り いこ ちゃん。 ぎこちゃん

生駒里奈

り いこ ちゃん

概要 [ ] 由来 [ ] が選ばれた理由は、以下の3つの特徴を持っていることによる。 「先進性」 - なのにから産まれたり、を連想されるを持っていたりする。 「機能性」 - 泳ぎに活用されるや特大の水掻き、エサを漁るくちばしなどを持っている。 「」 - 微弱なをくちばしで感じ取る能力を、ICカードの非接触通信機能と掛けた物。 ただし、カモノハシは、分類上は原始的な哺乳類とされており「先進性」の象徴としては、やや難のある説明である。 (爬虫類との比較では、「先進的」になる) 沿革 [ ] ICOCA登場当初の名前は「 イコカモノハシ」および「 カモノハシ教授」だった。 前者の名前の由来は「 ICOCAを もって のれば はやくて しあわせ」という文章の略からきている。 後にICOCAのキャラクターとして定着してからは、JRのポスターなどでも専ら「 カモノハシのイコちゃん」と称されている。 目の形も当初はたれ目であったが、最近は釣り目となっている。 のは、初期のたれ目のままである。 管内では、支社独自で作成したポスター・パンフレットに初期のたれ目のものが散見される。 テレビ登場当初から、同じくイメージキャラクターとして起用されていたとのコミカルなが放映され、ではこのツーショットが定着している。 初期の関西地区でのCMではが声を当てていた。 広島地区では、・が、ICOCAサービス開始時やエリアでの利用開始時に5分間のミニ番組を放送し、その中でイコちゃんのぬいぐるみも登場した。 2013年11月1日より、ICOCA導入10周年を記念して、駅・券売機で発売されるICOCA(大人用)のカードデザインが、イコちゃんのイラストの入ったものに、順次変更されている。 なお、ポスター等では名前に掛け、黒板に「1月5日 火 」と書き、キャラクターが共演したものがある。 にぬいぐるみが飾られている駅があるほか、JR西日本関連のイベントや、の応援 で着ぐるみが登場することもあり、実質的にJR西日本全体のマスコットキャラクターという位置づけもなされている。 (2011年からICOCAの取り扱いを開始)の主要駅では、ICカード専用自動改札機の足元に存在する空間 にぬいぐるみが入れられていたことがある(現在は改札機が更新されたため見られない)。 また、JR西日本の駅構内に設置されている飲料の自動販売機のうち、ICカード対応機「curico」にはイコちゃんが描かれている。 「curico」という愛称が付けられる前は、カードリーダーを指しているイラストが描かれたものもあった。 仲間 [ ] イコちゃんのイラストが貼られているICOCAチャージ機(下部にイコ太とイコ美も描かれている) ほかに、「SMART ICOCA」のキャラクターとして「SMART ICOCA」と書かれたがま口をぶら下げた銀色の「イコちゃん」(当初は、青色のイコちゃんにスーツと眼鏡をかけたイラストだった。 また、長らくこのキャラの正式名称は不明だったが、ぬいぐるみ発売の際に発売元サイトにて「 スマートイコちゃん」と命名されている)や、「こどもICOCA」のサービス開始時に登場した子供のカモノハシのキャラクター「 カモノハシのイコ太」と「 カモノハシのイコ美」が存在する。 イコ太とイコ美の愛称は公募によって決められたもの。 グッズ [ ]• が関西圏、岡山・広島圏の・で販売されている。 2004年に発行枚数100万枚を達成した際には、が売り出されたこともあった。 (平成20年)3月より、イコちゃんのぬいぐるみを再度販売し、同年4月より構内の売店などで各種イコちゃんグッズも販売している。 それ以降、定期的にグッズを発売するようになる。 (平成20年)10月14日より、関西圏16駅と、、、の、・にて、入りのイコちゃんストラップ(第1弾)が発売された。 イコちゃんのポーズは3種類で、口を閉じているスタンダード、口開け、寝そべっているものがあり、このうちのどれかをその駅単位で販売している(ネット上での販売はされていない)。 (平成20年)12月19日より、との全駅(第1弾発売駅除く)、を対象とした第2弾も発売された。 その後、駅によってスマートイコちゃんやイコ太、イコ美がついたストラップも順次発売され、現在はのほぼ全駅の売店などで売られている(中には、ほぼ全駅分のストラップを売っている構内の「」のような所もある)。 