ナイン ボール セラフ。 ナインボール=セラフ

ナインボール=セラフ

ナイン ボール セラフ

由来はエンブレム通り、ビリヤードのゲームの一つ。 紅と黒の特徴的なカラーリングで、その桁違いの戦闘力も相まって通り名として「紅い悪魔」と畏怖されていたようである。 軽量コア・腕部に、小型ミサイルなど、一見して軽装な中量のようだが、を構えなしに軽々と放つため火力も侮れない(しかも実は、のではない)。 公式小説にも登場しており、その際にはと、二門のグレネードランチャーを装備し、更にはサポートリグに乗って主人公であると激闘を繰り広げた。 その正体と派生型 不動のトップランカーの搭乗機と思われていたが、その正体は製の無人兵器であり、厳密にはACですらない。 操縦であり コクピット自体は有人機と見掛け上同様のものだが 、レイヴンだけでは調節しきれない事態 強力すぎるの出現やのように不都合な企業台頭などの要素 に際して投入されていた。 初代では通常のACと比較して火力・機動性が遙かに強化されており、連射力が神域にまで強化されたパルスライフルと、無限としか思えない飛行時間を誇り、更には同時ではないが2機出現する。 唯一の弱点は耐久性であるが、それですら平均的なACと同レベルには備わっており、版のと合わせてシリーズ最強のラスボスに数えられるほどの実力を持っている。 一方、MOAで登場する際はそれほど性能に異常さはなく(後述)、あくまでが駆るAC程度でしかない。 とはいえこちらの作品では同時に2機(内では合計3機)現れる。 しかもセラフに負ける度にこいつらを処理する必要があるというの十八番仕様。 )同ミッションではに「お前たちはなぜ現れる」と言われるが、 それはこちらの台詞である。 ちなみに小説版MOAの挿絵では何故か頭部がセラフっぽくなっている。 なお同小説中の記述によれば、MOAでのとの戦闘データをもとに改修が施されたようで、初代に登場したのはその改修型にあたる(初代のラストミッションは、MOAのラストミッションよりも後の出来事)。 また、AC2AAにも改修型と思われる機体が登場している。 連射型のパルスライフルは健在で、弱点だった耐久力も巨大兵器並に強化された。 では過去の幻影としてレプリカ版が登場する。。 見た目はACだが並みの連射性能を持ったを発射する、も三連射、内蔵と中身の別物ぶりを露骨にアピールしてくる。 特にミサイルジャマーは厄介で、安易な攻略装備 多弾頭系ミサイル満載など では泣きを見る。 しかし、見た目に反して何故か攻撃力が異常に低いので、通常射撃武器で丁寧に撃ち合えば印象ほどの脅威ではない。 なおNBに登場したレプリカはあくまで過去の遺産の象徴的存在で、この機体が実際のナインボールと関係があるかどうかは語られていない。 因みには5桁の20980である。 ではエンブレムは異なるがこのアセンブルで5th「Cord:Crimson」AC「ベイビーズブレス」として登場する。 またにおいてもほぼ同様のアセンのがアリーナのトップランカーの機体として登場している。 因みにNB版とPSAC版ナインボールはにラインナップされている。 そして、ので初代とNBでのが入手可能。 Link: 34d 88d 173d 267d 542d 584d 602d 1239d 1242d 1242d 1252d 1256d 1263d 1465d 1509d 1518d 1694d 1695d 1695d 1695d 1715d 1735d 1793d 1806d 1807d 1812d 1825d 1903d 2191d 2193d 2202d 2202d 2302d 2378d 2430d 2452d 2464d 2468d 2528d 2530d 2532d 2562d 2566d 2572d 2572d 2572d 2574d 2601d 2601d 2707d 2725d 2768d 2769d 2826d 2949d 2949d 2949d 2949d 2949d 2949d 2949d.

