エマ・ストーン。 エマ・ストーン

Chevron

エマ・ストーン

エマ・ストーンは、1988年11月6日生まれのアメリカ人女優です。 本名はエミリー・ジーン・ストーンですが、エミリー・ストーンという名の女優がすでに存在していたため、エマ・ストーンという名前で活動を始めました。 2004年16歳のときにタレント発掘番組『In Search of the New Partridge Family』に出演。 この番組でドラマ『The New Partridge Family』のローリー・パートリッジ役を射止め、テレビドラマデビューを果たしました。 しかし本編に先駆けて放送されるパイロット版の出演のみに留まり、その後も出演したドラマの打ち切りやドラマ『HEROES』のオーディションに落選するなど、エマにとっては苦しい下積み時代となりました。 4歳の頃から演技することを志し、幼少期はバレーユース・シアターのメンバーとして活動し、11歳で初舞台を踏んでいます。 14歳の時に女優になることを決意して両親を説得したそうですが、その時に使ったのが、なんとパソコンのパワーポイント。 タイトルは「プロジェクト・ハリウッド 2004」、BGMはマドンナの「ハリウッド 」!パワーポイントのスライドショーでプレゼンテーションしながら、自分にとって女優になることがいかに大切なのか、意味があることなのかを両親に説明したそうです。 高校はアリゾナ州フェニックスのカトリック系「サビエル・カレッジ・プレパラトリー」に通っていましたが、演技のキャリアを優先するために高校をドロップアウト。 ロサンゼルスに居を移した後は、ホームスクーリングで学業に励んでいたそうです。

次の

エマ・ストーン「気持ち悪かった」コルセットの衣装で内臓移動

エマ・ストーン

かわいくてセクシーなエマ・ストーンの画像をまとめました。 ハリウッドの人気女優となったエマ・ストーン。 エマ・ストーンは「ラ・ラ・ランド」の主人公を演じ、アカデミー主演女優賞など数多くの賞を受賞しました。 「スパイダーマン」出演時も話題になったエマ・ストーン。 エマ・ストーンは抜けるような白い肌をしています。 エマ・ストーンのデコルテは、画像修正をしたような美しさです。 肌が透けてみえるレースのドレスを着たエマ・ストーン。 エマ・ストーンは様々なヘアスタイルにも挑戦しています。 赤毛ボブでセクシーなドレスを着ているエマ・ストーン。 網タイツがセクシーなエマ・ストーン。 エマ・ストーンは黒髪にもチャレンジしています。 エマ・ストーンの地毛はブロンドらしいです。 エマ・ストーンは露出度高めドレスがお好きなようです。 黒レースがセクシーなエマ・ストーン。 ストレートヘアも似合う、エマ・ストーン。 今より若い時のエマ・ストーン。 前髪アリの巻き髪が可愛いです。 胸全開のジャケットを着ているエマ・ストーン。 エマ・ストーンは、ぱっつん前髪も似合いますね。 肩露出ドレスがセクシーなエマ・ストーン。 際どいアングルで撮られたエマ・ストーン。 まるでトップレスのように見えるエマ・ストーン。 セクシーなシースルーのワンピースを着たエマ・ストーンの画像です。 きらきらドレスがとても美しいエマ・ストーン。 可愛くてセクシーな、エマ・ストーンのレースキャミ姿です。 とてもフォトジェニックなエマ・ストーン。 ふんわりワンピが可愛いエマ・ストーン。 エマ・ストーンはスタイル抜群です。 落ち着いた雰囲気の黒いレースのドレスを着るエマ・ストーン。 スタイル良いエマ・ストーンはどんなドレスも着こなします。 白い水着に赤リップが印象的なエマ・ストーン。 柄のガーリーなドレスが雰囲気にあっているエマ・ストーン。 シースルーの服を着用しているエマ・ストーン。 エマ・ストーンの部屋着っぽい姿です。 ボタンを胸まで開け、見せブラというエマ・ストーンのシャツコーデです。 くしゃっとした無造作ヘアも素敵なエマ・ストーン。 バルーンに囲まれてとても可愛いエマ・ストーン。 黒ドレスと赤毛が似合っているエマ・ストーン。 おへそのあたりまで大胆に開いているドレス姿のエマ・ストーン。 ポニーテールが可愛いエマ・ストーン。 トラの上に乗るエマ・ストーン。 日焼けをしたエマ・ストーンも素敵です。 ソファに寝転ぶエマ・ストーン。 レッドカーペットでもゆるっとした髪型が可愛いエマ・ストーン。 エマ・ストーンの透明感はハリウッドでも群を抜いています。 スリットから美脚を覗かせているエマ・ストーン。 エマ・ストーンは美しい瞳をしています。 レトロな雰囲気のエマ・ストーン、可愛いです。 黒のドレスがより美しく見える、エマ・ストーンの白い肌。 つやっとしたグローブをしているエマ・ストーン。 ビジューが付いたセクシーな服を着ているエマ・ストーン。

