チャレンジタッチ おすすめ。 進研ゼミチャレンジタッチとすらら、小学生はどっちがいい?元先生5項目で比較!|ホムスタ!〜home study〜

知らないと危険なチャレンジタッチの8つのリスク|タブレット教材を正しく使って成績を上げるために。

チャレンジタッチ おすすめ

こんにちは。 小幡和輝と申します。 全国100箇所で不登校の経験がある人を中心にイベントを開催したり「」などの教育系の書籍を出版したりしております。 最近、自宅でタブレットやスマホを使って勉強ができる、タブレット学習サービスがどんどん増えてきています。 この記事ではお子さんが自分で勉強するようになったと口コミの多い、 「チャレンジタッチ」について徹底解説。 特に、親御さん目線で気になる以下のポイントを紹介しています。 口コミ&評判• メリット・デメリット• 他のサービスとの比較• 勉強する際にサポートしてあげたいこと• チャレンジタッチが向いている人• 利用手順 詳しく紹介するので、チャレンジタッチが気になっている親御さんはぜひ参考にしてください。 チャレンジタッチの概要を30秒で簡単に解説 運営会社 ベネッセコーポレーション 使用端末 専用タブレット 対応教科 ・国語 ・算数 ・理科 ・社会 ・英語 ・プログラミング 対応範囲 小学1年生〜小学6年生(幼児コースあり) 料金 月額2,980〜5,730円 特徴 ・添削指導有り ・ゲーム機能搭載 ・プレゼント有り ・紙教材へ変更可能 チャレンジタッチは、株式会社ベネッセコーポレーションが提供している、タブレット学習サービスです。 専用のタブレット端末に表示される問題に、電子ペンを使って回答していきます。 タブレットに書き込むこともできるので、記述式の問題も対応。 添削指導もあるので、読解力が必要な問題などもバッチリ対応しています。 料金は月額2,980円〜。 学年が上がるごとに料金が上がっていく仕組みとなっています。 追加料金無しで、発展・応用問題の講座を受けることも可能です。 ゲームがあったり、勉強して溜めたポイントを景品と交換できたりするので、 楽しみながら勉強することができます。 チャレンジタッチの評判・口コミは? チャレンジタッチを利用している人の口コミをツイッターから集めてきました。 ツイッターで見かけた良い評判・口コミ ツイッターで見かけたチャレンジタッチの良い評判・口コミを厳選しました。 ので、か行の途中から「ざっくり整ってればOK」方針にしてしまった。 チャレンジタッチやってる時は勉強楽しくて止められない位の勢いなので、その体感を大事にしたい。 お勉強は作業ではなくて、頭を回転させて理解・ひらめき・応用できるかだと思うんだけどな。 チャレンジタッチの方がとても機能が良かったですし、充分だなと思いました。 書き順などもきちんと判定して、漢字は止め、ハネも認識して褒めてくれてました。 やっぱり公教育が変化に乏しすぎるのでは。 結果、始めて良かった!座って勉強する習慣がついたし、何より楽しく勉強できてる! — ゆき🍰 yukiyamayuzu お子さんが自分で勉強するようになったという口コミが多いですね。 褒めてくれたり、ゲームがあったりして楽しく勉強できているようです。 アラーム機能があり、自分で机に向かうようになったお子さんもいるとのこと。 お子さんに勉強の習慣をつけてもらうのに、ぴったりの教材ですね。 ツイッターで見かけた悪い評判・口コミ ツイッターで見かけた悪い評判・口コミも紹介します。 バレないとでも思ったのか娘よ。 チャレンジタッチを算数一回しかやらずにゲームし始めてケタケタ笑ってやがるところ「テバ子よ、あんた算数一回しかやってへんやろ」って言ったら顔ひきつらせて「え?」とか言って「あ!忘れてた!」とか言ってウッカリさん演出しとるけどサボってんのバレバレや。 残りの30日間やることない。 (一応、漢字アプリとか計算アプリとかやることはあるけど) — おかゆ@おうち英語 okayu2018 ゲーム機能が搭載され、楽しく学べる分、 ゲームばかりしてしまうお子さんもいるようです。 また、問題数が少ないので、お子さんが集中して取り組むと、 すぐにその月の分の教材が終わってしまうという意見も多かったです。 