お腹 ガス 鳴る。 お腹がぐるぐる鳴る4つの原因!病気の可能性もチェック!

お腹のガス抜きができるツボは?手で押せる4カ所

お腹 ガス 鳴る

お腹が鳴るのはなぜ?仕組みを理解しよう そもそもお腹はなぜ鳴るのか、体の仕組みを知っておきましょう。 お腹が鳴るタイミングは、主にお腹が空いた時と食べ物を消化している時です。 食後にお腹が鳴るのは、食べ物を消化している音であり、つまり正常な音でもあります。 口から入り、胃の中で細かく消化された食べ物は小腸に送られます。 小腸の中で食べ物が消化液やガスと混ざり合って消化吸収される時にお腹の音が鳴るのです。 また、次の食事を受け入れる準備として、小腸の中にあった食べ物をきれいに外へ排出するために、腸はぜん動運動(消化に伴う収縮運動)を繰り返します。 空腹時収縮といい、この時にもガスと腸内の消化物が混ざり合って音がするのです。 これが食後のゴロゴロ音の正体といえます。 食後にお腹がゴロゴロ鳴るのは消化のサイン?! 食後にお腹が鳴るのは必ずしも悪い症状ではありませんが、あまりにも大きな音が鳴る、頻繁に鳴るという場合には、何らかの問題が隠れている場合があるかもしれません。 食後にゴロゴロとお腹が鳴るのは、次のような原因が考えられます。 悪玉菌が増えてガスが発生している 正常な腸にも多少のガスは存在しますが、腸内でガス多く発生して溜まっている場合は、お腹の音が大きくなってしまいがちです。 ガスが発生する原因として、まずは食生活が原因に挙げられます。 特にガスを発生させやすい食べ物といえば、芋類が有名ですが、他にも脂肪たっぷりのお肉やケーキなども要注意。 また、腸に良かれと思って摂っている食物繊維も、摂りすぎると悪玉菌のエサになり、ガス発生の原因になってしまうのです。 早食いが原因?! ガスは食べ物から発生するばかりでなく、外から飲み込む空気も関係します。 特に早食いの人は、食べるのと一緒に空気も多く飲み込んでしまっているのでガスが溜まりやすくなります。 ついつい時間が無いからといって、急いで食事をする習慣がある人は要注意です。 ストレスを溜め込みがち? 普段から心配事が多い人や、不安や緊張が強い人はガスを溜め込みがちです。 精神的にストレスがかかると、無意識のうちに空気を飲み込んでしまっているのです。 また、ストレスが多いと自律神経のうち副交感神経の働きが低下して、腸の動きが悪くなってしまいます。 腸の動きが悪くなってガスが溜まりやすくなるだけでなく、便秘がちになることで悪玉菌が増えてガスが発生しやすい環境になってしまうのです。 腸の病気が原因のことも考えられる! 食後にお腹が鳴る症状は病気が原因のこともあります。 どんな病気が考えられるのでしょうか?特に注意したい2つをご紹介します。 過敏性腸症候群 特に腸の異常は見られないのに、ストレスが原因になって便秘や下痢を繰り返す病気です。 過敏性腸症候群は人によって症状が異なりますが、お腹の音が大きい場合や、おならや腹部膨満感などの症状に悩まされることもあります。 過敏性腸症候群の原因は主にストレスと考えられています。 