はらだいこ リザードン。 【はらだいこリザードン 考察】

はらだいこ

はらだいこ リザードン

『ポケットモンスター ソード・シールド ポケモン剣盾 』の通信対戦で強力なポケモン「リザードン」の育成論です。 今回はリザードンの攻撃性能を更に高め、環境でもトップクラスの火力に引き上げる事が出来る「いのちのたま」を持たせた珠リザードンの育成論をご紹介します。 5倍 0. 25倍 無効 特性の「サンパワー」により晴れ状態の時に特攻が1. 5倍になるという破格の強化が可能で、晴れ状態であれば天候効果で炎技の威力も底上げ出来るので 総合的に非常に高い火力を誇ります。 ダイマックスを使用すれば「ダイバーン」により自ら天候を晴れ状態に出来る上に、「ダイジェット」で若干物足りない素早さを補う事も出来るので優秀なエースアタッカーとして運用が可能です。 サブウエポンも「ソーラービーム」「きあいだま」「りゅうのはどう」「げんしのちから」とタイプが豊富で、自分のパーティによって幅広く選択していく事が出来ます。 また、数は少ないですが「りゅうのまい」「はらだいこ」を用いた物理型も存在します。 技範囲が若干違う事や、後出しの特殊受けを崩せる、ダイマックスをせずとも攻撃素早さを大きく上げやすいというのがこちらの型のメリットです。 今回は夢特性の「サンパワー」で高くなった特殊火力を「いのちのたま」で更に高め、相手に大きな圧力をかけていけるエースアタッカーである珠リザードンの育成論をご紹介します。 リザードンの技候補 かえんほうしゃ 持たせると同じ技しか出せなくなるが、特殊技のいりょくが1. 5倍になる 撃ち分けが出来なくなる代わりに火力は更に上昇します。 状況さえ整えば半減相手でも炎技でもゴリ押しで倒していけます。 同じ技しか使えないというデメリットもダイマックス状態であれば無効になるので比較的気になりません。

次の

はらだいこリザードン[ポケモン剣盾]

はらだいこ リザードン

はじめに このページではリザードン、その中でもはらだいこを使った型のリザードンを紹介する。 注意 非公式な用語、略称を使用する場合あり。 特徴 はらだいこリザードンの最大の魅力は火力にある。 うまくはらだいこを積むことが出来ればほとんどの相手は一撃で倒せる。 ほのおタイプなのでやけどにならず、積める相手が多く、止められる相手が少ない事も大きな長所である。 しかし、はらだいこは強力な積み技であるかわりに最大HPの2分の1を失う。 リザードンは耐久やすばやさが特別高いポケモンではないため、素の耐久ではらだいこを積んでも倒されてしまう場合が多い。 そのため、 あらかじめ壁張りやおきみやげ等のサポートをして、リザードンを倒されづらくする事が必須となる。 はらだいこリザードンの構成については下記。 構成 はらだいこリザードンの技や持ち物などについて。 特性 もうか…物理型なのでこれ一択。 性格 ようき…最速にすることで、先に動ける相手が増える。 (例:準速リザードンの実数値は152に対して、最速ドリュウズの実数値は154となり、上から攻撃される。 最速リザードンの実数値は167なので、上から攻撃できる。 HPに4振ることで理想個体の実数値が154になり、はらだいこを使ったときにオボンのみでHPを回復できる。 技 フレアドライブ…威力の高いほのおタイプの物理技。 そらをとぶ …威力の高いひこうタイプの物理技。 ターン稼ぎにも使える。 じしん …ほのお、ひこうタイプを半減できるいわタイプ(バンギラス、セキタンザン等)へ打つ技。 はらだいこ …この構成のメイン技。 持ち物 オボンのみ…「はらだいこ」で減った体力を回復できる。 入手法 はらだいこを覚えたリザードンを入手するには、「はらだいこ」を覚えたヒトカゲを入手する必要がある。 というのも、「はらだいこ」はタマゴ技のため、レベルアップでは覚えられない。 カビゴンは、マックスレイドバトルの期間限定イベント中に捕まえるか、「ワイルドエリア エンジンリバーサイド」で天気が霧以外の時に一日一回出現する固定シンボルを捕まえる事で入手できる。 エンジンリバーサイドで出現するカビゴン.

次の

リザードン育成論 : 【剣盾版】はらだいこリザードン【全抜きエース】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

はらだいこ リザードン

目次 構築及び使用感について まとめ 構築及び使用感について リザードン もうか オボンの実 ようき ASぶっぱ余りH はらだいこ フレドラ そらをとぶ 地震 本構築のメイン。 必ず余り4を降りましょう。 マスボ行くまでは大体の人が特殊型想定で動くため、非常に動きやすかった。 一度はらだいこを積んでしまえば後はキョダイマックスして相手を蹂躙、ほぼ3タテ勝利だった。 しかし、起点が無いとタスキや頑丈で止まるため、何らかのサポートは必須。 ぽんぽこしたあとはダイジェットから入るのが基本だが、半減くらいなら一撃で相手を沈めたのは笑った。 キョダイゴクエンは余裕があれば打つが、打たずに勝つ試合も多かった。 とはいえスリップダメージはかなり強力なため、打てるなら積極的に使いたい。 地震は受けにくるドヒドイデやほかで削ったドサイドン対策。 特にドヒドイデは熱湯も耐える上、炎タイプのため火傷も怖くなく、返しのダイアースで沈めることができた。 但しドサイドンはぽんぽこダイアースでも耐えるため他の削りが必須 30~50%は体力を削りたい。 奴が見えた場合はヒトムを出しなりして削っています。 たまに初手で出してサポート無しに場を乱すことも出来たのでそのような運用もありっちゃあり。 これも素のSが100あるためであり、その点も非常に使いやすかった。 残りの枠はウォーグルやミミッキュが多かったが、パルシェンやウオノラ、ギャラが見えたらドヒドイデを出していた。 まとめ 前述の通り、シーズン3はほとんど潜っておらず、マスターボール級にすら到達していない。 2月も少ないので、とりあえずマスターボール級までには到達するまでリザードンを試してみるつもり。

次の