オオクワガタ 英語。 オオクワガタの特徴・生態や飼育・繁殖方法を詳しく解説。

クワガタムシって英語でなんというの?

オオクワガタ 英語

日本国内においては、ほぼ全国的にするが、生息地域は帯のやの台木(台場クヌギ)林に集中し、局所的である。 部ではのみに分布していることから、中国大陸・朝鮮半島・対馬・日本本土が陸続きだったの頃に南下分布した可能性が高いと考えられている。 生態 日本産オオクワガタのは、から頃に活動を始め、ほとんどで、昼間は・・類・類・類・類などの樹液が出る大木のなどに隠れている。 性質は臆病で、危険を感じると、すぐに洞(うろ)に隠れる。 飛ぶことも滅多になく、住処(すみか)を変える際か灯火に引き寄せられる場合を除いて限定的なものと推測されている。 樹洞を縄張りとしたオスの元にメスが次々と訪れる生活を夏季に送り、交尾の後、受精したメスは大木の立ち枯れなどに飛来し、産座を築いたり、トンネルを掘って、その内壁にする。 また、産卵中のメスは肉食傾向が強くなり、他の昆虫を捕食したり、また同種の死骸を食べることもある。 飼育下で、他種の幼虫や蛹などを与えると捕食することが知られている。 9月末から10月くらいになると、成虫は態勢に入り、翌年の5月頃まで活動休止する。 野生個体のは生息域により異なる。 やでは、2年1化1越年(幼虫で2年過ごし夏に羽化後翌年まで静止する)で、から3年目の初夏に活動を開始し、成虫は繁殖活動後も越冬を繰り返す。 なお寿命は長く、飼育下で5-6年生きる個体も珍しくない。 幼虫は堅めの材に見られ、ニクウスバタケ・がついた・・類の硬い大木や朽ち木の地上部に多い。 また、との間に、俗にと呼ばれるができることが知られており、自然下でもごく稀に採集される。 人工飼育で作出することもできる。 ただし、幼虫での死亡率が非常に高く、また性別が極端にオスに偏る。 大きさと形はオオクワガタに近いが、やや細身で脚部等がコクワガタに似るという特徴がある。 成虫 オオクワガタにまつわる問題 1990年代後半からのの先駆けになった種で、以前は "黒いダイヤ" と呼ばれ大型個体が高値で取引された。 1mmの体長差でも大きな価格差が発生したこともあり、マスコミ報道やドラマの題材などでしばしば取り上げられた。 現在では大きさだけでなく、各部のバランス・顎幅なども重視されるようになった。 一時期の高値は飼育技術の発達により現在では鳴りを潜め、本種のペアがペットショップ等でも数千円程度で販売されている。 オオクワガタは1999年に80mm以上の飼育個体が出現したが、その当時はまだ「80mmは夢のサイズ」と言われていた。 しかしむし社のクワガタムシ・カブトムシ専門雑誌『ビークワ』(年4回発行の季刊誌。 同社発行『月刊むし』の姉妹誌)にて開催されている誌上企画『クワガタ飼育レコード』では2001年の初代飼育レコードで81. 1mmが出現したのを皮切りに数々の大型個体が輩出され、2009年(6代目飼育レコード)にて85mm超(86. 6mm)が出現し、80mm初出現から17年後の2016年(10代目)にて90. 0mmの個体が発表された。 その後、2019年にはさらに記録を更新する91. 7mmの個体が発表されている。 ブームの一方で乱獲や生息地の破壊などにより野生での個体数は年々減っている。 乱獲、特に材割り採集や生息木の洞の破壊により多大な被害を受けた種である。 この『材割り採集』は昆虫雑誌等でも本種を比較的手軽に採れる方法として紹介され被害を加速させた。 また生息木の洞を破壊する行為も多数見られた。 