トヨタ kinto cm。 【動画】菅田将暉、二階堂ふみ、矢本悠馬出演の「KINTO」新TV CMのフルバージョンを動画で公開 クルマのサブスクってなに?

CM批評

トヨタ kinto cm

その差は5万や10万ではないですからね。 場合によってはなんと 50〜60万円の差額が生じます! 私は最初「そんな怪しい話信じられないよ」と思っていたのですが、調べてみたらその理由は簡単だったんです。 ディーラーは 【車を売ることを仕事にしている】そして買取業者は 【車を買い取ることを仕事にしている】という違いがあるからなんですね。 つまり、ディーラーは車を売ることに特化したネットワークを持っているだけで、 買取業者は高値で買い取っても利益の出せるネットワークを持っているということなんです。 無料査定はスマホで1分もかからず出来てしまいます。 無料だから怪しいなんてこともありません。 今の時代、お金を取って査定する業者は生き残れませんからね。 よければ今回は、KINTOについて 詳しく説明しますね。 最近CMでよく 「KINTO」って聞く方も多いのではないでしょうか。 CMのキーワードって知らないうちに覚えてたりしますが、何のことなのか全くわからないという方が多いはずです。 そんな時にすらすらと説明できたらかっこいいですねよ。 そこで今回は、 「トヨタのKINTO」について詳しく説明をします。 「KINTO」の仕組みからメリット・デメリットまで深掘りして調べて見たのできっと参考にして頂けるはずです。 そして、最後まで読めば 車の購入を検討している方、すでに車を所有している方でも、きっと「KINTO」の良いところがわかって選択の幅が広がります!! Sponsored Link トヨタのKINTOの仕組み? 「KINTO」が定額で車を利用できるサブスクリプションサービスであることはわかったと思いますが、具体的にどんな仕組みなのか気になりませんか? 月額料金を払えば車を使えるといっても乗りたい車種に乗れるのか、本当に月額料金以外については必要ないのか疑問に思っていることも多いはずです。 実際に車を持つとなると 車体代、任意保険料、自動車税、車検代などのメンテナンス費用が必要になります。 車体代だけでも新車の場合「200万円」は少なくともかかり、そこに車検代や保険代などが加わるとかなりの金額が必要になってしまいますねよ。 かなりの費用が必要になる車の購入、維持がネックで車の購入を躊躇してしまう人も多いはずです。 しかし、 「 KINTO」を使えば3年間決まった月額料金で新車を使用することが可能になります。 トヨタのKINTOの具体的なサービスは? 「KINTO」の仕組みがわかったら次、はどんなサービスがあるか疑問になりませんか? 実際に 「KINTO」を使用しようにも詳しいサービスの内容がわからないと不安になってしまうと思います。 実際の 契約までの流れだあったり、 車の車種や 保険内容について知りたいことがたくさんありますよね。 各項目ごとに詳しく見ていきましょう!! 契約までの流れ 「KINTO」が良いサービスであることがわかったけれど実際に契約を行う時の流れって気になりますね。 実は 「KINTO」の契約はすごく簡単です。 車種を決めたらWebで申し込んで必要な書類を出したらあとは納車まではすることがありません。 従来であれば、車を選ぶためにディーラー店などの販売店を回って申し込んでからローンを組むのか一括で払うのは検討をして保険の申し込みをして書類を提出して頭金を払ってやっと納車になるのに比べると かなり簡単ではないですか? あまりに簡単すぎて開いた口が塞がらないとはこのことをいいますね!! 引用元: 並べて見てみると更に簡単であることが際立ちますね。 「KINTO」で選べる車種は? 引用元: 契約が簡単なことはわかったけども 自分の乗りたい車があるのかどうかも気になりますね。 トヨタのKINTOのカーラインナップ• プリウス• アクア• カローラスポーツ• クラウン• シエンタ• ヴォクシー• エスクァイア• RAIZE• ハリアー• RAV4• ランドクルーザープラド• C-HR トヨタの 人気車種が13種類もあるとむしろ決めきらなくて選べないと思ったのは私だけでしょうか。 セダン・ミニバン・SUV・ハッチバックと一通りのボディタイプがあるので好みに合わせて車を選ぶことが可能です。 また、 通勤目的、レジャー目的などの目的にあった選択できるラインナップになっているのがわかりますね。 そして、13車種を選んだ上でそれぞれのグレードも選択できるので好みの選択をすることも可能です。 雪道を走るので4WDが必要という方も選ぶ車種がないということはないので安心するのでないでしょうか。 任意保険の保証内容は? 引用元: 契約までの方法、車種がわかったけども、もしもの時の任意保険はどうなっているのか不安じゃないですか? 