響 白州 山崎 違い。 響ウイスキーの味や価格とおすすめの飲み方!シリーズ7種類を比較!

響 (ウイスキー)

響 白州 山崎 違い

京都と大阪の県境にある山崎蒸溜所に行ってきました。 ウイスキーを飲まないという方以外は、工場に行けばさらなるウイスキーファンになること間違いなしです。 サントリーのハイボールの飲み方提案、2014年のNHKの朝ドラ「マッサン」のヒットにより、ジャパーニーズウィスキーは海外からの注目され熟成年数表記のある商品を中心に欠品を起こしています。 その影響は工場見学にも及んでおり、予約を取るのも競争です。 今回は無事に「山崎蒸留所見学コース」の予約が取れたので、簡単にレポートを書きたいと思います。 予約は3ヶ月前の1日にサントリー公式サイトで サントリーの山崎蒸溜所ホームページにて、当月を含めた3か月分の予約を受け付けています。 基本的には、2か月前の1日(ただし土日祝であればその翌日)の午前9時30分が予約開始のタイミングです。 例えば、2018年11月の予約は、2018年9月3日(月)午前9時30分からになります。 JR京都線山崎駅から徒歩10分、駅からコンビニの前を抜ければ蒸溜所へ続く一本道が通っています。 スムーズに受付まで到着したのですが、ここで1つ想定外の出来事がありました。 「親族の子供(2歳)は見学コースを一緒に回ることができない」とのことでした。 展示物やベンチのあるスペースではありますが、親御さんには一緒に80分も待っててもらうことになったので、申し訳なかったです。 見学コースの予約は4名でしたが、この場で2名に変更となり、2,000円だけ払って入場しました。 山崎ウイスキー館展示&工場見学 正面から右奥にある白い建物がウイスキー館になります。 ツアーの集合場所、展示物、ショップ、試飲カウンターが入っています。 展示物の数はそれほど多くはありませんが、蒸溜所の設立の様子がわかったり、商品ラインナップの解説があったりよくまとめてあります。 何よりウイスキーの展示も含めてとてもわくわくする綺麗な空間になっています。 私達は、工場見学コースのうち「山崎蒸溜所ツアー(有料)」9:50~の回を申し込んでいたので、時間前に2階の集合場所に行きました。 ツアーの内容については別途記事にしたいと思います。 「ウ イスキーは嗜んでいるけど作り方はなんとなくしか分からない」という私にはピッタリの大変楽しいツアーでした。 YAMAZAKI DISTILLERY GIFT SHOP 営業時間は10:00~16:45となっています。 いわゆる工場の直売所です。 ウイスキー以外にも、各種グラスやグッズ、蒸溜所オリジナルおつまみ、お酒に合う音楽CDも用意されています。 残念ながら山崎、白州、響の市販品はどれも置いてありませんでした。 しかし、お目当てだった「山崎蒸溜所限定のシングルモルトウイスキー」を入手できました。 家に帰って飲んでみたところ、しっかり山崎の味がしました。 私は山崎NAと12年の特徴を感じました。 これでお値段1,440円(300ml)は大変お得です。 蒸溜所限定ウイスキーの入荷について 他の方のブログも見てみても、2017年頃からはこの店舗でも山崎、白州、響の市販品が並ぶことは稀となっているようです。 ただし、山崎蒸溜所限定のシングルモルトウイスキーは随時陳列をしています。 