血糖 値 を 下げる ツボ。 血糖値を下げる方法!運動やツボ、妊婦におすすめ食べ物一覧と飲み物

薬に頼らず「血圧」と「血糖値」を下げよう

血糖 値 を 下げる ツボ

血糖値が高いと、「食事制限をしなければいけないのかな」と憂鬱になりますよね。 好きな食事を制限したり、運動をしたり…わかってはいるけど、なかなかまとまった時間が取れないのも事実です。 血糖値をそのままにして糖尿病になってしまうと、何種類もの薬を飲むことにもなります。 身体中に600以上の存在するツボは、押すだけで効果が期待できる手軽なケア方法です。 普段自分の身体のケアに時間がとれない方は、通勤中や仕事中に手軽にできるツボを押すことで、血糖値を下げる手助けになるかもしれません。 食事制限や薬を飲むのに抵抗がある人も、ちょっとした時間で血糖値を下げるツボを知って、手軽に血糖値対策をしていきましょう。 ツボは押すことで血流量が多くなる、代謝が良くなることで身体の不調を整えていきます。 1つのツボを押すことで色々な効果が期待できるのもお得なところですよね。 (参考元:せんねん灸 会議中でもこっそりと押せる血糖値を下げる耳のツボ 普段あまり触らない耳ですが、耳にもツボが多数あります。 血糖値に関係するツボは、ストレスに効く「神門(しんもん)」と糖を分解するインスリンの分泌を正常にすると言われる「内分泌(ないぶんぴ)」の2つをご紹介します。 ストレスに効く「神門(しんもん)」 1つ目の「神門」は耳の一番上部分の内側、少し平たくなった部分にあります。 耳の外側の軟骨と内側の軟骨の間にあります。 神門は身体のすべてにつながると言われているツボです。 体全身に作用して、精神を安定させる効果があります。 日々のストレスが原因で、つい食べすぎてしまう人にオススメのツボです。 神門の場所はこちらの動画でも詳しく説明されていますので、場所がイマイチ分からない方は参考にされてください。 私は耳ツボの資格を取得した際に、耳ツボを刺激する専用のシールを貼って、1週間ほど過ごしたことがあります。 普段からあまりマッサージなどをしない部分なので、耳が常にホカホカとして、体に効いていると感じました。 耳ツボの専用シールがなくても、楊枝でちょんちょん、と刺激するだけでも効果はあります。 長い会議の場合などで人目が気になる時には、親指で耳を挟んでゴシゴシとこするだけでも効果があります。 本格的に耳ツボを始めたい人は、ドラッグストアやネット通販でも耳ツボに貼るシールなどが売られていますので、ぜひ試してみてください。 お風呂上がりにできる、血糖値を下げる足裏のツボ 足裏は、親指から中指の下に膵臓や胃腸などの臓器に効くポイントがあります。 足の裏をくまなくマッサージすれば、血糖値に関係する臓器を効率的に刺激することができます。 マッサージの仕方は手をグーの形にして、指の関節で足裏をグイグイっと押します。 1日歩き回った日などは、足のむくみや火照りにもマッサージは効果的です。 足裏は外出中に刺激することは難しいので、お風呂上がりや寝る前などのリラックスタイムにマッサージをしてみてはいかがでしょう。 また足の親指の付け根、爪の付け根の角の横には「隠白(いんぱく)」というツボがあります。 隠白は、食欲の抑制や臓器の疲労回復にも効果があります。 まとめ• 通勤中に押せる糖の代謝を促す手のツボ「腕骨」「陽渓」• 会議中のストレス対策にもなる耳のツボ、「神門」とインスリンに作用がある「内分泌」• お風呂上がりには内臓への効果が集まる足の裏全体と、食欲を抑える「隠白」 ツボについては、科学的な根拠が認められていないという説もあります。 しかし鍼灸医学と呼ばれるツボに関する東洋医学は2000年以上の歴史があるものです。 普段あまり意識しない場所をマッサージすることで血行が良くなり、代謝が上がります。 また1つのツボには、体の複数の場所に効くものもありますので、健康維持に試してみては、いかがでしょうか。 ただし、ツボ押しはやりすぎは注意が必要です。 飲酒や食後などはツボを刺激することで血行が良くなりすぎることもありますので、身体と相談しながらケアをしてみてください。 関連記事 運動も食事制限もしない簡単ダイエット!! 運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!! 応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

