためと考えられています。 日中は、立っていることや座っていることが多いので、重力で上から下へ水分が下に向かうため、夕方から夜になると足に水分がたまりやすくなります。 そして、寝ている間は、身体が横になっているので、日中にたまった水分が足から顔に再度流れ、顔がむくみやすくなるのです。 3.むくみの主な5つの原因 むくみの原理が分かったところで、むくみにつながる主な原因として考えられていることを、5つご紹介します。 普段の自分の行動に当てはめて考えてみましょう。 3-1.塩分の摂り過ぎ 塩分を摂り過ぎると、高くなった塩分濃度を薄めようとして、身体から喉が渇いたというサインが出ます。 そしてそのサインにより水を飲み過ぎてしまい、余分な水分がたまることで、むくんで見えてしまうことがあります。 塩分だけで水は飲んでいないという場合でもむくみが出ることがあります。 これは、体内にある水分を逃さないようにするため、身体が水分をためこもうとする現象が起きるためだと考えられています。 3-2.アルコールの飲み過ぎ アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。 また、塩分と同じように、アルコールだけで水を飲まなかった場合でも、身体が水分を溜め込もうとするためむくみに繋がることがあります。 さらに、お酒のつまみで塩分を摂り過ぎるというのも原因の一つです。 3-3.血行が悪くなっている 水分を摂り過ぎていても、きちんと流れているのであれば排出されるので、すぐむくみに繋がるということは考えにくいでしょう。 むくんでいるということは、血行が悪くなっているというサインでもあります。 不足や長時間のデスクワークなど、身体が全然動いていないと血行は悪くなりますし、冷え性の方も血行が悪くなりやすいのでむくみやすくなると言われています。 3-4.ホルモンバランスの影響 女性の場合、月経前や月経中に顔や身体がむくみやすくなることがあります。 月経前に多く排出されるといわれるホルモンは、体内に水分をため込む働きがあるといわれています。 また、月経が始まると全身の血行が悪くなり、結果、顔など「部分的」にむくみが現れると考えられています。 3-5.病気のサイン むくみがずっと続くようであれば、身体のどこかに異常があるサインかもしれません。 軽視しないで一度病院で診てもらうことも視野に入れましょう。 4.むくみの対策法 むくみの原因は分かったけど、具体的にどうしたらいいかお悩みの方のために、今日から始めてほしい4つの対策方法をご紹介します。 4-1.塩分を抑える工夫をする 一般的に、1日の食塩摂取量は、成人男性が8g未満、成人女性が7g未満と言われているので、超えないように注意しましょう。 といっても、塩分量を常に計算することは難しいと思いますので、以下のポイントを最低限抑えるようにしましょう。 全部飲みほすのではなく、できるだけ残すようにしましょう。 残すことに心苦しさがある方は、初めから違うものを選択肢に加えることも大切です。 何事もやりすぎはよくないことを意識しましょう。 4-2.カリウムを積極的に摂る 健康的な食生活を心がけたうえで、状況に応じてカリウムを上手に取り入れるのもよいでしょう。 4-3.締め付けるパンプス・ガードルは控える 身体を締め付けてしまうような靴や服・下着、ストッキングなどは、できるだけ控えましょう。 特に女性の場合、靴のサイズが合っていないことも多いので、見直してみてください。 4-4.休憩タイムのストレッチ デスクワークで座りっぱなしの方ほどむくみやすいので、途中で特に足を意識して動かすようにしてください。 仕事をしながら座ったままできるストレッチと、コピーを待ちながらなど立っている時間を有効活用できるストレッチを紹介します。 帰りの電車の中でやるのもおすすめです。 30回くらいやりましょう。 ふくらはぎがぴーんと伸びていることを意識しながら、30回くらいやりましょう。 5.最後に 顔のむくみを中心に、顔のむくみ対策方法や、むくみの原因・予防法などをご紹介しました。

次の

目元ぱっちりマッサージで朝のむくみ目を解消!

