こんにゃく の あく 抜き。 こんにゃくのあく抜きは必要なの?簡単なあく抜きのやり方や食べ方!

意外と知らない…こんにゃくのアク抜きが必要な理由とやり方ってご存知?

こんにゃく の あく 抜き

Sponsored Links こんにゃくのあく抜きのやり方!レンジの場合の時間は何分? こんにゃくのあく抜きの仕方は簡単! 鍋にこんにゃくが沈むくらいの水を沸騰させ、 その中にこんにゃくを入れて 2分程度茹でるだけ。 この時、カットしてから茹でた方が、 臭みなども抜けやすくこんにゃく自体がふっくらします。 また、少量でも使えるのが 電子レンジ。 その後、水にさらしてから洗えばあく抜きの完了です。 ただしこんにゃくも水もかなり高温なので、 取り出しの際にはやけどに注意してくださいね。 しらたきや糸こんにゃくも同様にでき、 時間も同様ですので手軽ですね! こんにゃくのあく抜きは塩でもできる!? 加熱もせずこんにゃくやしらたきのあく抜きは 塩のみでも行う事ができます。 まずはカットした状態のものをボウルなどに入れ、 こんにゃく1枚なら大さじ1程度の塩でひたすら揉み込む! ただこれだけです。 とは言っても「ひたすら」ってどれだけ?と思いますよね? この揉み込みの時間はまちまちです。 特に決りはないものの塩の浸透圧を使い、 余計な水分を抜くのであくが抜けると言います。 我が家では2~3分ほど揉み込んだ後に、 10分ほど放置した後に水洗いしています。 これはあくまでも我が家の目安! 自身でやってみて臭いが気になるかどうか 確認出来るまで行うのでも間違いではありません。 最も臭みやあく抜きが出来る方法は、 沸騰したお湯で煮る事の方が的確かとは思います。 自身にあった方法で行ってみてください!.

次の

こんにゃくの臭い取りの方法!ちょっとの工夫で効果抜群に!

こんにゃく の あく 抜き

コンニャク(こんにゃく、蒟蒻)は、サトイモ科のこんにゃくいもから作られています。 コンニャクはカロリーが低く食物繊維が豊富で、腸の働きを活発にし、体内の老廃物を外に出す働きがあるので「お腹の砂おろし」と言われてきました。 ダイエット食品としても人気ですね。 煮物、炒め物、すき焼きや鍋物に。 こんにゃく刺身は手軽に食べれるので便利です。 「板コンニャク」「糸コンニャク」の他に、丸い形の「玉コンニャク」、キンピラ向けのちょっと太めの「キンピラこんにゃく」などがあります。 糸コンニャクは、主に関東地方では「しらたき(白滝)」、関西地方では「糸こんにゃく」と呼んでいるようです。 鍋物や煮物向けに糸コンニャクを結んだ「ひとくち結び糸コンニャク」は便利です。 コンニャクのアク抜き(アク取り) ほとんどのコンニャクはアクを抜いてから料理します。 板コンニャクのアク抜き(アク取り)• 板こんにゃくは塩をまぶし、手でよくもみ、水で流します。 料理にあった大きさに切ります。 煮物の場合は手でちぎると、弾力が出て歯ごたえが良くなりますし、味が良く染みます。 沸騰したお湯の中にひとつまみの塩を入れた中にコンニャクを入れ、再び沸騰して2分ほどしたら引き上げ、冷水にさらし、ザルにあげ水気を切ります。 糸コンニャクのアク抜き(アク取り)• 糸コンニャクはザルに入れ、塩をまぶしてもみ洗いをして、水で洗い流し、程よい長さに切ります。 沸騰したお湯にひとつまみの塩を入れ、コンニャクを入れ、再び沸騰して2分ほどしたら引き上げ、冷水にさらし、ザルにあげ水気を切ります。 板コンも糸コンもしっかり水切りをしてから料理してください。 アクが取れ、美味しく味付けできます。 最近はアク抜き不要のコンニャクがあります。 急ぐ時は便利です。 コンニャク利用法 「板コンニャク」は、おでん、煮物、味噌汁、豚汁などに。 博多ガメ煮(筑前煮)などの煮物や豚汁に入れるときの板コンニャクは、包丁を使わずに手でちぎった方が味がよく染みておいしいです 豚汁に入れるとき、お気軽に使えるのがちょっと太目の「きんぴら用こんにゃく」。 ちょっぴり太めで、長さも短いので、そのまま下ゆでして使えて便利。 「板コンニャク」をちぎっている手間が省けます。 「板コンニャク」は、串を刺して味噌田楽にしても。 「糸コンニャク」や「しらたき」は、すき焼きなどに。 「玉こんにゃく」は、甘辛く炒め煮にしても。 生のまま薄く切って刺身として食べる「刺身こんにゃく」もおいしいです。 私は、ゆずごしょうを刺身醤油に溶いたものに付けて食べるのが好きです。

