気圧変化に敏感な生き物。 動物とか生き物ってなにかしら予知能力(地震や台風といった災害の...

低気圧で体調不良になる原因!気圧の変化に強くなる方法教えます

気圧変化に敏感な生き物

梅雨が長いと、どうもペットの体調がすぐれない、思うように運動できずストレスを抱えているように感じる、と話す飼い主さんも多いのではないでしょうか。 梅雨を終えれば、今度は台風シーズン。 台風が来ると低気圧が発生し、その影響で体調が悪くなる人もいますが、実は犬猫も低気圧が苦手ということを飼い主さんに伝え、ペットの様子の変化に気を付け対処できるよう促しましょう。 「低気圧」がペットにもたらす身体の変化を知る 腎臓を患っている場合は要注意 腎臓は血液をろ過し、いらない不純物を尿として外に排出する臓器です。 気圧が下がることで、血管が膨張し、血の流れが滞ります。 腎臓が悪い場合、血液がろ過しきれず、血液に不純物が残ったまま、体中をめぐってしまうことになるのです。 また、気圧が下がると気温が下がります。 そうなるとあまり水を摂取しなくなるため、腎臓が悪い場合、尿だけが出て脱水し始めて、ますます腎臓に負荷がかかります。 このような場合は、フードをウェットタイプに換えたりすることで、水以外からの水分補給が出来るように工夫しましょう。 前述したとおり、気圧が低くなると、血管が広がり内臓が膨張するのですが、血管や内臓が膨らむとその分、血流が悪くなり、むくみやすくなります。 天気が悪い日や台風が近づいているとき、いつもより大人しい、気がつくと寝ている、といったことはありませんか? そんなとき犬猫は、体力の低下できるだけ抑えようとし、昼も夜もずっと眠り続けるのです。 特に猫は、完全肉食のハンター。 狩りのうまくいかない雨の日は、エネルギー温存のため、身体を休めるために時間を使っていると言われています。 そのため、天気が優れないときにペットが眠っている最中は、無理に起こさず、そっとしておいてあげましょう。 また、気温の寒暖差もストレスとなってしまいますので、なるべく一定の体温を維持できるように、部屋の温度をキープしたり、毛布やマットを用意してあげるようにして下さい。 突然の体調悪化に注意する 持病を抱えていたり、高齢のペットの場合、突然体調が悪化することがあるようです。 最悪の場合、命を落とすこともありますので、十分に注意しましょう。 様子がおかしいと気づいた場合は、すぐに動物病院に相談して下さい。

次の

気圧の変化に要注意…この季節にありがちな気象病とは?

気圧変化に敏感な生き物

1.大気圧 私たちは常に大気の力を受けています。 そのことを実感したいのであれば、ペットボトルを用意してください。 そして、そのペットボトルに口をつけて、思いっきり吸ってみれば良いんです。 するとどうでしょうか? ペットボトルはみるみるうちにへっこんで行きますよね。 これは、あなたがペットボトルの中の空気を抜き去ったから、大気圧に押されて、ペットボトルがへっこんだのです。 空気って意外に重いんです。 そして、この大気圧はhPa(ヘクトパスカル)という単位で表され、標準大気圧、つまり1気圧は1013. 25 hPaと定められています。 地球上にいる限り、私たちには常に大気の重さがのしかかってきているのです。 2.低気圧と高気圧 低気圧や高気圧、天気予報でよく聞く言葉であると思います。 では、それぞれどういった状態なのでしょうか? 低気圧とはそのまんまの意味で、周囲と比べて気圧の低い所であり、高気圧は周囲と比べ気圧が高い所おを指しています。 また、この高い低いには何hPa以上で高気圧!とか何hPa以下の時に低気圧であるといったことはありません。 空気の温度が上がれば、エネルギーが上がるので密度は低くなりますよね。 その結果、空気は上昇し、上昇気流が発生するので、その場所は周りよりも低い気圧となります。 逆に上空で冷やされた空気は密度が高くなり、空気の流れが上空から地上へとなると、その場所は高気圧となるのです。 このように気圧の差が生まれると、密度の高い方ら低い方へと、つまり、高気圧から低気圧へと空気の流れ(風)が起きます 上昇気流が発生する低気圧では、雲ができやすくなるので、天気が崩れやすくなるのも特徴の1つです。 3.マウスはどのように気圧を感じているのか? 中央大学の佐藤純博士らは、マウスを低気圧973 hPaの環境に30分間おいたときに、脳のどの部分が活性化するのか?という研究を行いました。 結果は内耳の器官である三半規管と繋がる前庭神経上核と呼ばれる神経が、低気圧によって活性化することが分かったのです。 人と同じようにマウスも気圧が低くなると心拍数の変化や体の痛みに敏感になることがわかっていたことから、今回の研究が行われました。 今回の研究結果から、人間も内耳で気圧の変化を感じ取り、脳へと信号が行くのでこのような現象が起こっているのだと考えられます。 気圧の変化に敏感な人も多いですから、そのようなときに役立つ薬や対処法ができれば良いですね。 PLOS ONE 2019年1月25日より 4.さいごに 気圧の変化に敏感な人も多いですが、なぜそうなるのか?があまりはっきりとわかっていないということは本当に驚きですよね。 気にしていないだけで、意外と身の回りのことで詳しく分かっていないことも多いのかもしれません。 例えば筋肉痛になるメカニズムもまだはっきりとわかっていないのも事実ですしね。 世の中は不思議や疑問で溢れています。 【筋肉痛】.

