クリアブルー うっすら陽性。 妊娠した時のクリアブルーフライング妊娠検査薬結果

フライング妊娠検査薬でチェックワン、クリアブルーを使ったらうっすら線が!

クリアブルー うっすら陽性

クリアブルー陽性、チェックワンファスト陰性 クリアブルー陽性、チェックワンファスト陰性 生理周期約40日です。 妊娠を希望しており基礎体温とおりものでタイミングを取っています。 8月15日から生理が始まり 9月1日、9月3日、9月5日に性交しており 9月6日から高温期の体温、ほんの少し下着にピンクのおりものがついていました。 9月6日が排卵日(高温期0日目)と考えています。 9月14日(高温期8日目)と15日(高温期9日目)にクリアブルーにて髪の毛くらいの細い陽性線が出ました。 16日(高温期10日目)、17日(高温期11日目)はチェックワンファストにて陰性。 同日17日(高温期11日目)にクリアブルーを試すと14日・15日と同様な細い線が出ました。 蒸発線なのか、それとも科学的流産なのか、hcg数値が足りないだけなのか? チェックワンファストは陰性、でもクリアブルーは陽性というのはどういう状況なのでしょうか? 投稿日時 - 2010-09-17 12:51:46 こんにちは。 フアストよりもクリアブルーの方が低感知に優れているからです。 確かにファストは25IUでクリアブルーは50IUなのですが、クリアブルーには隠れたそんな特徴があるのですよ。 数ある着床妊娠経験の中で、フライング検査でまずはクリアブルーからしてきて、 クリアブルーは極細反応しててもファストは反応できずと云ったことは何度もありました。 その状況は、後2日内でファストにも反応しないと、また、クリアブルーがわずか濃く太くならなければHcgが増えていないということもあります。 高11日目を過ぎたなら、どちらにも反応してきますし、僅かながら濃くなっていけばいいのですが。 投稿日時 - 2010-09-17 18:22:32 クリアブルーがうっすら陽性だった時に困惑するのならばフライング検査はしない方がいいと思いますよ。 それにフライングもフライングで早すぎです。 せめて生理予定日2日前にしてください。 妊娠を希望している気持ちは分かるのですが。。。。 気合が入りすぎていると妊娠しづらくなりますよ! 私はチェックワンファストは使ったことがないですが、チェックワンファストは生理予定日当日から使用可ですよね。 チェックワンファストでもフライング検査ということですよね。 高温期14日目(せめて生理予定日2日前)まで待って検査をしてください。 私ならば妊娠検査薬にお金をたくさん使うよりも、そのお金で排卵検査薬を買うと思うのですが。。。 それに当てにならない高温期8日目9日目にうっすら陽性で喜んで、翌日チェックインファスト陰性で落ち込んで、神経が参ってしまいます。 ギリギリまで待って、検査をするから生理予定日までの2週間はドキドキワクワク、ながーーーーい2週間になり、喜びと不安を手に検査できる日が来たことを嬉しく思うものなのです。 陰性になれば深い悲しみを味わい、陽性になれば天にも登るほど嬉しくなり、一生忘れられない1日になるんじゃないかと思います。 私は高温期12日目まで待って、1度の検査で陽性反応(陰性反応)を確認するので、陽性反応だった時の瞬間や喜びをしっかり覚えていて、子育て中に頭に来る事だらけだけど、陽性反応を確認した瞬間の喜びを思い出し「あんなに嬉しい妊娠で生まれてきた子なんだから。 だんなさんと抱き合って喜んだんだから。 」とイライラを押さえています。 フライング検査はいけないことだと思っていませんが(私もフライングですから^^;)、質問者様は検査のし過ぎだと思います!全体的に厳しい書き方になってしまいましたが、「検査薬を試す特別な日」を大切にして欲しいと思います。 自分の中に新しい命が宿ったことを証明する日です!生まれてきてくれた日と同じくらい感動的な一日です。 毎日毎日ちまちまと検査をして、その日がいつだったのかはっきりしないのはもったいないと思いますよ^^大切にして欲しいなと思いました。 それとどこかで読んだのですが、チェックワンファストだから一般的な検査薬よりも早くからフライング検査できるわけではないみたいですよ。 妊娠しているといいですね^^ 投稿日時 - 2010-09-17 17:06:48.

