アマギフ。 アマギフトは格安でamazonギフト券が購入できる売買サイトなの?徹底検証!

Amazonギフト券をほしい物リストを公開して受け取る方法

アマギフ

死ぬ前にアマギフくださいの元ネタとは何か?どういう意味なのか? ちなみに、アマギフとは Amazonギフトカードの事であり、Amazonで使える商品券みたいなものである。 Amazonで使えるという事はほとんど何でも買えるため、実質現金である。 加えて、受け渡しが現金より容易であるため ネット上での金銭やり取りとして最も合理的なインターフェース、それがアマギフである。 ネタの発祥は、「死ぬ前にアマギフください」考案者が自発で立てたスレッド。 Twitterの女性病みアカウントは一定数存在し、そのほとんどが口癖のように「死にたい」とつぶやく。 返信する側もする側で、好感度上げてワンチャン狙いの男が多いらしい。 まぁWinWinではある。 そして、そんな茶番劇に一石を投じるかのように現れたのが彼。 ・どうせ死ぬならお金とかいらないでしょ? ・Amazonギフトカードとして僕にください それが「死ぬ前にアマギフください」である。 現代のキリストとの呼び声も ・「死にたい」で検索をかけて片っ端からリプライ ・死ぬ見込みがある と見受けた 人を「アマギフ」名義でリスト入り ・とにかく死ぬ方へ会話を誘導... と、あまりにも清々しいほどのクズっぷりに一部の界隈で人気が沸騰。 死にたがっている人にアマギフをねだるのは一種の礼儀と化し、不謹慎だがnewsなどで話題になっている自殺した人のアカウントにまで「アマギフください」リプが飛び交うというアナーキーっぷりになる。 が、「むしろ自殺防止に効果的なのでは?」という見方もあるようだ。 「死にたい.. 死にたいほど絶望している人に対して 「生きてればいい事あるよ!」だの 「死ぬとか言うな!」なんて諌めるよりも 「アマギフください」と助言する方が自殺予防になるのかもしれない。 そんな事を気付かされたお話でした。

