ご 査収 の 程 宜しく お願い 致し ます 意味。 「よろしくご査収ください」は正しい日本語ですか?

ご査収くださいの意味とは?間違いやすい使い方と言い換え表現も

ご 査収 の 程 宜しく お願い 致し ます 意味

相手に送った添付書類やファイルを確認してほしい時に使う言葉です。 「ご」…尊敬語。 ていねいなニュアンスが加わります。 「査」…調べる、確認するという意味の漢字。 「収」…受け取る、おさめるという意味の漢字。 つまり、データ等の内容を「確認した上で受け取ってください」を、より丁寧に言い替えた言葉です。 【OK】 ・メールに書類等のデータを添付し、相手に確認してほしいときの文末 ・書類や商品を相手に確認してほしいときの送付状の文末 【NG】 ・そもそも確認してほしい物やデータがない場合 ・すでに相手が確認し終えたものを、送付側の都合で再度確認してほしい場合 確認するものがないのに「ご査収」を使うと、相手が混乱してしまうので注意しましょう。 「のほど」をつけることで印象をやわらげる効果があります。 「ご査収ください」ではどこかぶっきらぼうな印象を受ける…と心配になら「ご査収のほどお願いいたします」と書いて、よりやわらかで丁寧にしましょう。 主に使えるのは下記の5つです。 ・確かにいただきました ・拝受しました ・拝領しました ・拝見しました ・受領しました 「ご査収」は丁寧な言葉なので、受け取った側も「受け取りました」ではなく、「拝受」などの丁寧な表現とお礼を使い、しっかり確認したことを伝えましょう。 ・資料を添付したのでご査収ください。 ・納品書を同封いたしますので、ご査収ください。 ・サンプル品を同梱いたします。 お手数ですが、ご査収のほどお願いいたします。 ご査収の上、ご検討のほど宜しくお願い致します。 ・明日のプレゼン資料です。 ご査収の上、お返事いただければ幸いです。 ・商品が完成いたしました。 ご査収の上、改善等あればご連絡いただきたく存じます。 その時は他の言葉に言い替えて、マンネリ化を防ぎましょう。 「ご査収」のように添付物がなく、メールやある一部分を確かめてほしいときは「ご確認ください」を使いましょう。 「ご査収」との最大の違いは、発注をうけて物やサービス、データなどを納品する際にのみ使う言葉、という点です。 「ご査収」と同じように、上司や取引先に、企画書などを送る際、このように書き添えるといいでしょう。 親しい相手に、「笑って受け取ってください」と伝えるときに使います。 「ご査収」とは違い、大事なビジネスの取引先に対して用いるのは控えましょう。 食べ物を送る時に、この表現を書き添えてください。

