幸田 シャーミン ハーフ。 高倉健さんて在日朝鮮人だったのかな?ちょっと調べてみたら… : めざまし政治ブログ

幸田シャーミン プロフィール|講演依頼・講師派遣のシステムブレーン

幸田 シャーミン ハーフ

来歴・人物 [編集 ] 生い立ち [編集 ] を経て、英文科卒業。 大学在学中にはに留学、パリ滞在中にはジャン=ピエール・フルリモン(Jean-Pierre Fleurimon)メイクアップスクールにも学んだ。 幸田は当時、かになりたいと思っていたという。 ニュースキャスター [編集 ] 大学卒業の後、『』(NHK)や『』(フジテレビ)に出演するようになった。 後者へはから3年半に渡って出演、とともにキャスターを務めた。 同番組のオープニングでのタイトルコール、鼻にかかった「こんばんは、幸田シャーミンです」という喋りは特徴的であり、タレントのやから声優のまでに物真似されたこともある。 ジャーナリスト [編集 ] 『FNNスーパータイム』を降板、翌年33歳でに入学。 卒業し修士を取得。 ジャーナリストとして、環境問題に関する取材や講演を行った。 3月、高等研究所上級コミュニケーション担当官に就任した。 同年7月、に比例代表から公認で立候補、落選している。 国連広報センター所長 [編集 ] より、事務総長(当時)から任命され、(東京)所長に就任。 任期満了で辞職したが、その後国連の人事管理室に在職中「本部の広報局の上司からを受けた」と、申し立てをしている。 幸田によれば同センター内の不適切な経理があることについて調査しようとしたものの、本部の上司はその旨を上層部へ伝えることをしなかったという。 一方、幸田自身も、に複数の部下からパワーハラスメントで告発されている。 テレビ出演 [編集 ]• 『』(NHK) - キャスター(1980-1982年)• 『』(フジテレビ) - キャスター(1984-1988年)• 『』(フジテレビ) 1985年5月29日 ラジオ出演 [編集 ]• 『 アスペクト・イン・クロスオーバー』() - 番組アシスタント(1979年10月2日 - 1980年9月30日) 著書 [編集 ]• 『幸田シャーミン素敵なおしゃれノート』ランダム出版 1983• 『幸せはアクション ためらわないで! 』 1987• 『20代は個性の冒険 ニュースキャスターへの挑戦』 1987• 『ガラスの天井に挑む女たち ハーバード・ウーマン』 1993• 『地球としごとをする人たち アメリカ環境教育ルポとエコ・インタビュー』Tokyo FM出版 2002 翻訳 [編集 ]• アドリアン・アーペル『10年若く美しく見える方法』編・訳 1981• アドリアン・アーペル『あなたをより美しくする総合ビューティマニュアル』編訳 サンケイ出版 1982• ステファン・シュネック, ナイジェル・ノリス『キャット・ケアー 猫の病気とけがの手当て』 1984• ステファン・シュネック, ナイジェル・ノリス『ドッグ・ケアー 犬の病気とけがの手当て』日本放送出版協会 1984• ロナルド・A. ハイフェッツ『リーダーシップとは何か! 』産能大学出版部 1996 脚注 [編集 ] 歴代出演者 期間 メインキャスター スポーツキャスター お天気 キャスター アンカーマン アシスタント 進行 アシスタント 月 - 金曜日 土 - 日曜日 月 - 木曜日 金曜日 土 - 日曜日 月 - 水曜日 木・金曜日 土 - 日曜日 月 - 金曜日 月 - 金曜日 土 - 日曜日 1984年10月1日 1985年3月29日 1・2 なし 3 なし 1 なし なし (下記参照) なし 1985年4月1日 1986年3月30日 4 5 (メインが兼務) 1986年3月31日 1986年9月28日 1986年9月29日 1987年3月31日 4 1987年4月1日 1987年9月30日 3 1987年10月1日 1988年3月31日 1988年4月1日 1988年7月9日 3 1988年7月10日 1989年4月2日 1989年4月3日 1989年9月30日 1989年10月1日 1990年7月1日 1990年7月2日 1990年9月30日 6 1990年10月6日 1991年3月31日 1991年4月1日 1992年3月31日 1992年4月1日 1993年9月26日 7 8 9 1993年9月27日 1994年3月31日 1994年4月1日 1994年9月30日 3 1994年10月1日 1995年10月1日 山形斉子 10 1995年10月2日 1995年12月3日 10 1995年12月4日 1996年3月31日 1996年4月6日 1997年3月30日 10.