楽しく学べる分、ペース配分が大事になってきそうです。 チャレンジタッチの11のメリット チャレンジタッチのメリットを紹介します。 注目すべきは以下の11個。 専用のタブレットが届く• 料金が比較的安い• ゲーム形式で楽しく学べる• いつでも紙とタブレットを切り替えることができる• 英語やプログラミングの勉強もできる• 添削指導を受けられる• 自分専用のとき直し問題がある• 応用・発展問題を追加費用無しで受講可能• 親御さんがアドバイザーに勉強計画を相談できる• 勉強するとポイントが貯まり景品と交換できる• 電子書籍が読める それぞれ解説します。 【メリット1】専用のタブレットが届く チャレンジタッチを申し込むと、専用のタブレットが届きます。 iPadやスマホなどを用意する必要はありません。 教材は、 無線LAN環境があれば毎月ダウンロードが可能です。 また、インターネット等は閲覧できないようになっているので、お子さんに預けても安心ですね。 また、このタブレットは、 6ヶ月以上継続して受講すると、代金が無料になります。 継続して学ぶことで、タブレット代が無料になるのは嬉しいですね。 【メリット2】料金が比較的安い 料金体系が 比較的安いです。 チャレンジタッチは学年が上がるに連れて、値段が変わっていきます。 詳細は以下の通りです。 1年生 2,980円• 2年生 2,980円• 3年生 3,740円• 4年生 4,430円• 5年生 5,320円• 6年生 5,730円 他の教材だと、7,000円以上するものもあるので、チャレンジタッチは比較的安い値段で教材を使いことができまね。 【メリット3】ゲーム形式で楽しく学べる チャレンジタッチでは、 ゲーム形式で楽しく勉強することができます。 漢字や計算の練習に楽しく取り組めるような、 ゲーム形式のアプリが多く入っているので、楽しく遊びながら勉強することができますね。 【メリット4】いつでも紙とタブレットを切り替えることができる タブレット学習中心のチャレンジタッチに申し込むと、 受講している途中で、紙での学習が中心の「チャレンジ」に切り替えることができます。 追加料金は発生しないので、 次回の配送のタイミングで新しい教材が送られてきます。 お子さんの希望や学習状況を考慮して選びましょう。 【メリット5】英語やプログラミングの勉強もできる 学校で習う 4教科に加えて、英語とプログラミングを学ぶことが可能です。 どちらも小学3年生から教材に追加されます。 特に、プログラミングは小学校の授業で必修科目になっていくので、 先取りして学ぶことができますね。 【メリット6】添削指導を受けられる 添削指導の 「赤ペン先生の指導」を受けることができます。 小学1〜2年生では、年に3回添削指導を受けることが可能です。 郵送でテキストが届き、問題を解いて返送。 添削内容はネットで返却され、チャレンジタッチ内に届きます。 小学3〜6年生では、8・12・3月以外の月で、計9回添削指導を受けることが可能です。 タブレット内に問題が届くので、回答して提出。 添削内容はこちらもネット返却となり、3日前後でタブレット内に届きます。 毎月同じ先生が添削してくれるので、お子さん の理解度や成長ペースに合わせた指導をしてくれます。 【メリット7】自分専用のとき直し問題がある チャレンジタッチは、 自分専用のとき直し問題を自動で作ってくれます。 1単元を学習し、練習問題に取り組んだ後に必ず表示されるので、 間違えた問題を放置することがありません。 とき直し問題では、 解答欄がシャッフルされるので、当てずっぽうではなかなか当たらないようになっています。 また、ある程度日数が経ってからとき直し問題に取り組む、 「Wとき直し問題」という機能もあるので、知識の定着までサポートすることができます。 【メリット8】応用・発展問題を追加費用無しで受講可能 レベルの高い講座を追加費用無しで受けることが可能です。 「標準コース」「応用コース」の2つのレベルをタブレット内で自由に設定できます。 さらに、 教科ごとにレベルを選ぶことも可能なので、自分の得意科目は応用コース、苦手科目は標準コースに設定するなど、自分のレベルに合わせてカスタマイズすることができます。 