感想 書き方。 映画感想ブログの書き方…初心者にオススメの10か条 : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

読書感想文の書き方!5つのコツを例文つきで小中高別に解説!

感想 書き方

音楽鑑賞の感想の書き方について。 私は今年から中学生なのですが、音楽の時間に音楽を聴き、その感想を書くことが毎時間、授業の最初にあります。 そこで質問なのですが、私のこの書き方はあっているのでしょうか?また、もしも違うのならば、どのように書けばいいのでしょう? 下に前回書いた鑑賞での感想を書きますので、皆様のご意見を聞かせてください。 (日付) 喜びの歌 作曲 ベートーヴェン 仰々しく豪華な曲で、迫力が凄かったです。 厳しく勇ましいリズムだからか、派手な軍歌のような印象を受けます。 リズムはかなり早めだと感じました。 威風堂々のように豪華で、赤色が連想されましたが、喜びの歌は宮殿ではなく、騎士団のようなイメージです。 題名に「喜び」とありますが、私は喜びというよりも希望というような感じだと思いました。 「威風堂々」は「喜びの歌」の前々回に聞いた曲で、赤色が連想される、宮殿のようなイメージだと書きましたので、それと比べての表現があります。 また、ノートの右側に線を引いてスペースを作り、そこの部分に家で調べたその曲について(何語の歌詞、いつ作られたか、どのような意味なのか、英語の曲ならば英語の題名は何か、等々)を書いてあります。 長くなりましたが、よろしければご意見お願いします。 高校の音楽の先生です。 中学生の感想文としては、かなり完璧だと思います。 基本的には、「素直な感想・感じたこと」と「なぜそのように感じたか・何がそう感じた原因か」と言うようなことをしっかり書いていただければ良いです。 あなたの感想文には、それが両方ちゃんと入っています。 欲張るのであれば、あなたの感想には「厳しく勇ましいリズム」という言葉が入っており、これが「なぜ」の説明になっていますが、あなたが分析したのはリズムだけです。 他に長調と短調、メロディが単独なのかハモっているのか、楽器の使われ方はどうなのかなど、他の要素についても考えられるとなおよいかも知れません。 感想文は「形容詞のトレーニング」だと言う説もあります。 「仰々しく豪華な」「厳しく勇ましい」「派手な」「かなり早め」「赤色」など、あなたの文章は形容詞がたくさん使われていますが、こうした形容詞の持ち合わせがたくさんあると、感想文を書くのには便利ですし、意外だが適切な表現ができれば先生をうならせる感想文を書けるかも知れません。