「そんなに補償内容がよくないはず……」、「今までの事故歴とかによって保険の内容も変わってしまうのでは?」などと思う方が多いはずです。 その心配は必要ありません!! 「KINTO」の任意保険の内容はかなりしっかりしています。 KINTOの保険内容 相手方のケガまたは、死亡への補償・・・無制限 相手方の車または、モノへの補償・・・無制限 自身へのケガまたは、死亡への補償・・・5000万円まで 自身の車への補償・・・自己負担最大5万円 *全損の場合は、免責金額なしで補償 かなりの補償の内容ですが、これに加えて 示談交渉・ ロードサービスまで付帯します。 補償内容はかなりしっかりしており、 今までの等級に関係なく月額定額料金に含まれるので、初めて車を持つ場合でも保険料が高くなる心配も事故をしたことで保険料金が上がる心配もありません。 一番気になる月額料金は? 「任意保険の内容もしっかりしているけど、月額料金はいくらなの?」と思ってませんか? 一番気になるところですねよ!! 正直車種によって月額料金は変わってしまいますが、 「月額:39,820円」から利用することができます。 そこに オプションを追加することで 金額が加算される仕組みです。 0L 2WD 5人 月額料金: 39,820円 スタンダードパッケージ(ナビ、ETC、フロアマット) 月額料金:2,750円 T-Connectナビ 7インチ 月額料金:0円 フロアマット(ベーシックパック)月額料金:0円 ETC2. 0ユニット ビルトイン ボイスタイプ 月額料金:0円 冬用タイヤ(追加オプション) 月額料金:6600円 合計:49,170円 3年間で月額49,170円で利用できて、税金などの費用と任意保険料金が含まれているとなると安く感じませんか? 更に、 ボーナ ス月の増額支払いを使用すれば、「月額料金を最大20,000円程度」にすることも可能 です。 月額料金については、「KINTO公式サイト」で簡単にシミュレーションができるので気になる車種がある場合は一度試してみるといいかもしれません!! KINTOのデメリット• 契約期間内での解約は違約金が発生する• 返却時には元の状態にする必要がある• 走行距離に制限がある• 契約には、審査がある 月額料金で使用するだけあってお金に関するデメリットが多いと感じたのではないでしょうか。 それでは次にデメリットの項目について詳しく見ていきましょう。 契約期間内での解約は違約金が発生する 「KINTO」は3年契約のサブスクですが、6ヶ月ごとに自動更新の扱いで最長3年利用できる契約になります。 運営会社としてはもちろん 3年間の契約を全うしてもらうことを前提にしたサービスなので 途中で解約をされてしまうと 損をしてしまいますよね。 その場合には、 違約金が発生してしまうのは仕方ないのではないでしょうか。 スマートフォンなどの携帯電話でも2年縛りなどで期間外にキャリアを変えると違約金が発生してしまうのと同じイメージをしてもらえればいいです。 「KINTO」の中途解除の場合の違約金は規約にて細く決められています。 返却時には元の状態にする必要がある 契約終了後や中途解除で返却する場合は、 元の状態にする必要があります。 元の状態も納車時と同じように原状回復までしなければいけません。 もし、 できないようであればこれも追加で修繕費用などを請求されてしまうことがあるので注意が必要です。 アポートを借りて引っ越す時に求めらるように経年劣化の部分は仕方ないですが、それ以外は納車時と同じまで戻すことが必要になります。 走行距離に制限がある 走行距離に制限があるのは私は以外でびっくりしました。 「KINTO」は 1ヶ月での走行距離が 1500km、3年間で 54,000kmと決められています。 これは、 毎月制限内でないといけないわけではなく、利用期間内の合計走行距離で計算することになります。 なお、超過分については、 「1kmあたり10円」の追加料金が発生します。 「KINTO」が向いている人• 転勤によって車が必要になった人• 初めて車の購入を検討している人• 数年後に免許の返納を考えている人 車が必要なかった地域から転勤になり、急に車が必要になるという方には本当に向いています。 首都圏などの都会に住んでいたら車は週末に乗る程度という方も多いはずです。 しかし、地方の方では車がないと通勤もできない地域も以外と多いので 「 KINTO」を利用することで維持費も管理が簡単で便利ですね。 これから車を持ちたいと考えている方にも 任意保険の面でかなり優遇が受けれるのでオススメすることができます。 初期費用が購入よりも抑えることができるので手軽に車のオーナーになれるのは魅力的なはずです。 免許の返納を数年後にする予定ことを検討している方にも向いています。 車が古くなったけど免許の返納まであと3年となった場合には使い安いはずです。 