ポケモン ソード シールド サーナイト。 サーナイト育成論 : 【龍狩りの姫】スカーフサーナイト育成論【S3】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】キルリアの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン ソード シールド サーナイト

「リーフブレード」は物理受けとして使われやすい「ヌオー」や「トリトドン」を、技と持ち物の効果による確定急所で確実に倒すことができます。 ダイマックス時にダイジェットになり素早さがあげられるのも強み。 登場したターンでしか使えないものの、高火力の先制技。 攻撃を2段階あげられる積み技。 積めると強力だが耐久は高くないためチャンスは少ない。 フェアリータイプへの打点。 威力はそこそこあるのでサブウェポンの選択肢として。 リーフブレードと同じく、ながねぎによって確定急所が放てる悪技。 はたきおとすとの選択肢、一長一短なので好みやパーティに合わせること。 格闘技の選択肢、威力はこちらのほうが高いものの攻撃と防御が使用後下がる。 性格が控えめかつ「こだわりメガネ」を持つ「サザンドラ」や「ウォッシュロトム」などの攻撃を耐え、返しで倒していきます。 HPと防御に努力値を252振った、物理受けのロトムもインファイト2回で倒すことはできますが、「おにび」を持っているので注意が必要です。 威力はそこそこあるのでサブウェポンの選択肢として。 ダイマックス時のダイスチルで防御があげられる、フェアリーへの打点という意味では選択肢。 水や地面に対する打点。 威力はそれなりなのでサブウェポンの選択肢として。 先制技の選択肢。 であいがしらは出したターンのみ使用可能のため、先制技としての汎用性はこちらの方が上。 ただし威力の差がかなり大きい。 先制技の選択肢。 威力は落ちるものの優先度が高いため、かげうちやでんこうせっかなどの先制技よりも先に攻撃できる。 ネギガナイトの役割と立ち回り 特性でゴーストとも戦える物理アタッカー 「ネギガナイト」は特性「きもったま」によって、ゴーストタイプにも格闘やノーマル技を当てることが出来るアタッカーのポケモンです。 高めの攻撃の種族値で相手を圧倒することができます。 専用道具「ながねぎ」で高確率で急所に当たる 「ガラルカモネギ」と「ネギガナイト」の専用アイテムである「ながねぎ」は、急所の確率を上げてくれるアイテムです。 急所は相手の能力上昇を無視してダメージを与えることが出来るため、「てっぺき」や「のろい」を積む相手とも強気に戦う事ができます。 ネギガナイトの対策 耐久は高くないため弱点で押し切る 「ネギガナイト」は攻撃種族値は高いポケモンではあるものの、HPや防御といった耐久面はあまり高くありません。 素早さも低めのポケモンのため、先手を取って弱点で攻めると一気に倒し切る事ができます。 フェアリーや飛行タイプのポケモンで戦えると、有効打がないためより立ち回りやすいです。

