喪中 どこまで。 喪中の範囲はどこまで その期間はいつまでで 控えるべきこととは

喪中の範囲は誰まで?血族や姻族の3親等ってどこまで

喪中 どこまで

喪中とはどういうもの?忌中との違いについても解説• 喪中の範囲はどこまでなの?具体的な親等と離婚している場合などについても紹介• 喪中の期間はいつまでなの?• 喪中に控えた方がいいことは?具体的に取り上げて紹介• 喪中であっても問題なくできることは?参詣や季節の挨拶などについて解説• 喪中はがきや寒中見舞いの書き方と出し方 喪中の範囲は、一般的に親等によって決まるものです。 その一方で、日頃からのお付き合いの深さが大きく関係するものでもあります。 喪中の捉え方をはじめ、普段どおりにしていいことや控えるべきことなどの範囲について知っておくことは、身内を悼むという場面において非常に重要です。 また、一般的な喪中の範囲を知っておくことは、自分なりの判断をする際の基準ともなりそうです。 喪中の対応の仕方についても具体的な例を挙げて解説してますので、どうぞ最後までお読みください。 喪中とは?忌中との違いは? 喪中とはどのような意味のあるものなのでしょうか。 また、忌中とはどのように異なるのでしょうか。 「喪中」と「忌中」は、ともに家族や親戚が亡くなった後に故人の偲んで過ごす期間のことです。 しかし、この2つは全く違った意味を持っています。 「喪中」とは 身内が亡くなったために1年間喪に服すことです。 喪中は結婚式、祝賀会や正月行事などのお祝い事への参加を控え、故人を偲び、慎みをもって暮らします。 一方「忌中」とは、 身内が亡くなった後のおよそ50日の期間にあたります。 この期間には神社への参拝、派手な娯楽、お祝い事や社交的なかかわりを控えて故人を悼むことに専念します。 仏教では四十九日法要まで、神道では五十日祭までの期間であり、それぞれをもって忌明けとなります。 仏教における四十九日は、初七日にはじまる七日毎の法要の7回目であり、この七七日忌(49日)をもって故人は次の世に旅立つという意味をもっています。 神道では、死を「穢れ」と考えることから、忌中には神社への参拝を控え、自宅の神棚も半紙を貼って神封じを行います。 喪中の範囲はどこまで? 親族が亡くなった場合、いったいどこまでの続柄の人が服喪期間を設けたらいいのでしょうか。 年賀状のやりとりをはじめ、結婚式への参列の可否など社会とのかかわりにも大きく関連するのが、喪中でもあります。 故人と姻戚関係である場合や離婚している場合など、気になる 喪中の具体的な考え方について紹介していきます。 2親等までの親戚 親族が亡くなった時に1年間の喪に服すのは、一般的に 2親等までです。 親等を数える際には、家系図を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。 配偶者との間には親等はなく、自分と配偶者から見て、親子の関係が1親等です。 つまり 1親等の続柄は、両親、配偶者の両親、子になります。 この場合、子には、認知した非摘出子や養子縁組をした養子も含まれます。 子は、配偶者とともに法定相続人にもなる直系卑属ですので、必然的に人が亡くなった場合には、非嫡出子や養子の有無について確認する場面も多くなります。 1親等である親子の関係であれば、当然喪に服します。 続いて 2親等の続柄は、祖父母、孫、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、配偶者の祖父母、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹になります。 ここには、それぞれの配偶者も入ります。 故人の配偶者に加え、上記の1親等と2親等の親族までが、一般的に喪に服す範囲になります。 3親等以上の親戚(叔父叔母、姪甥) 3親等にあたる続柄は、 曾祖父母、配偶者の曾祖父母、曾孫、伯叔父母、配偶者の伯叔父母、甥・姪です。 これに加えて、それぞれの配偶者も3親等にあたります。 これら3親等以上は 喪中としないことが多いのですが、喪中にしてはいけないということではありません。 