よく 当たる 姓名 判断 相性 無料。 姓名判断・二人の結婚相性は?【当たる無料占い】

相性占い・名前で二人の恋愛相性を完全無料鑑定【よく当たる姓名判断相性完全無料占い・2020年最新版】

よく 当たる 姓名 判断 相性 無料

これを読めば相性アップ!彼との心や体の相性を良くする秘密のテクニック 気になる相手との相性は恋愛をすれば誰だって気になるものです。 しかし、相性はもともと良し悪しを決めるものだけではなく、どんどん良くすることができるものです。 それには相手の心と体にグッとくるようなテクニックを身につければ、自然と相性は上がり、二人の仲はどんどん仲良くなっていきます。 こちらのコラムでは、彼との心や体の相性をいまよりもっと良くするための秘密のテクニックを紹介します! 彼が何を欲しているかを基準にする 好きな人ができたり、付き合うと、自分が「これをしてほしい」「あれをしてほしい」というような相手への欲求がとても強くなります。 自分が相手によって満たされたいという気持ちが強くなると自ずと相手への期待を求めてしまいがちになりますが、気になる相手との相性をもっと良くしたいと思うなら、自分を基準とするのではなく、相手が自分に対して何を求めているかを基準にすると良いでしょう。 彼が直接あなたに言わなくても、あなたが彼の気持ちを察知して、先に動くことで、「自分のことをとても理解してくれている=相性が合う」と相手に感じさせることができるようになるのです。 そのためには、まず相手のことを良く観察することが大切です。 また色々なシチュエーションで、「こんな時は次にこうする」という相手のパターンがどのようなものなのかを知るようにしましょう。 人間は誰しも良い意味でも悪い意味でも「自分のクセ」を持っているものです。 それが思考でも行動でも現れるので、彼がどんな考え方や行動のクセを持っているかを良く観察し、先回りできるようになると良いでしょう。 例えば、彼が運動をしているなら、その時に飲んでいる飲み物は、水でしょうか? それともスポーツドリンクでしょうか? あるいは他の何かかもしれません。 その趣向の傾向を知ることが相手の欲求を叶えることに繋がり、あなたが先回りして用意することで、相手に相性がいいと感じさせることができるのです。 価値観が違うな、と感じても彼の意見を聴くこと 相手との相性を考える上で大切なのは「価値観」だということが必ず言われます。 しかし、なかなか価値観は同じというわけにはいきません。 価値観を形成するものは育ってきた環境や両親などの影響がとても強く現れます。 また先天的に自分が好むものというのも価値観の中に含まれるものです。 どんなに好きだからといって価値観が全く同じというわけにはいきません。 例えば、彼とあなたの一番好きなミュージシャンは誰かということでトップ3を選ぶとします。 その時に、選ぶミュージシャンやアーティストが全く同じということはありません。 このようなことがいわゆる価値観の相違と言われるものですが、違うからといって落ち込むことは全くありません。 それよりは、違うからこそ、お互いの関係が豊かでとても深いものを作りうるということを理解しておくとよいでしょう。 むしろ「価値観が違うな」と思うところに共通点を見出していく味わい深さがあるものです。 では、価値観が違っていることをどのように近づけて行けばいいかというと、彼の話を良く聞くことです。 これはどのような人間関係においてもコミュニケーションを豊かにするテクニックなのですが、自分が喋りすぎるよりも相手にたくさん話してもらうことを心がけると良いでしょう。 相手からすると「たくさん話を聞いてもらった」という満足感を与えることが自然にできますし、さらにテクニックとしては笑顔で聞くことや、少し前のめりになるような体の動きを見せることで、「自分の話をとても面白いと思ってくれている」と嬉しくなり、また話の所々で、「すごい!」というような感嘆詞を交えたり、「それからどうなったの?」というように質問を投げかけること、そして、最後にはその話に対して共感を示すことで、相手は「自分のことを深く理解してくれている=価値観が合う」と思い、それが相性の良さにつながるのです。 キスやHに積極的になろう なかなか女性の方からキスやセックスをせがむことは難しいかもしれませんが、彼との相性をさらによくするためには、心だけでなく、身体の接触ということがとても大切になります。 特に男性は心より先に身体が反応し、その反応を得たところで心が動き出すのです。 女性は「好き」という気持ちが先にあり、その結果として最後に身体の接触をするということが一般的ですが、男性はまず先に身体の意識、「キスしたい」「セックスしたい」というような情動が起こり、それから自分が相手のことを好きかどうかを知るという、男女で全く正反対の状況が起こります。 彼との相性をさらに高めたい場合はこのことをよく理解しておくことが何よりも大切です。 また男性はいくら身体の接触のことを女性より多く考えていたとしても、実際は女性に嫌悪されていないかどうかということをとても気にしています。 「こんな自分では好きな女性を満足させられないのではないか」と自信がない男性は案外多くいるものです。 そんな彼の不安はなかなか女性には表さないので、わかりにくいかもしれませんが、この心理を上手にコントロールすることで相性を高めることができます。 最初は少し恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、女性の方から甘えてみたり、キスやセックスをおねだりするということで、彼は自分に自信を持つことができ、あなたの欲求に120%応えようとしてくれるでしょう。 また女性から求められることで「そんなに自分のことが好きなんだ」という理解にも繋がります。 また、身体の接触をしているときは「気持ちいい」という言葉を素直に伝えると良いでしょう。 そんな素直で可愛らしい反応が男性は大好きなのです。 そして、何回かそれを繰り返すうちに、相手と自分がマッチしてくるので、身体の相性をどんどん高めていくことができるようになるでしょう。 もともと相性ってあるものではなくて、テクニックによってどんどん良いものにしていくことができるようになるのよ。 最初からバッチリ相性が合うというのはほとんどないのよ。 だからこそ、相性を作り上げていくという作業が大切になるわね。 心も身体も通い合わせれば合わせるほど、どんどん相性は良くなっていくものだから、あなたなりの方法を見つけてみてね! 相性は最初からあるものではなく、作り上げるもの 心も身体も最初からピタリと合う関係はほとんどありません。 お互いが相手のことを理解し、そこで共通点をどれだけ見いだすことができるかということが高い相性を形成していくのです。 そのためには相手のことが好きという気持ちがあれば、自然と相手のことを知りたいと思いますし、理解したいという気持ちから相性の良さは生まれるのです。 「好き」という気持ちがあれば、相性はどんどん良くなるものです。 相手への愛情を大切に育てながら、相性を作っていくと良いでしょう。