腸は第二の脳といわれるくらい、気持ちや感情との関わりが深いのです。 性格的にもともと真面目で、気が弱いタイプ、くよくよしがちな人などがかかりやすい病気とも言われています。 ストレスを感じやすい、20代の女性や3,40代の働き盛りの男性に多い傾向があります。 呑気症 普段から空気を飲み込んでしまい、胃腸に溜まりやすくなってしまう病気です。 特に緊張しやすい人やストレスが多い人は、無意識のうちに歯を食いしばってしまい、空気を飲み込んでお腹の中に溜まりやすくなってしまうのです。 呑気症になると、胃の不快感、ゲップにも悩まされることがあります。 他にも胃腸の病気が隠れていることもあり、自己判断で勝手に思い込むのは重大な病気を見過ごす可能性もあり、危険です。 まずはお医者さんに相談して、胃腸に問題が無いかどうか確認するようにしてください。 食後のお腹ゴロゴロを解消するための3つのポイント 食後にお腹が鳴ってしまうのを解消したいなら、過剰なガスの発生を減らすことです。 ガスの発生を減らすには、次の3つのポイントを押さえましょう。 ガスを発生する食べ物を摂りすぎない 脂肪分の多い食べ物、芋類、食物繊維を多く含むごぼうや豆類などの食べ過ぎに気をつけましょう。 特に冷たい食べ物ばかり食べていると、腸の動きが鈍ってしまいます。 温野菜や暖かい汁物を一緒に飲むようにするなど、胃腸が冷えない食事を心がけましょう。 ゆっくり食べて空気を飲み込まないようにする 早食いはガスを体の中に溜め込む原因になります。 ゆっくりよく噛んで食べることを意識するようにしましょう。 よく噛むことによって胃腸の負担を軽くすることもでき、食事の量が少量でも満足感を得られやすくなるので良いことづくめです。 また、溜まってしまったガスを体の中で閉じ込めないことも大切です。 特に、デスクワークで座りっぱなしだと腸の動きも鈍りがち。 ウォーキング、ヨガや腹筋運動は、お腹に刺激を与えてくれるのでおすすめです。 くれぐれも運動自体がストレスにならないように、無理のない範囲で始めましょう。 乳酸菌を摂取して善玉菌を増やす ガスの原因になる悪玉菌を減らすには、外から乳酸菌を摂取して腸内細菌のバランスを整えることが大切です。 善玉菌を増やすには、 ヨーグルト、キムチ、納豆、漬物、味噌、塩こうじ、甘酒などの発酵食品を摂取して、良い菌を体に取り入れることが効果的。 ただし、毎日続けることで腸に菌を定着させることが大事です。 日々の食生活で少しずつ発酵食品を取り入れていくようにしましょう。 もし、なかなか自炊する時間がない場合や、毎日発酵食品を続けて食べるのが難しい場合には、乳酸菌配合のサプリメントから取り入れる方法もおすすめです。 サプリメントであれば食事のメニューをあれこれ考えなくても、負担なく続けることができて効果的です。 薬ではないので即効性があるわけではありませんが、続けることで腸内環境を改善することができます。 自分にはどんな乳酸菌サプリメントが合うのか、詳しく知りたい場合は、こちらも記事も読んでみてくださいね。

