刀剣 乱舞 こんぺいとう。 刀剣乱舞

【刀ミュ】ミュージカル「刀剣乱舞」52本目

刀剣 乱舞 こんぺいとう

みなさんこんにちは。 今日も元気に推しが!ホント無理!ってなってますか?わたしは割となってます。 去る1月23日、ミュージカル「歌合 乱舞狂乱」が無事大千秋楽を迎えましたね。 何も知らずに見に行ったあの衝撃から早1ヶ月。 この間、トライアル公演から各公演をしっかり履修して、もちろん歴代らぶフェスも視聴しました。 の恩恵に加え、髭切膝丸双騎出陣と葵咲本紀も見ることができて、導いてくれた先輩の方々とDMMの配信には頭が上がりません。 三百年の子守唄の再演4dxも観ました。 座席がぐわんぐわん揺れた。 そんなこんなで過去作の予習は万全!いまでは立派な村正派推し!の状態で大千秋楽のライブビューイングに挑んだわけです。 今度は前と違うぞ!受け取るものがいっぱいあるぞ!って気合を入れて。 記憶と感情だったら感情の圧勝。 ノット客観、イ主観。 もうねえ、記憶なんてねえ、あの圧倒的なパフォーマンスの前には儚いものですよ。 人の夢と書いて儚い。 まさにその通り。 あっ……すごい……すごい神事してる……あっ……こんぺいとう……アッアッアァアーーー…………獣!!!!!!イネイミヒタクク……あなめでたや……松井江ーーーー!!!!!!!! 感情の起伏を表すとこんな感じです。 記憶としていうならこんぺいとうとと獣。 そして松井江。 これだけで考察と感想が書けたらたぶんを超えてしまいますわよ……。 覚えていったつもりのイネイミヒタククもやる隙なかったです。 意識取り戻したらライビュ限定コメント動画だった。 あってよかった。 そしてDMM見逃しパック。 スゴカッタ…という意識に侵されていた思考に叩きつけられた様々な教養ある達の素晴らしい考察と、見逃しパックの恩恵でやっとできるところまできました。 大千秋楽後はネタばれ解禁だったからすごかった、TLに流れてくる情報量の濃さが。 ほんとに。 ここには自分で気づいて調べたこと、考えたこと、そして考察を見て更に繋がったことなんかを本編の流れに沿って書いていきたいと思います。 そうしないと情報量多すぎて忘れてしまいそうなので……ほとんど自分用の備忘録です。 なんてったってTHE主観。 そして限られた視野。 歴戦のが持つ目とは程遠い。 時間がめっちゃある時に、ふーんこういう考えのもいるんだな~程度に流し見ていただければ幸いです。 歌合 乱舞狂乱 前編 そも、歌合とは何なのか? これについては多くのが言及しているので、私が説明する必要もないのですが、一応前提として記述します。 歌合(うたあわせ)とは、を左右二組にわけ、その詠んだ歌を一番ごとに比べて優劣を争う遊び及び文芸批評の会。 引用元: このとおり左右に分かれ歌を競い合わせ、どちらが優れているかを競う遊びのこと。 今回開催された歌合もこれをモチーフにした内容でした。 左方は青、右方は赤の装束を着用する点はもちろんのこと、判者(はんざ)と呼ばれる審判役をが、講師(こうじ)と呼ばれる歌を詠む役を左右それぞれ今剣と堀川くんが務めていました。 初見では全くわからなかったのですが、よく見ると判者であるだけ衣装が白一色で、なるほどー!!となる初心者。 だから白ってわけじゃないんだな……。 鶴という鳥自体が神聖視される側面もあるので、それもあって今回の神降ろしの判者を任されたのかなとも思いました。 縁起のいい鳥だしね。 あと講師の二振りは「実在性が不確か」という共通点がある、っていう話をで見て、そうなると現世より神がいる幽世に近い存在とも取れますね……って後からやっと理解しています。 こんなの初見で気づける訳ないんだよ~!!!教養が欲しい!!!!歌がうまくて小柄でかわいいとかという理由じゃなかった。 これ歌合だけの話じゃないんですけど、刀ミュって全力で楽しむためには教養が必要な作品だよなって思います。 オタクを舐めてない。 むしろ俺たちが込めた本気に着いて来られるか????ってレベルの情報量。 めちゃくちゃ難しいけどめちゃくちゃ楽しい。 あちらがいつも本気できてくれるので、こちらも本気で考えるし愛していける。 これって当たり前に聞こえるけどすごいことだし、幸せなことだなあと感じます。 初めて見た時、いきなり火がでた!!しかも神楽はじまった?!!ってびびりました。 神聖な雰囲気、張り詰める空気。 これはミュージカルじゃなくて神事では……??? 「炎に焼かれたことのある守吉行とだけ踊りが違う」という話を聞いて見てみたらマジで鳥肌立ちました。 えっそんな……うわ……えっそんなことある……?あった……。 立ち位置や踊りの一つ一つに意味が込められていて目を離す隙がないんですけど……。 私は踊りに詳しいではないので、細かい振り付けの意味を受け取ることはできていないんですが、おそらく此処にも意味があるんだろうな……。 もう特濃。 