どんな とき も wifi 試し。 「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi(無限WiFi)」どっちがおすすめできるの!?

【どんなときもWiFi VS めっちゃWiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

どんな とき も wifi 試し

「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」は、どちらもデータ容量が完全無制限のポケットWiFiとして大人気です。 Twitterなどの口コミを見ても、「どんなときもWiFiとMugen WiFiの2択で悩む!」という声をたくさん見かけました。 では実際にどっちがおすすめなのか?皆さんも気になるところでしょう。 この記事では両サービスの料金や速度、キャンペーンなど全てを比較し、どちらが優れたサービスかを決定しました。 結論を先に言うと、 どんなときもWiFiは通信障害を起こしてネット使い放題ではなくなっているので、Mugen WiFiの方が絶対におすすめです。 その他のおすすめ理由も詳しくお伝えしていくので、ぜひ最後までご覧ください。 プラン ー 格安プラン アドバンスプラン 初期費用 3,000円 月額料金 3,480円 3,280円 3,880円 キャンペーン いつでも解約サポート 30日おためし全額返金保証 発送日 最短当日 最大速度 150メガ 通信制限 なし 連続通信 12時間 同時接続 最大5台 解約違約金 最大19,000円 最大9,000円 どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランで提供されている端末はまったく同じです。 Mugen WiFiではもう一つの端末としてアドバンスプランが選べます。 液晶画面が付いていてスマホのような感覚で持ち運びでき、翻訳機能やバッテリー機能が使えるすぐれもの。 格安プランと比べて月600円も高くなってしまうのがデメリットですが、海外旅行や海外出張によく行く人にはおすすめです。 実をいうと、どの端末も「uCloudlink」という会社が製造元なので、速度や性能を比較しても全く変わりません。 どんなときもWiFiとMugen WiFiで比較できるポイントは以下の3つだけです。 それでは詳しく見ていきましょう。 月額料金を比較 どんなときも WiFi Mugen WiFi 初月 3,480円 日割り 3,280円 1~24ヶ月目 3,480円 3,280円 25ヶ月目~ 3,980円 3,280円 2年間の総額 87,000円 82,000円 上の表では、どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランを比較しました。 月額料金はMugen WiFiの方が200円安いです。 2年間の支払い総額で比較すると、どんなときもWiFiより5,000円お得になります。 毎月たった200円しか変わらないの?と思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引キャンペーンが終わってしまうので3年目以降は割高になってしまうんです。 Mugen WiFiはずっと月額3,280円なので、利用期間を気にすることなく安心して使い続けることができます。 だだし、初月が日割り料金になりません。 例えば、契約日が月末で数日しか使っていない場合でも、月額3,280円がまるまる請求されてしまうということになります。 できれば月初めに契約することをおすすめしますが、初月が日割り料金になってもならなくても、Mugen WiFiの方がどんなときもWiFiより安く利用できますよ。 海外利用でもMugen WiFiの方が安い どちらも海外利用できる画期的な端末を提供しているので、海外でもWi-Fiを使いという方もいらっしゃるでしょう。 その場合、月額料金とは別途で下記のネット使用料がかかります。 このように、コスト面ではMugen WiFiの方が圧倒的に優れています。 キャンペーンを比較 次に、キャンペーンを比較していきます。 月額料金と違って数字で比べることができないのでどっちが優れていると決めるのは難しいですが、 Mugen WiFiの方がお得なキャンペーンを実施しています。 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiでは解約時のサポートとして指定のインターネット回線に乗り換えることで違約金を全額負担してくれるキャンペーンを実施しています。 サポート窓口で確認したところ、下記のインターネット回線から選ぶことが可能です。 SoftBank光、auひかり、So-net光、ビッグローブ光、broad光 with 東日本、broad光 with 西日本、Yahoo!BB Broadband、Broad LTEしかし、これからポケットWiFiを契約する人にとっては2年後、3年後の解約について考えても仕方ないでしょう。 いつでも解約サポート以外には、先ほど紹介した2年間の月額割引キャンペーンしか実施されていないので、今のところお得なキャンペーンは実施されていません。 Mugen WiFiの「30日おためし全額返金保証」 Mugen WiFiでは、申し込みから30日以内の解約であれば支払ったお金が全額返金される安心のキャンペーンを実施しています。 つまり、1ヶ月間はお試しで利用できるということです。 返却手数料1,000円と端末返却時の郵送料が数百円かかってしまいますが、初期費用3,000円も月額料金も全て戻ってくるのでかなり嬉しいキャンペーンと言えます。 もちろん、解約違約金もかかりません。 適用方法は、Mugen WiFiの問い合わせフォームから「30日おためし全額返金保証」の旨と「解約理由」「決済番号」を連絡するだけ。 あとは、申し込みから30日以内に端末一式 端末・ケーブル・説明書・個装箱 を専用窓口に郵送すれば完了です。 Mugen WiFiに限らず、ポケットWiFiは利用環境によって通信が不安定になる可能性が高いです。 お試し期間として1ヶ月も利用できるのは他にはない大きな魅力でしょう。 解約違約金を比較 どんなときもWiFi Mugen WiFi 1年未満 19,000円 9,000円 1~2年未満 14,000円 5,000円 3年目以降 9,500円 0円 上の表では、途中解約時に請求される違約金を比較しました。 解約違約金においても、Mugen WiFiの方が圧倒的に安いです。 どんなときもWiFiよりも1万円ちかく負担を抑えられます。 しかも、3年目以降は解約違約金が0円になるので、最初の2年間さえ継続利用すればあとはいつ解約しても大丈夫です。 また、Mugen WiFiは2年後から端末の返却が不要です。 どんなときもWiFiの場合は、解約後に端末を返却しないと機器損害金として18,000円も請求されてしまいます。 月額料金が安いだけでなく途中解約時の負担も限りなく少ないので、どんなときもWiFiよりMugen WiFiの方がおすすめです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、Mugen WiFiはどんなときもWiFiよりもサービス面で充実しているので絶対おすすめできます。 どちらも提供している端末が同じなので速度面や性能面は比べる必要がなく、「料金・キャンペーン・解約違約金」の3つを比較するのが肝要です。 Mugen WiFiでは30日間のお試しキャンペーンを実施しているので安心して利用できます。

