本田 望 結 高校。 本田真凛の学歴|出身大学高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

本田真凜

本田 望 結 高校

FSでの本田真凜 選手情報 生年月日 2001-08-21 (18歳) 代表国 出生地 兄 長妹 次妹 163 A型 、 元コーチ 元振付師 所属クラブ (JAL) 元所属クラブ 京都醍醐FSC 練習拠点 週間練習時間 40 開始 2003 20 16 12 サイト プログラム使用曲 作曲: 映画『』より 作曲: ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 188. 61 旧合計スコア 201. 61 2017年世界Jr. 選手権 65. 37 2018年フランス国際 旧 68. 35 2017年世界Jr. 選手権 123. 24 2018年フランス国際 旧 133. 26 2017年世界Jr. 選手権 目次• 人物 [ ] 出身。 血液型は。 5人兄弟の次女(3番目)で、一般人の姉との、そしてとの2人の妹がいる。 太一、望結、紗来もフィギュアスケーターであり、望結と紗来はとしても活動している。 また、望結と紗来と共にに所属していた時期もあった。 2歳でスケートを始め、他に、、、、、絵画教室を掛け持ちしていた。 及び卒業生。 このうち前者は望結と紗来の出身アカデミーでもある。 および同中等部卒業。 1年次修了後に、練習拠点をへ移すとともに普通科スポーツコース2年次へ編入学。 2018年7月、日本航空がアイススケート部を創設するとともに、スポンサー契約から所属契約へと移行した。 1番好きな選手や憧れ、尊敬している選手は。 の荒川静香の演技を観て、オリンピックを目指す様になった。 、望結(担当)と紗来(担当)とともに、のを担う「読売新聞アンバサダー」の読売新聞担当に就任した。 選手のと仲が良く、休みの日には良く二人で遊びに出かけている。 ののファンで、過去に受けたの取材で「(藤井と)友達になりたい」と述べた。 2020年春にに進学し、に在籍中。 練習拠点やコーチ変更はないという。 経歴 [ ] ノービス時代 [ ] 2011年、全日本ノービス選手権(ノービスB) に初出場し2位となる。 これによりノービス強化選手に指定され、翌2012年3月、初の海外公式戦であるデブスクラス(ノービス未満)に出場し優勝。 2012年、全日本ノービス選手権(ノービスB)では歴代最高得点をマークして優勝。 ノービスクラスに出場し優勝する。 には開催国の招待選手としてエキシビションに参加した。 2013-14シーズンよりのフィギュアスケート強化選手に初めて選ばれる。 とのノービスクラスではそれぞれ2位に入賞。 同シーズンの全日本ノービス選手権(ノービスA)では3位となり、では13位からで2位と大逆転し、総合5位に入る。 2014-15シーズン、のノービスクラスで3位入賞、のノービスクラスでは優勝する。 のエキシビションに開催国の招待選手として参加。 同年の全日本ノービス選手権(ノービスA)ではに次いで2位となり、全日本ジュニア選手権ではショート7位からフリー2位につけ総合4位に入る。 2014年12月18日、がプロデュースして開催された日本・スイス国交樹立150周年記念アイスショー「アイス・レジェンド」に、未来を担うスケーターとしてと共に参加。 ジュニア時代 [ ] 2015-2016シーズン [ ] での演技 2015-16シーズン、初戦のではジュニアクラスに出場し、に次いで2位に入る。 に初参戦し、ではショートで首位に立ち、フリーではミスが出て4位だったものの総合ではに次いで2位に入った。 JGPクロアチア杯ではショート3位からフリーでは1位となり逆転優勝し、進出を決めた。 全日本ジュニア選手権では6位となる。 では銅メダルを獲得した。 初出場となったでは総合9位となり、この結果、の代表に初選出された。 2016年世界ジュニア選手権ではショート、フリーともに自己ベストを大きく更新し、初出場ながら優勝を達成した。 日本が女子シングルで世界ジュニア選手権を制したのは2010年の以来6年ぶりであり 、ジュニア1年目で世界ジュニア選手権優勝は2013年の以来3年ぶりであった。 2016-2017シーズン [ ] 2016-17シーズン、初戦ののジュニアクラスで優勝。 ・でともに2位となり、2年連続のJGPファイナル進出を決める。 4度目の出場となったではショートで2位に付けたものの、フリーでは精彩を欠き6位となったが、自身初の表彰台となる3位となった。 2016年11月21日、とスポンサー契約を締結した事が発表される。 2016年12月9日、2度目の出場となったでは優勝候補であったが 、開催地への移動中に体調を崩し、会場での初日公式練習には参加したものの、ショートプログラム当日にインフルエンザの感染が判明した為棄権となった。 