うるち米 と もち 米 の 違い。 米(うるち米)ともち米の違いは?見た目や成分、カロリーや炊き方

うるち米の特徴とは?白米やもち米や玄米との違い!

うるち米 と もち 米 の 違い

うるち米ともち米の栄養を比較! うるち米ともち米は、見た目は一見同じようなお米に見えますが、よく観察してみると微妙に違うことに気が付きます。 うるち米は半透明で透き通った色をしていますが、もち米は乳白色で白く不透明です。 見た目にも微妙な差があるうるち米ともち米ですが、栄養素にどんな違いがあるのかを詳しくみていきましょう。 うるち米ともち米の栄養の違いは? うるち米ともち米の成分で大きく違うのはデンプンの量です。 お米に含まれるデンプンにはアミロペクチンとアミロースの2種類ありますが、その割合が異なります。 うるち米 アミロース:アミロペクチン=2:8 もち米 アミロース:アミロペクチン=0:10 ご覧いただいた通り、 もち米にはアミロースがほとんど含まれていません。 アミロペクチンには強い粘り成分があるので、アミロペクチンがたくさん含まれているほど粘りが出て歯ごたえのあるお米になります。 一方アミロースが多いとパサパサとした硬い食感になります。 うるち米ともち米の水分量とカロリーは? うるち米ともち米を100グラムずつ炊いたときの成分で比較します。 水分量• うるち米:60. もち米:52. 5g カロリー• うるち米:170kcal• もち米:204kcal カロリーは炊飯前だとうるち米ともち米にほとんど差がないのですが、炊飯後にはもち米の方がカロリーが高くなってしまいます。 お餅の方が腹持ちが良く少ない量で満足できそうなイメージですが、カロリーを抑えたいならやはりうるち米が良いでしょう。 その他の栄養素を比較! こちらも100グラムずつ炊飯したもので比較します。 うるち米 もち米 炭水化物 36. 0g 42. 2g タンパク質 2. 6g 4. 1g 脂質 0. 4g 0. 6g 食物繊維 0. 4g 0. 5g どちらも炭水化物が多いですが、特にもち米の方が多い印象ですね。 タンパク質、脂質、食物繊維は微量ですが、どれももち米の方が若干多くなっています。 まとめ うるち米ともち米の違いをまとめました! POINT• うるち米にはアミロースとアミロペクチンの二種類のデンプンが含まれているが、もち米にはアミロースが含まれていない。 アミロペクチンが多いと粘りと歯ごたえが強くなるので、お餅の粘りはアミロペクチンが多いことが要因になっている。 炊飯後のカロリーはもち米の方が多い。 水分量はうるち米の方が多い。 タンパク質、脂質、食物繊維は微量だがもち米の方が多い。 同じお米の仲間だと思っていたうるち米ともち米ですが、詳しくみてみるとデンプンの種類や含まれる栄養素の量など微妙に違いがあることがわかりました。 もち米は炊くとうるち米よりカロリーが多くなってしまうので、お餅の食べすぎにはやはり注意が必要ですね。 わたしたちの食生活になくてはならないうるち米ともち米なので、栄養やカロリーを気にされる方は参考にしてみてくださいね!.

次の

粳米と糯米の違いは? 何がどう違うの

うるち米 と もち 米 の 違い

うるち米は普段ごはんとして食べられている米のことです。 それに対し、もち米は餅や赤飯、おこわなどに使われる米のことを言います。 うるち米は不透明な白色ですが、もち米は半透明の白色になっています。 見た目以外にもうるち米ともち米は成分が異なります。 米は炭水化物であり、炭水化物の主成分はデンプン質です。 デンプン質はアミロースとアミロペクチンで成り立っています。 うるち米は約20%のアミロースと約80%のアミロペクチンで構成されていますが、もち米は100%のアミロペクチンで構成されています。 アミロペクチンは水に溶けないデンプンで、アミロースは水に溶けるデンプンです。 もち米はうるち米より水に溶けないアミロペクチンを多く含んでいるので、粘り気が多く、もちもちとした食感になっています。 一方、うるち米はもち米より粘り気が少ないため、炊いたときにふっくらとした仕上がりになります。 この特性を生かしてうるち米ともち米を使い分けています。 栄養 普通のごはんと餅を同じ重量で比べてみると、餅の方が水分が少なく、タンパク質と炭水化物が多くなっています。 ミネラルやビタミンはどちらも少なく、ほぼ同量が含まれています。 栄養面ではうるち米ともち米に大きな差はないようです。 保存 炊いた米や餅は冷蔵庫に入れておいても劣化が起こりますが、アミロースはアミロペクチンに比べて劣化しやすくなっています。 つまり、もち米よりうるち米の方が劣化しやすいということです。 保存に関してはごはんより餅の方が長持ちすることになります。 アミロペクチンは水に溶けないデンプンで、アミロースは水に溶けるデンプンであることから、アミロースの方が消化分解しやすくなっています。 なので、アミロペクチンだけで構成されているもち米から作られる餅は、ごはんに比べて消化するのに時間がかかるので腹持ちが良くなるのです。 調理 もち米の方がうるち米より水を吸いにくいため、調理時には吸水時間を長めにとる必要があります。 もち米はうるち米の栽培の仕方の大きな違いはありませんが、もち米はうるち米より背丈が伸びやすいので、伸びすぎて倒れないように窒素系の肥料を控えるように工夫しています。 うるち米ともち米を近くで栽培すると花粉が混ざることがあり、本来のうるち米ともち米にならなくなってしまうので、うるち米ともち米は離して栽培しなくてはなりません。 酒米 酒米という米もありますが、酒米は日本酒を造るのに使います。 酒米はうるち米に属しています。 ただ、同じうるち米でも普段食べている米とは少し異なります。 酒米は日本酒を造る際に、表面を削る精米という工程があるので、砕けないようにやや大きめの粒になっています。 米には中心に心白という部分があります。 心白はタンパク質の含有量が少なく、粘り気が多く、もろみによく溶けるという性質があります。 酒米は一般のうるち米に比べてこの心白が大きくなっています。 また、蒸米吸水率やこうじへの造りやすさなどが日本酒造りに適したもののなっているのが酒米です。 当店でも、もち米を販売しております。 ご購入は、•

