君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃8巻の結末ネタバレ感想!衝撃の展開に鳥肌!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 7巻~血だらけの義父の死体の前に立ち尽くす蒼志のネタバレ・感想・無料試し読み!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 2巻 ネタバレ どうも!こんにちわ! コミブロのRINです。 ついに、 君が僕らを悪魔と呼んだ頃も 2巻10話に突入しました! これまで、 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の感想を ネタバレとともに書いてきました。 その中で分かった事。 会澤はゲス野郎・・・。 これは紛れもない事実です。 漫画の中の話とはいえ、 読んでて胸糞悪くなりました。 人によっては、 そっとページを閉じちゃうかもしれません。 そんな会澤の胸糞悪さは 試し読みでお試し下さい。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の試し読みはです。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の9話では、 会澤の思惑通り、 悠介が記憶の一部を思い出しました。 それは、 悠介が誰を殺したか? 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の9話 ついに、 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の2巻で 明らかになっていきます。 それでは、 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の2巻10話ネタバレと 読んだ感想をどうぞ! 君が僕らを悪魔と呼んだ頃2巻 10話のネタバレ 悠介「殺した・・・俺がこの手で殺した・・」 自分の手を見つめ つぶやくように悠介は言った。 悠介「あの女の名は・・・」 悠介の頭に 中学の卒業アルバムの写真がよぎる。 悠介「い・・・」 悠介が名前を言いかけた時、 とっさに会澤が悠介の口を塞ぐ。 会澤「はいストーップ!!」 悠介「!?」 突然口を塞がれて驚く悠介。 悠介「は・・ふぁいざわ・・?」 会澤「ダメだよ悠介」 会澤「それ以上は言っちゃダメ」 会澤は監禁された女性を指差した。 会澤「だってあの子に聞かれちゃうでしょ?」 指を差されビクつく女性。 女性「いや、わ、私・・別に何も聞いて・・」 会澤「・・・」 静かに女性に近づく会澤。 近づく会澤を見て女性は何も聞いていないと 必死に訴えるが会澤は止まらない。 女性「許して・・許して下さい・・」 会澤が微笑む。 そして会澤は、 女性の下着を脱がせた状態で 写真を撮りまくる。 会澤「目線ちゃんとこっちに向けてー」 何枚か写真を撮り終えると 会澤は女性に忠告する。 会澤「もし今日のコト誰かに漏らしたりしたら・・」 会澤「どうなるか分かるよね?」 泣きながら静かに頷く女性。 会澤は女性の顔を掴んで言った。 会澤「いやいや」 会澤「君が頭の中で想像してたコトより」 会澤「多分もーーーっと悪いコトになるから」 さらに追い打ちをかけるように 女性を脅す会澤。 そして、 女性に誓いの言葉を述べさせる。 女性は一生涯口外しないよ約束すると誓った。 会澤「はい、よく言えました」 会澤は少し放心状態の悠介に 男の方のカードか免許証を取るように言った。 悠介は思い出していた。 悠介の殺した女の名前。 一ノ瀬明里。 悠介が付き合っていた女子生徒。 悠介はなぜ、 殺さなければならなかったのか!? 真相は深まる・・。 スポンサーリンク 君が僕らを悪魔と呼んだ頃2巻 10話の感想 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の2巻10話で まさかの真相が明らかになりました! 悠介の殺した相手は 付き合っていた彼女!? なぜその彼女に 酷い事をしていたのか? なぜ殺す必要があったのか? 悠介もその理由までは 思い出せていない様子です。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃を読み進めれば その辺の真相も明らかになってくるのでしょう・・。 なかなか奥が深い漫画ですね。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃を 試し読みするならから。 本ページの情報は2019年1月時点のものです。 最新の配信状況は、配信サイトにてご確認ください。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃の3巻はこちら >.

