所謂とは。 「所謂」はどうして「いわゆる」と読むのですか?|漢字文化資料館

所謂(いわゆる)の意味と使い方とは?由来や間違いやすい言葉などを解説

所謂とは

「その決断において彼は上司に気を使った、いわゆる忖度をしたのだ。 」 この中の「いわゆる」という言葉、よく耳にしますよね。 日常においても、挨拶やスピーチの中でも使われる機会の多い言葉です。 あなたは正しく使えているでしょうか。 「いわいる」と言ってみたりしていませんか。 せっかくですのでこの「いわゆる」という言葉について考えてみましょう。 いわゆるの意味 出典: 「いわゆる」とはどういう意味なのでしょうか。 この言葉は、何かを言い換えるときに使います。 特に、「世の中で言われている表現で言うと」といった意味があります。 上の文で考えてみましょう。 「その決断において彼は上司に気を使った、いわゆる忖度をしたのだ。 」 これを言い換えると、 「その決断において彼は上司に気を使った、世の中でよく言われる表現で言うと、忖度をしたのだ。 」長いですよね。 たった四文字で使える「いわゆる」はとても便利な言葉です。 でも、だからこそ違和感のある使い方になってしまわないように気を付けなくてはいけません。 ちなみに、漢字では「所謂」と書きます。 いわゆるの由来・言葉の背景 このいわゆるという言葉がどこからきているのか、漢字からひも解いてみましょう。 「所謂」の「謂」という字ですが、ここでは「言う」と同じであると考えてよいでしょう。 これを漢文のように読んでみると、言うところの。 これを一気に訓読みして「いわゆる」と読み変えているわけです。 いわゆるの例文を紹介 出典: ここからは、この「いわゆる」という言葉をどういう時に使うのかを考えていきましょう。 例を挙げてみます。 「このお店のスイーツは、いわゆるインスタ映えというやつだね。 」 この文は、「いわゆる」前に出てくる「このお店のスイーツ」について、後に出てくる「インスタ映え」と説明するような文です。 このように、前に出てきた事柄を、後につける名詞で説明する使い方が一般的です。 もう一つ例を見てみましょう。 このウェブサイトには、いわゆるフェイクニュースが多い。 今度は、「このウェブサイト」について、「フェイクニュース」が「多い」と説明しています。 言い換えると、「このウェブサイトに多い」のは「フェイクニュース」と説明しているのです。 このように、ただの説明ではなく、「フェイクニュース」という単語を際立たせるような使い方がされることもあるのです。 さらにもう一つあります。 「彼の印象は、いわゆる教師とはかけ離れている。 」この場合の「いわゆる」には、「教師」という言葉のステレオタイプな印象を抽出する効果があります。 一つの言葉ですが、色々な効果がありますね。 いわゆるの類義語・対義語 出典: 続いては、「いわゆる」の類義語や対義語をご紹介します。 類語としては、「言うなれば」という言葉がありますね。 「このお店のスイーツは、いわゆるインスタ映えというやつだね。 」 という例を挙げました。 「このお店のスイーツは、言うなればインスタ映えというやつだね。 」 と、置き換えても意味の変わらない文といえます。 また、「つまり」や「要するに」も類語といえるでしょう。 「このお店のスイーツは綺麗だ。 要するにインスタ映えというやつだね。 」 やはり、意味の変わらない文になりました。 一方で対義語ですが、この「いわゆる」という言葉自体に意味はないため、これといった対義語はありません。 コスパが良い日本語 いわゆる ここ数年よく「コスパ」という言葉を耳にします。 これは「コストパフォーマンス」の略ですが、「いわゆる」はまさにコスパが良い言葉なのです。 ある事柄を一言で説明するときに使う言葉、つまり文字数の節約に使うことができるわけです。 さらに、「いわゆる」の後に続く名詞を強調していることが多いので、その分の一番大事な部分が一目でわかるという効果があります。 たった四文字で大きな効果をもたらす「いわゆる」という言葉はまさに、コスパに敏感な現代を象徴する言葉であるといえるのです。