【メリット9】親御さんがアドバイザーに勉強計画を相談できる 親御さんが、 チャレンジタッチのまなびアドバイザーに、勉強計画を相談することができます。 お子さんの勉強がうまく進んでいない時に、 どう声をかけて良いのか分からない親御さんも多いですよね。 そんな時は、学習のプロであるまなびアドバイザーに電話で相談し、より良い勉強環境を作っていきましょう。 【メリット10】勉強するとポイントが貯まり景品と交換できる チャレンジタッチで勉強をすると ポイントが貯まり、景品と交換することができます。 様々な種類の景品があるので、「頑張ったらプレゼントがもらえるよ」と声をかけて、 お子さんの勉強のモチベーションを高めて上げると良いですね。 【メリット11】電子書籍が読める チャレンジタッチのタブレットでは、 電子書籍を読むことができます。 以下のラインナップの本を、約1,000冊無料で閲覧することが可能です。 世界や日本の名作• 自然科学• お子さんに人気の本 他にも、映画や社会科見学の動画も見ることができるので、勉強の一環として利用してみましょう。 タブレット学習には、 多くのメリットがあり、文部科学省の調査で学習効果が実証されています。 勉強効果を最大限に引き出す方法を、別記事でまとめているので、参考にしてください。 注意すべきは以下の5つ。 問題数が少なく配信日まで追加されない• 自動採点がうまくいかない時がある• 教材に期限がある• 当てずっぽうでも正解してしまう• ゲームばかりしてしまう可能性がある それぞれ詳しく解説します。 【デメリット1】問題数が少なく配信日まで追加されない チャレンジタッチは 問題数が少なく、集中して取り組むと、早い段階で1ヶ月分の問題を解き終わってしまいます。 また、新しい問題が配信日まで追加されません。 問題数を増やすことはできないので、 応用問題に挑戦したり、復習をしたりして、次の配信を待ちましょう。 【デメリット2】自動採点がうまくいかない時がある チャレンジタッチの 自動採点がうまくいかない時があります。 機械が判別しているので、正しく判定されないのも仕方ない部分ですね。 漢字の書き取り問題などの記述問題を行うときは、なるべくゆっくり丁寧に書くようにしましょう。 【デメリット3】教材に期限がある チャレンジタッチの教材は、 利用するのに期限があります。 過去の教材は1年間分しか利用することができません。 2年以上前の教材の復習をすることができないので、注意しましょう。 【デメリット4】当てずっぽうでも正解してしまう チャレンジタッチは 選択形式の問題が多く、当てずっぽうでも正解してしまうことがあります。 間違えた場所を把握しにくいので、紙のテキストなどで記述問題に取り組む時間を増やすのもひとつの手ですね。 【デメリット5】ゲームばかりしてしまう可能性がある 勉強をあまりせず、 チャレンジタッチ内にあるゲームばかりしてしまう可能性があります。 ゲームは、勉強を楽しく進めてもらうために用意しているものなので、 勉強しなくなってしまうと本末転倒です。 お子さんの学習履歴をメールで受け取ることができるので、 あまり勉強が進んでいないようであれば、声をかけるようにしましょう。 ここまで、メリット・デメリットを紹介してきました。 以下のような特徴が、チャレンジタッチのおすすめポイントです。 価格が安い• 教科の対応範囲が広い• ゲームやプレゼントでモチベーションアップが図れる お子さんが楽しく学べる教材となっているので、興味がある方はぜひ検討してみてください。 いくつか紹介したように、タブレット学習にはデメリットも多いです。 別記事でも解説しているので、参考にしてみてください。 チャレンジ タッチ チャレンジ 料金 2,980円〜 2,980円〜 目的 楽しく勉強 自分で考える 特徴 ・タブレット ・レベル変更可 ・とき直し問題 ・自動採点 ・ゲーム機能 ・テキスト ・1回15分 ・添削指導多め ・毎月テスト ・復習ドリル タブレットと紙教材では値段が変わりません。 どちらの教材も学年が上がるごとに、同じように値段が上がっていきます。 