人工 地震。 7.11に人工地震、核攻撃起きる!?数々の暗示まとめ

自分は東日本大震災が人工地震だと思ってます。

人工 地震

人工地震が存在する証拠 まずは人工地震自体が存在する証拠です。 1、1984年までは日本でも実験していた 1984年までは新聞で報道されるくらい人工地震は身近なものでした。 これ以降は新聞等での報道は無くなっています。 この後も人工地震の技術が発達し続けたのでしょうね。 ちなみにこういった人工地震に関する新聞記事は山ほどあります。 上の画像の下にあるリンクを覗いてみてください。 11個もの人工地震の新聞記事画像があります。 ともかく人工地震は新聞も認めているということです。 2、人工地震は国連が認めている事実 に2013年11月13日現在48カ国が署名し、78カ国が批准しています。 そして日本ももちろん批准しています。 環境改変技術敵対的使用禁止条約は、「現在あるいは将来開発される技術によりし 例えばやを人工的に起したりやの方向を変える 、これを軍事的敵対的に利用すること」 の禁止を目的とする環境保全と軍縮に関する条約。 この条約ができたのは必要性があったからです。 つまり人工地震の技術があったため、軍事目的の使用を禁止する必要があったのです。 人工地震の技術が無いのにこの条約ができたとはちょっと考えにくいです。 3、2000年から地震が激増している 上のグラフを見てもらえば分かるように、2000年あたりから地震が激増しています。 これは地震を観測する場所が増えたからでしょうか。 いえ、そんなことでは約10倍に増えた地震の数を説明できません。 地震激増の原因は人工地震です。 4、「ちきゅう」関係者が「人工地震」発言をしていた。 この動画の最後の方で、「その他、人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です。 」と発言しています。 この方にとって人工地震というのは当たり前なのでしょう。 5、東日本大震災復興特別委員会での人工地震発言 2011年7月11日の東日本大震災復興特別委員会で浜田和幸氏が人工地震が常識だというような発言をしています。 地震兵器とか自然改変装置というのは、別にアメリカだけではなくて、旧ソ連、今のロシアも、中国も、多くの国々が研究開発に余念なく取り組んできた事実があります。 しかも、地震あるいは津波を人工的に起こすということは実は技術的には十分可能だと言われているのは、国際政治、軍事上においては常識化されているわけであります。 やはり人工地震は存在するようです。 11が人工地震である証拠 次に、3. 11が人工地震であるという証拠です。 1、3. 11の前に日本上空の大気が急激に熱せられていた 全て原子力発電所の場所 画像のように、3. 11前の3日間 特に前日 は青森にある東通原発と大間原発のあたりの大気を中心に熱せられ、3. 11当日には震源が熱せられています。 ターゲットが変更された? 3月1日から3月7日まではほとんど大気が熱せらていないのにも関わらず、3. 11前になって急に熱せられ始めたのは偶然ではありません。 人工地震を起こすために熱せられたと思われます。 自然現象によってピンポイントに原発上空の大気が熱せられるということが起きるだろうか? 2、3. 11が始まる前にHAARP 電磁波兵器 が異常に活動していた 井口和基氏はHAARPモニターを観察していた結果、3. 11を予知したらしいです。 3、地下深部10kmの浅い地震であった ちきゅうが掘れる深さ 3. 11は地下深部約10kmの地震でした。 気象庁によれば地下深部24kmのようですが、国の機関なので捏造している可能性があります。 ちきゅうは地底下7500m 7. 5km まで掘削する能力を備えています。 tenki. jpでは10km単位でしか深度を表示しないので、実際の深度は7. 5km以下であったことは十分考えられます。 ちきゅうによって核爆弾を設置した結果、地下深部約10kmの地震となったのでしょう。 