関係や縁の深さによっては、3親等であっても喪に服すこともあります。 親族には、同じ親等であっても直系と傍系があります。 直系とは父母、祖父母、孫などの直接の親子関係としてつながる続柄であり、傍系とは兄弟姉妹の子などとして枝分かれして生まれた関係です。 喪に服すことに関しては、直系と傍系に違いはありませんが、親族関係においては、傍系よりも直系が優先されることがあります。 離婚している場合 自分が離婚をしている場合、かつての配偶者やその親族とはすでに姻戚関係にありませんので、それらの方が亡くなった場合にも、喪に服すことはありません。 一方、親が離婚している場合など、日頃からおつきあいのあまりない親族が亡くなった場合には、喪中にするかどうか悩む場面もありそうです。 両親が離婚をしていても、親子関係に変わりはありません。 子は、法定相続人でもあることから、親の死亡が知らされないというケースは少ないはずです。 自分の親が亡くなった時には、当然喪に服すことになります。 しかし、長年疎遠になっていた場合など、喪に服したいという気持ちがないこともあるでしょう。 友人・知人が親の存在を知らない場合など、あえて喪中はがきを出すなどして周囲に知らせるという選択をしない場合もあるでしょう。 喪中は、人に知らせるかどうかによって決まるものではありませんので、正月行事やお祝い事を控えるなど、自分の中で喪に服す気持ちを持って生活すればよいということになります。 喪中の期間はいつまで? 喪中には控えた方がいいとされていることがいくつかあります。 お祝いごとや派手な遊びなどが思い浮かびますが、 喪中のマナーとして定着しているものもあります。 一般的には以下のとおりになりますので、どうぞ参考になさってください。 年賀状などの正月祝い 喪中には、年賀状を出したり、年賀の挨拶に伺うなど、正月を祝う行動を控えます。 喪中の間には、必ず新しい年を迎えることになりますが、 自宅でも正月に祝うことを一切しないのが一般的です。 そのため、毎年年賀状のやり取りをしている人には、事前に年始の挨拶を失礼させていただく旨を記した 喪中はがきを出しておきます。 喪中であるにもかかわらず、年賀状をもらってしまうこともあると思います。 その場合、松の内(関東は1月7日まで、関西は1月15日までなど地域によって異なる)が過ぎた頃に 寒中見舞いとして返事を出すとよいでしょう。 下のリンクから喪中のお正月の過ごし方についてより詳しく解説した記事をお読みいただけます。 ぜひ一度目を通してみてください。 祝いごとへの出席 喪中には、結婚式など お祝い事への出席を控えます。 結婚式の招待状を受け取った場合には、出欠を伝える返信はがきには「身内が亡くなったため」や「喪中なので」と記さずに、「やむを得ない事情により欠席します」などなるべくぼかして投函します。 お祝いを控えている相手に贈る手紙やはがきには、 忌み言葉を使わないという配慮も大切になります。 派手に遊びすぎることや酒に溺れること 喪中には 派手な遊びや酒に溺れることは避けるべきです。 喪中にはまったく遊んではいけないということはなく、 故人を悼みつつ行動を慎む時期だということを意識して過ごすことが大切になります。 喪中であっても、行事に参加しなければならない場面もあることでしょう。 以前から決まっていた予定でであれば、仕方がないこともあります。 しかし、自らパーティーを開催することや遊び目的で派手な行動をすることは、喪中には控えます。 喪中にしても問題ないこと 喪中であっても 問題なく行うことができるものも中にはあります。 ここでは喪中なので控えるべきかどうかと迷うことも多いものについて、具体例を挙げて紹介します。 お寺への初詣 神道では、死を「穢れ」と捉えることから、忌明け(五十日祭後)までは神社への参拝が禁じられています。 しかし、仏教にはそのような考えはありませんので、 喪中はもちろん忌中であってもお寺には参詣することができます。 仏教では、お寺への初詣も供養になると考えられています。 お中元、お歳暮 お中元やお歳暮は贈ったり貰ったりすることができます。 お中元やお歳暮は、元々先祖に供えてもらうために本家や実家に贈った品であり、お祝いの品ではないため喪中に贈ることにも問題はありません。 