次の

うるち米の特徴とは?白米やもち米や玄米との違い!

うるち米 と もち 米 の 違い

うるち米ともち米の違いとは? 私たちが主食として普段食べている普通のお米を「 うるち米」といいます。 これに対し、お餅やお赤飯、おこわなどに使われるお米を「 もち米」といいます。 うるち米を炊いてネチャネチャと練っても、びよーんと伸びるお餅にはなりませんよね? うるち米が半透明なのに対し、もち米は白くて不透明といった見た目の違いの他に、どんな違いがあるのでしょう。 2つのお米の大きな違いは、 でんぷんの成分です。 お米の主な成分は、水分・でんぷん・たんぱく質・脂質・ミネラルです。 これらがある一定の数値でバランス良く配合されているお米が美味しいと言われています。 お米に含まれるでんぷんには、 「アミロペクチン」と 「アミロース」の2種類があります。 アミロペクチンには強い粘りがあり、炊いたご飯にある独特の粘りは、このアミロペクチンの働きによるものです。 アミロペクチンが多いと、粘りがでてほどよい歯ごたえのお米になります。 一方、アミロースが多いと、硬くてパサパサします。 うるち米には、このアミロースとアミロペクチンが2:8の割合で含まれているのに対し、もち米にはほとんどアミロースが含まれておらず、アミロペクチンのみを含んでいます。 そのため、アミロペクチンが豊富なもち米はとても粘りが強く、もち米をつくとお餅になるのです。 スポンサードリンク うるち米でもお餅はできるの? もち米を食べる習慣をもつ国は、東南アジア及び東アジア地域に広く分布しています。 もちろん日本でも、昔からもち米を食べる習慣をもっています。 赤飯にしたり、お正月のお雑煮に入るお餅にしたり、その他にもおこわやちまき、あられといったさまざまな形で、もち米を味わっています。 このように、粘りを必要とするレシピに使用されるお米には、もち米を使用するのが一般的です。 では、うるち米でお餅は作れないのでしょうか? 日本全国を探してみると、地方によってはうるち米で作るお餅料理がたくさんあります。 もち米で作るお餅よりも伸びは足りませんが、粘りは充分にあります。 イメージはお団子といったところでしょうか。 普通のお餅であればびよ~んと伸びるため、小さな子供やお年寄りが喉に詰まらせてしまう恐れもあります。 しかし、うるち米で作ったお餅であれば、サクッと歯でかみ砕けますので、どなたにも安心して食べてもらえますよ。 スポンサードリンク うるち米からのお餅の作り方! まず、うるち米を洗い、水に浸しておきます。 水に浸す時間は、普通にお米を炊く時間と同様です。 水に浸しておいたお米をざるに開けて水を切り、30分以上蒸します。 もち米の場合、ここからつき始めますが、うるち米の場合は、蒸し上がったお米をさらにお湯で揉み洗いしてください。 これを2~3回繰り返し、余計なアミロースを洗い流します。 その後、ざるに開けて水を切り、再び30分間蒸します。 かなり柔らかくなっていますが、この後も、 もち米の3倍ほどの時間ついていきます。 人手でやると時間もかかり、かなり大変ですので、ここからは 餅つき機を利用しましょう。 お餅は温かいうちにつき終えないと固くなってしまいます。 うるち米の場合、つき終わるまでにその3倍もの時間がかかるので、つき終わるまでに冷めて固くなるためです。 そのため、実質的に餅つき機を利用しないと難しいかもしれません。

次の