タブレット教材のチャレンジタッチは、 勉強に楽しく取り組める教材です。 ゲームなどを使って、 自分から勉強したくなる環境を整え、選択問題などの、比較的取り組みやすい課題を提供しています。 また、とき直し問題に力を入れているので、 間違えた部分を必ず復習できる流れになっています。 紙教材のチャレンジは、 自分で考える力を伸ばす教材です。 記述形式のテキスト学習なので、 自分で考えて問題に取り組む必要があります。 途中式などもしっかり残せるので、間違えた部分も明白です。 添削指導も低学年のうちから年に9回ほど受けることができます。 月末に行う実力診断テストの結果を受け、自分専用の復習ドリルが届くので、 苦手分野も克服できます。 自分から勉強するようになって欲しいお子さんにはタブレット、読解力を伸ばしたい場合は紙の教材を選ぶと効果的です。 チャレンジタッチと他のタブレット教材を比較 チャレンジタッチと、他のタブレット教材である「すらら」「スマイルゼミ」を表で比較しました。 チャレンジタッチ すらら スマイルゼミ 料金 2,980〜 5,730円 7,480円 2,980〜 5,700円 使用端末 専用端末 ・PC ・スマホ ・タブレット 専用端末 対応教科 ・国語 ・算数 ・理科 ・社会 ・英語 ・プログラミング ・国語 ・算数 ・英語 ・国語 ・算数 ・理科 ・社会 ・英語 ・プログラミング 特徴 ・選択式 ・ゲーム ・景品 ・添削 ・記述式 ・無学年 ・質問可 ・動画 ・ドリル チャレンジタッチと他の教材を比較してみると、 料金は他の今日より比較的安めとなっています。 対応教科は 小学校で学ぶ4教科に加え、英語・プログラミングにも対応しているので、幅広いです。 特徴を他のサービスと比べると、 ゲーム機能があるなど、楽しく学ぶというところにフォーカスされています。 特に、 ポイントを溜めてプレゼントと交換できるのは、他のサービスには無い特徴。 お子さんの 勉強のモチベーションも高まりやすいです。 チャレンジタッチを使って勉強する際に親御さんがサポートしたい3つこと チャレンジタッチを使って効率よく勉強するために、親御さんがサポートしたいことがいくつかあります。 サポートしたいのは以下の3点。 勉強に取り組めているか確認する• 教材がお子さんのレベルに合っているか確認する• しっかりと休憩を取っているか確認する それぞれ解説します。 【サポートしたいこと1】勉強に取り組めているか確認する お子さんが勉強にきちんと取り組めているか確認しましょう。 タブレット学習は、 先生や講師がいないので、自分で勉強する意識がすごく大切になります。 お子さんの学習の進捗状況は、タブレットに登録したメールアドレスに届くように設定することで、確認することができます。 点数が低かったり、あまり勉強ができていなかったりするようであれば、 「最近勉強どう?」と声をかけてあげましょう。 どのように声をかけて良いか分からない場合は、 チャレンジタッチのまなびアドバイザーに、相談してみると良いですね。 【サポートしたいこと2】教材がお子さんのレベルに合っているか確認する 教材がお子さんのレベルに合っているか確認しましょう。 問題が簡単過ぎたり、難し過ぎたりすると勉強の効率が落ちてしまいます。 標準コースと応用コースをいつでも変更できるので、教科ごとの進捗や点数を確認し、適正なレベルに合わせてあげましょう。 【サポートしたいこと】しっかりと休憩を取っているか確認する しっかりと 休憩を取れているか確認しましょう。 タブレット端末を使い続けると目が疲れたり、姿勢が悪くなったりするので、 ある程度時間が経ったら休憩を取った方が良いです。 ゲーム機能があり、お子さんも長い時間タブレット端末を使いがちなので気をつけましょう。 チャレンジタッチには、「休憩を取ろう」とアラートが出る機能があるのですが、強制力がありません。 タブレットを使い過ぎているなと思ったら、声をかけるようにしましょう。 チャレンジタッチはこんなお子さんを持つ親御さんにおすすめ チャレンジタッチはこんなお子さんを持つ親御さんにおすすめです。 