次の

Another Century's Episode: R

ナイン ボール セラフ

パルスキャノン フルオート型。 これだけで十分強力。 しかし本機はテンション技を連発できるためそこまで多用しない。 ブレード 右腕のブレードで切り抜ける単発多段ヒット技。 コンボは一切ない。 当てやすく短時間で、最も優秀なテンション溜め技と言っても過言ではない。 プライマルアーマー AC4初出のためこの機体とは無関係であるはずの装備。 展開時にはPA再展開のエフェクト。 展開中は攻撃が当たらない限り視認できない。 垂直ミサイル 他の機体に搭載されていミサイル同様非常に扱いやすい。 ただし消費テンションが2と少々割高である。 しかしテンションさえあれば他の機体のミサイルよりもリロードが早い。 ECMスモーク 自機が透明になり一定時間敵機からのロックを無効にする。 発動すればほとんど被弾しない。 実質的な無敵状態。 ただし、ミサイルには効果がないので注意。 設置型オービット その場に自動で攻撃するオービットを展開する。 サテライトと違い、設置箇所から動かない。 しかし、かなりの範囲をフォローしてくれるので問題はない ロック中の敵を優先して狙う。 サテライトオービット 自機追従型のビットを2機展開する。 よろめきこそしないが威力が高く、これを出してパルスキャノンを垂れ流すだけでも無双出来る。 ロック中の敵以外も頻繁に狙う。 設置型オービットとの併用による火力は圧倒的で、本編では頑丈なエクエイションやネックナイなども瞬く間に散っていく。 敵が簡単に落ちていくのでブレードを振るう隙がないほどである。 エネルギーウェーブ ACファンにはおなじみの光波。 両腕のブレードからエネルギーウェーブ計2発。 ロック変えも有効。 消費テンションは4と高いが、瞬間的に敵機の体力を奪える。 なお、この武器の特徴として射角限界があり、角度がきつすぎると発射出来ない。 命中した敵は吹き飛ばずに復帰不能で大きく仰け反るため、近ければ格闘を決められる。 テンションはきっちり消費するので注意。 …原作よろしく、垂直ミサイルに負けている感は否めない。 敵機貫通、ロック変え有効、二連発、高弾速、発生早、強くは無いが追尾性あり… 決して悪い性能ではなく、両手のブレードを振るった先から光波が粒子を残しながら飛んで行く姿は非常に格好よく、見映えもする。 ただミサイルと比べると、消費テンション半分でこれよりも多くの敵を殲滅でき、リロードもどっこいどっこい。 挙句の果てには集中させると光波よりも火力が高い。 だが、前述の通り決して弱いわけではなく、むしろかなり優秀な方に入る。 余談だが、左手ブレードの出番はこれだけ。 至近距離で撃つと両手で切っている…ように見える。 アサルトキャノン 初出はACfAでやはり本機とは本来無関係の武装。 胸部が開きレーザー照射。 操作可能。 誰もこんなアサルトキャノンには見覚えがない。 仮にこれがコジマ粒子だとしたら…考えただけでも恐ろしい。 バースト:オービットアラウンド 自機の周りに展開したビットが一斉射撃。 他に強力な武装がいくらでもある。 アサルトキャノンと違いこちらは旋回出来ない。 一応、溜めた段階によって性質が変わる。 ・一目盛り目 ビット二つが弾を連射。 強化パルスキャノンと言った感じだが、発動中は動けず、テンション消費してこれを撃つのなら普通にパルスキャノンを撃ったほうがいい。 一応、ロック変えが出来る。 ・二目盛り目 ビット四つが弾を乱射。 前方に大量に弾が発射され、一発の威力が一目盛り目とは比べ物にならないくらい高いが、異常に拡散して少し離れると だいたい1000Mほど ロックした静止している敵にすら全くあたらず 当たって一発 、お前は馬鹿かと言いたくなる兵器。 全弾回避される事もある。 相手は止まっているので、外しているようなものだが。 敵が小さいともう目も当てられない。 雑魚の群れに撃っても1機倒せるかどうかも分からない。 もはや産廃。 数々のレイヴンのトラウマになったこいつが弾を外しまくるのを見てなごむ為の兵器かもしれない。 一応、距離800M以下なら1、2発の命中は望める。 全弾命中には密着する必要があるが、チャージ兵器で二目盛り目という半端なチャージ数、おまけにカットインまで入るこれを至近距離で放つのは難しい。 密着さえ出来れば超火力。 コア戦があったのなら陽の目を浴びたであろう、悲しい兵器。 ・三目盛り目 ビット八つがレーザー掃射。 絶望的に減らない。 さらにカットインに移動されて当たらなかった場合、追尾もしない。 さらにさらにロック変えも不可能。 使い道の無い産廃。 これを使うならアサルトキャノンを使おう。 特に演出がド派手だったりはしない。 特徴 この機体を知らない人のために解説しておくと、「ナインボール・セラフ」とは歴代アーマードコアシリーズに登場する「ナインボール」の上位機。 そのシャープな風貌とありえない機動・破壊力によって、多くのレイヴン(AC乗りのこと)にトラウマを植えつけた機体である。 ちなみに量産型の黒い方は「アナザーセラフ」と呼ばれたりもする。 本編では周回の中で秒殺されまくるがっかり仕様。 しかし、限定でプレイアブルキャラに。 優秀な格闘でテンションは溜め放題、ECMスモークで被弾はしないと最強キャラ。 テンション技を湯水のように使って無双し、彼へのがっかり感を払拭しよう。 HPは10000きっかり。 変形も再現されている。 回避の速度が少し遅い。 ゲーム内ではフロートと表記されているが、自然下降があり実質バーニアタイプである。 4ページ丸々武装があり、覚醒技や覚醒中限定技がないため選択肢が非常に多い。 一方ACからの参戦とあって格闘のバリエーションは皆無である。 ちなみに、変形時の旋回速度が通常時は遅く、ハイパーブースト時のほうが早いという特徴がある。 搭載している武装から、本作オリジナルの変t…ネクスト仕様であることが窺える。 「さあ、戦うんだ、ナインボール……! 本編のNSMとかチェイスモードにおける 悲しみも怒りも喜びも、想いの全てをデデデデストローイに乗せて!」 [スポンサードリンク].

