ヤマハ ベース。 ヤマハ エレキベースの通販 66点

YAMAHA TRBX

ヤマハ ベース

亀田誠治 東京事変 、武田祐介 RADWIMPS 、長谷川カオナシ クリープハイプ 、エイブラハム・ラボリエル、ネイザン・イースト、ジョン・パティトゥッチ、ビリー・シーン、ジェイムズ・ロメンゾ アーティストを見てもらえば分かる通り、ポップス、ロック、ジャズ、フュージョンなど幅広いジャンルのベーシストが使用しています。 デビュー当時のカシオペアの櫻井哲夫さんもヤマハのベースを愛用してましたね! ヤマハベースのサウンド、特徴 ヤマハのベースは音の輪郭がはっきりしていて、弾いていて非常に気持ちいいです もちろんモデルによって特徴があるのですが、いわゆる「ヤマハの音」というのは抜けが良くて、元気なイメージ。 扱いやすい音でありながら、毎回「ヤマハの音」になっているところがスゴイです。 ヤマハはベース以外にもギター、ピアノ、ドラム、管楽器など様々な楽器を手掛けているので、ものすごい量のノウハウを蓄積しています。 ネック、ボディはもちろん、ブリッジ、ナットに至るまで「フルオリジナル」のベースを制作できるメーカーはそう多くありません。 音、弾きやすさの両面でバランスがよく「ハズレがない」ため、2本目のベースとしてはおすすめです。 ヤマハのベースが向いてない人 ヤマハのベースは、良くも悪くも「ヤマハの音」がします。 この音を聞いてみて、どうも好きになれない方はヤマハのベース辞めておきましょう。 あたり前ですが、ベースの音はメーカーにとって最も大切な要素です。 フェンダーは「フェンダーの音」がしますし、リッケンバッカーは「リッケンバッカーの音」がします。 このメーカー特有の音は長い伝統と試行錯誤で生み出されたものなので、どのメーカーにもあるわけではありません。 この音に関しては弾きやすさと違って「好み」の問題なので、聞いてみて合うかどうか判断しましょう。 BBシリーズの特徴• 「THEヤマハの音」なのに扱いやすい音• 耐久性や弾きやすさを考慮した独自設計• BB特有のボディシェイプとネックシェイプ BB734A BB700シリーズの4弦タイプです。 最近のBBシリーズの特徴である「独自構造のボルトオンネック」「アルダーとメイプルの3層ボディ」「45度での弦の裏通し」などを備えています。 新しい要素としては「アクティブ回路搭載」「ネック形状見直しやペグ軽量化のでの弾きやすさ向上」ですね。 PJレイアウトでただでさえ、幅広い音色に対応できるBBがアクティブ回路を搭載したことによって、 更に柔軟な音色を「手元のツマミひとつで」表現できるようになったのが素晴らしいです! BB434M BB400シリーズの4弦タイプです。 BB700シリーズの一つ下のシリーズになります。 そして、BBシリーズとしては非常に珍しいメイプル指板です。 メイプルらしい輪郭がはっきりした低音が非常に気持ちいいです。 700シリーズとの主な違いはアクティブ回路がないことと、ボディがアルダーのみで作られている事です。 「本格派」のアクティブ&5弦なら、TRBシリーズ ヤマハのアクティブベース&多弦といえばTRBシリーズ。 ジョン・パティトゥッチも愛用していてシグネチャーモデルも発売されています。 TRBシリーズの特徴• 35インチ 889mm のロングスケールネック BBと比較して1インチ:2. 54cm長い• 3バンドEQでの幅広いサウンドメイキング• TRBシリーズ特有の美しいボディ TRB1005J 5弦特有の深い低音をハムキャンセルタイプのピックアップがしっかり拾ってくれます。 もちろんBBシリーズにも採用されているヤマハ独自の5ピースネック構造やメイプル&アルダーのラミネートボディ構造も取り入れられています。 約10万円という価格帯でここまで本格派の5弦アクティブベースは相当コスパがいいです。 4弦タイプや6弦タイプもあるので、自分に合ったスタイルのものから選びましょう。 旧モデルのBBシリーズもおすすめ 新品にこだわらないのであれば、中古の旧モデルのBBシリーズもおすすめです。 動画はのベースはBB2000です。 ヤマハ特有の中高域がハッキリした音が気持ちいですね! 現在のBBシリーズはボディとネックのジョイントがボルトオンですが、BB2000の頃はボディーまでネックが貫通しているようなスタイルの「スルーネック」でした。 【番外編】予算無視ならヤマハBBシリーズの最上位BBP34,35がおすすめ もし、予算が20万円まで出せるならBBシリーズの最上位機種BBP34がおすすめです。 BB700シリーズはアクティブ回路を搭載していましたが、こちらはアクティブ回路はなしです。 BB700シリーズとの最大の違いはI. イニシャル・レスポンス・アクセラレーション)処理です。 これはヤマハが独自開発した技術で、新品の楽器に振動を与える事で「弾き込んだ状態」に近づけます。 「鳴るパッシブ」をとことん追求したモデルになっています。 今回紹介したヤマハのベースは2本目にピッタリのモデルばかりです。 しっかり作り込まれていて、長く使えるモデルばかりなのでぜひ2本目のベースの候補に入れてみてください! 出典、引用:.