朝 目 むくみ

まぶたは目立つ場所のため、むくみがあると見た目上気になる人も多いかもしれません。 しかし、原因によっては見た目の問題だけではなく、何らかの病気が原因となっており対処が必要なこともあります。 新しい化粧品を試したらまぶたがむくんでしまった• 目がかゆくなりこすったらまぶたが腫れてしまった• まぶたや顔が腫れぼったくなった このような症状が現れた場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 まぶたのむくみがあるときに考えられる病気 まぶたのむくみがある場合に考えられる主な病気には、以下のようなものがあります。 麦粒腫 ばくりゅうしゅ ・ 霰粒腫 さんりゅうしゅ はまつ毛の根元近くにある、皮脂腺や汗腺に細菌が感染した状態です。 一般的には「」と呼ばれてることもあります。 膿が溜まってしこりができ赤く腫れ、痛みやが強い場合が多いとされています。 はまつ毛の根元近くにある脂腺に詰まりが起こり、分泌物などが溜まってしこりや腫れができます。 通常は症状は腫れやしこりのみで赤み・痛みの症状はないとされています。 感染を起こしているはと症状がよく似ており、見分けが難しいこともあります。 受診の目安とポイント 泣きすぎた、うつ伏せで寝ていたなど、明らかな原因が思い当たらないのに、まぶたのむくみや腫れが続く場合、眼科もしくは皮膚科を受診しましょう。 眼科か皮膚科かというはっきりした決まりはありませんが、皮膚の表面にただれが明らかな場合などは皮膚科がよいでしょう。 逆に、目そのものの痛みや目やになどを伴う場合には眼科を受診しましょう。 受診の結果原因が見当たらない場合や、全身の病気の影響が疑われた場合には内科受診をすすめられることもあります。 受診の際にはいつからどのような症状があるか、痛み・赤み・目やに・などはあるか、息苦しさなど全身の症状がないかを伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の行動によってまぶたのむくみが起こることもあります。 塩分・水分・アルコールの摂りすぎ 塩分を摂りすぎると体に水分が溜まりやすくなります。 体質にもよりますが、飲酒をすると翌朝むくみが起こりやすくなるという人もいます。 アルコールによるむくみを予防するには アルコールを摂ることでむくみやすくなる体質の人は、適度な飲酒量に留める・就寝前の飲酒を避けるなど工夫が必要です。 目を強くこすった 目をこすり過ぎるとその刺激で血管から水分が漏れ出し、むくみが起こりやすくなります。 目をこすらないためには 目をこするときにはや違和感がある場合が多いですが、まずはその原因を取り除きましょう。 また、があっても強くかいてしまうとますますむくみが起こりやすくなります。 冷たいおしぼりや、保冷剤をタオルで包んだものなどで冷やすとがやわらぐ場合があります。 良くならない時には 自分でできる工夫を試してもまぶたのむくみがよくならない場合には、一度眼科で相談してみましょう。

次の

朝、顔がむくむ原因と顔のむくみ解消法11個(予防対策もご紹介)