次の

滝クリ結婚おめでとう!ほかのハーフ女子アナたちが気になる!

幸田 シャーミン ハーフ

・尾崎豊(〜少年時代:11歳まで) 歌手の故・尾崎豊さんは下赤塚出身です。 厳密に言えば、住所は練馬区の春日町で 現在の最寄り駅は都営大江戸線練馬春日町駅か、 東京メトロ有楽町線平和台駅が最寄りの駅になりますが、 尾崎さんが住まわれていた頃は両線とも開通しておらず、 電車での最寄り駅は 西武池袋線の「豊島園駅」と東武東上線の「下赤塚駅」だったそうです。 尾崎さんはお父様が防衛庁の職員だった関係で、 自衛隊練馬駐屯地の近くの春日町の都営住宅に 御一家で住まわれていました。 (現在その都営住宅は在りません。 ) <略歴> 1965年(昭和40年)11月29日に世田谷区の自衛隊中央病院にて誕生。 一週間後に退院し練馬区春日町の都営住宅で暮らし始める。 1967年(昭和42年)8月、練馬区立田柄保育園入園。 1968年(昭和43年)5月、春日町の自宅からより近い 練馬区立春日町第二保育園に転園。 1972年(昭和47年)4月、練馬区立田柄第二小学校入学。 1976年(昭和51年)9月、小学5年生の2学期の時に 父親が朝霞駐屯地に転勤になった為、埼玉県の朝霞市溝沼に新居を構え、 一家で転居。 小学校は埼玉県朝霞市立朝霞第一小学校に転入。 1978年(昭和53年)4月、中学校は尾崎豊本人の強い希望により、 かつて暮らしていた春日町の練馬区立練馬東中学校に入学。 越境通学で通う。 1981年(昭和56年)4月、青山学院高等学校入学。 1983年(昭和58年)12月、シングル「15の夜」とアルバム「十七歳の地図」で デビュー。 1984年(昭和59年)1月、青山学院高等学校を自主退学。 1984年(昭和59年)3月、青山学院高等学校の卒業式の当日、 新宿ルイードでデビュー後初ライブを行う。 1984年(昭和59年)8月、日比谷野外音楽堂でのライブイベント出演中に、 7メートルの高さの照明台から飛び降り左足を骨折。 以降のスケジュールが全てキャンセルとなる。 1985年(昭和60年)1月、シングル「卒業」がオリコンチャート初登場で20位を 獲得、一部の過激な歌詞の表現が話題となる。 1985年(昭和60年)3月、2枚目のオリジナルアルバム「回帰線」をリリース。 初登場1位を獲得。 1985年(昭和60年)8月、大阪球場でライブを行い、2万6000人を動員。 1985年(昭和60年)11月、代々木オリンピックプールでライブを行い、 2日間で3万人を動員。 1985年(昭和60年)11月、3枚目のオリジナルアルバム「壊れた扉から」を リリース。 1986年(昭和61年)1月、福岡国際センターでライブを行う。 無期限活動停止宣言をし、渡米する。 1987年(昭和62年)12月、覚せい剤取締法違反で逮捕。 1988年(昭和63年)2月、東京拘置所から釈放。 1988年(昭和63年)6月、フジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオ』に 最初で最後のテレビ出演。 同月21日に発売された新曲「太陽の破片」を歌う。 1988年(昭和63年)9月、4枚目のオリジナルアルバム「街路樹」をリリース。 1988年(昭和63年)9月、東京ドームでライブを行い、5万6000人を動員。 1989年(平成元年)7月、長男 尾崎裕哉が生まれる。 1990年(平成2年)4月、再びレコード会社をCBSソニーに移籍。 1990年(平成2年)11月、5枚目のオリジナルアルバム「誕生」(2枚組)を リリース。 1990年(平成2年)12月、個人事務所 ISOTOPE(アイソトープ)設立。 1991年(平成3年)3月、雑誌での対談がきっかけとなった女優 斉藤由貴との 不倫が騒がれる。 