また、駅によってはご当地ストラップとしてイコちゃんに名物を組み合わせたストラップも発売されている。 500円という価格設定や駅名標とイコちゃんの完成度が高いこともあって、イコちゃんグッズの中でこれだけが売り切れていることが多い。 2008年11月1日、誕生日が同じ(11月1日)ということもあり、がイコちゃんの着ぐるみをかぶっているバージョンのぬいぐるみも発売された。 さらに、SMART ICOCAのキャラ「スマートイコちゃん」ぬいぐるみも12月10日から発売となった。 キヨスク・デイリーイン・ハートインで購入できるほか、のポイントと引き換えに手に入れることもできる。 より、において、カモノハシのイコちゃんの意匠による内装、調度品で揃えられた「ICOCAルーム」が営業を開始した。 には、サービス開始10周年を記念したグッズが多数発売される。 イコちゃんイラスト入り記念ICカード [ ]• 2003年11月1日 - 5万枚 【JR西日本】ICOCAデビュー記念ICOCAカード イコちゃんの上半身アップのイラスト• 2004年8月1日 - 5万枚 【JR西日本】ICOCA・Suica相互利用記念ICOCAカード とイコちゃんがをしているイラスト• 2004年8月1日 - 5万枚 【】Suica・ICOCA相互利用記念Suicaイオカード 同上だがペンギンが先頭• 2004年12月6日 - 10万枚【JR西日本】三都・光コレクション記念ICOCAカード 「」「」「」の写真とイコちゃんのイラスト• 2007年9月1日 - 3万枚【JR西日本】岡山・広島エリアサービス開始記念ICOCAカード イコちゃんが(岡山の名産)と(の名産)を持っているイラスト• 2008年3月29日 - 3万枚 【JR西日本】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念ICOCAカード イコちゃんがSuicaのペンギンとTOICAのひよこと手をつないで輪になっているイラスト• 2008年3月29日 - 5万枚 【JR東日本】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念Suicaカード 同上だがペンギンが真ん中上にいる• 2008年3月29日 - 2万枚 【】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念TOICAカード 同上だがひよこが真ん中上にいる• 2011年3月5日 - 3万枚 【JR西日本】ICOCA・SUGOCA・TOICA IC乗車券・電子マネー相互利用記念ICOCAカード イコちゃんとTOICAのひよことSUGOCAのカエルが電車のボックスシートに座っているイラスト• 2011年3月5日 - 1万枚 【JR東海】TOICA・SUGOCA・ICOCA IC乗車券・電子マネー相互利用記念TOICAカード 同上だがひよこが左側にいる• 2011年3月5日 - 1万枚 【】SUGOCA・TOICA・ICOCA IC乗車券・電子マネー相互利用記念SUGOCAカード 同上だがカエルが左側にいる• 2013年3月23日 - 5万枚 【JR西日本】全国相互利用記念ICOCAカード• 2014年6月1日 - 3万枚 【JR西日本】たま駅長&カモノハシのイコちゃん「記念ICOCA」(愛称:イコたまカード) 脚注 [ ]• 2016年はで開催されたのみだったが、2017年以後はの応援のためにも登場した。 ICカード専用自動改札機の場合、磁気券用の検証機器を入れる必要がないため、その分のスペースが空く。 Jタウンネット(2020年3月5日作成). 2020年3月5日閲覧。 JR西日本プレスリリース2008年10月20日• 関連項目 [ ]• - 最初に相互利用を開始したことから「旧友」とされており、2015年にICOCA電子マネーサービスが10周年を迎えた際、大阪駅まで祝福に駆け付けた。 JR西日本のほかのマスコットキャラクター• ストッピー(踏切事故防止啓発キャラクター)• ココプッシュ君(プラットホーム転落事故防止啓発キャラクター)• ウメテツ・えすまる()• おにぎり一家(JRふれあいハイキング).