次の

裏まで見破る豪快姓名判断!【恋の行方・完全版】全真実〜動かぬ結末

よく 当たる 姓名 判断 相性 無料

あなたのお名前 必須 あなたの性別 女性 男性 六星占術運勢2015年 2015年の運勢が知りたいあなたに!最新運勢占いの紹介です。 一ヶ月もの夏休みなどもなく、毎日嫌でも仕事に行かなければならなくなります。 「今日は出社したくない」と思った時に、何かその気持ちをふっきれるきっかけが欲しいですよね。 そんな時には「姓名判断」を利用してみましょう。 簡単に試せる 姓名判断は、難しい内容は必要としません。 占いを行いたいカテゴリを決めて、あとは自分や相手の名前が分かれば占うことができます。 簡単に試せる上に無料ですので、会社に行く前にすぐ試せるところがメリットです。 もしも良い結果が出ればそれで気持ちが楽になるでしょう。 良くない結果の場合でも、アドバイスに従えば大丈夫、という安心感を持てます。 真剣に悩みたくない場合 料金がかかる本格的な占いは、結果を忠実に守らないと何か悪いことが起こるような気持になります。 しかし無料占いマリーの姓名判断はその人の運だめしのような役割となります。 占いの結果が細かいと「これはどういう意味なのか」と真剣に悩んでしまいそうですが、無料占いならば自分に都合の良く活用することができますね。 ストーリー性のある無料占い 無料占いだからおみくじのようにひとことで終わってしまうのではないか、と思っている人もいるでしょう。 しかし無料占いマリーの姓名判断は楽しく読めるようにストーリー性を重視したものが多くなっています。 気軽に楽しく結果を見ることができるので、楽しい気分になることができれば一日の過ごし方も変わってきます。 「当たった」「良かった」と思うことで前向きに過ごせ、小さな悩みなどは感じなくなるという効果もあるのです。 無料占いマリーの姓名判断は誰でも利用できます。 その気になれば今すぐにでもできますので、今日の運試しに占ってみましょう。 今のあなたの気持ちに一番近い結果が出てくることで、誰かに理解して貰ったような嬉しい気持ちになれますよ。