次の

ヤマハ エレキベースの通販 66点

ヤマハ ベース

お届けまでの流れ• お客様お買いもの 買い物カゴから商品をご購入。 自動配信メール ご注文が完了しましたら、自動受付メールが送信されます。 ご注文承りましたメール 当店より、2営業日以内に送信します。 正式な金額・詳細をご確認ください。 発送しましたメール 商品を発送しましたら、配送業者のお荷物伝票番号をお知らせいたします。 商品到着 お客様のミュージックライフが豊かになりますようスタッフ一同願っています。 商品の発送・納期 「在庫あり」表記の商品は即日~4営業日に発送し、最短で翌日のお届けとなります。 (地域・商品により異なります。 ) 「お取り寄せ」表記の商品は、ご注文受付後に詳しいお届け日をご案内します。 返品・交換 ご注文確認メール送信後のご注文内容変更、および返品・交換は承っておりません。 (商品初期不良の場合を除きます。 その際はメールにて商品到着後7日以内にご連絡ください。 別途手順をご案内いたします。 ) 領収書 「クレジットカード」「AmazonPay」「楽天ペイ」の場合は当店にて発行します。 その他のお支払方法の場合は各機関発行のものをご利用ください。 ラッピング 当店ではラッピングを承っておりません。 商品の保証・修理 メーカーが保証規定を定めている商品についての保証・修理に関しましては、付属の保証書、並びに当店の商品購入証明が必要となります。 保証規定内の修理は無料です。