次の

梅雨の時期の気圧変化に敏感な生き物は?【お天気検定】 答え

気圧変化に敏感な生き物

犬の元気が急になくなるのはなぜ? 1. 気候の変化 犬は人間よりも体温の調節をするのが苦手なので、温度の変化によって急に元気がなくなるときがあります。 犬は人間よりも体温が高く全身がふわふわの毛で覆われているため、特に気温が高い日になるといきなり調子を崩してしまう子が多いようです。 気温や湿度が高いことで愛犬の元気がない場合は、『夏バテ』『熱中症』などによることが多いので、これからの暑い季節は要注意といえます。 また、気圧の変化によっても、体調を崩したり元気がなくなってしまったりすることがあるようです。 犬にかかわらず人間も雨などによる気圧の変化によって、『頭痛』『目まい』『だるさ』『関節が痛い』など、様々な症状に悩まされることがありますよね? 犬も同じように雨の日や台風の日といった気圧が変化しやすい日になると、元気がなくなってしまうことが少なからずある場合もあるのです。 例えば、私の愛犬は雨の日になると食欲がいつもの半分以下になってしまいます。 犬は私たちよりも気候や気圧の変化に敏感な生き物といえるので、より影響を受けやすいのかもしれませんね。 環境の変化 犬はいきなり環境が変化したときにも、元気がなくなってしまうことがあるそうです。 例えば、引っ越しや部屋の模様替え、新しく動物や家族を迎えるなど、今までの環境がガラッと変わってしまうと戸惑ったり混乱したりして元気がなくなる場合があります。 そういうときは、犬が環境の変化に慣れるまで、そっとしておいてあげるといいかもしれません。 気持ちが落ち込んでいる 犬も人間と同じように、なぜか気持ちが落ち込んでしまう日があります。 わんちゃんの言葉がわからないのでなんともいえない部分はありますが、飼い主に叱られた、散歩に連れて行ってもらえない、といった場合に犬は気分が落ちこんで元気がなくなりやすいですが、特に何の理由がなくても落ち込んでしまうという日も少なからずあるみたいですよ。 そういった場合は、しばらくするといつもどおりの元気な姿を見せてくれるようになるので、気が済むまで自分の時間をつくってあげることをおススメします。 体を痛めている 急に犬の元気がなくなってしまったときは、ケガや体を痛めている可能性も考えられます。 犬は弱っている自分の姿を周りに見せないという習性があるので、ケガをしたときにジッと痛みを我慢することが多いようです。 体を痛めているときはなるべく体に負担をかけないように、静かに丸まって寝ていたり、ケガをかばうようにゆっくり歩いたりする傾向にあります。 ちなみに、ケガや体を痛めている場合は、触ろうとすると吠えたり怒ったり、噛みつこうとすることが場合があります。 元気がない愛犬を触ろうとしたときに攻撃的な行動をすることがありましたら、ケガや体の異常、病気を疑った方がいいかもしれません。 誤飲・誤食 誤飲・誤食も犬の元気が急になくなったときに考えられる原因の1つとなります。 オモチャのかけらやクッションの綿、保冷剤や化粧品といった食べてはいけないものを、犬はふとしたときにパクっと食べてしまうことがあります。 その結果、体に異常が起こってしまい元気がなくなってしまうことがよくあります。 誤飲・誤食は詰まる場所によっては腸閉塞や呼吸困難などを起こすこともありが多く、とても危険なものとなります。 また、チョコレートやブドウ、タバコといった犬が中毒を起こすものを食べてしまった場合、食道や腸に詰まることはなかったとしても命を亡くしてしまう可能性があります。 誤飲・誤食や中毒はすぐに対処する必要がありますので、元気のない愛犬の周りを見て「何か食べたのかも」と感じた場合は、すぐに病院に連れて行くようにしてあげましょう。 病気 昨日までは元気だった愛犬がしんどそうに眠っている、そんな場合は病気の可能性も考えられます。 急におこる病気もありますが、元々発症していた持病が急に悪化したり、飼い主が気づいてあげられなかった愛犬の病気が急変したりすることで、いきなり体調が悪くなってしまうこともあります。 また、病気が理由で目に見えて愛犬の元気がなくなっている場合は、すでに病気の症状が悪化している可能性があります。 ですので、愛犬の元気が急になくなったときに原因がハッキリ分からない場合は、念のために病院に連れて行って診察してもらうことをおススメします。 まとめ 犬は様々な理由で急に元気がなくなってしまうことがあります。 元気がなくあまり動きたがらないときは、危険な状態になっている場合もありますので注意が必要となります。 特に食欲がない、オシッコやウンチを全然していない、ぐったりしているなどといった症状が出ているときは、体に異常がある可能性が高いので早めに病院に連れて行ってあげてくださいね。

次の