バンジョー と カズーイ トラウマ。 バンジョーとカズーイの大冒険

バンジョーとカズーイの大冒険がいかに面白いか

バンジョー と カズーイ トラウマ

てりーです。 当ブログを読んでいる皆さま、最近ゲームしていますか? 私は最近、PS2の「牧場物語 Oh! ワンダフルライフ」というゲームをプレイしています。 マジで神ゲーですね。 過去牧場物語の記事を書きましたが、やはりシリーズ通して良作が多いかと思います。 さて虚しくなってしましたが、今回は64の名作ソフト「バンジョーとカズーイの大冒険2」について書きたいと思います。 また恒例ですが、私は2しかやっていないので1の事はよく分かりません笑 64ソフトの中でもかなりの優良ソフトなのではないかと思います。 私はマンボの喋り方が好きでした。 ヨ ア ヨ アア ヨ アヨ みたいな喋り方でしたよね。 バンジョーとカズーイの大冒険2とは バンジョーとカズーイの大冒険2』(バンジョーとカズーイのだいぼうけんツー)はレアが開発、任天堂が販売したNINTENDO64用アクションゲームである。 英語での名称は Banjo-Tooie だが、日本語訳が「バンジョー・つ~ぎ」となり語感が悪いため 1のラストの台詞及び仮タイトルはこれだった。 、日本ではこの名称に変更されて発売された。 当時としては珍しいドルビーサラウンドを搭載し、ワイド表示(スクイーズ)にも対応していた。 2009年にはマイクロソフトよりXbox 360のXbox Live Arcade対応ソフトとしてネットワーク配信・販売が開始された。 出典: 意外と売れなかったみたいです…面白いのに。 やはりNINTENDO64はソフトの拡販に苦戦したのを物語っています。 基本的なゲーム性は、通常のアクションアドベンチャーゲームと同じです。 ストーリーはジグソーパズルのピースを集めに行くゲームで、バンジョーと相棒のカズーイの二人を基本的には操作して進めていきます。 様々なアクションの要素が散りばめられており、どちらかというとクリアは難しい部類に入るのではないでしょうか? 当時は全部ジグソーを集められなかった記憶があります。 このゲームの魅力,思い出 出典 ユーザー泣かせの高難易度ゲーム 当時プレイしていた時は小学生でした。 小学生にとってあの難易度はマジで鬼畜でした。 ステージもそこそこ広く、イベントを探すだけでも一苦労でしたね。 グランティさんぎょうはもはやトラウマレベル。 レア社のゲームは難易度が高いものが多い気がしますね。 まさか最初いきなりボトルズが死んだところからスタートするとは誰も予想しなかったことでしょう。 やり込み要素が多い!ミニゲームが最高! バンジョーとカズーイの大冒険といったらやはりやり込み要素が人気の理由の一つでしょう。 ネット上でもその類の意見はやはり多かったです。 上記の内容と被る部分がありますが、全クリまでの必要なイベントが多い、というか多すぎます笑 そして、ミニゲームの要素も多くストーリーだけでは無い楽しさを味わうこともできました。 「タマゴばきゅーん」は友達とめっちゃプレイしました。 出典 背後からあの忍び寄る感じたまりませんよね。 レア社といえば007もありましたよね。 友達とプレイするならあのゲームに勝るものはないと思います笑 ホラー要素満載!ていうか怖えよ… レア社のゲームは全体的にブラックなストーリーが多いです。 しかし、その中でも本作はぶっちぎっていたと思います。 ・ゲームの序盤でボトルズ死亡 ・ジンジョーの王、キング・ジンガリンのゾンビ化 ・アイスキューブのカップルを殺害 ・問題になった例のED まぁ中々なラインナップです。 プレイしたことがある方ならば全て記憶されているかと思います。 当時はめちゃくちゃ怖かったので笑 今考えると、これも含めて良作だったなぁと思います。 もちろん怖かったですが、普段のストーリーは冒険感溢れるステージで、何より細かな演出なども施され流石レア社と言わんばかりのクオリティでした。 レア社ならではのブラックユーモアも味があると今なら思えます笑 まぁ当時は頭おかしいと思っていましたが… 補足、後書き このゲームは表紙がポップが故にとっつきやすそうに見えて完全な初見殺しゲームだと思います。 前作に比べて難易度は下がったみたいですが、それでも全然難しいです。 大人になった今だからこそチャレンジしてみたいゲームですね! まとめ.