加えて、高齢ドライバーになると任意保険の料金も値上がりをしてしまうのでメリットを受けれますね。 愛車購入時50万円以上もお得になる! 値引き交渉やその他のテクニックで、場合によっては 数十万円もお得に購入する方法があるんです! ここまで聞いて「いやいや、安く買おうなんてケチくさいこと思っていませんよ」なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 それは素晴らしい心の持ち主です。 でも「テクニックを使った場合」と「テクニックを使わなかった場合」で 50万円以上の差が出たとしたらどうですか? そのお金を使って家族みんなで一生の思い出を残す旅行にお出掛けしたり、自分の趣味に使うことだって出来てしまいます。 それを自らの判断でスルーしてしまうなんて、とても勿体ないことだと思いますよね。 今少しでも「ちょっと勿体ないかもしれない……」と思ったのであれば、それはあなたの素直な気持ちでしょう。 つまり、多くの方は「高い車やカッコイイ車に乗りたいけど、出来ることなら安く購入したい」と思っているんです。 私だってそうですよ! 正確には「そうだった」が正しいですね。 私は払わなくて済んだお金を使い、家族水入らずで楽しい旅行に行って来たというわけです。 そしてこの方法は 「知っているか知らないか」「やるかやらないか」の差でしかありません。 たったそれだけ。 本当に、たったそれだけのことなんですよ。 購入までの流れや値引き交渉術について、私の経験を元に詳しくご紹介しています。 誰だって損をせずに なるべく安い値段で新車を手に入れたいですからね。 様々な保険を比較検討した記事がありますので リスクの少ない人生を送りたいという方はをご覧下さい。 そして、車を手にしたらどうしても心配になってしまうのが事故ですよね。 せっかくのマイカーを事故で台無しにしてしまっただけではなく、相手に大怪我を負わせてしまった時に、もしも保険に入っていないとしたら 莫大な借金を負ってしまうことになります。 相手のご家族への対応もしなけらばなりませんし、自分の家族にだって辛い想いはさせたくないですよね。 更に、保険は地震などの天災に対応しているものもありますが、そうでないものもあるんです。 知っているか知らないかは大きく差が出てきますよ。

次の

トヨタのKINTO(キント)って何?仕組みやサービス内容を徹底調査!

トヨタ kinto cm

KINTOの価格 高いと言われるトヨタのKINTOの価格はこちら。 新車3年契約のKINTO ONEは月々4万円から。 プラン名 月額 車種 契約期間 KINTO ONE (新車) 4万円 4. 6万円 8万円 アクア プリウス アルファード 3年 KINTO Select (新車) 20万円 レクサス 6ヶ月 中古車プラン 2020年1月以降 1~2万円 KINTOの契約満了車、SUV人気車種(予定) 3年 契約台数の伸び悩みから、2020年の1月から中古車プランも始める予定で、月額は1万円~2万円を見込んでいるそう。 月1万円~2万円の中古車プランなら学生さんにも手が届きそうです。 IT MediaによるKINTO新プランのより 2020年1月下旬からのKINTOの新プランについてのIT Mediaの記事によると、KINTOの中古車プランには相乗りや会員同士でのカーシェアプランなど4つのプランが追加される様子。 今よりもより気軽に利用しやすくなる見込みです。 購入車の費用と比較 全ての費用がコミコミ!というのが売りのKINTO。 定額料金に含まれる費用、含まれない費用をチェックしましょう。 トヨタのアクアを購入した場合とも比較してみます。 5万円 10. 3万円 月の支払い額 6万円 9万円+金利 年間支払額 72万円 110万円+金利 3年契約のKINTO ONEの月額費用に含まれるのは、本体のサブスクリプション費用(頭金不要)、強制・任意の保険料、定期点検・整備費用、自動車税です。 契約期間が3年で車検までに返却するので車検は不要。 KINTOの宣伝している通り、「コミコミ」なんですね! かかるのは月額費用と駐車場代、ガソリン代で、トヨタのコンパクトカー「アクア」の場合で月々6万円程度(具体的な維持費用は中古車販売のネクステージのを参考にしました)。 トヨタのアクアの価格が197万円で、3年で完済する場合の月の支払額が9万円+金利。 購入車に比べて1ヶ月の支払額が3万円も安くなることになります。 カーリース・カーシェアと比較 サブスクリプションと呼ばれる定額制の価格を採用しているトヨタのKINTOですが、「カーシェア (車の共有) やカーリース (車のレンタル) とどっちがお得なの?」と疑問になると思います。 カーシェアのカレコ、カーリースのクルカ(何か全部似たような名前ですね笑)とKINTOの費用を比較してみました。 