次の

ぎこちゃん

り いこ ちゃん

概要 [ ] 由来 [ ] が選ばれた理由は、以下の3つの特徴を持っていることによる。 「先進性」 - なのにから産まれたり、を連想されるを持っていたりする。 「機能性」 - 泳ぎに活用されるや特大の水掻き、エサを漁るくちばしなどを持っている。 「」 - 微弱なをくちばしで感じ取る能力を、ICカードの非接触通信機能と掛けた物。 ただし、カモノハシは、分類上は原始的な哺乳類とされており「先進性」の象徴としては、やや難のある説明である。 (爬虫類との比較では、「先進的」になる) 沿革 [ ] ICOCA登場当初の名前は「 イコカモノハシ」および「 カモノハシ教授」だった。 前者の名前の由来は「 ICOCAを もって のれば はやくて しあわせ」という文章の略からきている。 後にICOCAのキャラクターとして定着してからは、JRのポスターなどでも専ら「 カモノハシのイコちゃん」と称されている。 目の形も当初はたれ目であったが、最近は釣り目となっている。 のは、初期のたれ目のままである。 管内では、支社独自で作成したポスター・パンフレットに初期のたれ目のものが散見される。 テレビ登場当初から、同じくイメージキャラクターとして起用されていたとのコミカルなが放映され、ではこのツーショットが定着している。 初期の関西地区でのCMではが声を当てていた。 広島地区では、・が、ICOCAサービス開始時やエリアでの利用開始時に5分間のミニ番組を放送し、その中でイコちゃんのぬいぐるみも登場した。 2013年11月1日より、ICOCA導入10周年を記念して、駅・券売機で発売されるICOCA(大人用)のカードデザインが、イコちゃんのイラストの入ったものに、順次変更されている。 なお、ポスター等では名前に掛け、黒板に「1月5日 火 」と書き、キャラクターが共演したものがある。 にぬいぐるみが飾られている駅があるほか、JR西日本関連のイベントや、の応援 で着ぐるみが登場することもあり、実質的にJR西日本全体のマスコットキャラクターという位置づけもなされている。 (2011年からICOCAの取り扱いを開始)の主要駅では、ICカード専用自動改札機の足元に存在する空間 にぬいぐるみが入れられていたことがある(現在は改札機が更新されたため見られない)。 また、JR西日本の駅構内に設置されている飲料の自動販売機のうち、ICカード対応機「curico」にはイコちゃんが描かれている。 「curico」という愛称が付けられる前は、カードリーダーを指しているイラストが描かれたものもあった。 仲間 [ ] イコちゃんのイラストが貼られているICOCAチャージ機(下部にイコ太とイコ美も描かれている) ほかに、「SMART ICOCA」のキャラクターとして「SMART ICOCA」と書かれたがま口をぶら下げた銀色の「イコちゃん」(当初は、青色のイコちゃんにスーツと眼鏡をかけたイラストだった。 また、長らくこのキャラの正式名称は不明だったが、ぬいぐるみ発売の際に発売元サイトにて「 スマートイコちゃん」と命名されている)や、「こどもICOCA」のサービス開始時に登場した子供のカモノハシのキャラクター「 カモノハシのイコ太」と「 カモノハシのイコ美」が存在する。 イコ太とイコ美の愛称は公募によって決められたもの。 グッズ [ ]• が関西圏、岡山・広島圏の・で販売されている。 2004年に発行枚数100万枚を達成した際には、が売り出されたこともあった。 (平成20年)3月より、イコちゃんのぬいぐるみを再度販売し、同年4月より構内の売店などで各種イコちゃんグッズも販売している。 それ以降、定期的にグッズを発売するようになる。 (平成20年)10月14日より、関西圏16駅と、、、の、・にて、入りのイコちゃんストラップ(第1弾)が発売された。 イコちゃんのポーズは3種類で、口を閉じているスタンダード、口開け、寝そべっているものがあり、このうちのどれかをその駅単位で販売している(ネット上での販売はされていない)。 (平成20年)12月19日より、との全駅(第1弾発売駅除く)、を対象とした第2弾も発売された。 その後、駅によってスマートイコちゃんやイコ太、イコ美がついたストラップも順次発売され、現在はのほぼ全駅の売店などで売られている(中には、ほぼ全駅分のストラップを売っている構内の「」のような所もある)。 