次の

名前だけで占える「二人の恋愛相性」【無料占い】

よく 当たる 姓名 判断 相性 無料

結婚後の相性が良い二人の特徴 結婚後もずっとラブラブでいられる良い相性の特徴とはどんなものなのでしょうか? 一緒にいて気を使わない 結婚は日常生活を共にするものです。 なので、たとえ妻が化粧をしていなくても、夫がオナラをしようとも、ある意味、自然体でいられるということがとても大切です。 結婚前にお付き合いをしているときは、綺麗に着飾り、美しくいられる努力もできますが、結婚となると、朝から着飾り、化粧をバッチリ決め、最高の自分でいることがとても難しいと言えるでしょう。 それよりも、ありのままの自分でいられることがとても大切なのです。 結婚の相性が良いとは、ありのままの自分でいられることと、相手もそれを受け入れ、お互いが自然体でいられることがとても大切です。 価値観が合う 結婚して、とても大切なものはお互いの価値観や金銭的な感覚が合うということです。 これは二人の生活の基盤となるものだからです。 結婚することは家族になることで、今までは個人的な問題でも、結婚すると家族の問題となります。 ですから、同じ価値観や考え方であることはとても大切です。 そうでないと、家族が別々の方向になり、理解し合うことができず、崩壊してしまう可能性すらあるのです。 「結婚は遊びではない」と言われるのも、この価値観の違いをいかに乗り越えていくのかという難しさから生まれた言葉なのです。 価値観が合うかどうかは、結婚前に二人でいろいろな話をすることがよいでしょう。 時には政治について、宗教についてなど、なかなか人にはできない話をすることも、お互いの考え方を理解する上でとても大切なポイントとなります。 自分自身の価値観がはっきりわかれば相性の良し悪しも自ずと見えてくるでしょう。 食べ物の好みが合う たとえば、「好きなラーメンは何?」という質問を受けたとしましょう。 その時に自分が好きなラーメンを答えると思いますが、その時に同じ答えをするとしたら、基本的な相性はとてもいいと言えるでしょう。 食べ物の好みはそれぞれの育ってきた家庭環境に大きく影響をされます。 あまりにも好き嫌いがある相手だとすれば、食べ物を作る時にも神経を使わなくてはなりませんし、外食をするときもお互いの好みが合っていれば、すぐにどこで食べるかを決められることができますが、そうでなければどちらかが我慢をしなければならないでしょう。 生きていく上で食べることは命を維持するためには欠かせないことですので、この相性が合うかどうかは非常に重要なことだと言えるでしょう。 ケンカをしても仲直りできる どんなに愛し合っていたとしても、相性が良くても、違う人間ですし、体調や気持ちが優れないときもあります。 そんなときはイライラしますし、きつい一言を言ってしまうこともあるでしょう。 小さなきっかけからケンカへと発展することは必ずあります。 しかし、ケンカをしても必ず仲直りができるというのが相性の良い証拠でもあります。 ケンカをしても、きちんと謝ることができることや、話し合いによって解決をすることができるというのが相性の良い夫婦の特徴です。 ケンカする事は必ずしも悪いことではありません。 お互いが本音を包み隠さず述べているという正直な関係を築いている証拠でもあります。 ケンカしてもきちんと解決することができれば、絆はさらに深まっていくでしょう。 深い愛情を感じているか 結局のところ、相性の良さを根底から支えているのは「愛情」なのです。 人間は若いままではありませんし、病気をしたり、大きなけがをするときもあります。 あるいはいろいろな状況で幸せが壊されてしまうこともあるかもしれません。 誰しも人間はベストな状況ではいられないのです。 そんなピンチの時に、相手を愛していく事、支え合っていくことができるという深い愛情を相手に感じているかどうかというのが一番大切な事です。 相性はもともとあるものではなく、作っていくものでもあります。 