次の

【血糖値を下げる方法】膵臓のツボ「糖尿穴」と左股関節のゆがみを取る「一瞬整体」で高い効果!左足を使う2療法を紹介

血糖 値 を 下げる ツボ

すい臓から分泌される 「インスリン」というホルモンは、血糖値を下げる働きをしてくれます。 ところが、すい臓の機能が低下して インスリンの分泌は減ってしまうと高血糖の状態が続いて、糖尿病を招くといわれます。 糖尿病対策には、すい臓の機能を低下させないことがとても重要です。 食事の改善や運動をすることが大切ですが、この記事ではすい臓の働きをよくしたい人におすすめの方法として、太もものツボ刺激を紹介します。 佐々木整体治療院の院長である佐々木繁光先生に、ツボの場所と押し方を教えていただきましたので、みなさんもぜひ探して押してみてください。 糖尿病は、生活習慣の改善とともに病院で治療を受けることが何より重要です。 そのことは忘れないでください。 インスリンの効きをよくしたい人におすすめのツボ 私はあんま・マッサージ・指圧師・鍼師・灸師の資格を持ち、さまざまな角度から患者さんの心身不調の治療を行っています。 さらに薬剤師として臨床経験もあり、よく患者さんから「糖尿病の薬を飲んでも血糖値が下がらない」と相談されることがあります。 このような患者さんには、すい臓に通じるとされる「糖尿穴」のツボ刺激を教えています。 なぜなら、このツボを両手の親指で力を込めてぐっと押すだけで、インスリンを分泌するすい臓の働きがよくなると私は考えているからです。 実際に、ツボ刺激で高い血糖値やヘモグロビンA1cの値が低く改善する人が少なくないのです。 すい臓に通じるとされるツボは、左の太ももの中心にあります。 なぜ左の太ももだけなのか、と聞かれることもありますが、今のところはっきりした理由はわかっていません。 糖尿病の原因の一つに、インスリンの量や働きの不足があります。 このインスリンを分泌するすい臓が、体の左側に位置するためと私は推測しています。 試した10人の血糖値が下がり、だるさが改善した人も 実際に、私が糖尿病の患者さん10人(60~70代)に協力してもらい、太もものツボを1週間押した試験では、10人全員の血糖値が下がりました。 それと同時に、糖尿病に伴うだるさが改善されて、体調がよくなった、やる気が出てきた、という人もいたのです。 もちろん、全員に作用するわけではないのですが、試してみる価値はあるはずです。 では、太もものツボの探し方と刺激する方法を説明しましょう。 糖尿病対策におすすめ!太もものツボの探し方 このツボは、左太もも前面の、ほぼまん中です。 上半身の体重をかけるようにして、このあたりを親指で押してみましょう。 特に痛いと感じるところがツボになります。 場所は人それぞれで、微妙に違います。 まん中よりややわきにずれる人もいます。 このツボは、イスに座ってひざを直角に曲げたときに現れるツボなので、足を伸ばしたり、床に正座したりしたときの姿勢では探せません。 糖尿病や糖尿病予備群の人が押すと、強い痛みがありますが、健康な人はそれほど痛みを感じません。 高血糖を下げたい人は食後に押そう!ツボ刺激のやり方。 これをリズミカルに3回くり返すのを1セットとする。 ツボを押すときは長く押すのではなく、皮膚や皮膚の内側に瞬間的に刺激を与える感じで、一気に力を込めて押してください。 ツボ刺激は、目安として1日1セット行ってください。 3度の食事のあとに行えば、さらにいいと私は思っています。 やりすぎということはないので、テレビを見ているときや、本を読んでいるときなど、気がついたときに行うといいでしょう。 今、血糖値が基準値内の人でも遺伝などで糖尿病が心配な場合は、このツボを刺激して、健康なすい臓を維持するのに役立ててみてください。 もちろん、ツボ刺激ですべては解決できません。 病院での治療を受けつつ、食事や運動でも糖尿病対策をすることが重要です。 記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。 また、効果効能を保証するものではありません。 日本大学薬学部卒業 日本鍼灸理療専門学校卒業。 薬剤師となり、病院に勤務していた時、宮本紘吉先生に出会い、内弟子として入門。 師匠の下で約7年間さまざまな治療を学ぶ。 師の没後、その遺志を継ぎ「佐々木マニピュレーション・アカデミー」を創始。 師匠の創始した「新正体法(一瞬整体)」と各種手技療法」を世に広めている。 新正体法研究会会長。 患者さんからの信頼が厚く、全国から治療を受けにたくさんの人が訪れる治療院として知られる。 さまざま な症状に対応できる治療院とするべく、研究に没頭している。