2度目の出場となったでは総合4位。 で初優勝。 2017年3月、で開催されたでは、ショートとフリー共にパーソナルベストを更新し、ジュニア選手として史上2人目の200点超となる201. 61点をマークしたものの、2位となり連覇を逃した。 2017年4月、に開催国の招待選手としてエキシビションに参加した。 シニア時代 [ ] 2017-2018シーズン [ ] での演技 2017年7月2日、プログラム曲を発表した。 ショートは「ジェラシー」と「ラ・クンパルシータ」、フリーは「」。 シーズン突入直前の8月末に「自分の中で衝撃なぐらい素敵な曲に出会った」として、ショートの曲の変更を表明 、初戦となったは、ショートを前年の曲に差し替えて演技し優勝した。 初参戦となったのでは、ショートで新プログラム「The Giving」を披露。 準備期間が短かった事もあり、転倒等のミスが相次ぎ10位と大きく出遅れたが、フリーでは大きなミスなくまとめ3位、トータルでは5位となった。 しかしこの演技に対しコーチが激怒した 連戦となったも5位と表彰台には届かず、ファイナル進出を逃した。 の代表選考がかかったでは、ショートではジャンプにミスが出て6位、フリーでも後半のジャンプにミスが出て9位。 トータルでは7位と不本意な成績に終わり、夢のオリンピック選出とはならなかった。 2018年4月、コーチをに変更し、幼少期から師事したコーチのもとを離れ兄の太一と共にへ拠点を移した。 2018-2019シーズン [ ] 2018年7月10日、日本航空アイススケート部と所属契約を締結 、同年7月25日にIMGとマネジメント契約を締結したことが発表された。 シーズン初戦となったでは、ショートでの転倒やフリーでの回転不足等ミスが相次いで6位に。 のでも、ショートで4位につけたもののフリーで全ての3回転ジャンプで転倒するなどミスが相次ぎ総合8位に留まった。 泣きながらインタビューから逃げていった姿があった表彰式の裏で涙を流しながらコーチに切れられる姿が 次戦のではショートで4位の位置につけたが、フリーでは6位に落ちて総合6位とまたしても表彰台に届かず、進出もならなかった。 4年連続4回目の出場となったは、ショートで3回全てジャンプの失敗が響いて2度の転倒があり18位と大きく出遅れる。 巻き返しを図ったフリーでも精彩を欠いて崩れて15位、結局総合順位は15位と同大会で本田自身ワーストの記録に終わった。 2019-2020シーズン [ ] 2019年7月、中京大学のアイスリンクにて、日本国内でのコーチとしてから教えを受けている事を明かした。 シーズン初戦のでは、SP6位・フリー5位の総合5位。 のの本番前、男子シングルのと共にタクシーの乗車中に、交通事故に見舞われるアクシデントに遭い、右足脛部に打撲傷を負ったが、当試合へ強行出場を決める。 結果、SPでは10位と大きく出遅れるも 、フリーでは挽回して6位の総合6位に入る。 次戦のでは、SPは6位の発進だったが、フリーではジャンプでのミスを連発してさらに転倒して7位の総合7位に終わり、進出を逃した。 5年連続5回目の出場となったは、SPで大きな失敗無くまとめて6位のスタートだった。 期待されたフリーだったが、最初の3回転ルッツを転倒するなどで8位、総合順位は8位に留まった。 技術・演技 [ ]• を除く5種類の3回転ジャンプを11歳でマスターした。 コンビネーションでは、3回転・・・・・2回転半アクセルの後に3回転トゥーループをつける事が出来る。 表現力に定評があり、中学1年の時点でから「ちょっとした体の動かし方が色っぽさがある」「雰囲気とか、魅力的な目を引くものを持っている」と評されている。 2018-2019シーズンから本田を指導するアルトゥニアンは、以前から本田のことを「ずば抜けた才能を持つ女の子」と認識していた事を明かし、「美しさと芸術的な表現力。 滑っている姿を何度でも、いつまでも見ていたいと思わせるスケーター」と評価する一方で、本田の良さでもある独創性は即興で練習内容を変えてしまうようなコンシステンシー(一貫性)を欠く部分にもつながっていると指摘、「まだ持っている能力の30%しか使っていない」と語った。 記録 [ ]• ジュニア女子フリースケーティングスコア世界最高記録(128. 64)、(同年が更新)• A - Aクラス• B - Bクラス• D - デブスクラス• N - ノービスクラス• J - ジュニアクラス 詳細 [ ] 2019-2020 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2020年2月3日-9日 () 2 61. 72 2 116. 52 2 178. 24 2019年12月19日-22日 () 6 65. 92 8 115. 42 8 181. 34 2019年11月8日-10日 () 6 61. 73 7 106. 36 7 168. 