しかし、身内が亡くなったばかりの方に贈り物をするのが気が引けるため、忌中を避けることもあります。 季節の挨拶として、お世話になっている方にお中元やお歳暮を贈る場合には、忌明けを待って 「暑中御見舞」「寒中御見舞」として贈ることもできます。 喪中はがきや寒中見舞いについて 喪中はがきや寒中見舞いは、いつ頃出したらいいのでしょうか。 また、書き方や出し方にもマナーはあるのでしょうか。 ここでは、喪中の年賀状欠礼に関する対応について紹介します。 出す時期 喪中はがきは、 11月頃から12月の年賀状を出す前の時期までに届くように送ります。 年始の挨拶を失礼する旨をお知らせするものですので、相手が年賀状を投函する前に届いている必要があります。 年末に不幸があった場合など、喪中はがきが間に合わないこともあります。 その際には、年賀状を受け取ってから、 松の内を避けて、寒中見舞いとして返事を出すとよいでしょう。 書き方 喪中はがきには、 喪中であることと年始の挨拶を失礼する旨を記します。 本文中には、身内の誰が亡くなったのかを記し、変わらぬお付き合いを願う内容を入れるのが一般的です。 一方、寒中見舞いは本来、小寒(1月5日頃)以降、立春(2月3日頃)を迎える前までの寒中に相手を気遣う手紙や品などを指すものです。 寒中見舞いの手紙やはがきには、新年の挨拶を入れる必要はなく、通常「寒い季節ですがお変わりありませんか」という内容の相手を気遣う言葉を添えます。 ここに 喪中のため年賀状を欠礼した旨を添えておくことで、相手にも事情がわかってもらえます。 下のリンクから、家族葬の喪中はがきの書き方について詳しく解説した記事を読むことができます。 ぜひお読みください。 喪中とは家族や親戚が亡くなった際に故人を偲ぶ意味で1年間喪に服す期間のこと。 忌中は故人が亡くなってから仏教だと49日間、神道だと50日間を指す。 喪中の範囲は、一般的に祖父母・孫、兄弟姉妹の2親等までの親族となる。 3親等以上の親族が亡くなった場合には、喪中としないことが多い。 離婚している場合、かつての姻戚関係の親族も喪中の範囲としない。 喪中の期間は基本1年間であり、一周忌法要や一年祭をもって忌明けとする。 ただし、細かい細かい期間よりも故人を偲ぶことに重きが置かれている。 喪中に控えることとしては、年賀状のやりとりをはじめとする正月祝い、祝いごとへの出席、派手な遊びや酒に溺れることが挙げられる。 喪中にしても問題ないことには、お寺への初詣やお中元・お歳暮がある。 喪中はがきは新年の挨拶を失礼する旨を記して事前に投函し、年賀状を受け取った場合には寒中見舞いで対応することができる。 喪中には一般的な範囲は存在するものの、生前の故人との関わり方でそれぞれ異なってきます。 また期間に関しても基準は設けられてはいますが、細かい日数よりも遥かに故人を偲ぶ気持ちが大切であるということが言えます。 「1年間の喪中の期間内に、忌中の期間があること」「その期間にしてはいけないことがあること」 「喪中の過ごし方や年賀状の対応について」など喪中の一般的な対応や範囲を覚えておくことは、自分以外の人に失礼の無い行動がとれることにも繋がります。 今回紹介した内容が、皆様の選択のお役に立つことができましたら幸いです。 「終活ねっと」では、喪中の範囲と期間、行動に関する記事以外にも、多くの記事を掲載しています。 ぜひそちらもご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

年賀状を出す?出さない?喪中の範囲はどこまで? 年賀状の豆知識

喪中 どこまで

