シャドウサイド 小説。 妖怪ウォッチ シャドウサイド(2)(最新刊)

妖怪ウォッチ シャドウサイド(2)(最新刊)

シャドウサイド 小説

世の中の全てのことには、 表と裏があります 社会、学校、政治、人間関係… あらゆるものに、裏の世界があるのです もちろんそれは、 妖怪にも… 概要 「」をプロローグとしたの新シリーズ。 2018年4月13日から2019年3月29日まで放送された。 テレビアニメ化により映画で出演した声優の都合上、ナツメは、トウマはに声優が変更された。 また前作の主要キャラクターを演じた声優の多くが引き続き続投している。 映画で活躍したナツメ、トウマ、アキノリ、そしてナツメの弟であるケースケで構成される妖怪探偵団が怪奇案件を調査するのが基本的な流れ。 前作に比べると暴行シーン等のハードな展開や「死」が描かれる展開が多い。 また、戦闘シーンがしっかりと描写されるようになったのも特徴。 ただ、前作同様「子供向けアニメ」として製作されていることもあって、話によっては呆れるオチがあったり、随所にコミカルなシーンがあったりと前作の要素も多く残している。 製作陣曰く「2期」にあたるらしいが、ゲームや漫画などでは従来のシリーズも並行して展開されており、ある種の作的な側面も存在している。 4年も続けていく内にあらゆる面で幼児向けに傾きつつあったため、もっと幅広い世代の視聴者に見てもらいたい(ぶっちゃけ 化回避)ということで制作に踏み切った。 対象年齢層が上がった事や路線変更などによる批判があった一方で男子小学生からの評判(関連グッズ売れ行き・世代別視聴率)は良かったらしい。 本作終了後の2019年4月から『』が放送されたが、妖怪ウォッチエルダや妖怪アークは引き続き登場し、ライトサイドとシャドウサイドの代わりにワンチャンサイドという新要素が追加された。 ゲームとしてはの「」として制作され、ケータが当作品の世界や、映画「」の世界を訪れる模様。 あらすじ ケースケは「東京・さくら元町」に住む小学5年生。 最近帰りが遅い姉のナツメを追ってたどり着いたのは、なんと妖怪探偵団! 幽霊やUFO・・・まして妖怪の類は信じないケースケ。 しかし、それ以来、世にも不思議な怪奇事件に巻き込まれることになる・・・。 主要人物• (声:) ケータの娘にしてケースケの姉である中学生。 2つの姿を持つ妖怪を呼び出す「」の持ち主。 (声:) かつて心に闇を抱えていたナツメの幼馴染。 自身とを一体化させる「」と、を憑依させるの一つ「フドウ雷鳴剣」の持ち主。 (声:) 代々妖術を用いた占いを生業とする有星家の跡継ぎ。 当初は妖怪ウォッチを持ってはいなかったが、後にを呼び出す「」の持ち主となる。 (声:) ケータの息子にしてナツメの弟である小学生。 ふとした事から妖怪が引き起こす恐怖案件に巻き込まれる事になる。 怖がりで認めたくないという気持ちからオカルトを否定する発言をする一方で、意外に強情な面がある。 各話の冒頭で登場する妖怪の解説をする。 強力な妖術の持ち主で色々な発明をこなす器用さもある。 (声:) 第15話から登場。 ナツメとトウマの通う中学校に転校して早々、ファンができる程の美貌の持ち主。 勉強も運動もできる才女。 妖怪たち• (声:) ずいぶんと姿は変わったが、中身は全く変わっていない妖怪執事。 以前より出番は減ったが、サポート面で活躍する場面が多くなっている。 (声:) かつてのドルオタな少年から、色々と擦れた中年と化したネコの地縛霊。 (声:) マイペースな白き狛犬。 元々は若きオババの愛犬だったが、狛犬の像に下敷きになった事で妖怪となった。 これまでアニメなどに登場したコマさんとは同名であるが、全く別の妖怪。 (声:) 邪悪な大蛇から一転、ヒーローを志している元祖ボス妖怪。 ナツメを守ろうと日々、体を鍛えているのにそこまで強くない。 (声:) ある妖怪と深い関係がある妖怪。 自分が見たものであれば変身できる能力を持っている。 (声:) 第27話から登場。 強い正義感を持っているカエルの妖怪。 コマさんと同じく狛犬の像に下敷きになって妖怪になった。 コマさんとは強い絆で結ばれている。 これまでアニメなどに登場したコマじろうとは全く別の妖怪。 ハルヤ一派• (声:) ナツメが通う学校に転入してきた、謎の少年。 正体は。 洞潔やフクロウを動かして、 「姫」と呼ばれる存在を探している模様。 さらに姫の力を覚醒させるために必要な5本の妖聖剣を探している。 妖聖剣の一つである「アシュラ豪炎丸」を所有している。 (声:) ハルヤの配下だが、組織内での立場は洞潔より格下。 姫を捜索する為、欲望を抽出した「兆しの矢」を妖怪などに撃ち込み事でへと変えてしまう。 謎の妖怪• 戦いに敗れて力尽きようとするフクロウに力を与えて異形の怪物に変化させるなど、強大な力を持っている。 その目的と正体は……。 関連動画 関連タグ :系列では、シャドウサイドの前に放送される繋がりのサッカーアニメ。 :こちらもがコミカル要素が強かったのに対し、ハード路線で製作された作品で、前作から未来の出来事を描いた作品であることも共通している。 また前作との間に何があったのかが明言されてないという共通点もある。 関連記事 親記事.

