酒々井 ちびっこ 天国 事故。 酒々井の大型プール ちびっこ天国休園 指定管理者応募なく 町、存廃含め活用法検討

『酒々井ちびっこ天国のプールの見どころ』 酒々井ちびっこ天国

酒々井 ちびっこ 天国 事故

歴史 [ ] にから酒々井町に対して、「子供の国」(当時の名称)として利用することを目的としてちびっこ天国のある土地に関して無償で譲渡された。 ただし、「子供の国」として利用しなくなった場合は、京成電鉄に返還する旨の契約であった。 こののち7月に殿下、妃殿下立ち合いの上、開園した。 この年の来園者数は、91,690人であった。 (昭和53年)に最大30万人の入園者がいた が、その後レジャー施設の多様化等もあり、年々利用者数は減少していき、に入るとおおむね6 - 8万人となった。 なお、これは千葉県の各種主要プールの利用者数としては、度(平成25年度)で5番目程度 であった。 前後して、それまで運営を担ってきた千葉県福祉ふれあい財団が千葉県のに伴い、解散することとなった。 千葉県と酒々井町で協議のうえ、より酒々井町に施設が移譲され 、運営に当たっては、を導入し、グループが受託した。 しかし、開園から40年程度経過し、プール施設及び設備の老朽化も進み、今後どのような方針にてプール施設を運営していくかを検討するため、「酒々井ちびっこ天国検討委員会」を酒々井町は立ち上げ検討を実施した。 その報告書の中では、設備の老朽化は激しく、どこかで設備に大幅な手入れ、多額の投資を行わない限り、施設の存続は厳しいものとなることが示された。 これらの状況の中で、更新が行われてきた指定管理者の公募を2017年度の更新に向けて実施したところ、応募事業者がなく、また酒々井町直営で行うにしてもプールの安全標準指針(平成19年3月、文部科学省及び国土交通省)を踏まえた上で運営することは困難であるとして、休園する旨が町議会にて町長より報告された。 (昭和48年)7月 - 京成電鉄より酒々井町に土地の譲渡の申し入れがある。 1974年(昭和49年)4月 - 京成電鉄と酒々井町の間で条件付きの土地譲渡契約を締結する。 7月 - 常陸宮殿下・妃殿下来園の上、開園する。 (平成14年) - 千葉県行政改革推進本部の決定により、酒々井ちびっこ天国については5年以内を目途に事業廃止時期を協議するとされる。 (平成18年) - 施設を運営・管理していた財団法人千葉県福祉ふれあい財団解散に伴い、千葉県に移管する。 2007年(平成19年)3月 - 千葉県から酒々井町に施設を譲渡する。 これに伴い、に基づき設置に関する条例を定める。 5月 - 指定管理者制度を導入する。 (平成20年)4月26日 - 健康ひろばをオープンする。 (平成25年)2月 - 酒々井ちびっこ天国検討委員会を立ち上げ、今後の在り方について検討を開始する。 (平成26年)1月 - 検討委員会による報告書が酒々井町に提出される。 (平成29年)3月 - 休園となることが町議会にて報告される。 施設 [ ]• 流水プール• 造波プール• 競泳プール• また、障がい者・介助者は無料である。 一般 1,200円• 高校生 800円• 小学生・中学生 400円• 幼児 200円 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

酒々井の大型プール ちびっこ天国休園 指定管理者応募なく 町、存廃含め活用法検討

酒々井 ちびっこ 天国 事故

酒々井ちびっこ天国に行ってきました。 とてもたくさんの監視員さんがいて声をかけてくれたり注意してくれるので、例えばお子さんがたくさんいる家族でも安心して遊ばせられるプールです。 パラソルやテントの持ち込み禁止なのですが、陽射しを避けるプールサイドテントが休憩所がたくさん用意されています。 流水プール、波のプール、ちびっこプールとあって、小学生くらいのお子さんが楽しむのに、ちょうど良いかんじのプールです。 スライダープールが今期使用できなかったのが、残念でした。 車で行ったのですが、駐車場は近くの民間有料駐車場を利用します。 駐車料金は一日千円ということでしたが私たちの到着が15時過ぎていたので半額の500円にまけてくれました。 (開園時間は9:00〜17:00) 到着が遅くて2時間ほどしか遊べなかったのですが、その間に何度も監視人さんが声をかけてくれたり、助けている場面を見かけたのが印象的でした。 決められた時間にとる休憩の後、みんなでするラジオ体操も新鮮でよかったです。 我が家は、レンタルゴムボートを借りて(一時間500円)流れるプールでのんびり遊びました。 アットホーム感のある、のんびり楽しめるプールでした。

次の

『酒々井ちびっこ天国のプールの見どころ』 酒々井ちびっこ天国

酒々井 ちびっこ 天国 事故

【2006年8月3日】 共同通信によると、3日午後3時50分頃、伊篠にある、レジャー施設「酒々井ちびっこ天国」の流れるプールで千葉県御料に住むアルバイト松坂景介さん(15)がおぼれた。 産経によれば、命に別状はないが、4日午前8時2分の報道では、いまだに意識がないという。 サンケイスポーツおよび産経によると、松坂さんは、中学生のときの同級生2人とともに遊びに来ていた。 このプールでは潜ることが禁じられているが、松坂さんが潜水していたところを監視員が見つけ、注意していた。 近くにいた男性が、おぼれたことに気付き、女性監視員が救助したという。 流れるプールでの事故としては、先月31日にの市営プールで小2女児が吸水口に吸い込まれて死亡した事故がおこったばかりだった。 関連項目 [ ]• 2006年7月31日 出典 [ ]• 、2006年8月3日。 、2006年8月4日。 、2006年8月4日。 、2006年8月3日。 Yahoo! ニュース。 、2006年8月3日。

次の