いい就職.com 東京。 いい就職.comの評判は?2chの口コミ評価をまとめてみた

東京で就職するメリットとは|地方出身者が知るべき特徴3つ

いい就職.com 東京

既卒ニートになったのは19歳に大学中退したのがきっかけ 私は、19歳で大学中退した後落ち込んでしまい、しばらくニート生活を送っていました。 職歴といっても正社員経験はなく、短期バイトや日雇い派遣などを転々とするなどの生活だったので、履歴書や職務経歴書に書けるような職歴はありませんでした。 22歳になる頃から、高校や大学の友人が社会人として就職して、職場での出来事や飲み会の写真など、SNSで投稿しているのを見て、劣等感や焦りを感じてしまい、このままではヤバイと本気で考えるように…そこから就職活動を本格的に始めるものの、時すでに遅し、書類選考にも面接にも通らない毎日が続きました。 東京で既卒ニートから正社員を目指すことに 正社員になることは諦めようと何度も考えましたが、思い切って2つのことを試しました。 1つ目は、地方から出て東京で就活すること。 2つ目は、就職エージェントを使う事です。 これまで、就職求人サイトや、サポステ、ハロワ、ジョブカフェなどすべての就職支援サービスを利用してきましたが、上手くいかなかったので、根本から就活のやり方を変えてみる事にしました。 その頃、私は26歳。 慣れない東京での就活でしたが、情報を集めながら、就活の仕方も工夫しました。 その結果、短期間で希望の外資系事務求人を紹介してもらい、正社員として就職することができました。 就活で数えきれないくらいの失敗をしてきましたが、私が最終的に実践した就活方法であれば、高倍率の事務求人であっても就職できる確率が普通に就活するよりも格段に上げることができるはずです。 既卒ニートの就活では東京の説明会(就職相談)に参加することが大事 就職求人サイトのようなWEB上で求人に応募して就活する方法は書類選考に通らず、面接まで行けたとしてもブラック企業に当たる確率が高かったので上手くいきませんでした。 東京都内で既卒ニート経験がある中で就職する場合は、合同企業説明会や対面での就職相談の方が希望する企業に出会える確率が高く、納得のいく就活がしやすいです。 というのも、新卒時はリクナビやマイナビなどの就活サイトで効率良く就活できますが、既卒ニートとなると就活の仕方が違ってきます。 求人票にはない情報や、人事担当者からのナマの情報を仕入れるのは足を運んででもやった方がいいと強く実感しました。 その方がブラック企業を排除したホワイト企業に出会える可能性が大きくなると私の経験上断言できます。 あとは、既卒ニートから就活する際、就活の環境を整えることが重要です。 就活の環境を作るのは3日間で短期集中して作る事をお勧めします。 良質な就職相談できる環境を作れば、確実に良い会社に出会う確率を倍近く上げることができるからです。 特に、地方から上京して東京で就活する場合は、就活費用もバカにならないので、短期集中で就活の環境を作った方が節約になります。 では、 実際に私が3日間で良質な就活環境を作って、どのように大手外資系事務(秘書)の就職先を見つけたのかをご紹介します。 【東京で既卒ニートから正社員就職する就活1日目】いい就職プラザ(東京市ヶ谷)+第二新卒エージェントneo(東京新宿) 就活初日、東京市ヶ谷にあるいい就職プラザ(20代の転職相談所)と東京新宿にある第二新卒エージェントneoの2か所に行きました。 他の就職エージェントにも行きましたが、この2つが良質だと感じたので厳選してご紹介します。 東京市ヶ谷のいい就職プラザ(20代の転職相談所) いい就職プラザを利用する理由としては、まずカウンセラーの質が高いという点です。 特にやりたい仕事が決まっていなかったので、私の好きなことや興味のある事、これまでの経験、どんな働き方を重要視したいか、などを踏まえて、どんな求人が自分に合っているのかを時間をかけて就職相談できます。 いい就職プラザの特徴としては、既卒未経験から就職しても離職しにくい長く働ける職場を中心に紹介してくれるので、未経験でもしっかり研修してくれる求人が中心です。 