杉谷拳士 ウグイス嬢。 杉谷拳士

野球の上手い芸人「杉谷拳士」とは?ウグイス嬢の話題や経歴を紹介!

杉谷拳士 ウグイス嬢

スポンサードリンク 杉谷拳士のウグイス嬢ネタと死球アピール後の長打!(笑)噂になった彼女は?最近、すっかり球界の人気者となった杉谷拳士選手。 杉谷拳士さんはバラエディ番組で中田翔をからかうなど、 肝の据わったムードメーカーとして、日本ハムを支えている。 ブレーク中の杉谷選手の鋭い打球が思いがけず、スタンドに飛び込む場合があります」と場内アナウンスをされ、球場は爆笑だったそうです。 なぜ、ウグイス嬢が杉谷選手をイジるのか? それは、最近浸透してる、ウグイス嬢を使ったファンパフォーマンスが元になっています。 この日は、当然のように杉谷拳士さんがターゲットになれたということです。 しかし、杉谷拳士さんはウグイス嬢のイジリに負けず、柵越えを1本見せ、場内を沸かせ、最後はウグイス嬢がいるであろう場所に向かって一礼をしていました。 ファンサービスとなると、打撃が光るのが、 杉谷拳士さんの面白いところですね!笑 最近でも、心配に死球をアピールした直後に長打を放つなど、 笑いの神さまが杉谷拳士さんに乗り移ってるように感じます!笑 目次• 杉谷拳士が死球アピール直後に3塁打!?笑 それは今年2015年の6月24日の日本ハム対ロッテの試合。 杉谷拳士さんが打席に立つと、 相手投手・益田投手の低めに抜けた球が、 杉谷拳士さんの足元ギリギリに通過! もしかして当たった?という微妙なプレーでした。 しかし、審判からはデッドボールのジャッジはなし。 杉谷拳士さんは必死に、審判さんに死球アピール! この死球アピールの段階で、 日本ハムベンチも球場も大笑い・・・笑 でも、必死に塁に出ようとする、 杉谷拳士さんの強い意志も野球人として立派でした! 一応、栗原監督もベンチから出てきて球審に抗議。 球審さんも、相手キャッチャーも苦笑いで、すごい和やかな風景でした。 しかし、杉谷拳士さん劇場はまだまだ終わってなかったのです。 その直後の益田投手の球を、 ライトに大きく打ち上げると、 ロッテのライト・清田さんが打球を見失い、 最終的にライトの後ろに落下し。 その間に杉谷拳士さんは全力疾走、 (清田さんは早めに見失った仕草をしたので) 最終的に、足の速い杉谷拳士さんは、 余裕で3塁まで到達し、 結果、三塁打の長打となったのです! 死球が認めてもらえるより、 まさかの3塁打の良い結末に、 場内は歓喜の雰囲気・・・。 杉谷拳士さんもまんざらではない表情でした・・・笑 杉谷拳士の彼女は誰? そういえば、一時期は杉谷拳士さんに、 アナウンサーの山崎夕貴さんとの交際が噂されましたね! 正直、まだプロで覚醒したとは言いがたい杉谷拳士さんと、 世間で有名なアナウンサーの恋の噂に、 胡散臭い匂いしかしませんでした・・・・。 現在、その彼女の話の続きは聞かないので、 もしかしたら、一時的な噂だった可能性が高いですね!笑 (予想通り!) しかし、今季の杉谷拳士さんは打率も好調で、 出塁率も高く、得点に絡む場面が増えてきてます。 選手として覚醒しる可能性が高いので、 来年には、本当にすごい女性と交際するかもしれません! すでに知名度は全国区な杉谷拳士さんだけに、 彼女の存在は、今後も注目され続けることでしょう。 スポンサードリンク.

次の

野球の上手い芸人「杉谷拳士」とは?ウグイス嬢の話題や経歴を紹介!