6万円+ 任意保険料 4. 7万円+ 任意保険料 0. 7 万円 カーシェアは、登録して月額料金を払って、自分の好きな時に車を借りて、時間・料金に応じて課金されるシステム。 6万円。 任意保険は別で1予約330円。 使ったら指定のパーキングに返却するので駐車場代がかからず、給油もタダです。 乗車がなければ月980円しかかからないので、とてもお手軽。 カーリースのクルカでも、任意保険料が価格に含まれないところがKINTOとの違いです。 クルカのウェブサイトからは任意保険がいくらのかわかりませんでしたが、アクアの場合の月あたりの定額料金は2. 7万円で、4万円のKINTOより少し安いです。 (表では任意保険の全国平均価格を記載しています) KINTOの金額は、購入車より安く、カーリースやカーシェアより高い、と言えますが、月額1~2万円の中古車プランが始まれば、カーリースと同じくらいの価格になる可能性があります。 KINTOのメリット さて、購入車に比べて安く、カーリースやカーシェアに比べると割高なKINTO。 高い・安いの背後には理由があると思います。 トヨタのKINTOを使うメリットやデメリットは何でしょうか? 購入車と比べたKINTOのメリット KINTOのメリットはほぼカーシェアやカーリースにも当てはまるので、ここでは購入車に比べた非購入車の価格以外のメリット、ということになります。 大きく分けてメリットは2つ。 頭金が不要なのと、数多くの手間が不要になることです。 購入車 KINTO 支払い方法 頭金 あり なし 手間 支払い先の数 複数 1箇所 店舗に出向いての契約 要 不要 (レクサスは要) 税金の支払い 要 不要 車検 要 不要 車検前に乗換え 保険の選択・契約・更新 要 不要 時は金なり。 手続きや訪問などにかかる時間や労力は、あなたの財産とも言えるでしょう。 車を購入する場合は、複数の場所に支払いをしたり、店舗に出向いて手続きをする必要があります。 税金の支払い、車検、保険を選んだり契約したり更新する手続きに、休日のどのくらいの時間が費やされるか?を考えると、それがそのまま自動車のコストに加算できるわけです。 トヨタのKINTOをはじめとした「車を所有しない」サービスは、そうした手間や労力といった煩わしさから開放され、身も心も軽く移動をすることに価値があります。 KINTOの名前は孫悟空の「金斗雲」から名付けられたこともあって、軽いということが新しい価値なんですね。 (月額を「均等に払う」のKINTOかと思いましたが(笑)) カーリースやカーシェアに比べたメリット KINTOを検討している人にとって一番わかりにくいのが、車をレンタルするカーリースや共有するカーシェアに比べたメリットだと思います。 この微妙な違いをチェックしてみましょう。 途中解約の違約金免除( 免許返納・交通事故・海外転勤 ) カーリースのクルカやトヨタのサブスクリプションのKINTOでは1年から3年の契約の途中解約ができず、想定外の理由で解約せざるを得なくなった場合に解約金が発生します。 カーリースには違約金の免除制度がないのに比べ、本人がなくなったり、運転ができなくなって免許返納をしたり、交通事故にあったり、海外転勤になったときには違約金が免除されます。 数年間というスパンの中で何が起こるかわからない中、違約金は非購入車の大きなネックでもあります。 KINTOは、運転がいつできなくなるかわからないけれど車の必要な高齢者や、海外転勤になる可能性のある方などにとって安心して使えるサービスであるのがメリットと言えるでしょう。 任意保険が含まれる 諸費用コミコミ!で分かりづらいのが保険費用。 カーリースなどにも保険は含まれるのでは?と思いますが、実はカーシェア・カーリースの費用に任意保険は含まれません。 オプションでつけることになるので、コストはその分上乗せされることになります。 KINTOは任意保険も月額料に含まれるのがメリット。 本当に費用が「コミコミ」なのです。 保険等級の引き継ぎ 任意保険には、無事故無違反などの運転歴の評価によって割引率を決める等級というものがあります。 KINTOの任意保険は、定額料に含まれているにもかかわらず、KINTO契約終了後に車を購入した場合に次に入る任意保険に対して等級を引き継ぐことができるのがメリット。 ボーナス払いがない 定額制を利用していない一般的なカーリースでは、ボーナス払いなどが発生し、月によって支払う金額が変わりますが、KINTOでは月による支払い額の変動がないのでとても出費が完全に安定しているのがメリットです。 希望のナンバープレートを使用できる カーリースやカーシェアでは「わ」ナンバーを使用していたり、ナンバープレートを選ぶことができません。 