また、不動産販売や介護、小売りやなどの離職率の高い職種も徹底して省いているので、「 ブラック企業を間違って選んでしまうことがない」という点では評価できます。 しかし、いい就職プラザでは書類選考があって、就職成功率が他の就職エージェントと比べても低い点がデメリットなので、「 特にやりたい仕事がわからない」「 できるだけ良質な求人に挑戦したい」という方に向いています。 いい就職プラザでは、既卒未経験では応募するのも難しい事務求人も紹介してもらうことができました。 高卒・短大卒・専門卒でも利用できますが、大卒の方が紹介できる求人は多いそうです。 相談時間は1~2時間ほど取れば問題ないです。 注意点として、いい就職プラザでの就職相談の予約は「20代の転職相談所」というサイトからの予約になります。 どちらもブラッシュアップジャパンという企業が運営していますが、いい就職ドットコムは求人サイト、いい就職プラザ(20代の転職相談所)は就職エージェントという扱いです。 実際にかなり良質な求人を紹介してもらえました。 紹介された求人数も、選べる職種も就職エージェントの中では断トツで多く、提携先の企業一社一社すべてに第二新卒エージェントneoの担当者が訪問取材しているため、求人票には載っていない内部の情報まで教えてもらえるので、まずブラック求人には当たりにくいと感じました。 また、既卒でニート歴があると書きにくい履歴書や職務経歴書などの書類選考も担当カウンセラーが一緒に考えて提出してくれるので、ほぼ書類選考が通過するのも大きなメリットだと感じました。 また、興味のある求人があれば、2週間~1ヵ月で就職先を決めることができるのは第二新卒エージェントneoの特徴です。 これまで私が就活してきた中で、既卒で未経験だと紹介してもらうことは困難でしたが、第二新卒エージェントneoは、情報量の面でも、圧倒的に他の就職エージェントと比べても勝っていると感じました。 また、ハローワークなどの公共機関と比べても良質な求人が多かったので、 この3日間の就活場所の中でも第二新卒エージェントneoは最も言ってよかった就職支援場所だと言えます。 もしいい就職に行ったあとに第二新卒エージェントneoに行くのであれば、いい就職の予約時間から4時間後に第二新卒エージェントneoの予約を入れると余裕もあってスムーズです。 最低でも3時間は空けるようにしましょう。 DYM就職は書類選考なしで利用できるエージェントで、ジェイックは他の就職支援と比べても全く違う就職支援をしているので、興味があって行ってみましたが予想以上に良かったです。 東京五反田にあるDYM就職 DYM就職の特徴的な点としては、どの就職支援場所の中でも就職成功率と就職までのスピードがずば抜けて早いという点です。 ただ就職成功率が高くて就職スピードが早いだけでも、求人の質が悪ければ意味がありません。 しかし。 私が実際に利用してみた感じ、他では紹介していないネット非公開求人もあって、「既卒からでもこんな求人紹介してくれるんだ!」という案件もあり、求人自体は良質でした。 ただ、現在はコロナの影響で、最近(2020年5月頃)、利用対象者を正社員経験のある第二新卒や、ITエンジニア経験・ものづくり経験のあるエンジニア層に変更したため、現時点では DYM就職はオススメしません。 東京神保町店がジェイックの本店です。 ジェイックの特徴的な点が、1週間の無料就職講座(研修)に参加した後に面接会で、20~30社の優良企業と一括で面接できるという就職支援を行っています。 ネットの口コミや評判では「1週間の研修はキツイ、参加しない方がいい」という書き込みを見てジェイックを利用するのは正直尻込みしていましたが、私は正社員未経験で職歴がなかったので、いきなり正社員として働いてもビジネスマナーやスキルがない状態で働き始めるのが怖かったので、ジェイックの利用を決めました。 実際、ジェイックの研修(営業カレッジ)も参加しましたが、確かに1週間の研修はきつかったです。 ただ、ビジネスマナーなども含めて基礎的な社会人スキルを身につけることができたので、今の職場でいかせている点では参加してよかったと考えています。 