次の

Amazonギフト券をほしい物リストを公開して受け取る方法

アマギフ

CONTENT• amazonギフト券をお金に換える 買取 職場や友だちからギフト券を貰ったけれども必要がない、amazonで買い物はしない、欲しいものがないなどとそのまま持っている人もいるでしょう。 でも、いってみれば金券なのですからもったいない話ですよね。 また前述したようにすぐにでも現金が必要な場合にはクレジットカードの現金化という手段もありますが、その方法には抵抗があるという人にも好都合です。 さらに、消費者金融でお金がな借りられなかった人でもOKです。 買取には審査がありませんから、ほとんどの人で利用が可能な点も大きな利点といえます。 amazonギフト券高価買取サイトランキング では、amazonギフト券の買取はどのようにすればいいのでしょうか。 簡単で手軽なのは、専門業者を利用することです。 今やこういった業者はインターネット上に非常にたくさん存在しているので、検索すればすぐに見つかります。 ただし買取率は業者によって異なりますし、高額な手数料を請求する悪質業者も存在しています。 したがって、利用の際には優良業者を見極めて買取してもらわなければ大損をするどころか、さまざまなトラブルに巻き込まれる恐れがあることを認識しておくべきです。 ここでは、数多い買取業者からおすすめの業者をランキング形式で紹介しましょう。 1位:ギフトグレース 公式サイト: 第3位に選ばれたのがは「」です。 ここ数年で急激に増加しているamazonギフト券買取業者の中において2017年で操業11年の実績はもはや老舗といえます。 この業界でこれだけの期間営業の継続が可能なのは、利用者からの高い評価と満足、そして法人運営における店から生まれる安全性が大きな理由なのです。 「買取ボブ」の換金率は88パーセントですが、この数字は他の多くの買取業者が謳う「業界最高95パーセント」などと比較すると決して高いとはいえません。 しかし「買取ボブ」では換金率88パーセントを完全保証しています。 ところが95パーセントを謳っているお店でも、さまざまな手数料などを差し引かれ最終的に手元に振り込まれる金額は88パーセントより少ないケースが大半なのです。 また、最短30分で指定のネット銀行口座に振り込み完了という対応の早さも支持されている理由のひとつです。 新規でアマゾンギフト券の買取を申し込むのであればがおすすめです。 来店は不要で、メールで簡単に手続きできます。 24時間申し込み可能で、わからないことや不安なことは電話で問い合わせればインフォメーションセンターで詳しく説明してくれます。 振込みは最短10分から。 友人や知人へのプレゼントだけでなく、クレジットカードを持たない人でも決済手数料を浮かせるための手段として使えるので、5つのタイプが存在しています。 一度購入したamazonギフト券は、amazonアカウントへのチャージ以外に使い道が無いという点を知っておく必要があり、返金出来ないために買い間違えを防がなければなりません。 チャージタイプは、他のタイプとは異なりオンライン注文してからコンビニエンスストアなどで決済を行うと直接amazonアカウントへチャージされます。 カードタイプのバリアブル方式では、使い終えたカードを廃棄する必要があったり、そもそもバリアブルタイプのカードが無ければ注文出来ません。 チャージタイプならば、コードを入力してチャージするという手間が必要ありません。 直接amazonアカウントへ反映されるまでに、コンビニ決済時には最大70分程度待ち時間がありますが、手間を省ける利便性があります。 amazonギフト券はどこで購入する事が出来る? 安くてしかも注文してから商品が届くまでのスピードが早い事で有名なのがamazonです。 amazonで買い物をする時はクレジットカードで支払いをするのが基本ですが、持っていない人はすごく不便になってしまいます。 しかしamazonギフト券があればクレジットカードがなくても便利に買い物をする事が出来ます。 そこでamazonギフト券の3つの購入方法を紹介していきましょう。 コンビ二やamazon公式ホームページより安く購入する事が出来るのがギフト券販売サイトです。 ギフト券販売サイトはamazonギフト券を売る事も出来るので新品だけでなく中古品も販売しています。 購入する時はまず振込先銀行とチャージ額を申請してお金を振り込みます。 すると約30分後に振り込んだ金額が購入残高が追加されてチャージ完了メールも届きます。 チャージ完了メールも届いたら購入可能の状態になるので掲載されている中から欲しいamazonギフト券を選びます。 ギフト券登録画面でギフトコードを登録して取引完了すると購入する事が出来ます。 手続きが完了したらamazonで買い物をする時に使用可能となります。 amazonギフト券買取サイトのメリット・デメリット amazonギフト券には、コンビニなどの店頭で買えるカードタイプやシートタイプ、amazonサイト内から買えるEメールタイプや印刷タイプ、ギフト用に最適なグリーティングカードタイプやボックスタイプなどの種類があります。 