次の

感想文の上手な書き方のコツと例|中学生/社会人/読書感想文

感想 書き方

読書感想文の子供らしい書き方とは? のびのび書くのは難しい 読書感想文の書き方を調べてみると、子供の豊かな感性や子供らしい感覚を活かして自由にのびのび書きましょう。 といったメッセージが出てきます。 これはこれでその通りだと思いますが、これは 一番難易度が高い。 なぜ難易度が高いかというと、豊かな感性や感覚を持っていることは否定できないと思いますが、ほとんどの子供は、 自分の考えや思いを文章にするという作業についてのノウハウと練習量が絶対的に不足しているからです。 てか、 大人でも自分の考えや思いを的確に文章に出来る人は少ないのでは?と思います。 (私も含めてですが) パターンを習得する ではどうするか? 答えは、 パターンを習得してしまうことにあるのだと思います。 守破離って聞いた事がありますか?能や歌舞伎の他、茶道や剣道でも使われる言葉なのですが、まずはお手本や基礎を大切にしましょうという話です。 つまり、何かを習得するためには、まず型を 守る、型を 破る、型から 離れるという3つのステップで上達を目指しましょうということ。 守破離のステップを進めるためには時間、つまり練習が必要です。 ここで重要なのは、型破りと型なしの違い。 この二つは似た言葉ですが、まるっきり意味合いが違います。 型破りは、基礎ができた状態で行うプラスアルファ、一方、形無しは、基礎がない状態でただのめちゃくちゃということ。 型を持つ重要性を教えてくれます。 型を習得しないと形無しになってしまうのです。 読書感想文の書き方も、まずは、ある程度の型を教えてあげるのがいいのではないでしょうか? 例えば、いきなり、子供を25メートルプールに連れて行って、好きなように泳いでご覧! と言って泳げる子は、泳ぎ方という型を知っている子。 習った子や教わったことが無い子は、泳げないか泳げたとしてもキレイに25メートルを泳げる子はいないでしょ。 読書感想文も水泳と同じこと。 いきなり原稿用紙を前に出されて、自由に書いてごらん。 と言われても、作文教室にでも行って、型を教えてもらった事がない子供は、泳げるはずもなく、というかかけるはずもなく、どうしていいかわからず、途方に暮れてしまいます。 そこで親が、「本を読んだならなんか書くことあるでしょ~」なんて言おうものなら、作文嫌いは確実に確定です。 なので、最初は丁寧に型を教えてあげる必要があります。 こんなことを書くと、「子供の豊かな感性や子供らしい感覚を活かして自由にのびのび書くのが良い!いちいち型に入れてしまうのか?」という意見が出るかもしれません。 読書感想文は、自分が読んだ本について、感じた事、考え方を、読者という相手にわかりやすく書く、という作業です。 感じたことや考え方は人それぞれでいいと思います。 その意味では、子供の感性や感覚を大切にしてあげたいところです。 でも、それを、 相手にわかりやすく書いて伝えるという事については、独りよがりではいけません。 書くという作業は人類が何千年にもわたって積み上げてきた作業で、コツというのもある程度たまっているので、先人が苦労して作り上げてきた努力に敬意を示し、謙虚な気持ちで使わせてもらうという事はとても大切だと思います。 (そっちのほうが手っ取り早いし。 ) 一人よがりにならないように、自分の考えを相手にわかりやすく伝えるという練習やテクニックを謙虚に学ぶ事が必要だと思います。 いざ原稿用紙を前にするとなかなか進まない 読書感想文の書き方 読書感想文を書くには、ではどうしたらよいでしょう? ネットにも様々な情報があふれていますが、検索の上位に来ているのは言ってしまえば、 素人がネットの情報を集めて味付けしたものがほとんどです。 内容がバラバラではっきり言って、役に立たないものが多いと感じました。 結局、手っ取り早いのは、その道のプロが書いた本を買ってそれ通りにやるという事。 やはりその道のプロが、時間をかけてわかりやすく書いてくださった本はわかりやすいし、実践的。 