勉強があまり好きじゃないお子さんがいる人• お子さんの勉強へのモチベーションをあげたい人• タブレット学習の費用を抑えたい人 チャレンジタッチは、 選択問題が中心なので、勉強に取り組みやすいです。 ゲーム機能もあるので、 勉強があまり好きではないお子さんも、進んで勉強したくなるような環境を作ることができます。 勉強をするとポイントが溜まり、景品と交換することができるので、 勉強のモチベーションも高まりますね。 費用も他のタブレット教材と比べると 比較的安いので、学習費用を抑えて勉強することができます。 上記に当てはまる人は、ぜひチャレンジタッチを検討してみてください。 チャレンジタッチの利用手順を画像付きで解説 チャレンジタッチの登録手順を実際の画像付きで解説します。 ステップ1 入会の申し込みを選択 進研ゼミのHPに入り、 上側のタブから「進研ゼミ 小学講座」を選びます。 進研ゼミ小学講座のページに進むと、画面右側に 「入会の申し込み」というところがあるので、クリックします。 スマホでは、画面の一番上に申し込みのボタンがあるのでタップします。 ステップ2 講座を選択 申し込み画面に進んだら、講座を選択します。 各学年ごとに別れているので、受講したい学年を選びましょう。 ステップ3 教材の選択 次に教材を選択します。 まずは学習スタイルで 「チャレンジタッチ」を選択。 その後、初めてチャレンジタッチを申し込む場合は、 専用タブレットの説明を選択し、注意事項を確認しましょう。 タブレットを壊してしまった時に、通常より安い価格で交換してくれる 「チャレンジパッドサポートサービス」にも加入できるので、詳細を確認しておきましょう。 ステップ4 保護者・受講者・支払い情報の入力 保護者と受講者の情報を入力します。 その後、 支払い情報を入力します。 毎月払いと12ヶ月分一括払いで料金が変わるので注意しましょう。 支払い方法を下記の中から選んで、詳細情報を入力します。 クレジットカード払い• 郵便振込• コンビニエンスストア振込• 口座引き落とし その後、確定を押したら申し込みが完了です。 タブレットが届くのを待ちましょう。 配達までは少し時間がかかることがあります。 届いた後は、タブレットの初期設定が必要です。 お子さんが使えるようになるまで、少し時間がかかるので注意しましょう。 勉強が苦手なお子さんがいるならチャレンジタッチがおすすめ この記事では、チャレンジタッチを始める際に気になる以下のポイントを解説しました。 口コミ&評判• メリット・デメリット• 他のサービスとの比較• 勉強する際にサポートしてあげたいこと• 利用手順• スタディサプリが向いている人 チャレンジタッチは他のタブレット教材と比べると、 ゲーム機能や景品などがあり、楽しく勉強ができる教材です。 学校で勉強する 国語・算数・理科・社会の4教科に加え、英語やプログラミングまで学ぶことができます。 あまり勉強が好きではないお子さんがいるのであれば、一度検討してみることをおすすめします。 チャレンジタッチを使えば、 勉強好きになってくれる可能性も高いですよ。 また、 小学生・中学生のお子さんにおすすめのタブレット教材を、別記事でまとめているので、参考にしてみてください。

次の

チャレンジタッチとチャレンジオリジナルスタイルどっちがいい?違いは?比較してみた【進研ゼミ小学講座】

チャレンジタッチ おすすめ

タブレットの高級感と書き心地はもはや子ども用ではない! チャレンジタッチのタブレット スマイルゼミを1度経験すると、チャレンジタッチのタブレットはすこし劣ります。 そうは言っても、キャンペーンを使えば実質タブレット代は無料なので、信じられないくらいお得です。 チャレンジタッチはマイクが別で面倒・・・ チャレンジタッチの英語学習中 チャレンジタッチはタブレットにマイクが内蔵しておらず、付属のマイクをつなげる必要があります。 うん、面倒くさい・・・ 英語の発音練習をするたびに、マイクを持ってきてつながなきゃいけない。 スマイルゼミの英語学習中 その点、スマイルゼミはタブレットにマイク内臓なので、 タブレットに向かって発音すればOK。 