私は9:50からの見学コースだったので、10時の開店には間に合いませんでした。 ただ、開店のタイミングではシングルモルトウイスキーの陳列がありませんでした。 しかし、見学コースから戻る直前、11時ごろに入荷があったのです。 山崎蒸溜所に行った際は、着いたときや帰る前など、諦めずにショップに立ち寄ってみることをオススメします。 なお、購入は1人1本までとなっています。 冒頭でも書いたとおり、2018年現在、サントリーの国産ウイスキーである「山崎」「白州」「響」はいずれも超品薄状態が続いています。 とにかく定価で買うことすら難しい状況です。 2018年5月、サントリースピリッツは原酒不足を原因として以下のようなリリースを発表しました。 実際には、そのリリースに前後して、年数表記のない通常の「山崎」「白州」「響」すらネットで定価1. 5倍~2倍のプレミア価格がついています。 年数表記のあるものは、ただでさえ高額なのにもかかわらず、定価の3倍~5倍、それ以上で販売されていたりします。 定価で販売を継続するような酒販店では、「いつ入荷するかわからない」状況のなか、店舗で並べばすぐに売れてしまうという状況です。 サントリーオフィシャルボトル、本来の参考価格は以下の通り。 山崎・白州(希望小売価格) NA 12年 18年 25年 4,200 8,500 25,000 125,000 響(希望小売価格) NA 12年 18年 25年 5,000 12,000 25,000 125,000 続いて、楽しみにしていた有料試飲コーナーへ向かいます。 テイスティングカウンター 営業時間は10:00~16:45 (ラストオーダー16:30)となっています。 サントリーが手がける国産や輸入、約70種類のウイスキーが、プレミア価格なしの定価で飲めます。 私はぜひ飲んでみたいと心に決めていた「響30年」に加え、評価の高い「山崎12年 シェリー樽原酒」を頂きました。 さらに、同行者が注文した「ニューポッド」「マッカラン12年」も頂きました。 このテイスティングは、最高の経験になりました。 普段飲めないようなウイスキーがリーズナブルに飲み比べできます。 これから行かれる方に一言だけアドバイスです。 必ず事前に読んでおいた方がよいと思います。 留意点• 安全上、見学ツアー参加前のご利用はお控えください。 全てストレート(15ml)でのご提供です。 尚、ソフトドリンク、おつまみのご用意はありません。 状況により、品切れとなる場合もございますのでご了承ください。 よくあるご質問 Q:支払いにカードは使えますか? A:カードはお使いいただけません。 現金のみのお支払いとなります。 Q:おつまみはありますか? A:用意はございません。 食品工場のため食品衛生上、飲食物の持込はお断りしております。 また、ショップで購入されたものの飲食も不可となります。 京都(大阪)旅行には間違いなくオススメしたいスポット 山崎蒸溜所は、京都と大阪、どちらからでも行きやすい便利な場所にあります。 今回は京都に行く用事があり、半日ほど時間が空いたところに見学の予約を入れました。 見学コースを申し込むと80分以上は滞在時間が必要りますが、スケジュールが確保できれば本当におすすめしたいと思いました。 見学コースの振り返りと、お土産のシングルモルトは以下の記事にまとめてあります。