当時は知らなかったのですが、ジェイックには「女子カレッジ」という研修も選べるそうで、女子カレッジの研修の方が事務求人も多く、研修期間も若干短いので、スキルを身につけながら事務求人を狙うのであればジェイックに参加するメリットはあると感じました。 ジェイックは研修内容などを説明する説明会に参加して、それからジェイックの個別相談や研修を受けられるか決めることができます。 説明会の参加をスキップしていきなりジェイックの就職支援を受けることはできません。 ジェイックの初回説明会は3時間ほどと長いので、他のエージェントに行く予定があるなら、3~4時間空けてからジェイックの説明会に参加するとスムーズにいきます。 東京飯田橋の東京しごとセンター 東京しごとセンターは東京都が公的に運営する就職支援機関で、東京のジョブカフェとハローワークが一体になって就職支援を受けられる場所です。 東京しごとセンターは全国のジョブカフェやハローワークの中でも、群を抜いてカウンセラーの専門性が高く、また、就活に関する情報量も群を抜いてます。 東京都がかなりお金をかけている就職支援場所です。 就職エージェントだけ偏って利用するよりも、東京しごとセンターを組み合わせて就活した方が、応募書類の添削や面接対策だけではなく、合同企業説明会や就職説明会、面接会も気軽に参加できます。 これまで紹介してきた就職支援場所の中で3つ選ぶとするならば、就職ShopとDYM就職に加えて、この東京しごとセンターを挙げます。 最低限、東京で就活するのであれば、この3つは利用した方が、既卒ニートからの就職率を大幅に上げることができると断言できます。 東京しごとセンターを利用する場合は、「29歳以下のヤングコーナー」で就職相談することになります。 東京しごとセンターは、利用者でかなり混み合うので、WEB予約していかないとその日で相談できないこともあります。 東京しごとセンターに行く前には、必ず事前予約を済ませておくようにした方がいいです。 東京都の若者正社員チャレンジ事業は、ハローワークのトライアル雇用制度に近い事業ですが、100社以上の優良企業の中から希望する企業を選んで、その企業で20日間の職場体験(研修)を行います。 20日間の職場体験の後、もしこの企業で正社員として働きたいと決めて、企業側も「この人を正社員として雇いたい」とお互いに合意すれば、即正社員として就職できるという事業が「若者正社員チャレンジ事業」です。 20日間の職場体験中にも1日5,000円の賃金が発生しますし、ブラック企業を経験していて、「もう次の職場は失敗したくない、でもすぐに働くのも不安がある」という場合に利用するメリットがあると感じました。 説明会を毎週開催していますが、午前中に東京しごとセンターで就職相談のWEB予約をしてから、午後に東京都若者正社員チャレンジ事業の予約をしておくのが最も効率性の高い就活と言えます。 若者正社員チャレンジ事業の説明会日程に関しては、公式サイトで必ず確認するようにしてください。 ネットには「既卒でも応募可能」と書いてあって、そこで紹介されている求人サイトや就職・転職エージェントに登録しても、実際既卒で正社員未経験だと求人紹介してもらえなかったことがしょっちゅうありました。 求人サイトも間に人が仲介しているわけではないので、求人の良し悪しが判断できず、結果ブラック企業に就職して短期離職したという人が後を絶ちません。 ネットに載っている情報は誇大広告や誤った情報が多く、それを鵜呑みにしたため最初上手くいかなかったと考えています。 最後は自分の目で見た情報しか信じないと決めて、手あたり次第求人サイトや就職エージェント、ハロワ、ジョブカフェなどを利用しましたが、これまでご紹介した就職支援場所であれば、自信をもって紹介できます。 事務以外の正社員就職にも応用可能 大学中退後、無職のニート期間があり、資格・職歴なしの状態から26歳で大手外資系事務(秘書)の正社員になれたのは、とにかく上手くいかなくても行動し続けた結果です。 失敗もたくさんしてきた分、最も効率の良い就活方法も体験的に理解することができました。 ネットの情報に惑わされずに、東京でいち早く正社員に就職したい、できるだけ良い職場で働きたい、でも就活の仕方がわからず困っている、という場合は、3日間で就活環境を整えておけば、あとは自然に正社員就職に向けて動き出すことができます。 これまでご紹介した就活方法であれば、事務求人だけではなく、IT系やメーカー、商社、製造工場、営業、マーケティング系、アプリ開発など幅広く紹介してもらえます。 もしもっと絞って就活したいということであれば、との2つは最低限利用した方がいいですよ。