09 2019年10月25日-27日 () 10 59. 20 6 120. 06 6 179. 26 2019年9月25日-28日 () 6 58. 08 5 115. 93 5 174. 01 2018-2019 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年12月20日-24日 () 18 52. 75 15 111. 48 15 164. 23 2018年11月23日-25日 () 4 65. 37 6 123. 24 6 188. 61 2018年10月19日-21日 () 4 62. 74 9 95. 30 8 158. 04 2018年9月26日-29日 () 7 56. 66 4 122. 23 6 178. 89 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年2月22日-25日 () 11 48. 21 2 111. 98 3 160. 19 2017年12月20日-24日 () 6 66. 65 9 126. 72 7 193. 37 2017年11月3日-5日 () 6 66. 90 5 131. 42 5 198. 32 2017年10月27日-29日 () 10 52. 60 3 125. 64 5 178. 24 2017年10月7日-日 () 5 133. 41 2 団体 2017年9月13日-17日 () 1 66. 90 1 131. 52 1 198. 42 銀メダル 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2017年3月13日-19日 () 2 68. 35 2 133. 26 2 201. 61 2017年2月4日-7日 第37回() 1 64. 86 1 124. 07 1 188. 93 2016年12月22日-25日 () 4 67. 52 5 128. 59 4 196. 11 2016年12月8日-11日 () 棄権 2016年11月18日-20日 第84回() 2 64. 86 6 111. 37 3 176. 23 2016年9月21日-24日 () 4 57. 79 2 120. 96 2 178. 75 2016年9月9日-11日 () 5 55. 47 1 128. 64 2 184. 11 2016年8月4日-7日 ジュニアクラス() 3 57. 26 1 116. 41 1 173. 67 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年3月14日-20日 () 2 66. 11 1 126. 87 1 192. 98 2015年12月24日-27日 () 11 58. 23 9 113. 39 9 171. 62 2015年12月9日-13日 () 3 63. 69 3 114. 95 3 178. 64 2015年11月21日-23日 第84回() 7 54. 65 5 114. 23 6 168. 88 2015年10月7日-10日 () 3 57. 92 1 123. 30 1 181. 22 2015年9月2日-6日 () 1 61. 05 4 95. 39 2 156. 44 2015年8月5日-8日 ジュニアクラス() 1 48. 47 3 84. 21 2 132. 68 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年2月11日-15日 ノービスクラス() 1 40. 49 1 81. 23 1 121. 72 2014年11月22日-24日 第83回() 7 53. 09 2 114. 83 4 167. 92 2014年10月24日-26日 第18回 Aクラス() 2 95. 44 2 95. 44 2014年8月6日-10日 ノービスクラス() 4 38. 96 2 87. 18 3 126. 14 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月14日-16日 ノービスクラス() 2 34. 34 1 71. 37 2 105. 71 2013年11月22日-24日 第82回() 13 45. 81 2 104. 24 5 150. 05 2013年10月25日-27日 第17回 Aクラス() 3 84. 57 3 84. 57 2013年8月8日-11日 ノービスクラス() 1 36. 92 2 62. 61 2 99. 53 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年3月27日-31日 ノービスクラス() 1 42. 73 1 82. 03 1 124. 76 2012年10月26日-28日 第16回 Bクラス() 1 90. 