千と千尋の神隠し 声優。 千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

【千と千尋の神隠し】その後の話はどうなった?千尋とハクを考察してみた!

千と千尋の神隠し 声優

画像引用元 やがて街には明かりが灯り始め、得体の知れない者が動き出しました。 いつの間にか豚に変わってしまった両親に恐怖を感じ、どうにか逃げた千尋も指先から消えてしまいそうになります。 そんな少女を助けてくれたのは、同じ年頃の少年・ハク。 ハクは、この世界で生きるためには仕事を持つ必要であることを少女に教えます。 そして「油屋」という神々が疲れを癒すために訪れる湯屋で働くようにと助言。 少女は少年から聞いた通りに窯爺を訪ね、仕事の契約をしてもらうために油屋の主人である湯婆婆の元へ連れて行かれます。 1人で湯婆婆の前に出された少女は、名前を奪われて「千」という名で油屋で働くことに。 奇妙な世界に迷い込んだ少女は、果たして両親とともに元の世界へ帰ることができるのか、不思議な冒険が始まります。 実力派俳優たちの声の演技がすごい! 画像引用元 『千と千尋の神隠し』には、多くの個性的なキャラクターが登場します。 このキャラクターたちがとても魅力的に映るのは、声を当てた俳優陣の高い演技力も大きな理由の1つでしょう。 千尋役を演じたのは、女優・柊瑠美。 すでに女優として活躍していた柊瑠美は、今作が初の声優作品でしたが、難しい少女の微妙な心の変化を見事に表現して評価されました。 謎の少年・ハク役を演じたのは、声優・入野自由。 13歳の時にオーディションでハク役を射止め、当時声変わりをしたばかりだったという声で魅力的に演じました。 湯婆婆と銭婆の双子の姉妹役を演じたのは、女優・夏木マリ。 インパクトのある役どころかつ性格が全く異なる二役を演じ分け、強烈な印象を残しました。 湯婆婆の息子で巨大な赤ちゃんの坊役を演じたのは、俳優・神木隆之介。 いまやアニメ映画の声優としても引っ張りだこですが、当時8歳で配役された坊の声の演技ですでに存在感を放っています。 このようにあえてプロの声優を多用せず、俳優をキャスティングすることで知られる宮崎駿監督。 映画『千と千尋の神隠し』でもセリフが少ない役に大物俳優を起用するなど、意外なキャストが名を連ねています。 独特な風景の中に見る少女の成長物語 画像引用元 映画『千と千尋の神隠し』が観る人を引き込むのは、異国のような風景に非日常感があるから。 千尋が駆け抜けた街並みも、見下ろした油屋の雰囲気も独特で、多くの人が見入ったのではないでしょうか。 その景色は、ファンの間で台湾の九份 きゅうふん と似ていると話題になりました。 九份は、真っ赤な提灯と石畳の階段が伸びるノスタルジックな風景で知られる小さな街。 明かりが灯る幻想的な夜の景色は、まさに『千と千尋の神隠し』の世界観と酷似しています。 和と洋を織り交ぜた色彩豊かでどこか懐かしい景色に、インパクトの強いキャラクター。 映画『千と千尋の神隠し』では印象的なシーンが多く、一瞬も見逃せな細やかな映像美に心が奪われます。 映画『千と千尋の神隠し』では、心地良い音楽も印象に残ります。 その代表格が、木村弓が歌う主題歌『いつも何度でも』。 実はこの曲は『千と千尋の神隠し』のために作られた曲ではありません。 ジブリ映画のファンで、宮崎駿監督にCD付きのファンレターまで送った木村弓。 直々に伝えられた企画途中の「煙突描きのリン」という作品からイメージを膨らませ、宮崎駿監督に送った曲が『いつも何度でも』でした。 結局「煙突描きのリン」は幻の作品となりましたが、次作として制作された『千と千尋の神隠し』での起用が決まったのです。 『いつも何度でも』は、ハープの優しいメロディと木村弓のゆらぎをもつ繊細な歌声が、美しいハーモニーとなって心に沁み込んでいきます。 そして歌詞は、変わらない現実の中でも必ず希望が見つかることを教えてくれるでしょう。 深い意味を持つこの曲が『千と千尋の神隠し』をイメージした映像とともに流れるエンドロールは、胸がいっぱいになるような余韻を与えてくれます。 テーマソング「いのちの名前」も必見.

次の

千と千尋の神隠しのカオナシの意味と正体を考察した!声優は誰でセリフは?