次の

腹鳴とは!お腹が鳴る原因(ゴロゴロ、グウグウ、グゥー、ポコポコ)

お腹 ガス 鳴る

お腹がポコポコ鳴る原因 痛いとき お腹で音がなるほかに、痛みもともなう場合は、• 過敏性腸症候群• 食べすぎ・飲みすぎ• 食中毒 といったさまざまな原因が考えられます。 便秘の場合は下腹部に張りがあるのが特徴です。 水分や食物繊維を積極的に摂取することで改善させていくといいでしょう。 食べ過ぎや飲み過ぎも腹痛の原因となります。 特にポコポコといった音が鳴っているのは胃などの消化器官が一生懸命飲食物を消化しているときに発生している音である可能性が高いです。 参考: また、お腹が冷えることで痛みが生じることもあります。 エアコンなど外部からの冷えのほかにも冷たい飲み物を飲んだりすることでも腹部は冷えてしまうので注意しましょう。 さらに食中毒の場合は激しい痛みや発熱・下痢を伴います。 過敏性腸症候群については下記で詳しくお伝えしていきますね。 動く感じがするとき お腹がポコポコした感じで動く感覚があるときは、筋肉の痙攣が原因である可能性が高いです。 お腹には胃や腸、膵臓、下腹部には膀胱などさまざまな臓器が存在します。 これらの臓器は 平滑筋という筋肉に包まれています。 この平滑筋が痙攣することでポコポコお腹が動いたように感じるのです。 それではどのような状況のときにこれらの筋肉は痙攣しやすくなるのでしょうか。 私たちの体は外部から多くのストレスを受けたり、疲労がたまってしまうと筋肉が緊張状態になってしまいます。 こうなると、運動神経の伝達がうまくいきにくくなり痙攣しやすくなってしまうのです。 つ まり、日々の疲労やストレスが原因でお腹がポコポコ動くような感じがするのです。 下痢があるとき 下痢を伴う場合は、 下痢型過敏性腸症候群という病気が考えられます。 下痢型過敏性腸症候群では突然、便意を感じ下痢をしてしまうことが多いです。 電車に乗ると下痢をしやすくなる、という方も多いです。 これは、以前、電車に乗ったときに下痢になった経験が影響しています。 この嫌な経験を脳がストレスに感じ、再び電車に乗ったときに下痢を引き起こしてしまうのです。 このように、過敏性腸症候群は多くの場合、ストレスが原因となります。 おならがあるとき おならがよく出てしまう場合は、 ガス型過敏性腸症候群の可能性が考えられます。 これは簡単にいうと、お腹(腸内)でガスが発生し、溜まってしまっている状態です。 ガスがお腹にたまってしまう原因としては、• 腸における消化作用が働きすぎて多くのガスが発生してしまう• 緊張やストレスが影響し、必要以上の空気を吸いそれがお腹にたまってしまう• 腸内の細菌叢が変化し、多くのガスを発生させてしまう といったことがあげられます。 多くの場合は、運動や食事、休養など基本的な生活習慣の改善で治ることが多いです。 まず、運動により自律神経系が刺激されるので、ガスがお腹にたまってしまうのを改善することができます。 また、食事でも食物繊維を多く摂取したり、ヨーグルト・納豆・キムチなどの発酵食品をとることで腸内の悪玉菌の活動を抑えてくれます。 悪玉菌の活動が抑制されると相対的に善玉菌の作用が強くなり、腸内細菌叢の改善に向かうのです。 さらに、疲労やストレスは過敏性腸症候群の根本的な原因となります。 しっかりと睡眠をとり、ストレスをため込まない生活習慣を心がけるだけでもお腹の調子を改善させていくことは十分可能です。 お腹にガスがたまりやすくなる原因 お腹がポコポコなる原因を紹介しましたが、その中でもお腹にガスがたまってしまっているという理由で音が鳴ることが多かったですね。 そこでここではお腹にガスがたまりやすくなってしまう原因についてさらに深くお伝えしていきたいと思います。 肉類の食べ過ぎ お肉ばかり食べるような食生活をしていないでしょうか。 豚肉や牛肉は特に動物性タンパク質が多く含まれ、脂質の過剰摂取につながります。 その 結果、腸内環境も悪くなりガスが発生しやすくなってしまうのです。 特に揚げ物は脂分が多いので注意しなければなりません。 お肉が食生活の中心になってしまっている方は、肉類の摂取を控え、野菜や発酵食品を多く摂取することで腸内環境を整えることが期待できます。 デスクワークが多い 仕事で起きている時間の多くをデスクワークに割いている方は多いのではないでしょうか。 意外にもこの長時間のデスクワークがお腹にガスがたまりやすくなる原因となります。 デ スクワークにより長時間同じ姿勢を保っていると腹部にガスがたまりやすくなってしまうのです。 特に女性の場合はストッキングやタイツで下腹部が締め付けられてしまうので腸が圧迫され、さらにガスがたまりやすい状態になってしまうのです。 いつもデスクワークで同じ姿勢ばかりしていると感じる方は、意識的に姿勢を変えるようにしたり、こまめに休憩をはさむようにするといいでしょう。 まとめ:食生活を改善とストレス解消を意識しよう! お腹がポコポコ鳴っているのは• 腸内環境が悪くなっている• 疲労やストレスの蓄積により平滑筋が痙攣している という2つの原因が主になります。 日ごろの食事に気をつけたり、疲労やストレスを解消できるようなライフスタイルにしていくことで改善されることが多いです。 また、こちらの記事も関連性が高い記事になっていますので併せてご覧いただくことをおすすめします。 参考:.