ここ、ミュ本丸の存在意義が語られた気がして余計に濃く感じます。 「歌とは人々がその想いをよろずの言の葉に託したもの」 想いが込められた歌は神々の心をも動かすというなら、神々の中にはである彼らだって含まれるはずなんですよ。 「この世に生まれ出るもの、何れか歌を詠まざりける」 そしてそこにはもちろん我々人間も、そして神も、鬼やあやかしだって含まれていて、更に「我らも」と刀剣男士たちが宣言する。 つまり、この現世にいるのなら歌わないという選択肢はない。 ましてや、 「物に込められた想いを具現化した」である彼ら刀剣男士が、同じく「想いを言葉に込めた歌」を歌うのは自然なこと。 そう言われている気がして、だから彼らは歌うし、その歌には心を揺さぶるものがあるんだと腑に落ちた気分でした。 想いを起源とするもの同士、相性が悪いはずないんだよな……!!!と自分の中で納得。 しかしこれが出だしなのがすごい。 あと、歌がどんなものかという説明で 「花の香に昔を懐かしみ 鳥の囀りに耳を澄まし 風に散る草葉の露に袂を濡らし 月傾く雪の朝に春を想う」 という四季折々を詠むセリフにも色んな和歌が盛り込まれてて教養~!!!って感じでした。 秋を表す「草葉の露」を何気なしに調べたら、が詠んだ 「あはれいかに草葉の露のこぼるらむ秋宮城野の原」にたどり着いたんですが、調べてみたらそこからまさかの 「御裳濯河歌合」というが主宰した自歌みたいな歌合と繋がりが見えてひっくり返っています。 露繋がりなら藤原良経が詠んだ「の露のを契にて里をばかれず秋はきにけり」っていうのもあったんですが、「草葉の露」が「袂を濡らす」なら零れるだろ(単純)と考えての方をチョイス。 でも藤原良経の歌も 「千五百番歌合」っていう一番でかい歌合に関連してるんですよね……ほ……掘っても掘ってもネタが出てくる…… 学ぶことばかりだ……。 春を表す「花の香に~」ですが、昔を懐かしく思う=もういない誰かを想うという描写であれば、の「誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば」がワンチャンありそう(自信はない)。 が語る花が花橘であれば、の話ですが……でも橘って夏の花なんだよな……というのが迷いの元。 ちなみには平安末期の歌合で判者を務めていたことがある人物です。 あの有名なの父でもあります。 出るわ出るわ歌合ネタ。 大豊作です。 夏を表す「鳥の囀り」はどの鳥のことかわからないので割愛。 夏の鳥は水鶏、行々子、郭公など様々……でも語るのは鶴なのだった……。 冬を表す「月傾く~」はにあるが詠んだ「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」からかな……??っていったらの一人ですね。 風流だ……。 はで言霊についても詠んでます。 言霊の力は刀ミュにおいても重要ですよね……想いを言葉に託せばそれは魂となる。 このへん掘り下げていくととか関わってくるのかもしれない。 だんだん広げた風呂敷を畳めなくなってきた。 あとは古典が得意なに任せるぜ!という訳で、和歌について私が調べたのはこのあたりでした。 これは刀剣男士による、あちら側にいるへ捧げる歌と踊り。 つまりは神楽歌です。 歌詞もすごい。 最初何言ってるかわからなかった。 みたいだなと思ってました 「いかばかり 善き業してか 天照るや 昼目の神を 暫し留めん 暫し留めん」 これが出だしの歌詞。 神楽歌の 「昼目歌」と呼ばれるものの本歌からきています。 ここに出てくる「昼目の神」は を表すと言われています。 を祀る有名な神社といえば(内宮の方)ですよね。 にはのひとつであるがあることでも有名です。 そしてこの繋がりで、をとするもを祀っています。 正確に言うとの祭神はという名前ではなく、と呼ばれているのですが、このはに宿った()を指します。 神器のひとつである剣に宿る神、ってめちゃくちゃ刀剣男士と相性良さそうじゃないですか??? その剣にまつわる神を留めたいって言うんだからこいつぁエモい。 あと、曲名の「神遊び」ですが、これにもが関係しているんですよね。 といえば天岩戸に閉じこもってしまう伝説が有名ですが、この天岩戸を開けて貰うために天鈿女が舞を踊って フロアを熱狂させたのが神楽の起源とされています。 のは神楽の起源について、 神楽と言ふ名は、近代では、神事に関した音楽舞踊の類を、漠然とさす語のやうに考へてゐる。 さう言ふ広い用語例に当るものとして神遊(カミアソ)びと言ふ語があつたのである。 一体日本古代の遊びとか舞ひとか言はれるものには、鎮魂の意義が含まれてゐる。 「神遊」は、神聖な鎮魂舞踊とか、或は神自ら行ふ舞踊(アソビ)とか言ふ意味らしいのである。 其神遊びの一種として、平安朝の中頃から宮廷に行はれ始めたのが神楽で、最初は「琴歌神宴」と称して、の一部分の、夜の行事から出たと言ふ説が、有力になつてゐる。 (引用: []) と自身の著書で述べています。 つまり、「神遊び」という語が「神楽」という用語が出てくる前に、神聖な鎮魂舞踊を指していて、更に古来から「遊び」や「舞」という言葉には鎮魂の意義があったということです。 そうなると、この歌が始まる前にが叫ぶ「さあ歌え、さあ遊べ!」というセリフも、神聖な意味があるのだと読み取れます。 また、の天岩戸伝説は神楽の演目にもなっているのですが、この演目でも口上に「神遊び」という言葉が出てきたり。 新しいが権限するためには、現世と幽世を隔てるもの(岩戸)を開かなければならない。 これはそのための「神遊び」なんじゃないでしょうか。 そして隔てるものが無くなったその先は神域。 だから「覚悟はあるか」と問い掛けられるのかもしれません。 無理やり開けようとしてない。 ちゃんと想いを込めた言の葉を届けようとしてる。 そして先陣を切るのが判者であるに対し、次を担うのが石切丸と小狐丸なのもウワーーーー!!!ってなりませんか??!三条ーー!!! 現在は病気平癒の力を持ち御神宝とされる石切丸と、かつて稲荷明神の眷属が三条宗近の願いを聞き届け相槌を打ったことで出来たとされる小狐丸。 どちらも人を助ける力を持っていて、神社に縁のある刀。 その二振りがここで歌う意味は有り余る……って感じです。 今剣も講師だしこの二振りは神に近いし三条本当に神々しい。 ともここに居たら更にネタがぶっこまれていたことでしょう……。 歴代が後に行う。 令和になったばかりの世の中です、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。 昨年5月にがあり、も変わりました。 その後、11月に行われたのがです。 自体は秘祭なのでテレビ中継されたわけじゃないんですが、これから始まりますよー的なニュースはあったかと思います。 これ、何が珍しいって新しいが即位したその年にしか行われないんですよ。 毎年あるとはまた違う。 有難いことに平和な世の中ですから、そこまで頻繁にあるものでもない。 そこで披露される(と言われている)「昼目歌」を、この令和になったばかりの世で起用して、独自の世界観で神楽歌に仕上げてるの、控えめに言ってもすごすぎません…???? そして歌詞の中にもある 「忌火」。 これは神事に使う特別な火のことを指しています。 今回の歌合では交わした歌をこの「忌火」の中へくべて神降ろしをする。 だから「たやすことなかれ」。 あと、の時って祭殿(大嘗殿)を毎回新しく建て直してるんですが、この時(建て直す時の)にも忌火が使われます。 この忌火は8人の童男が持つんだそうです。 儀式の詳しい内容は調べるとたくさん出てきますが、8という数字が頻繁に見受けられます。 8は々に通ずる数字。 八つの炎、八つの苦悩。 これについては後編で触れたいと思います。 最後の各刀剣男士の対峙するポーズにも何かしら意味がありそうだなと思いました(わかったわけではない)。 それから、奉踊も、神遊びも、夜を舞台としているんですよね。 だから薄暗い中でやる。 それがまた神域に繋がる空気を作る。 夜は昔から神や妖を含め、人ならざるモノが蔓延る幽世とされることが多いので、こういう祭事・神事が行われるのもほとんど夜です。 そして人ならざるモノは往々にして、夜明けとともに消えてしまう。 そんな神々を引き留めたいという古来からの願いが昼目歌には込められていると言います。 ここまで一気に書いてすごい息切れしてるんですけど まだ2曲目なんですよね???!!!どういうこと???!?!? 懐かしき音 天地の 神を祈りて 我が恋ふる 君いかならず 逢はずあらめやも (・巻十三 よみ人しらず) 訳:天地の神々にひたすら祈ったのだから、恋しいあなたに私が逢えない訳がないでしょう。 花丸みたいだ~^^」とか思ってた自分を叱ってやりたい。 この話の主軸が石切丸なのは大きな意味があるわよ……おわかりになって……? ライビュで見た時大画面いっぱいに小狐丸の脇が映って興奮したことだけは正直に告白しておきます。 石切丸が聞き覚えのある音の正体を探す話なわけですが、ここに色んな刀剣男士たちが関わってきます。 特筆すべきは。 こやつ、石が擦れる音を聞いて「その音!!」ってすごいハッとした表情をするくせに唯一結論を言わずに去っていく。 なあ、何に聞こえたんだ……なあ…… で焼かれた蔵で火の粉がはぜる音か……?し、しんどい……。 葵咲で「夢」と聞いてあんなことを思い出してしまうですよ。 考えてしまうだろこんなの……。 対して大俱利伽羅の「鉛玉の爆ぜる音だ」がドストレート。 戦道ひとり行く漆黒の竜だ……。 集った皆が思い思いの行動をとるなかで石切丸が思い出すのが 「玉砂利を踏みしめる音」っていうのがもう……落としどころが素晴らしすぎる……。 病気平癒という人々の願いを聞き届けてきた刀が、いつも聞いていた「懐かしい音」。 