その時に相手を深く愛する気持ちがあればどんな困難も乗り越えていくことができるでしょう。 結婚後の相性が悪い二人の特徴 夫婦関係やそれぞれの人生がうまくいっているときは幸せを得やすいですが、どちらかに問題が起こったときは夫婦の関係もうまくいかないときもあります。 逆に結婚の相性が悪い特徴はどんなものなのでしょうか? またそれを乗り越えることはできるのでしょうか? セックスの相性が合わない どんなに仲の良い夫婦でも、性生活がうまくいかなければ真の相性の良さを得られることはできません。 またどちらかが性生活に我慢をしていることが続けばストレスとなり、他の異性に愛情を求めてしまうケースもあります。 またどうしてもパートナーの性癖を受け入れられない場合も同様です。 それは相手に大きな心の傷を与えることにも繋がります。 心のつながりも重要ですが、体のつながりもとても重要です。 この二つが組み合わさって相性も形成されていきますので、基本的にはセックスの相性が悪ければ相性はいいと言えません。 休日の過ごし方が別 仕事の休みの休日は趣味などの時間に使う場合も多いと思います。 なかなか二人で過ごすことも年月が長くなればなるほど難しいかもしれません。 また、多趣味の人であれば休日は趣味に出かけてしまうことも多くなるでしょう。 あるいは会社の接待なども多くあり、家族と過ごすことも難しいかもしれません。 あまりにも休日に家族や夫婦で過ごせない時間があるとしたらすれ違いの原因になってしまうことも避けられません。 趣味に時間を費やしたいのもあるかもしれませんが、家族や夫婦と過ごし時間も配慮しなければ大きな溝が生まれやすくなります。 見たいテレビ番組が違う 家ではゆっくりテレビを見て過ごす夫婦も多いと思いますが、見たい番組が違うというのは元々の相性の良し悪しと大きく関係する部分です。 どちらかがお笑い番組が好きで毎日見ているけど、もう一方はお笑いなどが大嫌い、あるいはドキュメンタリーやドラマが見たい場合などはストレスが大きくなってしまいます。 解決策としては家に2台テレビがあれば良いのだと思いますが、感想をシェアしあうこともできずにいると、そのうちに話す会話もなくなってしまうかもしれません。 結婚前にある程度、相手の好きなテレビ番組の趣向などを知る必要があるでしょう。 相手の家族を受け入れられない 結婚すると相手のご家族の家を訪れたり、正月やお盆などに帰省する機会も多くなります。 その際に相手方のご両親との仲の良さというのが非常に大切です。 いわゆる嫁、姑の関係が悪いということが結果として夫婦間の関係に亀裂が入ってしまう場合が多くあります。 育ってきた家庭環境に馴染めないということや、自分が相手の家族に受け入れてもらえないというのも、元々の相性の悪さに関係するところでもあります。 尊敬できない 一時期の愛情の盛り上がりで結婚したけれども、一緒に生活する上で、「こんな人間だったんだ」と気づいてがっかりする場合もあります。 恋愛感情はやがて冷めていき、次第に人間的な深い愛情に変化するものです。 その際に必要なのが「尊敬心」です。 相手に尊敬できる部分があるか・ないかということは結婚の相性を大きく左右します。 尊敬心が全くないとするなら、その関係はやがて悲しい結末を迎えてしまう場合もあります。 「この部分は嫌だけど、ここは尊敬できる」ということがあれば、元々の相性を超えて人間的な深い信頼関係を作ることができるでしょう。 結婚前に出来る相性をもっと良くする方法 今、おつきあいしている方がいますか?もしかしたらその方と結婚を考えているかもしれませんね。 しかし、「好き」という気持ちだけで結婚することができません。 何よりも大切なのが2人の「相性」です。 これは単に、「好き」、「愛している」という恋愛感情を超えたもの。 人間としてしっくりくるかどうかというのが結婚では一番大切になります。 恋愛の愛情はどんなに長くても4年までと言われています。 ときめく気持ちは限界があります。 そのあとは愛情の質が変化して行くものです。 