梅雨入り 関東。 梅雨入り、気象庁が発表。関東甲信、東海、北陸、東北南部

関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

梅雨入り 関東

今日は6月11日、東京は午前中は晴れていましたが、午後からは曇りです。 気温は27度。 うちのは今が見ごろです。 一輪切手仏壇に供えました。 は 今日の梅雨入りを発表しました。 「九州北部と、北陸、それに東北南部が梅雨入りしたとみられる」。 11日午前11時のことです。 日本全土が同時に梅雨入りですね。 によりますと、本州付近にのびる前線と暖かく湿った空気の影響で、西日本と東日本を中心に大気の状態が不安定になっており、「梅雨入り宣言」になりました。 各地の梅雨入りは、平年と比べて九州北部で6日、で3日いずれも遅く、北陸と東北南部で1日早くなっています。 また、去年と比べて九州北部で15日早く、、北陸、東北南部でいずれも4日遅くなっています。 けでなく、ゴーヤもつるを伸ばしています。 蔓は放っておくとほかの植物に絡んでいく。 うちのもに絡んでいましたね。 ほどいて正しく伸ばしました。 きれいに実をつけてほしいですからね。 もヴェランダに絡んできました。 このの種は、去年咲いたの種です。 今年も昨年同様元気に育ってほしいです。 qmushimeganeq.

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

梅雨入り 関東

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

梅雨入り 関東

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が、当初の2020年5月6日までから、5月末日までに延長されました。 外出自粛、在宅勤務など、私たちの生活に大きな影響を与えています。 さて、6月の声を聞くと予想されるのが梅雨入り。 2020年はどうなっていくでしょうか。 1.関東甲信の梅雨入り予想 まず、そもそもの梅雨入り予想について、あるサイトには「気象庁が発表した2020年の梅雨入り」とありますが、気象庁のホームページを見ても、2020年4月28日現在で梅雨入りの予想について日付は明記されていませんでした。 参考 ここでは平年の梅雨入りと昨年の梅雨入りについて記載されています。 それによると、関東甲信地方では、平年は 6月8日ごろ、昨年は 6月7日ごろとなっています。 「~ごろ」と日付を明記していないのは、梅雨入り(梅雨明けも同じ)は、例年5日間くらいの幅をもって示されるもので、その真ん中の日をとって梅雨入りの日としているからです。 2.気象予報会社の梅雨入り予想 一方で気象予報会社では独自に梅雨入り予想を発表しています。 ウェザーニュース社によると、2020年の関東甲信地方の梅雨入りは例年より遅くなり、 6月中旬とされています。 昨年の梅雨入りは6月7日ごろでしたが、それより1週間程度遅くなるとのことです。 引用元 6月には新型コロナウイルスによる緊急事態宣言はどのようになっているでしょうか。 はたして収束の方向に向かうのか。 3.私の愛用している晴雨兼用傘 以前にこのブログでも紹介しましたが、私は晴雨兼用傘を持っています。 楽天で購入 >>関連記事 また今年も活躍してくれるでしょう。 4.関東甲信地方の梅雨明け予想 梅雨入り予想に続いて、梅雨明け予想です。 先ほどの気象庁のホームページによると、関東甲信地方の梅雨明けは、平年で7月21日ごろ、昨年は7月24日ごろとなっています。 5.気象予報会社の梅雨明け予想 2020年の関東甲信地方の梅雨明けは平年並みかやや早く、昨年と比べると 一週間ほど早くなります。 引用元 6.梅雨はなぜ起こるのか、子ども向けに説明があった 梅雨がなぜ起こるかということについて、子ども向けに説明しているサイトがありました。 オホーツク海気団と、先ほどの小笠原気団のふたつ……の間には、東西に梅雨前線(ばいうぜんせん)という境目(さかいめ)ができて停滞(ていたい)します。 冷たい空気とあたたかい空気のおし合いがおこり、これが、日本の上に、たくさんの雨をふらす原因(げんいん)となっているのです。 とても分かりやすい説明です。 お子さんに聞かれたら、このサイトをみて、説明してあげてくださいね。

次の