また、駅によってはご当地ストラップとしてイコちゃんに名物を組み合わせたストラップも発売されている。 500円という価格設定や駅名標とイコちゃんの完成度が高いこともあって、イコちゃんグッズの中でこれだけが売り切れていることが多い。 2008年11月1日、誕生日が同じ(11月1日)ということもあり、がイコちゃんの着ぐるみをかぶっているバージョンのぬいぐるみも発売された。 さらに、SMART ICOCAのキャラ「スマートイコちゃん」ぬいぐるみも12月10日から発売となった。 キヨスク・デイリーイン・ハートインで購入できるほか、のポイントと引き換えに手に入れることもできる。 より、において、カモノハシのイコちゃんの意匠による内装、調度品で揃えられた「ICOCAルーム」が営業を開始した。 には、サービス開始10周年を記念したグッズが多数発売される。 イコちゃんイラスト入り記念ICカード [ ]• 2003年11月1日 - 5万枚 【JR西日本】ICOCAデビュー記念ICOCAカード イコちゃんの上半身アップのイラスト• 2004年8月1日 - 5万枚 【JR西日本】ICOCA・Suica相互利用記念ICOCAカード とイコちゃんがをしているイラスト• 2004年8月1日 - 5万枚 【】Suica・ICOCA相互利用記念Suicaイオカード 同上だがペンギンが先頭• 2004年12月6日 - 10万枚【JR西日本】三都・光コレクション記念ICOCAカード 「」「」「」の写真とイコちゃんのイラスト• 2007年9月1日 - 3万枚【JR西日本】岡山・広島エリアサービス開始記念ICOCAカード イコちゃんが(岡山の名産)と(の名産)を持っているイラスト• 2008年3月29日 - 3万枚 【JR西日本】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念ICOCAカード イコちゃんがSuicaのペンギンとTOICAのひよこと手をつないで輪になっているイラスト• 2008年3月29日 - 5万枚 【JR東日本】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念Suicaカード 同上だがペンギンが真ん中上にいる• 2008年3月29日 - 2万枚 【】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念TOICAカード 同上だがひよこが真ん中上にいる• 2011年3月5日 - 3万枚 【JR西日本】ICOCA・SUGOCA・TOICA IC乗車券・電子マネー相互利用記念ICOCAカード イコちゃんとTOICAのひよことSUGOCAのカエルが電車のボックスシートに座っているイラスト• 2011年3月5日 - 1万枚 【JR東海】TOICA・SUGOCA・ICOCA IC乗車券・電子マネー相互利用記念TOICAカード 同上だがひよこが左側にいる• 2011年3月5日 - 1万枚 【】SUGOCA・TOICA・ICOCA IC乗車券・電子マネー相互利用記念SUGOCAカード 同上だがカエルが左側にいる• 2013年3月23日 - 5万枚 【JR西日本】全国相互利用記念ICOCAカード• 2014年6月1日 - 3万枚 【JR西日本】たま駅長&カモノハシのイコちゃん「記念ICOCA」(愛称:イコたまカード) 脚注 [ ]• 2016年はで開催されたのみだったが、2017年以後はの応援のためにも登場した。 ICカード専用自動改札機の場合、磁気券用の検証機器を入れる必要がないため、その分のスペースが空く。 Jタウンネット(2020年3月5日作成). 2020年3月5日閲覧。 JR西日本プレスリリース2008年10月20日• 関連項目 [ ]• - 最初に相互利用を開始したことから「旧友」とされており、2015年にICOCA電子マネーサービスが10周年を迎えた際、大阪駅まで祝福に駆け付けた。 JR西日本のほかのマスコットキャラクター• ストッピー(踏切事故防止啓発キャラクター)• ココプッシュ君(プラットホーム転落事故防止啓発キャラクター)• ウメテツ・えすまる()• おにぎり一家(JRふれあいハイキング).