そのときに一番大切なのが何と言っても「相性」になります。 結婚前だからこそできる2人の相性をもっとよくする方法をご紹介します! 価値観の違いをチェックしながら、妥協点を見出す 価値観の相違が分裂を引き起こすと言われていますが、夫婦だからと言って何もかもが一緒ではありません。 結婚前だからこそ、冷静に相手がどんな価値観を持っているのか、一緒に結婚してもやっていけるのかということを見極めることが大切です。 「それよりは好きという気持ちが大事!」と情熱で突っ走ってしまうと、結婚してから痛い目をみることもあります。 日本の既婚女性で結婚に後悔したことのある女性は53%。 2人に1人はいるのですから。 少しでも後悔しないためにできることを見つけるのが大切です。 「価値観」とは、自分が何に対して価値を感じるのか、あるいは感じないのかということです。 これまで生きてきた中で積み重ねてきた部分なので、一番変えるのが難しい部分です。 そのため価値観が大きくずれている人と結婚するとお互いに大変な思いをしてしまい、ストレスばかりを感じてしまい、次第に相性も良くなくなってくるでしょう。 しかし、自分と愛する人であっても価値観が全く同じというのはありません。 相手の価値観を自分がどこまで受け入れられるかということ、また逆に相手がどこまで自分の価値観を受け入れてくれるかということが大切になります。 その受容する心そのものが相性をよくするポイントです。 相性をよくするために、どんな価値観に注目すべき? 違いはあるけれど、お互いに受け入れることの価値観はどのようなものがあるかというと、一つは「お金に対する価値観」です。 お金は、独身時代と結婚してからは、環境や責任などが大きく変わることでどのような人でも変化が見られるようになります。 また付き合っている時点では、お金の価値観が多少違っていても問題はありませんが、結婚してからはかなり大きな比重を占めるものです。 相手が浪費ぐせがあったり、気分で高額なものを買い物するなどのお金に対してのルーズさはきちんと目を留めておかなければなりません。 学費ローンの返済などで借金を抱えている場合は、きちんとその額を知っておきましょう。 また自分が抱えていても、相手に話して行きましょう。 借金関係は夫婦が名義人になるので、いざ払えなくなると相手に支払いの義務が生じるのです。 このようなことでトラブルになる前にきちんと伝えておくことは伝えておきましょう。 二つ目に「仕事に対する価値観」です。 これは男女によって大きく違う場合があります。 結婚してから、専業主婦になるのか、それとも仕事をやめないで結婚生活を続ける兼業主婦になるのかというのは結婚前に必ず確認や一致しておいた方が良いでしょう。 現代は共働きが多く、男性も女性に働いてもらうことを求めている時代です。 その中で、家事や育児などをどのように負担するのかということも価値観の違いが見られ、最悪の場合は離婚になってしまうこともあります。 3つ目に「他者に対する価値観」です。 結婚前に特に見落としがちなのが、家族に対しての価値観です。 相手(または自分)が今までの人間関係(家族、親友、恋人、仲間、仕事関係など)の中で何を優先してきたか、どこまで優先してきたかというのも価値観の範疇で、これが夫婦で一致していないと大変なストレスになってしまうでしょう。 例えば、結婚して新しい家庭を築いたのに、実家に甘えてばかりだったり、友人と飲み歩いてばかりいたらお互いに不満が出てしまいます。 様々な価値観がありますが、どこまでが許容範囲かというのをきちんと結婚前に知っておくことが何よりです。 また価値観は好きなものが一緒ということや、食の好み、趣向品の好みなども範疇に入りますので、これがきちんとできればほぼ相性は良くなります。 好きなこと、嫌いなことを把握し、自分と照らし合わせること、もし嫌ならば結婚前に改善してもらうことが大切です。 もちろん、自分も相手が嫌なことは改善していくようにしましょう。 