その後10月に別離した事が報じられる。 1991年(平成3年)10月、代々木オリンピックプールでライブを行う。 これが生涯最後のライブとなった。 1991年(平成3年)12月、母親が急死。 (孫(裕哉)のおもちゃを買いに出かけた際に朝霞駅の階段で倒れ、 そのまま急性心不全により亡くなられたそうです。 ) 1992年(平成4年)4月25日早朝、東京都足立区千住河原町の民家の庭にて 泥酔状態で発見され、警察に通報される。 救急車で病院に運ばれ診察を受け、夫人と共に自宅マンションに帰宅する。 その後、夫人、兄、マネージャーが見守る中、 自宅マンションで暴れたり眠ったりを繰り返したのち、 突如危篤状態に陥り救急車で日本医科大学の緊急病棟に搬送、 蘇生措置が施されるが午後0時6分に死亡。 享年28(満26歳)。 1992年(平成4年)4月30日、東京都文京区の護国寺で行われた葬儀には 大勢のファンが詰め掛け、参列者は4万人近くに上り、 美空ひばり、吉田茂に次ぐ規模の参列者数となった。 1992年(平成4年)5月10日、6枚目のオリジナルアルバム (事実上のラストアルバム)「放熱への証」がリリース。 初回出荷分が即日完売し、100万枚を超えるセールスを記録した。 )、 というエピソードがあります。 下の動画では尾崎さんが通っていた田柄第二小学校と練馬東中学校が 当時の尾崎さんの映像と共に出てきます。 『さだまさしの「縁切寺」を歌う中学生時代の尾崎豊』 (0:37頃から田柄第二小学校、3:09頃から練馬東中学校の映像。 ) (上:尾崎さんの母校、練馬東中学校。 ) 彼の初期の曲の多くは春日町で過ごした頃の体験を綴ったものが多いです。 「15の夜」 (前半部分は有名なMC。 曲は4:24頃から。 ) 「15の夜」は、尾崎さんが14歳、練馬東中学2年生の時に 友達と家出の計画を立てたから、盗んだバイクで、 当時グラントハイツの返還後間も無くスクラップ置場なども残っていた に辿り着いたその夜の体験を描いた曲です。 実際は尾崎さんが14歳の時の経験にも関わらず 「15の夜」というタイトルにしたのは、 「14の夜」だと語感が悪い為、歌いやすい「15の夜」としたそうです。 曲は1983年リリースのファーストアルバム「十七歳の地図」に 収録されています。 rakuten. jp 「米軍キャンプ」 1985年リリースのサードアルバム「壊れた扉から」に収録されている 「米軍キャンプ」という曲の、 「米軍キャンプ跡の崩れかけた工場」という詩に唄われている風景は、 当時の光が丘の風景です。 (上:現在の練馬区立光が丘公園。 1973年に日本に返還され、現在は東京都練馬区光が丘の全域 およびその周辺地域となっている。 ) rakuten. jp 他にも尾崎さんと東上線のエピソードとして、 尾崎さんは生前、幼少の頃からお父様がクリスマスや尾崎さんの誕生日に 必ずと言っていい程お土産として買ってきた、 下板橋に現在も在る老舗洋菓子店の バタークリームのバースデーケーキやシュークリームが大好きだったそうです。 ・宮前真樹 アイドルグループ「CoCo」の元メンバーで、現在はタレントとして活動している 宮前真樹さんは下赤塚出身です。 1973年新潟県十日町市生まれ。 板橋区立赤塚第一中学校卒業。 お生まれは新潟県十日町市。 宮前さんのご親戚の方も2005年頃まで赤塚の東京大仏付近で、 もんじゃ焼・ラーメンのお店を営業されていたとのこと。 下赤塚出身の宮前さんは 2001年放送の『出没! アド街ック天国』の「成増」の回の時には、 成増の隣町下赤塚の出身としてゲスト出演し、 成増のパスタ店(トラットリア イル ほうれんそう)(現在は閉店:工場のみ営業) で初デートした思い出などを語ってらっしゃいました。 ・益岡徹<不確定> 「マルサの女2」の税務官役などで有名な、俳優の益岡徹さんは 下赤塚の板橋区立赤塚小学校に通われていたそうです。 以前『徹子の部屋』に出演した際、赤塚小学校の卒業アルバムを持参して 当時の思い出を話されていました。 ・風間やんわり 漫画「食べれません」の作者である漫画家の故・風間やんわりさんは 下赤塚出身です。 1977年東京都板橋区赤塚生まれ。 ご自身の公式サイトでは「板橋区赤塚 楠医院 出身。 」と、 ご自身が産まれた赤塚の産院を紹介されていました。 板橋区立下赤塚小学校、 板橋区立赤塚第三中学校卒業。 高校は東京都立北野高等学校 (2005年に都立志村高等学校との統合の為廃校)を卒業。 <略歴> 1994年、都立北野高等学校在学中の高校3年生の時に 講談社ヤングマガジン「ギャグ大賞」を受賞。 翌1995年より同誌にて板橋区赤塚系ギャグ漫画「食べれません」を 連載開始。 「食べれません」は以降、本人が亡くなる2013年まで18年間連載。 代表作には「食べれません」の他、 「腹くだしダンデー」、「たもっさんの時間」、「たもっさん」、「ポチ極道」、 「あつし渡辺の探訪びより」、「やんわり社会派宣言」など。 実姉は漫画家すぎむらしんいちの妻。 上記作品の他に、フジテレビ系ニュース番組『ニュースJAPAN』で 政治風刺4コマ漫画を描くなどして活動していた中の2013年10月22日、 肝機能障害の為、急逝。 36歳没。 2013年11月11日発売の週刊ヤングマガジン第50号掲載分の 「食べれません」が絶筆となった。 風間さんの代表作であり、 自ら「 板橋区赤塚系ギャグ」と銘打った漫画「食べれません」の作中には、 下赤塚の様々なお店や風景などが数多く登場していました。 rakuten. jp 下赤塚出身の風間さんは板橋区赤塚に生まれ赤塚で育ち、 プロの漫画家としてデビューした後も長く赤塚に住まわれていました。 地元下赤塚のお店をご自身の作品の「食べれません」に登場させる事も多く、 中でも頻繁に登場していたのが下赤塚に在る人気ラーメン店 Y'sラーメンで、 お店の社長とも知り合いになり、系列会社が2006年に板橋区蓮根に焼肉店を オープンした際には店の看板の絵を依頼され描かれていました。 (「風間やんわり プロデュース」と書かれていますが、ご本人曰く 「看板の絵を描いただけ」との事。 以前ご自身のでこの事について話されていました。 以下にその一部を紹介します。 「高校時代、修学旅行から帰って来てバイトしに行こうと思ってたら、 受賞の連絡が編集部からあったんです。 最初、何かの冗談かと思いましたね。 その時は赤塚の寿司屋でバイトをしていて、 その日の内に辞めるって話しましたよ。 店の人達は喜んでくれました。 配達する人が自分しか居なくて、辞めるのは申し訳なかったんですが・・・」 「赤塚の子供は母親がのとや(下赤塚に在る激安洋品店)で買った服を着る っていうのが定番。 中学生にもなると「何で(のとやで)ジャンパー買ってきちゃうんだよ〜」って なるんだけどね。 」 (下赤塚に在るラーメン店 東京ラーメン 大番にて) 「ラーメンが270円だった頃から通ってましたよ。 夜は何故か(ラーメンの価格が)50円アップするんです(笑)。 」 「赤塚と言えば後は東京大仏ですね。 ここの人達は大仏と言えば奈良、鎌倉、赤塚ですから(笑)。 」 「板橋はヨコとタテの繋がりが強い。 飲み屋に行くと、人生の先輩が沢山居て、よく絡まれます(笑)。 」 「人と人との距離が近い所で生まれ育ったから、 今もお隣さんと仲良くやっていけているんだと思います。 」 等、風間さんは本の中で語られていました。 ・幸田シャーミン 「こんばんは、幸田シャーミンです。 」で有名なジャーナリストの 幸田シャーミンさんは下赤塚出身です。 