次の

山崎蒸溜所の見学コース・試飲・ショップを堪能したのでレポします

響 白州 山崎 違い

山崎12年• 山崎18年• 山崎25年 ウイスキー山崎には4つの種類があります。 主張控えめなエレガントな香りがあり、味わいは滑らか。 ジャパニーズオークと呼ばれるミズナラ樽で熟成することにより、山崎独特の香気を放っています。 希望小売価格は4,200円ですが、今ではプレミアがついて、なんと9,000円以上となっています。 ハイボール• 水割り 現在の相場• 飲み方のコメント バランスの取れたライトな味わいなので、ロックよりものど越しを楽しめるハイボールや水割りがおすすめです。 インターナショナル・スピリッツ・チャレンジにて、日本初の金賞を受賞しているほどです。 ホワイトオークを使用しているため香りはすっきりとしていますが、ほんのりミズナラとシャリーオークの香りが顔を出し、鼻をとおるようにバニラを感じます。 年号なしの山崎同様、定価の2. 5倍ほどの値段となっており、今では30,000円前後となっています。 ロックで飲んでいただきたい逸品。 オンザロック 現在の相場• 飲み方のコメント 華やかな香りを楽しめるオンザロックがおすすめ。 氷が溶けていく過程での味の変化も楽しめます。 腰を落ち着かせ、ゆっくりと味わいたいウイスキーです。 ここまで熟成してくるとフレッシュ感はなくなり、レーズンやチョコなどのほこりっぽさが出てきてスパイシーさも感じられます。 12年と飲み比べるとミズナラ樽の変化を感じられます。 入手難度は非常に高く、安くても80,000円程度となっています。 ストレート• トワイスアップ 現在の相場• 飲み方のコメント ボディーが強く水分が多いと香りのバランスが崩れるため、ストレートまたは少量の水を加えるのみがおすすめ。 私がバーで働いていた時に、たまたま入荷した一本を一口なめたことがあります。 熟成されたボディーは非常に滑らかで、ローストしたナッツのような香りと熟した果実の濃厚さを感じられました。 値段は18年の10倍程度で800,000円前後。 プレミアがついてしまったとはいえ、この値段…そうそう飲めるのもではありませんね。 バーなどで在庫があった際に一杯4,000円とかで飲めます。 見つけたら試してみてください。 ストレート 現在の相場• 飲み方のコメント なめるようにストレートで味わいたい逸品。 ほんの少しの加水をしてもいいですが、個人的にはそのままの味をのんびりと味わえるストレートがおすすめ。 山崎と白州の違いは? 全体に滑らかなバランスが特徴の山崎に対し、白州はスモーキーな仕上がりになっています。 スコットランドのアイラ地方でよく製造されるウィスキーにヒントをとっているところが白州の特徴です。 アイラよりも控えめで飲みやすいウィスキーです。 ピートは苦手な方は、意外とお湯割りにすると飲みやすくなります。 山崎と響の違いは? 山崎がシングルモルトであるのに対し、響はブレンデッドウィスキーです。 ここが一番の違いです。 サントリーの中で最高峰と位置づけられているウィスキーが響。 ボトルの美しさも1つの特徴です。 響はモルトの他にグレーンの原酒もブレンドしてフルーティーな香味を醸し出しています。 年号を増すごとに熟した果実のような味わいになりすが、不思議とフルーティーな甘酸っぱさを感じます。 白州と響の違いは? 白州はピートでアクセントをつけているので、さっぱり目の味わいになります。 対して響は、ミント等のさわやかなアクセントは不釣合いとなります。 甘みの強いグレーンの効果で、それ単体で非常に味わい深いウィスキーに仕上がっているため、どっしりとしています。 さくっと飲みたいときは白州、じっくり味わいたいときは響、などと飲み分けられるといいですね。 山崎・白州・響はどんな人に向いているの? 山崎 初心者 全体的にバランスが取れているため、ウィスキー初心者にオススメ。 白州 女性 あっさりと飲めるので女性におすすめ。 レモンやミント、ジンジャーエールなどとの相性が良くカクテル向きです。 響 中級者以上 ウイスキーに飲み慣れた中級者以上がおすすめ。 贅沢は味なので最初に飲むより後に飲みたい。 山崎が向いている人とは? 全体的にバランスの取れた山崎は、ウィスキー初心者にオススメ。 特に12年を「初めてのウィスキー」にすると、ウィスキーが好きになるのではないでしょうか?決して年号なしも悪くはありませんが、初めての一杯は、そのお酒そのものの印象を作るもの。 ぜひ、山崎でよいウィスキーでデビューを飾っていただきたい。 白州が向いている人とは? あっさりと飲めるので、女性におすすめです。 ピートが特徴的ではあるものの、甘さは控えめなため、レモンやミント、ジンジャーエールなどとも相性が良く、カクテル向き。 響が向いている人とは? ライトな味わいに飽きてしまったらぜひトライしていただきたいのが響。 実は私のウィスキーデビューは響12年なのですが、今思えば、それを最初に飲んだのはかなりアンラッキーでした 笑。 響はほかのウィスキーを飲んでから飲むと、その美味しさをより感じるので、ウィスキーに慣れたころに飲んでみていただきたい。 A 年号にもよりますがノンエイジ(年号なし)であれば、山崎・白州は600円程度で飲めるはずです。 響に関しては800円くらいでしょうか。 年代の違いで言うと12年ならノンエイジの2倍、17年なら3倍程度と思っていれば間違いないと思います。 まとめ 2019年現在、ウイスキー山崎は価格が高騰しているため 手に入りづらい状況となっています。 希望小売価格よりも高いウイスキーを買うのはどうかな?と思う方もいれば、希少価値が高くなっている今だから飲みたい!という方もいるでしょう。 さすがに、12年、18年、25年になってくると手が出しづらいのですが、ノンエイジ(年号なし)であれば頑張って買える価格でもあります。 プレゼントであれば喜ばれますし、自分で大切に飲むのもよいでしょう。