次の

いい就職ドットコムの登録後の流れ、面談する場所、料金などこれさえ読めば大丈夫!【徹底解説】

いい就職.com 東京

Contents• 初めての一人暮らしは東京派の意見 40代女性 東京に住んだこともあるし大阪に用事で行ったこともあるし、どちらの情報もニュースで得られるけれど、東京の方が『閑静かつ治安がよく、買い物に便利な住宅街』が多いし、基本的に住んでいる人種のランク 語弊があるのは充分承知 が上だし、自分自身と相手との境界線を弁えている ズケズケしていないってこと。 公共交通機関の中でのトラブルもそう多くない 昔の話なので今とは勝手が違うだろうけど し、バス停と次のバス停 駅と駅 との距離も短いし頻繁に便があるし、便利この上ないし、清潔感も感じられる。 上質な商品を扱う店から庶民的な店までバランスよく存在している感があり、飽きさせない。 20代女性 どう考えても東京しか考えられない、慣れている土地で暮らしやすいことが1番の理由。 自分の大好きなショップや飲食店が集まっているので行きやすい。 流行の発信は東京から。 都内だと、仕事も多いし、休日は仲のいい友達の多くが関東にいるので会いやすい。 交通の便がいいので新幹線や羽田・成田空港を利用し、旅行もしやすい。 反対に一人暮らしをするのに大阪だと、全く知らない土地だし、関西弁が苦手なので、大阪の人のノリについていけない気がすごくするから。 40代女性 どちらも、学生時と卒業後に住んだことがありますが、断然東京が住みやすいです。 関西出身でないかぎり、大阪ほど住みにくい場所はありません。 まず、関西弁もしくは関西イントネーションで話せないと、会社の人間としても役立たずという雰囲気ですから。 そして、生活必需品を買う商店街やスーパーは、東京の郊外のほうが充実しています。 大阪の商店街って、パチンコか昔ながらの衣料雑貨店が多くって、なにげに役に立たないんです。 それから、東京の人のほうが誰とでもそつなく仲良くなれますよね。 大阪の人は、人見知りなのか分かりませんが実はあまりフレンドリーではないです。 20代男性 私は住みやすいとい事を考えると、東京だと思いますね。 東京の方が交通や娯楽が発達していますし、治安も私の経験では東京の方がいいかと思います。 東京では明らかに危なそうな所に行かなければ危ない目にあうことはまずありません。 また、東京は家賃が高いというイメージがあるかと思いますが、中心部だけの話で、それは大阪も同じ事なので比較は出来ません。 なので、結局最終的にどちらが住みやすいか、と聞かれると、治安の良さや食べ物の美味しさ、人々の優しさ、交通網の発達等が条件になってくると思います。 そうした時に、初めは東京の大きさや雰囲気に慣れないかと思いますが、慣れた後に安全で住みやすく、楽しめる場所は東京だと思います。 30代女性 東京は必要以上に他人に干渉せずに冷たいイメージで、大阪は情に厚く周りとの人間関係を大切にするイメージです。 就職して初めての一人暮らしと考えるとまずは仕事に慣れること、その上でプライベートを充実させるという優先順位かなと思うので、いろいろ周りから干渉されてしまう大阪より東京の方が、余計なことを気にせず自分のペースで仕事とプライベートを両立できるのかなと思いました。 少しドライな観点ですが最初の就職が関東だった関西人の意見です。 30代男性 大阪の方が物価の面では安くなると思いますが、独特の文化があり、それを知らない人が初めて暮らすには落ち着かないことも多いと思います。 一方東京は色んな地方から人が来ているので、同じような境遇の人も多く、人間関係が希薄になりやすいことを逆手にとって、「1人で暮らす」ということの耐性は出来やすいと思います。 