チャレンジタッチのchallenge English 幅広い問題が学べて子どもの好奇心を刺激できた! タブレット教材は国語や算数などの教科科目だけじゃなく、生活やマナー、その他の幅広い知識が学べるのがうれしい点。 スマイルゼミとチャレンジタッチの違いは、 チャレンジタッチは 生活、しつけの教材が多い スマイルゼミは好奇心をそそる 知識系の教材が多い チャレンジタッチ チャレンジタッチは、アニメを通じて生活やマナー、思いやりを学べます。 他にも、動画教材がたくさんあって、量はスマイルゼミよりも上。 スマイルゼミ スマイルゼミ スマイルゼミは、知識系の動画が多いです。 上の写真は小学1年生の教材ですが、この時期から教科とは違う、たくさんのことが学べます。 我が家は、生活やしつけは親が教えれば良いけど、知識系はどんどん子どもの力になるからうれしいな。 と思って、スマイルゼミを選びました。 【補足】小学校教材の難易度は変わりません タブレット教材は、やさしい問題から応用問題まで幅広く対応してます。 なので、難易度はあまり考えなくても良いと思います。 ただ1点、 すごくお勉強に前向きな子はZ会やまなびwithをおすすめします。 基礎~応用を学ぶには最適、ハイレベルな応用は不向きって感じです。 「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の料金比較 スマイルゼミとチャレンジタッチには、• 学年による価格の違い• コース(標準コース、発展コース)の違い• 英語おオプションの違い によって、料金が変わってきます。 ざっくり言うと、 チャレンジタッチの方が安いです。 それでも、塾に通えば1教科5,000円は当たり前の時代なので、全教科学べて3,000円~6,000円はかなり割安です。 経済的にすごくやさしい料金と言えますね。 一日20分程度の学習量。 発展クラスがおすすな子• 学習習慣は身についている。 日々の学習量を増やしたい。 難易度の高い問題に挑戦したい。 今後、中学受験する必要がある。 まずは、標準コースを受けて、様子を見て発展コースに進もうと思ってます。 項目 料金 入会金 0円 解約・退会金 0円 6ヶ月以内で解約 タブレット違約金 29,820円 6~12ヶ月で解約 タブレット違約金 6. 980円 6ヶ月以内に解約すると、29,820円かかるので、入会には慎重にならないといけません。 入会金 0円 解約・退会金 0円 6ヶ月以内で解約 タブレット違約金 9,900円 チャレンジタッチも6ヶ月以内に解約すると9,900円かかるので、入会は慎重に判断しましょう。 MEMO時々、6ヶ月以内に解約してもタブレット料金がかからない時があります。 でチェックしてみましょう。 「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」のタブレット有償サポートの比較 タブレット教材で不安なところは、「壊れたらどうするの?」ってとこ。 両方の保証内容を知っておきましょう! スマイルゼミの有償サポート スマイルゼミは年間3,600円(月々300円)で「タブレット安心サポート」に入れます。 壊れた場合、 通常39,800円必要ですが、6,000円で交換できます。 引用:スマイルゼミ公式 チャレンジタッチの有償サポート チャレンジタッチは1,860円(月々155円)で「専用タブレットサービス」に入れます。 壊れた場合、 通常19,800円必要ですが、3,300円で交換できます。 引用: タブレット教材なら「チャレンジタッチ」より「スマイルゼミ」がおすすめ! 2020年に改定された新学習指導要領をご存知ですか? 英語学習に自信がありますか? 私はないです。 共働きもあって、英語を学ぶ量が確保できません。 それでも、スマイルゼミをはじめてから、1人で英語を学んですこし話せるようになってきました。 なにより 英語が好きになってきたみたい! 英語教育が必須になって、センター試験でも配分が高くなってる今、だからこそタブレット教材が強い味方になってくれます。 そして、もうすでに 4人に1人はタブレット教材をやっています! (ベネッセ調査結果).