次の

どんなときもWiFiを固定回線として使えるか試してみた!

どんな とき も wifi 試し

「3キャリアのLTE電波が使える」「しかもデータ容量使い放題」「なのに月額3,480円」ということで大変人気が出てきています。 中の人の話によると かなりのユーザーが「WiMAXからどんなときもWiFiに切り替えている」ようです。 ところが、 使う人が増えてくるとどうしても「悪い噂」は流れるもの。 サービス開始から約半年。 「どんなときもWiFiはめちゃくちゃ遅い」「どんなときもWiFiは制限がある」「どんなときもWiFiは圏外になる」といった 悪評がチラホラ聞こえるようになってきました。 どんなときもWiFiの悪い評判について、その実態をSNSや口コミサイトを使い、贔屓目なしで調べて検証してみました。 これからどんなときもWiFiを申し込もうかどうしようかと迷っている方は、ぜひ参考にしてください。 お客さまご自身の責任においてご利用ください。 どんなときもWiFiに関するTwitterでの悪い評判 TwitterでどんなときもWiFiに関する否定的な意見を検索してみました。 同じ様な失敗をしないためにも、どんなときもWiFiを検討中の方は必見です。 どんなときもWiFiの速度に関する否定的な意見 8Mbpsは遅い?高画質動画も止まらず見れて無制限に使える 1枚目 どんなときもWiFi 2枚目 Broad WiMAX W06 横浜市にて。 10倍くらい違う😭この時間帯だけだけど何回か測定して数値ほぼ変わらず😭どんなときもWiFiしばらく使って、あ〜やっぱ遅いっす、てなったらWiMAXに戻ろうかな。 ポケットWi-Fiで50Mbps以上も出るのは異常です。 また、遅いとは言え夜の9時台で8Mbpsも出るのは割と優秀という印象。 高画質動画であっても止まらずに視聴できる速度なので無制限に使えることを考慮すれば十分ではないでしょうか。 ダウンロードが遅い気もするが動画は止まらない どんなときもWiFi 最近ふと思ったのが、YouTubeやストリーミング系はものすごく早いんですが、ダウンロードとかは数字より遅い気がする… あくまでも体感で10M出てるとき1~2Mぐらいのスピードでダウンロードされている感じ。 まぁ問題はないのですが、参考までに… — ぬもっち numocchi どんなときもWiFiだけに言えるわけではありませんが、 ポケットWi-Fiは全般的に上りの速度が遅いです。 いわゆるアップロードの速度ですね。 重たいデータを送るときや、SNSに動画をアップするのに使います。 5Mbpsくらい出ていれば日常使用に支障はありませんが、仕事で大容量のデータを送ることがあるのであれば意識しておきたい数字ですね。 「どんなときもWiFi 遅い」で検索しましたが、 むしろ「WiMAXが遅いからどんなときもWiFiに変えた!」という声が多く、それこそ「どんなときもWiFi速い」といった意見のが実は目立っていました。 いくつかピックアップして貼っておきます。 どんなときもWiFi、13時50分測定 Softbank回線 結構速いぞ〜 — おまわり aqbfx どんなときもWifi 速度はまずまず EvernoteとiCloudの同期でテザリングでのデータ消費が多かったので、データ制限ないので安心して使えそう。 — masakazu masakz 今日のどんなときもWi-Fi実測、電車内(大阪地下鉄)の速度。 何回か測ったけど 流石に通信速度は上下するねぇ。 — wifi gyun gyun mitarasi321d どんなときもWiFiの結果。 「遅い」よりも「速い」の声のほうが多いという驚きの結果が出ています。 PS4のオンラインゲームもできている 7月よりWiMAX2+から「どんなときもWiFi」に替えましたが、ゲームも動画も問題ないし、プロバイダのメールも要らないし、料金も他より少し安いし、口座振替もできるので良いです👍 少し大きいかな。 スマホサイズ。 ナルクル. 関西の住宅街でもこれくらい出ます! 家庭用インターネットとしても十分使えます。 YouTubeのHD再生、PS4のゲームもできてます! SoftBankAirではこんなに速度出なかった。 なんだかんだで役に立ってる、どんなときもWiFi。 ゲームも問題なくできているというツイートはけっこう上がっていました。 単純なスマホゲームはもちろん、PS4もできているというのは貴重な意見です。 「データ容量無制限」の恩恵を活かせるのは動画だけではありません。 オンラインゲームでも、その力を発揮できています。 わざわざ光回線を工事しなくて済むのは一人暮らしの方ならかなりうれしいですよね。 どんなときもWiFiの端末が届くのが遅いのか 注文して2日で届いた 最近話題のどんなときもWiFiを申し込んでみた! 