千と千尋の神隠し 声優

C スタジオジブリ 性別 男 年齢 不明 モデル 蜘蛛 クモ 仕事・職業 薬湯の調合 声優 菅原文太 釜爺のそれぞれの項目について解説していきます。 釜爺の見た目や性格 釜爺は6本の手がある異形の存在として描かれています。 端的な表現をすると蜘蛛男と呼ぶべき風貌で、劇中序盤では釜爺が平然と出ており湯屋が現実とは全く違う世界であることを認識させられます。 性格はいわゆる「お爺ちゃん」という感じで、仕事に対しての妥協や手抜きは許さない職人気質なところがありつつも、劇中では「異形」である人間の千尋に対しても一切の差別をせず、時に厳しく、時に甘く接してくれた人物でもあります。 千尋がはじめて湯屋にやってきたときも、ススワタリ の仕事を手伝おうとした千尋に対して、「あんたも気まぐれに手ぇ出して、人の仕事を取っちゃならね。 」と言うなど、釜爺の仕事や役割に対する意識が伺えます。 その一方でが来て千尋のことを「うわ、人間だ!」と言ったときも「…俺の孫だ!」と庇うなどの優しさ、包容力を見せる優しさを見せてくれます。 年齢については不明ですが、人間の年齢や時間間隔が当てはまるかはさておき、湯屋で少なくとも40年以上は働いているという発言からも60歳は超えていると考えてよいでしょう。 釜爺の仕事・職業 釜爺は湯屋で生薬の調合などを担当しています。 作中でリンや千尋が湯釜の掃除をする際にも釜爺の調合した湯薬は登場しており、頑固な汚れに対してはこの湯薬なしでは太刀打ちできない様子からも、かなり重要な役割を担っています。 あれだけの湯釜のある大きな湯屋で、ひとりですべてを担当していることからもかなり優秀な人物であることが伺えます。 釜爺と湯婆婆 ゆばーば との関係 とはかなり古い関係で、少なくとも40年は湯屋で働いているようです。 「ワシは反対したんだ、魔女の弟子なんぞろくな事がないってな。 」とに助言するなど、湯婆婆のことを快くは思っていないものの、ずっと湯屋で働き続けていることからも何かしらの縁がある可能性はあります。 湯婆婆の双子の姉である ぜにーば に対しても「あの魔女はおっかないぞ」と面識があることからも、何かしらの裏設定がある可能性もあります。 釜爺のモデル 釜爺のモデルとなったのはザトウムシと言われています。 見た目ももちろんそうですが、動きもかなり意識して描かれていることが分かります。 このザトウムシは一見すると蜘蛛のようですが、厳密にはダニなどの仲間のようです。 釜爺の声優 釜爺の声優を務められたのは、俳優の菅原文太 すがわらぶんた さんです。 菅原文太さんはワンピースの赤犬 サカズキ のモデルになった俳優で2014年に亡くなられていますが、未だに強い人気を誇る俳優さんです。 釜爺の厳しくも優しい、釜爺のお爺ちゃんの部分を見事に表現されています。 釜爺の名シーン・名セリフ 釜爺の名シーンや名セリフについて解説していきます。 作中ではかなり登場回数の多い釜爺は「愛だ」や「グッドラック!」などの数多くの名シーンを残しています。 えーんがちょ、せい!えーんがちょ!!.

次の

千と千尋の神隠し声優一覧 安田顕,大根の神様!神木隆之介,坊!大泉洋,番台蛙!超豪華声優陣を一挙紹介 !!

千と千尋の神隠し 声優

千尋役の柊瑠美さんは、ニャンちゅうのお姉さん 千尋役の柊瑠美さんは、『千と千尋の神隠し』でヒロインを務めた頃は中学生の頃で、その後も『崖の上のポニョ』、『コクリコ坂から』でジブリ作品に参加しています。 柊さんは声優の他に、2009年~2013年(歴代最長) NHK『ニャンちゅうワールド放送局』で3代目おねえさんを務めていたんですよ。 2018年には、学生時代よりお付き合いしていた男性とご結婚され幸せな生活を送っているそうです。 そんな入野さんは『千と千尋の神隠し』オーディション当時は、13歳で変声期の真っただ中でした。 変声期特有の少年と大人の間の微妙な声が、ハクにピッタリということで、宮崎駿監督の目にとまり大抜擢されました。 それゆえに、大人になった入野さんは、ハクの声を出そうにも、現在は残念ながら再現できないようです(笑)。 しかし、青蛙の役は我修院達也さんとなっているので、違いますよね。 こんな噂が出たのも、 高橋さんがドラマで青蛙のような独特のトーンでセリフを言っているシーンがあり、それをみた視聴者が勘違いしてしまった経緯があります。 私もそのドラマを見ていましたが、確かに似ていると言われれば、青蛙に聞こえる声でしたね(笑)。 内藤剛志さんの娘はスタジオジブリ社員 千尋の父親役の声を担当した 内藤剛さんの娘さんは、『スタジオジブリ』に入社してアニメーターとして働いておられるそうです。 『千と千尋の神隠し』の頃は、娘さんは学生だったようですが、内藤さんが声優として参加したジブリ作品に影響されてアニメーターになったのなら素敵ですね。 ぜひ、今度は娘さんが手がけた作品で、内藤さんが声優を務めてもらいたいものです。 実は、 坊を担当した時は8歳でした。 赤ちゃん声を可愛く演じるだけでなく、泣き出すと手が付けられず、大人の弱みを握ったクセのある役を8歳で演じきったことは、見事という一言に尽きます。 本業でない人が声優を務めると批判されるものですが、神木さんに関しては、その後も 『ハウルの動く城』のマルクル役や『サマーウォーズ』の小磯健二役などメインキャラのオファーが後を絶たないほどの人気を誇っています。 「マーミー」、「ハァークゥー」と色々と違和感がありますが、注目すべきはタイトルが『spirited away』なんです。 英語版で見ると、これだけイメージが違うとは驚きでしたが、 ジブリの作品を海外で吹き替える時は、日本に負けず劣らず豪華俳優が担当しています。 ハリウッドで活躍している俳優・女優が勢ぞろいですね。 興味のある方は英語版でも、見直してみてくださいね。

次の