人々の想いに寄り添う刀としての記憶。 それが、参道で人々の穢れを払うとされる玉砂利の音なんですよ。 石切丸ははっきりと「戦が好きではない」と口にする刀です。 阿津賀志でも、三百年でも、そしてこの歌合でも。 戦うことよりも祈ることの方が多かったからこそ、流れる血を許容できない。 この葛藤と矛盾は三百年の子守唄の肝でもありました。 戦で散ったすべての人々のために祈り、背負い、戦う刀。 それが今のミュ本丸の石切丸です。 守れなかった者の墓前で自分の無力さを嘆き、歴史を守るために殺めていい命はないと悲しく笑って悲しい役目を背負った彼が、懐かしいと感じるのが「人々が祈りを捧げる玉砂利を踏みしめる音」なの、やばくないですか……。 ずっとずっと、石切丸は祈ってるんだなって……「戦のない世」を作る為に戦って……。 そして此処に石切丸の心情を察して言葉にできる青江ではなく、かつて吾平のことでぶつかった大と、信康の件でぶつかった物吉くんがいるのもいい。 石切丸が口ずさむ歌に「いつか見た夢を いつか泣いた夜を いつか誰かの為に叫んだ声も」って部分があるんですけど、この「誰か」はあの時守れなかった信康のことじゃないかなと思っています。 いや本当は生きてますけど、でもはあそこで死んだことになってるじゃないですか……。 でも、このことを悔やみ続けるわけではなく、石切丸は懐かしんでいる。 すべて背負って行くと決めているから。 そういうのも全部ひっくるめて、石切丸が守りたいものが目に見える形で表現された話だと感じます。 何気ない日常、生きる音が穏やかに行きかう時間。 それは当たり前のようでいて、本当はとても貴重な時間。 なんて優しい話なんだ……。 これまで様々な歴史に関わってきた彼らが、それぞれの祈りや願いを持っているのがわかるから、その姿は微笑ましくて、ちょっと切なくもあります。 いくど願えば、なんど祈れば、届くのか、叶うのか。 わからないけれど、それでも祈る。 一歩ずつ、一歩ずつ。 人間みたいに。 このお参りに一振りだけ参加せず、対岸でずっと畑仕事をしている刀がいました。 そう、大です。 初めて見た時、ちょうど大側の座席に居たので「なんで参加しないんだろう……慣れ合うつもりがないのはわかるけど……誰か誘ってあげなよぉ……」と思って彼の仕事ぶりを見ていました。 でもその意味が今ならわかる。 あの畑仕事は、大の祈りを込めたお参りだったんですね。 一心不乱、一意専心。 土に肥を混ぜ、野菜の状態を見て、枯らさないように、よく育つように。 大は大なりに信康と吾平のことを背負っている。 だから彼らが愛した畑仕事を真剣にこなす。 いつかそれが、戦のない世の中を作ることに繋がるかもしれないから。 この大俱利伽羅のくだりが後半の徳川家パートの序盤でも出てくるのずるくないですか?!泣きました。 いつか祈りが届いたら、吾平のお墓に花を供えにいこうね、大俱利伽羅。 あと、お参り中に持ち寄った石がお地蔵様だと判明した時、「とっても素敵な笑顔です!」って物吉くんが言うんですよ……。 かつての主を救い、育て、共に戦い、そして看取った彼も、三百年で葛藤してきた刀です。 笑顔の大切さ家康と信康に教えたのも物吉くんです。 笑顔が幸運を運ぶことを知っていて、幼い家康や信康が下を向いたときも一緒に笑ってあげていた、の面影が見えて画面が滲む…… 序盤から涙腺が死んでるんですがどういうことですか。 天地の神を祈りて我が恋ふる君いかならず逢はずあらめやも。 いくども願って、いつか叶うと信じて、それぞれの想いを胸に進んでいく。 これは三百年の子守唄を経た彼らの成長を見せてくれる話だったんだなあと、やっと理解できたような気がしました。 根兵糖合戦 世の中は 夢かうつつか うつつとも 夢とも知らず ありてなければ (巻・第十八 よみ人しらず) 訳:この世が夢なのか現実なのか、現実なのか夢なのか、それはわからない。 何せ、この世というものは存在しているけれど、存在していないものなのだから。 例にもれず私も大爆笑しました。 圧倒的意味不明さとそこにぶちこまれるの激うまソング。 テンポも良くてトも絶大。 村正がいるとフォロー役に回ることが多い、一人だと結構天然なのでは?!と微笑ましくなりました。 あと劇中歌めちゃくちゃいいメロディなのに歌詞で笑わせてくるのもずるい。 豆知識:槍はスタンドマイク代わりになる。 笑いすぎて こんぺいとうですが、 「実はあの話、目が覚めたように見えて最初から全部長期任務中のの夢なのでは?」という話がTLに流れてきて後から刺されました。 た…確かに……次の青江の話でも、村正とはまだ任務中であることが明言されている……。 つまりこれは 葵咲~三百年ラストまでの間のなのか……。 として生きるは、史実に添って誰よりも長くこの長期任務に当たらなければなりません。 葵咲で一緒だった村正もとしては先に離脱してしまいます。 (葵咲では姿の見えなかった大俱利伽羅…は以降、家臣として家康との距離が離れてしまったという史実があるので顔を見ることも少なくなっていたのでは?と推測) 最後に残されたが、戦に出ることも少なくなってきて、孤独の中で見た夢だとしたら……? 常勝無敗のは以降、急激に出番が少なくなります。 なぜなら戦がなくなっていくから。 それは家康が目指した泰平の世であり、守るべき正しい歴史です。 も元主の生涯については理解も納得もしています。 それでも、だんだんと自分の出番がなくなっていく様を実際に体験したら、やはり武人としては切なく心細くなることもあるのではないでしょうか。 戦う事で役に立っていたのに、もうそれもできなくなってしまったら、かつての存在意義に思いを馳せてあんな夢を見てしまうこともある……はず。 も宣教師のから贈られたをたいそう気に入っていたそうです。 当時の1粒の価値は山城2つ分とも言われています。 どんだけすごい価値なんだ。 砂糖の生産量が限られていたので当然といえば当然なのですが。 お金持ちはその権力の象徴として砂糖菓子を贈りあっていたとも。 なので、戦国武将としてを預かっている、というのはかなり功績と信頼がある証なんじゃないでしょうか。 天下取りに名をあげた徳川軍の部隊長を務め、更に主君から評価されを預かる。 武将の誉れともいえる待遇です。 の全盛期って感じですね。 の伝来時期も三百年の時代と合っています。 信長がからを贈られたのは永禄12年(1569年)とされていますが、ちょうどこの頃、家康は信長と同盟を組んでいます。 つまり、この後の活躍によって、同盟相手の信長からを贈られた可能性が大いにあるということです。 ちなみに、信長がを手に入れた翌年である元亀元年(1570年)には が勃発します。 攻め入る浅井・朝倉軍に対しが単騎駆けをし、織田・徳川軍を勝利に導いたは、三百年でもの見せ場として描かれていました。 あのシーンはいつ見ても鳥肌が立ちますね……敵軍でなくとも気圧されるほど強いの歌声と気迫。 大好きなシーンです。 常人では到底できない活躍をみせたです。 家康から褒美としてを貰うことだってあったはず……。 の歴史から、あのの夢は三百年~葵咲にいることがほんのり香ってきます。 日本史の授業かな??? また、ゲーム内でも根兵糖()はレベルアップ用の便利道具として扱われています。 経験値が渋いゲーム内では重宝しますが、いつでも大量に貰えるわけではない便利道具です。 景趣交換用の季節物がすごい余ってる場合は省いて、普通に手に入るのは内番の手合わせ終了後 それも確率 と刀剣男士の乱舞レベルが4になった時だけ。 割と高級品の部類に入ると思います。 そんな自本丸でも高級なものを預かる部隊長って、かなりの功績がなければできないんじゃないかなと。 つまりこれは、二重の意味で功績を認められたいという願いや過去(武勲をたてた戦のことや暫く帰れない本丸のこと)を想う夢だった……???? でも家康が天下を統一してとして戦いに出られなくなることも、本丸にはまだ帰れないことも、すべては任務を達成するために必要な痛み。 そのモチーフとなった根兵糖()は 「未来に繋がる結晶」なんですよね……。 帰ってきたをみんなで抱きしめてあげて欲しい……本編ではもう帰ってきてますけど……!!!! 単なるギャグで終わるかと思ったのに考察したらめちゃくちゃ深いじゃん怖いよ……これはこんぺいとうですね……。 そして前方ステージに見えますのはツインタワーの一角、でございます!!!! 股下万博開催中!!!!! 大千秋楽mistakeの兼さん完璧に完璧を重ねていましたね。 1番サビ終わりの唸り声 (ヴゥン!)と表情が誉すぎました。 ちょっとおっさんぽいけど可愛い兼さん、あれで何億人のの心を射抜いたんだろう……。 そして、初mistakeのはずなのに色気をモノにしていてやばかったです……なんだその悩ましい表情は。 しっかりその魅力に串刺しにされてしまったよ。 攻めっ攻めの三条。 強すぎる。 ダンスパートで後ろのモニターつかって万華鏡みたいになってたのも圧巻でした。 これはmistake犯してしまう。 まず原曲が好きすぎるんですが歌合の組み合わせもすggggっごかったですね……。 二振りの歌がうますぎてあまりの衝撃に初見の歌合の記憶ほぼこれなんですよ。 ほんとに。 中の人の話になるんですが、役の岡宮くんが一番緊張したのこの曲だって聞いて崩れ落ちました。 そうだよね……に対する村正のポジションってどんだけプレッシャーだよ……。 役のspiさんと村正役の太田さん、この二人の歌声の相性の良さってお互い最大出力でも食われないからぶつかり合う様が美しいところにあると思ってるんですよ。 デュエットはどちらかが強すぎると成立しません。 バランスが悪いと心地良いハーモニーにならないから。 