それにくらべて、トヨタのKINTOでは図柄ナンバー・抽選ナンバー・字光式ナンバー以外の自分の好きなナンバープレートを2つまで希望を出すことができるのがメリットです。 所有感が高い もちろん購入車に比べると、禁止事項などがあるデメリットはカーシェアやカーリースと変わらず、車を自分で所有することができません。 ですが、ナンバープレートを選べることから、カーシェアやカーリースと比べて所有感が高いと言えると思います。 KINTOのデメリット 購入車に比べたKINTOのデメリット さて、それではトヨタのKINTOのデメリットは?購入車に比べたデメリットから見てみましょう。 審査と契約のしばり 購入車に比べたトヨタのKINTOのデメリットの1つは審査と契約のしばり。 購入車 サブスクリプション KINTO 審査 あり あり 学生は車種や契約者が 限定される可能性がある 契約期間 なし 3年 契約延長 購入 ー 不可 途中解約 ー 不可 違約金が発生 (運転不能・海外転勤を除く)• 購入の場合と変わらない審査 購入しないから審査がなかったり簡単だったりするかと思いきや、WEB上で審査がキッチリ行われます。 学生さんは車種が限られたり、親を契約者にする必要がある場合も。 契約のしばり KINTOの契約期間は3年。 特定の条件に当てはまる場合を除いて、これより短くすると途中解約として違約金が発生し、契約を延長することも契約終了後に車を購入することもできません。 禁止・制限事項 トヨタのKINTOは購入車に比べて、後々車を返却しなければいけないので、車の扱いに制限や禁止事項があります。 4万キロ(3年) 0. 15万キロ 1ヶ月• 喫煙・ペットと乗車・車のカスタマイズができない カーリースやカーシェアにもあてはまりますが、トヨタのKINTOの契約車ではタバコを吸ったり、ペットを乗せたり、車両改造をすることは禁止されています。 もし修理やクリーニングが必要になった場合は、費用が発生。 ペットを飼っている人と喫煙者は初めから対象外、ということになってしまいますね。 走行距離が限られている KINTOの走行距離は3年間で5. 4万キロ、1年で1. 8万キロ、1ヶ月で1,500キロ。 毎日片道25キロ以内の運転をするとちょうど制限内におさまる程度です。 近距離の通勤・送り迎え+週末に近場に遊びにいく程度。 通勤などで毎日使わない人は休日に少し遠出ができるかな、という感じです。 平日も休日も車をガンガン使いたい!という人には不向きですね。 カーシェア・カーリースに比べたデメリット それではトヨタのKINTOのカーシェアやカーリースに比べたデメリットは? 審査がしっかりある 購入車と同じく、審査がしっかりあるので、審査に通らない可能性があるのがデメリット。 サブスクリプション KINTO カーシェア (カレコ) カーリース (クルカ) 審査 あり なし 取得後1年以上の 免許証と クレジットカードのみ あり カーリースにも同じ様に審査がありますが、カレコなどのカーシェアでは免許証とクレジットカードだけで車に乗ることができます。 契約期間が長く解約ができない! 他の非購入サービスに比べたトヨタのKINTOの大きなデメリットは、契約期間が長いこと。 キッチリ3年の契約期間 3年未満も以上も選べない縛りは不自由な感じがします。 カーリースのクルカでは、最短1年から3年、カーシェアのカレコでは最短10分から3ヶ月まで、契約期間がKINTOよりも短く、選択肢が多いです。 契約は延長できない KINTOやカーリースのクルカは契約の延長ができず、契約終了後は車両を返却しなければなりません。 カーシェアのカレコでは途中で契約を延長することができます。 途中解約ができない KINTOもカーリースのクルカも途中解約ができず、解約金が発生します。 カーシェアのカレコは会員制で、Webやアプリから退会手続きができ、退会後1年は再入会できませんが、違約金などがないので予想外の費用がかかりません。 車種が少なく走行距離が不自由?• 車種が比較的少ない トヨタのKINTOで選択できる車種は他のサービスに比べて限られているのがデメリット。 車種の豊富さの比較をすると、 (少ない)KINTO<クルカ(カーリース)<カーシェア(カレコ)(多い) という順序に。 車種の豊富さでいうと、KINTOが一番少ないと言えます。 同じサブスクリプションサービスでも、ガリバーの定額サービスNOREL(ノレル)だと、新車のBMWやミニが乗れるプランもあり、車種が豊富です。 走行距離が選べない KINTOに設定されている走行距離は3年間で5. 4万キロ。 カーリースのクルカでは、車種によって変わるので、走行距離が長めの車種を選択することができますが、KINTOは一律、月1500キロ。 禁止制限 事項 サブスクリプション KINTO カーシェア (カレコ) カーリース (クルカ) 車種 車種が豊富 選べる 走行距離 走行距離の制限 5. 