杉谷拳士 ウグイス嬢

タグ アリエル・ミランダ・ギル 藤浪晋太郎(ふじなみしんたろう) 秋山翔吾(あきやましょうご) 笠原大芽(かさはらたいが) 笠谷俊介(かさやしゅんすけ) 糸井嘉男(いといよしお) 美間優槻(みまゆうき) 能見篤史(のうみあつし) 若田部健一(わかたべけんいち) 茂木栄五郎(もぎえいごろう) 藤川球児(ふじかわきゅうじ) 西勇輝(にしゆうき) 福留孝介(ふくどめこうすけ) 西川愛也(にしかわまなや) 西田哲朗(にしだてつろう) 谷川原健太(たにがわらけんた) 辻発彦(つじはつひこ) 近本光司(ちかもとこうじ) 野村大樹(のむらだいじゅ) 金子侑司(かねこゆうじ) 釜元豪(かまもとごう) 長谷川勇也(はせがわゆうや) 関川浩一(せきかわこういち) 秋山幸二(あきやまこうじ) 福田秀平(ふくだしゅうへい) 高橋光成(たかはしこうな) 熊代聖人(くましろまさと) 水谷瞬(みずたにしゅん) 永江恭平(ながえきょうへい) 江川智晃(えがわともあき) 泉圭輔(いずみけいすけ) 浅村栄斗(あさむらひでと) 清水陸哉(しみずりくや) 渡邉陸(わたなべりく) 渡邊勇太朗(わたなべゆうたろう) 源田壮亮(げんだそうすけ) 片耳・フェイスガードヘルメット 砂川リチャードオブライエン(すながわリチャードオブライエン) 牧原大成(まきはらたいせい) 王貞治(おうさだはる) 田中正義(たなかせいぎ) 田城飛翔(たしろつばさ) 田浦文丸(たうらふみまる) 甲斐拓也(かいたくや) 甲斐野央(かいのひろし) 真砂勇介(まさごゆうすけ) 矢野燿大(やのあきひろ) 石川柊太(いしかわしゅうた) 阿部慎之助(あべしんのすけ) 高橋朋己(たかはしともみ) 椎野新(しいのあらた) 万波中正(まんなみちゅうせい) 吉田輝星(よしだこうせい) 金子弌大(かねこちひろ) 吉川光夫(よしかわみつお) 上沢直之(うわさわなおゆき) 秋吉亮(あきよしりょう) 堀瑞輝(ほりみずき) 鶴岡慎也(つるおかしんや) 渡邉諒(わたなべりょう) 平沼翔太(ひらぬましょうた) 柿木蓮(かきぎれん) 近藤健介(こんどうけんすけ) 栗山英樹(くりやまひでき) プロ野球 杉浦稔大(すぎうらとしひろ) 宮台康平(みやだいこうへい) 王柏融(ワン・ボーロン) 大瀬良大地(おおせらだいち) 中村奨成(なかむらしょうせい) 菊池涼介(きくちりょうすけ) 鈴木誠也(すずきせいや) 佐々岡真司(ささおかしんじ) 有原航平(ありはらこうへい) 大田泰示(おおたたいし) 高橋礼(たかはしれい) 高津臣吾(たかつしんご) 高橋純平(たかはしじゅんぺい) 高田知季(たかたともき) 高谷裕亮(たかやひろあき) 鳥谷敬(とりたにたかし) 黒瀬健太(くろせけんた) 山田哲人(やまだてつと) 村上宗隆(むらかみむねたか) 小川泰弘(おがわやすひろ) 奥川恭伸(おくがわやすのぶ) 石川雅規(いしかわまさのり) 青木宣親(あおきのりちか) 中島卓也(なかしまたくや) 高井雄平(たかいゆうへい) 寺島成輝(てらしまなるき) 中村悠平(なかむらゆうへい) 川端慎吾(かわばたしんご) 斎藤佑樹(さいとうゆうき) 杉谷拳士(すぎやけんし) 清宮幸太郎(きよみやこうたろう) 中田翔(なかたしょう) 西川遥輝(にしかわはるき) 宮西尚生(みやにしなおき) 武田翔太(たけだしょうた) 森唯斗(もりゆいと) アルフレド・デスパイネ ・ロドリゲス 吉村裕基(よしむらゆうき) 内川聖一(うちかわせいいち) 内海哲也(うつみてつや) 則本昂大(のりもとたかひろ) 加治屋蓮(かじやれん) 十亀剣(とがめけん) 千賀滉大(せんがこうだい) 古澤勝吾(ふるさわしょうご) 古谷優人(ふるやゆうと) 吉住晴斗(よしずみはると) 周東佑京(しゅうとううきょう) 今井達也(いまいたつや) 和田毅(わだつよし) 嘉弥真新也(かやましんや) 坂本勇人(さかもとはやと) 城島健司(じょうじまけんじ) 城所龍磨(きどころりゅうま) 堀内汰門(ほりうちたもん) 塚田正義(つかだまさよし) 増田珠(ますだしゅう) 増田達至(ますだたつし) 外崎修汰(とのさきしゅうた) 今宮健太(いまみやけんた) 井口資仁(いぐちただひと) 大本将吾(おおもとしょうご) リバン・モイネロ・ピタ ウラディミール・バレンティン エルネスト・アントニオ・メヒア・アルバラード オスカー・ルイス・コラス・レオン カーター・スチュワート・ジュニア ザッカリー・シェリダン・ニール ジュリスベル・グラシアル・ガルシア デニス・サファテ ランディ・メッセンジャー リック・バンデンハーク ロベルト・アレキサンダー・スアレス・スベーロ 五十嵐亮太(いがらしりょうた) 三森大貴(みもりまさき) 上林誠知(うえばやしせいじ) 中村剛也(なかむらたけや) 中村宜聖(なかむらたかまさ) 中村晃(なかむらあきら) 中村晨(なかむらしん) 中田賢一(なかたけんいち) 丸佳浩(まるよしひろ) 九鬼隆平(くきりゅうへい) 二保旭(にほあきら) 大山悠輔(おおやまゆうすけ) 大竹耕太郎(おおたけこうたろう) 森友哉(もりともや) 松中信彦(まつなかのぶひこ) 新垣渚(あらがきなぎさ) 日暮矢麻人(ひぐらしやまと) 明石健志(あかしけんじ) 木村文紀(きむらふみかず) 本多雄一(ほんだゆういち) 杉内俊哉(すぎうちとしや) 杉山一樹(すぎやまかずき) 村松有人(むらまつありひと) 東浜巨(ひがしはまなお) 松井裕樹(まついゆうき) 摂津正(せっつただし) 松坂大輔(まつざかだいすけ) 松本航(まつもとわたる) 松本裕樹(まつもとゆうき) 松田宣浩(まつだのぶひろ) 松田遼馬(まつだりょうま) 板東湧梧(ばんどうゆうご) 柳田悠岐(やなぎたゆうき) 栗原陵矢(くりはらりょうや) 栗山巧(くりやまたくみ) 梅野隆太郎(うめのりゅうたろう) 斉藤和巳(さいとうかずみ) 張本優大(はりもとまさひろ) 大隣憲司(おおとなりけんじ) 岡本和真(おかもとかずま) 奥村政稔(おくむらまさと) 奪Sh! (ダッシュ) 孫正義(そんまさよし) 寺原隼人(てらはらはやと) 小久保裕紀(こくぼひろき) 小澤怜史(こざわれいじ) 尾形崇斗(おがたしゅうと) 山口俊(やまぐちしゅん) 山川穂高(やまかわほたか) 岡本健(おかもとけん) 岩嵜翔(いわさきしょう) 平良海馬(たいらかいま) 岸孝之(きしたかゆき) 島袋洋奨(しまぶくろようすけ) 嶋基宏(しまもとひろ) 川原弘之(かわはらひろゆき) 川島慶三(かわしまけいぞう) 川崎宗則(かわさきむねのり) 川瀬晃(かわせひかる) 工藤公康(くどうきみやす) 市川友也(いちかわともや) 平井克典(ひらいかつのり) 緒方孝市(おがたこういち) 2019年末のバラエティ番組では、杉谷拳士選手が高級車を買うシーンで嫁に電話をするシーンがありました。 結婚した嫁との子供が誕生されたとの発表はありませんでしたが、衝撃の事実が発覚しました。 2020年1月に杉谷拳士選手が離婚したと発表していたのです。 日本ハム杉谷が離婚していた「野球だけに集中する」 裸一貫で20年シーズンに向かう。 日本ハム杉谷拳士内野手が29日、千葉・鎌ケ谷で自主トレを実施。 打撃を中心に汗を流した練習後、報道陣を前に「事実です」と離婚していたことを明かした。 プロ9年目の17年10月に2年間の交際を経て会社員の女性と結婚。 「たくさんいろんな経験をさせてもらいました」。 離婚した時期などは明かさなかったが「僕のやることは野球なので野球だけに集中して。 キャンプから競争して2020年シーズンをよりよいシーズンにできるように、前向きに戦っていきたいと思います」と再出発を誓った。 引用元: (元嫁との離婚の)詳しい理由は伏せており、現在の杉谷拳士選手は独身で子供も居ないようですね。 「 野球に集中する」と本人も決意を新たにしていたので、大いに活躍してもらいたいですね! 今後も、杉谷拳士選手の結婚・子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。 芸人並みに面白い杉谷拳士! 『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』内のコーナー『リアル野球BAN』でレギュラー並みに活躍している杉谷拳士選手。 毎回録画するほど大好きなコーナーですね!  帝京高校の先輩でもあるとんねるずの石橋貴明さんと共演しており、芸能人軍団のとんねるずチーム(チーム石橋)と、プロ野球選手が特殊なルールを使った野球盤で対決するのがお馴染みになっています。 本来プロ野球選手である杉谷拳士選手は、帝京高校OBの縁で毎回芸能人軍団として参加しているのですが、その時の演出が芸人並みに面白いですね!(もしかしたら芸人よりも面白いかも) 普段チームでイジられている兄貴分・中田翔先輩を全力で挑発して宣戦布告をする、特注の黄金バットを用意するなど、派手なパフォーマンスでお茶の間を沸かせてくれました。  