次の

【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ソード シールド サーナイト

注意 初投稿です。 至らない点等有ればコメント欄にて指摘していただけると幸いです。 また、これを書いているのが2020年2月末、S3時点です。 個体値は双方理想個体とします。 ダメージ表示はダメージ計算SSを使用しています。 はじめに こんにちは。 TNマチこりでマスターボール級に日々揉まれている者です。 S1、S2を終え、多少の型の変化はあれど、だいぶ環境に並ぶ顔ぶれがが固まってきましたね。 どのパーティを見ても、だいたい入っているのがドラパルト、サザンドラの600族ドラゴンズ。 速い、火力高い、まあ強い。 ジャラランガ?うん、たまーーに見ますね。 こいつらをシバいていくのが今回のこだわりスカーフサーナイトです。 サーナイトについて エスパー、フェアリータイプの超絶ビューティーポケモン。 可愛い、美しい。 特攻、特防がかなり優秀。 一方で物理耐久はほぼ皆無。 そこがまた可愛い 経緯 2週間粘った末ついに色違い個体を入手したため、なんとか活躍させてあげたい。 そしてもっと流行って欲しいと思い構築記事を書いてみました 前置きが長くなってしまいましたね。 そろそろ本題に入っていこうと思います。 持ち物 こだわりスカーフ 性格 最速ドラパルトを抜かなければいけないのでおくびょう確定で。 努力値振り CS 252 D4 特殊のスカーフアタッカーとして採用したいのでCSぶっぱ。 残りの4は正直なんでもいいと思います。 特性 トレース 何かと便利。 シンクロよりは刺さる場面が多いはずなのでトレース確定で良いかと。 ただ場合によってはトレース発動でこちらのスカーフがバレてしまうパターンが何度かあったのでこれは諸説あると思います。 役割 初手に投げて荒らしたり、ラス1で残して残りを掃除したりと様々な役をこなすことができます。 技構成• ムーンフォース タイプ一致で基本的に最大火力技となるため汎用性もそこそこあります。 これは確定です。 H4ドラパルト121. D無振りなら確定2発、流行りの少し耐久に振った型でも3発で倒せるイメージです。 特攻ダウン効果もいい味出してます。 十万ボルト これは個人的に外せない技です。 S2の構築記事をある程度読んだ方ならわかるかも知れませんが、今現在ギャラドスが非常に流行っています。 初手で対面した際に交代を強いることができ、ナメて突っ込んでくる相手ならそのままエース格を1匹持っていくことができるので、かなり重宝します。 また、単純に飛行タイプへの打点として使うこともできるので非常に便利。 マジカルフレイム 新しく習得した炎技。 最近大流行のアイアントをダイマックスだろうが消し炭にすることができます 217. たまーにナットレイに撃ちます。 また、確定の特攻ダウンがとても便利で、特殊アタッカーに連打して後続の起点を作ったり、なんてこともできます。 トリック 自分はこのポケモンを初手に投げる事が多いので、対面した起点作成ポケモン カバルドン、タイプヌル、コータス等 にスカーフを押しつけ機能停止させることができとても便利です。 受けループ対策にもなります。 その他技候補• サイコキネシス タイプ一致高火力技。 ドヒドイデがどうしても許せない方はいかがでしょうか。 環境にあまり毒タイプがいないので今回は採用を見送りました。 きあいだま これは入れるか本当に迷った技。 理由は後述します 命中70。 しっかり普段から可愛がってあげていればきっとあなたのサーナイトなら当ててくれます。 環境に着々と増えているカビゴンへの打点として採用するのはアリかもしれません。 いやほんと強すぎんかあのデブ 立ち回り 具体的にどういった立ち回りをしていくかです。 筆者はパーティにカバルドンを同行させているので、初手のギャラドス等の水タイプ高火力ポケモン、もしくは挑発持ちサザン等が出てくることが読めた場合にそれを狩りに投げています。 また、相手が素直に起点作成ポケモンを初手に投げてくればそのままトリックで縛ります。 また、こちらが初手にカバルドンを投げサーナイトを後から出す展開ではドラパルトやアイアントを狩ることができます。 逆に、ミミッキュ、ドリュウズ等のこちら側が確定1発取れず、またタイプ相性的にも不利な物理アタッカーと対面してしまうと流石になにも出来ないので大人しく下げます。 その場合はカバルドンに下げれば対処できたりするのでこの2匹は割とおすすめです。 サーナイトは素早さ種族値が80なので、ギャラドスにダイジェットを積まれてしまうと10万ボルトが上から撃てなくなってしまうので、積まれる前にうまいこと対面を作りましょう。 冒頭で、スカーフドラパルトやスカーフサザンはどうするの?と思った方がいると思います。 正直に答えると、スカーフドラパルトは蜻蛉返り等で逃げられてしまうため狩るのが上手くいかない事があります。 少し削ってからダイマックスさせて倒す、等臨機応変に対処するしかないかも知れません。 続いてスカーフサザンドラですが、向こう側はこちらを一撃で倒せる技がないので問題ありません。 蜻蛉返りを読むなら裏に刺さる技を打つ、悪の波動で突っ込んでくるならムンフォで、といったように択にはなってしまいますが。 体感では悪の波動で突っ込んでくるヤンキーが多い気がします。 おわりに いかがだったでしょうか。 以上で今回の育成論としたいと思います。 なにか改善案が有ればコメント欄で教えてください。 皆で最強のサーナイトを作り上げましょう。 最速ドラパルトをスカーフサーナイトで抜かす場合、Sは236振り 実数値214 で抜かせるかと思います。 S全振りにした場合、他のスカーフ持ちも意識できるかと思いますが、具体的に誰を意識するのかも記載してもらえるといいかと思います。 被ダメ表が欲しいです。 スカーフサザンの攻撃を問えるとはいえ、具体的にどれだけダメージを受けるのか、それによって見え方も変わってくるかと思うので、最低限として仮想的の与ダメ被ダメ表は欲しいです。 内容に悪い点はありませんが、文章が非常に読みにくいです。 現環境に見られる飛行ポケモンに対する10万ボルトのダメージ計算を加えると、その採用の理由がより分かりやすく、また使いやすくなると思います。 自分も臆病CSブッパで使ってます。 技候補にてサイコキネシスを上げておられましたが、サイコショックについては検討されましたでしょうか。 8〜106. 2〜96. 持ち物が珠の場合乱数に影響されずに突破できます。 相手もダイマを切る、アッキの実、耐久調整、読まれて剣舞シャドクロなど負ける要素はありますがミミッキュに対してワンチャン残せるというのは採用余地があるのではないでしょうか。 また、補足としてドヒドイデに対してはトリックした後相手の努力値振りに合わせて10万ボルトと打ち分けられます。 投稿された時期とコメントの時期にズレがあるため環境の変化から技の優先度については言及しませんが参考までに.