その拡大した被害状況は新聞などの報道でも多数報じられている。 これら乱獲・丘陵地の開発・森林伐採など複合的な要因により野生個体の生息が危ぶまれており、2007年には準絶滅危惧種から 絶滅危惧II類に引き上げられた。 による累代飼育が大変盛んに行われているため、種として絶滅の恐れはないが、野生種保護の観点から、主に幼虫の生息する壊死部や腐朽部のある広葉自然林の保護が必要である。 のや豊能郡は、大都市に近いこともありオオクワガタの有名な採集地となり、乱獲の影響を受け新聞などの報道もなされた。 またも生息地として知られるようになり、それに流域、を加え、これらは愛好家の間で五大名産地とも呼ばれる。 能勢町や川辺郡阿古谷産に大顎の太い個体が多いとされるが、それらが本当に野生個体であるかどうかの検証は十分なされていない。 近縁種である・・ホペイオオクワガタなどと交雑し、をもたらしているため、外来種・国産を問わず、 飼育個体は野外に放ってはならないと呼びかけられている。 本種はヒラタクワガタ類と並んで噛む力が強い種類ではあるが、反面飛翔性がやほど高くなく、それら二種のクワガタムシのような分布範囲を拡げたり、交雑を避ける能力が低いので、地元で採集、もしくは採集個体から生まれた個体でない限り、放虫は厳禁である。 分類 元来オオクワガタは、 hopei(ホペイオオクワガタ)、 binodulosus(オオクワガタ)が、共に curvidens()のとする考え方が支持されていた。 しかし、 curvidens(基亜種)と hopei(亜種)がの同じ産地で採集されるなど、この考え方に疑問を持つ声が高まり、オオクワガタを巡る分類の議論は紛糾した。 の主任研究員であると小島がに行った、の解析による分子系統樹が発表され、従来的知見などから述べられていた通り、日本産のオオクワガタはとの一部に産するビノデュロサスオオクワガタと同じ亜種であることが分かった。 近縁種は、に棲むタイワンオオクワガタと、・・等に棲むグランディスオオクワガタであり、中国本土のホペイオオクワガタとも近い。 しかし、従来日本産の学名になっていたクルビデンスオオクワガタとは、ミトコンドリアDNAの解析からも、また交雑試験からも全くの別種と分かり、亜種関係を見直した結果、現在は Dorcus hopei binodulosusの学名で呼ぶのが適当とされる。 なお curvidensも binodulosusも、雄成虫に見られる1対の眼上突起に基づく命名である。 和名でオオクワガタと付けて呼ばれる種には、この他にも、クルビデンスオオクワガタ・(旧名パリーオオクワガタ)・アンタエウスオオクワガタ・などが知られるが、オスの大アゴの発現型と、その以外に遺伝的共通点は少ない。 なお Dorcusの属名の元となったは小型種で、オオクワガタ属に統合されるまで別属扱いだった。 「徹頭徹尾総力特集!! 日本のオオクワガタ大特集!! 2016」『BE・KUWA(ビークワ)』第60号、むし社、東京都中野区、2016年8月12日、 14頁。 「第19回クワガタ飼育レコードコンテスト」『BE・KUWA(ビークワ)』第73号、むし社、東京都中野区、2019年11月15日、 6頁。 『オオクワガタ 乱獲が森の生態系壊す 無責任の果て、無残なクヌギ林』2004年(平成16年 4月28日(水)読売新聞山梨版• 『消えたオオクワガタ…木の伐採・乱獲など要因はさまざま - 佐賀』YOMIURI ONLINE 2009年8月30日• 『生きものたちのSOS エピソード3夏 9:オオクワガタ』福井新聞2009年7月17日.

