ストレージ を 消去。 アンドロイドスマホにあるChromeのデータ容量・ストレージを削除した場合の影響は??

アンドロイドスマホにあるChromeのデータ容量・ストレージを削除した場合の影響は??

ストレージ を 消去

ストレージセンサー機能でディスクの空き領域を自動で確保する Windows 10では「ストレージセンサー」という機能があります。 「ストレージセンサー」の機能を使えば定期的に自動で不要なファイル 一時ファイルやごみ箱内のファイル を削除できます。 パソコン内のディスクが不要なファイルで圧迫される前にディスクの空き領域を自動で確保することができます。 システムの情報の中から「ストレージ」をクリックします。 ストレージの設定画面が表示されます。 「ストレージセンサー」を【オン】にすれば設定は完了です。 空き領域を自動的に増やす方法の変更 ストレージセンサーの設定を詳細に設定したい場合には「 空き領域を自動的に増やす方法を変更する」をクリックして設定します。 「 今すぐ空き領域を増やす」をクリックすると、 今すぐに 不要なファイルの削除が行えます。 「 空き領域を自動的に増やす方法を変更する」をクリックするとストレージセンサーの詳細な設定ができる画面が表示されます。 各設定項目を紹介します。 ストレージセンサーを実行するタイミングを設定します。 ごみ箱に移動してからの期間でファイルを削除できます。 削除までの期間が設定できます。 ごみ箱内のファイルを削除しない場合には「許可しない」を選択します。 許可しない• 14日• 30日• 60日 ダウンロードフォルダに保存してからの期間でファイルを削除できます。 削除までの期間が設定できます。 ダウンロードフォルダ内のファイルを削除しない場合には「許可しない」を選択します。 今すぐにディスクの空き領域を増やしたい場合には「今すぐクリーンアップ」ボタンをクリックするとクリーンアップ作業 不要なファイルの削除 が行われます。 まとめ:定期的に自動で不要なファイルを削除できる Windows 10 の「ストレージセンサー」は 定期的に自動で不要なファイルを削除できるとても便利な機能です。 などのフリーソフトなどを使えば更に効果があるのでしょうが、Windows 標準のアプリなので社内規則でフリーソフトが使えない場合でも使うことができます。 インストールの必要がないのが簡単でいいですね。 設定をする事で不要な一時ファイルやごみ箱内のファイルも期間を設けて削除できますし、削除をしない選択もできます。 「ストレージセンサー」は、簡単な設定操作で不要なファイルの定期的な削除ができて便利なアプリです。 あなたが使いやすい設定にして定期的にクリーンアップすればディスクの領域を自動で確保できますね。 以上、【Windows 10 】ストレージセンサーで定期的に不要なファイルを削除する方法の紹介記事でした。

次の

データの完全消去はだれが保証する? CSAJが第三者認証の研究会発足

ストレージ を 消去

スマートフォン( スマホ)を利用していると、容量不足問題に直面することがあります。 「ストレージの空き容量がありません」などと表示され、「あぁ、容量を空けなきゃ」と対策を迫られます。 Android端末であれば、SDカードを使って容量をアップさせたり、パソコンにデータを移したりといったこともできますが、 iPhoneの場合はあとから容量を増やすことができないため、困ってしまいます。 そこで今回は、スマホのストレージ容量を確保するための方法を紹介します。 空き容量を増やすテクニックはいくつもありますが、なかでも大胆に容量を空けることができるものを中心に5つ紹介します。 まずはこの画面で、どのアプリがストレージを消費しているかを確認し、不要なアプリは削除してください。 キャッシュを削除 一部のアプリは、使用するたびに「キャッシュ」と呼ばれるファイルをスマホに蓄積していきます。 キャッシュを蓄積することによって、表示を高速化させたり、データ通信量を抑えているのです。 このキャッシュという機能には、ストレージを消費するデメリットもあります。 一例に、人気ニュースアプリ「SmartNews」の場合、数百MBものキャッシュを保持しています。 このキャッシュをクリアすることで、空きストレージを増やことができます。 キャッシュのクリアの方法はアプリによって異なり、上記のように設定画面からアプリ名を探すタイプと、アプリを起動してからアプリ内の設定画面でクリアするタイプがあります。