41 1 90. 41 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年3月8日-11日 デブスクラス() 1 32. 77 1 64. 76 1 97. 53 2011年10月28日-30日 第15回 Bクラス() 2 71. 26 2 71. 2016年4月4日 - 京都市スポーツ栄誉賞• 2016年4月7日 - 京都府スポーツ賞• 2017年1月16日 - 関西スポーツ賞• 2017年4月11日 - 京都府スポーツ賞 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2013年12月25日、) - 坂井昌美 役 ドキュメンタリー [ ]• あたしたちの金メダル ~天才少女と家族の選択~ 2014年9月13日、• あたしたちの金メダル'15 挑戦 女優・本田望結と真凜 天才フィギュア姉妹に密着528日 2015年12月26日、関西テレビ• わたしたちの金メダル16 決意 2016年12月29日、関西テレビ• 本田真凜 涙の奥に~夢追う軌跡に密着1265日~ 2017年12月31日、関西テレビ CM [ ]• 「」(2014年)• 「アイス」(2016年)• 「ガーナ」 2017年• (2017年) Web CM [ ]• 2017年• 2017年 スポンサー [ ]• アクアバンク(2016年11月~)• (2016年11月~)• (2016年12月~) 脚注 [ ] []• JAPAN AIRLINESプレスリリース2018年7月10日• まんたんウェブ. 2011年12月21日. の2013年6月25日時点におけるアーカイブ。 なお、真凜および望結の入学当初は六地蔵教室は未開校。 2018年4月4日閲覧。 スポーツ報知2018年4月1日• Number Web 2014年10月12日. 2016年3月22日閲覧。 読売新聞東京本社. 2018年1月8日閲覧。 - niftyニュース・2017年7月17日• スポニチAnnex 2019年12月16日. 2019年12月16日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年3月20日. 2016年3月20日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年11月22日. 2016年11月22日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年12月9日. 2016年12月9日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2016年12月25日. 2016年12月26日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年2月8日. 2017年2月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年12月29日. 2018年1月8日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 日本語. デイリースポーツ online. 2018年7月28日閲覧。 スポニチ(2018年12月21日)• [本田真凜「ゼロからスタート」ジャンプミスで15位]日刊スポーツ(2018年12月24日)• スポニチ(2019年7月15日)• THE ANSWER(2019年9月29日)• デイリースポーツ(2019年10月25日)• スポニチ(2019年10月26日)• スポニチ(2019年10月27日)• サンスポ(2019年11月9日)• しかしフリーでは冒頭のジャンプで転倒するなどミスが相次ぎ8位に沈んだ スポニチ(2019年12月19日)• スポニチ(2019年12月21日)• 『わたしたちの金メダル'16芽生え』関テレ2016年3月26日• フジテレビ. 2015年3月14日閲覧。 2018年11月20日• 2019年10月7日. 2019年10月7日閲覧。 当初はSPに「タンゴ・ジェラシーと」を予定していたが8月末に変更を発表した。 10月7日カーニバル・オン・アイスにて初披露。 産経WEST2016年4月5日• 京都府生涯学習スポーツ情報2016年4月15日• 日刊スポーツ2017年1月16日• 産経WEST2017年4月11日• 時事ドットコム. 2016年9月8日. 2016年9月9日閲覧。 妹の望結、紗来と共演。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - チャンネル 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018-2019: この項目は、に関連した です。