次の

君が僕らを悪魔と呼んだ頃2巻 10話のネタバレと感想【女の名は】

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ

67話 アカネが襲われてから1週間、悠介も戻り再び平穏な日々が戻ってきます。 しかし蒼志はユースケに対する態度がかなり雑なモノになっていました。 というのも前回悠介が弱みを見せたことで自分の方が偉くて強いと心のどこかで思ったらしくそれが態度に出ているのです。 ユースケに居てもらっているという考えのアカネと対立することもしばしばで中の良かった兄妹には徐々に溝が出来ていくのでした・・・ 68話 反対に悠介とアカネはドンドンと仲を深めていきます。 悠介が熱を出した時も付きっ切りで看病していました。 そんなころ、悠介が関わったとされる事件を捜査している刑事は恐るべき結論に至ります。 夫を殴り殺したハンマーに付着していたのは妻の指紋でした。 仲睦まじい夫婦と評判だったのに何故そんなことになったのか? 「2人の心を巧みに操り妻に夫を殺させたとしたら?考えうる限り最も残酷な殺し方じゃねぇか?」 69話 刑事が見つけたのは夫婦が付けていた飼育日記でした。 元々拾ってきた子犬の成長を記録していた日記ですがある日、そのワンコ、勇ちゃんが居なくなってしまいます。 特別可愛がっていた奥さんは落ち込みますがある日、夫が悠介を連れてきます。 ホームレスのような身なりの彼の手には勇ちゃんの首輪が握られていました。 勇ちゃんはすでに亡くなっていて悠介は自分が作った墓に夫婦を連れて行きます。 せめてものお礼にと夫婦は悠介を食事に誘うのですがそこから歯車は狂いだしたのでし・・・ 70話 それからしばらくして奥さんが毎日欠かさなかったが犬の墓参りに行ったとき。 数人の不良が気になる話をしていました。 「あのホームレス謝れの一点張り!頭いってんなありゃ!!」 まさかと思い奥さんが墓の前に行くとボコボコにされた悠介が居ました。 「ごめんなさい。 俺のせいでせっかく作った犬の墓が・・・」 謝ると立ち去ろうとする悠介を奥さんが呼び止め家に連れ帰ります。 そこで帰ってきた夫から真実を聞くのでした。 「これは黙ってようと思ったんだが、勇は不良たちに玩具にされてたらしいんだ・・・」 たまたま出くわした悠介が止めに入るがすでに犬は死んでしまっていたのだとか。 自分には何の関係も無い犬のためにそこまでしてくれる悠介に何か恩返しをしたいと思った奥さんはついに禁断の言葉を口にします。 「ねぇこの子の怪我が治るまで私たちでお世話しませんか?」 そこから二人の生活は坂を転げ落ちるように変わり、旦那は妻に殴り殺され、妻は水死体として見つかる事となります。 全ては悠介の目論見どうりだったのか?刑事は頭を悩ませます。 そんな悪魔が今、一緒に住んでいる兄妹にも徐々に異変が起こりつつありました。 ある日、緑を迎えに行った悠介が帰ると家はグチャグチャになっておりアカネは泣いていました。 果たして何があったのか!? 71話 異常な事態に悠介はすぐにまた義父が来て暴れたのだろうと思います。 しかし部屋を荒らしたのは兄の蒼志だと知ると悠介が取り乱します。 「へへへ、なんでだ!?なんでまたこうなっちまうんだ!?教えてくれよ!!俺が何をした!!」 「俺はただ生きてるだけだ!!なのにみんないい人だったのにあんなに優しかったのに!!なのに・・・俺のせいだ・・・」 取り乱す悠介を止めたのは緑でした。 「違うよ!!だってユースケは助けてくれたもん!!」 精いっぱい悠介を肯定すると手を差し出します。 「いこう。 みんなでアオニィをむかえに」 72話 夜の街でやけ酒を飲む蒼志。 最近は酔いつぶれることも多く、今日は特に羽目を外し過ぎてしまい病院に運ばれてしまいます。 丁度、目を覚ますと悠介たちも病院にやってきました。 蒼志に付き添ってくれていた加地に緑とアカネを任せると蒼志と二人きりにしてもらいます。 すると悠介は蒼志に問いかけます。 「今どんな気分だ?」 「必至に守ってきた居場所を俺に取られてどんな気分かって聞いてんだ。 」 73話 聞き間違いか?と思った蒼志ですがその後も悠介は挑発的な言葉を続けます。 