次の

お腹のガス抜きができるツボは?手で押せる4カ所

お腹 ガス 鳴る

この記事の目次• お腹が鳴る原因 どういった状況のときにお腹がなるのかを知りましょう。 原因を知っておくことで、お腹が鳴るのを回避することができます。 空腹時はお腹が鳴ります。 これは胃腸の中が空っぽの状態になっている時、に胃腸が収縮運動を行うことで発生します。 「空腹期収縮運動」や「食後気収縮運動」と呼ばれており、胃腸に残った残ってしまった少量の食べカスを排出するための運動です。 胃腸の運動は意識的に行えるものではないので、いくら意識してもこの収縮運動は引き起こります。 食後6時間〜8時間の間にこの働きが活性化し、お腹から音が発生するケースが多くあります。 胃や腸の中が空っぽの状態だと空間が出来てしまうので音も鳴りやすくなります。 丁度消化運動が終了し胃の働きもまだ活発なタイミングに起こりやすい傾向がります。 またダイエットなどをおこなている場合は空腹の時間が長くなってしまいますのでその場合もお腹が鳴りやすくなります。 満腹の状態 意外に思う方もいるかと思いますが、満腹の状態でもお腹から音が発生する場合があります。 食べ物は、口から入ってきて胃で消化された後に、腸を経過して肛門から便として排出されます。 この過程において、腸に入る時にガスが発生します。 このガスが腸を動かすことで音が発生するのです。 つまり満腹時のお腹からする音は、腸が動く音だといえます。 またこの時に発生するガスはおならとして排外に排出されます。 におならについて詳しく書いてあるので、気になった人は読んでみてください。 早食いである あまり量を食べていなくても、早食いの人はお腹が鳴りやすい状態になってしまうので注意しましょう。 早食いをすると、食物と一緒に多くの空気を飲み込んでしまう傾向にあります。 空気がお腹に溜まると、上記のように腸を動かしてしまって、お腹から音が発生してしまうという現象が現れてきます。 ということは炭酸飲料などは、ガスを飲んでいるようなものなのでお腹から音が発生する可能性が高くなります。 お腹が鳴るのを避けたい場面であれば、炭酸飲料を飲むのは避けたほうが懸命だといえます。 食べたもの 満腹でもないし、空腹感がある訳でもないし、早食いでもないのに音がするという場合は食べたものが原因で音がしてしまうことがあります。 例えば熱すぎる食べ物や冷たすぎる食べ物、辛すぎる食べ物を食べた時にお腹から音がする原因になります。 これは胃腸に対しての刺激が強く負担になっているために、胃腸の働きが活発になってしまい音が発生するのです。 ストレス 直接的な原因とはいえませんが、ストレスが溜まっているとお腹がなりやすい状態になってしまいます。 ストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまいます。 腸は自律神経の影響を受けやすく、バランスが崩れてしまうと腸が正常に働かなくなります。 そうなると食物を消化する際に、ガスを上手く排出できなくなりお腹から音がする原因になってしまうのです。 また緊張した時というのは、無意識に奥歯を噛み締めてしまう場合があります。 奥歯を噛みしめると胃腸に空気を飲み込みやすくなってしまい、お腹が鳴る原因となる事があります。 緊張やストレスが特に関係している胃腸の働きの問題には過敏性腸症候群の問題もあります。 これは現代病とも呼ばれていて原因が多岐にわたり判明しにくい事もあります。 特定の状況や緊張、ストレスなどが引き金になり腸の運動が活発になり音を出したりお腹が痛くなるなどの症状が引き起こります。 頻繁にこれらの症状が出てしまう場合は慢性化してしまい病気に繋がってしまう危険があるので注意しましょう。 ファッション 服装によっては、お腹が鳴りやすくなる場合があります。 想像するとお分かりになると思いますが、ベルトをきつく締めたりゴムウエストがきつい服装はお腹の辺りを圧迫してしまい、胃腸の働きを制限してしまう場合があります。 特に女性の場合は、ストッキングやウエストの絞られたワンピースなどを好んで着ている人は気をつけた方が良いでしょう。 休んでいる時 お腹の音は休んでいるときやじっとしている静かな時に良くなるイメージはありませんか?