次の

小学生の英語は家でチャレンジタッチ!おすすめの理由&口コミ体験談

チャレンジタッチ おすすめ

最初はチャレンジで始めて、途中でチャレンジタッチにするってこと?最初からチャレンジタッチにするよりなにがいいのかしら? 理由1:チャレンジとチャレンジタッチにはどちらもよさがある 当たり前ですが、紙には紙の、タブレットにはタブレットのよさがあります。 だから、どちらにしようか悩むのです。 悩むぐらいなら、両方のいいとこどりをしましょう! 理由2:小学校低学年では字を書くこと自体に慣れたほうがよい 低学年はまだ字を書くこと自体に慣れていないので、実際に紙に鉛筆で字を書く練習をする必要があります。 チャレンジタッチでも字を書く学習はできますが、やはりタブレットにタッチペンで書くのと、紙に鉛筆で書くのとは感触が違います。 学校ではまだまだノートやプリントなどの「紙」に書いて勉強するのが普通です。 テストももちろん「紙」です。 低学年で学校の勉強についていけないというお子さんは、授業の内容がわからないというよりも、「書くのが遅い」「漢字がまちがっている」「書いても字が汚くて先生に何度もなおされる」などの理由もあります。 まず、字を書くことに慣れるため、低学年では「チャレンジ(紙で学習)」で始めることをおすすめします! 理由3:小学校高学年は忙しく、勉強も難しくなってくる 学年が上がってくると、子供たちも習い事や交友関係でそれなりに忙しくなってきます。 中学受験をするしないにかかわらず、塾に行く子も増えてきます。 また、高学年になると学校にもすっかり慣れて要領がよくなり、反抗期が始まってきます。 しかし、勉強はだんだん難しくなってきて、チャレンジの問題も同じように難しくなってきます。 忙しい上に勉強も難しくなってくると、「チャレンジをやるのが面倒だなあ」となり、だらけてしまう子も多いのではないでしょうか。 そこで「チャレンジタッチ」を投入です! 今まであまりタブレットを使っていないお子さんなら、自分専用のタブレットをもらえるというだけで、気分が上がるでしょう。 なるほど!うちの子も自分用のタブレットをほしがっていたけど、いきなり渡すのは心配だったのよね。 チャレンジタッチで慣れてもらってから普通のタブレットを買ってあげるのもいいかも。 チャレンジタッチのいいところは、自分の答えが合っているかどうかがすぐにわかるところです。 まちがった問題はとき直しもできます。 つまり、自習にとても向いています。 低学年の頃は、勉強の時に「親に近くで見ていてほしい」「親にわからないところを教えてほしい」というお子さんが多いでしょう。 しかし、高学年にもなると、むしろ親に見られながら勉強するのはイヤなのではないでしょうか。 なので、高学年では、自分ひとりで勉強を進められる「チャレンジタッチ タブレットで学習)」をおすすめします! 【比較】スマイルゼミとチャレンジタッチ、どちらがいい? テレビのCMで「スマイルゼミ」っていうのもよく見るけど、「チャレンジタッチ」とどちらがいいのかしら? タブレット学習では、テレビのCMでもよく見るジャストシステムの「スマイルゼミ」も有名です。 ネットで「スマイルゼミ チャレンジタッチ 比較」などと検索すると、たくさんの口コミや比較サイトが出てきます。 それらを参考にされる場合は、情報が新しいものかどうか確認しましょう。 私もタブレット学習を検討する時に、いろいろな比較サイトや口コミを見ましたが、内容が古かったりまちがっていたりするものが結構ありました。 わが家では「チャレンジタッチ」を使っていますが、新しいプログラムが追加されたりと、タブレット学習はどんどん進化していています。 