次の

本田望結の妹の名前は?ダウン症って本当?!画像で分かりやすくまとめました!

本田 望 結 高校

Contents• 身長が伸びたと話題!? 本田望結さんの 2020年現在の身長は164cm以上だと判明しました。 本田望結さんは2019年11月22日に「ウメダ アイスリンク つるんつるん」のスケートリンク開きセレモニーに参加しました。 その時にマスコミから身長について聞かれて、本田望結さんは次のように答えました。 「去年は10センチくらい伸びた。 今年また3センチくらい伸びて、 160センチになりました」 「目標は167センチです」 本田望結さん自ら身長について明かしていたのです。 ちなみに 2018年11月時点では身長は158cmだと言われていました。 その1年後に3cmぐらい伸びたと言っていますので、おおむね数値が合っていますね。 ちなみに本田望結さんは 小学4年生の時と比べると6年間で30cmも身長が伸びたそうです。 その内1年間で身長が10cmも伸びていたわけですからもの凄い成長率ですよね。 本田望結さんは2020年3月現在で中学3年生です。 中学3年生女子の平均身長は157. 5cmで、 1年間の身長の平均伸び率は0. 4cmです。 本田望結さんは平均身長よりも高いですし、1年間で3cmは驚異的な伸び方だったのです。 さらに 2020年3月7日に姉の本田真凜さんがインスタで本田望結さんから身長を抜かされたと明かしました。 ツーショット写真も披露してくれましたが、こんな感じです。 biglobe. jp 姉妹のツーショットがとても可愛いです。 そしてご覧の通り望結さんの方が身長が高くなりましたね。 本田真凜さんの公式身長は163cmですから、本田望結さんの身長は少なくとも164cm以上はあるというわけですね。 昨年の11月から約4か月ぐらいでまた3cmぐらい身長が伸びたようですね。 ちなみに本田望結さんは 目標は身長167cmと言っていますが、中学3年生以降は身長が劇的に伸びることはないみたいです。 でもこれまでの身長の伸び方を見ると高校生になってもまだ伸びそうな感じもします。 あと1年も経たないうちに目標の身長167cmを達成するかもしれません。 本田望結さんは2020年4月から高校1年生ですが、これからの身長の成長がとても気になります。 体重や太った噂もチェック!? 本田望結さんの 体重については非公開でした。 ちなみに 身長160cmの女性の平均体重は56. 3kgだと言われています。 でも本田望結さんには平均体重の数値はあてにならないでしょう。 やはりフィギュアスケーターですので筋肉質なので体重は平均よりも重そうです。 また、本田望結さんは 最近太ったとも噂されているようです。 com ふっくらしていて可愛いですね。 しかしこれは健康的な証拠ですね。 なぜなら 成長期なので女性ホルモンが増えて太りやすい体質になるからです。 これは成長期の女性なら誰にでも起こりえることでしょう。 スポンサーリンク.

次の

本田望結の2017現在が超かわいい!中学校はどこ?長女が出ない理由も!