杉谷拳士選手マジ最高に面白いニャー! チームの中でも先輩・後輩関わらず常にイジられたり、お立ち台や記者会見の場では必ず聞き手を笑わせてくれるなど、常にファンを喜ばせるパフォーマンスを欠かさない杉谷拳士選手ですが、実は2008年のドラフトではプロのスカウトからの評価は低く、日本ハムのスカウトも「 プロのレベルにない」と指名を見送る予定でした。 ところが杉谷拳士選手の場合、野球の技術や身体能力以上に精神面がプロレベルであったため、テストケースのつもりで獲得したと言われています。 スカウト部長の大渕隆さんは「 元気があって、やる気があって、とにかく声がでかい。 こういう選手がプロでどういう選手で通用するか見てみたい」と獲得に至った事情を語っています。 野球の実力以上に強い精神を持った杉谷拳士選手のことですから、誰よりもファンを大事にし、ファンを喜ばせることを欠かさないのでしょうね。 ということで、芸人並みに面白い杉谷拳士選手は、人間性も素晴らしい野球人だということが理解できました。 今後も、リアル野球盤で活躍する面白い杉谷拳士選手にも注目していきたいと思います。 ウグイス嬢にイジられる杉谷拳士! 杉谷拳士選手といえば、メットライフドームのウグイス嬢の『口撃』が有名です。 もはや名物とも言えますね!  2014年ごろ、杉谷拳士選手の地元・練馬区大泉学園にほど近いメットライフドーム(当時西武プリンスドーム)の日本ハム戦で杉谷拳士選手の打撃練習中に「 杉谷選手は架空のキャラクターではございません」「 熱中症と杉谷選手の打球の行方には十分ご注意ください」などと、ユニークなアナウンスで沸かせているのが話題になっています。 杉谷拳士選手がいかに愛されているかわかるニャー! 実はこのユニークなアナウンスは杉谷拳士選手がウグイス嬢を務める鈴木あずささんに頼んだもので、この名物アナウンスが始まっています。 杉谷拳士選手は「 (地元に近い)知り合いが見に来ているので、打撃練習中に何か一言添えてもらえないか」という軽いお願いだったそうですが、それが紆余曲折あってこのようなイジるようなアナウンスになったそうです。 鈴木あずささんは札幌出身で日本ハムの情報も集めているそうで、普段からチームメイトにイジられている杉谷拳士選手の情報もしっかり握っていたため、このようなアナウンスになったと言います。 臨機応変に対応するウグイス嬢の鈴木あずささんも素晴らしいと思いますね! 今後も、メットライフドームで日本ハムの試合を観戦される際は、試合前の打撃練習中の杉谷拳士選手と、ウグイス嬢・鈴木あずささんのイジりアナウンスに注目しましょう。 そんな愛されキャラの杉谷拳士選手ですが、チーム内には大の仲良しの先輩であり、兄貴分であり、チームの主砲でもある中田翔選手の存在がいます。 1学年上の中田翔選手はいつも杉谷拳士選手にちょっかいをかけており、それに対して杉谷拳士選手が応戦するのがお決まりになっています。  中田翔選手と出演している『車買取のティーバイティー』のCMでは、二人の仲良しが凄く伝わってきますね! ベンチ内でじゃれ合っていてもカメラで抜かれることが多く、この二人の存在がチーム内を賑やかにしているのが想像できますし、先述の『リアル野球BAN』でも2人の応酬が見られますが、このようなくだけたやり取りが出来るのも、2人の信頼の証明なのでしょう。 今後も、中田翔選手との面白い絡みを楽しみにして注目していきたいと思います。 最後に 2016年からはかつて日本ハムの先輩である小笠原道大さん(現日本ハム一軍ヘッドコーチ兼打撃コーチ)や大野奨太選手(現中日ドラゴンズ)らも背負った、中心選手の証である背番号『2』を背負っている杉谷拳士選手。  観ていて非常に気持ちいいハッスルプレーですね! ファンを沸かせるパフォーマンスで人気の杉谷拳士選手ですが、2014年の87試合が最多出場となっており、残念ながら未だレギュラー獲得には至っていません。 セカンドのポジションには長年チームの大黒柱であった田中賢介さんが守っており、毎年のようにセカンドポジションの奪取を宣言していました。 しかし田中賢介さんが現役を退いたあとは後輩の渡邉諒選手が主にセカンドを守っており、レギュラー奪取には至っていないのが現状です。 それでも、2019年には史上19人目となる両打席本塁打を放ち、守備面でも内外野ほとんどのポジションを守るなど、チーム内にはなくてはならない存在になっています。  今後もそんな愛されるイジられキャラ・杉谷拳士選手の活躍に期待しましょう! 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

