クリスタ 動くイラスト。 CLIP STUDIO EXでアニメーション動画を作りたいのですが、アニメ...

クリスタでGIFアニメをつくろう!動くイラスト機能

クリスタ 動くイラスト

制作ソフトについて CLIP STUDIO PAINT イラスト制作のソフトですが、冒頭でも書いたようにCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を使いました。 クリップスタジオは、「クリスタ」と略して呼ぶことが多いようですね。 公式サイト クリスタの発売は2012年5月ということなので、Photoshopなどのメジャーな画像編集ソフトに比べて圧倒的に歴史は短いです。 しかしPhotoshopにも劣らない機能の豊富さ、イラストや漫画に特化した機能、発売元のセルシスの宣伝活動なども奏効して、クリスタ公式サイトによれば、2018年現在では売上No. 1、利用率No. 1、50校を越える教育機関で導入されたとのことです。 機能的には、画像編集ソフトの通常機能を網羅しながら、イラストや漫画に特化した機能も充実しています。 公式サイト これだけたくさんの機能があれば、使いたい機能がない!なんてことはなさそうです。 趣味でイラストを描くぶんには申し分ないでしょう。 クリスタの種類 クリスタにはいくつか種類があるんですが、個人がイラストや漫画を描く目的で使うクリスタは、「CLIP STUDIO PAINT PRO」か「CLIP STUDIO PAINT EX」のどちらかになります。 EXはPROの上位版で、複数ページの原稿の管理ができます。 PROだと単ページの管理しかできないので、もし複数ページの作品(典型的には漫画)を扱いたい場合はEXを利用する必要があります。 私の場合は単ページのイラストを描くのがメインで、漫画を描いたとしてもせいぜい単ページだろうってことで PROを選択しました。 販売形態は4種類 PROもEXも販売形態は4種類あり、購入価格(利用料)は以下のようになってます。 [PC]パッケージ版・ダウンロード版 パッケージ版とは、Amazonや家電量販店などでも購入できる箱付きのソフトのことです。 一方、ダウンロード版はファイルをダウンロードしてインストールするだけです。 私は家にモノを増やしたくないので、ダウンロード版(Windows)を買いました。 ちなみに、PC版は以下の条件下であれば、メインPCとサブPCを合わせて2台までインストールして使うことができます。 ・ユーザー自らが占有、管理しているコンピューターにインストールすること。 ・製品の使用者をユーザー自身とユーザーが指定する作業補助者1名に限定していること。 ・製品を同時に使用しないこと。 メインとサブのコンピューターが異なるOSでも問題ありません。 例:Windows 10とmacOS 10. 12等 公式サイト あと、ダウンロード版にはPROとEXともに 体験版があって、30日間無料でフル機能を試せます。 PC版を購入するなら、まずは体験版を試すのがよさそうです。 [PC]バリュー版 PC向けにはバリュー版というのもあります。 これはiPadのサブスクリプション版と似ていて、要するに月額で利用できる形態です。 バリュー版は数ヶ月使うだけならお得だけど、10ヶ月ほど使えばダウンロード版の方が安くなるので、普通にダウンロード版の方がお得です。 というかPhotoshopなどの編集ソフトの価格と比較すれば、クリスタはめちゃクソに安いので、社会人なら普通にパッケージ版かダウンロード版を買えばいいでしょう。 [iPad]サブスクリプション版 iPad向けにはサブスクリプション版があります。 iPadには買い切りタイプの販売形態はなくて、このサブスクリプション版だけが提供されます。 ちなみにサブスクリプションとは、月額・年額の費用を払うことで利用を継続できる形態ですね。 最近のソフトウェアの販売ではよくサブスクリプション形式がとられてます。 このiPad向けのサブスクリプション版は、1年の一括契約だとべらぼうに安くなります。 たとえばPROの場合、年額2,800円を12ヶ月で割ると、月額240円になります。 通常の月額契約だと500円なんで、年額だと半額以下の計算になります。 iPadでクリスタを使いたい人は迷わす年契約すべきでしょう。 私も年契約してます。 ちなみに、2018年現在、iPad版の EXには6ヶ月の無料期間があります。 