価格・メリット・デメリットの結論 それでは、トヨタのKINTOが高いのか?メリット・デメリットと費用を比較した結論です!• 価格は高いとは言い切れない• 維持費を含めた全体の新車のコストは購入車より月3万円程割安(アクア)• 中古車版が始まればさらにカーリースよりもコストが安くなる可能性も• KINTOの価格以外のメリット• 購入車比のメリット• 頭金不要、手続きの手間や労力を預けることができて身も心も軽くなる• カーリース・シェア比のメリット• 途中解約の違約金免除で先の不安を払拭。 高齢者や海外転勤者が利用しやすい• 任意保険まで全て込みで毎月均等のコスト• ナンバープレートが選べ 所有感が高い• KINTOの価格以外のデメリット• 購入車比のデメリット• 契約期間の縛りや走行距離の制限による不自由さ• 喫煙ペット等の禁止事項で該当する人には不向き• カーリース・シェア比のデメリット• 審査があって通らない場合がある• 契約期間が長く延長・解約ができない• 車種が少ない• 走行距離が選べない 中古車版が出てくると、低価格をはじめとしたカーリースやカーシェアのメリットもプラスして行くことになるので、これからどんなふうに展開していくか、楽しみですね。 KINTOについて調べていて感じたのは、車の利用の仕方の多様化。 リモートワークやデュアルライフ、世代間の価値観の違いなどから人々のライフスタイルが多様化している中、車を利用する方法というのも、今後多様化して一律でなくなっていくのが必然に思えます。 これまで車をライフスタイルの一部として使ってきた人にとっては、KINTOをはじめとした非購入車のサービスが使いやすいとは言えないと思いますが、これまで車を使ってこなかった若い世代や、選択肢が少なかったために購入をしてきたという人たちにとっては、必要なサービスになっていくでしょう。 特にこれからの若い世代は、価格だけではなく、時間や自由や軽さを買うという、 「モノを所有せざることの価値」を理解して、新たなサービスの利用者になっていくと思います。 ロンドンに住むイギリス人の友人(30代 も、新車のベンツに乗っていて、「いい車だね~!いくらしたの?」と聞くと、「これはサブスクリプションで、メンテナンスも全部やってくれるから楽だよ~。 今どき車買う必要なんかないよ!」と言っていました。 私は、クルカのカーシェアの手軽さに驚いて、ぜひ使ってみたいなあと思いました。 人の必要は人それぞれ。 多様化するサービスの中から、自分にぴったりのプランを選んでいくのがこれからのカーライフになりそうです。

次の

トヨタ「KINTO」CM女優の娘・杏奈役は誰?松田翔太の嫁&佐藤浩市の娘という重役を担うのは…

トヨタ kinto cm

その差は5万や10万ではないですからね。 場合によってはなんと 50〜60万円の差額が生じます! 私は最初「そんな怪しい話信じられないよ」と思っていたのですが、調べてみたらその理由は簡単だったんです。 ディーラーは 【車を売ることを仕事にしている】そして買取業者は 【車を買い取ることを仕事にしている】という違いがあるからなんですね。 つまり、ディーラーは車を売ることに特化したネットワークを持っているだけで、 買取業者は高値で買い取っても利益の出せるネットワークを持っているということなんです。 無料査定はスマホで1分もかからず出来てしまいます。 無料だから怪しいなんてこともありません。 今の時代、お金を取って査定する業者は生き残れませんからね。 よければ今回は、KINTOについて 詳しく説明しますね。 最近CMでよく 「KINTO」って聞く方も多いのではないでしょうか。 CMのキーワードって知らないうちに覚えてたりしますが、何のことなのか全くわからないという方が多いはずです。 そんな時にすらすらと説明できたらかっこいいですねよ。 そこで今回は、 「トヨタのKINTO」について詳しく説明をします。 「KINTO」の仕組みからメリット・デメリットまで深掘りして調べて見たのできっと参考にして頂けるはずです。 そして、最後まで読めば 車の購入を検討している方、すでに車を所有している方でも、きっと「KINTO」の良いところがわかって選択の幅が広がります!! Sponsored Link トヨタのKINTOの仕組み? 「KINTO」が定額で車を利用できるサブスクリプションサービスであることはわかったと思いますが、具体的にどんな仕組みなのか気になりませんか? 月額料金を払えば車を使えるといっても乗りたい車種に乗れるのか、本当に月額料金以外については必要ないのか疑問に思っていることも多いはずです。 実際に車を持つとなると 車体代、任意保険料、自動車税、車検代などのメンテナンス費用が必要になります。 車体代だけでも新車の場合「200万円」は少なくともかかり、そこに車検代や保険代などが加わるとかなりの金額が必要になってしまいますねよ。 