4、震源地とちきゅう掘削地が一致 画像のように、ちきゅうの掘削地と震源がほぼ一致しています。 ちきゅうの仕込んだ核爆弾の爆発が地震を誘発したために、震源との位置が一致したと考えられます。 5、地震の後に超巨大な渦ができていた。 よく見ればわかると思いますが、直径約400kmの巨大渦巻きが2つできています。 こんなことは過去に例がなく、科学者たちを困惑させています。 ですが、水がちきゅうの開けた穴に引き込まれたと考えれば納得がいきます。 6、震災前にイルカの大量死があった 原子力潜水艦のソナーが原因 ソナー(: Sound navigation and ranging, SONAR; ソーナーとも)は、水中を伝播するを用いて、水中・水底の物体に関する情報を得る装置。 核爆弾を埋めるための潜水艦によるソナー音がイルカに悪影響を与え、大量死してしまったのです。 7、地震波形が人工地震と同じ 一つ目の画像にある北朝鮮の核実験での地震波形と、二つ目の画像にある3. 11での地震波形は非常によく似ています。 また、3. 11は一つ目の画像にある自然地震の波形とは全く違ったものとなっています。 このことから、3. 11は自然に起きた地震ではなく、核爆弾によって起きた人工地震と言えます。 8、地震発生後に震源付近を航行していた米空母の乗組員が被爆したと訴訟していた 米空母「ロナルド・レーガン」は 米軍による3. 11被災者の救援活動 で3月13日に震源付近を航行していました 二つ目の画像 が、乗組員が被爆したと訴訟しています 三つ目の画像。 日本人でこんな症状 がん等 が出たとは聞いたことがありません。 福島県民ではなく福島原発から185km以上離れた海上 一つ目の画像 にいた米軍が被爆したのはなぜでしょうか。 風が海上へ吹いていたから?違います。 風向きがずっと同じということはありません。 しかし、震源から出る放射性物質によって被曝したと考えれば説明できます。 人工地震のために埋めた核兵器の爆発で出た放射性物質によって被曝したのです。 9、3. 11が起きることを事前に知っていた人がいる この記事を見てもらえればわかりますが、ユダヤ人は3. 11が起きることを事前に知っていたようです。 このヤフー知恵袋の投稿者が嘘をついていなければ、3. 11が人工地震であることは確実です。 10、3. 11、9. 11、阪神大震災、チリ地震 2014 はすべて46分に起きている …2011年3月11日 14時46分 …2001年9月11日 8時46分 現地時間 …1995年1月17日 5時46分 …2014年4月1日 20時46分 現地時間 見てのとおり全てが46分に起きています。 疑り深い方はWikipediaのリンクを貼っておいたので確認してみてください。 こんなことは偶然には起こり得ません。 少なくとも時系列的に後半の三つ 阪神大震災以外 は意図的に起こされたと考えるべきです。 特に、3. 11と9. 11については、日まで一致しています。 よって3. 11は意図的に起こされた人工地震だと言えます。 11、科学者が人工地震だと言っている Leuren Moretという科学者が3. 11はHAARPによる人工地震だと語りました。 文章で見たい方はこちらのWeb魚拓で見てください。 12、音波が観測された 音波は自然地震では観測されませんが、核実験では観測されるそうです。 その音波が、3. 11で観測されました。 千葉県いすみ市の観測所では12分間の音波を確認、ロシアの2観測所でも音波を確認しています。 詳しくはを見ていただければと思います。 これはかなり明確な証拠です。 人工地震の証拠を示したサイト一覧 このページを書く際に参考にしたサイトです。 まとめ これで3. 11人工地震説は本当だとわかったと思います。 これでも嘘だと思う人がもしいたら上の証拠 すべてに反論してみてください。 11が人工地震であることが理解できた方はこの事実を広めましょう。 社会にタブーがあることは、それ自体がタブーですから。