3日で20GB使おうが、1ヶ月で200GB 使おうが完全無制限で1ヶ月3480円 税抜き で利用できます! 申込日が7月21日で、人気がありすぎて届くの遅いらしいので、また届いたらツイートします! 参考がてらにどうぞ😆 — 投資家ぺけ peketoushika 1ヶ月使っている方の「通信速度制限感じない」ツイートがありました。 しかも WiMAXから乗り換えた方の声なので信ぴょう性が高いリアルな意見ですね。 電車でも不自由なく使えるのも大きなメリットと言えます。 「どんなときもWiFi 制限」で検索しても、ただの一人も「制限された」「無制限じゃなかった」という声が出てきませんでした。 無いことを証明するのは不可能()ですが、 「どんなときもWiFiは本当に無制限である」と十分証明できたのではないでしょうか。 どんなときもWiFiのエリアは広いは本当か? 使えるのは3キャリアのLTE回線である どんなときもwifi ひと月使ってみたけど、どんなときもsoftbankです。 また、au docomo のプラチナバンドに対応してないんじゃないかなぁ。 au も docomoのスマホも持っているけど、、softbank圏外でau docomo 使える山岳地帯、どんなときもwifi は圏外で使えないから。 おそらくソフバンの圏外だったんだと思う。 そこでドコモやauには切り替わらなかったのよね。。。 ドコモもauも圏外の地区なら理解できる。 — ヒビクラ hibinokurashi1 ドコモとauが繋がりにくいという声がチラホラ上がっていました。 電波が悪いエリアで使おうと考えている方は「ソフトバンクが繋がるかどうか」を確認にしてから申し込んだほうが良いですね。 速度や制限に関してはほとんど問題がない「どんなときもWiFi」でしたが、 エリアに関してだけは少し注意が必要のようです。 特によく使う場所がそもそも電波が悪い地域の方は、ソフトバンク回線がつかながるどうかがポイント。 電波の良し悪しを特に気にする方は事前のチェックを忘れないようにしましょう。 WiMAXよりは断然良い どんなときもwifi、通勤で片道1時間使ってみた。 当たり前だけどエリア広すぎ。 通勤中、時間にして半分くらい圏外になるWimaxとは月とスッポン。 全く圏外無し。 モバイルwifiはエリアが大切と実感。 電車をよく使う方からすると死活問題ですからね。 LTE回線を使ったポケットWi-Fiならではのメリットと言えるでしょう。 USBケーブルやストラップが壊れたら18,000円は本当? どんなときもWiFiはレンタル品にUSBケーブルを含めているのがくせ者です。 破損しやすい部品なので、気をつける必要があると思いました。 「どんなときもWiFi」に確認したところ、USBケーブルもストラップも返却不要。 壊れていても18,000円の損害賠償金は取られません。 間違った情報が拡散されているのは、ちょっと気分がよろしくないですね。 こちらがサポートに確認したスクリーンショットと、Twitter公式アカウントによる回答です。 お問合せありがとうございます。 送料はお客様負担 それ以外のUSBケーブルや取扱説明書は必須ではないですがお持ちであれば一緒にご返却頂けると幸いです。 競合他社と同じ金額ですので、これもミスリードでしょう。 「どんなときもWiFi」に対するネガティブキャンペーンではないか?と思います。 ネット上の誰だかわからない人の言葉を鵜呑みにするのはやめましょう。 ヤフー知恵袋のどんなときもWiFiの悪評 ヤフー知恵袋で「どんなときもWiFi」と検索しましたが、ユーザーからの「詐欺だ」的な投稿は1つもありませんでした。 むしろ 「どんなときもWiFiってどうですか?」という評判を気にする投稿ばかりですね。 まだ始まったばかりの新しいサービスなので、みなさん気になっているのでしょう。 実際に使っている人の本音はTwitterの方が参考になるので、まだ気になる方はTwitterで「」と検索してみましょう。 あくまでポケットWi-Fiなので光回線のように「上りも下りも100Mbps以上出る」というわけではない。 ただし、動画視聴などは全く問題なくできる。 データ容量は本当に無制限で使える。 5人で使っても制限なし。 エリアは注意が必要。 ソフトバンク回線がエリア外の場所では圏外になる可能性あり。 新幹線や地下鉄では問題なく使えているという報告多数。 PS4のオンラインゲームも問題なくできている。 今なら割引キャンペーンの適用で2年間は 月額3,480円で完全使い放題になっている「どんなときもWiFi」。 デメリットが全くないわけではありませんが、 他のポケットWi-Fiに比べれば大した問題ではないでしょう。 制限なしで好きなだけポケットWi-Fiが使いたい方は、実際に使っている人たちのリアルな声をふまえつつ、ぜひどんなときもWiFiをご利用ください。

