ライン グループ 通話 できない。 LINEで無料通話・ビデオ通話ができないときの対処法!考えられる原因5パターン!

LINE無料通話ができない・通信できない・権限がありませんの原因・対処法

ライン グループ 通話 できない

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 パソコンの画面を共有する パソコン版のLINEアプリ限定で、パソコン画面が共有できる機能を提供しています。 0 バージョン以上でご利用いただけます。 1.パソコン版LINEよりグループのトーク画面を開き、ピデオ通話を開始します。 2.画面左下のマークをクリック。 3.シェアしたい画面を選択し、[シェア]をクリック。 4.自分のパソコン画面が共有されました。 画面シェアを終了する場合は、配信者の画面右下から[停止]をクリックして終了します。 【ポイント】背景を隠したい時には「背景ぼかし」機能 ビデオ通話時に背景を映したくない時は、「背景ぼかし」機能を使って人物以外の背景をぼかすことができます。 UPDATE 2020.

次の

LINEで電話ができない原因はマイク?解決方法は?

ライン グループ 通話 できない

関連記事• LINE無料通話は友だちになっていれば、 相手と無料で通話することができる便利な機能です。 ただし、以下の特別な場合に限り、LINE無料通話はできませんが・・・。 <LINE無料通話が使えない相手の条件>• 相手と友達になってない• 相手がこちらを友達にしてなくてもLINE無料通話は使えません• こちらが相手を友達にしてない場合もLINE無料通話は使えません• 相手をブロックしている・相手にブロックされている• 相手をブロックしている場合には、トーク画面で文字を打ち込む部分に「ブロック中」と表示されています。 相手にブロックされている場合には、相手に無料通話をかけることはできるものの、相手にはそれが届きませんし、相手に着信履歴も残りません。 そのため、こちらの着信履歴はずっと未読のまま残ります。 解決策• 相手が通知拒否をしている• 相手が通知拒否をしている場合には、相手に通話をかけることができません。 他の可能性としてはこちらを参考にしてください。 このような条件下では便利なLINE無料通話も使うことができないんですよね。 記事の目次• Wi-Fi環境だとLINE無料通話は使いづらい LINE無料通話はネットワーク接続をしている状態で利用します。 そのため、お互いに安定しているキャリアの回線を使っているのであれば、接続が途切れにくいのですが、 どちらか、もしくはお互いにWi-Fiを利用していると非常に不安定な状態になります。 そのため、 相手の声が聞こえない、聞こえにくくなるというトラブルが起こりやすくなります。 ただし、この場合にはパケット通信料がかかってしまうので、 定額プランなどに入ってない状態では料金がかさんでしまうというトラブルにもなりかねません。 この場合、とあるプランに加入していれば問題なくどんどん使っても良いのですが・・・。 どんなプランに加入していれば良いのかというと、それは• パケホーダイなどの定額プランに加入していること です。 それでも定額プランには 2GB・5GB・7GBなどと決まっており、それくらいにしか使えないんですよね。 では、LINE無料通話はどれくらいの通信量になるのでしょうか? 1GBでかけられるLINE無料通話時間 調べた所、 LINE無料通話を1分間かけると3MB消費するとありました。 もちろん、使用している環境によってもここらへんは異なってきますが、これを元に計算すると・・・ 1時間=60分で180MB消費することになります。 (1000MB=1GBです。 ) そのため、1GBでは約333分=5時間33分の無料通話をかけられることになります。 2GBだと約11時間• 5GBだと約27時間• 7GBだと約38時間 ということになります。 もちろん、他にもいろいろとパケット通信は使うはずなので、利用できる時間はもっと少なくなりますね。 まとめ 以上でお話してきたように、 Wi-Fi環境だとLINE無料通話は不具合が多くなります。 そのため、キャリアの回線に頼ると良いのですが、その際にパケット通信料金がかかってきます。 具体的にどれくらいかかるのかというと、 LINE通話1分につき3MB。 つまり、1GBでは約5時間33分かけられることになります。 大抵の人は、パケホーダイなどの定額プランに加入していると思いますが、その場合は2GB, 5GB、7GBが多いです。 ということは、それぞれでLINE無料通話を• 2GBだと約11時間• 5GBだと約27時間• 7GBだと約38時間 使える計算になります。

次の

LINE PCで通話する方法とできない時のチェック箇所

ライン グループ 通話 できない

LINE PCで通話する方法とできない時のチェック箇所 スマホのLINEアプリで通話ができるのは皆さんご存知かとは思いますがPC版LINEでも通話することが可能なんです。 PCで通話することのできるアプリは色々ありますが、スマホでも登録者数の多いLINEをPCで通話できるとあれば便利ですよね。 今回はPC版LINEでの通話方法と通話ができないときの解決方法をご紹介します。 PC版LINEで無料通話する方法 手順としてはとても簡単です。 先ずはPC版LINEを起動させます。 無料通話したい相手のアイコンをクリックしましょう。 クリックすると相手のプロフ画面が表示されます。 電話マークをクリックすると「音声通話しますか?」というメッセージが表示されるので「確認」を選択します。 呼び出し中になります。 あとは相手が出るのを待つだけですね。 ちなみに相手から着信を受けた場合はこのように表示されます。 「応答」というところをクリックで無料通話を始めることができます。 PC版LINEで無料通話できない場合の解決方法 PC版LINEで無料通話を行う場合、マイクとスピーカー またはイヤホン が必要になります。 最近のPCはマイクとスピーカーが内蔵されているものも多いですが、内蔵されていないPCをお持ちの方は別途用意が必要です。 また、マイクとスピーカーがLINE側できちんと認識されているかどうかも重要な点です。 確認する方法をご紹介しますね。 左下の歯車マークをクリックして「設定」を選択しましょう。 設定画面が表示されたら「通話」をクリック。 接続しているマイクとスピーカーが認識されているかチェックすることが可能です。 接続中の音声機器が表示されない場合はPCの再起動やデバイスの再接続をしてみましょう。 それからこの「通話の着信許可」の部分にチェックが入ってないと相手から発信された無料通話を受けることができないので注意してください。 そしてもうひとつ、重要な確認項目があります。 実はPC版LINEには種類が2つあります。 ひとつがWindows8版で、今まで画像を使って説明してきたのがWindows版です。 Windows8版のLINEでは無料通話ができません。 無料通話をする場合はWindows版のLINEをインストールする必要があります。 間違えないように注意が必要です。 Windows版LINEのインストール方法は過去記事 を参考にしてください。 まとめ PC版LINEで無料通話を行う手順としては簡単だったと思います。 しかし、音声機器が正しく接続されていなかったり、Windows8版をインストールしてしまっていると無料通話ができません。 今回紹介した手順で確認してみてください。 PC版LINEで無料通話ができればPC上で何か他の作業をしながら友だちと会話することが可能です。 例えば皆で行く旅行のプランをPCで調べながら通話をしたりなど。 無料通話をしながらトークのやり取りも可能なので見つけたサイトをその場でシェアして通話で相談なんてことも可能ですね。 使い方は無限に広がります。 是非、PC版LINEでの無料通話、試してみてください。

次の