記者 山口 敬之 氏。 山口敬之の今現在!嫁や息子・伊藤詩織ハニートラップ説のデマも総まとめ

【レイプ疑惑】元TBS記者・山口氏「言い逃れ」の絶対感覚、その源流とは=三宅雪子

記者 山口 敬之 氏

菅官房長官が口利きで山口氏を支援の疑惑…(菅義偉HP) ジャーナリスト・伊藤詩織さんが、安倍首相と昵懇の元TBS記者・山口敬之氏からの性暴力で精神的苦痛を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、7月8日、東京地裁に詩織さんと山口氏が出廷し、本人尋問が行われた。 当日には傍聴しようと長蛇の列ができたほど、社会的に大きな注目を浴びるこの裁判。 山口氏は詩織さんに対して、1億3000万円の損害賠償を求める反訴を起こしており、併合して審理が行われている。 報道によれば、8日の口頭弁論のなかで、伊藤さんは「やめて、痛いと伝えてもやめてくれなかった」と証言、あらためて意思に反して性暴力被害を受けたと訴えた。 一方の山口氏側は、性行為は合意のうえだったとして「就職相談を受けていたTBSを辞めたことへの逆恨み」「売名をはかった悪質な虚妄」などと主張。 1億3000万円の損害賠償は、詩織さんの告発によってテレビ出演や会社の顧問料などがなくなった損失と、今後、名誉を回復して元の収入に戻るための時間から算出したという。 性暴力を訴えた女性に対して、逆に1億3000万円もの損害賠償を請求するということ自体、信じがたいが、そんななか、この裁判をめぐって新たにとんでもない疑惑が浮上した。 というのも、山口氏はある企業から「毎月42万円の顧問料」や「交通費その他の経費」を受け取っていたのだが、実は、その企業の会長と菅義偉官房長官は親しい関係にあり、山口氏への資金援助を依頼したのも菅官房長官ではないかというのだ。 本日の発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 「週刊新潮」によれば、山口氏に「顧問料月額42万円」等を支払っていたのは、東京都のNKBという電車の中吊りなどを扱う交通広告の広告代理店。 その会長である滝久雄氏が、長年、菅官房長官と懇意にしており、山口氏がTBSを退社した2016年の11月から、NKBの子会社と顧問契約を結んだという。 記事には、「この滝会長と菅さんが仲良しなんです。 さらに、この関係者は、山口氏は滝会長の子会社に一度も出社したことがなく、「週刊新潮」が2017年5月に準強姦疑惑の告発記事を出すと支払いを止めたことから、山口氏との顧問契約は「どうしても断れない特別な案件だったからと考えるのが自然」とも述べている。 しかし、菅官房長官の名前は、山口氏が詩織さんの事件で逮捕される直前、警察庁の上層部がストップをかけたとされる問題でも、浮上していた。 念のため振り返っておくが、この件をめぐっては、詩織さんからの相談を受けて当初、捜査を担当していた高輪署の捜査員が、逮捕状を持って成田空港で山口氏の帰国を待ち構えていた。 ところがこの逮捕直前に上層部からストップがかかった。

次の

山口敬之氏はなぜメソメソ泣いて会見しないのか

記者 山口 敬之 氏

2019年12月18日、元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたと訴えた伊藤詩織氏は民事裁判にて勝訴。 一方、敗訴した山口氏は翌19日に日本外国特派員協会で開いた記者会見にて改めて身の潔白を主張した。 この記者会見には多くの海外メディアが参加しており、「 安倍政権に近い立場である山口敬之氏だからこそ逮捕状が取り下げられたのではないか、官邸が動いたのではないか」という主旨の厳しい質問が飛び交った。 特に ニューヨークタイムズ・リッチ素子氏は、過去に伊藤詩織氏に関する記事を書いたこともあり、事件当日の出来事から生じる疑問を率直に質問していた。 そこで本記事では、これまで国会答弁を視覚化してきた「信号無視話法」の分析手法によって、この記者会見におけるニューヨークタイムズ・リッチ素子氏と山口氏の約17分間に及んだ全ての質疑を視覚化する。 具体的には、信号機のように3色( 青はOK、 黄は注意、 赤はダメ)で直感的に視覚化する。 リッチ素子氏の質問に対する山口敬之氏の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。 ニューヨークタイムズ・リッチ素子氏:「昨日の判示の判決を読むと、まず性的行為が行われた。 そのとき、伊藤さんが酔っぱらって寝ていた。 意識がなかったので同意を得られたはずがない。 山口さんご自身が先ほどおっしゃったように、駅まで5分すら歩けない彼女と性的行為を行っていた時、山口さんは何を考えていましたか? また、求職中の伊藤さんに対して山口さんは立場が強く、もともとパワハラが発生しやすい状況だった。 仕事が欲しい伊藤さんが意識がなく酔っぱらっている状況で、ホテルで性的行為を行うことはパワハラにつながると考えませんでしたか?」 この質問に対する回答。 山口敬之氏:「えっと、 モトコ・リッチさん、ご無沙汰しています。 彼女のタイトル、違いました。 えーと、 彼女のインタビューにお答えしたんですが、えー、 かなり、えー、 偏向した記事が出たことについて、非常に残念に思ってます。 ( 赤信号)」 山口氏は 質問者が過去に書いた記事が偏向しているという、質問と全く関係ない抗議を述べているだけであり、 赤信号と判定した。 また、その場で指摘されている通り、リッチ素子氏が書いた記事のタイトルを間違えて述べている。 リッチ素子氏がニューヨークタイムズに掲載した記事は「」。 山口氏が述べた「」はBBCが放送した番組のタイトル。