これは無料体験版とは違っていて、契約してから6ヶ月間は無料で、それ以降は自動的に正規の料金がかかるというものです。 6ヶ月使って見てやっぱりやーめた!という場合は解除の手続きをとらないといけません。 iPad版の PROには無料期間はないので、体験したい場合はEXを申し込む必要があります。 こちらの場合も、6ヶ月が経過したところで、辞める場合は契約を解除、やっぱりPROがいい場合は契約を変更、このままEXでいい場合はそのまま契約を続行することになります。 [iPhone]サブスクリプション版 2019年12月から、iPhone版の提供も開始されました。 iPhone版もiPad版と同様に、サブスクリプション(iPhone版では月額のみ)での提供になります。 iPhone版のクリスタは、毎日1時間までの使用なら費用は一切かからず全ての機能を使うことができます。 日に1時間を超える場合は、PRO版(月額100円)かEX版(月額300円)を支払うことで使用を継続できます。 PC版とiPad版の両方を契約(購入)した個人的な理由 ここまで読んで、「なんであき山はPC版とiPad版の両方を使ってるんだ??」と思った人もいると思います。 これには個人的な理由がありまして。。。 以下つらつら書いてみます。 板タブを買った 今から5年ぐらい前に「いっちょデジタルイラスト描いてみるか!」と謎に一念発起して、下のリンクにある板タブ(板状のペンタブレットで、液晶がないもの)を買ったんですよね。 実際に板タブを使ってみたら、これが超~使いにくい。 当たり前なんですが、描画される絵は画面(正面)にあり、ペン先は下(机の上)にあるので、直感的に描くことは難しいです。 慣れると結構いけるらしいですが私は早々に挫折しました。。。 で、この板タブを買ったときに、クリスタのPC版を購入したんですよね。 でも板タブを使わなくなったので、クリスタも使わなくなって放置してました。 板タブはその後、sofmapのオンライン買取サービスに申し込んで売却しました。 ちなみに、sofmapの買取サービスは今「ラクウル」っていう名前になっていて、以前それに関する記事も書きました。 記事 Apple Pencilを買った さて、次に転機があったのが、Apple Pencilを買ったときです。 我が家には元々iPad Pro 10. 5インチがあったんですが、「なんか評判もいいみたいだし、いっちょペンシルでも買ってみるか~」って謎のノリ(2回目)でApple Pencilを買ったんですよね。 そしたらめちゃくちゃ使いやすい!しかもコンパクトなので日常的に使える!本当に衝撃でしたわ。 iPadで最初に使っていたアプリ 最初は「 Adobe Photoshop Sketch」というアプリを使って落書きしてました。 これが意外といい感じなんですよね。 凝った機能はないけどシンプルなので、それだけイラストに集中できます。 しかも無料です。 我が家では、子ども達は未だにこのアプリを使って絵を描いています。 クリスタみたいに高機能だと子どもには難しいけど、このアプリなら複雑な操作もなくて使いやすいようです。 そしてiPad版を契約 そんな感じで「iPad+Apple Pencil」の超お手軽なイラスト作成環境が気に入ったので日々遊んでいたところ、2017年の暮れ頃にクリスタのiPad版がリリースされるとの情報が出ました。 ちなみにこの時点ではiPhone版のクリスタはまだ発売されてません。 iPhone版は、iPad版から2年後の2019年12月にリリースされました。 これは買うしかない!!ということで速攻でクリスタのiPad版の利用を決めたわけです。 iPad版とPC版の使い分け という流れで、我が家にはiPad版とPC版の両方があるんですよね。 iPad版を使うようになったらPC版はますます出番なくなるんじゃ?と思うところですが、これが意外とPC版も使ったりするんですよね。 というのも、クリスタには同じアカウントでログインしていると、クラウドでイラストを同期させることができます。 iPadだと面倒な操作は、PC版にデータを渡してPC上で作業するという感じでしょうか。 公式ページ また、iPad版とPC版では微妙に機能が違ってたりします。 たとえば、出力形式の種類の違いとか(PCの方が多い)、カメラ機能とか(iPadのみ)あるようです。 