次の

ナインボール

ナイン ボール セラフ

実際にはハスラーワンという人物は存在せず(モデルとなった人物が存在していた可能性はある)、 その正体はレイヴン(AC世界での傭兵)を斡旋する組織「レイヴンズ・ネスト」のコンピュータ(の一部?)「H-1」と呼ばれるである。 そのため「H-1」ユニットを搭載したナインボールは何機も存在する。 かつて「大破壊」と呼ばれる戦争によって滅亡しかけた人類(のごく一部)が「人類を管理し、滅亡しないよう調整する」ために作り出した『モノ』の一部。 その目的は世界のパワーバランスを一定に保つことよる人類の存続であると思われる。 力を持ちすぎ、パワーバランスを崩そうとする者は「イレギュラー」としてナインボールによって排除される。 例えば、MOA最初のミッションに登場するクラッカーは、実は「レイヴンズ・ネスト」を探っていたらしく、 ナインボールが現れて彼を殺したのは、口封じのため(ただし、クラッカー本人はそういった事実は知らなかったようだが)。 「レイヴンズ・ネスト」や企業はおろか、ACを生み出したのも彼らであり、その圧倒的な能力で人類を管理していた。 この事実は極秘で、当然一般には知られていない。 そのため約70年後であるAC2やAAの世界では、ハスラーワンの名前は伝説のレイヴンとして語り継がれており、彼を真似た者が毎年現れるほどである。 ナインボール=セラフは、「あまりにも大きすぎる力」=「イレギュラー」に対して投入される最強の兵器である。 AAにおいて70年前という旧式の機体であるナインボール=セラフが、新世代のAC(プレイヤー機)を圧倒する性能を発揮することからも、その凄まじい能力が伺える。 MOAで主人公のマネージャーを勤めるラナ・ニールセンもネストのAIの一つであると考えられ、世界を管理するために必要なレイヴンの育成を行っていた。 MOA最終ミッションにおいてハスラー・ワンの声とラナ・ニールセンの声がダブる瞬間はまさに鳥肌ものである。 なお、AAのセラフとMOAのセラフの関係は不明。 とはいえ確かに 光波の威力はこちらが使える同種の兵器と威力の桁が一つ違ってるものの、実際に戦えば分かるが 光波を撃つ瞬間(と言うより地上ブレードの瞬間)は完全に硬直状態になる為こちらの攻撃を当てる最大のチャンスにもなりうる。 というわけで結局一番恐ろしいのは何時まで経っても地上に降りずにミサイルの嵐を吹き荒れさせる飛行形態、もしくは変形解除直後の空中ブレード連発(当作品においては空ブレは地上ブレに比べ隙が少ないうえに威力上昇補正がかかるという仕様が存在する)であったりする。 ……まあ、初登場時(MOA)のセラフはあまり強くは無く、再戦時の強化状態や後にアナザーエイジでの再登場で初めて鬼畜ボスといえる強さになるのだが。 そして、フロムソフトウェア開発の『Another Century's Episode:R』に、隠しボスとしてゲスト参戦。 不可能と言われたACEへのAC機体参戦に、ファンは狂喜した。 原作と違い遠距離に弱く、ビームライフルで封殺される性能だが、近距離では無類の強さを発揮する。 難易度最低では大した強さではないが、最高になるとACAA時代のごとき強さを誇る。 おまけにエキストラミッション限定でプレイヤーが操作することもできてしまう(しかもそのEXミッションにはナインボール量産型も登場)。 さらに戦闘曲は9のアレンジとレイヴン感涙モノの扱い。 なお、新規CGというだけでなく 変形突進、PA、オービットといった武装も追加されている。 一部ではその肩に追加されたユニットが、に似ていることから「」と呼ばれているとかいないとか。 順序は逆だが、これでMUGENのセラフのドミニオン 下記参照 やの12Pなども公式ネタの再現となった。 下はEXミッション。 11P、12Pはの支援兵装「CLAW」が自動装備される。 「一部の飛び道具を無効化+当たり有+こちらが飛び道具を出すと支援(さらに飛び道具を出す)」という極悪な仕様。 変形せずとも飛び道具を連射すればSTGになる事請け負い。 おまけに射撃時に距離が近かった場合、支援飛び道具がもう一発出る。 そして魅せコンの癖して10割余裕でした(AIは使わないが)。 相手はライフ1000・DEF100。 プラズマ無し。 飛び道具が上下両方当たるとドミニオンの前に死ぬ。 有利フレームが長いだけ。 でもギリギリだから実用性はないかもしれない。 連射中にできるだけ地面に近づき、支援飛び道具だけを当てる。 支援飛び道具だけ当てると相手が落ちない。 というか 空中の敵に対して支援飛び道具が2hitすればそこからこれに移行可能。 5~は弾幕キャラと化し、特に7はなんかもハメて秒殺するため、レベル設定などには注意が必要である。 その後、2011年11月6日の更新でAIは9段階になっている。 初期状態がレベル3。 9が最強かと思いきや、対人では6が多分一番強いとの事。

次の