次の

Androidストレージのその他とは何?不要ファイルは削除して容量を増やそう

ストレージ を 消去

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「」(2019年12月20日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。 神奈川県庁が富士通リースから借りていたサーバのHDDが不正に転売された結果、膨大な個人情報などが漏えいした事件が起きました。 これをきっかけに、HDDなどのストレージをいかに安全に破棄すべきか、という点に世間の関心が高まっています。 オンプレミスで使われていたストレージであれば、HDDやSSDなどの媒体を取り出して物理的に破壊することで、データを第三者が読み出し不可能な状態になったと確認できます。 クラウドではどうでしょうか? クラウドのストレージに保存したデータを削除した後、これが第三者によって完全に読み出しできない状態にしようと、クラウドに対して「ストレージを物理的に破壊してほしい」といったリクエストは、(特殊な契約でも結ばない限り)できません。 クラウドでは基本的に、自分が使わなくなったストレージはリソースプールに戻り、別のユーザーに割り当てられ、再び使われることになるのです。 このとき、自分が消したはずのデータが、なんらかの方法で第三者に読み取られてしまうといったことはない、ということを、クラウドでどのように保証できるでしょうか? この問いに、AWSジャパンのブログに投稿された記事が答えています。 AWSの公式ブログ データを暗号化して保存し、破棄時には暗号鍵を消去する ブログでは第三者からデータを安全に保護する手段として、暗号化を紹介しています。 その部分を引用しましょう。 統制の一例として、ストレージ領域をデフォルトで暗号化を行う設定とすることで第三者によるアクセスへの保護を実現します。 そしてEBSやS3 Bucketを削除する際には、あわせて当該領域の暗号化に用いた鍵をAWS Lambdaを使用してKMSより削除します。 これにより従来行っていた当該データの復号が困難になるとともに廃棄証明の代わりとして、暗号化による保護を実施した記録をお客さま自身で自動的に取得、管理することができるようになります。 鍵へのアクセスが無くなることで、当然AWSによっても、またお客さまも廃棄されたデータへのアクセスはできなくなります。 ユーザーの責任においてストレージに記録されるデータをあらかじめ暗号化しておき、削除時に暗号鍵も消去してしまう。 これによりストレージが別のユーザーに再割り当てされたとしても、それ以前に保存されていたデータを読み取ることは不可能だ、というわけです。 また、ストレージデバイスが製品寿命に達して破棄される場合についても、次のように説明されています。 ユーザーデータを保存したメディアは、安全に停止するまで AWS の統制から除外されることはありません。 AWSで扱われるメディアはワイプ処理もしくは消磁処理され、AWSのセキュアゾーンを離れる前に物理的に破壊されます。 AWS の第三者レポートに文書化されているように、AWS データセンターに対する第三者の検証によって、AWS がセキュリティ認証取得に必要となるルールを確立するためのセキュリティ対策を適切に実装していることが保証されます。 お客さまはこうした第三者のレポートをAWS Artifactから入手することが可能です。 詳細はぜひ、このを読んでみてください。 AWSジャパンのブログは、通常は米国で発表された新サービスを紹介する記事の翻訳が中心です。 しかし今回は日本オリジナルの記事となっています。 これはやはり、神奈川県庁と富士通リースの事件を受けて書かれたものなのでしょう。 関連記事• 神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題で、ブロードリンクは記者会見を開き、流出のいきさつと捜査の状況を説明した。 同社の高橋雄一容疑者は3年前から7844台の機器を転売していたという。 日本電子計算が提供する自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国53の自治体と団体で影響が出ている件について、同社は記者会見で「33の自治体で一部のデータが復旧できない状態にある」と明らかにした。 Webサーバを開発・展開するNGINXが、当局による強制捜査が入ったと報じられた件についてコメント。 創業者のIgor Sysoev氏が尋問を受けたのは事実だという。 現時点では、逮捕者や拘束者はいないとしている。 京王電鉄の虻川勝彦氏(経営統括本部 デジタル戦略推進部長)が、12月10日に開催されたイベント「NetApp INSIGHT 2019 TOKYO」に登壇。 京王バスに出向していた当時に、周囲に反発されながらもクラウド導入を推進した際の交渉術を語った。 コツは「止まっても謝れば済む領域から導入する」ことだという。 関連リンク•

次の