お互いの落としどころをうまく見つけなければならない、共同作業の極みみたいな感じ。 対してこの二人はどっちも強い。 しかも違うベクトルの強さのぶつかり合い。 だけどお互いをうまく引き立てる柔らかさもあって、とにかくバランスがいい。 三百年初演から積み重ねてきたコンビネーションの結晶ともいえるこの曲を、村正の真似ではなく、としての隣に立って歌い上げていた。 岡宮くん、本当にすごかったし、素晴らしかったです。 葵咲でも実装直後で村正との掛け合いパートをこなしてたし、歌合でもー務めてて、しかもの歌にのまれずのびやかに歌ってたし、なんなら実装直後にソロあるのもと堀川くん以来だからそれだけ歌声の魅力が強いってことだし、 刀ミュくんまた一人やべー役者見つけてきたな……って気持ちでいっぱい。 ありがとうございます。 セクシーとキュートを同時に持ってくるんじゃないよ……のキャパシティなんだとおもってるの……??!!! 巴にセクシーチェアダンスをさせることを覚えてしまった本丸だから生き残れるはずがないんですよね。 でも実はオリジナルメンバーであるはずの石切丸が一番セクシーデリバリーしてるの怖くないですか?機動が上がれば上がるほど、どんどんセクシーになっていく……ここは 打撃値がセクシーとキュートに変換される世界……。 あと2番のBメロで向かい合う小狐丸と石切丸が可愛くて永遠に見ていたかったです。 狐「その意味がわかるのは」石「今日や明日じゃないかもね」狐「(なるほど!と頷く)」 なるほどここが楽園か~^^^^ そして2番サビを蜂須賀にやらせようと考え着いた人は正直に手を挙げてください。 個別でお金を包みたい。 蜂須賀のアカンベーが可愛すぎて心臓止まるかと思いました。 あの瞬間世界一の 美少女美青年だった……危うく神降ろしするまえに入滅するところだったのだわ……。 幕間 ここで漸く気づいたんですが、初めて歌合を見た時の記憶がほぼこの序盤で埋め尽くされていたんですね。 どんだけ衝撃的だったんだ。 情報量と刺激が多すぎる。 沼っていうかもう規模が果てしない海。 世界掴んじゃう。 そして文字数がすごいことになっているわけですよ。 なんだこれは??まだ序盤だが?? ここから先も書きたいんですけど、そうしたらいつまでも終わらなくてお蔵入りになりそうなので、まずここまでを前編としてアップします。 いわゆる尻叩きってやつです。 前後編にしようと思ってたけどこれ中編も必要ですね。 いよいよ卒論みたいになってきました。 まだ刀ミュという世界に入学したばっかりなのに。 音楽と国語とと宗教と愛がいっぱい詰め込まれてて楽しくて仕方ないので、歌合の円盤はやくほしいです。 毎日見たい。 ここまでお目通しいただきありがとうございました。 色々おかしなところはあると思いますが、刀ミュ初心者の独り言、つまりは個人の感想なので温かく見守っていただければ幸いです。 では中編でお逢いしましょう。

次の

刀剣乱舞のゲームで、錬結や習合を行う際に例えばLv5にLv1を錬結するのと、Lv5に...

刀剣 乱舞 こんぺいとう

はじめに 今回は刀ミュ歌合大千秋楽のLV参戦の感想です。 前回までの現地レポはこちらから。 今回は公式より情報解禁の許可が出ましたので、ネタバレありです。 現地でのこともネタバレ込みで追記出来ればと思います。 以上御理解の上、ご覧ください。 前説からオタクには死が待ってる ???「お前たちの死が来たぞ!」 別刃• 腰のカーン をチラ見せするアピール、ヤバい、なんだあれ、爽やかだから色気とかそういうのじゃなくて死ぬ• 江が増えてめちゃめちゃ嬉しそうで泣いてしまう• 歌もどんどん上達してるしダンスはもともと結構いいし、れっすんの成果• とか色んな人に積極的に絡みに行く姿勢可愛くて大好き• 槍2人との絡みが可愛すぎて、身長差• ウインクからハートから何から何までアピールが毎回違う、レパートリーありすぎる• 何やっててもカメラ見えてそう、カメラ目線が得意すぎる• 何やっても最高だし可愛いし清光や安定とかとはまた違った可愛さ、あざとさでSo Good• 江ミュ期待しかしてない、みんな最高だ、ありがとう• 曲の関係でセンステど真ん中に立ってくれるの嬉しすぎた こてくんの話は多分どれだけ書いてもこんな感じになってしまう。 可愛すぎて無理だ好きだ。 ところで。 ネタバレ的なもうちょっと有益な話をしましょう。 日替わりなど 安定登場シーン じゃんけんのあと• 長野公演〜愛知公演までは蜂須賀の衣装は内番服• 大阪初日 5周年翌日 に蜂須賀の軽装披露• 軽装披露のときの 大阪初日 カテコの三条の挨拶の前に長曽祢が客席に 「蜂須賀の軽装はどうだったか?」 「かわいかったか?」 「綺麗だったか?」 質問攻め、応える客席阿鼻叫喚。 長曽祢さんデレッデレでした。 蜂須賀つれない態度だったけどそれを長曽祢さんが「嬉しいんだろう」みたいにフォロー。 