周囲が静かだから音を認識しやすいこともありますが、休んでいる時に胃腸の働きは活発になる事が関係しています。 これは、副交感神経が優位に働いているからです。 交感神経を活発に働かせている時は胃腸などの内臓の働きは弱くなります。 緊張状態になり、身体を動かすことに集中するからです。 基本的に消化や胃腸のぜん動運動などの働きは休んでいるタイミングに活発になります。 食べてすぐ横になると牛になると言いますが、寧ろ食べた後にしっかり休息することで消化は良くなり、早く食べ物が消化されるので胃の中に長期的に食物が残らずに便秘になりにくかったり、太りにくくなります。 なので休んでいるタイミングは胃腸の働きが活発になり音が鳴りやすくなります。 休んで副交感神経が働くタイミングは目を閉じたりすることで光の摂取量が少なくなることや、横になること、筋肉を休ませること、意識を落ち着かせること、呼吸を深くすることなどを行うことでスイッチが切り替わります。 このタイミングで食後気収縮運動が起きやすくなります。 病気の可能性 上記の原因がどれも当てはまらない上に、いつまでも鳴り続けるという場合は胃腸が炎症を起こしたり病気になっている可能性があります。 下記でおなかがなる症状のある病気を紹介しているので、心当たりのある方は一度読んでみましょう。 お腹の音の止める方法 では実際に音が出てはいけない場面になった場合、どのような対処法を取れば音を止めることが出来るのかその方法を紹介します。 自分に合う方法を探してみてピンチの時に使えるようにしておきましょう。 変なタイミングでお腹がなって周囲から注目を集めてしあわないようにしましょう。 背筋を伸ばす 人間の体は誰しも少しは丸まっているものです。 その状態ではお腹がなりやすくなってしまうので、背筋を伸ばすことでおなかが鳴るのを止めることができます。 丸まっていると、腹腔の面積が広くなってしまいます。 背筋を伸ばすことで腹腔を狭くし、その空気圧で胃腸が動くのを止めることが一時的にできるのです。 お腹が鳴る時は自分でわかると思うので、鳴りそうと感じたときに背筋を伸ばしてみましょう。 音を止めることができます。 お腹を膨らませる 腹式呼吸のようなやり方の対処法です。 お腹を膨らませるように空気を取り入れればお腹が鳴るのを事前に止めることができます。 これは胃に空気を取り込むことで、その空気圧により胃腸の働きを一時的に止めることができます。 お腹の音を気にする時は試してみましょう。 背中を叩く あまり大きな動きが取れない時はこの方法が良いと思われます。 胃の後ろくらいの位置の背中を叩くことで、胃に溜まった空気を腸に送る手助けをすることができます。 息を吸ってお腹を膨らました後に、背中を叩きながらゆっくり息を吐きましょう。 1日3食しっかり食べる 毎日、食事の回数が違うかったり、食べる時間がマチマチだとお腹が鳴りやすくなってしまうので、決まった時間に食べることを心がけましょう。 近年は朝ごはんを食べないという人も多くいます。 朝ごはんを食べないということは睡眠時間を考えると、ご飯を食べていない時間がとても長くなります。 朝ごはんを食べることで仕事や学校の最中にお腹が鳴る可能性をぐっと下げられるでしょう。 また朝ごはんは、パンよりもご飯の方が消化に時間がかかり腹持ちが良いので、お腹の音に悩んでいる方はご飯を食べるようにしましょう。 上記の原因にもありましたが、早食いはお腹の音の原因になってしまうので、ゆっくりよく噛んで食べることを意識してください。 あまり水分を取らない 食事の時にお茶や水をたくさん飲んでいる人は、少し減らすようにしましょう。 水分を摂りすぎることで、胃酸が薄くなって消化管の消化機能が弱くなってしまい、食べカスが残りやすくなってしまします。 食べカスが残るとガスが発生しやすくなりお腹の音が発生する原因になります。 少しづつ喉の乾きを取ることだけを意識して水を飲みましょう。 消化が終わってから水分を摂るようにすると、食べカスが残りにくくなります。 ゲップをする これは仕方なくといった方法ではありますが、ゲップをすることでお腹がなるのを減らすことができます。 上記のようにガスが原因でお腹が鳴っているので、ゲップをすることでお腹のガスを先に出しておくのです。 