次の

【話題の人】女優エマ・ストーンと英語学習

エマ・ストーン

1988年11月6日、アメリカ・アリゾナ州スコッツデール生まれの女優「エマ・ストーン(Emma Stone)」。 本名であるエミリー・ストーンという名前が映画俳優組合に登録しようとした際、すでにリストに載っていたため、母親が付けたニックネームであるエマ・ストーンという名前で活動している。 幼少期にパニック障害に悩まされていたが、セラピーとユースシアターでの即興コメディやスケッチ・コメディなどの演技に救われたという。 エマ・ストーンは、フェニックスのバレーユース・シアターに所属し演技を始める。 同シアターで11歳の頃、児童文学『たのしい川べ』で舞台デビュー、シアターの即興コメディ劇団にも参加していた。 数々の舞台を踏み、本格的に女優のキャリアを始めるべく、高校を中退し15歳で母親と共にロサンゼルスへ拠点を移す。 当時、エマ・ストーンはマドンナの楽曲「Hollywood」を流しながらPowerPointで両親にプレゼンテーションを行って説得した。 2004年に、音楽チャンネルVH1規格のリアリティ番組「In Search of the New Partridge Family」でパット・ベネターの『We Belong』を熱唱し、ローリー・パートリッジ役に抜擢される。 この出演がエマのキャリアの出発点だが、パイロット版のみの出演で終わってしまう。 その後、『マルコム in the Middle』『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』『Drive(原題)』等のTVドラマに出演しキャリアを積む。 ロサンゼルスに移ってからは幾つかのTVシリーズに出演の後、2007年に『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で念願の映画デビュー。 続いて出演した『キューティ・バニー』、『ゾンビランド』ではコメディエンヌとして注目を集め、2010年に初主演作となる『小悪魔はなぜモテる?』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。 以降、と共演の『ラブ・アゲイン』など話題作に次々とメインキャストで出演。 1960年代の公民権運動を背景としたヒューマン・ドラマ『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』では主人公を好演し、高評価を得た。 2012年、スパイダーマンの新シリーズ『アメイジング・スパイダーマン』ではスパイダーマンことピーター・パーカーと恋に落ちるグウェン・ステイシー役を獲得、瞬く間にハリウッドスターの仲間入りを果たす。 賞レース常連の人気監督たちからのオファーも絶えず、2014年はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で主人公マイケル・キートンの薬物中毒の娘を演じ、第72回ゴールデングローブ賞と第87回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされる。 同年、ウディ・アレン監督作『マジック・イン・ムーンライト』ではキュートな霊媒師役で、コメディーの才能を再認識させた。 ウディ・アレンは翌年公開した『教授のおかしな妄想殺人』でもエマ・ストーンを主演に抜擢している。 2011年には「VOGUE JAPAN」の表紙を飾り、写真家パトリック・ドゥマルシュリエによってカリブのサン・バルテルミー島で撮影された映像も公開されている。 2014年、ミュージカル『キャバレー』のサリー・ボウルズ役でブロードウェイデビューを飾った。 2016年、デミアン・チャゼル監督「La La Land」で第73回ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞。 インタビューなどで仕事のことに関しては答えるが、私生活については多くを語らないことで有名。 『アメイジング・スパイダーマン』をきっかけに、共演したと実生活でも恋人関係に。 約4年間交際し結婚間近とも噂されていたが、2015年破局したと報じられている。 トレードマークの赤毛は地毛ではなく、本来はブロンドヘア。 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』の撮影の際、プロデューサーのジャド・アパトーの勧めで赤毛に染めた。 母親が癌を克服した際には、母娘で大好きなビートルズの「ブラックバード」にちなんだタトゥーを入れている。 そのデザインはなんとによるもので、エマ・ストーン自ら手紙を書き、タトゥーにするための鳥の足を描いてくれるように頼んだところ、快く承諾してくれたそう。 ダイアン・キートン、の大ファンであることを公言している。 2017年、第89回アカデミー賞では主演女優賞を受賞している。 2017年の第70回英国アカデミー賞(BAFTA)において、親密なシーンを目撃され、2015年にその関係に終止符を打っていたアンドリュー・ガーフィールドとの復縁説が浮上している。 エマはBFFs(Best Friend Forever)として、ヤング・ハリウッド・アワードで出会ったテイラー・スイフトの名を挙げている。 父方の祖父がスウェーデン系であり、ペンシルヴェニア・ダッチ(17世紀〜18にかけてドイツ語圏から主にアメリカ・ペンシルベニア州東部に移住した人々の子孫。 古語のDutchはドイツを指す)の血をひく。 2) ・(2017. 2) ・(2017. 2) ・(2015. 11) ・(2015. 4) ・(2014. 8) ・(2017. 2) ・(2017. 9) ・(2017. 2) ・(2014.

次の