次の

クリアブルー陽性、チェックワンファスト陰性

クリアブルー うっすら陽性

php on line 1459 目次• フライング検査とは? フライング検査とは、 検査薬の適用期間前に妊娠検査薬を使った検査を行うことを指します。 通常は生理予定日の1週間後、妊娠週数でいうと5週目から検査が可能となります。 いつからフライングで反応するのか? もし、確実な排卵日、性行日がわかっていれば、 高温期8日目あたりから反応する可能性があります。 妊娠検査薬は、hcgホルモンに反応します。 このホルモンは受精卵が着床すると分泌されるようになるものです。 受精から着床までが7日〜11日ほどかかると言われているため、最短で8日目からの反応となります。 もちろん、11日目に着床した場合は反応があるまで1〜2日、12日目、13日目あたりに最初の反応があると思われます。 個人差がありますのでこれは一概には言えません。 うっすらは陰性なのか? 基本的にフライング検査の結果はうっすらです。 検査薬の取扱説明書には薄い検査結果は陰性です。 と記載があると思いますが、これはまだ完全に着床したとは言い切れないため陰性です。 と記載をされています。 化学流産といって、うっすらと反応が出た後に普通に生理が来てしまうことがあります。 この場合、 受精、着床までしかけたけれど、しっかりと着床することができなかった。 と理解されるのが正しいです。 フライング検査のメリット• 早く妊娠を知ることで、タバコ、飲酒、カフェインなどを避けることができる フライング検査のデメリット• 化学流産を知ってしまうことになる• お金がかかる フライング検査陰性でも妊娠していることはあるのか? あります。 排卵の日がずれていた。 着床までに時間がかかっている。 などの理由で可能性はあります。 排卵日が正確で、高温期14日以降に陰性であれば望みは薄いかもしれません。 とはいえ、おそらく生理が来ますので、そこで判断もできると思います。 タイミング法、高温期8日目からフライング検査 多嚢胞性卵胞症候群である私は、いつも薬に頼った妊娠です。 タイミング法で正確な排卵日も特定しているため、高温期8日目からフライング検査を実施してみました。 8日目 陰性 9日目 陰性 10日目 陰性 11日目 うっすら陽性 12日目 うっすら陽性 16日目 はっきり陽性 10日目陰性でがっかりしていたのですが、11日目に陽性反応が。 着床がゆっくりだったのですね。 ちなみに、クリアブルーだと1分以内が計測範囲ですが、11日目は10分以上経ってから、12日目は5分程度で反応がありました。 うっすらの陽性を確認したのちは、その後濃くなっていくかも重要です。 4日後には検査後すぐの反応。 はっきりとした陽性反応が確認できました。 最初の診察はいつ行けばいい? 生理予定日から 1週間後〜2週間後あたりがおすすめです。 1週間後だと赤ちゃんの入っている袋、胎嚢の確認ができます。 2週間後だともしかしたら赤ちゃんの心拍も確認できるかもしれません。 初診では、赤ちゃんがちゃんと子宮内に着床できているか?を確認します。 子宮外妊娠だった場合、7週目には痛みを伴ったりするようなので6週のうちに初診を受けておくと良いでしょう。 あまり早いと胎嚢の確認ができませんのでご注意ください。 また、9週〜12週頃に病院から母子手帳を受け取ってくるように言われますが、その前の検診については全て保険適用外の自己負担です。 あまり早く行き過ぎてなんども診察を受けるとその分お金がかかりますのでご注意ください。 ちなみに私の初診代は5wで胎嚢のみ見え、8300円でした。 次も同じくらいかかると思います。 心拍も最初に確認できれば次回からは自治体の妊婦健診チケットを使えるはずです。 フライングにおすすめの検査薬 クリアブルー• 旦那さんに見せたい。 いつまでも取っておきたい。 と考える方にはチェックワンがおすすめです。 海外製妊娠検査薬 海外製の妊娠検査薬の特徴は とにかく安い。 というところです。 フライング期間は毎日使用したいものなので日本製を高価だと感じる場合も多いと思います。 自分の体の変化に早く気づけるのはいいことでもある フライング検査については、ネット上で検索すると 「そんなに早く検査しても出ないに決まってる」 「化学流産を知ることになるからやめたほうがいい」 と、否定的な意見も多く聞かれます。 でも「早く知りたい!」という気持ちはどの女性にも共通してあるのではないでしょうか? メリットも、デメリットも理解した上で、陽性が出るかどうか?のドキドキを楽しむのも良いと思います。 今回の情報がどなたかの役に立っていれば幸いです。

次の

いつから使える!?妊娠検査薬クリアブルーの見方とは?