次の

【バンジョーとカズーイの大冒険】みんなのトラウマ!サビサビみなと。実はあるキャラクターが隠れていた!#7【攻略・プレイ日記】

バンジョー と カズーイ トラウマ

と の 大冒険 英題:jo-oo とは、にから発売されたである。 開発は『』で有名な。 なは「バンカズ」。 ストーリー 「おまえの わ~~~かさと、かわい~~~さ いただくよ!」 の とトリの が暮らすやまのふもと。 彼らのを見下ろすようにそびえ立つのは、おそろしい のとりでです。 はもに向かって、で一番のはかと問いかけます。 もちろん自分と答えると思っていた でしたが、の答えはの という若くて子の名前でした。 「な~~~んぢゃと! わしよりきれいなコなど おるわけな~~~い!よ、にいくよ!」 その頃、 はねぼすけな を起こしにやまへとやって来ていました。 そう、 とは ののことだったのです。 の ボトルズとおしゃべりをしていると、からブなが飛んでくるのが見えました。 「ありゃゃゃ! わしより、ちょっっっとだけ きれいかも!」 は、たちまち に攫われてしまいました。 このままでは、 の身が危険です。 外の異変に気がついた は、この騒ぎでものんきにカ寝息をたてている を起こしました。 「ようすが おかしい すぐ おきて!」 を助け出すため、のとりでのてっぺんをします。 と の大冒険、はじまりはじまり! 概要 が向けに開発した及びその。 向けに『1』『2』が開発され、版も発売()されたが、が下となったことで、それ以降の続編である『』はでの発売となった。 のの基本である『』と較すると、庭の内で重要()を集めて先へ進んでいくという基本は共通しているが、に近い要素も含んでいる。 のにが入っているという一心同体の形態から繰り出される豊富なはどれもで個性に溢れている。 開始直後はど何もできないが、各内でを習うことで探索範囲は徐々に広がっていく。 『2』では『1』のを始めから使用可であり、その上で更に高度なを覚えていくため最終的には相当な数のが可になる。 内に会話できる対が多く、専用のも多数存在する。 を駆使して的地まで行くというよりも、のを解いたり人助けをしたりといった要素が多く盛り込まれている。 これらの特徴は『1』と『2』の間にが開発した『』も踏襲しており、こちらもほぼ同じ基本でされている。 作品一覧 で発売されたのみ記載。 バンジョーとカズーイの大冒険 (、)• (、)• (、) 移植作品• バンジョーとカズーイの大冒険 ([]、税込13円)• ([]、税込0円)• バンジョーたちの仲間又はヒントをくれるキャラ• その1。 心やさしい(オス)であるが、最近の片鱗を見せる。 で言うと下の本体部分に当たり敵の攻撃を受けるのはにこちら。 ではになっていたが の都合のでパワな旧来の姿に。 その2。 のサックに入ったメスの。 メッタな発言を良く放つ。 で言うと上のに当たり、移動、打撃、撃、飛行など様々な動作が可な万であるためが居ないとどうしようもないという場面がすごく多い。 【1】• 1のみに登場し、2ではいないことに対するがあったりする。 ボトルズ【】• 各地のでたちにを教えてくれる。 割と面な性格。 2では1にあったを教えてくれるが、本人はの作った装置のせいで…• マンボ・【】• ドクロの頭を持つの。 昔のだったという話もある。 1ではたちをでさせることで冒険をする役、 2ではと交代することで自分で操作でき、はかなり低いがで仕掛けを動かせる。 また、2ではも居る。 フンバ・ウンバ【2・】• 東洋系のでやたら高等身な女、見た感じ。 2でををさせるのはこちら。 【2】 につけるのはなんじゃ?じゃー。 ボトルズの。 いかにもな軍人で、各地のハッチで2からの高等なを教えてくれる。 ・ン【2・】• のでの装置の者。 ボギー【】• やまに棲んでいたの。 2ではホット山に引っ越していたが、ものぐさになっており、かなり太っていた。 