スポンサードリンク ほとんどの友人は、祖母の死を知らないはずです。 喪中はがきをだしたりしたら、驚かせたり、 心配させるはめになるのでは? かといって、 年賀状だとマナー違反にならないかしら? どの範囲の近親者が亡くなったときに、喪中はがきをだすべきなのか? 年賀状でいい場合は、どれくらい遠い親戚が亡くなった場合なの? いろいろ悩んでしまったので、マナーを調べてみました。 喪中はがきとは?喪の意味は? そもそも、喪とは? 死別は悲しいことなので嬉しいことをしている場合ではないという心情的な理由のほかに、地域・文化によっては、古来日本がそうであるように、死は穢れの一種であるとして、それに関与するものを一時的に地域社会の慶事より外すことによって穢れを避けるという意味合いを持つ場合もある。 死去後どのくらいのあいだ喪に服するか、また、どのようなことについて制限を与えるかということについては、 死者との縁故関係や宗派によって大きく異なり、また、制限期間に関しても宗派や物事によって異なる。 ーー 喪中はがきは、喪に服しているので、 慶びをあらわす、年末年始の挨拶や年賀状を 控えることを、事前にお知らせするはがきです。 遺族からの、故人に対する、生前の厚いよしみ (厚誼)への感謝を示す意味合いもあります。 喪中はがきの範囲は? 近親者が亡くなって、どれくらいの範囲までで 喪中はがきにするのが正しいのでしょうか? 年賀状にすると、マナー違反になるのでしょうか? ウィキペディアをみても、喪とは、縁故関係や 宗派によって異なると書いてあります。 例えば、浄土真宗の場合は、なんと! 喪中そのものがないそうです。 なので、喪中はがきではなくて、 年賀欠礼ハガキというものをだすそうです。 喪中はがきのマナーをしらべたところ、 はっきりとした統一されたマナーはありませんでした。 ほとんどのひとが、 常識の範囲で考えて、、、 周りと合わせたやり方で、、 地方の風習にあわせて、、 こんなケースが大多数です。 (汗) これでは、逆に困ってしまいますよね。 というわけで、常識の範囲でどうするのか? それをまとめてみることにします。 喪中はがきを送るケース• 配偶者• こども• 兄弟姉妹• 義両親(配偶者の両親) これは迷わずに、喪中はがきを出しますよね。 年賀状をだすひとはいないはず。 自分の両親、、夫の両親。 ましてや、自分の妻や子どもの場合は 悩むひとはいないはずです。 どんなに大嫌いだった夫が亡くなったとしても 喪中はがきをださない妻はいないはずです。 喪中はがきを送らないケース• 遠い親戚• 三親等以下(おじ・おば・いとこ等) 喪中はがきをださなくてもいいのが これくらいの範囲です。 しかし、これに関しても生前に どれくらい親しかったか? それを基準にして、喪中はがきをだしたとしても マナー違反にはなりません。 例えば、両親のかわりに、おじやおばに育てていただいた 場合は、血縁をこえて、当然、両親とみなしますよね。 はがきをもらった相手にも、あなたの深い悲しみを わかってもらえるはずです。 マナーも大事ですが、それより大切なのは気持ちです。 マナーでガチガチになるのは、本末転倒ですよね。 遠い親戚でも、気持ちとして、すごく近い相手ならば 喪中はがきをだしても問題ないはずです。 喪中はがきを送る/送らない 両方あるケース• 祖父母• 配偶者の祖父母• 配偶者の兄弟姉妹• 兄弟姉妹の配偶者 そして、ここからがグレーゾーンです。 意見が、かなりわかれます。 私が悩んだのもここです。 別居している祖母の場合は、 喪中はがきをだす 年賀状をだす 両方の意見がありました。 もし、マナー違反と思われるのがイヤ! 別居とはいえ、小さいときに、 お世話になったおばあちゃんは私にとって近い肉親! 少しでも、そういう想いがあるのなら 喪中はがきにしたほうが、気持ちとしてはスッキリするような? どうでしょうか? しかし、マナーとしては、どちらでもいい。 というのが通例ですので、どちらを選んでも大丈夫そうです。 あまり心配しないでよさそうです。 喪中はがきを送る範囲は?誰にだす? 喪中はがきをだすことにしたときに、誰に送るのか? 仕事関係の相手にはどうするべきなのか? そんな悩みもでてきます。 一般論としては、喪中はがきは年賀欠礼の挨拶状になるので、 年賀状を毎年、交換している相手には、全員へ出します。 しかし、ここでも相手との関係を考えて あえて、喪中はがきをださないケースがでてきます。 仕事をしている場合は、仕事関係先へは 例年通り、年賀状を出す人が多いようです。 特に、配偶者の親族の場合が亡くなった場合は、 公私をわけて考えて、仕事先には、 喪中はがきを控える場合がほとんどです。 