次の

エレキベース|ヤマハミュージックレッスン

ヤマハ ベース

亀田誠治 東京事変 、武田祐介 RADWIMPS 、長谷川カオナシ クリープハイプ 、エイブラハム・ラボリエル、ネイザン・イースト、ジョン・パティトゥッチ、ビリー・シーン、ジェイムズ・ロメンゾ アーティストを見てもらえば分かる通り、ポップス、ロック、ジャズ、フュージョンなど幅広いジャンルのベーシストが使用しています。 デビュー当時のカシオペアの櫻井哲夫さんもヤマハのベースを愛用してましたね! ヤマハベースのサウンド、特徴 ヤマハのベースは音の輪郭がはっきりしていて、弾いていて非常に気持ちいいです もちろんモデルによって特徴があるのですが、いわゆる「ヤマハの音」というのは抜けが良くて、元気なイメージ。 扱いやすい音でありながら、毎回「ヤマハの音」になっているところがスゴイです。 ヤマハはベース以外にもギター、ピアノ、ドラム、管楽器など様々な楽器を手掛けているので、ものすごい量のノウハウを蓄積しています。 ネック、ボディはもちろん、ブリッジ、ナットに至るまで「フルオリジナル」のベースを制作できるメーカーはそう多くありません。 音、弾きやすさの両面でバランスがよく「ハズレがない」ため、2本目のベースとしてはおすすめです。 ヤマハのベースが向いてない人 ヤマハのベースは、良くも悪くも「ヤマハの音」がします。 この音を聞いてみて、どうも好きになれない方はヤマハのベース辞めておきましょう。 あたり前ですが、ベースの音はメーカーにとって最も大切な要素です。 フェンダーは「フェンダーの音」がしますし、リッケンバッカーは「リッケンバッカーの音」がします。 このメーカー特有の音は長い伝統と試行錯誤で生み出されたものなので、どのメーカーにもあるわけではありません。 この音に関しては弾きやすさと違って「好み」の問題なので、聞いてみて合うかどうか判断しましょう。 BBシリーズの特徴• 「THEヤマハの音」なのに扱いやすい音• 耐久性や弾きやすさを考慮した独自設計• BB特有のボディシェイプとネックシェイプ BB734A BB700シリーズの4弦タイプです。 最近のBBシリーズの特徴である「独自構造のボルトオンネック」「アルダーとメイプルの3層ボディ」「45度での弦の裏通し」などを備えています。 新しい要素としては「アクティブ回路搭載」「ネック形状見直しやペグ軽量化のでの弾きやすさ向上」ですね。 PJレイアウトでただでさえ、幅広い音色に対応できるBBがアクティブ回路を搭載したことによって、 更に柔軟な音色を「手元のツマミひとつで」表現できるようになったのが素晴らしいです! BB434M BB400シリーズの4弦タイプです。 BB700シリーズの一つ下のシリーズになります。 そして、BBシリーズとしては非常に珍しいメイプル指板です。 メイプルらしい輪郭がはっきりした低音が非常に気持ちいいです。 700シリーズとの主な違いはアクティブ回路がないことと、ボディがアルダーのみで作られている事です。 「本格派」のアクティブ&5弦なら、TRBシリーズ ヤマハのアクティブベース&多弦といえばTRBシリーズ。 ジョン・パティトゥッチも愛用していてシグネチャーモデルも発売されています。 TRBシリーズの特徴• 35インチ 889mm のロングスケールネック BBと比較して1インチ:2. 54cm長い• 3バンドEQでの幅広いサウンドメイキング• TRBシリーズ特有の美しいボディ TRB1005J 5弦特有の深い低音をハムキャンセルタイプのピックアップがしっかり拾ってくれます。 もちろんBBシリーズにも採用されているヤマハ独自の5ピースネック構造やメイプル&アルダーのラミネートボディ構造も取り入れられています。 約10万円という価格帯でここまで本格派の5弦アクティブベースは相当コスパがいいです。 4弦タイプや6弦タイプもあるので、自分に合ったスタイルのものから選びましょう。 旧モデルのBBシリーズもおすすめ 新品にこだわらないのであれば、中古の旧モデルのBBシリーズもおすすめです。 動画はのベースはBB2000です。 ヤマハ特有の中高域がハッキリした音が気持ちいですね! 現在のBBシリーズはボディとネックのジョイントがボルトオンですが、BB2000の頃はボディーまでネックが貫通しているようなスタイルの「スルーネック」でした。 【番外編】予算無視ならヤマハBBシリーズの最上位BBP34,35がおすすめ もし、予算が20万円まで出せるならBBシリーズの最上位機種BBP34がおすすめです。 BB700シリーズはアクティブ回路を搭載していましたが、こちらはアクティブ回路はなしです。 BB700シリーズとの最大の違いはI. イニシャル・レスポンス・アクセラレーション)処理です。 これはヤマハが独自開発した技術で、新品の楽器に振動を与える事で「弾き込んだ状態」に近づけます。 「鳴るパッシブ」をとことん追求したモデルになっています。 今回紹介したヤマハのベースは2本目にピッタリのモデルばかりです。 しっかり作り込まれていて、長く使えるモデルばかりなのでぜひ2本目のベースの候補に入れてみてください! 出典、引用:.

次の