ゴビ【1・2】• いつもをめているがとトリに吐き出させられる可哀想な。 1では一越しの移動をしていた。 ロッゴー【1・2】• 1ではマッドナイトまんしょん、2ではさんぎょうに設置されていた。 ・【】• 元はらしい。 1では船底から塊を引き上げを依頼され、2では屋をやっていた。 チイト【1・2】• の持っていた。 1ではとりでのどこかに隠れており、見つけるとチイトを教えてくれる。 2ではそれが原因でにを破かれてしまったため、を集めるとチイトを教えてくれる。 【1】• ののうち一マな。 のの生態が聞ける。 グポット(おナベ)【1・2】• がを使うために使用していた。 1では最終のへぶっ飛ばしてくれる。 2で立たない所にいるが、最終前のの消費を全回復してくれる。 ・ル【2】• 石炭のカリ。 石炭だが炎に強く体が崩れても気(実体ではないのかもしれない)。 のシュッポーのボイの中におり、始めはこうざんのとして立ちはだかるが、倒すとシュッポーを動かして間を移動や輸送を手伝ってくれるようになる。 グランチルダの一味• 【】(因みに本名は「・・バニ」ではないかと思われる。 三代に渡ってとなる長年の。 2ではになり、で出た3では頭しかなかった。 ゴ【】• の助手。 1では時のでのみ登場。 2では敵として3回登場するが、あまりにな職場のため、2の最後で辞めてしまった。 ミン【2】• 抜群の痩せたで頭はいいほうらしい。 ウベルダ【2】• を上回るで頭は良くないらしい。 詳しくはの「」の記事を参考にすると良いだろう。 は「」。 本人く、全てのを創造したのとも言うべき存在。 顔は初のと言われている「」の画面になっている。 以上にをバンバン放り込む。 たちの戦いを「時代遅れ」と切り捨て、これからの流行りにちなんだを用意する。 をかけたりと化したをスなボディにさせたりなどのを発揮している。 ・() な。 同名のがにも登場していたが、全くの別人。 ジョリート(2ではジョリー・)• ビトルズ• ク アイテム *なを紹介します。 同様に… *内は出ているを示す。 あつめるアイテム ・(・ピース)【】 2・では・ピースという名だが、の形をした「・ジギ・ウィギー」などもいる。 1・2共に各に10ヶずつある。 を開けるのに必要。 1ではの絵が書かれたに欠けた枚数だけはめ込んで使うため消費だが、2は集めた数に応じてに兆戦し、すれば開くというものであるため減らない。 版では、全部で個ある。 あらかじめのに必要なの数が書かれているので、その数のを集めるとそこに行けるようになる。 は「ジグジグましん」から取り出してに預けないと意味がない。 各のの合計が一定以上になるとプ([]ごとの区切りの)を開けることができる。 2ではト音(下記)と合わせて各にヶある(拾うとそのままされる)。 にを教えてもらうのに必要であるが1より簡単に集まる。 版では、ドタンバたうんでの役割を果たしている。 のや設計図を買ったり、を聞いたり、自身を鍛えたりするのに使う。 、、の3種類あり、値打はが一番高くてが一番低い。 ト音【2】 プ4ヶ分の価値がある。 【1・2】 いわゆる体()である。 敵を倒したり、の巣などを壊すと手に入る。 1では、これが全部なくなると(本作品では体とが区別されている)が減る。 ()【1】 が1つ増える。 これが0の状態でがなくなると。 2ではは止され限に可となった。 1の画面は何故か怖い。 【】 の最大値が増える。 1では6ヶ集めた時点で増え、2ではBというこうげんにいるに一定量のを持っていくことで増える。 に各2ヶずつある。 版では、やまののチャ中に出てくる。 どちらかというとに近い。 ドクロ【1】 のをマンボ・にかけてもらうための。 一定量をもっていないとをかけてもらえない。 一度渡せば次回からは必要がない。 2では止され、代わりに「ーボ」(下記)というが存在する。 