新型 コロナ ウイルス 免疫。 ces.massrelevance.com : 新型コロナ、抗体による免疫の保証なし WHOが警告

新型コロナウイルスは、HIVウイルスのように免疫系を破壊する? その鍵は「T細胞」が握っている

新型 コロナ ウイルス 免疫

ウイルス撃退にはT細胞の免疫機能が大切 Credit: 通常、体内にウイルスが侵入すると、身体の免疫機能が働きウイルスを殺そうとします。 それら免疫機能の中に、T細胞(Tリンパ球)と呼ばれるものがあります。 この細胞は免疫機能において重要な役割を担っており、体内の異質な細胞を見つけて破壊します。 T細胞は、ウイルスに感染した細胞を捕捉し、穴をあけ、その膜に化学物質を注入してウイルスと細胞の両方を破壊します。 このT細胞の働きのおかげで、私たちは体内からウイルスを除去することができます。 しかし、新しい研究では、新型コロナウイルスがこのT細胞の「免疫機能」を無効にする可能性が浮上したのです。 新型コロナウイルスはT細胞を無効化する。 原因は「スパイク」 研究者たちが、新型コロナウイルスを実験室で増殖させたT細胞に付着させたところ、T細胞はウイルスに感染し無効化されました。 同様の実験は、重度の急性呼吸器症候群や、別のコロナウイルスであるSARSでも行われました。 しかし、それらのウイルスたちはT細胞の働きを無効にすることはありませんでした。 つまり、この「免疫破壊」は新型コロナウイルス特有のものです。 では、新型コロナウイルスにみられる「特殊な免疫破壊機能」はどこから来ているのでしょうか? 研究者たちは、その秘密が新型コロナウイルスのユニークな「スパイク」にあることも発見しました。 Credit: 「スパイク」とは、ウイルスが持つ吸盤のような「突起」です。 そして、新型コロナウイルスのスパイクはT細胞に接触したとき、ウイルスの表層膜(エンベロープ)とT細胞の細胞膜を融合させます。 互いの表層膜が融合することにより、新型コロナウイルスの遺伝子はT細胞内に入り込み、その働きを無効にするのです。 しかし、新型コロナウイルスはその能力を発現させています。 この研究結果の証明となる事例も確認されています。 誌の報道によると、新型コロナウイルスで死亡した20人以上の患者検査記録は、彼らの免疫システムがほぼ完全に破壊されていたことを示していました。 また、PLA免疫学研究所のChen Yongwen氏らは2月に、高齢者や集中治療室での治療が必要な患者では、T細胞数が著しく低下する可能性があると報告しました。 これは、T細胞数が少ないほど死亡リスクが跳ね上がることを示唆しています。 このような「T細胞無効による免疫破壊」はHIVにも見られるものです。 ですから、医師の中にはHIVと新型コロナウイルスを比較する人もいます。 ただし、それらには大きな違いがあります。 HIVがT細胞に侵入して、それらを複製工場に変えて多くのコピーを作り出すのに対し、新型コロナウイルスは、複製することなくT細胞と一緒に死ぬのです。 これは、新型コロナウイルスが、HIVに比べて体内で繁殖し続けないことを示しています。 研究が進むにつれて、新型コロナウイルスのユニークな特徴が明らかになってきています。 この特徴を理解することが正しい対処に繋がっていくことでしょう。 この研究の詳細は4月7日、「」誌に掲載されました。

次の

新型コロナウイルス集団免疫形成に関する疫学的研究(第一報)

新型 コロナ ウイルス 免疫

問題は、今分かっていることは非常に少ないということだ。 新型ウイルスの免疫を獲得するには 免疫系は感染症から体を守るシステムのことで、2種類に分かれている。 ひとつは、いつでも出動の準備ができてきて、体内に侵略者が入った瞬間から動き出すもの。 これは自然免疫と呼ばれており、炎症を起こす化学物質を放出するはたらきや、病原体に感染した細胞を破壊する白血球などが含まれる。 しかし、この免疫系はコロナウイルスに特化しているわけではない。 病原体を学習する機能はなく、新型ウイルスに対する免疫にはならない。 ここで必要となるのはもうひとつの免疫系、獲得免疫だ。 これには、ウイルスを標的とし動きを止める抗体を生成する細胞や、ウイルスに感染した細胞だけを攻撃するT細胞などがある。 獲得免疫が動き始めるには時間がかかる。 によると、新型ウイルスを標的とした抗体が生成され、重篤な患者にが出るまでには10日ほどかかるという。 獲得免疫が十分に強力だと、その病気の記憶が残り、将来の感染から体を守ってくれる。 一方、無症状だったり軽症だった人が、十分な獲得免疫を得られるかどうかは分かっていない。 免疫はどれくらい続くのか 免疫系の記憶は、私たちのものと似ている。 ある感染症についてははっきり覚えているが、別の感染症のことは忘れる、といった具合だ。 はしかは非常に覚えやすい。 1度かかればその免疫は一生残るし、弱体化したウイルスを使った3種混合ワクチンも同様だ。 一方で、忘れやすい感染症も数多くある。 たとえば子どもは一冬に何度もRSウイルス感染症にかかることがある。 一般に新型コロナウイルスと呼ばれているSars-CoV-2について、免疫がどれくらい続くのかを知るにはまだ日が浅い。 しかし、ヒトに感染する他の6種類のコロナウイルスから推測することはできる。 このうち4つは一般的なかぜを起こすもので、免疫の期間は短い。 によると、1年に同じウイルスに2回かかる場合もあるという。 しかし通常、かぜの症状は軽いものだ。 残りの2つのコロナウイルスはよりやっかいで、片方は重症急性呼吸器症候群(SARS)を、もう片方は中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こす。 どちらも、感染から数年後も体内に抗体が残っている。 英イーストアングリア大学のポール・ハンター医学教授は、「免疫を持っているかどうかではなく、どれくらい持続するかが問題だ」と説明する。 その上で、新型ウイルスの免疫が一生続かないことはほぼ確実だと話した。 「SARSの抗体研究に基づくと、まだ確実ではないものの、新型ウイルスの免疫は1年か2年しか続かない可能性がある」 しかし、完全に免疫を持っていない場合でも、2度目の感染では症状が軽くなる可能性はあるという。 Image copyright Reuters 新型ウイルスに2度感染した人もいる? 人の報告が出ている。 純粋に2度感染したのだと指摘する人もいれば、ウイルスが体内で一度、検知できない状態になり、再び活性化したのだという説もある。 しかし、検査に問題があり、ウイルスが消えたと誤って患者に伝えられているというのが、科学者の一致した見解だ。 免疫を調べるために、故意にウイルスに再感染した人はいない。 しかし2頭のアカゲザルでこの実験が行われた。 2頭はまず免疫反応を獲得するために新型ウイルスに感染させられ、3週間後にまた感染させられた。 この非常に限られた実験によると、2頭には。 抗体を持っていれば免疫 が あるのか これはまだ確認されていない点で、ロックダウン(都市封鎖)解除に向けた「免疫パスポート」を発行しようとしている各国の動きに、世界保健機関(WHO)が神経をとがらせている理由でもある。 免疫パスポートとは、検査で抗体があると判明した人は経済活動を再開できるという考えに基づく。 COVID-19が重症化する可能性のある人たちと接触する病院や介護施設の職員にとっては、特に価値のあるシステムになるとされている。 しかし、感染者のほぼ全員から何らかの抗体が検出できるだろうが、そのすべてが同じではない。 新型コロナウイルスを標的にし、他の細胞への感染を防ぐ抗体を中和抗体という。 中国でCOVID-19から回復した175人を対象にした研究では、この中和抗体のレベルが非常に低い人が30%に上った。 WHOが「細胞性免疫(獲得免疫の一部)も回復には重要かもしれない」と言っているのはそのためだ。 もうひとつの問題は、あなたが抗体を持っていて守られていても、ウイルスを保有し他の人にうつしてしまうことがないわけではないという点だ なぜ免疫が重要なのか 免疫はまず個人の健康面で重要だ。 あなたが何度もCOVID-19にかかるのか、どれくらいの頻度でかかるのかといったことにも関わってくる。 また、新型ウイルスの致死性にも関わってくる。 免疫によって、完全ではないにせよある程度の防御機能を備えられれば、この病気の危険度は下がるだろう。 免疫を理解することで、ウイルスの感染や拡散の危険のない人が明確になり、ロックダウン緩和に役立つ可能性もある。 長期間の免疫を作ることが非常に難しいとなると、ワクチン開発も難航するだろう。 あるいはワクチンの使われ方も変わってくる。 一生に一度でいいのか、インフルエンザワクチンのように1年に1回必要なのか。 感染からにしろワクチンからにしろ、免疫の持続期間が分かれば、ウイルスの流行を止められるかどうかも分かってくるはずだ。 こうした大きな疑問の答えは、まだ分かっていない。 (英語記事 ).