そして、故人とまったく面識のない友人などにも、 年賀状を出すひとが増えているそうです。 その考えでいくと、別居の祖母の死を知らない 友人には、例年通り年賀状をだすのもありかな? そんな気がしてきました。 そして忘れてはいけないことがひとつ! 故人が生前、年賀状をやりとりしている相手。 なかには、1年に1回のはがきのやり取りで 近況を知らない場合もあります。 喪中はがきは、遺族からの、故人に対する 生前の厚誼への感謝を示す。 そんな意味もあります。 故人が年賀はがきをやりとりしている相手• 故人との関係が深い相手 あなたが喪主をつとめた場合は、故人のかわりに 忘れずにださないといけません。 喪中はがきの専門の会社に任せると マナー違反や失礼がなくて安心できます。 文章、文面、デザイン、レイアウトは プロのスタッフに任せたほうが確実です。 別居の祖母が死去して、年賀状をだすか?私の結論 ここまで、いろいろ調べてきてわかったのが、 どちらか片方にしないといけない。 絶対のルール! そんなことがないことがわかりました。 特に、最近ははがきを出す方、もらう方でも 柔軟な考えになってきているような気がします。 それを踏まえたうえで、別居の祖母の場合、 私がだした結論はこうです。 喪中はがき• 祖母の死を知っている親しい友人• 年配の方(マナーを重視する意味で)• 年賀状をやりとりするだけの疎遠になった友人• 遠い親戚や夫の親戚 年賀状• 自分の仕事先• 夫の仕事先• 祖母の死を知らない友人 こんな風にわけて考えることにしました。 正直、自分の職場の同僚や上司に関しては少し悩みました。 しかし、祖母の死は特に知らせていないので、 公私をわける意味で、例年どおりに年賀状をだすことにします。 もし、明らかにマナー違反だ!とご存知のかたが いらっしゃったら、コメント欄などで ご指摘いただければ幸いです。 追記) コメントで、私と同じように喪中ハガキに関して 悩んでいる方からの相談がありました。 やりとりのなかで、気づいたこともあります。 ぜひ、コメントのほうも一緒に読んでみてくださいね。 こんにちは。 本年、妻が若くして亡くなりました。 喪中に関しては様々な情報があり、葬儀に参列頂いた方へは出さなくても良いといった意見など。 年賀状をやり取りしていた方の大部分は葬儀に参列下さいました。 また、妻が年賀状やりとりしていた方の大部分は私もそれなりにお付き合いがありました。 私が面識ない方、お付き合いがない方については、翌年以降年賀状の挨拶はしないことになると思うので、喪中ハガキは出さない方が良いのではと思っています。 年賀欠礼を出すということは、翌年は年賀状を出すと捉えられるのではと思ったためです。 私が面識あり、お付き合いがあった方へは喪中ハガキを出そうか迷っています。 あまりにも若くして亡くなったため、友人も傷が癒えない状態で喪中ハガキをもらうと、さらに傷つくのではと考え、出さない方が良いのではと思ってしまいます。 葬儀に来られなかった方で、状況を知らない方へは喪中ハガキまたは別途死亡報告のような形での連絡にしようかと思っています。 ご意見お聞かせ願えますでしょうか。 よしさん 若くして奥様を亡くされたとは、さぞや寂しいことかと存じます。 心中お察し致します。 私も、身内を亡くしたことがきっかけで、喪中のマナーや年賀状のことを 調べました。 そして、私なりに考えて、今回の記事を書きました。 調べるうちにわかったのは、喪中はがきについては、 絶対にこれだ!というような統一のマナーがないということです。 地方の習慣、故人の生前の社交、お付き合いの幅など、 ひとそれぞれ置かれた立場は違うはずです。 自分の周りのひとたちに合わせるのが1番いいように感じます。 そして、故人の性格、社交の状況、意思を尊重して、ある意味、残されたものが 代理を務めるような考えでいいのでは? というのが私の結論になりました。 よしさんの質問に対してですが、あくまでも 私ならこうする。 というひとつの意見として参考にしていただければと思います。 >>>自分が面識や付き合いのない方に対しては? 私だったら、喪中はがきをだします。 