いーぱんぼーかん。 ーボ【2】 ウンバとマンボにをかけてもらうための。 1で言うドクロ。 ドクロ同様一度渡せばよい。 巨大なーボもおり(本作品に一つ)、はやしにいるウンバに渡すとにしてもらえる。 【1・2】 1では、のでに閉じ込められ、2では、村へのの進入により驚き出したという。 1では、に違う色のが5匹いて、1回でを集めることによりがもらえる。 2では中に散らばった同じ色のを全て集めることによりがもらえる。 ちなみに、2ではどこに何色が配置されるかであり、の進行にすると言われている。 また、2にはもいる。 チイトの【2】 1の後ギレたによって破かれてしまったチイトの。 各に散らばっており、2のの砦にいるチイトに返してやると一定量集めるごとにを教えてもらえる。 アクションに使用するアイテム *基本的に消費。 系は一に設置されて取得すると一間時間で使用される。 ちなみに紹介するは単体では使えないが、単体は使える。 いハネ【1・2】 台・を使用し、中やぎょらいをする為に必要な。 枚まで持てる。 のハネ【1・2】 ー()をする為に必要な。 10枚まで持てる。 【1・2】 発射して敵を攻撃する。 個まで持てる。 以外は2のみ登場。 何の特徴もないの。 1はこれのみ。 個まで持てる。 なお、1では一部地域でとしても使われている。 ー 炎をった。 火をつけたり明かりに利用したりできる。 個まで持てる。 ば どう見てもな。 強な威を持ち一部障物を破壊できる。 個まで。 冷気をまとった。 敵を凍らせることができるが、仕掛けを解くのに使うほうが多い。 個まで。 発射するとが生まれ、一間でき、爆破もできる。 10個まで。 あしながくつ【1・2】 これを履くと足が長くなり、沼や流砂の上を事ができるようになる。 ターボシューズ【1・2】 これをはくことにより移動が上昇する。 2では、も走ることができる。 スグシューズ【2】 これを履いてAを押すと1回だけ物凄い高さのが出来る。 飛んだ後は解除される。 【2】 これを履いてのあるにを倒すとそのに沿ってを登ることができる。 レアアイテム *は1ではその場で自動され、一回入手すると新たなを作っても再度入手不可なので、最初から手に入れている状態である。 しかも意味ない。 元々1で手に入れた物を2に引き継げるようにする予定だったのが、そのやり方が電をつけたままを差し替えるという強引な物だったため没になったらしい。 その名残で2では1にあったが1の(敵?)の中に入っており、〇配信版では引き継ぎ機がされている。 【1・2】 1では、ウォーザーの、2は村のから入手可。 1ではチイト(自体では一回も表示されない)を入することにより氷のがなくなり中へ入ることができる。 2では、ーボ入手時に必要。 秘密の(な)【1・2】 1ではあちらこちら。 2でも、あちらこちらにあるから入手可。 1では同様にチイトを入すると現れたり、新たな入口ができたりする。 からビーチのの入手は困難。 2では、しんでんにいるヘッギーに渡すとなを教えてくれる。 ステージやワールド(エリア)に設置してあるもの。 台・【1・2】 がいハネを使ってを飛ぶ為に必要。 台・【1・2】 が(高い)をする為に必要。 可動式の物もある。 ヅカ【1・2】 ボトルズがいるところ。 1ではを、2では1で覚えた基本を教えてくれる。 再度話しかけるとそこで教わるに関係すると体を補充してくれる。 のハッチ【2】 1でいうヅカ。 プを渡すことによってを教えてくれる。 用はだけ。 用はだけで行かなくては教えてくれない。 ちなみに、教わる前は、後はとの色が変わる。 そこのに関係すると体を補充してくれる。 【1】 各に1つずつ設置され、踏むととりでのなかのどこかにが現れ、いは取れるようになる。 【1・2】 色々な絵が描かれた。 ののものはそのでしか踏めない。 それ以外のはそこにかかれた絵から想像できるようなことがおきる。 