次の

「所謂」の意味と使い方・読み方・例文・語源・類語・常用漢字か

所謂とは

所謂 いわゆる : 「世の中が言うところの」という意味の連体修飾語 「所謂」の意味を詳しく 「所謂」とは、「世間が言うところの」や「俗に言う」という意味の言葉です。 後に続く名詞を修飾する働きを持ちます。 「所謂」を使用する目的は二つあります。 一つ目の目的は、前に出てきた言葉をわかりやすく説明することです。 例えば、「彼は途中で顔色が悪くなって宿舎に戻ったが、所謂熱中症にかかったとのことだった」という文があったとします。 この例文では、「所謂」を用いることで、彼が置かれている状況を端的に「熱中症」というわかりやすい言葉で表現しています。 これにより、彼について漠然としたことしかわかっていなかったであろう聞き手は具体的な情報を得ることが出来ます。 次に、「所謂」を使用する二つ目の目的は、後に続く名詞に対する一般的な印象を喚起することです。 「所謂」は「世間が言うところの」という意味であると説明いたしました。 「世間が言うところ」とは、もっと言えば「多くの人が言うところ」ということです。 したがって、「所謂」を使うことで、多くの人がその名詞に抱く一般的なイメージを聞き手に呼び起こすことが出来ます。 例えば、「彼の表情は、所謂不合格者のそれとは違っていた」という文があったとします。 この例文では、所謂は「不合格者」にかかっています。 この場合、話し手は不合格者そのものを強調しているのではありません。 不合格者というネガティブな響きから想像される落ち込んだ様子を聞き手に意識させているのです。 そうすることで、不合格者に対する一般的な印象と実際に不合格者となった彼の印象との対比を表現しています。 今彼女は、 所謂脱水症状を起こしている。 彼の指導する姿は、 所謂熱血教師そのものだった。 「所謂」の語源 「所謂」とは、元々漢文で使用されていた言葉です。 意味は「多くの人がいうところの」ですが、「いわゆる」という読み方は当初されておらず、「謂 い う所の」と書き下されていました。 というのは、 「いわゆる」は元々日本で独自に用いられていた言葉だったからです。 「いわゆる」は「言う」と、受け身の意味を表す助動詞「ゆ」の連体形が組み合わさってできた言葉です。 ただ、持っている意味は「謂う所の」と同じく「多くの人が言うところの」でした。 そこで、同じ意味を持っているという理由で「所謂」を「いわゆる」と読む習慣が出来ました。 「所謂 いわゆる 」は、出自が異なる言葉同士が合わさって出来たものだったのです。

次の

「所謂」をいわゆると読むのは漢文が由来!意味、類語、英語も例文付きで紹介

所謂とは

「違う、そうじゃない」 シンプルで、上品で、上質で、レザーで、シュッとしていて…、などの述語のみが大人のスニーカーを定義するかというと、そんなことはなく。 むしろそれらから抜け落ちているものこそが大人(オトナ)の楽しめるスニーカーだったりするわけです。 「所謂」じゃない、大人のスニーカーとは? 30代前半のエディターがピックアップしてみました。 \スニーカーをまとめた人/ FACY編集部、おしゅん まだまだオーバーサイズ街道まっしぐらの32歳。 「そろそろレギュラーサイズに戻るのでは?」と業界内で囁かれているものの、今期ユニクロで購入したTシャツのサイズは3XL。 最近手に入れたスニーカーは〈asics〉の「GEL-NIMBUS 21」。 コート系のスニーカーの流れがきている中、その筆頭候補として人気再燃中。 定番モデルなのに取り扱い店舗ではサイズ欠けが発生していると聞けば、納得のいく方も少なくないはず。 これ見よがしに主張するのでなく、あの時とは違ってプレートを取りはずしてよりクリーンに履きこなしましょう。 ワイドテーパードのデニムあたりが相性いいかと。 2020. 9|無地Tに飽きたら何を着ればいい?、最近行っ... 2020. 17 【7月はコレ着てます】夏の足元はオリーブで行ってみます(編集部おすぎ 01)• 2020. 17 【2020年】上半期に売れた白Tをレビュー 3 〜アルヴァナ編〜• 2020. 16 「絶対買い!」な夏物セールアイテム 5|ANCIENT GREEK SANDALSのレザーサンダル• 2020. 16 「夏にはけるデニム」7月のファッションお悩み相談室〜VOL. 2020. 16 【2020年】上半期に売れた白Tをレビュー 2 〜グッドウェア編〜.

次の