比較サイトや口コミを参考にした場合でも、最終的には公式サイトで正しい情報を確認することをおすすめします。 「スマイルゼミ」も「チャレンジタッチ」も、無料で試せる期間や、1か月だけ受講できるなどのキャンペーンをやっている場合があります。 どちらにしようか悩んでいる場合は、実際に試してみることをおすすめします。 「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の詳細な比較は、別の記事でお話しします。 valuecommerce. valuecommerce. 最初は紙の「チャレンジ」をやっていましたが、兄は5年生の3学期に、妹は2年生の3学期に、「チャレンジタッチ」に変更しました。 チャレンジタッチにした今、、、 2人ともものすごく勉強してくれるようになりました! チャレンジタッチで学習した子供の感想 「チャレンジタッチ」で実際に学習した子供の感想です。 2人とも「チャレンジタッチ」のほうが楽しいようです。 「チャレンジタッチ」のデメリットとして、一つだけ感想がありました。 毎月ついてくる読み物「わくわく発見BOOK」が、「チャレンジタッチ」だと読みにくいので、紙の時のほうがよかったそうです。 確かに、こういった読み物の冊子は、ネットで読むより紙でできた本で読むほうが読みやすいですよね。 読書が好きなお子さんだと、紙の「チャレンジ」のほうが好きという場合もありそうです。 親の感想 まず一番よかったのは、親の負担はめちゃめちゃ軽くなりました 笑 マル付けはすべてチャレンジタッチがやってくれますし、毎日どこまで進んだかメールでお知らせがくるので、いちいち子供に確認する必要がありません。 子供とメールの交換ができるので、子供たちは時々「ママ、勉強がんばるよ!」といったかわいいイラスト入りのメールを送ってくれます。 親から子供あてに送るメールもかんたんに書けます。 ちょっと面倒なときは、いくつかのコメントとスタンプがあらかじめ用意されているので、それを選ぶだけであっという間にメールができます。 忙しいパパママには、とても便利ですね。 そしてなにより、自分から進んで勉強してくれるようになったのがよかったです! 自分から進んで勉強してくれるなんて、すばらしすぎるー! 「チャレンジ」から「チャレンジタッチ」に変更した子供たちの変化 紙の「チャレンジ」の時には、少なからずイヤイヤやっている感じがありましたが 苦笑 、「チャレンジタッチ」に変更してからは、毎日あきずに取り組んでいます。 そして「標準コース」の問題をやり終えると、無料でできる「挑戦コース」の問題まで自主的にやるようになりました。 もし1年生の最初から「チャレンジタッチ」だったら、子供は「チャレンジタッチ=勉強」と感じて、そこまで楽しくできなかったのではないかと思います。 最初に紙の「チャレンジ」をしていたからこそ、「チャレンジタッチ」が「勉強」というより、遊びやゲームに近い楽しいものに思えるようです。 たしかに! 1年生の最初から「チャレンジタッチ」をやってたら、高学年になった頃にあきちゃってたかもしれないわ~。 これはわが家の場合なので、もちろん紙の「チャレンジ」でもきちんと勉強に取り組めるお子さんもいらっしゃるでしょう。 その場合は、無理に「チャレンジタッチ」に変更しなくてもよいと思います。 なぜなら、中学受験・高校受験・大学受験や学校の定期テストなど、重要な試験やテストは、まだまだ紙に書いて行われることがほとんどだからです。 valuecommerce. valuecommerce.

次の