【1】 と(とりで)を結ぶ。 帰るときはここに立てばよい。 2とは見たも意味も異なる。 のおナベ【1】 のとりでに2つ一組で設置されており、起こすと使用可になる。 同じ色のおナベ同士が繋がっており、2つとも起こした状態で飛び込むともう片方にさせてくれる。 【2】 にいくつか設置してあり(原則5ヶ)、そのの上に立つことでそのが使えるようになる。 2つ以上見つけると見つけた間を行き来することができる。 ラノと以外全てのが使える。 ロ【2】 に一つずつある。 いわゆるの。 使用方法はほぼ同じ。 セパレート【2】 が描かれた方の上に立ってAを押すとが分離し、バンジョーとカズーイそれぞれ単独行動が可になる。 交代はセパレート上がスワップ上でA。 もう一方にぶつかればどこでも再できる。 スワップ【2】 単独行動時にを変えられるくもの。 通常はでそこの間に入ると色になり、Aを押すと変更。 の上や呼ばなければならないの隅など必要な場所に適宜配置されている。 マンボ【2】 マンボがを使う為の。 【2】 ?が描かれた看。 しんでんのなか以外は読むことができる。 遠回しなが多く、ほとんどの人がわからない。 しんでん内のはチイトにより読むことが可になる。 でを助けると、そのの色のがもらえる。 このは「・ンのきゅうでん」で必要になる。 チャでいい功績を残したときにもらえる。 4つで1つと交換できる。 ちなみに、の「」は関係ないと思われる。 ステージ一覧 ワールドマップ。 一部あり。 やまのふもと のがある。 ここにはが6つあり、1こ分が増えるようになっている。 ここでボトルズに基本を覚えさせてくれる。 敵はばかりである。 のとりで が住んでいる砦。 の形をしている。 中にはプなど、たちの冒険を妨するさまざまな仕掛けがある。 また、各へ入るためのピースをはめる所(以下パ)もここにある。 ちなみにパに近づくと、それぞれのの雰囲気のされたになる。 ステージ• マンボまうんてん 最初ので、基本をふんだんに使う的な。 池・急斜面やくちばしで壊せる小屋などがある。 マンボによるはで斜面に強い。 一応 はである。 からビーチ 名からわかるように、のである。 縦が長いで、前よりが上がっている。 にはのスナッがいるためあまり長に泳いではいられない。 チイトなどから教わったを入するすなのしろがある。 はやどかりの。 ここにある ックあいらんどに、ひみつのがある。 のどうくつ 第一の。 の巨大であるがいると濁っただらけの。 前2とは打って変わって暗い雰囲気で、3とは思えないを誇る。 特にを開放するのに苦戦を強いられたのは私だけではないだろう。 その上、を助けないとどうしようもないという点もが、開放さえできれば後はそこまで厳しくなく、一気に取れるが増える。 基本的にであり、しかけのも格段と上がっている。 結構見つけづらい所にいるはの・スニの集団。 ブクゲコぬま 2のクイのように薄暗くてドロドロだが、生命に満ち溢れた沼。 やなど会話できるが多い。 しかけのが多い。 このの沼に落ちると、に喰われてしまう。 ちなみに敵はやなどの沼に関するものが多い。 マンボによるは。 これならば、沼を安全に渡れる。 本作品で一攻撃ができるである。 のいフリビッツは集団でとなる。 やま 地面がや氷で覆われていて滑りやすい。 中央には大きながあり、そのがのようになっている。 ここのも非常に冷たいため、体を奪われてしまう。 個性的なが多い。 マンボによるはで、冷に耐性がある。 ウォーザのどうくつにあるは、 入によっての後ろの氷のが壊れ、入手可。 気になっていた人も多いはず…。 ゴビさばく まるでに来た気分になる。 からピラミットからなどなど。 ここは特に解きが多い。 また、熱砂は触ると前の逆で非常に熱いため、体を奪われてしまう。 ここには、2でも大活躍するのゴビがいる。 