百 日 後に 死ぬ ワニ 最後。 100日後に死ぬワニ

100日後に死ぬワニ100日目結末の意味死因特定解説!あらすじや言いたいことなども!

百 日 後に 死ぬ ワニ 最後

Contents• 『100日後に死ぬワニ』ワニの死因は何? タイトルを裏切ることなく、残念ながら予告通り100日目に死んでしまったと思われる 主人公・ワニくん。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi タイトルは一見過激に思われますが、ほのぼのとした作風のものなので、流血やワニくんが死んでしまうシーンは直接描かれていません。 決定的になるのは、『100日目』の3ページ目。 道路を歩くひよこ、そしてワニくんがひよこを放り投げるようなシーンがあることから 車に轢かれてしまった説が濃厚かと思われます。 実はこのシーン、作中に 伏線があったのです。 「100日後に死ぬワニ」 3日目 — きくちゆうき yuukikikuchi それが『3日目』の投稿です。 先程、ひよこをかばい『車に轢かれた』説を挙げましたが、序盤の3日目で同様にワニくんが道路を歩くひよこを助けるシーンがあったのです。 最終回で伏線を思わせるシーンが再度入り、ワニくんが亡くなっているので 作者のきくちゆうき先生は、おそらく ワニくんの死因に関しては最初から決めていたのではないでしょうか。 『100日後に死ぬワニ』ワニやネズミのモデルは誰? では、作者さんはなぜワニくんの死因を『交通事故』にしたのでしょう? 実は、これにもある理由が考えられます。 住宅街。 細い路地なのにスピード出して車運転するのやめてほしい。 ギリだった。 あぶねー— きくちゆうき yuukikikuchi こちらは、『100日目に死ぬワニ』連載中の作者さんのあるつぶやきです。 一見普通のツイートですよね。 しかし、これだけでなく、公式サイトでもご自身の過去について語ったことがあります。 20歳、悟空であり、一緒にプリクラ撮りにいったりした友達が事故に遭い亡くなる。 めちゃくちゃ泣く。 数カ月落ち込む。 ある時、何か出来ないかと思い、絵をまた描き始めた。 引用:stujio-kikuchi. com かなり仲が良くないと『プリクラを撮る』ほどの距離感にはなりませんよね。 きくち先生が若い頃に、 同じように交通事故で友人を亡くされていたからこそ、『100日後に死ぬワニ』のラストをあえてワニくんの死で終わらせたのでしょう。 作者さんにとっては、ワニくんの死は過去の追体験…つまり ワニくんのモデルは『作者さんの亡くなった友人』だったことになります。 さらに、ワニくんの友人として登場した ねずみくんの言動も、途中まで若干違和感がありました。 「100日後に死ぬワニ」 88日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 『88日目』。 ゲームのコントローラーをめぐって、ワニくんの 『死んだらあげるよ』という冗談っぽい発言に対し、ねずみくんは 『冗談でも それは言うなよ』 と真剣な顔で返すのです。 88日目まで、別にワニくんに死への願望や危うい展開があったわけではなく、ねずみくんもまた、毎回真面目な発言をするキャラでもありませんでした。 また、100日目 ワニくん亡くなった日 では、 ねずみくんがわざわざワニくんを迎えに行こうとします。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 100日目・2ページ目。 また、3ページ目では 『スゲー!』『春に来たって感じ~』 とワニくんから返信が来てますが、 先程まであった『よくね?』のメッセージが消えているのです。 力が入る最終回で、わざわざ作者がミスをするとも考えにくいですよね。 また、2ページ目と3ページ目で既読の数も微妙に変わっています。 これには様々な考察が飛び交い• 筆者的には、メッセ削除説に1票。 本当に大事なひとを亡くした時、精神を守るために断片的に記憶が抜けたり、心労から記憶が全体的にぼやける経験をした方も中にはいるとは思いますが あえて様々な推測ができるような表現のされ方は、そういった 大事な友人の 死に目の記憶が、時間が経つにつれてやや不完全になっていることを表現しているのでは…とも読み取れる気がします。 深読みしすぎですかね? 終わりに いかがでしたか? ほのぼのしたタッチの絵柄で、命の重さを描いた『100日後に死ぬワニ』。 決して難しい表現はないはずなのに、日常マンガでこれだけ様々な考察ができるすごい作品なので 小学生の国語・道徳あたりの教科書に採用されればいいのに…と割と本気で思った筆者です。 それでは、ご覧いただきありがとうございました。