カテコ挨拶• 埼玉楽 小狐丸が「こんなときならこう言うでしょう」 うろ覚え という流れで「今宵は楽しんでくれたか……? 客席拍手 …可愛いやつめ」• 大阪初日 この日も小狐丸。 挨拶で噛んじゃって石切丸といまつるちゃんにフォローされる小狐丸。 噛んじゃったこともあって割と短め、あたふたしてて可愛い小狐丸はレア。 その他• 大阪初日前説、たこ焼きの話をする また思い出したことがあれば書きます。 内容について ここからは考察にもならないですがなんとなく思ったこととかそういう感じ。 全体の流れ セトリ• 前説…篭手切江、、物吉• OP…全員。 お参り…石切丸• こんぺいとう…• 「菊花の約」…にっかり青江 サブステ• 梅の木の話…明石国行 漫談 ・今剣・小狐丸• 畑当番…安定、巴、むっちゃん、大• 鯛…歴史人物キャスト サブステ• 湯上がり軽装…兼さん、青江、蜂須賀、堀川 ギターで伴奏してくれる堀川くん• 曲 描いていた未来へ• 狐…小狐丸ほか• ED…儀式の終わり、刀剣男士顕現 桑名江 長野〜埼玉 ・松井江 愛知〜東京 楽日は全員揃ってのカテコ 歌合とは この刀ミュにおいては歌詞にも「右に左に」「青に赤に」とあるくらいなのでルールは遵守している模様。 ここで以外の刀剣男子たちは主に「方人 かたうど 」となり、パートによって変わりますが一応伝統的な分担を踏襲している模様。 堀川くんといまつるちゃんは読師 とくし 、読み上げる役割だったということでいいんでしょうか。 だけは方人にならず、最後の「勝敗はお預けだな」という台詞から全体を通して「判師 はんじ 」の役割だったことがうかがえます。 これが本編とどう関わるのかはわかりませんが、が特別な存在だということは際立った気がします。 例の主題歌 ? の話 これ主題歌じゃなかった。 神降ろしの歌。 儀式の歌。 和歌 セトリ順。 特に表記のないものはすべて詠み人知らず。 カッコ内は歌合における詠み手。 参考にしたのはです。 3287 「天地の神を祈りて吾が恋ふる君い必ず逢はざらめやも」 堀川• 942 「世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知らず有りてなければ」 今剣• 544 「夏虫の身をいたづらになすこともひとつ思ひによりてなりけり」 堀川• 832 神司荒氏稲布 「折りて挿頭せる諸人は今日の間は楽しくあるべし」 今剣• 1116 「ぬば玉の吾が黒髪に降りなづむ天の露霜取れば消けにつつ」 堀川 ちなみにこれはの中でも「雑歌」とされるもので詞書 ? に「露を詠める」とあり。 881 「ふたつなき物と思ひしを水底に山の端ならでいづる月かげ」 今剣 雑歌、詞書「池に月の見えけるをよめる」 詳しい意味はこの方のぷらいべったーがとても丁寧に書いてらしたのでご紹介しておきます。 その他語りパートの元ネタなど 細かな考察はいろいろな方がしている通りだと思うので、ここでは既出の話ばかりかもしれませんが、おさらいを。 セトリに関しても鍛刀の手順を踏んでいるというのは妥当だと思います。 そもそも儀式の歌が神様の名前並べてて、その神様が分裂した ? という神話と一致するようにやってると思われるので。 お参り 石切丸と小狐丸はそれぞれ神社にゆかりのある刀なので玉砂利が懐かしい。 そして石切丸のいる ではお参りが現在でも盛ん。 この前行ってきたときの記事はこれです。 こんぺいとう ゲームにおけるアイテム「根兵糖」であり食べ物のであり玉鋼の比喩。 「菊花の約」 きっかのちぎり 元祖怪異小説集、の「」より。 現代語訳のサイトもありました。 梅の木の話 これも考察されている方がいましたが、梅の木と枝が守るべき歴史の比喩として使われている模様。 伝統的なものによるなら「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」ということわざが元ネタかと。 深読みしすぎているような気もしますが。 畑と鯛 神事における捧げ物としての意味合い?さつまいもはその丈夫さから生命力の象徴や子孫繁栄のような意味合いでめでたいものとして扱われることもあるとか。 湯上がり軽装組 やっていることは一見、他愛のない会話ですが刀にとって油は大事なもの。 ここではでしたが、日本刀には丁字油です。 丁字はオリーブみたいな木らしいです。 ちなみに模造刀だと髪に塗るようなでもいいと書いてあったりします。 でもごま油は絶対塗らない。 カネサン……• 狐 小狐丸の背負う物語ともいえる能「小鍛冶」と現実における巴里公演でのトラブルで代役を立てたという刀ミュ本丸における物語のリンクが見事。 作刀における「真打」「影打」の概念も反映していて、今回の中で一番重く意味のあるパートだったかと思います。 でも書きましたが、巴里公演の小狐丸もまた小狐丸であるということになり、刀ミュ本丸が物語を紡いできたからこそ実現したもの。 