ご実家のビルが川越街道沿いに在り、以前、ビルの1階には 幸田さんの著書などが展示されているコーナーがありました。 ・八代英輝 国際弁護士の八代英輝さんは下赤塚出身です。 1964年東京都板橋区赤塚生まれ。 板橋区立赤塚第三中学校卒業。 中学時代はブラスバンド部に所属。 高校は城北埼玉高等学校を卒業。 慶応義塾大学法学部卒。 お生まれになった場所は板橋区赤塚新町の横田医院、 とTV番組『ホンネ日和』の中でご自身で話されていました。 また、下赤塚出身の八代さんは以前、 2007年放送の『出没! アド街ック天国』の「下赤塚」の回に地元出身として 出演し、番組内で赤塚の事を「板橋の代表」と表現していました。 それに対して、同じく番組ゲストとして出演していた おぎやはぎの2人 (小木博明:ときわ台出身・矢作兼:池袋出身) (2人共東武練馬の都立北野高校を卒業) は、下赤塚および赤塚の東京大仏について「一番 地味な駅」と フリップに書いて、 おぎやはぎ:「下赤塚って地味なんですよね東上線の駅の中でも。 知らないですもんほとんど。 だから何で今日番組に呼ばれたのかわかんないです。 (笑) ただ東京大仏は知ってますよ。 高校のサッカー部のランニングの折り返し地点だったんです。 東京大仏は。 だからあれは「折り返し大仏」です。 折り返し大仏。 (笑) 折り返しですよ。 」 とコメントし、 下赤塚出身の八代さんは「それはあまりにも失礼なんじゃないですか?」 と言い返していました。 他にも、八代さんは2011年放送の『出没! アド街ック天国』の「大山」の回に 同じ板橋区内の赤塚出身として出演し、 「中学校時代にブラスバンド部に所属していて、 ブラスバンドの中学全国大会で銀賞を頂いたんです。 そしてその後大山のハッピーロード商店街で凱旋パレードを行ったのですが、 その時に大山のおかあさん達から銀賞獲得を祝福して貰い声援を頂いて 凄く嬉しかった事を記憶しています。 」 と話されていました。 ちなみに『出没! アド街ック天国』においては八代さんは同じ板橋区内の 「高島平」「仲宿」「志村坂上」「東武練馬」の回にも出演されています。 (情報提供 PINECONEさん ありがとうございました) ・山本容子 銅版画家の山本容子さんは、幼少時代の一時期、 練馬区田柄(最寄り駅が下赤塚)に住まわれていました。 山本さんの出生地は埼玉県浦和市(現:埼玉県さいたま市浦和区)。 生後間もなく奈良県生駒市に移住。 その後関西各地を転々とし、 9歳の時に練馬区田柄に移り住む。 田柄で暮らした期間は2年程だったそうです。 練馬区立田柄小学校に通われていたとのこと。 2004年放送のNHK『課外授業 ようこそ先輩』では母校の小学校として 田柄小学校を訪れ、 田柄小の子供達と一緒に版画の制作をしていらっしゃいました。 消しゴム版画家として、またTVコラムニストとして有名だった 故・ナンシー関さんは、下赤塚に一時期住まわれていたそうです。 ナンシーさんの著書「ナンシー関の「小耳にはさもう」ファイナル・カット」には、 ナンシーさんの消しゴム版画の才能を見い出したコラムニストの えのきどいちろう氏による 「成増のトナリの下赤塚の文房具屋さんは今もあるだろうか。 突然でたらめな量の消しゴムを買いまくり、ふいに来なくなった 大柄の娘を覚えておいでだろうか。 箱で仕入れたステッドラー (ナンシー関さんが消しゴム版画に使用していたドイツ製の消しゴム) (当時下赤塚の文房具店にはステッドラーの取り扱いが無く、 ほとんどナンシーさんの為だけに箱単位で仕入れていた) はそれっきり誰にも買われず、ホコリをかぶってるだろうか。 」 という印象的な内容の巻末解説が添えられています。 ちなみに、上記で触れられている「下赤塚の文房具屋さん」とは 下赤塚で現在も営業を続けている老舗文房具店の三光堂の事であり、 ナンシーさんと下赤塚の三光堂文房具店については以下のリンクにて 詳しく解説されています。 (参照URL) (ページ上部にある「愛用のケシゴム」の項で触れられています) ・松原仁(まつばら じん) 民主党所属の衆議院議員、松原仁さんは下赤塚出身です。 1956年東京都板橋区赤塚生まれ。 小学校は越境入学でときわ台の板橋区立常盤台小学校へ入学。 板橋区立赤塚第一中学校卒業。 高校は都立豊島高等学校を卒業。 早稲田大学商学部卒。 ・ケイ・グラント PRIDEやDREAM、Dynamite!! などの格闘技イベントの リングアナウンサーとして、 また、FMラジオのDJとしても有名なラジオDJのケイ・グラントさんは 下赤塚出身です。 1959年生まれ。 練馬区田柄のご出身。 練馬区立田柄中学校卒業。 高校は日本大学豊山高等学校を卒業。 日本大学文理学部卒。 芸名であるケイ・グラントの「グラント」という名前は、 かつて下赤塚に存在した米軍の家族住宅地 グラントハイツから取って名付けたそうです。 地元である練馬区田柄周辺の光が丘、かつてのグラントハイツについては、 以前ケイさんが車関係のウェブサイトのインタビューで ご自身で語っていらっしゃいました。 (参照URL) ちなみに、練馬区田柄に古くから在る「田柄スイミングクラブ」(1971年開業) はケイさんのお父様が始められたスイミングスクールで、 現在はケイさんの弟さんが経営を引き継いでいます。 ケイさんの弟さんはスイミングスクールの他にも現在下赤塚(練馬区田柄)で、 -串あげ&もつ煮 庄ちゃん-という店名で居酒屋を営んでいらっしゃいます。 -串あげ&もつ煮 庄ちゃん- 〒179-0073 東京都練馬区田柄2-38-27 ビババルサ105号 TEL 03-6794-4000 今も下赤塚(練馬区田柄)在住のケイさんは ご自身のツイッターやブログでも頻繁に 地元下赤塚・田柄周辺を話題にした記事をupされています。 「課長島耕作」「人間交差点」「黄昏流星群」などの著作で知られる 漫画家の弘兼憲史さんの作品、「ハロー張りネズミ」は 下赤塚を舞台にした作品になっています。 1980年から1989年までヤングマガジンに連載していた「ハロー張りネズミ」は 下赤塚を舞台にした作品で、物語が下赤塚を中心に動く回も多く、 下赤塚や成増、そして周辺の地域の風景が作品の中に度々出て来ます。 当時、コーヒー ヒュッテでロケ撮影も行われたそうです。 rakuten. jp 弘兼さんは 成増に在住していた当時・成増に仕事場を構えていた当時、 弘兼さんは赤塚にある飲食店にも足繁く通われていました。 下赤塚の中華料理店 芝蘭(ちいらん)は、2002年に弘兼さんが フライデー誌の記事で同店の四川麻婆豆腐を紹介した事により 一躍有名店となりました。 下赤塚のジョナサンには柴門ふみさんとご夫婦で良く通われていたそうです。 下赤塚の居酒屋などにも通われていたとのこと。 1973年に日本に返還され、現在は東京都練馬区光が丘の全域 およびその周辺地域となっている。 ) 1962年生まれ、アメリカ・ミシシッピー州出身のヘレンさんは アメリカ人のお父様と日本人のお母様を持つ日系のハーフで、 1981年に「キュン! と片想い」という曲で歌手デビューし、 (デビューコンサートは豊島園で開催されたそうです) 1982年にはアニメ『うる星やつら』のエンディングテーマ曲の「心細いな」を 歌って話題となり、ラジオ、テレビ、雑誌、CMなど、幅広く活動されていました。 ・渡辺えり(旧芸名 渡辺えり子) 映画「Shall We Dance? 」でおなじみの女優、渡辺えりさんは、 上京して一番最初に住んだ街が下赤塚だったそうです。 