次の

妖怪ウォッチ シャドウサイド 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

シャドウサイド 小説

戸籍には自分の父ちゃんや母ちゃんが載っている。 父ちゃんや母ちゃんの戸籍には、その父ちゃんや母ちゃんが載っている。 もっと古いご先祖様の戸籍も、全国のどこかの役所に眠っている。 順繰りにたどっていけば、誰でも江戸時代末期くらいまでの家系図が作れる。 江戸時代末期っていうと、150~200年くらい前で、竜馬とか西郷どんの時代。 父ちゃんが1代上、じいちゃんが2代上とすると、だいたい4~5代上くらいのご先祖様の時代だ。 江戸時代のご先祖様の事が戸籍で判明すれば、かつて武士だったのか?農家だったのか?商人?神主?住職?…その暮らしや、さらなる調査方法も見えてくる。 時には1000年さかのぼり、源平藤橘まで40代さかのぼったの系図が作れることもある。 ウチは家系図作成業務を行っている。 まぁ、こんな家系図を作ってるわけだ 「もしもし…えーと。 家系図?ってやってます?よね?」 明るくて早口。 若い女性。 電話代横の120㎝水槽の水が輝く。 15年前、酔っぱらって、UFOキャッチャーで取った時は、500円玉より小さかったんだが。 「はい。 ホームページ見てくださったんですかね?」 「近所に住んでて、看板見てホームページ見ました」 はきはきと元気な声。 思わず受話器をちょっと離したが、不快感はない。 キンキンと声が漏れるのだろう、サクランボを食べていた妻と娘達と昼寝中の猫達がこっちを見る。 「人によってご希望や、事情が様々です。 何点かお伺いしてよろしいでしょうか?」 「うん。 いいよ」 タメ口か…。 まぁいいや。 屈託なくていっそ気持ち良い…と、思おう。 家系図の相談を受け続けて10年。 何点か聞けば状況は理解できる。 Q1、何代前までのご先祖様を知っているか?(父母を一代前とする) Q2、ご先祖様が江戸時代に住んでいた場所は知っているか? Q3、ご先祖様が住んでいた地の同姓の方、すなわち親族様とお付き合いはあるか? Q4、ご先祖様のお墓やお寺は知っているか? Q5、ご自宅の仏壇などに過去帳はあるか? Q6、家紋は知っているか? A1、2代前…すなわち、おじいさんのお名前まで。 A2~6、全くわからない。 知らない尽くしだが、珍しいことではない。 家系についてなど、たいていの人は普段、意識しないだろう。 僕も、じいちゃんの名前すら知らなかった。 ただ、知らないことばっかり答えさせて、ちょっと申し訳なかった。 最後まで明るい声で、ハキハキ答えてくれたが、ちょっとトーンが落ちてしまったようだ。 「すいません。 いろいろうるさく聞いてしまって。 ですけど、普通そんな感じです。 たいていの人は普段は家系とか意識しないですし…」 「あっ!そうなの!そーか。 良かった」 元気になった。 良かった。 「頼みたいんだけど、どうすればいいですか?」 「ああ…えーとですね、その前に料金とか内容とか…」 「知ってる。 ホームページも見たし、テレビ出てるのも見たことあるし、猫とか子供とか出てるブログも見たし。 両親の家系を調べたいから。 それでお願いします」 …そうでしたか。 失礼しました。 「でも、きっちりご説明するか詳しい資料をお送りしてから…」 「今前にいます」 ここは北海道札幌のはじっこ。 清田区里塚緑ヶ丘(さとづかみどりがおか)の住宅街。 梅公園という通称で有名な平岡公園がある。 本州よりひと月遅い、桜の時期が終わった5月。 今年も見事な梅が咲いている。 2階から外を見ると、スマホを耳に当てメタリックグリーンの折り畳み自転車にまたがったポニーテールの女の子と目が合った。 女性客も、お若い客もさほど珍しくはないが…どう見ても高校生か大学生、まさか中学生?.