次の

敬語で目上の人に対して「の程」は使って良い?正しい使い方・例文

ご 査収 の 程 宜しく お願い 致し ます 意味

ほど(程) 程度 婉曲表現 ある一定の間の時間 大体の時刻 大体の距離 大体の面積 特定の場所をおおざっぱに指す表現 「検討のほど」の「のほど」とは、漢字では 「の程」と書きます。 「ほど(程)」には沢山の意味がありますが、ここでは 婉曲表現の言葉です。 婉曲表現とは 「断定の表現を和らげるために使う言葉」で、読み方は「えんきょくひょうげん」となります。 どういうことかというと、 単純に「ご検討ください」も敬語ですが、「検討しろ」という命令形の圧力があります。 実際お願いをしているとしても、言われた人は「立場もわきまえず上から目線だ」と思うでしょう。 ビジネスでこのようなストレートすぎる言葉は、特に社内・社外問わず目上の人や社外の人、お客様には使わないのです。 とはいえ、ビジネスシーンでは社内であっても目上の人に何かしらお願いをしなければならないことはあります。 そんな時に「のほど」を使えば、相手が受ける圧力を減らして失礼のない言い方ができるというわけです。 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、漢字で書くと 「ご検討の程宜しくお願い致します」と書くことが出来ます。 「ご検討の程よろしくお願いいたします」とも書けるでしょう。 口で言う場合はあまり関係ありませんが、ビジネスメールや手紙では漢字を使うか使わないかで大きく印象が変化するでしょう。 ひらがなが多い「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は柔らかくて優しい印象があります。 一方漢字で書く 「ご検討の程宜しくお願い致します」はしっかりしていて固い印象でしょう。 このような違いはありますが、どちらを使わなければならないという決まりはありません。 メールや手紙で使う場合、ビジネスらしい固さが欲しいなら漢字で書き、優しい雰囲気を出したいならひらがなを使うと良いでしょう。 【例文】 「詳しいご案内はこちらとなりますので、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます」 「ご検討のほどお願い申し上げます」は、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と使い方も意味も殆ど同じです。 こちらも「ご検討の程」と書くことも出来、「ご検討の程お願い申し上げます」「ご検討をお願い申し上げます」とも言えます。 「お願い申し上げます」は固い表現のため、メールや手紙の方が良く使われるでしょう。 ただし、 「お願い申し上げます」よりは「お願い致します」の方が丁寧です。 また 「お願い申し上げます」は定着した言葉ですが、本来文法的に正しくありません。 不快感を覚える人もいるため使い方には注意しましょう。 【例文】 「ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 「ご査収」の「査収」とは「よく確認して受け取る」という意味の言葉を丁寧にした表現です。 「ご検討」とはニュアンスが違うためそのまま言い換えや同じ使い方は出来ませんが、「検討」は「良いかどうかを考える」という意味なので類語として紹介します。 「ご査収」は目上の人に資料や企画書等を渡す際に使われます。 ビジネスではよく使われますが、日常ではあまり聞かない言葉です。 例文にあるような「ご査収お願いします」といった依頼の表現で使うことが出来ます。 「ご査収」と似た言葉に「ご検収」というのもありますが、これはデータや納品物を受け取る言葉です。 「ご査収」と「ご検収」は相手に渡すものが違うという点に注意しましょう。 役割 動作をする人 例 尊敬語 相手を上に上げる 相手(目上) 召し上がる、お越しになる 謙譲語 自分を下げる(へりくだる) 自分 いただく、参る 丁寧語 丁寧になるようにつける語尾 です、ます、ございます 敬語には 尊敬語、 謙譲語、 丁寧語の三種類があり、それぞれ役割が違っています。 尊敬語は相手を立てる言葉、謙譲語は自分がへりくだる言葉、丁寧語は口調を丁寧にする語尾です。 尊敬語が指す言葉は相手がする動作で、謙譲語は自分がする動作となります。 例えば「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の場合、「検討」するのは相手で、「お願い」するのは自分の筈です。 よってここでの「ご検討」は尊敬語、「お願い致します」は謙譲語になります。 「ご(御)」は尊敬語にも謙譲語にもあるので、周りの文脈から見極めるほかなく、「ご思案」も「ご査収」も文によっては尊敬語にも謙譲語にもなります。

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご 査収 の 程 宜しく お願い 致し ます 意味

「ご査収の程よろしくお願い致します」は、転職や就活において、メールなどで履歴書やエントリーシートを送付する際にも使うことができます。 具体的な例文を確認しましょう。 まずは、転職の際に履歴書をメールで送付する際の例文です。 このたび貴社の求人広告を拝見し、記載されている 営業職へと応募いたしたく、連絡いたしました。 添付にて履歴書を送付いたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 ご査収の程よろしくお願い致します。 次に、就活の場面で、エントリーシートをメールで送付する際の例文です。 表題の件、エントリーシートをメールにて送付いたします。 お手数をおかけいたしますが、 ご査収のほどよろしくお願い致します。 ビジネスメールなどで、先方から「ご査収の程よろしくお願い致します」という文言の含まれた文書がきた場合には、どのように返事をすればよいのでしょうか。 確認しておきましょう。 繰り返しますが、「ご査収」の正しい意味は「よく調べて受け取ること」です。 なので、「受け取りました」という意味合いの返事だけでは「調べたかどうか」が不足しています。 「受け取ったこと」と「きちんと確認したこと」の両方を伝えましょう。 【例文】• 確かに受領いたしました。 確認いたしましたところ、特に問題はございませんでした。 ご送付いただきありがとうございます。 早速拝見いたしましたところ、修正していただきたい箇所がございましたので、ご連絡いたします。

次の