ここでは、 amazonギフト券買取サイトの主なメリット・デメリットについてご紹介しましょう。 メリット amazonギフト券買取は原則として買取金額はギフト券の額面以下にす。 売却先によって相場は異なりますが高くとも額面の92%にしかなりません。 額面の80~90%というのがギフト券のおおよその買取相場なのでアマゾンで買い物に使うよりも買取の方が損をすることになります。 さらに、額面が少額なほど買取率は低くなる傾向が見られます。 額面10000円のギフト券が90%での買取だとすると額面1000円のギフト券は80~85%程度の買取率にしかなりません。 これは少額のギフト券だと買取や販売にかかる作業が増えてしまうためというのが主な理由です。 額面にかかわらず一定の買取率を提示しているサービスもありますがそのようなケースでは設定されている買取率そのものが低いことが多く、必ずしも買取依頼先としておトクとはいえません。 amazonギフト券買取を専門に行う業者の中には手数料や経費を請求されることがあります。 少額のギフト券を大量に売るようなケースでギフト券一枚つきいくらというかたちで手数料を計算されてしまうと手数料が膨れ上がってしまい大きな負担になりかねません。 ナンバーで発行されるeメールタイプや印刷タイプと異なり実際の紙製の券面が存在する商品券タイプのamazonギフト券の場合は買い取りに際し実店舗に持ち込むか郵送する必要があります。 実店舗まで出向くには交通費がかかりますし郵送買取では送料負担が発生します。 最終的な受取額がいくらになるのか、事前に手数料や諸経費を確認した上ではっきりとした買取金額を明示してもらい、納得のいく取引をしましょう。 ネット上でamazonギフト券買取を掲げる業社の中には詐欺や詐取を行う悪質業者が紛れている可能性があります。 amazonギフト券買取では売却を希望するギフト券を先に送付して査定終了後に買取金額がを受け取りますが、ギフト券を送ったら音信不通になって持ち逃げされてしまったという事件は跡を絶ちません。 詐欺や詐取に合わないためには買取依頼する相手が信頼できるかどうかをきちんと確認する必要があります。 オークションサイトなら過去の売買履歴や取引相手からの評価、買取専門業者なら利用者数やサービス開始からの年月などをきちんと確認し信頼性をチェックしましょう。 現金をやりとりする取引なのですからどれだけ慎重に行動してもやり過ぎということはありません。 amazonギフト券買取の簡単な4ステップ 優良なamazonギフト券買取サイトは、どのような流れで買取するのでしょうか?その手順について知っておきましょう。 ) 一般的なamazonギフト券買取の流れとは? STEP1 メールや電話によって必要事項を業者に知らせます。 必要事項には、買取を依頼する方の氏名・電話番号・住所・メールアドレス・振り込み先の口座情報などがあります。 STEP2amazonギフト券買取業者に対して、あなたの「運転免許証」「保険証」などの 身分証明書のコピーを提示するように求められます。 STEP3本人確認が行われるでしょう。 買取を依頼された amazonギフト券のギフト券番号やその有効期限、ギフト券の種類などの確認が行われます。 STEP4あなたが 指定した口座に現金が振り込まれて買取作業は完了です。 した場合は、土日や祝日でもすぐに現金が振り込まれるので便利でしょう。 ただし、買取率についてはネット買取業者ごとに違う場合が多いので 要注意です。 ネットからホームページを閲覧すれば、きちんと買取率について掲載されています。 amazonギフト券には、必ず有効期限があるのでその点にも注意が必要です。 期限の切れたギフト券は金券としての価値を持ちません。 有効期限が迫っている場合は、ネット買取サイトの業者に買取を依頼して、 早めに現金に換えておくのがおすすめです。 優良サイトと悪質サイトを見分ける8つの項目 最初から振込手数料無料のアマゾンギフト券買取サイトであれば問題はないのですが、振込手数料が必要なサイトも実在します。 その場合、振り込み手数料が高いほど 全体的な金額の換金率は下がってしまうので要注意です。 もし、振込手数料が500円であっても、換金率は5%も引き下げられてしまいます。 アマゾンギフト券の買取を依頼する場合、振込手数料の問題は必ず頭に入れておくべき項目です。 アマゾンギフト券のリアルな換金率について アマゾンギフト券の買取サイトでは、「92%買取」などの換金率をホームページに掲載していることがあります。 しかし、 実際には85%ぐらいがリアルな換金率となることを覚えておきましょう。 なぜなら、92%~95%などの高い換金率で買取を行えば、 業者側は赤字になってしまう計算になるからです。 ですので、本当に高くても90%ぐらいが限界です。 また、本当に90%という高い換金率で買取をしてくれても、もし振込手数料が差し引かれた場合は、85%ぐらいに引き下がってしまいます。 そのため、やはり 現実的には85%の買取率であれば喜ばしいといえると思います。