1973年、渡辺さんが18歳の時に故郷の山形県から上京した時に 暮らしていた下赤塚の木造アパートは、下赤塚駅に近い練馬区田柄に 在ったとの事で、渡辺さんは以前出演したTV番組の中で 「風呂無し・トイレ共同・三畳一間のアパートだったけど、毎日が新鮮だった。 」 「下赤塚のアパートは風呂無しだったので、 10日間お風呂に入らない事もあった。 色白で肌が綺麗だったから、 お風呂に入らなくてもそれほど汚れが目立たなかった。 」 と田柄での生活を振り返り語ってらっしゃいました。 また、渡辺さんは女優を目指し上京した後、池袋西口徒歩7分ほどの場所に ある舞台芸術学院に入学。 同じ東上線沿線川越出身の市村正親さんも輩出した同校で 演技の勉強をされたそうです。 31歳の時に初めて池袋にある風呂つきの木造アパートに転居する事が出来た 渡辺さんでしたが、当時はまだお金がなく生活が苦しい状態だったそうで、 そんな貧乏時代にアルバイトをさせてもらいお世話になったお店として、 池袋西口ロマンス通りのロサ会館内にて現在も営業を続けている おでん屋さん やまの名前をテレビ番組に出演された際に挙げていました。 当時、渡辺さんがアルバイト店員として働いていた 池袋のおでん屋さん やまでは、 「「ちくわぶ(250円)」や「魚スジ(250円)」をまかない料理で出してもらい、 お腹を満たしてもらっていた。 」 と番組の中で話されていました。 渡辺さんは現在も、2ヶ月に1回のペースで池袋のやまに通っているそうです。 『2015年4月7日 幸せ! ボンビーガールSP 春の2時間SP』 (渡辺さんの上京時のエピソードについては02:05頃から。

次の

幸田シャーミン|プロフィール|HMV&BOOKS online

幸田 シャーミン ハーフ

生年月日:1983年6月13日 出身:大阪府 在日韓国人3世で、本名は金 大裕(キム・デユ、김대유)。 大学卒業後、ホンダ鈴鹿に進むことが内定していたが、2005年の大学生・社会人ドラフト3巡目で阪神に指名され入団した。 2007年6月22日に結婚を発表。 2010年11月、在日韓国人の金星根監督が率いていた韓国プロ野球・SKワイバーンズの高知キャンプに合流し、同年12月正式に入団が決まった。 金村自身も在日韓国人であるため、韓国プロ野球では外国人登録されず、韓国名で登録された。 2011年10月、一軍登板機会がないまま自由契約となった。 2017年シーズン終了時点で、韓国プロ野球における最後の在日韓国人選手である。 生年月日:1956年4月8日 出身:東京都 日本の女性ジャーナリスト、1980年代にニュースキャスターとしてテレビ出演していたことでも知られる。 国際連合広報センター東京所長、東京農業大学客員教授を歴任。 大学卒業の後、『海外ウィークリー』(NHK)や『FNNスーパータイム』(フジテレビ)に出演するようになった。 後者へは1984年(昭和59年)から3年半に渡って出演、逸見政孝とともにキャスターを務めた。 同番組のオープニングでのタイトルコール、鼻にかかった「こんばんは、幸田シャーミンです」という喋りは特徴的であり、タレントの明石家さんまや清水ミチコから声優の生天目仁美までに物真似されたこともある。 母親が帰化した韓国人であるといわれる。 生年月日:1972年8月17日 出身:愛知県 日本のシンガーソングライター。 本名(旧姓):安佐里。 在日韓国人三世。 現役の内科医であり、2児の母親でもある。 デビュー当時は、ジャニス・イアン、ジョニ・ミッチェルなどの洋楽カヴァーが中心だったが、その後、「蘇州夜曲」など古典的な歌謡曲や細野晴臣、吉田美奈子等、邦楽カヴァーにも挑戦し幅広い音楽層の楽曲を収録したアルバム「day dream」「moon dance」(2003年)を発表、2007年にアルバム「こころうた」を機に自作の楽曲を発表するようになる。 