次の

【検証】どんなときもWIFIが夜に遅いか実際に測ってみた!|WIFIスクール

どんな とき も wifi 試し

トップ画像引用元: どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの共通点は3つ! 画像引用元: どんなときもWiFiとめっちゃWiFiには大きな共通点が3つあります。 モバイルWi-Fiルーターのスペック• 使用出来る回線の種類• 速度制限の条件 モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、上記3つは大きな比較点ですが、どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの2社には違いはありません。 提供しているモバイルWi-Fiルーターのスペックは同じ 提供しているモバイルWi-Fiルーターのスペックは下記表の通りで全く互角です。 項目 めっちゃWiFi どんなときもWiFi ルーター U2s D1 最大下り速度 150Mbps 150Mbps 最大上り速度 50Mbps 50Mbps 同時接続台数 5台 5台 重量 151g 151g バッテリー容量 3,500mAh 3,500mAh 連続使用可能時間 12時間 12時間 見た目も全く同じなので、モバイルWi-Fiルーターのスペックでは2社を比較することは出来ません。 使用できる回線の種類も同じ どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの使用する回線は、• ドコモ• ソフトバンク の4G LTE回線を使用しています。 提供しているモバイルWi-Fiルーターが、エリアや電波状況で自動で回線を切り替える、次世代型のクラウドSIMを搭載している点も共通です。 回線の種類も同じ、クラウドSIMのシステムも同じなので回線の品質で2社を比較するポイントにはなりません。 速度制限の条件も同じ どんなときもWiFiとめっちゃWiFiは、どちらも 通常利用では速度制限にかからない点を公式ホームページで記載しています。 違法ダウンロード等のネットワーク回線の不正利用と判断される時• ネットワークの占有と思わしき大容量の通信を短時間で行った時 上記に該当するユーザーのみ速度制限の対象になる可能性だけ示唆されているので、一般的な使い方では2社で速度制限になることは無いでしょう。 どちらも速度制限とは無縁なので、毎日たっぷりデータ通信を行いたい人にはおすすめです。 比較ポイントは「月額料金」「契約年数と契約解除料」「海外利用」の3つ! 「モバイルWi-Fiルーターのスペック」「使用する回線の種類」「速度制限」の点で互角というのが分かりました。 したがって、2社を比較するポイントは 「月額料金」「契約年数と契約解除料」「海外利用」の3つに絞られます。 この3点を徹底比較していきましょう。 どんなときもWiFiの月額料金と契約年数と契約解除料 画像引用元: どんなときもWiFiの月額料金と契約年数と契約解除料についてまとめたのが下記の表です。 料金プラン名 データ放題プラン ベーシックデータ放題プラン 1~24ヶ月目までの月額料金 3,480円 3,980円 25ヶ月目以降の月額料金 3,980円 4,410円 契約年数 2年 2年 契約解除料 9,500円~19,000円 9,500円~19,000円 支払い方法 クレジットカード 口座振替 どんなときもWiFiは支払い方法によって契約できる料金プランが変わりますが、サービス内容に違いはありません。 月額料金が安さで、どんなときもWiFiの契約を考えているなら クレジットカード払いで契約した方がおすすめです。 