かなりの費用が必要になる車の購入、維持がネックで車の購入を躊躇してしまう人も多いはずです。 しかし、 「 KINTO」を使えば3年間決まった月額料金で新車を使用することが可能になります。 トヨタのKINTOの具体的なサービスは? 「KINTO」の仕組みがわかったら次、はどんなサービスがあるか疑問になりませんか? 実際に 「KINTO」を使用しようにも詳しいサービスの内容がわからないと不安になってしまうと思います。 実際の 契約までの流れだあったり、 車の車種や 保険内容について知りたいことがたくさんありますよね。 各項目ごとに詳しく見ていきましょう!! 契約までの流れ 「KINTO」が良いサービスであることがわかったけれど実際に契約を行う時の流れって気になりますね。 実は 「KINTO」の契約はすごく簡単です。 車種を決めたらWebで申し込んで必要な書類を出したらあとは納車まではすることがありません。 従来であれば、車を選ぶためにディーラー店などの販売店を回って申し込んでからローンを組むのか一括で払うのは検討をして保険の申し込みをして書類を提出して頭金を払ってやっと納車になるのに比べると かなり簡単ではないですか? あまりに簡単すぎて開いた口が塞がらないとはこのことをいいますね!! 引用元: 並べて見てみると更に簡単であることが際立ちますね。 「KINTO」で選べる車種は? 引用元: 契約が簡単なことはわかったけども 自分の乗りたい車があるのかどうかも気になりますね。 トヨタのKINTOのカーラインナップ• プリウス• アクア• カローラスポーツ• クラウン• シエンタ• ヴォクシー• エスクァイア• RAIZE• ハリアー• RAV4• ランドクルーザープラド• C-HR トヨタの 人気車種が13種類もあるとむしろ決めきらなくて選べないと思ったのは私だけでしょうか。 セダン・ミニバン・SUV・ハッチバックと一通りのボディタイプがあるので好みに合わせて車を選ぶことが可能です。 また、 通勤目的、レジャー目的などの目的にあった選択できるラインナップになっているのがわかりますね。 そして、13車種を選んだ上でそれぞれのグレードも選択できるので好みの選択をすることも可能です。 雪道を走るので4WDが必要という方も選ぶ車種がないということはないので安心するのでないでしょうか。 任意保険の保証内容は? 引用元: 契約までの方法、車種がわかったけども、もしもの時の任意保険はどうなっているのか不安じゃないですか? 「そんなに補償内容がよくないはず……」、「今までの事故歴とかによって保険の内容も変わってしまうのでは?」などと思う方が多いはずです。 その心配は必要ありません!! 「KINTO」の任意保険の内容はかなりしっかりしています。 KINTOの保険内容 相手方のケガまたは、死亡への補償・・・無制限 相手方の車または、モノへの補償・・・無制限 自身へのケガまたは、死亡への補償・・・5000万円まで 自身の車への補償・・・自己負担最大5万円 *全損の場合は、免責金額なしで補償 かなりの補償の内容ですが、これに加えて 示談交渉・ ロードサービスまで付帯します。 補償内容はかなりしっかりしており、 今までの等級に関係なく月額定額料金に含まれるので、初めて車を持つ場合でも保険料が高くなる心配も事故をしたことで保険料金が上がる心配もありません。 一番気になる月額料金は? 「任意保険の内容もしっかりしているけど、月額料金はいくらなの?」と思ってませんか? 一番気になるところですねよ!! 正直車種によって月額料金は変わってしまいますが、 「月額:39,820円」から利用することができます。 そこに オプションを追加することで 金額が加算される仕組みです。 0L 2WD 5人 月額料金: 39,820円 スタンダードパッケージ(ナビ、ETC、フロアマット) 月額料金:2,750円 T-Connectナビ 7インチ 月額料金:0円 フロアマット(ベーシックパック)月額料金:0円 ETC2. 0ユニット ビルトイン ボイスタイプ 月額料金:0円 冬用タイヤ(追加オプション) 月額料金:6600円 合計:49,170円 3年間で月額49,170円で利用できて、税金などの費用と任意保険料金が含まれているとなると安く感じませんか? 更に、 ボーナ ス月の増額支払いを使用すれば、「月額料金を最大20,000円程度」にすることも可能 です。 月額料金については、「KINTO公式サイト」で簡単にシミュレーションができるので気になる車種がある場合は一度試してみるといいかもしれません!! KINTOのデメリット• 契約期間内での解約は違約金が発生する• 返却時には元の状態にする必要がある• 走行距離に制限がある• 契約には、審査がある 月額料金で使用するだけあってお金に関するデメリットが多いと感じたのではないでしょうか。 