次の

女の売名じゃないのか?ww検察審査会が動き出す「山口敬之」の準強姦 暴行直後に「君のことを好きに…」

記者 山口 敬之 氏

簡歷 [ ] 出身。 ( 日语 : )畢業 後,1990年加入 ,分配至報道部。 先後任職攝影記者 ,支局 ,臨時支局 ,社会部 ,政治部 , ( 日语 : ) ,2013年成為華盛頓支局長。 2015年4月23日,被解除華盛頓支局長職務,由報道局調動至營業局。 2016年5月30日,退出TBS電視台,成為新聞從業員兼美國智庫「 ( 英语 : )」客座研究員。 2016年1月15日,就任「日本奇異點党」( 日本シンギュラリティ党)代表。 同年3月,設立 ( 日语 : )「日本奇異點財團」( 日本シンギュラリティ財団),就任代表理事( ( 日语 : )任共同代表)。 同時擔任開發公司 ( 日语 : )。 2016年11月至2017年5月,曾擔任廣告代理商 ( 日语 : )子公司顧問。 活動 [ ] 時事評論 [ ] 任職於TBS時,於該電視台的報道節目及資訊節目等出演。 退出TBS後,於朝日電視台、富士電視台等的電視及電台節目等出演。 (詳見) 有關韓国軍慰安婦 [ ] 2015年,時任華盛頓支局長的山口曾就問題在《》(2015年4月2日号)上刊文,指美國國家檔案和記錄管理局(NARA)的官方檔案顯示,時期,(現胡志明市)市內開設過名為「土耳其浴室」( トルコ風呂)的韓國軍人專用慰安所,令女性在內賣淫,證明是真實存在。 該文入選第47回 ( 日语 : )候選。 《 ( 日语 : )》在2017年10月26日号上質疑該文捏造事實 ,並在同年10月31日号及11月9日号上刊登查證文章。 爭議及訴訟 [ ] 伊藤詩織:「準強姦」事件嫌疑 [ ] 關於人物的记载 當事人沒有公開的個人資料(真實姓名、生年月日、戶籍)、沒有顯著活動的親屬(親戚、兄弟姊妹、配偶、子女)、沒有來源或是來源不可靠因此造成爭論的记载,尤其是對於在世人物名譽進行毀謗或侮辱的记载一旦發現需要 盡快刪除,並且在進行討論達成共識。 詳細請參考跟。 事件概要 2015年4月3日,短暫回國中的時任部兼支局長山口與在内一起吃飯。 伊藤指控山口藉助迷姦藥等,於同日深夜至4日早上在酒店對她犯下 ( 日语 : )罪。 《》報道事件時,懷疑與首相關係密切的山口可能在調查中獲特別待遇,又指出警視廳刑事部長 對週刊新潮承認曾於警員準備拘捕山口時下令中止逮捕。 山口此後於2016年及2017年二度獲 ,伊藤隨後入稟法院民事索償。 2019年12月,法庭裁定伊藤勝訴,判詞中認定山口在未獲對方下與酒後失去意識的伊藤發生了性關係。 主条目: 事件背景 2013年9月,山口期間,在結識在鋼琴酒吧工作的伊藤。 據山口主張,伊藤曾對時任華盛頓支局長的山口說「想從事新聞業工作」,之後向山口發過數回,表示想成為TBS支局生,請求安排面談。 經山口推介,獲得當時並未有招聘的紐約支局實習機會。 2014年9月,山口收到伊藤的郵件,裏面寫道「我正在,想請你推介一下華盛頓支局製作人的職位」,促成兩人於2015年4月3日星期五在見面。 開始調查及逮捕中止 2015年4月9日,伊藤前往 ( 日语 : )報案 ;同月30日, ( 日语 : )以準強姦嫌疑受理 ( 日语 : ),開始 ( 日语 : )。 同年6月,警方取得。 6月8日,高輪署警員到達,準備趁山口回國時以準強姦罪嫌疑拘捕他 ,最後時刻收到時任警視廳刑事部長發出中止指示,未有拘捕山口。 第一次不起訴處分 經1年4個月調查後,2016年7月22日, ( 日语 : )認為嫌疑不充分,作出。 事件獲傳媒報道及記者會 2017年5月18日及25日,《 ( 日语 : )》連續2周基於伊藤的証言報道事件。 2017年5月29日,伊藤向 ( 日语 : )提出不服審查請求,並以「詩織」的名義公開召開,期間沒有佩戴口罩等隱藏身份。 山口隨即在自己的上反駁道「沒有做過任何觸犯法例之事」。 第二次不起訴處分 2017年9月21日(22日公布),由組成的東京第六 ( 日语 : )認為「經慎重審查,沒有足夠事由可推翻作出的不起訴處分裁定」,決議不起訴相当。 手記攻防 2017年10月18日,伊藤就2015年準強姦嫌疑事件書寫的手記《》出版;24日,在 ( 日语 : )召開記者會。 山口隨後在2017年10月26日發售的《 ( 日语 : )》上發表手記《致起訴我的伊藤詩織女士》,反駁伊藤的手記。 2017年10月28日,出演同雜誌 ( 日语 : )的,再次反駁伊藤的主張。 