どんなときもWiFiはクレジットカード」と「口座振替」に対応! どんなときもWiFiの決済方法は クレジットカードと口座振替に対応しているので、クレジットカードを持っていないユーザーでも契約可能です。 モバイルWi-Fiルーターを提供している会社にはクレジットカードでしか契約出来ない会社も少なくないので、口座振替を希望するユーザーには敷居が高くなりがちです。 どんなときもWiFiなら口座振替で契約できるので、クレジットカードを持ちたくない人や、様々な事情で持てない人にもおすすめできる会社です。 口座振替は月額で約700円高くなるので注意! どんなときもWiFiは口座振替に対応していますが、クレジットカード払いと比較すると月額料金は高くなるので注意が必要です。 クレジットカード払いと口座振替の差額約500円と、口座振替手数料200円が上乗せされるので、クレジットカード払いと比べて 約700円高くなります。 契約年数後は月額料金が高くなるので2年時に一旦解約推奨 どんなときもWiFiの契約年数は2年ですが、2年後の月額料金は割引が無くなるので、引き続き安く利用したいなら、 更新月で一旦解約をするのがおすすめです。 更新月を逃してしまうと解約時に契約解除料がかかってしまうので、安く利用し続けるには解約の手間を挟むので、ネットが使えない時期が出る可能性もあり、不便に感じるかもしれません。 解約の手間を考慮するとどんなときもWiFiは、• 利用は2年と決めているユーザー• 解約の手間を厭わないユーザー に向いています。 めっちゃWiFiの「月額料金」「契約年数と契約解除料」 画像引用元: めっちゃWiFiの月額料金と契約年数・契約解除料をまとめたのが下記の表です。 めっちゃWiFiは「クレジットカード」のみで口座振替は未対応 支払い方法はクレジットカードのみ対応しており、 口座振替ではめっちゃWiFiを契約することが出来ません。 契約年数に限らず料金は常に3,480円で固定は嬉しいポイント めっちゃWiFiの月額料金は 契約年数に限らず3,480円で固定されており、契約年数に関わらず月額料金が上がることはありません。 どんなときもWiFiは契約して2年後に月額料金が上がるので、お得に利用したい人は一旦解約の手間を挟む必要がありましたが、めっちゃWiFiは解約する必要がありません。 その為、めっちゃWiFiは 「2年以上の長期利用を考えているユーザー」におすすめです。 25ヶ月目以降は契約解除料0円なのでいつでも解約可能もメリット めっちゃWiFiは2年間の契約期間を経過した後でも、 契約解除料0円でいつでも解約できるのもメリットの1つです。 どんなときもWiFiは2年後に1ヶ月訪れる更新月を逃すと、再度2年契約となり解約時に契約解除料が発生してしまいます。 めっちゃWiFiは2年後には0円で解約できるので、更新月を逃しても好きなタイミングで乗り換えできるのは嬉しいポイントです。 次の章では、どんなときもWiFiとめっちゃWiFi、「月額料金」「契約年数と契約解除料」で比較するとどちらがおすすめなのかを考察してみました。 「月額料金」「契約年数と契約解除料」で比較するとどちらがおすすめ? どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの月額料金・契約年数・契約解除料の情報を基におすすめのユーザーは下記のようになります。 25ヶ月以上の長期利用なら「めっちゃWiFi」の方がお得に利用できる!• 契約して2年後も月額料金は3,480円で固定• どんなときもWiFiと違い、お得に利用する為に一旦解約する手間が無い 契約年数の2年後 25ヶ月目 も継続して利用を考えているユーザーは、上記の2点からめっちゃWiFiがおすすめです。 解約せず2年後も契約を続けると、 どんなときもWiFiユーザーの方が支払う月額料金は増えていくので、お得に利用したいならめっちゃWiFiを選びましょう。 