突然、現れたホームレスに自分が何年も守り通してきた頼れるお兄ちゃんをあっさり奪われ挙句、家の金に手を付けて酒に逃げた。 「惨めだねぇ」 「くくくっ・・・ハハハハハハ!!悠介さんホンット嘘つくの下手っすね!!」 悠介が煽っていたのは蒼志に 「出ていけ」と言わせる為でした。 でもそんなことは言わない。 とはっきりと言い切る蒼志。 すると席を外していた筈のアカネたちも話を聞いていたようで、戻るなり。 「ヤダ!!ユースケでてっちゃヤダ!!」 と緑が抱きついてきます。 「私だってまだあなたと離れたくない!!」 アカネも悠介に縋るかのように抱きつきそう言います。 その姿がいつかの一ノ瀬の姿と重なります。 それがきっかけとなり思い出したのはとある日の記憶。 誰かの頭を何度もハンマーで殴りその遺体をボートの上に乗せた。 そんな記憶でした。 ドンドンと顔色が悪くなる悠介をアカネが心配します。 「大丈夫、本当に何でもないんだ。 」 そんな言葉とは裏腹に悠介は気を失ってしまうのでした。 74話 その日をきっかけに蒼志は心を入れ替え、元の兄妹思いの兄に戻ります。 悠介は丁度タイミングよく空いていた隣の部屋を借りて一人暮らしを始めました。 度々、ミドリが泊りに来たりして関係は良好のようです。 そんな時、とある女性が訪ねてきます。 「やっと見つけた。 この人殺し。 」 75話 その女性は玄関を開けた悠介に掴みかかります。 たまたま部屋に来ていた蒼志が止めますが女はお構いなしです。 それどころか兄妹に忠告します。 悠介と関わった人がいままでどんな末路を迎えたのか。 洗いざらい話そうとします。 彼女はフリージャーナリストの恩田夏樹という女性でずっと悠介のことを追っているのです。 しかし兄妹が効く耳を持たないでいると流石に諦めてその場を去ります。 「ユースケさんはやっぱユースケさんっすから。 」 そう思っていた蒼志でしたが数日後、目の前には動かなくなった父親の姿があったのでした。 76話 「しんでる・・・のか??」 目の前で息絶える父の姿に動揺を隠せない蒼志。 蒼志がこの場所に来たのは父に呼び出されたからでした。 記者から悠介の事を聞いたらしく過去の犯罪の証拠も手元に有りいつでも警察に突き出されたくなければ10万用意しろと言われたのです。 自分たちを守ってくれた悠介を今度は自分が守る番だ!!蒼志は護身用のナイフを懐に入れ家を出ました。 77話 場所は蒼志が働く解体現場。 10万で引かなければそのときは・・・そう覚悟を決めて向かいます。 しかし現場に着いた時、すでに父は誰かに殺されていたのでした。 そのまま家に帰り眠ったものの機能の後継が目に焼き付いて気が気じゃありません。 こんな時に限って来客が何度もインターホンを鳴らしイラつく蒼志が玄関を開けると。 2人の私服警官が居たのでした・・・ 感想 今回の悠介はかなりいい人な感じがしますが今後どんな展開になっていくのでしょうか?? これが全て計算で行われていたのだとすると鳥肌ものです。 続きはすでにネタバレ紹介を随時更新してるので良ければ読んでみて下さい。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃はマンガ版を無料で読むことも出来ます。 詳しくはリンク先にまとめているので参考にしてみて下さい。

次の

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 7巻~血だらけの義父の死体の前に立ち尽くす蒼志のネタバレ・感想・無料試し読み!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ

サイト上には常時150,000本もの動画が並んでいます。 2015年には会員数100万人を超えています。 【メリット】• 新作動画が豊富• ダウンロード機能でオフラインでも視聴できる• マルチデバイスで再生できる• 複数の子アカウント作れる上に4台同時視聴が可能• U-NEXTポイントが毎月1,200ポイントもらえる• マンガ、雑誌だけでなく、ファッション誌・週刊誌・ビジネス雑誌など 15ジャンル70誌の最新号が読み放題。 普段から雑誌を購入している方にとってはとてもお得です。 アプリをインストールすればスマホでも読めちゃいます。 通勤時の楽しみの一つになりそうですね。 【デメリット】 U-NEXTの欠点は、 課金する作品が多いことです。 最新作品もあるので月額の他に課金するのは分かりますが、 公式では150,000本中、見放題映像が13,000本と発表しているため、 約20,000本が有料作品ということです。 月に1,200ポイントがもらえますが、動画でもマンガでも500円強の作品が多いため、 ポイントを早く使い切ってしまう可能性があります。 まずはU-NEXTで無料体験をしてみましょう! 31日間無料で楽しむことができます。 もちろん無料期間中に解約すればお金はかかりませんのでご安心ください。 ぜひ無料体験をして「G線上のあなたと私」を楽しみましょう。 jp~ music. jpは、エムティーアイが運営する音楽配信サービスのサイトです。 現在は「動画」と「電子書籍」のサービスが追加され、 音楽・動画・電子書籍の3つを利用できます。 月額コースに加入すると毎月ポイントが支給されます。 そのポイントで購入やレンタルをすることが可能です。 そして、いくつかある月額コースによって、もらえるポイント数は異なります。 基本的には見放題のサービスではなく、購入とレンタルを中心としたサイトです。 【メリット】• 音楽・動画・電子書籍を利用できる• 購入・レンタルが中心• 超高音質の音楽• 国内最大級の18万本以上の動画• 毎月、通常ポイントと動画ポイントがもらえる• 普通に購入するより安く買うことができます。 月額コースのプレミアム会員なら 音楽5~20%、 書籍10%のポイント還元となります。 不定期に割引企画やキャンペーンもしていますので、さらに安く購入することもできます。 電子書籍は、無料でみれるキャンペーンなどもあるので他のサイトより安く購入できる可能性があるということですね。 【デメリット】 聴き放題や見放題ではないところです。 サービス形式の違いといえばそうなのですが、見放題でたくさん見たい方には大きなデメリットかと思います。 500、1000コースはお手軽の料金ですが、テレビコースは料金が高めで少し躊躇してしまいます。 『音楽、漫画を定期的に購入している人、動画をみたい人には作品を選べるのでmusic. jpがおすすめです。 』 まずはmusic. jpで無料体験をしてみましょう。 無料体験中に解約すればお金はかかりませんのでご安心を。 ぜひ無料体験をして「G線上のあなたと私」を楽しみましょう。 主人公・斎藤悠介を待っていた一ノ瀬明里は複雑な心境でした。 ちゃんと自分の事に気が付いてくれるのか? どんな顔をして目の前に現れるのか? しかし目の前に現れた悠介はホッとした表情だったので笑ってしまう一ノ瀬。 悠介は死ぬ気のようです。 なぜ会いに来たのか尋ねると 「好きな人にもう一度会いたかった」 と言って一ノ瀬は悠介に抱きしめられます。 一ノ瀬は悠介に聞いて欲しいことがあると言います。 「あなたの知らない一ノ瀬明里の物語を」 2人で過ごした最後の日。 気を失ってしまった悠介を計画通りに全裸のまま縛り放置した一ノ瀬。 ほとぼりが冷めるまでネカフェやカプセルホテルを転々と生活します。 お金は悠介が巻き上げてため込んでいた物を使ったので不自由をすることはありませんでした。 そろそろ事件も落ち着いてきたので一ノ瀬も日常に戻ろうと考えます。 最期に悠介の様子を見に行きます。 そこで悠介の記憶喪失に気が付き隠れ続けていた自分が馬鹿らしくなってしまいます。 自分も一度リセットしようと決意したことで呪いは消えます。 全て終わったはずなのに、記憶が消えてしまった悠介にがっかりしてしまう一ノ瀬。 その気持ちは悠介と会澤が再会して気が付きました。 悠介が悪魔に戻る以外に何を恐れているのか? 「願わくばこのまま何も知らずに過ごして欲しい」 しかし一ノ瀬の思いとは裏腹にどんどんと過去に近づいていってしまう悠介。 記憶を取り戻した悠介が自ら死を選ぶのだけは避けたかった一ノ瀬。 なので大家のおばあさんに手紙を託したのです。 その時、大家さんに今でも悠介の事が好きだと宣言したことで自分の気持ちに気が付いてしまいます。 「私、あなたが好きなの。 もう一度逃げちゃいましょう。 