次の

【都市伝説】3.11東日本大震災は人工地震?恐るべし陰謀論について調べてみた

人工 地震

人工地震という言葉は最近になり一般的になってきました。 東日本大震災発生後から、証拠と根拠を持って人工地震の情報が多く出ています。 そんな中、簡単ではありますが、私なりに人工地震の次の標的がどこか、そしてその時期を考えていきます。 人工地震説とは まずは簡単に人工地震についておさらいです。 人工地震とは、自然地震と区別された呼び方であり、文字通り人為的に発生させた地震であり、これは「地震兵器」です。 方法は至って単純であり、海底深く(地中深く)に穴を掘り、その中で原子爆弾(水素爆弾)を爆発させるというもの。 もう一つは、「HAARP(ハープ)」と呼ばれる地震兵器。 どちらにせよ、人工地震は、自然地震と波形が異なり、その存在は第2次世界大戦の頃から世界では一般的と言われています。 人工地震の目的 最も意見が分かれているのは、その目的です。 しかし、各説に共通しているのは「アメリカから日本への脅迫」であるということ。 TPPだったり、貿易摩擦だったり、その理由は様々であり、本当のところは誰も分かりませんが、色々な理由が絡み合っているのではないかと思われます。 分かりやすい例でいえば、日本では第2次世界大戦後半に大きな地震が短い期間に頻発しており、当時の軍事施設が大打撃を受けているのです。 しかしながら、なぜか日本では報道規制されており、それを知らない人々は人工地震をありえないこととして否定してしまいます。 詳細は、以下を参考にお願いいたします。 人工地震と都市伝説 オカルト界では、世界的大事件を占うカードとして「イルミナティカード」があります。 最近では一般的になってきており、ネット上でも様々な情報が上がっています。 イルミナティカードとは イルミナティカードとは、アメリカのゲーム製作会社「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」で1995年に作られたカードゲームであり、正式名は「イルミナティ・ニューワールドオーダー」といいます。 写真の通り、トランプ大統領としか思えないようなカードや9・11テロ、東日本大震災のカードもあるのです。 イルミナティカードの未来予測 上記の通り、1992年に発売されたカードゲームで、ここまで詳細な未来予測ができるものでしょうか?ネット上には、その他にも様々な情報があるので興味がある方は検索してみてください。 なお、これらのカードでは「その時期」まで描かれているといいます。 個人的には少し「こじつけ感」がありますが・・・ 人工地震とイルミナティ イルミナティカードの説明をしましたが、陰謀論者では有名な組織として「イルミナティ」なるものが有名です。 世界を裏で操っている的な組織とされています。 イルミナティカードと東京オリンピック 写真では、オリンピックカラーの服に身を包んだ人々と倒壊する時計塔が描かれています。 この時計塔は銀座の時計台と酷似しており、これが東京オリンピックの際に大規模災害(テロ)が発生するとされる元ネタになっているもののです。 しかし、今まで時計台のある都市でオリンピックが開催される度に、同様の都市伝説が生まれていたようで、今回の東京に限ったことではありません。 東京オリンピックで大災害が発生したら・・・ 上記の通り、信ぴょう性は都市伝説の範囲を出ませんが、万が一、東京オリンピック開催中に大規模災害またはテロが発生したらどうなるのか? オリンピックは外国から多くのアスリートや関係者、観光客がやってきます。 最近では、平昌オリンピックには北朝鮮も参加し、その北朝鮮とアメリカで歴史的会談が行われ、融和ムードとなっていますので東京オリンピックにも参加する可能性が高いでしょう。 しかし、仮にも日本を仮想敵国とし、ミサイルを日本頭上まで飛ばす国です。 このような状況で日本の国家機能がマヒする状況が発生したらどうなるか? 韓国が竹島を実効支配しているように、東京とはいわずとも日本の一部が支配されてしまうことだって考えられます。 人工地震発生個所の推移 さて、本題に戻りますが、東日本大震災以降、日本で発生した大きな地震の発生個所を思い出してみましょう。 2016年4月14日 熊本地震 日本人なら、「九州の中心地」として思い浮かべるのは「福岡」でしょう。 しかし、写真の通り、震源地は九州の地理的中心地であり、仮に九州を「脅し」の第一歩として使うのであれば、日本人ではない者の仕業であるため、地理的な中心地を狙ったとしても納得ができますね。 2018年6月18日 大阪北部地震 言わずとしれた「日本の第2の都市」です。 その間、約2年となっています。 2020年 日本第1の都市 2年の期間を挟み発生している大地震。 この流れから次に狙われるのは「日本第1の都市=東京」であり、大阪北部地震の2年後である2020年と考えられます。 ちなみに、2016年8月1日に首都直下型地震発生の地震速報で誤報がありました。 そうです。 そして、今までの流れを考えると、やはり次に来るのは「東京」を狙った大規模災害ではないかと思うのです。 大災害と言えど、地震大国日本ですから、政府も被害は大きくとも何らかの対策は取っているでしょう。 よって、国家機能が完全に失われることは考えにくく、むしろ、その後に南海トラフ地震が発生した方が大打撃となるのではないかと思うのです。 もちろん、何らかのきっかけで南海トラフ地震を誘発したり、自然発生することも十分に考えられますが、「狙って」発生させるという考えになります。 人工地震発生時期 次に発生時期ですが、東京オリンピック開催中に地震兵器を使い、多くの他国民を巻き込むようなリスクを取れるかといえばNOだと思いますので、東京オリンピック閉会後が考えられます。 「18」の法則を踏まえると、以下の通り。 2020年10月4日(日)、2020年10月13日(火) 2020年11月3日(火)、2020年11月12日(木) 2020年12月2日(水)、2020年12月11日(金) さいごに これらの見解については、あくまで都市伝説の範囲を超えるものではないことを良く理解して楽しんでください。 危機感を煽るようなつもりはサラサラありませんので、ご理解の程お願いいたします。 念のため、人工地震否定派のご意見も参考にどうぞ。 都市伝説外伝 <やりすぎ都市伝説外伝> wumeko.

