ビーフィーター ジン。 必見!本当に美味しい人気のジンおすすめランキング

ジン (蒸留酒)

ビーフィーター ジン

ご購入のアカウント様以外への配送の場合、配送先にお送り主の情報が記載できない場合がございますのでご自身でご配慮お願い致します。 納品後に必ず中身をご確認して商品が間違いない事をご確認ください。 ご購入のアカウント様以外への配送の場合、配送先にお送り主の情報が記載できない場合がございますのでご自身でご配慮お願い致します。 納品後に必ず中身をご確認して商品が間違いない事をご確認ください。 ラベルにも描かれているその雄々しい姿で、王冠が保管されているロンドン塔を守ります。 ふだんは黒い制服を着用していますが、祭事のときに着るのが、ラベルに描かれている、この赤い制服。 自信に満ちた魅力あるこのキャラクターは、いつも人を惹きつけ、時には高揚させてくれる存在です。 今でもロンドン塔を訪ねれば、彼らに会えるでしょう。 イタリアやセルビア、マケドニアの野生のジュニバーを使用。 ルーマニアやロシア、ブルガリア産を使用。 スパイシーな特徴思わせるやウッディー系の香りをベルギー産のボタニカル。 強い柑橘系の特徴を醸し出すビーフィータージンのキーボタニカル。 200mlのミニボトル ジントニックにぴったりな、爽やかな柑橘系の味わいが特徴のロンドン・ドライ・ジン。 ジントニックにぴったりな、爽やかな柑橘系の味わいが特徴のロンドン・ドライ・ジン。 日本の煎茶等12種のボタニカルを用い、ブランドの製法の特徴である24時間のスティーピング 浸け込み を行うことによって生まれた、フレッシュでやさしい味わいのプレミアムなロンドン・ドライ・ジン。 シトラス感とクリーンな味わいにストロベリーの芳醇な香りと甘さを加え、飲みやすさを実現した世界中で大流行のピンクジン。