次の

血糖値を下げる足裏のツボ<膵臓>場所とツボの押し方を画像で解説

血糖 値 を 下げる ツボ

加齢とともに数値が悪くなるのは仕方のないことで、無理な投薬や食事制限をすると、かえって健康を損ねることもある。 カラダに負担をかけずに、気軽に体質改善できる方法を紹介する。 ( 1 )日本人は降圧剤を飲みすぎ 薬で強制的に血圧を下げ過ぎると、脳が酸欠状態になり、めまいなどの副作用が出ることがある。 これが積み重なれば、認知症発症の可能性十分にある。 現在は 140超えると降圧剤が処方。 ただ、降圧剤服用して重大な疾病を回避したという有効なデータはない。 14年現在、高血圧と診断された人は 1010万人余。 血圧降下剤と血管拡張剤の売り上げは薬全体の 11. 4%を占め、 7525億円余。 女性は閉経後女性ホルモンが減少し、高血圧気味になる。 要は、若いときと同じ血圧を維持しようとする方がむしろ身体には負担だ。 食生活で「減塩」をうたう調味料に変える人も多かろう。 気にすることは仕方あるまい。 しかし、 6g~ 14g以内の人には高血圧発症と無関係という結果もある。 むしろ塩分多めの人のほうが心血管疾患による死亡率が低かったそうで、無理に減塩する必要もなさそうだ。 よって、ナトリウムの排出を促すカリウムを多く含む 海藻類や大豆類を取るべき。 また、酢には血管拡張の効果がある。 要は緊張せず、リラックスできる状態を作り出すことだ。 アロマは大脳視床下部に作用し緊張緩和に効果的だ。 カラオケなど「思い切り声を出す」のもストレス発散され、一時的には上昇するがその後副交感神経優位となり、血圧安定には有効だ。 ( 3 )服薬で低血糖に注意 糖尿病には、すい臓にあるインシュリンを算生する細胞が壊れる( 1型)タイプと、食べ過ぎ・運動不足でインシュリンの働きが悪くなる( 2型)ある。 特に 2型のタイプの「予備軍」向けの薬は減らしたい。 肝臓・腎臓に負担をかけるモノもあれば、尿路感染症や脱水症状の可能性もある薬もある。 脳にエネルギーが行き届かない低血糖には特に注意したい。 カロリー制限や運動しながら薬は減らしていきたい。 少量の食事をこまめにとる…夕方以降は量を減らす…風呂に入り代謝を促す… 工夫していきたい。 睡眠不足はセロトニンが分泌されにくく、慢性的なストレスを抱える。 ストレスは副腎からコルチゾールを分泌し、血管中に大量のブドウ糖を送るよう促し、脳を活性化し、血糖値が高いままになってしまう。 7時間程度の睡眠時間を取る人は、それより長いあるいは短い人よりは死亡率が低いというデータがある。 個人差はあるが、睡眠と生活習慣病発症リスクは関係しているらしい。 喉仏から指 2本分外側にある「人迎」というツボを 5秒ほど押すと、たちまち血圧が 20ほど下がったという人もいる。 血糖値を下げるには、手の小指の側の手首に近いところのツボ「腕骨」を押すと糖代謝を促す。 また、親指の付け根の「ようげい」というツボを刺激すると消化器官の動きが活発になり、血糖値の上昇を抑える効果が。

次の