次の

第48話 3.11人工地震説と米国の太平洋戦争末期の人工地震作戦

人工 地震

人工的におこす地震、また、人工的に地震をおこし、そこから出た地震の波の伝わり方を観測して、地球の内部を調べる方法。 地球の内部は電波もX線も通らないので、内部を自由に通過するのは地震波以外にはない。 地下数メートルの地下構造を調べるための小規模なものから、地下数百キロメートルといった地球深部を研究するような大規模なものまである。 前者は、建物や橋やダムなどの構造物の地盤調査や、地下資源の探査などに用いられる。 地下数キロメートルまでのものは、石油などの地下資源や地熱探査、それに地球物理学の研究に利用される。 それより深いものは、もっぱら地震学、地球物理学上などの研究用である。 人工地震には多くの方法があるが、大別すると反射法と屈折法とがある。 また、震源に何を使用するかによる分類もある。 反射法は、鉛直に近い急な角度で、地震の波を地下に送り込み、それぞれの地層から反射して返ってくる地震の波を記録して地下構造を求める。 屈折法では、地下のそれぞれの層内を、かなりの距離まで伝わったあと、地表にまで出てくる地震の波を記録して地下構造を求める。 送り込むべき地震のエネルギーや得られる地下構造の性質や精度などに得失があり、最適の方法が使われる。 一方、震源としては、火薬が多く使われたが、環境問題もあって1980年代以降は下火になり、錘 おもり を振動させたり、空気を圧縮して急激に膨張させたりする、非爆発性の震源が広く使われるようになった。 これら新しい人工震源は、発生する地震の波を精密に制御することが可能なので正確な繰り返しができ、記録された地震波を重ね合わせて強めることによって、地下構造を精度よく調べるのに適している。 海底下の地下構造を調べることは石油など地下資源の探査や地球物理学研究のために重要である。 地下資源の探査には、エアガン(圧搾空気を使った人工震源)とハイドロフォン(水中の地震波をとらえる圧力センサー)を船で曳航 えいこう しながら、海底下数キロメートルまでの地下構造を反射法で連続的に調査する。 一方、もっと深い地下構造を精度よく研究することは海底地震計が開発されて初めて可能になった。 1980年代からは人工震源にエアガンを用いて、200キロメートルくらい先の海底地震計まで屈折波を届かせ、海底下60キロメートルくらいまでの地層を研究する手法が日本で開発され、世界各地で地球物理学研究のために広く使われるようになっている。 なお、ダムや地下への液体の圧入や、地下資源の採掘に伴って地震がおきることが近年知られており、これらは人工地震ではなく、誘発地震といわれる。 物理探査には,地盤のある1点で火薬爆発や重錘落下によって振動を発生させ,その振動を別の場所でとらえて土層の性質を調べる人工地震法や,音波の伝わる速さを調べる音波探査法などがある。 現場載荷試験には,基礎底面に相当する深さの地点において,ジャッキで鉛直に力を加えて変形を測る平板載荷試験や,ボーリング孔内でゴム膜を気体圧で膨らませて孔壁を押し変形を測定する孔内載荷試験がある。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の