次の

【最終話】「100日後に死ぬワニ」100日目の解釈と考察まとめ

百 日 後に 死ぬ ワニ 最後

こんばんは、ぽん太です! 3月20日(土)のよる7時20分に、100日後に死ぬワニの100日目が投稿されました。 きくちゆうきさんが描くこの四コマまんがの100日目に多くの人が注目していましたが、本日ついに100日目を迎えてしまいました。 100日目の投稿は四コマではなくいつもよりもコマ数が多いものになっていました。 最後は文章としてワニが死んでしまったかどうかは明言されていなかったため、100日目のまんがの意味は何だろうと思った方もいると思います。 そこで気になるのは 「ワニくんは死んでしまったの?」「ワニくんはどうして死んでしまったの?」「ワニくんの近くにいたひよこはなに?」ということではないでしょうか。 そこで今回まとめた内容はこちら Contents• ワニくんは死んでしまったの? 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi おはようございます😄 今日午後7時にワニくんの結末が 分かりますねっ🥺🙏 どうなるのかな 『100日後に死ぬワニ』 今日、100日目… — 🍓Londonbus Londonbus13 きくちゆうきさんのまんがである「100日後に死ぬワニ」はそのタイトルの通り、100日目にワニくんは死んでしまうと予想されていました。 実際に100日目のまんがでは、最後わにくんが亡くなった描写は直接的に描かれていなかったため、死んでしまったかどうかはまんがからは分かりません。 しかし作者のきくちゆうきさんが、「ワニは強いし、その強いワニでも死んじゃうし、どんなに強くても絶対終わりはあるので」と言っていましたので、 ワニくんは死んでしまったと解釈することができそうです。 ワニくんはどうして死んでしまったの? まんがではワニくんが車に轢かれそうになったひよこを助けた際に、自分が轢かれて死んでしまったようにみえます。 また、誰に轢かれてしまったかですが、「ねずみくん」と「他の誰か」で意見が分かれていました。 作者のきくちゆうきさんは、友達を交通事故亡くしているため、ねずみくんが轢いたということにはしないのではないかとの意見もありました。 2枚目の絵でネズミくんは百景坂交差点前で写真を撮っていて、後ろからぷっぷーと鳴らされている 3枚目の絵でわかると思うがひよこは横断歩道の前を歩いている。 4枚目百景坂交差点を遠目で見た絵であることが分かる。 つまりよそ見をしていて急発進したところひよこをはねそうになり。 今回もその助けたひよこがまた轢かれそうになったのかと思った方もいらっしゃると思いますが、 3 日目に助けたひよことは違うようです。 3日目に助けたひよこは71日目でにわとりになっています。 もしかしたら その助けたにわとりの子どもかもしれないと言っている方もいらっしゃいました。 しかし、ワニくんのLINEの画面では桜の写真のあとに「よくね?」のメッセージがありません。 こちらは 「作者の書き忘れ説」や、「まんがの画像で時間のずれがある説」などがありました。 まんがの画像で時間のずれがある説では、 わにくんが亡くなった後、また春が来たときにねずみくんが同じ場所の桜の木の写真を撮ってわにくんとねずみくんともぐらくんのLINEグループに送信している。 わにくんはもう亡くなっているので、既読はもぐらくん一人分しかつかなかった。 というような解釈もできそうですね。 今後は「書籍化決定」「映画化決定」「イベントやグッズ」も販売されるようです。 また、いきものがかりさんとも「生きる」でコラボされていました。 今後の続報が楽しみですね。 — 100日後に死ぬワニ 公式 100waniOfficial 生きる。 — きくちゆうき yuukikikuchi まとめ 今回は、100日後に死ぬワニの100日目について、ワニくんは死んでしまったのかや、どうして死んでしまったのか、近くにいたひよこはなんだったのか、ねずみくんのLINEで「よくね?」が消えているのはなぜかについて詳しく調べてみました。 「100日後に死ぬワニは」見る人によって様々な感想をもつまんがでしたね。 今後書籍化や映画化をされるようなので、続報が楽しみですね。

