うつ病 顔つき。 大学生の一人暮らしはうつ病になりやすい?寂しさを埋める方法は?

ノイローゼとうつ病の比較・違い

うつ病 顔つき

見た目に異常は現れず、パッと見は分からないので顔つきによってあの人は統合失調症であると認識(判断)することはできません。 しかし、顔つきには個人差があるとしても、統合失調症の患者の場合には普通の人とは違った顔つきをしている場合が多くなってきます。 顔の造形というよりは、発症前と比べて表情が一変するんですね。 今回は統合失調症になると変わってしまう顔つきの変化についてまとめます。 スポンサーリンク 顔つきの変化 少し前までは明るくて笑顔が絶えない人だったのに、最近は目が座っていて怖い顔をしている。 統合失調症になると、おかしな言葉が聞こえ妄想が見えるので、顔つきは自然と怖くなってしまいます。 なので、周囲からはなんとなく、統合失調症なのではないかと思われてしまう場合があります。 逆に、顔つきの変化が周囲からみて統合失調症の発病を考えるきっかけとなります。 統合失調症の治療は早期スタートが重要ですので、顔つきから統合失調調の可能性を考えてみるのは有効な部分でもあります。 しかし顔つきだけ、統合失調症かどうか判断することは不可能ですので、医師による適切な診断が必要になります。 統合失調症の患者によくみられる顔つきの傾向というのはどのようなものなのでしょうか? 統合失調症に特有の顔つき:うつろな顔つき 統合失調症に多くみられる顔つきの一つに、うつろな顔つきがあります。 個人によるばらつきはあるのですが、統合失調症に特有のうつろな顔つきがあります。 何かに常におびえているようなそして、大きなストレスを抱えているようなうつろな顔つきを示すことが多くなります。 幻聴や妄想がそのような顔にしてしまうこともあります。 統合失調症の症状が回復していけば、うつろな顔つきはなくなり、一般の人のような朗らかな顔つきが蘇ってきます。 スポンサーリンク 何もないところを怖い顔で見つめる 統合失調症がピークで酷かったころ、とにかく何もない壁なのに、そこに人がいて誰かが監視しているような気になり、壁ばかり見ていたことがあります。 普通の人にはもちろん何も見えないので、そんな幽霊でも見ているかのような僕の顔つきは異様だったでしょうね。 授業も聞かずに、ただ横をむいて壁ばかり見てるんですから。 そのころはたっぷり睡眠を取ることもできなかったので、目の下はクマだらけ。 カミソリも襲われるようで怖かったのでひげをそれず、ひげの熊さんみたいになっていました。 元気なころと比べると、別人のように見えたでしょうね。 髪の毛に特徴がみられる 統合失調症の症状にもよりますが、髪の毛に執着をする症状を発生する人もいます。 この場合は、髪の毛をぶちぶちとちぎるので、10円はげのように髪の毛がまだらに剥げているようになります。 また、どんなに髪がのびても不潔でも絶対に切らない。 無理に切ろうとすれば、まるで髪の毛に神経が通っているかのように痛がったりという素振りを見せます。 女性なのに髪の毛にまったく気をつかってない、髪の毛がふさふさだったのに、ハゲが目立つようになっている。 こんな人は、統合失調症を発症している可能性があります。 統合失調症に特有の顔つきを解消するために 統合失調症になってしまうと、図らずも一般の人とは違った顔つきになってしまうことが多くなります。 このような顔つきの場合には、一般の人が何らかの異変を察知して、コミュニケーションをとることを避けようとすることが多くなります。 統合失調症にたいして、このような態度をとってしまうと、症状が大きく悪い方向に行ってしまうことが多くなります。 統合失調症が治れば、元の表情に戻ることができるようになります。 一般の通りすがりの場合には難しいかもしれませんが、家族や知人の場合には統合失調症の患者にたいして、暖かい対応で接してあげることがとても重要です。 そのような対応は顔つきを普通の状態にもどすことに大きな役割を持ってくることが多くなります。 そして、それは早期での社会復帰を可能にしてくれることにもなります。 スポンサーリンク - , , , , , ,.