次の

生駒里奈

り いこ ちゃん

概要 [ ] 由来 [ ] が選ばれた理由は、以下の3つの特徴を持っていることによる。 「先進性」 - なのにから産まれたり、を連想されるを持っていたりする。 「機能性」 - 泳ぎに活用されるや特大の水掻き、エサを漁るくちばしなどを持っている。 「」 - 微弱なをくちばしで感じ取る能力を、ICカードの非接触通信機能と掛けた物。 ただし、カモノハシは、分類上は原始的な哺乳類とされており「先進性」の象徴としては、やや難のある説明である。 (爬虫類との比較では、「先進的」になる) 沿革 [ ] ICOCA登場当初の名前は「 イコカモノハシ」および「 カモノハシ教授」だった。 前者の名前の由来は「 ICOCAを もって のれば はやくて しあわせ」という文章の略からきている。 後にICOCAのキャラクターとして定着してからは、JRのポスターなどでも専ら「 カモノハシのイコちゃん」と称されている。 目の形も当初はたれ目であったが、最近は釣り目となっている。 のは、初期のたれ目のままである。 管内では、支社独自で作成したポスター・パンフレットに初期のたれ目のものが散見される。 テレビ登場当初から、同じくイメージキャラクターとして起用されていたとのコミカルなが放映され、ではこのツーショットが定着している。 初期の関西地区でのCMではが声を当てていた。 広島地区では、・が、ICOCAサービス開始時やエリアでの利用開始時に5分間のミニ番組を放送し、その中でイコちゃんのぬいぐるみも登場した。 2013年11月1日より、ICOCA導入10周年を記念して、駅・券売機で発売されるICOCA(大人用)のカードデザインが、イコちゃんのイラストの入ったものに、順次変更されている。 なお、ポスター等では名前に掛け、黒板に「1月5日 火 」と書き、キャラクターが共演したものがある。 にぬいぐるみが飾られている駅があるほか、JR西日本関連のイベントや、の応援 で着ぐるみが登場することもあり、実質的にJR西日本全体のマスコットキャラクターという位置づけもなされている。 (2011年からICOCAの取り扱いを開始)の主要駅では、ICカード専用自動改札機の足元に存在する空間 にぬいぐるみが入れられていたことがある(現在は改札機が更新されたため見られない)。 また、JR西日本の駅構内に設置されている飲料の自動販売機のうち、ICカード対応機「curico」にはイコちゃんが描かれている。 「curico」という愛称が付けられる前は、カードリーダーを指しているイラストが描かれたものもあった。 仲間 [ ] イコちゃんのイラストが貼られているICOCAチャージ機(下部にイコ太とイコ美も描かれている) ほかに、「SMART ICOCA」のキャラクターとして「SMART ICOCA」と書かれたがま口をぶら下げた銀色の「イコちゃん」(当初は、青色のイコちゃんにスーツと眼鏡をかけたイラストだった。 また、長らくこのキャラの正式名称は不明だったが、ぬいぐるみ発売の際に発売元サイトにて「 スマートイコちゃん」と命名されている)や、「こどもICOCA」のサービス開始時に登場した子供のカモノハシのキャラクター「 カモノハシのイコ太」と「 カモノハシのイコ美」が存在する。 イコ太とイコ美の愛称は公募によって決められたもの。 グッズ [ ]• が関西圏、岡山・広島圏の・で販売されている。 2004年に発行枚数100万枚を達成した際には、が売り出されたこともあった。 (平成20年)3月より、イコちゃんのぬいぐるみを再度販売し、同年4月より構内の売店などで各種イコちゃんグッズも販売している。 それ以降、定期的にグッズを発売するようになる。 (平成20年)10月14日より、関西圏16駅と、、、の、・にて、入りのイコちゃんストラップ(第1弾)が発売された。 イコちゃんのポーズは3種類で、口を閉じているスタンダード、口開け、寝そべっているものがあり、このうちのどれかをその駅単位で販売している(ネット上での販売はされていない)。 (平成20年)12月19日より、との全駅(第1弾発売駅除く)、を対象とした第2弾も発売された。 その後、駅によってスマートイコちゃんやイコ太、イコ美がついたストラップも順次発売され、現在はのほぼ全駅の売店などで売られている(中には、ほぼ全駅分のストラップを売っている構内の「」のような所もある)。 