夏休み期間中、本屋さんに行くと、何冊も読書感想文の書き方をテーマにした本が売られています。 中でも私のおすすめはこちら。 ちびまる子ちゃんの読書感想文教室という本です。 この本をお勧めする理由は、漫画がいっぱいでわかりやすいので小学生低学年(2年生)の子供も自分で読める、漫画だらけの子供だましかと思ったら、内容が実践的に構成されているというところです。 具体的には、本に書いてある構成に従って問いに答えるようにしていけば及第点の読書感想文が自動的に書けるようになっている点です。 特に、2番目のポイントは、読書感想文の書き方についてのパターンを解説してくれる本がないか探していたのでぴったりでした。 読んだだけでは、賞を取るような読書感想文を書くことはできないかもしれませんが、合格点はもらえます。 でもそれで十分ではないでしょうか? 賞を取りたい人は、自信をつけて、どんどん書いて、大人に見てもらって、練習を重ねていくといいと思います。 近くの本屋さんで何冊か見て選びましたが、アマゾンでも読書感想文の書き方関係で第一位でした。 低学年だけではなく、高学年はもちろん、文を書く機会が多い、ブロガーの私にとっても参考になりました。 読書感想文の書き方のコツ 詳しくは本に書いてあるのでそちらを買うなり借りるなりして読んでほしいのですが、以下の骨組みに肉付けしていくと、あら不思議。 だれにでもそれなりの読書感想文が描けます。 高学年は一人でできるかもしれませんが、小学校低学年は、親御さんや大人が口頭で質問をしてあげて、答えを聞く。 という会話形式で一通りやった後、会話をもとに文章に落とし込むというプロセスを踏んであげると楽かもしれません。 本には、いろいろなコツが丁寧に書いてあるので、詳しくは是非本を買って読んでほしいのですが、私なりのまとめを書きます。 注意:誤解しないでほしいのは、以下のテンプレートはあくまで基本例として載っていてこれ以外にも応用例が本には載っています。 守破離でないですが、まずはこの基本テンプレートを習得したうえで、次のステップに進んでいくといいのでは?と思いますが、うちは低学年の間は徹底的にこのテンプレートに従おうかと思います。 骨組み• 本との出会い• あらすじ• 感想のたね• 「たね」が気になったわけ• 本との出会い 読者に感想文を読んでもらうための導入部分は「本との出会い」という形で書きます。 自然な書き出しになるし、誰にも書きやすい、書き出しを選ぶあたりにノウハウというかコツが詰まっているなと感じました。 その本を読もうと思った理由とかでもいいのですが、読書感想文を書くために読んだというのは正直すぎるので、XXが好きだからとか、XXに興味があってぐらいがいいと思います。 簡単なのは、誰かにすすめられて、とか、たまたま本屋さんや図書館で見つけてといった具合です。 あらすじ ネット上の口コミや評判では、読書感想文はあらすじは書くな。 というものがあります。 確かに失敗する読書感想文の例は、あらすじだけで終わってしまうというもの。 だからと言って、全くあらすじを書くなという話ではありません。 その本を全く読んだことが無い人にあらすじなしでその本のことを説明するのは無理筋ですし、不親切です。 お勧めのコツでは、あらすじを短く、具体的には3行程度でまとめるように書いてあります。 あらすじといってもイメージしずらい小学生低学年への説明のコツは、その本で、誰が、何をして、どうなったか?という質問をしてひとつづずつ答えさせるといいと思います。 読んだ本を短く要約させるのは、その本のことを正しく理解していないのできないので、読解力のトレーニングにもなりますね。 注意しなければいけないことは、ここでは、まだ感想は書きません。 心に残ったところとその理由を書くわけですが、「感想のたね」、「『タネ』が気になった理由」という要素に分解して書く事がお勧めされています。 感想のたね 感想のたねとは、こころの動きです。 低学年なら、面白かったこと、びっくりしたこと、中学年以上には、どう感じたか、自分だったらどうするか? 聞いてみると面白いかと思います。 