また、2018年の11月にリリースされた最新版の機能「自動彩色」なんかは、今のところPC版だけの機能です。 両方持ってると両方の機能を試せてるので便利?です。 あとブログ用に画像の加工をしたりするときにも、最近はPC版のクリスタを使うようになりました。 今まではGIMPを使ってたんだけど、GIMPの癖のある動きがいつまで経っても軽くイライラするので「もうクリスタでいいんじゃね?」ってことで、クリスタを画像加工用としても使い始めました。 実際に描きながら思ったこと 「iPad版クリスタ+Apple Pencil」で最強の落描き環境が整ったわけですが、この環境を使って描いたのが冒頭に紹介したイラストです。 これを描くとき参考にしたのが、クリスタを提供している株式会社セルシスが運営する「CLIP STUDIO PAINT 使い方講座」と「イラスト・マンガ描き方ナビ」です。 この2つの公式サイトには、全部見きれないぐらいたくさん実例が紹介されていて、これを見ているだけで描き方についてはGoogleのお世話にならなくてもいいぐらいです。 「CLIP STUDIO PAINT 使い方講座」には、キズナアイのキャラクターデザインでも有名な森倉円さんの使い方実例なんかもあって、とても参考になります。 というか見てるだけでも楽しいです。 線画を作成 では、ここから実際に描いて見た経過を紹介します。 イラストもクリスタの操作も不慣れなんで「へえ」ぐらいで読んで貰えればと思います。 まずは線画を作成します。 何となく考えていたコンセプトを、だいたいの感じで下描きしていきます。 下描きの線を薄い水色にして、その上から清書の線を入れていきます。 意外にも想像してた雰囲気に近いぞ!ってことで気分が上がってきました。 髪の描き方(下のレイヤーでクリッピング) 髪を塗る前に「さて、どうやって塗ったものか。 というか、そもそも塗り方がわからねえ~」とずっと思案してました。 そこで色々調べた結果、今回は上記のクリスタ運営サイトにある「イラストを華やかにする目 瞳 と髪の塗り方」を参考にすることにしました。 よし!なんだか行けそうな気がする。 (初心者の妄想) 参考ページで紹介されてて、目から鱗だったのが「下のレイヤーでクリッピング」という機能。 何なのかというと、要するに「あるレイヤーで塗った色を、別のレイヤーで塗り可能範囲に設定できる機能」です。 Photoshopなんかでは昔からある機能のようですが、髪を塗るときに、いちいちはみ出すことを気にしなくてよくなるのでとても便利な機能です。 実際に「下のレイヤーでクリッピング」を使ってみた感じを、下の絵で説明してみます。 まず、髪色のレイヤーを1つ作成して、はみ出さないように髪を 薄い茶色で塗ります。 あとで濃い色を足していくので、ここでは少し薄めの色で塗ります。 先ほど塗ったレイヤーの上に、「下のレイヤーでクリッピング」で新たなレイヤーを作ります。 これで先ほどの薄い茶色以外の部分は塗れなくなりました。 そこで、 少し濃い茶色を乗せていきます。 マスクがかかってるので、はみ出しを気にせずにざくざく塗れます。 さらに、 濃い茶色を乗せるために、先ほどと同じように「下のレイヤーでクリッピング」でさらにレイヤーを用意して、濃い茶色で塗っていきます。 髪色のレイヤーよりも上に、髪の光ってる部分(ハイライト)を塗るためのレイヤーを作成し、白色を乗せていきます。 ってことで髪色は完成。 今回は髪の面積が狭いのでこんな適当でも良かったのかもしれないけど、もっと面積が広くなると難易度が上がりそうです。 全体完成 髪以外の部分も色々と塗り足して、ようやく完成。 細部の描き込みのとき解像度が足りないと感じたので、もう少し大きくしておけば良かったかなと。 まとめ というわけで、私のイラスト制作環境や参考ページなどについてお話ししました。 リビングでくつろぎながらお絵描きなんて、最高峰にゆっくりできるじゃないですか。 (ブログのタイトルを回収) 2018年に発売された11インチと12. 9インチのiPad Pro(第2世代のPencilを使えるiPadです)は、最小メモリ構成でも9万円~12万円ほどします。 2019年秋に発売された10. 2インチのiPad(第7世代)なら32GBモデルで税別34,800円なので、お安くお絵描き環境を導入できます。 このiPadに第1世代のApple Pencil(税別10,800円)とクリスタ(年額2,800円)を足せば、最強のお絵描き環境の誕生です。