平成21年度のNHK紅白歌合戦では、歌手全員がリレーでうたった紅白応援歌「歌の力」の最初の導入部を担当した。 生年月日:1984年8月25日 出身:鳥取県 国籍:韓国 日本の女優、歌手である。 旧芸名、Ahyoomee(アユミ)、ICONIQ(アイコニック)。 鳥取県鳥取市出身の在日韓国人三世。 韓国のアイドルグループ「Sugar」のメンバー・Ahyoomi(アユミ、아유미)としてデビュー。 Sugar解散後Ahyoomee(アユミ)としてのソロ活動を経て帰国し、伊藤ゆみの芸名で日本を拠点に主に女優として活動。 ロサンゼルス留学の後、2010年に「わたしが変わる」のキャッチコピーで、ICONIQ(アイコニック)と改名し歌手として再デビュー。 2016年より芸名を再び伊藤ゆみに戻して女優業を中心に活動する。 本名:大倉洋一(おおくらよういち) 韓国名:朴雲煥(パク・ウナン) 生年月日:1952年9月3日 死没:2014年11月19日(62歳) 出身:日本神奈川県 1971年に矢沢永吉らとキャロルを結成し、当初は内田裕也へプロデュースの依頼を検討したものの結局はミッキー・カーチスのプロデュースでデビュー。 キャロルでは、ギターと作詞を担当。 1975年にキャロルによる共著『暴力青春』で在日韓国人二世であることをカミングアウト。 同年本名の朴雲煥で、在日韓国人をテーマにした『異邦人の河』に主演。 2013年6月に肺癌と診断されて余命2週間を宣告された後、抗癌剤治療を経て2014年3月に退院。 同年8月に再発し、再入院して治療を続けていたが、2014年11月19日、東京都渋谷区広尾の日本赤十字社医療センターで肺炎により死去。 62歳没。 本名:生駒みな子 生年月日:1985年12年14日 出生地:日本東京都 身長:163cm 劇作家のつかこうへいとつか主宰の劇団員であった生駒直子の一人娘、父のつかこうへいは韓国国籍のため愛原実花は在日韓国人2世。 2004年、宝塚歌劇団入団(入団時の成績は2番)。 雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー! 』で初舞台を踏み、同年、雪組に配属された。 2010年9月13日、雪組東京宝塚劇場公演『ロジェ』『ロック・オン! 』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。 同年12月よりホリプロ・ブッキング・エージェンシーに所属。 2011年8月、舞台『好色一代男』で芸能活動を再開した。 2012年には大河ドラマ『平清盛』でテレビドラマに初出演した。 また若者にない渋さ・重厚さとアウトロー性を共存させた内・外面を生かし1984年『いつか誰かが殺される』を皮切りに、ヤクザ映画・Vシネマがメインだが『その男、凶暴につき』(1989年)、『セラフィムの夜』(1996年)などに出演。 私生活では役柄と異なり、気さくで明るい性格。 後輩想いで、暴力や喧嘩も嫌いだという。 本人も「注意するのも躊躇する」と認めるほど温和である。 在日韓国人2世。 生年月日:1979年6月29日 出生地:日本東京都 身長:173cm 父親は日本人、母親は韓国人である。 9歳時に母が死去後、父と兄と共に3人で生活する。 2000年、ミスユニバースジャパン大会で「準ミスユニバースジャパン」に選出された後、ファッションモデルとしてアジアを中心に日本国外で行われるショーなどへ出演した。 2007年、日本映画『M』で主役を演じ女優デビュー。 俳優の高嶋政伸の元妻。 結婚翌々年の2010年8月頃より別居状態になり、2011年7月12日、離婚裁判中と報じられる。 2012年6月、婚姻継続を望む美元と離婚を望む高嶋の双方が出廷した、東京家庭裁判所公判の様子が広く報じられ、9月19日に結審となる。

次の