杉谷拳士 ウグイス嬢のいじりが秀逸!面白いセリフは誰が考えた?驚愕の事実が…

杉谷拳士 ウグイス嬢

今年も多くの人に笑顔を届けながら頑張ってほしいですね。 杉谷選手はユーティリティープレイヤー 杉谷選手のポジションは主に二塁手ですが、捕手以外であればどのポジションでも守れる ユーティリティープレイヤーとしてチームに貢献しています。 チームで思わぬ欠員が出た場合、杉谷選手のような万能型は、非常にありがたい存在でしょう。 そして杉谷選手の適応力も素晴らしいものです。 MEMOユーティリティープレイヤーとは、1人でいくつものポジションをこなせる選手のことを指します。 両打ちの器用なバッティング 杉谷選手は 右打ち・左打ちの両打ちを使い分ける器用なバッティングスタイルが特徴です。 状況に応じて使い分けることができるので、チームの戦力としても申し分ありません。 どちらの構えであっても、ホームランを打てる打撃力も持ち合わせており、今後もチームの貴重な戦力として活躍してくれるでしょう。 杉谷選手の主な経歴を紹介! ここでは杉谷選手の経歴についてご紹介しています。 ちなみに下記の写真は、中学生時代の頃の杉谷選手です。 名門「帝京高校」からプロ野球選手に 東京都練磨区で生まれた杉谷選手は、小学生の頃から野球と共に育ってきました。 中学ではシニアでプレーしており、高校時代は名門 「帝京高校」にて、1年生の頃から遊撃手のレギュラーとして活躍をしていました。 2年時には主将としてチームを引っ張り、この頃から現在のプレイスタイルであるスイッチヒッターを取り入れるようになります。 3年時は甲子園に出場はできませんでしたが、 高校通算25本塁打という成績を残しました。 高校卒業後の進路は社会人野球で野球を続けようと考えていた杉谷選手ですが、プロの道を諦めたくないという理由で日本ハムの入団テストを受けて見事合格。 2008年のドラフト会議において日本ハムから6位で指名され、年俸450万円、契約金1,000万円でプロの道へと進みます。 2015年には大ブレイク 2015年には杉谷選手が大ブレイクした年でもあります。 規定打席未達成ながら、交流戦を終了時点で打率3. 22、6盗塁を記録します。 一時は交流戦において首位打者に立つなど、自己キャリアハイの打率. 295をマーク。 更にこの年のオフには、 背番号が61から2へと昇格し、その実力は球団からも認められました。 史上19人目の左右両打席本塁打を達成 2019年5月23日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦において、史上19人目となる左右両打席本塁打を達成します。 ヒーローインタビューでは、過去にファイターズでもプレーをして、両打席本塁打を9度達成している フェルナンド・セギノールにちなんで 「これからは『スギノール』として頑張ります!」と決意表明をしました。 ちなみにホームランを打った際は、チームのベンチが暖かく迎え、ハイタッチをする姿をよく目にすると思います。 しかし、快挙にも関わらず、杉谷選手には2打席ともハイタッチがありませんでした。 杉谷選手はこれに対して 「サイレント、サイレントでただの無視じゃないかな、と思います」とコメント。 サイレントトリートメントならぬ、サイレント無視でチームから杉谷選手らしい祝福を受けました。 上は実際にサイレント無視をされた時の動画です。 どんな時でも笑いを忘れません。 MEMOサイレントトリートメントとは、メジャーリーグで新入りを歓迎する際に仕掛けるドッキリの一つで、ホームランを打った際に行われます もはや恒例!?ウグイス嬢のイジり 杉谷選手の人柄はチームメイトだけでなく、メディアや裏方のスタッフにまで愛されています。 特に、埼玉西武ライオンズの本拠地 「西武ドーム メットライフドーム 」でのウグイス嬢からのイジりは、プロ野球ファンであればもはやお馴染みの光景となっています。 