ヤマザキ フレンチ クルーラー。 ブルボン アルフォートミニ(バニラホワイト)をレビュー!

#ヤマザキ 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

ヤマザキ フレンチ クルーラー

Contents• あまおう苺が使われたフレンチクルーラー! 前回のヤマザキのに続き、今度は苺ホイップバージョンをレビュー。 コーティングしている部分とホイップクリームにいちごが使用されており、苺が好きな人には堪らない仕様。 苺尽くしのフレンチクルーラーの評価は? 表面にはいちごチョコレートをコーティング。 ホイップもいちごクリームと苺尽くしな仕上がり。 イチゴホイップクリームは酸味は控えめで、とても優しくマイルドな甘さとなっており、それがあっさりとした後味となり食べやすい。 前回のフレンチクルーラーでも感じたが、食感、味わいともに軽くクドさがない。 油で揚げたドーナツでは少し重いが、これなら朝食にでも食べられる。 全体からいちごの風味も楽しめ爽やかな仕上がりだった。

次の

フレンチクルーラー カスタード&ホイップ ( 山崎製パン )│食い物パラダイス愛

ヤマザキ フレンチ クルーラー

商品説明 要冷蔵。 154円。 ドーナツのサイズは約9. 5cm。 ホイップクリームを詰め込んだフレンチクルーラー。 ミルクチョコでコーティング。 トッピングにチョコクランチ。 確か2種類発売。 もうひとつはイチゴ系だったと思う。 よく憶えてない。 ごめん。 食べてみた感想 フレンチクルーラー生地はふわふわ~。 やわらか~い。 超しっとり。 卵風味。 コクのある豊かな風味。 とてもリッチ。 サックリとした表面から内側へとすすむと・・・レア? 焼き加減がミディアムレアなの? 生地までもが、まるでとろとろのカスタードクリーム。 グラデーションのように自然にに ホイップへと続いてゆく~。 夕焼けがいつの間にか夜の帳が下りたみたいに。 ホイップはたっぷり。 フレンチクルーラーをパンパンに破裂させる勢いで詰め込まれている~。 ふわふわ~。 すっごくミルキー。 ミルクの風味がふわ~ッ。 あわ雪のようにはかなげで繊細にとろけてゆく~。 飲める。 ゴクゴク飲めちゃう~。 でもそんなコトはしない。 ゆっくりと、できるだけゆっくりと味わいた~い。 このホイップ美味しすぎ~。 一体このホイップはどこのですか~? ミルクチョコは自然に落ちたかのようなナチュラルなかかり具合。 カリッとした食感が否が応でもホイップとフレンチクルーラーのふわふわを際立たせる~。 チョコクランチはサクサク。 リズミカルに音階を刻むチョコクランチは天国の味へのプレリュードなのだ~。 評価 注意事項:私はクリームファン。 どんなに美味しくともクリームなしのパンに3. 5以上をつけるコトはあまりない。 こっそりと言う。 王様の耳はロバの耳・・・じゃなかった~。 実はシュークリームが少々苦手。 そしてフレンチクルーラーは大の苦手なのだ~。 シュークリームはまだいい。 でもフレンチクルーラーのスカスカした食感は耐えられない。 フレンチクルーラーファンの方、ごめんなさい。 でもそーゆー人もいるんです(私だけか?)。 そして今日。 ナゼか私のもとへ迷い込んだフレンチクルーラー。 まぁいい。 ガブッ。 ええええええええええ~?ウッソー? なんじゃこりゃ~?ってか今まで私が食べたフレンチクルーラーと名がついてたモノは一体なんだったんだ~?って某ドーナツ屋さんにはワルイが言っちゃうぞ~。 美味しすぎる。 本当にフレンチクルーラーなのか?焼きプリンをドーナツにしたんじゃないのか? ショーゲキの美味しさ。 こんなに美味しいドーナツ食べたコトない。 ほっぺた落っこちるドコロか、タマシイが天国へ飛んで行っちゃわないように注意!! 熱量474キロカロリー、炭水化物26. 熱量高ッ。 炭水化物は低め。 脂質もあまり見たコトない数値だなぁ。 B2)、pH調整剤、甘味料(ステビア、スクラロース)、酸化防止剤(V. E)、酵素、グリセリンエステル。 アレルギー物質 乳成分・卵・小麦・大豆。 栄養成分 熱量474キロカロリー、たんぱく質3. 6g、脂質39. 2g、炭水化物26. 6g、食塩相当量0. 表示値は目安。

次の

ヤマザキ 冷たいフレンチクルーラー(カスタード&ホイップ)の感想

ヤマザキ フレンチ クルーラー

Contents• 甘いバニラとほろ苦いココア味が楽しめるアルフォート! バニラシードが入ったホワイトチョコレートにココアパウダーを使ったビスケット生地と組み合わせたアルフォートをレビュー。 甘さとほろ苦さを重ねたことで、どんなアルフォートに仕上がっているのか楽しみ。 バニラシード入りのホワイトチョコレートに、香ばしくほろ苦いココアビスケットを組合せました。 バニラの香りが広がるおいしさをお楽しみください。 大人へのご褒美といえるアルフォート! ホワイトチョコレートにバニラシードが散りばめられており、ビスケット生地はココアパウダーが使わていることで黒一色となっている。 食べてみると、チョコからバニラの甘く優しい風味が口の中で広がり癒される。 そしてココア風味のビスケットがバニラとのコントラストとなり、甘く、ほろ苦い味わい深さを生み出している。 複雑な味わいをうまく一つの形にしていることで、改めてアルフォートの完成度を知ることが出来る。 それでも、この味を堪能できるのは子供より大人だと思う。 コーヒーのお供にもピッタリなチョコビスケットだ。

次の