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【鎧の孤島】|ゲームエイト

ポケモン ソード シールド サーナイト

「こだわりスカーフ」を持つことで殆どのポケモンから先手を取りながら、相手のタイプに対して弱点か等倍の技で大ダメージを与えて戦います。 岩や鋼タイプへの打点になるものの、命中が不安定なのが難点。 ドリュウズを1撃で落としたい場合。 水や飛行タイプへの打点。 元の威力も高めのためそこそこの火力になる。 技の通りがいいゴーストタイプの技。 無効や半減のタイプはフェアリーで対応できるため使いやすい。 岩や水タイプへの打点。 ヌオーやトリトドンを狙い撃ちできるのも利点。 壁貼りサポート型 性格 ずぶとい 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP175-防御128-特攻145-特防135-素早さ101 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 多彩な補助技を活用して、控えにいるアタッカーが活躍できる環境を作るサポート型です。 「リフレクター」などの壁技や状態異常の付与技など、起点を作るにあたって非常に選択肢が多いため、活躍させたいポケモンに合わせて技を選びましょう。 悪タイプに無効にされるため、ムーンフォースより使いにくい場面は多い。 状態異常技の候補。 物理アタッカーの火力を落としたり受けポケモンへのダメージソースになったりと、活躍の場面は多い。 状態異常技の候補。 地面タイプには無効だが、素早さ低下と確率での行動不能は起点にしやすいのが利点。 自己退場技。 今作から発動タイミングが変わり、HPが減少しているor状態異常のポケモンが出てきた時に発動する。 交換のタイミングが重要になる。 使用後、次の自分の行動までに倒された時に相手も戦闘不能にできる。 ダイマックス時は無効になるため、タイミングが重要。 変化技を封じる技。 受けポケモンのほとんどから先手を取れるため、行動を停止させやすい。 サーナイトの役割と立ち回り 多彩な技で戦う 「サーナイト」は、特殊アタッカーとして立ち回りやすい様々なタイプの特殊技を覚えるポケモンです。 同時に、サポーターとしての補助技も豊富なため、非常に幅広い役割を担うことができます。 自分のパーティに合わせた役割にすることが、非常に重要なポケモンです。 サーナイトの対策 物理アタッカーで弱点を突こう 「サーナイト」は特防の種族値は高いものの、HPや防御の種族値はあまり高くありません。 そのため弱点タイプの物理技で攻撃すると、大ダメージを与えて一気に倒し切る事ができます。 鋼タイプが強力な物理技が多いためおすすめです。

次の