次の

響 (ウイスキー)

響 白州 山崎 違い

- 2018年 7月月23日午前2時02分PDT 響は1989年に日本の匠の技の結集し、日本の四季折々を表現する日本らしいウイスキーを!と言うテーマの下、作られたウイスキーです。 そして、ジャパニーズウイスキーで高級志向のブレンデッドウイスキーと言うのは、他にないテーマでもあります。 スコッチのブレンデッドですと、例えばバランタインなんかは魔法の7本柱と呼ばれるキーモルトのみ公表されておりまして、それは7つの蒸溜所のモルトウイスキー原酒をベースに、商品ごとのテーマなどでさらにいくつかの原酒をブレンドするような形で作られています。 それを、響はモルトなら山崎、白州、グレーンなら知多のみを使い、蒸溜所内で作る原酒の精麦や熟成の樽の違いなどで作り分け、味に深みを出しているわけです。 これは結構すごいことですよ!笑 世界中探してもそんな蒸溜所はなかなかありません。 そうして作られた響。 はたして味はどのようなものなのか。 幸せな気持ちになれます笑 そんな贅沢なお酒だから絶対高いんでしょ?! バーで飲んだら怖いお兄さんが出てきてとんでもない値段を提示してくるんでしょ?! って思っちゃいますよね。 では、気になるお値段を。 まずは定価でお調べしましたー。 価格は? サントリー公式サイトによると、今は残念ながら12年、17年は休売してしまいましたが、いちおう定価としては、• しかしこれ、意外とお手頃ですね! 定価なら買いですよ!買い!笑 そんな響ですが、果たしてどうやって飲むのが正解なんでしょうか。 個人の主観ですが、オススメの飲み方は紹介していきますねー! おすすめの飲み方 響ウイスキーの一番の特徴は、香り高さや、華やかさにあると感じます。 その香りを楽しむためには、まずストレート。 これまた氷が溶け、時が経つと味わいに変化があります。 お求めやすい響のエントリーモデルとしての代用品と言った扱いで、間違いないと思います。 気になる味わいは… 正直個人的には響きません… 理由を示しますね! この商品だけですが、加水しての味わいの変化や複雑味、味の奥行きと言うものに欠ける気がします。 となれば何がハーモニーなのかわかりません…。 ほのかに感じる酸味は12年の時に強調されていた梅酒樽由来かと思われます。 基本的には甘酸っぱい果実味の柔らかいブレンデッドウイスキーと言ったところですが、これを響として出すのは…と言った印象です。 お値段も高騰しちゃってますから、個人的にはあまりオススメできる商品ではないです… - 2019年 1月月9日午前4時49分PST 続きまして、響の12年を! こちらはジャパニーズハーモニーが出る前にエントリーモデルとして発売されていたもので、今は残念ながら生産終了してしまいました。 こちらのウイスキーは非常に面白くて、個人的に好きだったので残念です… もうこの12年を語るポイントは1つ! 梅酒の樽で後熟してるのです! 山崎蒸溜所の梅酒と言う商品がありますから、そこからの樽のローテーションですね!笑 これが非常に面白くて、グラスを近付けた時にフワッと高い梅酒の香りがして、飲んだら上等なウイスキーと言う感じの味わいでした。 酸味のある果実、ほのかなスモーク感、そして柔らかい甘味と言った順にアタックしてきて、そして柑橘のような優しい甘味で抜けていく。 水割りやロックなどで加水しても負けないだけの華やかな香りがありました。 本当に美味しかったんですけどねぇ… 再販してくれないかな… 今でもネットショップに少しだけ在庫はありますが、高い!笑 大体3万円台くらいになっているので発売時の5倍以上の価格設定ですね! これを出してまで、オススメ出来るかと言うと… どこかのバーで見かけたら、是非飲んでみて欲しい商品ではありますが。 - 2019年 2月月4日午後9時40分PST 言わずと知れた響のスタンダードモデル!!!なのですが… 残念ながら2018年秋に休売してしまいました。 その為、現在は高価なオークションアイテムになってしまってます。 