本田 望 結 高校

もくじ• 2014年にアジアフィギュア杯で 3位に入賞し、 全日本ジュニア選手権では 4位入賞。 2015年の世界ジュニア選手権で初選出ながら優勝の快挙を遂げる。 2017年の世界ジュニア選手権では 200点超えをマーク したものの 2位に惜敗。 本田真凛の学歴~出身大学の詳細 出身大学: 明治大学 政治経済学部 偏差値64(やや難関) 本田真凛さんは2019年12月に明治大学に進学することを明らかにされています。 進学するのは政治経済学部で、一般受験ではなくスポーツ特別入試(スポーツ推薦)での進学です。 本田さんは大学進学後もフィギュアスケートを続行することを明言しています。 ちなみに2018年の世界選手権で銀メダルに輝いた樋口新葉さんも明治大学に在籍しています。 この高校は2010年に開校した新しい高校ですが、関西の名門私大の関西大学に進学できることから開校当初から高い人気を誇っています。 後述するように本田さんはこの高校の系列校に通学していたことから、内部進学しています。 高校入学の際には本田さんはインタビューで次のように抱負を話しています。 「制服が違うので、去年よりもちょっとでも、精神的にも、見た目でも、成長できていたら」 また高校時代は外部からの進学者とも遊びたいとしています。 「中学の時はスケートの子と遊ぶことが多かった。 外部から入ってくる友達とも一緒に遊びたい。 練習をメインにしながら、時間のある時に遊んでいきたい」 高校1年生の時にシニアデビューをしており、翌年の平昌オリンピックの出場を目標にしています。 しかし平昌オリンピックの代表選考も兼ねた2017年の全日本選手権では、シュートとフリーでともにジャンプにミスが出て7位に終わったしまい、オリンピックの出場を逃しています。 その際には涙をぬぐいながらリンクを去っており、「自分が目指していた演技ができなかった。 自分のスケートというものができなかった。 いざ滑ってみると緊張して思うような演技ができなかった」とインタビューで語っています。 そして高校2年生の時には本田さんは日本航空アイススケート部と所属契約を交わしています。 またこの年の全日本選手権ではショート・フリーともに精彩を欠いて、自己ワーストの15位に沈んでいます。 そして本田さんは高校3年生に上がるタイミングで、関西大学高等部から 青森山田高校普通科スポーツコース(偏差値38)に転校しています。 この高校に転校したのは高校3年生の4月から、練習拠点をアメリカに移すからです。 高校に通学できないとなると関西大学高等部での進級は厳しくなってしまうのですが、青森山田高校は競技活動に理解のあることで知られ、通信制も設置していることから実際に学校に通学できなくともレポートなどの提出によって進級や卒業も可能です。 過去にテニスの錦織圭選手や卓球の福原愛選手も同校に在籍し、世界を転戦しながら高校卒業の資格を取得しています。 ちなみに本田さんは青森山田高校に転校した際に、インスタグラムで新しい制服姿を披露しています。 またアメリカでは浅田真央さんのコーチを務めたラファエル・アルトゥニアンさんに師事しており、リベンジも誓っています。 スポンサードリンク 本田真凛の学歴~出身中学校の詳細 出身中学校: 関西大学中等部 偏差値 64(やや難関) 本田真凛さんの出身中学校は、私立の共学校の関西大学中等部です。 この中学校は高校に併設している系列校のため、前述のように高校へは内部進学で進んでいます。 (中学生の頃) 本田さんは中学時代に頭角を現して、中学校2年生の時には世界ジュニア選手権で初出場ながら初優勝という快挙をやってのけています。 また日本の女子選手が世界ジュニア選手権のシングルで優勝するのは、村上佳菜子さん以来6年ぶりのことでした。 ちなみにこの際には決して下馬評は高くなかったものの、ショートとフリーでともにベストスコアを大幅に更新して快挙を成し遂げて、一躍時の人となっています。 この際には本田さんは次のように話しています。 「全然緊張しませんでした。 世界ジュニアは獲れる気がしていたので、落ち着いてイメージどおりの演技ができました。 あっという間に終わりました」 そして中学3年生の時には連覇をかけて世界ジュニア選手権に挑み、ジュニア選手としては史上2人目の200点越えを記録(201. 61)していますが、惜しくも2位に終わっています。 スポンサードリンク 本田真凛の学歴~出身小学校の 詳細 出身小学校: 関西大学初等部 本田真凛さんの出身小学校は、私立の共学校の関西大学初等部です。 家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です。 きょうだいの中では次女(3番目)で、兄と三女の望結さん、四女紗来さんもフィギュアスケートの選手です。 望結さんと紗来さんは女優として活動もしています。 本田さんは当初は地元である京都の小学校に通学していましたが、 8歳だった 2010年 4月に同校の開校とともに編入しています。 子どもの頃からスケートに加え、アイスホッケーや水泳、 体操、テニスと様々なスポーツに取り組んできました。 関西大学初等部ではフィギュアの名門である関西大学の スケートリンクを使用することができるので、 入学とともにフィギュアスケート一本に絞っています。 本田さんは10歳の頃にはノービズの強化して選手に選ばれて、翌年からは早くも世界大会に出場しています。 以上が本田真凛さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 中学時代はいきなり世界ジュニア選手権で優勝をして世間をあっと言わせていますが、高校時代はやや伸び悩んでいます。 とは言え、浅田真央選手や村上佳菜子選手ら人気選手が相次いで 引退した女子フィギュア界のスター候補として名前も挙がっています。 もちろんオリンピックの有力な候補でもありますし、 今後の成長次第では世界的な選手になる可能性も秘めています。 素質の高さは折り紙つきなので、大きな飛躍を期待しています。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の