あの時のように二人で」 一ノ瀬に言われたことで二人は逃亡生活の未来を想像します。 前回が海だったので今回は山で。 自給自足で何もない生活だけど幸せな生活。 子供もいっぱい産んで皆に見守られながら死んでいく。 「ははっねぇな」 絵にかいたようなハッピーエンドですが悠介はすでに心に決めていることがあります。 一ノ瀬に別れを告げ 「さて、死ぬか」 そう決心する悠介の袖を一ノ瀬が掴みます。 「死ぬなら一緒よ。 悠介」 一ノ瀬もまた、悠介に消えない傷を負わされ、毎日を生きていくことに苦しんでいましった。 幼いころに両親を殺され、引き取られた先で悠介のオモチャにされ・・・。 全て忘れて学校に通い始めても呪いの言葉が聞こえてきます。 そんな苦しい日常からやっと解放された悠介との逃避行。 しかしストーカー野郎の悪魔によって長くは続きませんでした。 だけど悠介の結末を見届けたくて、今まで生きてきたのです。 悠介が死んだ後、彼女には何も残りません。 そんな2人が選んだのはとあるビルの屋上でした。 そこから見える夜景はキラキラとしていてまるで一面のお花畑にいるみたいだと一ノ瀬は言います。 「お花畑に私を葬って」 かつて一ノ瀬からそう言われたことがある悠介。 その約束がやっと果たされようとしていました。 そんな二人の元へ環が駆け付けてきます。 「見守ろうと思ってたけどそれだけは見たくない! 入る隙間が無いなら無理やりこじ開けてやる!!」 そう言って二人の間に割り込もうとします。 そんな環に一ノ瀬はビンタをします。 「大っ嫌い」 邪魔されたことに腹を立てる一ノ瀬。 そんなことお構いなしに環は話を進めます。 話にならないので悠介が環に 「俺たちは楽になりたいんだ」 といいますが、環は聞きません。 「結局また逃げるんだね。 なんてズルい人なの?斉藤悠介」 自分の罪に向き合うのであれば被害者たちにちゃんと謝るべきだと言う環。 その考えを一ノ瀬が否定します。 「分かってる?地獄を見るコトになるわよ?」 過去の被害者に謝罪することを決めた悠介。 向かったのは兄と妹のところでした。 兄の方は悠介が何度も足の指を砕き、妹の方は過去の傷をエグるように寸前まで追いつめました。 2人の前で土下座する悠介。 「本当にすまなかった。 好きにしてくれ」 兄の方はカナヅチを手にしておりそれを悠介に向かって殴ろうとします。 しかし、それを振り落とすことはできませんでした。 「一体これは何の茶番だ?今度は何を企んでる?」 裏には魂胆があると兄妹は考えたのです。 「お願いだ。 もう僕等を許してくれ。 歯向かう気なんてもう残ってない」 被害者の二人には過去の恐怖体験が根強く残っており必死に謝罪しました。 二人には二度と関わらないと約束し返します。 その後、悠介は自ら指をハンマーで殴り壊します。 しかしそんなもので今まで犯した罪を償えるわけがありません。 そこに現れたのは猫のユースケを連れたシュウ。 あの兄妹にハンマーを渡したのはシュウで、様子を伺っていたのです。 悪友・会澤から悠介を死なせるなと言われているようです。 理由は悠介が死ぬと復讐の矛先が自分に向くからです。 「むしろこいつは生き続けるべきだ」 しかし今の悠介には生き続けることが一番の罰です。 自分の過去に悶え、怯え、苦しみ続ける悠介を今日一日見てきた環もその意見に賛同します。 ですが一ノ瀬は納得出来ませんでした。 彼と再会したら一緒に死ぬと心に誓っていたからです。 ずっと一人ぼっちだった一ノ瀬に光を与えたのは悠介だったのです。 しかし彼女の伸ばす手に飛びついてきたのは猫のユースケでした。 「ちゃんといるじゃんか。 すぐにお前の側に来てくれる奴が」 一ノ瀬は夜空に響くほど泣き叫びました・・・。 -ー悠介と一ノ瀬が死のうとしたあの日から1年後ー- 環は一ノ瀬のアパートへとやってきました。 目的はユースケ(猫)の子供を貰うためです。 一匹は自分用に、もう一匹は悠介の母親用に。 あの日以来、悠介は姿をくらまし、彼の母はかなりやつれていました。 明るくなるようにきっかけになるようにと猫を飼うことをすすました。 一体被害者や関係者を放って悠介はどこに消えたのでしょうか。 5巻いかがでしたか? 悠介は一ノ瀬と死ぬことはしませんでした。 しかしどこに行ってしまったのでしょうか。

次の