結婚後もずっとラブラブでいられる良い相性を保つ方法 結婚後も、付き合っている時と同じようにラブラブでいたい! そんな良い相性を保つ方法にはどのようなものがあるでしょうか? たまには2人だけでデートする 良い夫婦関係を続けるために必要なことは、日常生活を離れてデートすることです。 月に一度は外食したり、映画をみるなど、2人で過ごす時間を大切にしましょう。 日常生活を離れると普段とは違う会話を楽しめますし、恋人同士の気分に浸ることもできるでしょう。 また、何か大切な会話をするときでも、家では喧嘩になりそうなことも、外では人の目もある分、冷静に話し合うことができるようになるのです。 日常性を離れてデートすることを心がけましょう。 また子どもができても、2人でデートするときは誰かに預け、少しでも2人の時間を大切にすることを心がけるといいでしょう。 小さなことには目を瞑る、妥協することができる 相手の嘘やごまかし、あるいはこれは許せないという卑怯なこと、人道的に反することは見過ごす必要はありませんが、ちょっとした小さなことには目をつむることで相性をよくすることができます。 小さなことをとやかく言わないカップルは健康的で長い関係を築くことができると、欧米の研究でも明らかないなっています。 例えば、靴下が脱ぎ散らかしてあっても、自分で片付けてしまうとか、「次から洗濯機に入れておいてね」などサラッと言うなど、小さなことには目をつむった方がうまく行きます。 お互いを責めない 夫婦であればケンカをすることもあります。 ケンカしないカップルが素晴らしいのではありません。 むしろ、良いケンカができる夫婦ほど素晴らしいものはありません。 しかしケンカするきっかけになりやすいのが、相手の非を責め立てるということ。 責めることは状況の改善にも、関係を構築するにも決して役立ちません。 たとえあなたの気分を害してしまった相手に責任があったとしても、決して相手を責めない姿勢が大切です。 でも責めないで、どうやって相手とケンカをすればいいかというと、自分の気持ちにポイントを当てることです。 「私はこう感じた」、「私はこう思った」という言葉を使うことで相手を責めないことができます。 またそうすることで怒りを増大するのを防ぐこともできるので、スムーズに問題を解決することができます。 ただ話すのではなく、「コニュニケーション」をする ただの話とコミュニケーションの違いは、時として深い話や自分の考え、相手の考えなどを尊重した上で議論ができるなど、「対話」ができるかどうかです。 対話のキッカケは、何かニュースだったりと構いません。 たまにはしっかりと対話をしてお互いが共有し、相手の考えを知る機会を作ると良いでしょう。 またコミュニケーションは対話するだけではなく、肌と肌のふれあい、セックスをも意味します。 揺るぎない愛情そのものが2人のコミュニケーションを作っていきます。 占い師 聖子のワンポイントアドバイス 結婚はとても長い期間、相手と時間を共に過ごします。 結婚式の式文では「健やかなときも、病めるときも愛し合いますか?」という言葉が聞かれます。 そして結婚する二人にも問いますし、結婚式に来てくれた会衆にも同意を得ます。 これって、実は「契約の儀式」なんですね。 そう、結婚は契約なんです。 契約である以上、ルールが必要で、それを守り、お互いを信頼しながら作っていくという関係なんですね。 元々は他人同士ですから、全てを知るというのは難しいかもしれません。 相性の良し悪しを超えて、関係を作っていくというのが結婚の醍醐味なんですね。 結婚は相性の良し悪しだけで決まるものではない 結婚は元々の相性だけで決まるものではありません。 相性を乗り越えて「二人で作る」ものです。 結婚した二人が愛情を持ち、お互いを信頼し、尊敬し、家族として社会生活を作っていくものです。 どんなに相性が良くても悪くても、お互いが認め合い、話し合いをして歩んでいく関係です。 それができれば素敵な結婚生活を送れることは間違いありません!.

次の