チラッと見てみましたが、およそ定価の3倍くらいで取引されてますね… 味わいは、やはり若い物に比べて香りも熟したフルーツと言うか深みが全然変わってきます。 そして口にふくむと、熟成由来の樽感、酸味、果実感が心地よく、余韻もとても長いです。 加水すると、甘味がより強調される印象。 アルコール感はほぼなく、上品な果実シロップのような味わいで、入り口と鼻を抜ける余韻がとにかく華やかです! 本当に美味しいウイスキーです!響きます! また定価で買える日を心待ちにしております… - 2019年 2月月6日午前12時24分PST 響の21年は、30年が年間生産数1000本ほどであることを考えればスタンダードモデルとしては最高峰にあたる商品と言えるでしょう。 …全然見かけませんけどねorz 山崎のシェリー樽やミズナラ樽辺りがキーモルト(メインとなるお酒)となっているようです。 味わいは、何というか干し柿のような甘味、酸味、そしてシェリー樽由来の枯れた果実感、プラム、最後に生チョコや仏間のような香りが抜けていき… それはまぁ複雑です。 文字で見ると美味しくなさそうですが、めちゃくちゃ美味しいし、圧倒されるような味わいなんですよ!笑 仏間のような香りはミズナラ樽由来のもので、白檀や伽羅香なんて専門書には書いてたりします。 酒齢30年以上のモルト、グレーンを厳選してブレンドした珠玉の1本! 30年物となるとグレーンウイスキーでも角が取れて、トロピカルな味わいになってきますからねぇ。 知多の30年…それはそれで飲んでみたい笑 また上でも触れましたが、年間生産数1000本。 香りはドライフルーツ、バニラ、ウッディーさを醸し出しつつ、ベリーやオレンジのような果実感が混じり合う• 味わいはトロリとした柔らかさからバニラの甘味、そして果実感を伴い口腔内にずっと余韻がある• また後熟にワイン樽を使用しているというのが、今までの響にない取り組みですね! 早速、味の方を! 香りは華やかさの中に、ベリー系の果実味と酸味を強く感じます。 色味も赤っぽいので、ワイン樽の影響を強く受けていると言えそう。 口に含むと響らしい複雑な味の変化が訪れます。 レーズンやリンゴ、ピート感やウッディーさもありますね。 そして、響には珍しく少しアルコールの刺激を感じるかもしれない。 全体的にはスパイシーで刺激的、甘酸っぱい。 こんな印象ですね! 業務店向きとは言え、ネットショップにはたくさん流通しておりました笑 ご興味の方は、探してみてください!• まとめ それではまとめです!• 響は1989年、日本の四季や匠の技を表現しようと作られたサントリーのプレミアムウイスキー• 17年の休売や流通量の低下、需要の拡大によりオークションアイテムに! 響ノンエイジ• 響のエントリーモデル• エントリーしにくいお値段笑• 響らしさが少ない 響12年• ノンエイジ の前のエントリーモデル• 現在は生産終了• 梅酒樽を使い、梅酒のような風味から味わいが変化していく面白い味わい 響17年• 響のスタンダードモデル• 2018年秋、休売に• 複雑味のある高級ブレンデッドウイスキー• 定価ならめっちゃ飲みたい 響21年• 山崎のシェリー樽やミズナラ樽主体• 干し柿やチョコのようなとにかく奥深い味わい• お試ししたい方は蒸溜所の有料試飲がオススメ! 響30年• 響の最高級モデル• 年間生産数1000本• こちらも蒸溜所の有料試飲がオススメ 響ブレンダーズチョイス• 業務店向けモデル• ワイン樽で後熟• 甘酸っぱい果実味、スパイシーな味わい• 一般の方もネットショップで買える笑 響ディープハーモニー• 2013年に限定発売• 白州のワイン樽と知多のシェリー樽が主体• 今ではなかなかお目にかかれない こんな感じですかね! いかがだったでしょうかー? 日本の高級ブレンデッドウイスキーだと他にあがるのは竹鶴なんでしょうが、お互いそれぞれに違ったテーマを持ち、作っているのが面白いですねー! 味わいの表現の部分で、幹となる大体同じ部分のところと、ボトルごとの特性とも言える表現が出てきます。

次の