次の

ビーフィーターロンドンドライジン・40度と47度の味の違いや飲み方

ビーフィーター ジン

ビーフィータージンとは? ジュニパーベリーが香るスッキリ爽やかな味わいの蒸留酒、ジン。 最近では色々な場所で気軽に飲むことができるようになり、私たちに親しみのあるお酒となりました。 近年のクラフトジンブームも相まって、 「ジンを飲んでみようかな?」と考える人も増えてきたことでしょう。 そんなジン初心者とも言える人々によくオススメされている銘柄が、 「ビーフィーター」 酒屋でも、ネット上でも「まずはじめに手にするべきジン」として推されている銘柄です。 ですが、 本当にこの銘柄は初心者向けなのか?と改めて考えてみようというのが今回のテーマです。 先に結論を言ってしまいますが、 ビーフィーターは初心者向けではなく、「ジンが好きな人のためのジン」であると私は思いました。 その理由について説明していきたいと思います。 ビーフィーターは定番のジン。 だが、初心者にはドライすぎる。 ビーフィーターは数あるジンの中でも、もっともスタンダードな銘柄だと言えます。 ウォッカで例えるならスミノフ。 ラムで言えばバカルディのような位置づけですね。 知名度の高い銘柄なので、手にする人が多いですし、初心者にもよくオススメされています。 しかしこのビーフィーター、 数あるジンの中でも特に辛口な味わいなんです。 甘みが少なめでキレがあり、ジンの特徴であるジュニパーの香りも強めに感じます。 もちろんそれが「ジンらしい味わい」ってことになるわけなんですが… 初心者がいきなり飲んで美味しいものか?と考えると、私にはどうも疑問が残ります。 ジンに慣れていない状態で口にしても、その辛口な味とアルコール感だけが鼻についてしまうのではないか?と思うわけです。 実は、私がはじめて口にしたジンもビーフィーターでした。 その時はジントニックにして飲んでみたのですが、 「美味しいことは美味しい。 でも少し癖がある味だな。 」 という感想となってしまいました。 ジンの風味に慣れた今では、飲みごたえがあっていいお酒だと思うのですが、初心者のころは正直、少しキツく感じてしまいましたね。 それならば、他に飲みやすくて華やかな風味のジンがある。 私としては、そのような飲みやすいジンを初めに飲んでみることをオススメしたいのです。 では、どのようなジンがお酒初心者向きなのか? 私が初心者にオススメしたいジンは、「柔らかな風味で飲みやすく、アルコール感が控えめなもの」 その条件に合ったジンの中で、比較的気軽に手に入るものが2つあります。 まず1つ目は 「ゴードン ドライジン」という銘柄です。 このジンはビーフィーターと同じく、 スタンダードな銘柄としてバーでよく使われています。 お値段は700ml 1000円ほどと、かなりリーズナブル。 ビーフィーターと同じ価格帯のジンになりますね。 味の方はビーフィーターと比べると、まろやかさがあります。 それでいてジュニパーがしっかりと香る重厚な風味。 飲みやすいのに、ジンらしい風味もしっかりと堪能することができます。 アルコール度数が少し控えめの37. ジントニックにするとスイスイ飲んでしまって、逆に飲みすぎちゃうなんてこともあるくらいですね 笑 もう1つのオススメは 「ヘンドリックスジン」という銘柄です。 こちらは製造に少し珍しい材料を使っています。 なんと、 キュウリとバラで香り付けがされたジンなんです。 このジンの特徴は、 とにかく爽やかな風味だということ。 口当たりはスムース、味わいはクリアー。 余韻には青草のような清々しい風味があります。 先ほどのゴードンがまろやか系なら、こちらはスッキリ系。 私が今まで飲んだ中では、一番口当たりがいいジンですね。 あまりお酒に強くない私でも、ストレートで飲めてしまうほどです。 ジントニックにした時の味も、これまた素晴らしいです。 まるで、草原で寝転んだような開放感。 喉に引っかかるような雑味や苦味は全くないので、こちらもスルスルと飲めてしまいますね。 ヘンドリックスジンについては、別記事で詳しい解説がしてあります。 このジンに興味が湧いた方は、ぜひ目を通してみてください! ちなみに私の場合は…ジンにハマったきっかけは「タンカレーテン」 お酒初心者向けのジンは、飲みやすいゴードンやヘンドリックスジンという結論を出しました。 しかし、味覚は人によって千差万別。 