また、駅によってはご当地ストラップとしてイコちゃんに名物を組み合わせたストラップも発売されている。 500円という価格設定や駅名標とイコちゃんの完成度が高いこともあって、イコちゃんグッズの中でこれだけが売り切れていることが多い。 2008年11月1日、誕生日が同じ(11月1日)ということもあり、がイコちゃんの着ぐるみをかぶっているバージョンのぬいぐるみも発売された。 さらに、SMART ICOCAのキャラ「スマートイコちゃん」ぬいぐるみも12月10日から発売となった。 キヨスク・デイリーイン・ハートインで購入できるほか、のポイントと引き換えに手に入れることもできる。 より、において、カモノハシのイコちゃんの意匠による内装、調度品で揃えられた「ICOCAルーム」が営業を開始した。 には、サービス開始10周年を記念したグッズが多数発売される。 イコちゃんイラスト入り記念ICカード [ ]• 2003年11月1日 - 5万枚 【JR西日本】ICOCAデビュー記念ICOCAカード イコちゃんの上半身アップのイラスト• 2004年8月1日 - 5万枚 【JR西日本】ICOCA・Suica相互利用記念ICOCAカード とイコちゃんがをしているイラスト• 2004年8月1日 - 5万枚 【】Suica・ICOCA相互利用記念Suicaイオカード 同上だがペンギンが先頭• 2004年12月6日 - 10万枚【JR西日本】三都・光コレクション記念ICOCAカード 「」「」「」の写真とイコちゃんのイラスト• 2007年9月1日 - 3万枚【JR西日本】岡山・広島エリアサービス開始記念ICOCAカード イコちゃんが(岡山の名産)と(の名産)を持っているイラスト• 2008年3月29日 - 3万枚 【JR西日本】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念ICOCAカード イコちゃんがSuicaのペンギンとTOICAのひよこと手をつないで輪になっているイラスト• 2008年3月29日 - 5万枚 【JR東日本】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念Suicaカード 同上だがペンギンが真ん中上にいる• 2008年3月29日 - 2万枚 【】Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念TOICAカード 同上だがひよこが真ん中上にいる• 2011年3月5日 - 3万枚 【JR西日本】ICOCA・SUGOCA・TOICA IC乗車券・電子マネー相互利用記念ICOCAカード イコちゃんとTOICAのひよことSUGOCAのカエルが電車のボックスシートに座っているイラスト• 2011年3月5日 - 1万枚 【JR東海】TOICA・SUGOCA・ICOCA IC乗車券・電子マネー相互利用記念TOICAカード 同上だがひよこが左側にいる• 2011年3月5日 - 1万枚 【】SUGOCA・TOICA・ICOCA IC乗車券・電子マネー相互利用記念SUGOCAカード 同上だがカエルが左側にいる• 2013年3月23日 - 5万枚 【JR西日本】全国相互利用記念ICOCAカード• 2014年6月1日 - 3万枚 【JR西日本】たま駅長&カモノハシのイコちゃん「記念ICOCA」(愛称:イコたまカード) 脚注 [ ]• 2016年はで開催されたのみだったが、2017年以後はの応援のためにも登場した。 ICカード専用自動改札機の場合、磁気券用の検証機器を入れる必要がないため、その分のスペースが空く。 Jタウンネット(2020年3月5日作成). 2020年3月5日閲覧。 JR西日本プレスリリース2008年10月20日• 関連項目 [ ]• - 最初に相互利用を開始したことから「旧友」とされており、2015年にICOCA電子マネーサービスが10周年を迎えた際、大阪駅まで祝福に駆け付けた。 JR西日本のほかのマスコットキャラクター• ストッピー(踏切事故防止啓発キャラクター)• ココプッシュ君(プラットホーム転落事故防止啓発キャラクター)• ウメテツ・えすまる()• おにぎり一家(JRふれあいハイキング).

次の