次の

アマギフ(Amazonギフト券)使い方

アマギフ

クレジットカード現金化は原則禁止! クレジットカード会社では原則としてショッピング枠の現金化を認めていません。 キャッシング枠はショッピング枠に比べて金利が高いため、それに比例し債務不履行(利用者が返済不可能になる)リスクが高くなるため、クレジットカード会社はショッピング枠とキャッシング枠の上限を敢えて分けて設定しています。 なお、キャッシング枠の方がショッピング枠に比べて限度額が小さいのが一般的です。 なぜ現金化行為はNG? ショッピング枠の現金化は早い話が「借金」です。 例えば、クレジットカード利用者が7万円の現金を手にするために、ショッピング枠の10万円を現金化業者にクレジット払いしたと仮定します。 クレジットカード会社から現金化業者へ10万円が決済され、次にカード会社から利用者へ10万円の請求を行います。 ここで、仮に利用者が債務不履行に陥ってしまったとすると、既に決済が済んでいる現金化業者は痛くもかゆくもありませんが、 クレジットカード会社は10万円を取り損ねてしまう 結果となってしまいます。 これを「債務不履行リスク」といい、 現金化行為はカード会社にとってハイリスクな取引であると言えるのです。 黙認している部分も大きい 原則として禁止されている現金化行為ですが、クレジットカード会社は登録店舗(現金化業者)から利用額の数%のコミッションを取っているため、裏を返せば、クレジットカード現金化はカード会社にとって 売上アップのチャンスでもあります。 そのため、 現金化行為はきちんと弁済を行っている限りは黙認されている部分も多いようです。 近年の動向 先日、フリマアプリ「メルカリ」にて額面以上の価格で現金を販売し、法定利率の上限を超える利息を受け取ったとして、 出品者が出資法違反(超高金利など)の容疑で逮捕される事件がありました。 これら一連の流れから、クレジットカード現金化行為は「実質的な高利貸し」として、 クレジットカード会社も対策に乗り出しているのが現状です。 現金化業者を利用する場合は、今まで以上に警戒する必要があるでしょう。 アマギフ換金の安全性 Amazonギフト券の売却は従来の現金化に比べて、 現金化行為がクレジットカード会社にバレにくいと言われています。 理由は、Amazonギフト券の性質にあります。 理由として、実際に利用出来るものかどうかの確認が取れない点や、有効期限がある点が挙げられ、買い取った商品がただの紙切れとなってしまう事を考慮しての措置と言えるでしょう。 また、 電子マネーの詐欺被害は年々拡大を続けており、金券ショップ側も大きな詐欺被害に遭う可能性を否定出来ません。 そのため金券ショップではAmazonギフト券の買取を行っておらず、クレジットカード会社では「金券」としての価値・換金性は低いと考えており、 現金化行為との認定がされづらいのです。 Amazonギフト券は現在未だ監視の対象から外れていると考えられていますが、万が一、カード会社から確認が来ても1億点以上の商品が買えるショッピングモールですから「生活用品を買った」「ギフト用に買った」等の 言い訳が出来る点が大きな強みと言えます。 商品券を購入し、現金化に成功したとしても、 高額な換金の場合は自己消費と言い訳するのは難しいのが現状です。 現金化業者が悪質な営業等を続けていた事でクレジットカード会社から契約を解除されてしまった場合、当然カード会社側は当該現金化業者を利用した人をチェックしますので、利用者は今後カード会社より目を付けられる可能性があり、 最悪の場合利用停止になる恐れもあります。 一方、Amazonギフト券買取は古物商営業を営む買取業者への依頼になりますので、 現金化という事実を対外的に知らしめる事は無く、 現金化業者を用いるよりも安全に現金化できると考えます。 今後の動向には注意 クレジットカード現金化のために行う アマギフ買取は現在最も安全と言っても過言では無いショッピング枠の現金化方法と言えます。 しかしながら、カード会社側も現金化行為の監視を強めており、ますます対策を強化すると考えられている為、 今後の動向には注意が必要です。

次の