敵地である西武ドームでの試合にも関わらず、杉谷選手の打撃練習中にウグイス嬢の 鈴木あずささんから特別なアナウンスが送られます。 内容は褒め称えたり、前日の試合について突っついたりと様々です。 「スタンドの皆様にお願い申し上げます。 ただいま大泉西中学校出身の杉谷選手がバッティング練習を行っておりますが、練習中鋭い打球、または大変控えめな打球が飛んでくることがございます。 油断されますと大変危険ですので、皆様、杉谷選手の打球にもご注意ください」 このように辛辣な言葉を交えつつ、面白おかしくアナウンスを行っています。 こちらは実際にアナウンスされた際の動画の一部です。 アナウンスが流れると、ファンから拍手や笑いが沸くなど、最高のファンサービスとなっています。 しかし、このアナウンスについては、ウグイス嬢の鈴木あずささんが始めたものではありません。 なんと杉谷選手本人から頼まれたようです。 西武ドームは杉谷選手の地元に近いため、多くの友人が駆けつけてくれるとのこと。 そのため 「打撃練習中に盛り上げてほしい」と杉谷選手から申し出があったそうです。 その結果、現在ではアナウンスが恒例行事となり、 多くのファンを盛り上げるきっかけにもなりました。 野球を楽しむのはなにも自分だけでなく、ファンと一緒に楽しむことが杉谷選手のスタイルなのかもしれません。 まさかの珍プレー好プレー大賞! プロ野球ファンであれば 「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」という番組をご存知だと思います。 シーズンを通して面白おかしいプレーなどを特集するスポーツバラエティです。 番組の最後には、数あるシーンの中から大賞が選ばれるのですが、なんと杉谷選手のイジり役としても有名なウグイス嬢、鈴木あずささんが大賞に選ばれたのです。 ちなみにウグイス嬢が大賞を受賞するのは初とのことです。 Instagram インスタグラム では、受賞した鈴木あずささんと杉谷選手のツーショットが掲載されています。 この賞は二人だったからこそ受賞できたのかもしれません。 今後も二人のやりとりでファンを盛り上げてくれるでしょう。 野球のできる芸人、杉谷拳士!? 杉谷選手はその人柄から多くの人に愛されています。 バラエティでも芸人顔負けのトークやネタを披露して、野球以外でも楽しませてくれる存在です。 一部では褒め言葉なのか、 野球のできる芸人とまで呼ばれており、杉谷選手の一挙手一投足は常に注目の的となっています。 リアル野球BANにも出演! 杉谷選手はバラエティにも多数出演しており、特に年始に放送される 「とんねるずのスポーツ王は俺だ」という番組では、野球人というより芸人よりの杉谷選手を楽しむことができます。 この番組の企画で行われる 「リアル野球BAN」では、とんねるずの 石橋貴明さん率いるチームとプロ野球選手チームに分かれて対決するのが恒例となっています。 何故かプロ野球選手である杉谷選手は、 芸人チームである石橋貴明さんのチームに入れられているのも笑いの種です。 このリアル野球BANにおいて杉谷選手はいつも以上にテンションを上げており、先輩である 中田翔選手 にタメ口で話すなど、見どころが満載となっています。 杉谷拳士は全力だから愛される 野球だけでなく、バラエティにおいても全力で挑む。 そんな人物だからこそ、杉谷選手は周りから愛されているのだと思います。 最後に 杉谷選手のように野球だけでなく、人生を楽しむ姿には、若い世代にとっての指標となるでしょう。 出場機会こそ少ないですが、杉谷選手の活躍は色んな人の支えとなる筈です。 今後もファンだけでなく、多くの人の笑顔の源になる杉谷選手の活躍に期待しましょう。 ここまでご覧いただきありがとうございました。 以上、杉谷拳士選手の紹介です。

次の