25ヶ月目以降の更新月以外に解約を考えているユーザーも「めっちゃWiFi」がおすすめ• めっちゃWiFiは25ヶ月目以降は契約解除料0円で解約できる• どんなときもWiFiは更新月の翌月、26ヶ月目以降から再度解約時に契約解除料が発生する めっちゃWiFiは 25ヶ月目以降は契約解除料0円で解約できるので、25ヶ月目以降に解約を考えているユーザーにもおすすめです。 「2年後に解約するかどうか分からない」と、思うかもしれませんが2年経過すれば新たにお得なWi-Fiを提供する会社が出ている可能性もあります。 そんな時でも契約解除料0円で乗り換えできるので、2年後も契約しているか分からないと考えているユーザーにも、めっちゃWiFiはおすすめです。 口座振替を希望するユーザーは「どんなときもWiFi」を選ぼう 口座振替に対応しているのはどんなときもWiFiだけで、 めっちゃWiFiは口座振替には対応していないので、クレジットカードが必須です。 その点から口座振替を希望するユーザーには、どんなときもWiFiの方がおすすめになります。 ただし、口座振替の場合は、クレジットカード払いより月額料金が約700円程高くなる点は了承のうえで契約しましょう。 特に 事前のオプション申し込みは不要で、そのまま海外で使えるので、海外利用を考えているユーザーには、どんなときもWiFiもめっちゃWiFiも魅力的です。 では海外で利用する時にどちらがおすすめかを比較してみましょう。 使用出来るデータ量と速度制限後の通信速度は同じ• どんなときもWiFi・めっちゃWiFi共に使用できる1日のデータ量は1GBまで• 1GB利用後の通信速度は384kbpsに速度制限されるのも共通 どんなときもWiFi・めっちゃWiFi共に上記2点の共通点があるので、1日に使用出来るデータ量や速度制限時の速度では比較ポイントにはなりません。 1日単位当たりの料金は「めっちゃWiFi」の方が安い! 海外利用時に1日当たりの料金面で比較すると、 めっちゃWiFiは1日あたりの料金が850円で利用出来る地域があるので、どんなときもWiFiよりお得です。 マカオ• シンガポール• インドネシア• フィリピン• マレーシア• ベトナム• インド• ミャンマー• モンゴル• ラオス• カンボジア• バングラデシュ アジア各国に旅行やビジネスで出張する機会の多い人には、めっちゃWiFiの方が特に安く利用できるのでおすすめになります。 総合的に「めっちゃWiFi」の方がお得!口座振替なら「どんなときもWiFi」を選ぼう!• 2年の契約期間後の月額料金• 契約期間後はいつでも契約解除料0円で解約可能• 海外利用の料金が安い 以上の点を考慮すると、 めっちゃWiFiの方が総合的に優れている部分が多いので、2社を比較して契約を考えているユーザーには、めっちゃWiFiがおすすめです。 一方のどんなときもWiFiには「口座振替で契約可能」というメリットがあるので、口座振替を希望するならどんなときもWiFiを選ぶのも良いでしょう。 WiFiルーターのスペック・回線の種類・速度制限の条件で両社に違いはない• 口座振替に対応しているのは「どんなときもWiFi」のみ• 25ヶ月目以前の料金は互角、以降の月額料金は「めっちゃWiFi」の方が安くなる• 契約年数は同じ2年だが契約年数後の契約解除料は「めっちゃWiFi」だけ常時0円• 海外利用時の1日あたりの料金は「めっちゃWiFiの方が安い」• 総合的に見てお得に利用できるのは「めっちゃWiFi」• 口座振替を希望するユーザーなら「どんなときもWiFi」を選ぼう どんなときもWiFiもめっちゃWiFiもメリットはそれぞれにあるので、自分自身のニーズに合ったモバイルWi-Fiルーターを選びましょう。

次の