次の

100日後に死ぬワニ/全話あらすじを一挙公開!ストーリーの真実は深かった

百 日 後に 死ぬ ワニ 最後

Contents• 『100日後に死ぬワニ』ワニの死因は何? タイトルを裏切ることなく、残念ながら予告通り100日目に死んでしまったと思われる 主人公・ワニくん。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi タイトルは一見過激に思われますが、ほのぼのとした作風のものなので、流血やワニくんが死んでしまうシーンは直接描かれていません。 決定的になるのは、『100日目』の3ページ目。 道路を歩くひよこ、そしてワニくんがひよこを放り投げるようなシーンがあることから 車に轢かれてしまった説が濃厚かと思われます。 実はこのシーン、作中に 伏線があったのです。 「100日後に死ぬワニ」 3日目 — きくちゆうき yuukikikuchi それが『3日目』の投稿です。 先程、ひよこをかばい『車に轢かれた』説を挙げましたが、序盤の3日目で同様にワニくんが道路を歩くひよこを助けるシーンがあったのです。 最終回で伏線を思わせるシーンが再度入り、ワニくんが亡くなっているので 作者のきくちゆうき先生は、おそらく ワニくんの死因に関しては最初から決めていたのではないでしょうか。 『100日後に死ぬワニ』ワニやネズミのモデルは誰? では、作者さんはなぜワニくんの死因を『交通事故』にしたのでしょう? 実は、これにもある理由が考えられます。 住宅街。 細い路地なのにスピード出して車運転するのやめてほしい。 ギリだった。 あぶねー— きくちゆうき yuukikikuchi こちらは、『100日目に死ぬワニ』連載中の作者さんのあるつぶやきです。 一見普通のツイートですよね。 しかし、これだけでなく、公式サイトでもご自身の過去について語ったことがあります。 20歳、悟空であり、一緒にプリクラ撮りにいったりした友達が事故に遭い亡くなる。 めちゃくちゃ泣く。 数カ月落ち込む。 ある時、何か出来ないかと思い、絵をまた描き始めた。 引用:stujio-kikuchi. com かなり仲が良くないと『プリクラを撮る』ほどの距離感にはなりませんよね。 きくち先生が若い頃に、 同じように交通事故で友人を亡くされていたからこそ、『100日後に死ぬワニ』のラストをあえてワニくんの死で終わらせたのでしょう。 作者さんにとっては、ワニくんの死は過去の追体験…つまり ワニくんのモデルは『作者さんの亡くなった友人』だったことになります。 さらに、ワニくんの友人として登場した ねずみくんの言動も、途中まで若干違和感がありました。 「100日後に死ぬワニ」 88日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 『88日目』。 ゲームのコントローラーをめぐって、ワニくんの 『死んだらあげるよ』という冗談っぽい発言に対し、ねずみくんは 『冗談でも それは言うなよ』 と真剣な顔で返すのです。 88日目まで、別にワニくんに死への願望や危うい展開があったわけではなく、ねずみくんもまた、毎回真面目な発言をするキャラでもありませんでした。 また、100日目 ワニくん亡くなった日 では、 ねずみくんがわざわざワニくんを迎えに行こうとします。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 100日目・2ページ目。 また、3ページ目では 『スゲー!』『春に来たって感じ~』 とワニくんから返信が来てますが、 先程まであった『よくね?』のメッセージが消えているのです。 力が入る最終回で、わざわざ作者がミスをするとも考えにくいですよね。 また、2ページ目と3ページ目で既読の数も微妙に変わっています。 これには様々な考察が飛び交い• 筆者的には、メッセ削除説に1票。 本当に大事なひとを亡くした時、精神を守るために断片的に記憶が抜けたり、心労から記憶が全体的にぼやける経験をした方も中にはいるとは思いますが あえて様々な推測ができるような表現のされ方は、そういった 大事な友人の 死に目の記憶が、時間が経つにつれてやや不完全になっていることを表現しているのでは…とも読み取れる気がします。 深読みしすぎですかね? 終わりに いかがでしたか? ほのぼのしたタッチの絵柄で、命の重さを描いた『100日後に死ぬワニ』。 決して難しい表現はないはずなのに、日常マンガでこれだけ様々な考察ができるすごい作品なので 小学生の国語・道徳あたりの教科書に採用されればいいのに…と割と本気で思った筆者です。 それでは、ご覧いただきありがとうございました。

次の