次の

新型コロナウイルスは体内に長期潜伏する? 免疫を獲得できない人もいる? 抗体検査から見えた「4つの注目すべきこと」

新型 コロナ ウイルス 免疫

「Getty Images」より 新型コロナウイルスがパンデミックと化し、欧州では爆発的ともいえるほど感染者、死亡者の増加が報じられている。 そんななかでイギリス政府が打ち出した基本方針が「 集団免疫」だった。 英ボリス・ジョンソン首相は、人口の6割をウイルスに感染させて抗体を持たせることで集団免疫をつけ、事態を収束するとの目標を宣言した。 しかし、この発言からわずか数日後の3月18日、イギリスは学校を一斉休校とした。 当初の発表時、集団免疫に対してイギリス政府の誤った認識があったことは否めない。 しかし、その誤りに気づき、感染拡大の防止へと方針変換を行ったことは政府として責任ある行動といえるだろう。 ジョンソン首相が集団免疫について言及したあと、日本国内でも多くの情報番組で集団免疫について取り上げていたが、なかには誤った見解も見受けられた。 「60~70%の人が感染すると、ウイルスは行き場がなくなって収束していく」 こういったコメントは、一般の人がわかるように砕いた表現なのかもしれないが、いささか疑問が残る。 というのも、市中感染により60~70%の人が新型コロナウイルスに罹患したと想定すると、これまでの重症者、死亡者の増加から考えても、状況は収束どころか医療崩壊を招きかねないからだ。 新型コロナウイルスの集団免疫による収束を目指すなら、ワクチンの存在が前提だろう。 集団免疫を考えるときには、「基本再生産数」が重要となる。 基本再生産数とは、1人の感染者から生じる二次感染者数をいう。 たとえば、基本再生産数が5のウイルスがあると仮定すると、1人の感染者から5人に2次感染を引き起こす。 だが、人口の80%がワクチン摂取により集団免疫を獲得していれば、1人の感染者から二次感染を起こすのは1人となる。 基本再生算数が1以下になれば感染拡大は終息していく。 このように、ワクチンがある前提であれば、集団免疫は有効な感染防止策となる。 だが、ウイルスにはポリオのように一度感染すれば「終生免疫」を取得して再度感染しないものと、RSウイルスのように二度、三度と感染を繰り返すものがある。 さらに、ヘルペスウイルスのように一度感染すると体内から消えることなく、免疫力が低下した時に再燃して症状が出るものもある。 現状では、まだ新型コロナウイルスの特性がすべてわかっているわけではない。 また、感染者が増加し続けた先の状況は予測ができない。 こういったことから、ワクチンがない現状で集団免疫を目指すことは非常に危険な方針であり、取るべきではない。 今は、ワクチンまたは治療薬ができるまで感染拡大を限りなく抑えこんでいくことが大切である。

次の