次の

妖怪ウォッチ シャドウサイド 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

シャドウサイド 小説

世の中の全てのことには、 表と裏があります 社会、学校、政治、人間関係… あらゆるものに、裏の世界があるのです もちろんそれは、 妖怪にも… 概要 「」をプロローグとしたの新シリーズ。 2018年4月13日から2019年3月29日まで放送された。 テレビアニメ化により映画で出演した声優の都合上、ナツメは、トウマはに声優が変更された。 また前作の主要キャラクターを演じた声優の多くが引き続き続投している。 映画で活躍したナツメ、トウマ、アキノリ、そしてナツメの弟であるケースケで構成される妖怪探偵団が怪奇案件を調査するのが基本的な流れ。 前作に比べると暴行シーン等のハードな展開や「死」が描かれる展開が多い。 また、戦闘シーンがしっかりと描写されるようになったのも特徴。 ただ、前作同様「子供向けアニメ」として製作されていることもあって、話によっては呆れるオチがあったり、随所にコミカルなシーンがあったりと前作の要素も多く残している。 製作陣曰く「2期」にあたるらしいが、ゲームや漫画などでは従来のシリーズも並行して展開されており、ある種の作的な側面も存在している。 4年も続けていく内にあらゆる面で幼児向けに傾きつつあったため、もっと幅広い世代の視聴者に見てもらいたい(ぶっちゃけ 化回避)ということで制作に踏み切った。 対象年齢層が上がった事や路線変更などによる批判があった一方で男子小学生からの評判(関連グッズ売れ行き・世代別視聴率)は良かったらしい。 本作終了後の2019年4月から『』が放送されたが、妖怪ウォッチエルダや妖怪アークは引き続き登場し、ライトサイドとシャドウサイドの代わりにワンチャンサイドという新要素が追加された。 ゲームとしてはの「」として制作され、ケータが当作品の世界や、映画「」の世界を訪れる模様。 あらすじ ケースケは「東京・さくら元町」に住む小学5年生。 最近帰りが遅い姉のナツメを追ってたどり着いたのは、なんと妖怪探偵団! 幽霊やUFO・・・まして妖怪の類は信じないケースケ。 しかし、それ以来、世にも不思議な怪奇事件に巻き込まれることになる・・・。 主要人物• (声:) ケータの娘にしてケースケの姉である中学生。 2つの姿を持つ妖怪を呼び出す「」の持ち主。 (声:) かつて心に闇を抱えていたナツメの幼馴染。 自身とを一体化させる「」と、を憑依させるの一つ「フドウ雷鳴剣」の持ち主。 (声:) 代々妖術を用いた占いを生業とする有星家の跡継ぎ。 当初は妖怪ウォッチを持ってはいなかったが、後にを呼び出す「」の持ち主となる。 (声:) ケータの息子にしてナツメの弟である小学生。 ふとした事から妖怪が引き起こす恐怖案件に巻き込まれる事になる。 怖がりで認めたくないという気持ちからオカルトを否定する発言をする一方で、意外に強情な面がある。 各話の冒頭で登場する妖怪の解説をする。 強力な妖術の持ち主で色々な発明をこなす器用さもある。 (声:) 第15話から登場。 ナツメとトウマの通う中学校に転校して早々、ファンができる程の美貌の持ち主。 勉強も運動もできる才女。 妖怪たち• (声:) ずいぶんと姿は変わったが、中身は全く変わっていない妖怪執事。 以前より出番は減ったが、サポート面で活躍する場面が多くなっている。 (声:) かつてのドルオタな少年から、色々と擦れた中年と化したネコの地縛霊。 (声:) マイペースな白き狛犬。 元々は若きオババの愛犬だったが、狛犬の像に下敷きになった事で妖怪となった。 これまでアニメなどに登場したコマさんとは同名であるが、全く別の妖怪。 (声:) 邪悪な大蛇から一転、ヒーローを志している元祖ボス妖怪。 ナツメを守ろうと日々、体を鍛えているのにそこまで強くない。 (声:) ある妖怪と深い関係がある妖怪。 自分が見たものであれば変身できる能力を持っている。 (声:) 第27話から登場。 強い正義感を持っているカエルの妖怪。 コマさんと同じく狛犬の像に下敷きになって妖怪になった。 コマさんとは強い絆で結ばれている。 これまでアニメなどに登場したコマじろうとは全く別の妖怪。 ハルヤ一派• (声:) ナツメが通う学校に転入してきた、謎の少年。 正体は。 洞潔やフクロウを動かして、 「姫」と呼ばれる存在を探している模様。 さらに姫の力を覚醒させるために必要な5本の妖聖剣を探している。 妖聖剣の一つである「アシュラ豪炎丸」を所有している。 (声:) ハルヤの配下だが、組織内での立場は洞潔より格下。 姫を捜索する為、欲望を抽出した「兆しの矢」を妖怪などに撃ち込み事でへと変えてしまう。 謎の妖怪• 戦いに敗れて力尽きようとするフクロウに力を与えて異形の怪物に変化させるなど、強大な力を持っている。 その目的と正体は……。 関連動画 関連タグ :系列では、シャドウサイドの前に放送される繋がりのサッカーアニメ。 :こちらもがコミカル要素が強かったのに対し、ハード路線で製作された作品で、前作から未来の出来事を描いた作品であることも共通している。 また前作との間に何があったのかが明言されてないという共通点もある。 関連記事 親記事.

次の