次の

こんにゃくのあく抜きはレンジで!簡単な方法をご紹介

こんにゃく の あく 抜き

コンニャク(こんにゃく、蒟蒻)は、サトイモ科のこんにゃくいもから作られています。 コンニャクはカロリーが低く食物繊維が豊富で、腸の働きを活発にし、体内の老廃物を外に出す働きがあるので「お腹の砂おろし」と言われてきました。 ダイエット食品としても人気ですね。 煮物、炒め物、すき焼きや鍋物に。 こんにゃく刺身は手軽に食べれるので便利です。 「板コンニャク」「糸コンニャク」の他に、丸い形の「玉コンニャク」、キンピラ向けのちょっと太めの「キンピラこんにゃく」などがあります。 糸コンニャクは、主に関東地方では「しらたき(白滝)」、関西地方では「糸こんにゃく」と呼んでいるようです。 鍋物や煮物向けに糸コンニャクを結んだ「ひとくち結び糸コンニャク」は便利です。 コンニャクのアク抜き(アク取り) ほとんどのコンニャクはアクを抜いてから料理します。 板コンニャクのアク抜き(アク取り)• 板こんにゃくは塩をまぶし、手でよくもみ、水で流します。 料理にあった大きさに切ります。 煮物の場合は手でちぎると、弾力が出て歯ごたえが良くなりますし、味が良く染みます。 沸騰したお湯の中にひとつまみの塩を入れた中にコンニャクを入れ、再び沸騰して2分ほどしたら引き上げ、冷水にさらし、ザルにあげ水気を切ります。 糸コンニャクのアク抜き(アク取り)• 糸コンニャクはザルに入れ、塩をまぶしてもみ洗いをして、水で洗い流し、程よい長さに切ります。 沸騰したお湯にひとつまみの塩を入れ、コンニャクを入れ、再び沸騰して2分ほどしたら引き上げ、冷水にさらし、ザルにあげ水気を切ります。 板コンも糸コンもしっかり水切りをしてから料理してください。 アクが取れ、美味しく味付けできます。 最近はアク抜き不要のコンニャクがあります。 急ぐ時は便利です。 コンニャク利用法 「板コンニャク」は、おでん、煮物、味噌汁、豚汁などに。 博多ガメ煮(筑前煮)などの煮物や豚汁に入れるときの板コンニャクは、包丁を使わずに手でちぎった方が味がよく染みておいしいです 豚汁に入れるとき、お気軽に使えるのがちょっと太目の「きんぴら用こんにゃく」。 ちょっぴり太めで、長さも短いので、そのまま下ゆでして使えて便利。 「板コンニャク」をちぎっている手間が省けます。 「板コンニャク」は、串を刺して味噌田楽にしても。 「糸コンニャク」や「しらたき」は、すき焼きなどに。 「玉こんにゃく」は、甘辛く炒め煮にしても。 生のまま薄く切って刺身として食べる「刺身こんにゃく」もおいしいです。 私は、ゆずごしょうを刺身醤油に溶いたものに付けて食べるのが好きです。

次の