クリアブルー うっすら陽性

価格:698円(税込、送料別) また、検査に必要な尿中のhCG量が少なくても判定可能なので、 フライング検査でうっすら陽性になったという口コミも。 判定可能時期は原則生理予定日の一週間後です 使用方法 サンプラーに5秒間尿をかけキャップをかぶせて、 「終了確認窓 丸い窓 」に青い線が出るのを待ちます。 陰性・陽性の判別方法 検査開始から約1分後、 結果は「判定窓 四角い窓 」で確認できます。 妊娠していない陰性の場合は色がつかず、 妊娠している可能性がある陽性の場合は青い線があらわれます。 使用期限は生理予定日の1週間後 妊娠を判定できる時期は原則として 生理予定日の一週間後からとされています。 検査をするタイミング 検査をするタイミングは朝・昼・夜いつでもOK。 ちなみに朝一番に出す尿の中には 判定に必要なhCGが一番多く含まれているため、 実際妊娠している場合にフライング検査で 陽性の出る可能性が高いのは朝起きて最初の尿だそうです。 1回分:800円• 非デジタルよりはお値段は少々お高めです。 1回分:1,880円• 2回分:2,880円• ですので 排卵後14日の生理予定日頃には 実は検査薬に陽性反応が出ることが多いのです。 もしうっすらとでも陽性反応が出たら、 また三日後に検査してみるともっとくっきり陽性反応になるのは、 hCGが数日で激増するからなんです。 ただ、 妊娠検査薬の判定可能時期は 原則生理予定日の一週間後からですので、 基本的にはじっくり時期を待って再度妊娠検査薬を試しましょう。 フライング検査はその範囲ではないため、 あくまでも参考程度でしかありません。 また、フライングで陰性の場合でも諦めず、 用法通りの期間に再度検査しましょう。 これは 「化学流産」と呼ばれ、昔はそれとは気づかないものでしたが、 フライング検査で事前に陽性反応が出るため、 気付いてしまうケースが出てきました。 妊娠を望んでいる程、結果的に化学流産を知るという事は 想像以上に辛い思いをする事になる可能性があります。 薄い判定線が出た場合 フライングで検査すると、 判定窓に薄い線が出る場合があります。 薄くでも線が出るという事は 妊娠の可能性は高いのですが、 化学流産や蒸発線との見間違いによって 一週間後には無かったことになっているという事もあります。 逆に、フライング検査時点では全く反応がなかったのに 一週間後に試してみると陽性になっていたという事も。 フライング検査での結果はあくまでも過信し過ぎず、 もう一度、生理予定日一週間後に検査をしてみましょう。 「それって妊娠しているの?」と 疑問に感じますよね。 実は、妊娠検査薬にはhCGに反応する 試薬が含まれており、尿が浸透し 陽性の場合には判定線を発色させるように できています。 しかし、判定線が消えるというのは 尿が浸透する過程で線が浮き出たように見え その後、尿にhCGが含まれていなければ 試薬は反応せず発色しないため 線が消えたように思うのです。 線が消えた時は「妊娠していない」 という事になります。 陽性が出たら必ず病院へ 妊娠検査薬で陽性が出ても、 それは 妊娠の可能性が非常に高い ということですので、 できるだけ早く産婦人科には行きましょうね。 正常に着床しているかどうかは病院でないとわかりません。 そして、万が一ですが子宮外妊娠等の可能性もあります。 これでも 陽性になってしまうのです フライング検査で陽性が出る頃だと、 まだ妊娠4週に入るか入らないかの微妙なところなので、 病院でも胎嚢が見えないかもしれません。 胎嚢は見えるけど赤ちゃんは見えなかったり、 赤ちゃんも見えるのに心拍は確認できない可能性もあります。

次の