また、繁華街以外ではそれほどの騒音などもなく、案外静かだったりします。 大阪では下町などの喧騒はかなりあります。 さらに最先端の環境でもあるので、様々なサービス生活面で便利なことが多くある思います。 40代女性 人に構われたり、人情が厚いのが好きと云う人は大阪のような面倒見の良い人達に囲まれた環境の方が良いのかもしれませんが、私のように放って置いて欲しいタイプの人間には東京の方が向いていると思います。 東京の程よい人との距離感が丁度良いのです。 かといって、何か困ってる時に無視するというわけでもありませんしね。 大阪だと入り込んで欲しくない部分まで踏み込まれる感があって、落ち着かない感じなので、東京の方が住みやすくて良いと思います。 40代男性 干渉されにくいから。 何故か、はじめは気薄な感じで東京は馴染めませんでした。 ニュースでもご近所の方がどんな方が住んでいるのかも分からず、逆に声をかけられても困る感じですごしていましたが、知り合いになった方々が良かったのか東京生まれ東京育ちと地方生まれで東京に上京して来た方々とは全くといっていいほど自分への接し方の違いがありました。 自分も同じ地方出身ということでつまらない意地を張って上京して来たと今では思い返します。 東京出身の方々にびっくりするぐらいお世話になり、更に普段はあまり多くは語らずで、いざという時はいつでもどうぞという生活スタイルが私の生活にあっているからです。 30代男性 関西育ちなので、食べ物については大阪を惜しますが、生活を続けて行くことを考えると東京です。 慣れたら問題はありませんが、大阪の駅の案内表示は目安の距離の記載がなく不親切で分かりにくく、気づけば通りすぎてることもありました。 また、初めての1人暮らしが東京だったのですが、日本の首都だけあって休日にいろいろなところに買い物や博物館等に見学に行けて、見聞が広がり、様々なことに興味が持てるようになったと感じております。 初めての一人暮らしは大阪派の意見 20代女性 東京は大阪に比べると圧倒的に物価が高いので就職して初めての一人暮らしは大阪の方がいいのではないかなと思います。 下町っぽい所がまだまだたくさんあって、商店街や街の商店なんかを利用するとかなり生活費を抑えることも出来ると思います。 また、大阪の中心街に近いところでも、そういった所が多く、電車だけでなく、徒歩圏内でもあるので、職場と自宅との行き来にも便利かと思います。 最近では、東京にあるショップも多数大阪に出店しているので、わざわざ物価の高い東京でなくても、いいかなと思います。 20代女性 私も、実際に就職するまではずっと実家暮らしで一人暮らしをしたことがありませんでした。 就職先が大阪になったので、そこで就職して初めての一人暮らしをしました。 その半年後に東京に異動になったので、大阪も東京も一人暮らしを経験しています。 正直なところ、大阪も東京もそんなに大きな違いは感じません。 どちらかも栄えているので、住む地域によるとは思いますが、どちらもコンビニやスーパーが近くにあれば一人暮らしで不便な思いをすることはないかなと思います。 しかし、最初一人暮らしをする時はまだ金銭的に余裕がない状況だと思います。 家賃はやはり多少東京の方が高いです。 スーパーなどで売っているものも多少東京の方が高いかなと感じます。 なので、就職して初めての一人暮らしなら住みやすいのは大阪かなと思います。 40代男性 大坂市内中心部から離れれば、家賃相場も東京に比べてかなり安く、経済的には余裕のある生活ができると思います。 大坂圏内は「怖そう」「いかつそう」などのイメージもありますが、逆に人情味溢れる古い町並みや人々の交流が残っている地域もかなりあり、一人暮らしでの心細さの力になってくれる場面も多いのではないかと推測します。 出来合いのものや、外食の安さも大坂の魅力なので、自炊が苦手な場合も食の面で不自由することが少ないはずです。 30代男性 現在、私自身奈良県に住んでいるので、となりの大阪府だとすぐに実家に帰ることが出来るので安心できるから、東京よりも大阪府のほうが良と思います。 