次の

うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

うつ病 顔つき

こうやってみると、色んな表情がありますよね。 それでは、一つずつ説明していきますね。 微笑み型 ウツになっても苦しさを隠しながら無理に笑おうとするため、顔がひきつったような表情になる人がいます。 イライラ・しかめっ面 普段穏やかで優しい人だったのに、イライラする事が増えてしかめっ面をするなど表情がきつくなる場合もあります。 泣きそうな表情 反対に、悲観的になり泣き出しそうな表情をしている人。 無表情 喜怒哀楽の感情が感じにくくなり、能面のような無表情をする人。 憔悴しきった表情 いかにも病人だとわかるくらい頬がこけ、憔悴しきったような表情になる方もいます。 このように、うつ病になると人によって症状が顔に現れやすくなるのです。 中には、うつ病に見えない表情もある 先ほどうつ病になるとなりやすい表情をご紹介しましたが、 これらの表情の中には、一見すると うつ病には見えない場合もあるんですよ。 今では、「ウツになると元気がなくなる」と分かっている人も多いので、 口数が少なくぼーっとしていたり憔悴した表情の人がいたら、「あの人うつかもしれない」と気づくかもしれませんね。 ですが、 ひどくイライラしている人、 いつもニコニコしている人の場合は、 周りの人が見ても「元気がないようには見えない」ため、欝である事が気づきにくいようです。 次は、うつ病の初期段階です。 小学校の転校で自分の殻に閉じこもるようになった後、 中学、高校へと進み、そしてそのまま短大へ進学します。 私が今振り返ってみて、 「うつ病の初期段階」だったのではと感じるのは短大生になった頃からです。 その頃から イライラ感が強くなり、人のちょっとした言葉や仕草に過剰に反応(イライラ)してしまっている自分に気づきます。 それでも、 「イライラしている自分の感情を出してしまったら周りが驚いてしまう」 「生活に支障が出てしまっては困る」 という 無意識の防衛反応から、イライラ感を周りに見せないようにしていました。 そんな当時の写真を見ると、 目をつむっている事が多かったり、 卒業写真では、 無理やり笑顔を作っているような引きつった表情をしていました。

次の

非定型うつ病

うつ病 顔つき

うつ病がどうして起こるのか、まだ十分に解明されていませんが、現在わかっている原因として、 「心理的なストレス」、「脳内の変化」、「なりやすい体質」の3つがあります。 これら3つの原因が重なって、うつ病を引き起こしていると考えられます。 うつ病は心の病と思われがちですが、じつは脳の病気でもあります。 心理的なストレスとは、過労や対人関係のトラブル、離婚や死別といった生活上の問題が原因となるストレスですが、そうした心理的なストレスがきっかけとなり、そのストレスで脳の働きのバランスが崩れることで、うつ病が発症すると考えられています。 脳にはたくさんの神経細胞があり、さまざまな情報を伝達していますが、その働きで「感情」が生まれます。 最近の研究では、ストレスを受けることで脳の一部の神経細胞の形に変化が生じ、それによって感情や考え方にゆがみが起きるのではないかと指摘されています。 うつ病では、さまざまな心の不調や体の不調が現れます。 体の不調としては、睡眠障害や疲労感・倦怠(けんたい)感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛などがあり、心の不調としては、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、不安・取り越し苦労などが挙げられます。 うつ病は、精神科や精神神経科の専門医でも診断が難しい病気です。 他の病気のように血液検査や画像検査などで異常を見つけることができないため、詳しい聞き取りを行って診断をつけることになります。 うつ病を診断するときに特に重要なのが、「憂うつな気分」と「何に対しても興味が持てない」という2つの症状です。 この2つのうち、どちらかひとつでも、ほとんど一日中、ほとんど毎日、2週間以上続いている場合、うつ病の可能性が高いと考えます。 体の不調は本人も感じやすく、人にも伝えやすいのですが、心の不調は自覚するのが難しいこともあって、受診時に体の症状を訴える人が多いようです。 眠れなかったり、食欲がなかったり、息切れしたりといった症状も、うつ病が原因で起こっている場合もあります。 憂うつな気分や意欲・興味の低下など、うつ病に似た症状を起こす病気は、うつ病のほかにもいろいろあります。 精神疾患としては、「不安症」や「パーソナリティ障害」、「適応障害」などがあります。 また、脳や体の病気で、うつ症状が現れることがあります。 最近、うつ病と間違われることが多くなっているのが「認知症」です。 うつ病なのか認知症なのかを見分けるには、詳しい問診を行い、場合によっては画像検査も行います。 うつ病は認知症に移行しやすいこともわかっているため、高齢者のうつ病の治療は大切です。 脳の血管が詰まって「脳梗塞」になると、脳の働きが悪くなるため、うつ症状がみられることがあります。 その場合、症状が急に現れるのが特徴で、言葉が出にくい、物の見え方がおかしいといった脳梗塞独特の症状がないかをチェックする必要があります。 また、「甲状腺の病気」などでもうつ病に似た症状が出ることがあります。 うつ病は本人が気づきにくい病気です。 うつ病に関する知識がないと、症状が現れているのにうつ病に気づかないこともあります。 また、重症になると、脳の働きが低下し、病気であることを認識できなくなります。 重症になる前に、医療機関を受診して治療を行うためには、家族や周囲の人が気づくことがとても大切です。 ただし、無理に受診を勧めると、本人がよけいに落ち込んでしまう原因になりうるため、サインを正しくとらえて本人に具体的に伝えることが大切です。 周りの人が気づきたいうつ病のサインとしては、「口数が少なくなる」「イライラしている」「朝や休日明けに調子が悪い」「遅刻、欠勤が増える」「だるさを訴える」「身辺整理をする」などが考えられます。 本人に直接伝えづらい場合には、家族や親しい友人、その人が信頼している人から伝えてもらってもよいでしょう。 職場であれば産業医に相談できます。

次の