ゴビのこぶを見るとくちばしをしたくなるのは、したことのある人ならだれでも思うだろう。 ちなみに、 最後にゴビがを出してくれるところの後ろのラはチイトによって開き、ひみつのがある。 マッドナイトまんしょん 第二の。 中をにいかにもなョのお屋敷とらしき建物がとなる。 が全体的に暗く、荒れ果てた屋敷やお墓まである。 構造が複雑で、解き要素もあり、プ集めを苦戦するところである。 マンボによるは。 マンボににされないように気をつけよう。 ちなみに、 倉庫の閉ざされているとロッゴーの上にひみつのが出現する。 第三の。 まるでのようなに浮かぶ一艘の船。 そのはによって汚され、通常の2倍のが必要。 また、そのに浮いているだけでもが削られるというひどいだ。 また、船探索も難しく、一見小さなのように見えるが、実はとても大きなである。 まさかのところにいるスナッ。 本作品一の一撃必殺にのはいい。 しかも時間制限付き。 ・・ボックスというらしいが一いる。 船内のに、でおなじみのコンがいるが、こいつがのは…。 ちなみに、 船内にひみつのがある。 カッッチ 何が固いのか、とそういう意味ではなく、の針が動く音。 前2のウサをらすかのごとく底抜けに明るく楽しいになっている。 その名にふさわしく、このはエンから4つのに分かれており、それぞれが同じ場所のに繋がっている。 はから始まりに終わるようになっている。 そのため、を立てておくと先の季節にそれが反映されるが多い。 ただし、広さが4倍のためプ集めは相当苦労する。 マンボによるはで、他の季節へは移動できない。 ただし、マンボはには暑くて職務放棄。 は掃除で職務。 は寒くてsyしている(やまについて突っ込んではいけない)。 こののパはとりでのごく序盤に見つかるが、台がなく、がはめられない。 注意深く見てみよう。 のザはで、集団でに突っ込んでくる。 ちなみに、をの内に全て食べてしまうッツはであることが、行くとわかる。 の やっとの思いでとご対面。 ここでは溶岩の上にパが敷かれており、パ上でこの作品についてのいはこの作品でやったのチャなどが出され、それをすることで先のパへ進める。 に関するはによって答えがかわるものがあり、2周だからと言って侮ってはいけない。 最終 を救出した後、とりでの頂上でとの最終をすることになる。 最終前前のエンには4つのプがあり、もし開けられれば・いハネ・のハネを最大までに補充できるようになる。 そして最も数値が高いプのにはパがあり、を4つはめ込むとなんと最大が倍増する。 そして、ここのグポットに入ると、との戦いが始まる。 のは技の性もさることながら攻撃方法を5回も変えてくるという物凄いしぶとさを誇り、上記の必要条件を満たせる腕前を持ったが全で向かっても苦戦必至である。 スマブラ参戦。 のでバンジョーとカズーイが登場するのは約19年振りの出来事である。 繋がりでコンァーが出迎えてくれる参戦の心憎い演出に、胸が熱くなった往年のも少なくないだろう。 のを意識してが岩の下敷きにまけ付き。 の性としては、通り2人1組一心同体ので戦うことになる。 相変わらずばかり働いていると思いきや、もや崖捕まりで頑ってる様子が確認できる。 では、『1』でにメを刺したジョネーターが登場する模様。 バンカズ参戦に伴い新たに追加された「やま」では、自体が回転するが仕込まれている他、ボトルズやも出演している。 関連動画 CM・PV BGM プレイ動画 TAS RTA スマブラ 没データ 関連商品 関連項目• 外部リンク•

次の

バンジョーとカズーイの大冒険

バンジョー と カズーイ トラウマ