気になった部分には、付箋をつけておくようにアドバイスがあります。 「気になったところに付箋をつけておいてね~」といったら、案の定、付箋だらけの本になりましたが。 笑 「たね」が気になったわけ どの部分がなぜ気になったか。 付箋を選んだポイントごとにまとめのメモを書きます。 自分自身の体験や思いに結び付けられれば、迫力が出ますが、中学年や高学年以降かな。 なんだか大学生の就職活動のエントリーシートみたいですね。 笑 ということは、読書感想文がうまく書けるようになれば、エントリーシートも上手に書けるようになるのかも。 タネが気になったわけでも書きましたが、ここを自分の体験、自分の夢に結び付けることができるかで、読書感想文の出来不出来に影響してくると思います。 本を読んで学んだこと、変わったことが書きやすい本とそうでない本があると思うので、賞を狙いに行くのであれば、本選びから考える必要があります。 我が家が今年選んだのは、僕らのシリーズ。 中学生のドタバタ劇です。 この本を読んで、小学二年生が人生に与えた影響。 うーん、難しく考えず、さらっと「面白かったので、また読みたいと思いました」と流しました。 これでは賞は撮れないですね。 でも、いいんです。 自分の考えをまとめて相手に伝えるという一つのパターンを練習するというところに重きを置いているので。 (と言い聞かせます) 賞を取りたい人は、本選びからしっかりと、それからもう一歩すすんで、本の応用編をしっかり読んでみてくださいネ。 主語と述語があっていないというようなエラーも直してあげましょう。 名作家でもない 小学生が一度でこれを終わらせるのは無理です。 原稿用紙を何枚も用意して、何回か書き直すのが当然ぐらいの気構えでゆったりやりましょう。 パターンはそのままでも、中身の感想、感じ方が変わってくるので、面白いです。 家族でワイワイ言いながら、面白いです。 読書感想文の書き方についての感想 私自身、読書感想文は苦手でした。 小学生のころ、本を読んで人生が変わった本ってありました? 正直、そんな本あるの? 本当に、変わるのか?と思い、なんとなーく読書感想文は胡散臭いなーと思っていましたが、良い本に巡り合えた人はラッキーですね。 でも、相手にわかりやすく自分の考えをまとめて書く技術は、現代に生きる子供たちに必要な技能かも知れません。 読書感想文の書き方を身に着けることを通じてこれが身に着けらえるとしたらとても大切な夏休みの宿題ではないでしょうか? な~んて、固いことを言いましたが、映画や音楽でもそうですが、感想を言い合うというのは、本来は楽しいものですよね。 読書感想文も堅苦しく考えず、この延長で、親子のコミュニケーションを通じて、文章に落とし込んでいくと楽しくできるのでは?と思います。 人生が変わった感想、というような大げさなことは気にせず、素直に、ここ面白かったね。 この人、いい人だね。 この人は嫌いだな。 というレベルでまずはいいのではないでしょうか? そんな我が家では、賞をとるような読書感想文は、正直まだまだですが、基本が押さえられたのと、無事、宿題を終わらせることができてよかったです。 読書感想文で賞を取るには? 読書感想文で賞を取る感想文の書き方は、基本を押さえたうえで、もうひとひねりが必要です。 地域ごとに文集があるとおもうので、入手可能なら実例を取り寄せてみましょう。 まずは本選び。 自分の考えを変える、気づきがあるような本を選ぶといいかもしれません。 ただ、面白おかしい、という本よりも、伝記とか感動の話とか。 伝記は、なりたい夢がある子供にとってはとっつきやすいジャンルかも知れませんね。 その上で、書き出し、感想、結論をしっかり書いて、運が良ければ、学校代表ぐらいにはなれるかも?? ちなみに、うちの小学二年生の今年の読書感想文に選んだ本は、ぼくらのシリーズ。 人間のあり方に迫る、感動の大作というよりも、子供のドタバタ劇なので、この本を読んで人生が変わるか?というような本ではありません。 楽しく読めるのですが、賞をとるような読書感想文には正直不向きでしょう。 もちろん、よっぽどの文章力があれば別だと思いますが。