特に、もし奥様が亡くなられたことを知らない場合には、 喪中はがきをだすことによって、奥様が亡くなられたことを 知らせる役目を果たしてくれると思うからです。 もうひとつの方法として、松の内が過ぎて、年賀状をいただいた方に 寒中見舞いのハガキで欠礼と奥様の死を知らせる方法もあるかと思います。 私だったら、どちらかにすると思います。 奥様としか付き合いがない場合は、相手方のほうで来年の 年賀状のリストから奥様の名前をはずしてくれるはずなので 翌年以降の面識のない人との年賀状のやりとりはなくなると思います。 来年以降、わざわざ、だんな様の名前に名義を換えて、 年賀状を交換する可能性は少ない気がするのですが、、、、 どうでしょうか? >>>自分が面識があり、お付き合いがある場合? 相手が傷つかないように、気配りをされるのはさすがです。 しかし、喪中はがきをもらう立場になって考えてみてはどうでしょうか? 1番傷が深いのは旦那様だとみなさんわかっているはずです。 それを考えると、喪中はがきをだしても問題ないと思います。 もちろん、他の形での報告でもいいと思います。 私だったら、事務的に考えて、喪中はがきをだしてしまうかも? 以上が私の考えになります。 意見のひとつとして参考になれば幸いです。 しかし、正解はないはずなので、 よしさまご自身の気持ちを優先するのがベストだと思います。 もし、死亡報告のような形で伝えたいならば、年賀が過ぎてから、 寒中見舞いとして報告するのが、1番自然な形ですかね? とてもいい情報をありがとうございます。 私も今年は曾祖母(ひいおばあちゃん)を102歳で亡くしました。 大往生ですし、また、曾祖母ということで喪中葉書を出すかどうかを決めかねております。 仕事関係の方々には関係がないというのもあり、非常に悩みました。 いっそ年賀状を今年は休んで、寒中お見舞いという手もあるかなとも思ったのですが、仕事柄どうしてもご挨拶状が必要になるので、それでネットで調べた次第です。 こちらを拝見させて頂き、とても参考になりました。 ありがとうございます。 やはり宗派や土地柄、年齢や関係の深さなどで喪中かどうかというは様々ですよね。 親友が亡くなったら、親族ではないですが私はきっと喪中にするかもしれないと、こちらを読んで思った次第です。 仕事関係には例年通り年賀状に、友人や行き届かなかった方には寒中お見舞いという形にしたいと思いました。 こんにちは。 風習や昨今の家族事情などもあって、いろいろな方がお悩み中なんですね…。 私は昨年主人の祖母が亡くなりました。 主人は義祖母とも同居でしたが結婚を機に実家を離れ、その後事情があって別の土地に家を建てました。 男兄弟がいない長男ですが自分の家には戻らない覚悟の様で…。 しかし他人様から見れば跡取りなので喪中ハガキを送るべきなのですが、主人はそこまでしなくていいんじゃないかと言います。 私も自分の会社や友達には何も知らせていないので次の様な形を取ることにしました。 ・会社関係で欠礼できない方々には年賀状を出す。 ・その他の方々には寒中見舞いを出す。 (寒中見舞いについても調べて、喪中の方への挨拶のみに使われるものではないと判断しました。 ) 気持ちとしては「自分から『おめでとう!』とは言い難いけど、人様からの『おめでとう!』はありがたく受け取りましょう」というところです。 立場が特殊なので本当に悩みましたが、こちらのサイトを見て一気に気持ちが決まりました。 ありがとうございました。 そふこさま コメントありがとうございます。 この記事が少しでも、決断のお役に立てていましたら幸いです。 サラッと書いてありますが、自分の家には戻らないという ご主人さまの覚悟のうちには、いろいろなことがあったことをお察します。 喪中はがきだけではなく、マナーって本当に難しいですよね。 きちんとした答えが見つかればよかったのでしょうが 残念ながら、喪中はがきに関しては、統一のきまりごとはないようです。 寒中見舞いのアイディアはすごくいいですね。 そうなんですよ。 寒中見舞いだけだと、年賀状の出し忘れの誤解を受けるかも? と、私もちょっと気になっていました。 参考になります。 ありがとうございました。 