また、関西人のイメージとして、東京の人はなんか冷たい人が多い感じがします。 仕事をしていても、標準語に違和感を覚えてしまい、とてもやっていけそうな気がしません。 一方で、大阪の人たちはとても人情味があり、同じ関西弁だということもあり、比較的すぐに仕事に頑張って馴染めそうな気がします。 20代女性 東京は人が冷たいから。 大阪で生まれ育ち、仕事の関係で東京で一人暮らしを経験しましたが、人の冷たさに正直驚きホームシックになった経験があるからです。 大阪は人情の街と言われるほど知らない人同士でも気軽に話すし、おじいちゃんおばあちゃんとバスの待合で会ってもとにかく陽気で親しみやすい。 困った人を放っておけない街なので、困ったことがあっても誰かが助けてくれます。 タクシーの運転手と話すのも普通。 商店街のお店の人と話すのも普通。 そんな街だからこそ一人暮らしは大阪の方がいいと思います。 30代女性 私自身も大学で一人暮らしをした経験があり、人の温かさやボケツッコミの基本を生で実感でき、楽しい時間を過ごせました。 特に不安な様子を見ると放っておけない人が多いように思います。 声をかけてくださったり、食事にも誘ってくれたりとても暮らしやすかったです。 東京も何度か行ったことはありますが、大阪のような温かさを感じたことはありません。 自分のことは自分でといった印象があります。 そういった経験からも今も関西に住み続けています。 50代男性 大阪のほうが物価が安い。 東京で働いていたときには高くて果物が買えなかった。 あと言葉のちがいがある。 東京のしゃべりはカンに触る。 「だけどサー」「それでサアー」とやたらとサーサーをつける。 ここはイギリスかっていう感じで印象が悪い。 家賃も高かった。 4畳半で7万円とはこれいかに。 7万円出したら大阪なら3DKの家が借りることができますよ。 それから食べ物。 東京は臭いおかずが多い。 納豆をはじめ臭いのキツイおかずが多かった。 30代女性 大阪のほうが人情味があふれていて親切そうだから、大阪のほうが住みやすそうだと思います。 東京の人は冷たそうなイメージがあります。 困っていても、ふーんという感じで知らんぷりをしそうだなと思いました。 テレビで見た時に大阪の人は困っていたら声をかけてくれるし、上司も面白くて優しそうだなと思いました。 困った事があったら何でも相談しなさいよと声をかけてくれそうだなと思います。 初めての1人暮らしで不安だらけでも、周りの人が温かく見守ってくれそうなイメージがあります。 20代女性 私は大阪では一人暮らしを経験し、東京ではウィークリーマンションを借り、2ヶ月ほど住んでいた事があるのですが、初めての一人暮らしではやはり、大阪の方がいいのではないかと思います。 理由は物価が安いからです。 家賃もそうですし、衣服も安く販売してる所が多いです。 初めての一人暮らしは無知な事も多く、支出バランスがイマイチ掴めてない場合が多いかと思います。 意外な出費が多い事を考えると、普段から少しでも安く抑えられる大阪が優位かと思います。 30代女性 何と言っても食文化が発達していて、良質なものを食べられるのが大阪だと思うからです。 人の体や暮らしを支えるのに不可欠なのが食事。 食生活をおろそかにして健康だ、ということはまずありえません。 初めての一人暮らしでもおいしい食材がそろうのは大阪だと思います。 また、人も気さくで付き合いやすいのも大阪だと思います。 いろいろな意味で人の心に寄り添った付き合い方ができるのが、大阪ならではの魅力だと思うので、大阪のほうが住みやすいと思います。 40代女性 同じマンションに暮す人たちや近所に暮す人など、お節介かもしれないけれども話しかけてきたり、生活のことを気にしてくれる存在が他人でも身近にいるというのは、初めて一人で暮らすという大きな出来事に対峙している時には心の支えになると思うから。 他にも近所のスーパーの人やアルバイト先の人なども、積極的に話しかけてくれて、生活のことを良い意味で介入してくれたりしてくると思うので、話をすることで寂しくない生活を送れると思うから。 - -, ,.