てりーです。 当ブログを読んでいる皆さま、最近ゲームしていますか? 私は最近、PS2の「牧場物語 Oh! ワンダフルライフ」というゲームをプレイしています。 マジで神ゲーですね。 過去牧場物語の記事を書きましたが、やはりシリーズ通して良作が多いかと思います。 さて虚しくなってしましたが、今回は64の名作ソフト「バンジョーとカズーイの大冒険2」について書きたいと思います。 また恒例ですが、私は2しかやっていないので1の事はよく分かりません笑 64ソフトの中でもかなりの優良ソフトなのではないかと思います。 私はマンボの喋り方が好きでした。 ヨ ア ヨ アア ヨ アヨ みたいな喋り方でしたよね。 バンジョーとカズーイの大冒険2とは バンジョーとカズーイの大冒険2』(バンジョーとカズーイのだいぼうけんツー)はレアが開発、任天堂が販売したNINTENDO64用アクションゲームである。 英語での名称は Banjo-Tooie だが、日本語訳が「バンジョー・つ~ぎ」となり語感が悪いため 1のラストの台詞及び仮タイトルはこれだった。 、日本ではこの名称に変更されて発売された。 当時としては珍しいドルビーサラウンドを搭載し、ワイド表示(スクイーズ)にも対応していた。 2009年にはマイクロソフトよりXbox 360のXbox Live Arcade対応ソフトとしてネットワーク配信・販売が開始された。 出典: 意外と売れなかったみたいです…面白いのに。 やはりNINTENDO64はソフトの拡販に苦戦したのを物語っています。 基本的なゲーム性は、通常のアクションアドベンチャーゲームと同じです。 ストーリーはジグソーパズルのピースを集めに行くゲームで、バンジョーと相棒のカズーイの二人を基本的には操作して進めていきます。 様々なアクションの要素が散りばめられており、どちらかというとクリアは難しい部類に入るのではないでしょうか? 当時は全部ジグソーを集められなかった記憶があります。 このゲームの魅力,思い出 出典 ユーザー泣かせの高難易度ゲーム 当時プレイしていた時は小学生でした。 小学生にとってあの難易度はマジで鬼畜でした。 ステージもそこそこ広く、イベントを探すだけでも一苦労でしたね。 グランティさんぎょうはもはやトラウマレベル。 レア社のゲームは難易度が高いものが多い気がしますね。 まさか最初いきなりボトルズが死んだところからスタートするとは誰も予想しなかったことでしょう。 やり込み要素が多い!ミニゲームが最高! バンジョーとカズーイの大冒険といったらやはりやり込み要素が人気の理由の一つでしょう。 ネット上でもその類の意見はやはり多かったです。 上記の内容と被る部分がありますが、全クリまでの必要なイベントが多い、というか多すぎます笑 そして、ミニゲームの要素も多くストーリーだけでは無い楽しさを味わうこともできました。 「タマゴばきゅーん」は友達とめっちゃプレイしました。 出典 背後からあの忍び寄る感じたまりませんよね。 レア社といえば007もありましたよね。 友達とプレイするならあのゲームに勝るものはないと思います笑 ホラー要素満載!ていうか怖えよ… レア社のゲームは全体的にブラックなストーリーが多いです。 しかし、その中でも本作はぶっちぎっていたと思います。 ・ゲームの序盤でボトルズ死亡 ・ジンジョーの王、キング・ジンガリンのゾンビ化 ・アイスキューブのカップルを殺害 ・問題になった例のED まぁ中々なラインナップです。 プレイしたことがある方ならば全て記憶されているかと思います。 当時はめちゃくちゃ怖かったので笑 今考えると、これも含めて良作だったなぁと思います。 もちろん怖かったですが、普段のストーリーは冒険感溢れるステージで、何より細かな演出なども施され流石レア社と言わんばかりのクオリティでした。 レア社ならではのブラックユーモアも味があると今なら思えます笑 まぁ当時は頭おかしいと思っていましたが… 補足、後書き このゲームは表紙がポップが故にとっつきやすそうに見えて完全な初見殺しゲームだと思います。 前作に比べて難易度は下がったみたいですが、それでも全然難しいです。 大人になった今だからこそチャレンジしてみたいゲームですね! まとめ.

次の