次の

『舞姫』 読書感想文の書き方【例文5作】

感想 書き方

なぜなら・・ 「舞姫」は、妊娠させた異国の女性を棄てて狂気に追い込み、自分だけ将来の約束された日本に帰ってしまうという、内容的には「クズ男」の物語だからなんです。 海外からの留学生も「どうしてこのような男の話が日本では名作あつかいなの?」という疑問がよく出るといいます。 ~~ 目次~~~~~~~~~~~~~~~ よく分かる『舞姫』森鴎外の「あらすじ」 読まずに読書感想文を書くための秘策! 感想文の切り口 着眼点 の例 『舞姫』読書感想文の書き方 【例文5作】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ よく分かる『舞姫』森鴎外の「あらすじ」 同時期の夏目漱石ほど、森鴎外の小説が読まれていない一つの理由は、その文体にあります。 漱石の小説が読まれているのは、今では当たり前になっている口語体の文章で書いた作家だったからです。 これに対し、鴎外は、当時の主流であった文語体。 原著のままでは、現代人にとっては読みにくいの極み。 しかし、原文をスラスラ読める人間が読むと、その軽快な文章の並べ方は、確かにたぐい稀な「名作」であり素晴らしい作品なのです。 以下の「あらすじ」を読んだ後、読むべきか検討してみるとよいでしょう。 子供のころから成績優秀で、常に首席だった主人公。 大人になってからも真面目な彼は、国からドイツ留学を許可れる。 しかし、精神的に不器用で「世間的な価値感」ばかりを重んずるタイプの彼は、出世や世間体を重んずる自分と、素直な気持ちの自分との間に葛藤する日々を過ごしている。 彼女は子供が出来た事を大喜びしていたのだが、主人公は、彼女の妊娠を機に、現実的に考え始めるようになり、帰国のチャンスと重なった事もあり、彼女を取るか、日本での安定した生活を取るかでここでも大きく葛藤する。 結局、彼女は捨てられ、その精神的ショックでおかしくなり、元には戻らなかった。 『舞姫』の要点が11分で分かるラジオドラマ 感想文の切り口 着眼点 の例 成績は優秀な主人公だったが、世間的に良しとする価値観を重んずるがあまり、本来的に人として大切な心を歪めてしまった点に注目し「心のバランスの大切さ」世間の価値観に流されない「確固とした自己の価値基準を持つことの大切さ」についてを軸に感想を述べる。 客観的に見れば、外国のダンサーと恋仲になり、妊娠させ、別れ話で気を狂わせたあげく、自分は世間体やキャリアを気にして、とっとと日本に帰ってしまった「クズ男」の話であるにも関わらず、日本では「名作」と称されている点の不思議さや腹立たしさを主張する。 理由づけとしては「それだけ昔の日本人は世間体と自我との間で葛藤をしていた民族だったのではないか?よって当時の読者の共感を呼び、名作あつかいに・・」というオチにして、主人公の判断を許せない「現代に生きる自分」の考えと対比させつつ意見を書く。 作者の鴎外自身も、幼いころから神童と呼ばれていたほどの秀才だったことと、主人公の優秀なところの共通点にスポットをあて「この作品は鴎外が葛藤している日常を投映させた作品だったのではないだろうかと思う。 主人公に自身の弱さを投影させることで、鴎外は一種の「カミングアウト的な解放感」を得ていたのではないか」・・という流れにし、人間の弱さや葛藤についてを柱とした感想文にする。 (この感想の書き方にした場合、作品の内容にはそれほど触れなくてもある程度文字数が稼げます) 【例えば】~~~~~~~~~~~~~~~ 「自分は、主人公のように優秀な成績を残してきた人間ではないが、文学作品を読むことは、少しのあいだだけではあるが、主人公の身分を拝借することができるものだ。 そのため、読書の最中は、身分や生い立ちの違う立場の自分として、作品のストーリーを感じ取ることができる。 今回『舞姫』の中の主人公の下した、要所要所での判断は、決して自分では、そうはしないであろう誤った判断が多かったのだが、作品を通じ「思考のバリエーション」が増え、また「主人公の身分や立場で」さまざまな出来事に対処す空想上の経験ができた。 私がこの作品を通じて学べたものは、一作品としての物語からの学びだけではなく「読書全般の意義や目的」を学べたことが大きかったように思う。 これまで、読書は知識を得るためというイメージが強かったのだが、普段の自分なら考えない、登場人物の考えや感じたかを知る事で「思考の幅」つまり「思考のバリエーション」を知ることができるわけであり、単純な知識を得るだけではなく、自分にない「思考のプロセス」を知れることが読書の意義や目的の一つなのだと発見できたのだ。 読書はまさに「知力の財産を得ること」だと、私としては大きな発見がえられたわけである。 607文字 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・・という展開にすれば「とても良い読書経験だったね!」と採点者からも高評価をえられます。 『舞姫』読書感想文の書き方 【例文5作】 『舞姫』読書感想文の書き方【その1】 『舞姫』読書感想文の書き方【その2】 『舞姫』読書感想文の書き方【その3】 『舞姫』読書感想文: 標準的な読書感想文の構成(書き方の順序)の例 最後に、標準的な読書感想文の構成例をご紹介いたします。

次の