りんごさん コメントありがとうございます。 『気持ち的にはあまり年賀状を出す気分ではなく、、』と いうコメントで、すでに答えは出ているのではという気がします。 すごくお祖母様が大好きだった気持ちが私にも伝わります。 そのように孫であるりんごさんに慕われていて 98歳で大往生されたお祖母様もきっとお喜びだと思います。 記事にも書いておりますが、調べた限りでは、絶対にこうしなければならないという ルールはないということですので、ご自分の気持ちを優先させて、 喪中ハガキを出すということでも勤務先やご友人の方にも全然、失礼にはならないと思います。 もしそれでも気になるようでしたら、喪中ハガキに 『自分にとっては大切な祖母でした』という内容を一言でも書き添えるのはいかがでしょうか? もし私がそのような喪中ハガキを受け取ったら、りんごさんはお祖母様が好きだったのだなあ。 というのが伝わり、とても暖かい気持ちになれる気がします。 もし参考になれば幸いです。

次の

喪中の範囲はどこまで?身内の範囲や喪中期間を解説|お坊さんのいないお葬式|日本全国の葬儀場をご案内

喪中 どこまで

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 亡くなった人の両親(義理を含む)• 子ども(子供の配偶者は親等に関係しません) そして2等親も喪中になりますが、2等親とはどのような関係になるのでしょうか。 祖父・祖母の場合は? 2等親としての血縁関係には、まず 祖父母が入っています。 つまり祖父母は2等親となるため、祖父母が亡くなった場合には喪中という事になります。 さらに2等親として喪中になる血縁者としては 兄弟姉妹、孫がいます。 叔父・叔母の場合は? では自分から見て、叔父や叔母が亡くなった場合にはどうなるのでしょうか。 親の兄弟姉妹である叔父や叔母のときには喪中になるのかどうか、血縁関係と等親から考えてみます。 叔父や叔母と一緒に同居していたり、近くに住んでいて幼いころからよく面倒を見てもらったという人も多いでしょう。 近くに感じる存在である叔父や叔母を、まるで家族同然のように考えている人も少なくありません。 しかしながら、実は血縁関係による等親からみると、 叔父や叔母は3等親に位置することになります。 3等親といえば、喪中の範囲には入らないという事になり、一般的には喪中という期間を設ける必要がありません。 配偶者(嫁)の家族の場合は? では結婚していた場合、 配偶者の家族はどうなるのでしょうか。 住んでいる場所が遠いと、夫や嫁の家族に会う機会が少なく、あまり近しい人と感じないこともあるでしょう。 配偶者の両親は血のつながりがなくても、子供と同じように1等親という位置付けになります。 近くに住んでいて深いつながりがあれば亡くなって喪に服すのも当然です。 ですが、遠くに住んでいて普段まったく交流する機会がない場合でも、配偶者の両親の場合には1等親として喪中になるのです。 そして、自分の祖父母や兄弟が2等親となるように、配偶者の祖父母や兄弟も2等親として扱われることになります。 中には、結婚してから一度も会ったことがない配偶者の祖父母や兄弟という場合でも、亡くなったので喪中になるというケースもあります。 喪中の範囲は人によって異なる 一般的にどこまでが喪中になるかという点では、だいたい2等親までは喪中になるという認識になっていますが、喪中の範囲は人によって異なると言えるでしょう。 3等親であっても、ごく近しい関係性で普段から交流する機会が多い場合には、故人の死を悼みしのぶ思いを込めて喪に服すという考え方もあります。 またあまりにも関りが薄く全く見ず知らずの人と同然だったり、絶縁関係にあるような2等親であれば、亡くなっても喪に服さず喪中はがきなどを出さないという場合もあります。 喪中ハガキを出す範囲はどこまで? ではここで、喪中の場合に出す 喪中はがきの範囲はどこまでかについてもご覧いただきましょう。 近親者の場合、喪中の期間がおよそ1年であることが多いため、必ず喪中はがきを出すという時期が来ることになります。 喪中はがきとは、いったいどの範囲まで出すのが妥当なのか、そしてどういった点に注意して送付すればよいのかについても考えてみましょう。 