次の

ホーム

いい就職.com 東京

これが一番のメリットだと思います。 地元を出て一人暮らしをしようとすると• 下宿先の家賃• 生活必需品の購入費 という費用がかかります。 東京は狭い部屋でも家賃は高く、ちゃんとした部屋を借りようと思うなら月6万円は想定しておいた方がいいです。 また、生活必需品を買うにも、東京の都心となると物価が高い場合があります。 近年はAmazonなどのインターネットショッピングの充実により、東京でも安い商品を手に入れることが簡単になってきましたが、今までだったら親に買ってもらっていた洗剤、トイレットペーパー、ティッシュなどを自分で買わなくてはならないのは大きな負担になり得ますね。 家事を親にある程度任せられる 次のメリットとしては、 実家暮らしだと家事をあまりしなくてもいいです。 一人暮らしだと掃除や洗濯、皿洗い、風呂洗いなどを自分でしなければなりません。 僕は一人暮らしをしていますが、めちゃくちゃめんどくさいです。 家事をしなくていいというのは、かなり大きなメリットだと思われます。 東京の大学に行くメリット では東京の大学に行くメリットとデメリットを見ていきましょう。 東京は仕事が多い 地元の大学に行くデメリットのところでも触れましたが、 東京と地方では仕事の数にかなりの差があります。 では、具体的にどれぐらいの差があるのかを見ていきましょう。 今回は、転職サイトの中でも最大手クラスの『』から求人数を調べてみることにします。 すると、都道府県別の求人数は次のようになっていました。 東京 4639件• 神奈川 1988件• 大阪 2329件• 愛知 1891件• 福岡 1340件• 北海道 921件• 広島 924件• 宮城 817件• 鹿児島 455件• 高知 280件 これだけで仕事の数は比較できませんが、東京と地方では大きく仕事の数に差があるということが予測できます。 また、 大企業の多くは東京に集中しているので、大企業に就職したいと思っている人は東京の大学に進むのが良いでしょう。 優秀な人が多い 東京は優秀な大学が多いです。 東京大学や一橋大学などの国立大学をはじめ、私立は早稲田大学、慶應義塾大学などの難関大学が数多くあります。 また、難関大学は東京の都心部に集中しているので、大学間での関わりも多くあります。 また、休日に渋谷や新宿などの繁華街に行くと人が多すぎて、最初のうちは少し移動するだけでかなりの体力を消耗します。 東京の大学に行くのであれば、人の多さは覚悟しておきましょう。 孤独感がある 上京したばかりの頃は友達もいませんし、家に帰っても誰もいないので孤独を感じやすいです。 実際、僕も上京したての頃は家の無音が寂しく、ずっとYouTubeを見ていましら。 しかし時間が経てば慣れて、むしろ一人が快適になったので、一人でいるのが好きな人にはむしろメリットかもしれないですね。 結論:東京の大学と地方の大学、どっちがいいの? 地方の大学のメリットとデメリット、東京の大学のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきました。 今回の結論としては、.

次の