ジンにハマるキッカケになる銘柄がどれになるのか?というところまで突き詰めると、人それぞれで好みが変わってくると思います。 ちなみに私がジンにハマったキッカケは 「タンカレー No. 10」という銘柄でした。 この銘柄は、 ジンらしい風味がとても濃厚。 アルコール度数も47度と高めなので、ある意味先ほど勧めたジンとは真逆の特徴を持つジンだと言えます。 しかし、私はその味わいに強く惹かれてしまいました。 クリアーで爽快感のある味わい、トニックと合わさった時のキレの良さ…。 プレミアムジンと呼ばれる銘柄なので、他のジンよりも少しだけ値段が高いのですが、とても美味しいジンです。 詳しい特徴とこの銘柄の良さについては、タンカレーの紹介記事でも語ってあります。 このように人によって美味しいと感じる銘柄はまちまち。 今回は初心者に特にオススメの2本を紹介しましたが、それを機に色々なジンに手を出してみることをオススメします。 タンカレーテンのような、 "少しだけいいジン"に手を出してみるのもいいかもしれませんね。 最初にいいジンを飲めば、「ジンってこんなに美味しいお酒なのか!」とポジティブな印象を受けることでしょう。 「そのお酒を好きになりたいのなら、最初に飲むべきは安価な銘柄ではなく、少しだけ高価な銘柄がいい」 これは、 ウイスキーや日本酒の世界でもよく言われている話ですよね。 プレミアムなジンとは言っても、ウイスキーのように高価なわけではなく、1本3000円前後で買うことができます。 ウイスキーだとクラスの高い銘柄は熟成期間が長いため、どうしても高価になってしまいます。 一方、 ジンは熟成させないお酒なので、プレミアムな銘柄も安く買えるというわけなんです。 これは味わいのクオリティを考えると、かなりお得だと言えますね。 参考までに、私がオススメのプレミアムジンについて紹介しておきます。 興味が湧いた方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね! ビーフィーターでおいしいカクテルを作るコツは「温度管理」 色々なジンをおすすめしてみましたが… もちろん、 ビーフィーターが粗悪なお酒というわけでは決してありません。 雑なカクテルの作り方をするとなかなか良さが分からないかもしれませんが、 しっかりとした手順を守るとキッチリ美味しくなってくれますよ! 私なりのコツは 「ビーフィーターを冷凍する」こと。 冷凍することで、アルコール感がマイルドになります。 気になる雑味もうまく和らいでくれるのでいいですね。 ショートカクテルを作る際には、スピリッツを冷凍するのは定番の手法なのですが… ビーフィーターの場合は、 ジントニックなどのロングカクテルを作る際も冷凍がおすすめです。 ジンフィズ、ホワイトレディなどのレモン系のカクテルのベースに使うと、そのシャープさが持ち味になっていい感じですよ。 今まで常温で使っていた…という方はぜひお試しを! まとめ ・ビーフィーターは甘みが少なくドライな風味。 初心者が口にするには辛口すぎるのでは?と私は思う。 ・辛口なジンが苦手な方には、飲みやすいゴードンやヘンドリックスがオススメ。 ・とはいえ人によって味覚はさまざまなので、できることなら色々なジンを飲んでみるのがいい。 ・ビーフィーターでカクテルを作るのならば、冷凍して使うのがおすすめ。 ・プレミアムジンのような、少し高価だが美味しいジンを最初に飲むのもアリ。 ジンは味に少し癖がありますが、一度好きになると色々な味わいを楽しむことができるようになります。 ジントニックが美味しかったら次はジンフィズ、その次はギムレット、マティーニとどんどん好きなカクテルが増えていくことでしょう。 最近はジンのような蒸留酒がジワジワと流行してきていますが、やはり世間の大半はビールやチューハイ派。 ジンを飲むという人はまだまだ少数派です。 なので、 ジンが好きだ!という方が増えると、私としては仲間が増えるような感覚を覚えます。 この記事をキッカケにジンを美味しいと感じてくれる人が少しでも増えてくれたら嬉しいですね。 あなたにとって、お酒の世界が拡がるキッカケになるようなジンが見つかることを祈っています。 お好みのジンが見つかったら、色々な飲み方を試してみましょう。 私がオススメのジンベースのカクテルを紹介しますので、こちらもよろしければ見てみてください。 makersmark3565.