年賀状のやり取りをしている人全員 喪中範囲をどこまで出せばよいのかについては、あまり悩む必要がないと言えます。 年賀状をやり取りしている全員に出せばよいでしょう。 あくまでも、年賀状をもらったとしても新年のあいさつができないため、先方が年賀状を出す手間を省くことができるように出すからです。 また、年賀状が届いたとしてもお返事をしたり、お祝いの言葉やお礼の気持ちに応えることができないため、 もらいっぱなしという失礼な形になってしまう事を避けるという意味もあります。 このような事から、相手がせっかく年賀状を出したのに、もらっただけでしらん顔をしてしまうという状況を作り出さないため、年賀状のやり取りをしている人全員にはしっかりと喪中はがきを出すようにしましょう。 喪中を知っている人にも送るべき? 喪中という事を知っている人であれば、気を利かせて年賀状の送付をしないという人も多いものです。 では、喪中だと知っている人に対する喪中はがきは、出す必要がないのでしょうか。 実は喪中はがきは、喪中を知らせるために出すものではありません。 多くの人が、喪中はがきは先方に喪中だという事を知らせるためだけのはがきだと考えているようですが、喪中はがきはそれだけの意味ではないのです。 喪中はがきの本来の意味、それは近親者がなくなり喪に服している期間のため、 新年の喜びの挨拶を控えるということです。 先方がおめでたい挨拶をしてくれるのに、それに応えることができないため、あらかじめ新年を祝う喜びの挨拶をご遠慮するという意味なのです。 そのため、喪中を知っている人に対しても、「喪中です」という知らせではなく、新年の挨拶をご遠慮しますという意味で出します。 喪中ハガキを送付する際の注意点とは? 喪中はがきを送付する際には、 いくつかの注意点があります。 先方に失礼のないよう、そしてしっかりとこちらの意志が伝わるように、以下のような注意点に配慮して送るようにしましょう。 では、 喪中の期間はどれくらいが妥当なのでしょうか。 実は喪中期間は、続柄によって一般的に設定されている期間が異なります。 喪中の期間はどのくらいなの? 1等親であれば、 およそ1年が喪中期間となります。 2等親となると、3か月~1年と喪中の期間も考え方や生前の関係性によって異なってくるでしょう。 続柄によって喪中の期間は違うの? 同居していなくても、よっぽどのことがなければ1等親は1年くらいの喪中となります。 しかし、 2等親は続柄としては喪中の期間を設ける関係性となりますが、それぞれの関わりの深さと考え方によって、喪中の期間が大きく異なるでしょう。 例えば2等親であっても配偶者の方の祖父母で一度も会ったことがなかったり、あまりにも遠くに住んでいてほとんど関わることがなかった孫の配偶者などの場合、喪中の期間を数カ月に短縮したり、喪中という期間を設けなかったりという事もあります。 逆に3等親であったとしても、同居してずっといっしょに暮らしてきた曾祖父母や伯父伯母などが亡くなった場合には、喪中期間を設けるというケースも少なくありません。 喪中の範囲についてまとめ• 1等親や2等親は喪中になる• 配偶者の家族の場合でも1等親や2等親となり喪中になる事がある• 喪中はがきを出す範囲は年賀状をやり取りしている全員• 喪中はがきは喪中を知らせるためのものではない• 喪中はがきを出す際にはいくつかの注意点がある• 喪中期間は続柄によって異なる 喪中の範囲がどこまでという事と喪中になる期間には、続柄が深く関係していて、さらにそれぞれの関係性や考え方も影響しているのですね。 いざというときに自分が喪中になるかどうか、大切な人や近しい人が亡くなったときに慌てることのないように、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。 「終活ねっと」ではその他にも喪中はがきの書き方や考え方などの記事も多数掲載しています。 以下の記事では喪中に控えることについて解説しています。 ぜひそちらもご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の