朝 目 むくみ

1.まぶたがむくんだ朝にする対処方法3ステップ まずは今あなたを悩ませているむくみを、一時的にでもスッキリさせましょう。 そのための方法を3ステップに分けてご紹介します。 時間がある場合は先に湯船につかっておくとより効率的です。 ステップ1:首リンパマッサージ まず最初に首をほぐすことで、顔と首の血行を良くしましょう。 首を右に傾けて、左のラインを伸ばします(5秒くらい)。 あくまで滑りを良くして首への負担を少なくするためのものなので、首専用のクリームではなく、ボディクリームや乳液、顔用のマッサージクリームなどでも代用できます。 また、柔らかいタオルをあてる方法もおすすめです。 洗顔との間に行いましょう。 タオルを2枚用意します。 洗面器または丈夫な袋に氷水を入れ、その中にタオルを浸して濡らします。 冬場は水道水のままでも大丈夫です。 (3セットくらい)どちらのタオルもぬるくなってきたら再度冷たく(温かく)し直します。 目元を重点的に、顔全体にあてましょう。 ステップ3:ポイントマッサージ 最後に直接目元をおさえてむくみをとります。 まぶたのむくみにおすすめのポイントはいくつかありますが、その中でも比較的分かりやすい2つのポイントを紹介します。 人差し指(押しやすい指でかまいません)で、を押し上げるように上向きに5秒程度押します。 痛気持ちいいくらいの強さです。 5セット程繰り返します。 人差し指(こちらも押しやすい指でかまいません)で、まっすぐ5秒程度押します。 こちらも痛気持ちいいくらいの強さで、5セット程繰り返します。 この2つのポイントは、まぶたのむくみだけでなく、目の疲れをとりたい時や、眠気をとりたい時にもおすすめなので、ぜひ仕事中疲れた時や、リフレッシュしたい時にも押してみてください。 3.タイプ別 むくみの原因と解決方法 対処法についてお伝えしましたが、そもそもどうしてむくんでしまったのかが分かっていないと、同じことを何度も繰り返してしまいます。 自分の行動を思い出しながら確認しましょう。 横になっている時間が長いので、それだけ全身の水分が顔に集中しやすくなってしまいます。 また、反対に睡眠不足の場合も、目元は疲れが出やすいパーツであるため、むくみとして現れやすくなるといわれています。 いつもうつ伏せだけど今日だけむくんでいるという場合は、別に原因がありますが、できるだけ仰向けで寝るようにしましょう。 うつ伏せで寝ることを繰り返すと、顔の骨格が歪み、顔の血行が悪くなることでむくみが出やすい身体になってしまいます。 泣いてしまった場合は、できるだけ涙が止まるまで目には触れずにまずは涙を出しきって、落ち着いてから目をこすらないように優しく拭き取りましょう。 そしてその後、いつもより多めにクリームを塗ってあげましょう。 メイク落としシートはどうしてもの時だけ使うようにして、使う時はしっかりシートの液を染み込ませてから優しく拭きとるように心がけましょう。 また、必ず目元をクリームでしっかり保湿してあげてください。 まぶただけではなく顔全体のむくみも当てはまります。 原因は一つだけというわけではなく、少しずつ積み重なった結果の場合がほとんどなので、特に身に覚えのあるものから、順に対策していきましょう。 まくらは、基本的に真っ直ぐな状態で立っている時と同じ姿勢を保つことができる高さにしましょう。 むくませない、かつ首のも防ぐことが期待できます。 まくらを買うときに寝転がって確かめられると良いのですが、それができない場合は、あらかじめ低めの枕を買って、足りない高さをタオルで埋めるようにしましょう。 身体は血液中の塩分濃度を一定に保つように調整する仕組みがあるためです。 このサインにより水分を摂り過ぎてしまうため、むくみとして現れることが考えられます。 また、水分はあまり摂っていないのにむくみが現れる場合もあります。 身体が必要としている水分が十分に摂取できていないと、体内にある水分を逃すまいと身体が水分を蓄え始めることで循環が悪くなり、むくみを感じる原因につながるといわれています。 塩分を摂り過ぎてしまったと感じたら、2で紹介したカリウムの多い食べ物を意識的に摂るようにしましょう。 その結果身体から水分がなくなり、喉が渇くので水を飲み過ぎてしまいます。 また、塩分と同じように、水を飲まないと、身体が水分を溜め込んでしまうためむくみに繋がるといわれています。 さらに、お酒のつまみで塩分を摂り過ぎるというのも理由になるようです。 むくんでいるということは、血行が悪くなっているというサインでもあります。 不足や長時間のデスクワークなど、身体が全然動いていないとむくみやすくなりますし、冷え性の方はより血行が悪くなるのでむくみやすくなるようです。 一駅早く降りて歩いてみる、エレベーターではなく階段を使うなど、少し多めに歩く工夫をしたり、休憩中にストレッチをするなど意識することから始めてみてください。 4.むくみたくない日の前夜に行うスペシャルケア 明日はむくみたくない!そんな夜におすすめのスペシャルケア2ステップをご紹介します。 前章で紹介したことと合わせて、取り入れてみてください。 【ステップ1】湯船につかる 血行を良くするために、まずは湯船につかりましょう。 15分くらいを目安に、じっくりと身体を温めましょう。 湯船につかりながら、手足のグーパー体操などをするとより末端まで温まりやすくなります。 【ステップ2】顔と首をマッサージする 湯船でしっかり温まったら、疲れを翌日まで持ち越さないようにするために、マッサージを行いましょう。 こわばった筋肉はその日のうちにほぐしてあげることが大切です。 その際は必ずを使用してください。 顔だけでなくフェイスラインから首にかけても同時に行うことで、よりすっきりすることができます。 5.最後に 朝の外出前にできる、まぶたのむくみへの対応方法や、まぶた・目元や顔のむくみの原因などについてお話ししました。 まぶたのむくみは基本的に時間がたてばおさまるといわれていますが、それでは根本的な解決になりません。 それに、朝はなかなか時間もありませんし、毎日このケアをするのは大変ですよね。

次の