次の

【講座】CLIP STUDIO PAINTうごイラ作成講座 【第1回うごくイラスト制作の手順】

クリスタ 動くイラスト

3Dデッサン人形や写真からの線画抽出機能など便利すぎる機能が多数搭載されている 絵描きをダメにするペイントソフトクリスタ そんなクリップスタジオ実は4K解像度のディスプレイにも対応しているんです。 ライトノベルの表紙のようなアニメ塗りやギャルゲ塗り、ソシャゲ塗り、筆塗りといった線画の魅力で勝負するディフォルメチックな画風に一番使われるクリップスタジオ 果たして4Kも解像度が必要なのかは謎ですが4K画質でも描けるに越したことはありません。 クリスタを4Kで起動しているスクショ twitterでクリスタを4Kで動かしている絵師さんのツイートを集めて見ましたので参考にどうぞ RT 来ましたねワコムの4Kでか液タブ!!ちなみにクリスタを4Kで使うとこうなります。 — さしみさん sashimichi 4Kモニタだとクリスタが細かい。 クリスタ使ってマンガをカキカキ。 画面が4Kになって描きやすいです。 アナログテレビとスマホのスマホの画面を想像していただくと分かりやすいです。 アナログテレビに対してスマホのは画面がかなり小さくて文字も細かいけど スマホの方が解像度が高く実際には読みやすいですよね。 4Kだと重くなる ただしクリスタを4K解像度で使うとそれなりにハイスペックなマシンじゃないと重くなってしまいす。 イラストを描くには普通の2K画質で十分なので4Kで描くために新しくパソコンを購入する必要はないと思います。 4Kで絵を描くのは難しい イラストの解像度を高くするとすごく描くのが難しくなります。 キャラクターを描くのであれば 実際には4Kでは描かずに画像の長い方の辺が2000pxぐらいになるように解像度を設定することをおすすめします。

次の

【クリスタ】重い!?クリップスタジオは4K解像度でも動くのか!?