次の

世界一売れているジンは?売上TOP5のジン銘柄を発表!

ビーフィーター ジン

柑橘系の香りが爽やかな超定番 ビーフィータージンは安くて旨いと人気のジンで、バーに行けばどこにでも置いてあるくらいポピュラーです。 数あるジンの中でも超定番銘柄として知られるビーフィータージンは、芳醇で力強い風味が多くのファンから愛されています。 香りづけにはジュニパーベリーをはじめオレンジやレモンの皮、コリアンダーなど全部で9種類のボタニカルを使用しており、これらを蒸留前に丸1日浸漬させることで多彩な香りを生み出しています。 香りを浸透させる側であるグレーンスピリッツも高純度・高品質なものを使用しており、これによって切れ味鋭い洗練された風味と豊かな香り、味わいが実現しています。 スポンサードリンク ビーフィータージンはボトルも特徴的です。 赤いおじさまが凛々しくプリントされたボトルは一度見たら忘れないインパクトを持っています。 こちらはただのおじさまではなく、ロンドン塔を守る近衛兵のことで、立派な身分だったので国王主催のパーティのお肉の残り物を持ちかえることを許されたとか。 そこから名前がビーフ・イーター(ビーフィーター)となったようです。 ちなみにビーフィーターは、「ロンドン ドライジン」としてロンドンで蒸溜を続けている唯一のジンで、1820年の創業以来変わらぬ秘伝のレシピを守り続けています。 カクテルのベースとして非常に優秀ながらストレートでも美味しい ビーフィータージンはカクテルに使われることが多いジンで、ギムレット、ギブソン、シンガポールスリングなどで有名です。 他のジンと比べても癖が少なく、ブレンドしても風味が主張しすぎないことから、カクテルのベースとして無難に利用できるジンとして評価されています。 癖の少なさはジンをよりストレートでも飲みやすくしてくれ、冷凍庫で冷やせばとろみが出て香りがやや抑えられます。 初心者にも口にしやすいといった魅力があり、またジンそのものの味が好きという場合はこのビーフィータージンを選ぶのがおすすめです。 キンキンに冷やして飲むストレートは口当たりも香りも最高なので、ロックとどちらかで飲み方に迷った場合はぜひストレートで楽しんでみてください。 ライムやレモンで切れ味を活かして楽しむ 香りづけにオレンジやレモンの皮を使っていることから、ビーフィータージンは爽やかな柑橘系で飲みやすいのが魅力です。 そのため元々の飲みやすさを活かしてさらにレモンやライムをアクセントにプラスし、そのままの切れ味ある味わいを活かした飲むのがおすすめの飲み方です。 ジンとトニックウォーターを1:3で混ぜてライムやレモンを飾るトニックウォーター、好きな割合でジンとソーダ水を混ぜそこにライム半個を絞るジンリッキー、ジンとレモンジュースを2:1に炭酸水と砂糖を適量加えるジン・フィズなどは、自宅でも簡単に作れる割り方ですから、ぜひ試してみてください。 さっぱりとした爽やかなカクテルを簡単・手軽に味わえます。 スポンサードリンク 見事に調和してくれるので甘いカクテルもお手のもの 爽やかな柑橘の香りで癖が少なく風味が主張しすぎないことから、ビーフィータージンは甘いカクテルを楽しむ際のベースとしてもおすすめです。 ジンにオレンジジュースを適量加えるオレンジブロッサムなどは自分好みの濃さに調整して楽しめますし、トロピカルジュースとも相性抜群ですから、フルーティーなお酒が好きな人はオリジナルカクテル作りに大変重宝します。 基本的に果物であれば何でも相性が良いので、甘いカクテルを作る際に失敗することは無いでしょう。 しかしその飲みやすさからついつい飲み過ぎてしまう心配が出てくるため、ジンの割合は少し控えめにしてください。 カクテルをより美味しく作るポイント カクテルを作る際は、ビーフィータージンをキンキンに冷やしておいた方が美味しく作れます。 他のジンがそうであるようにビーフィータージンも40度というアルコール度数を誇りますから、これを冷凍庫に入れておいても凍ることはありませんし、香りもかなり強いため、少し冷えたところで風味が損なわれることもありません。 カクテルは冷えた状態だと混ざりにくいものの、撹拌すれば全く問題無いので、シェイカーを使用せずともマドラーを使えばOKです。 冷やしておくだけでおうちカクテルがバーに近いレベルまで本格的になりますから、ぜひ試してみてください。 アイスティーのように楽しむこともできる ビーフィータージンの中には香りづけに煎茶や中国茶、グレープフルーツなどを使った製品もあります。 ビーフィーター24という製品で、ジュニパーベリーの他にこれらを含む全12種類のボタニカルを使って24時間浸漬して、蒸留し作られています。 アルコール度数は普通のビーフィータージンより少し高めの45度なのですが、口当たりの良い新鮮な印象のジンに仕上がっています。 ジンのとがった感じが苦手という人はこちらを選ぶとよりまろやかに楽しめますし、カクテルなども一味違った味わいを体験できるでしょう。 香りづけに利用されていることからお茶との相性も良く、ウーロン茶や紅茶で割ってみると他には無い味を作り上げられます。 ジンでありながら喉をスッと通る飲みやすいカクテルになるので、ぜひ試してみてください。 ジンとは思えない、アイスティーのようなカクテルを作ることもできてしまいます。 スポンサードリンク.

次の