あのときの無念が晴らせたかはわかりませんが、それでも画期的で意味のあるものだったと思います。 これは他の作品には絶対に真似できない部分。 まだ書きそびれたことがありそうですが、一旦ここで筆を置きます。 また気づいたことなどあれば追記しますが、などの考察も見ながら色々考えていたり。 といっても私のやるべきことは内容の考察云々よりレポートなんですけどね。 まあいいです、今日も試験なのでこのへんで。 あなたと歌合。 仏教における苦しみのことで「四苦八苦」とも言われるもの。 単なる「苦しい」「つらい」というような感情とは違って、肉体的・精神的な悩みを負う状態のことを指す模様。 メジャーなのが四苦• 死苦 ちょっとマイナーだけど四苦にこれを足して八苦。 あいべつりく• 怨憎会苦 おんぞうえく• 求不得苦 ぐふとくく• 盛苦 ごうんじょうく これらはすべて仏教において「 人間が背負うあらゆる苦しみ」。 本来は刀であり神である彼らに対して、無縁であったはずの八苦を与える儀式がこの歌合だったということ。 その理由も「歴史を守るため」「戦うため」というふうに歌っていて、歌詞全文が気になるところ。 この「人間が背負うあらゆる苦しみ」を背負ったからこそ刀剣男士たちが「こころ」を持つことができるようになった、とするならば、今までに何度も出てきた「ものであったはずの彼らが葛藤する」というシーンに対しての見方が変わるような気もする。 もしかしたら呼応してくれない神様もいるのかもしれない。 それでも松井江はただ「歌が、聞こえた」とだけつぶやいてその呼びかけに応えた。 顕現するって気軽にやってるし言ってるけどめちゃめちゃ重いじゃないですか、ねえ、ちょっと、待って。 ここまでさんざん「神様」と言ってきたけどこれ仏教の世界の話なのでどうなのかわかりません。 ただ仮に、神仏の視点から見て、「人間と物」「神と人」との区別の基準が「心があるかないか」「悩むかどうか」みたいなものであるのだとしたら、刀剣男士にとっての「人間らしさ」の基準が「八苦を背負っているかどうか」になったとしても不思議ではない。 そういやあおさくのヤバいところ、にも挙げた気がするけど。 こてくんの神様意識の高さとその割に悩む姿が対照的で二面性があった、とは思ってたけどここに来てその理由というか意味というか、刀剣男士が悩むという行為に慣れてないのは単にものだったから、神様だったから、というよりこうしてわざわざ与えられた「八苦」だから、というふうに読むと納得できる部分があったり。 でもやっぱりあおさくのこてくんが言い放った「人間じゃないんだから」の冷たさには慣れないし、怖い。 他の江も何言い出すんだか怖すぎる。 edgarsakura.

次の

刀剣乱舞のゲームで、錬結や習合を行う際に例えばLv5にLv1を錬結するのと、Lv5に...

刀剣 乱舞 こんぺいとう

出てくる「刀剣男子」はイケメンが多いので、女性に人気のあるゲームなのかな?という印象です。 元々はPC版ブラウザゲームでしたが、 2016年3月に「刀剣乱舞Pocket」 スマホアプリ が配信されました。 PC版の「刀剣乱舞ONLINE」とスマホアプリの「刀剣乱舞Pocket」は連動することも出来ます。 データの連動は可能ですが、課金システムはPC版とスマホ版では少し違うのでそこだけは注意が必要です。 つまり経験値アップの道具ですね。 そうするとこの画面になります。 この手合わせをすると稀に手に入ります。 根兵糖が入手出来ているのがわかるかと思います。 ・内番道具交換 目録から 内番をタップ。 左下に小さく「道具交換」とありますので、 そこをタップすると上の画面に行けます。 ここから交換できます! 季節作物の入手方法ですが、 内番の畑当番と 合戦場と遠征への出陣をすることで入手することが出来ます。 そこは根気で乗り切るしかないと思います 笑 ・乱舞レベルの上げ方 習合 習合とは、同じ刀剣男士を合成して乱舞レベル 上限5 を上げることです。 みなさん名前は聞 2018年12月13日「死神の遺言」がPS4のソフトとして発売されました。 1996年に現在のマーベラスから 1作目が発売されて以来 20年以上続く牧場物語 株式会社ディー・エヌ・エーさんから携帯向けのゲームで 2017年12月7日ダウンロ 2019年にswitch用ソフトとして 発売予定のルイージマンション3。 今 2013年に配信が開始され 今なお、その人気は衰えることがない 大人気ゲーム艦こ 2019年6月4日からリリースが開始された 七つの大罪~光と闇のグランドクロス~ PUBGといえば今大人気の バトルロイヤル系ゲームですよね! 昨年の5月にモ アニメや漫画の舞台となった場所を巡る 聖地巡礼。 ファンタジーや異世界は 今回は任天堂スイッチ版「戦国無双の真田丸」について書きたいと思います。 略し方は真.

次の