クリスタ 動くイラスト

「解像度」という言葉は一般的には 絵を描くときの密度のようなものとざっくり考えられていると思います 「解像度」の数字が上がればより細かく描けて逆に小さいと描き込みにくくなる・・・、間違ってはないですがそれだけでは足りない要素もあるので関連用語も含めてしっかり理解しておきましょう。 キャンバスサイズの「px(ピクセル)」は「コンピューターの画面上」で画像が何画素で構成されているかを表している パソコンやTVなどのディスプレイは 小さな 点の集合体で映像や画像を表示しています、「px(ピクセル)」とはディスプレイ上の小さな点を指す単位で「1px」が最小となり0. 5pxなどは存在しません。 クリスタでキャンバスサイズを決めるときに 「px(ピクセル)」という単位を見かけると思います。 上の設定の場合は幅(横)にピクセルが800個、高さ(縦)にピクセルが600個存在しているキャンバスであることを示しています。 「px(ピクセル)」はディスプレイ上の単位と概念だと覚えておきましょう! 「ピクセル」と「ドット」は似たような言葉だけど微妙に違う! 「ドット」という言葉を聞いたことがあるかもしれません、こちらも点を表す言葉ですが 「ドット」の概念に色の情報を加えたものが「px(ピクセル)」となります。 ざっくり言ってしまうと、 「ドット」は印刷時に関係する言葉で「px(ピクセル)=画素」はコンピューター上での言葉と考えておくと流れが理解しやすくなるかもしれません。 「解像度(dpi)」は「1インチ内にドットがいくつあるか」を表している 「解像度」は画像の密度を指していて単位である「dpi」は「dots per inch(ドット・パー・インチ)」の略語です、「解像度」とは「1インチ内にどれだけのドットが入っているのか?」を示す単位になります。 たとえば72dpiは1インチの縦横それぞれに72個のドットがあり、600dpiなら縦横に600ずつのドットが集まってできている画像ということになります。 54cm」とされ32インチのTVは対角線が約81cmとなります 理屈として上のようになるため、 解像度の数字を大きく設定しておくと印刷時のドット1つ1つを細かく表現できるために結果として画像の画質も上がるんだという流れになるわけです。 ただし!「解像度(dpi)」は基本的に「印刷想定時に気にする数字」である 前述の通り「解像度」は印刷時に1インチあたりをどれほど細かいドットでプリントするかという話なので、実は モニター上で描いてて印刷を絶対しない絵ならばあまり気にしなくていいという言い方もできます。 「解像度」は「1インチ内にドットがいくつあるか?」を示すわけですが、 パソコンやタブレットなどのディスプレイ上ではインチの概念は関係ありません。 あくまでも 「現実(リアル)の世界での大きさを示している」のがインチと言う単位です。 つまり印刷しない絵に関しては単位が「px」なら解像度は「72」のまま大きくする必要はありません、幅と高さで設定する「ピクセル数」さえ大きく取っておけばその分細かく書き込めます。 逆に 印刷を想定している絵を描くなら解像度は「72」では不足なので「300」(モノクロなら600)以上と高くし、実際に印刷される用紙サイズ(A4やB4など、単位もcmやmm)に設定して作画しましょう。 注意!「解像度」とモニターの「画面解像度」は別モノである 「解像度」をややこしく感じさせる要因の1つが、ここまで紹介してきた 「解像度」とパソコンなどのモニターの 「画面解像度」という言葉がやや 別種である点です。 「解像度」は解説したように「1インチ内にドットがいくつあるか?(72dpi、600dpi等)」を表す単位ですが、 「画面解像度」という場合は パソコンのモニタに表示される「総画素数」を表しています。 縮小する際は作業中のキャンバスを開いたままの状態で [メニューバー]-[編集]-[キャンバスサイズを変更]で表示される小窓で変えられます。 逆に 印刷想定の場合は前述のように実際に印刷するサイズ(A4など)を単位cmやmmで入れてカラー印刷なら最低300dpi、モノクロ印刷(漫画含む)なら最低600dpiに設定して行います。 「アンチエイリアス」処理について 通常、クリスタなどのペイントソフトでカラー絵を描くときは 「アンチエイリアス」という画像の補間的処理がなされています。 規定サイズも使ってみよう、絵は大きく描いて縮小しよう サイズ規定のしっかり設定しているマンガ原稿などはともかく、イラストやpixivにあげたい絵のサイズは自由すぎて逆に戸惑うかもしれません。 提出用データを過剰に大きくしているとアップロードや読み込みに時間がかかり良くないですが、 基本的に作成時は前述のように大きく描いておけば後でキャンバスサイズを小さくしてどうとでもできます。 もし悩むようなら最初は 「規定サイズ」を使ってみましょう。 新規キャンバス設定の小窓で「カスタム」部分をクリックすると様々な用紙の規定サイズが表示されるので、まずそれを使用して慣れてきたらあなたなりの設定でやるといいかもしれません。 解像度とキャンバスサイズの変更方法、ならびに注意点 最後に、 作業中に解像度やキャンバスサイズを変更する方法とその際に注意すべき点をまとめます。 Youtubeでも同じような内容が見れます! 基本的には、イラストや漫画の制作途中で解像度は上げられないと思っておこう 新規キャンバスとして絵を描き始めて、途中でキャンバスサイズを変更したくなる状況もあるかもしれません。 その際は [メニューバー]-[編集]で「キャンバスサイズを変更」をクリックします。 キャンバスを右や下に広げたい場合は、 基準点でキャンバスの配置を左上にずらした上で数字を入れます。 ・・・とキャンバスサイズを広げる場合は紙を付け足すような感覚で気軽に行えますが、 解像度を変更するのはすでに描いてきた絵が荒れる原因にもなるので基本的にはあまり行いません。 変更自体は [メニューバー]-[編集]で「画像解像度を変更」で行なえますが、イラストやキャンバスのサイズも同時に変わることを覚えておきましょう。 なによりも最初のキャンバス制作時に解像度を入力する際に間違えないよう、注意して行うことが大切です。 実は自分のこのアイコン絵も勝手にTwitterアイコンに使用している人が数人見つかっています、当人にも直接伝えたり著作権違反をTwitter側に伝えてもどちらも取り合ってくれませんでした! ・・・とネット上に上げた画像を使われるのは防ぎようのない場合もありますが、 高解像度の絵を勝手に印刷されたりグッズに使われることを防ぐ方法はあります。 300、600などの高解像度で作成した絵や漫画をアップロードする際は 解像度を72にさげておきましょう。 クリスタの解像度とキャンバスサイズについてのまとめ 解像度とサイズの概念は最初かなりとっつきにくい部分だと思います。 でも理屈を考えながら描いていると少しずつ理解していけると思うので、あきらめずがんばってください。

次の