それでは次にデメリットの項目について詳しく見ていきましょう。 契約期間内での解約は違約金が発生する 「KINTO」は3年契約のサブスクですが、6ヶ月ごとに自動更新の扱いで最長3年利用できる契約になります。 運営会社としてはもちろん 3年間の契約を全うしてもらうことを前提にしたサービスなので 途中で解約をされてしまうと 損をしてしまいますよね。 その場合には、 違約金が発生してしまうのは仕方ないのではないでしょうか。 スマートフォンなどの携帯電話でも2年縛りなどで期間外にキャリアを変えると違約金が発生してしまうのと同じイメージをしてもらえればいいです。 「KINTO」の中途解除の場合の違約金は規約にて細く決められています。 返却時には元の状態にする必要がある 契約終了後や中途解除で返却する場合は、 元の状態にする必要があります。 元の状態も納車時と同じように原状回復までしなければいけません。 もし、 できないようであればこれも追加で修繕費用などを請求されてしまうことがあるので注意が必要です。 アポートを借りて引っ越す時に求めらるように経年劣化の部分は仕方ないですが、それ以外は納車時と同じまで戻すことが必要になります。 走行距離に制限がある 走行距離に制限があるのは私は以外でびっくりしました。 「KINTO」は 1ヶ月での走行距離が 1500km、3年間で 54,000kmと決められています。 これは、 毎月制限内でないといけないわけではなく、利用期間内の合計走行距離で計算することになります。 なお、超過分については、 「1kmあたり10円」の追加料金が発生します。 「KINTO」が向いている人• 転勤によって車が必要になった人• 初めて車の購入を検討している人• 数年後に免許の返納を考えている人 車が必要なかった地域から転勤になり、急に車が必要になるという方には本当に向いています。 首都圏などの都会に住んでいたら車は週末に乗る程度という方も多いはずです。 しかし、地方の方では車がないと通勤もできない地域も以外と多いので 「 KINTO」を利用することで維持費も管理が簡単で便利ですね。 これから車を持ちたいと考えている方にも 任意保険の面でかなり優遇が受けれるのでオススメすることができます。 初期費用が購入よりも抑えることができるので手軽に車のオーナーになれるのは魅力的なはずです。 免許の返納を数年後にする予定ことを検討している方にも向いています。 車が古くなったけど免許の返納まであと3年となった場合には使い安いはずです。 加えて、高齢ドライバーになると任意保険の料金も値上がりをしてしまうのでメリットを受けれますね。 愛車購入時50万円以上もお得になる! 値引き交渉やその他のテクニックで、場合によっては 数十万円もお得に購入する方法があるんです! ここまで聞いて「いやいや、安く買おうなんてケチくさいこと思っていませんよ」なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 それは素晴らしい心の持ち主です。 でも「テクニックを使った場合」と「テクニックを使わなかった場合」で 50万円以上の差が出たとしたらどうですか? そのお金を使って家族みんなで一生の思い出を残す旅行にお出掛けしたり、自分の趣味に使うことだって出来てしまいます。 それを自らの判断でスルーしてしまうなんて、とても勿体ないことだと思いますよね。 今少しでも「ちょっと勿体ないかもしれない……」と思ったのであれば、それはあなたの素直な気持ちでしょう。 つまり、多くの方は「高い車やカッコイイ車に乗りたいけど、出来ることなら安く購入したい」と思っているんです。 私だってそうですよ! 正確には「そうだった」が正しいですね。 私は払わなくて済んだお金を使い、家族水入らずで楽しい旅行に行って来たというわけです。 そしてこの方法は 「知っているか知らないか」「やるかやらないか」の差でしかありません。 たったそれだけ。 本当に、たったそれだけのことなんですよ。 購入までの流れや値引き交渉術について、私の経験を元に詳しくご紹介しています。 誰だって損をせずに なるべく安い値段で新車を手に入れたいですからね。 様々な保険を比較検討した記事がありますので リスクの少ない人生を送りたいという方はをご覧下さい。 そして、車を手にしたらどうしても心配になってしまうのが事故ですよね。 せっかくのマイカーを事故で台無しにしてしまっただけではなく、相手に大怪我を負わせてしまった時に、もしも保険に入っていないとしたら 莫大な借金を負ってしまうことになります。 相手のご家族への対応もしなけらばなりませんし、自分の家族にだって辛い想いはさせたくないですよね。 更に、保険は地震などの天災に対応しているものもありますが、そうでないものもあるんです。 知っているか知らないかは大きく差が出てきますよ。

次の