雙方各自在手記中的部分主張 內容 伊藤《》 山口《致起訴我的伊藤詩織女士》 是否有 無 有 被下藥,症狀與下藥後相同 從座位構造及當時狀況來看,下藥是不可能的,店長亦有作證。 電腦交給警察後沒有發現買藥記錄 進入酒店前後 已表明想回家,但當時醉酒,意識不清情況下被抬入酒店 根據閉路電視,她是自己走入酒店房間的 手提電腦偷拍 有被偷拍 沒有偷拍功能,電腦交給警察後沒有發現偷拍影片 房間中有無意識 無 她一直都有 民事訴訟 2017年9月28日,伊藤以因非自願遭受精神傷害為由,對山口提起,要求1100万日元。 山口方面則全盤否定伊藤的主張。 2017年12月5日,法院開庭審理民事訴訟。 2019年2月,山口提出反訴,認為自己「因伊藤在記者會上的發言失去社会信用」,要求伊藤支付慰謝金1億3000万日元及刊登道歉廣告。 同時審理山口及伊藤双方提出的訴訟後 ,裁判長鈴木昭洋於12月18日頒下判詞,認定山口曾對伊藤施以,並認可伊藤方面請求,下令山口一方須支付330万日元予伊藤,同時駁回山口的反訴。 山口對結果表示無法接受,重申自己並未做過違法之事,指法庭無視他的主張,準備向高等裁判所提出上訴。 小林善紀:因「準強姦」事件起訴 [ ] 2019年1月24日,山口就上述「準強姦」事件 對漫画家等提起民事訴訟。 山口認為小林在雜誌《SAPIO》2017年8月号連載的漫画《 ( 日语 : )》「散布完全不符事實的虛假資訊,未給出根據即認定山口為罪犯,反復進行人身攻擊,屬毀謗及侵犯人權」。 著作 [ ] 以下兩本著作均描述:• 2016-6-9: 237. 2017-1-27: 203. ( 日语 : )()• ( 日语 : )()• ( 日语 : )(朝日電視台)• (朝日電視台) - 2016年11月20日、27日• ( 日语 : )(、)• ( 日语 : )( ( 日语 : )) - 2016年8月2日、11月22日• ( 日语 : )( ( 日语 : )) - 2016年10月18日、2017年1月31日• ( 日语 : )(互聯網電視 ( 日语 : )) TBS電視台時代• ( 日语 : )• ( 日语 : )• ( 日语 : )• 電台 [ ]• ( 日语 : )() - 2016年7月12日、8月3日、9月14日、10月20日、10月26日、2017年1月25日 TBS電視台時代• ( 日语 : )() - 2014年11月4日 脚注 [ ] 注釋 [ ]• [ 2017-12-18]. ZAKZAK ( 日语 : ). 2017-04-19 [ 2018-03-25]. news. rthk. www. cna. com. ZAKZAK ( 日语 : ). 2015-04-26 [ 2018-02-08]. 山口敬之, , Facebook, 2016年6月9日最終確認。 www. eastwestcenter. org. [ 2019-12-20]. PDF. 東京都選挙管理委員会. [ 2017-12-18]. ( PDF 存档于2018-04-17). 2017-12-11 [ 2017-12-18]. デイリー新潮 週刊新潮 2019年7月18日号. [ 2019-12-20] (日语). 2015年3月29日• 2017年4月30日• ( 日语 : ). 2017-10-26 [ 2017-12-18]. ( 日语 : ). 2017-05-25 [ 2018-02-15]. New York Times 2017年12月29日• 2017-06-03 [ 2018-01-08]. ハーバー・ビジネス・オンライン. 2017-12-07 (日语). 『週刊新潮』2017年5月18日菖蒲月増大号• J-CASTニュース 2017年5月30日• デイリー新潮 2017年5月18日(『週刊新潮』2017年5月18日菖蒲月増大号掲載)• 2017-06-03 [ 2018-02-09]. 2017-10-25 [ 2018-02-05]. (存档于2018-02-09). 産経ニュース 2017. 朝日新聞 2017年10月24日• 『ニコニコチャンネル』. 2017-10-31 [ 2018-01-08]. Seya, Kensuke. BuzzFeed. [ 2019-10-20] (日语). 時事通信2019年12月18日• ハフポスト. 2019-12-18 (日语). 弁護士ドットコム (日语). 月刊Hanada 2019年4月号. 飛鳥新社. 2019年2月29日: 32—39. 外部連結 [ ]•

次の