もちろんゲップも自分で故意にできない人もいると思うので、難しい方法かもしれませんが、故意にゲップを出せる人は仕事前などにトイレでゲップをしてガス抜きを行うと良いでしょう。 病気の可能性 普通に生活をしているのに、あまりにも頻繁にお腹が鳴ってしまったり、少し食べただけでも毎回音が発生する場合は病気という可能性もあるので、症状に心当たりのある方は病院へ行くようにしましょう。 過敏性腸症候群 特に胃腸に変化がないのにもかかわらずお腹あたりに不快感を感じて、下痢や便秘などが起きる病気です。 症状の現れ方がマチマチなのが特徴で、「下痢が頻繁に起きてしまう症状」・「便秘になってしまう症状」・「二つが交互に繰り返される症状」の3つに分類することができます。 主に食事の後に発生することが多いのですが、前兆を感じることがなく急に症状が発生してしまうために、いつ起こるか分からないという不安が原因で症状を引き起こす場合があります。 完治することが難しく、命の危険はありませんが、過敏性腸症候群とは長い付き合いになってしまいます。 まずは自分が過敏性腸症候群だということを認知することが大切なのです。 特に働き盛りの20〜30代の男女に多く発症することから社会的なストレスが大きな原因となっているのではないかと言われています。 過敏性腸症候群は腸の知覚過敏です。 何らかの刺激やストレスを受けるとそれに反応して腸の動きが活発になります。 どの様な状況で症状が出やすいのか、自分で分析してみて、医者に報告し治療を行っていきましょう。 過敏性腸症候群に関する詳しい記述はこちらで紹介しています。 ・ 胃炎 胃で起こる炎症を総称して胃炎と呼びます。 症状としては、腹部の痛み・吐き気・気持ち悪さなどがあり、お腹からゴロゴロ音がする場合が多くあります。 お酒の飲み過ぎなどにより胃が刺激を受けすぎた時に炎症を起こすことが原因になります。 症状によっては、治療方法も変わってきますので、あまりにも激しい痛みや気持ち悪さを感じる場合は病院へいきましょう。 胃炎に関する記事はこちらになります。 詳しくはこちらを参考にしてください。 ・ ・ ・ ・ 逆流性食道炎 胃酸や十二指腸液が逆流してしまって、食堂で炎症が起きてしまった状態です。 症状として、胸焼け・吐き気・喉のイガイガ・気持ち悪さなどがあり、お腹から音がするといった症状もあります。 この場合お腹からする音が大きくなるのが特徴です。 原因としては、過度なストレス・暴飲暴食・喫煙などがあります。 症状が軽ければ自己治癒でも治せますが、あまりにも痛みや吐き気を感じる時は診察してもらいましょう。 逆流性食道炎の記事はこちらになります。 詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 ・ 呑気症 空気を無意識に多く吸い込んでしまうことで、お腹に空気が溜まってしまうという病気です。 空気嚥下症と言われる場合もあります。 症状としては、 ・お腹の張り ・ゲップやおならの多発 ・胸焼け ・痛み といった症状が現れることがあります。 さらに空気が多く溜まっているので、お腹が鳴ることが多くなってしまいます。 ストレスや早食いが原因となって発症することがあり、それらの原因を取り除くことで症状を改善することが出来ます。 呑気症が疑われる場合はこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。 ・ ・ ・ まとめ お腹が鳴る原因• 空腹感で胃腸が収縮している• 満腹によりガスが発生している• 早食いで空気を取り込んでいる• 胃に負担をかけるものを食べている• ストレスにより自律神経が乱れている• 腹部を締め付ける服装をしている• 病気の可能性 お腹の音の止め方• 背筋を伸ばす• お腹を膨らませる• 背中を叩く• 1日3食バランス良く食べる• 食事中の水分を少なくする• ゲップをしてガス抜きをする お腹の音がでる症状の病気• 過敏性腸症候群• 逆流性食道炎 以上が今回の記事のまとめになります。 お腹が鳴るのは個人差があります。 基本的には鳴る人の方が多いと思われますが、仕事中や恋人とのデートの時は避けたいものですよね。 原因になるような行動を避けて、お腹がなるのをなるべく少なくしましょう! 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の