次の

オオクワガタを英語にするとGiant stag beetleで正しいでしょうか?...

オオクワガタ 英語

オオクワガタの特徴 オス 27㎜~77㎜ メス 34㎜~44㎜ 生息地 北海道~九州 オオクワガタはクヌギの樹液などに集まり、 成虫で越冬し飼育でも5~6年は生きる個体も中にはいます。 野生の個体は森林伐採や乱獲で減っており貴重なクワガタのようです。 ですが、 ミヤマクワガタや ヒラタクワガタよりは オオクワガタは飼育下では比較的繁殖させやすいクワガタのなのだそうです。 オオクワガタ幼虫割り出し体験 実際に割り出し体験をさせてもらいました。 クワガタは生の木には産卵せず、きのこが自生しているような木に産卵します。 どんぐりの木の幹(シイタケの原木)をペンチで注意しながら剝いでいきます。 木の中の幼虫は体の中にあるバクテリアを糞と一緒に出してそのバクテリアで木の栄養分を分解し、食べて大きくなります。 今手に持っている20㎝ほどの木の中に多い時は 20匹くらいいて、いっぱい幼虫がいるときは木の中で幹を食べているので木が柔らかくなり割り易く、逆に木が固い時はあまり幼虫がいない場合が多いとのこと。 こんな感じで入っています。 掘り出してみます。 幼虫がいる場所に木の枝でちょこちょこして傷つけないように注意して取り出します。 取り出した幼虫は菌糸ボトルの中にすぐに入れます。 しばらくするとすぐに土の中にもぐっていきます。 蓋をして持ち帰りました。 オオクワガタの幼虫の飼育の仕方 菌糸ボトルを管理する場所 菌糸ボトルに入れたオオクワガタの育て方は、特に水をやったり何か手入れをしたりする必要はないのですが、気を付ける点がいくつかあります。 ・温度 ・直射日光 基本の 適正温度は 23度 ですが、 菌糸ボトルを置く場所は 家の直射日光が当たらない場所で涼しい場所に保管すれば大丈夫です。 幼虫は積算温度によって成虫になる時期が異なり、各家庭の置く場所によって温度が違うので成虫になる時期も異なってきます。 温度が高ければそれだけ成虫になるのが早くなりますが、早く成長するということは、その分幼虫の時にしっかり栄養を吸収せずに成虫となってしまうため、成虫でも小さくなってしまいます。 成虫になっていくらエサを与えても大きくならないので、この幼虫時代が大切! 冬の寒い時期だからといって暖房の部屋に入れる必要もありません。 氷点下にならないと死ぬことはなく、部屋の中であれば大丈夫なので、なるだけ 温度が一定の場所が好ましいです。 温度が高いとそれだけ早く成虫になってしまうので気を付けたほうがいいとのことでした。 菌糸ボトルの交換時期と頻度 菌糸ボトルに入れた幼虫は特に水やりやお世話をすることはないのですが、ただ菌糸ボトルを交換することは必要です。 それはさなぎになるまでにオス・メスで回数は異なるものの数回のボトル交換を行います。 菌糸ボトルの交換時期は 菌糸ボトルの色が茶色に変色してきたら交換のタイミングです。 幼虫がえさを食べていくと菌糸ボトルの白い部分が茶色に変色していきます。 白い部分が減ってきて 3分の1くらいになったらタイムリミット。 それまでにボトルを交換しなければなりません。 そして菌糸ボトルはオスとメスで交換回数が異なります。 メスは早いと6か月くらいでさなぎになる準備をしてしまうので、1回の交換で終わる場合があります。 交換目安のとしては3か月が目安になります。 菌糸ボトル交換時の注意点! 菌糸ボトルの交換で一番注意することは、 さなぎになる時のタイミングでの交換です。 菌糸ボトルの中でさなぎになる準備をしている時にむりにえさを変えると死んでしまうので、注意が必要です。 ちょっとわかりずらいですが、写真の白っぽい部分はさなぎの準備に入った幼虫です。 (左側) さなぎの部屋を作り出したこの状態ではボトルの交換はできないので、栄養がないボトルですが下手に触ると死んでしまうのでそのまま見守るしかなくなってしまいます。 なので、そうなる前の最後のボトルの交換時期が難しいのですが、見極めのポイントがあります。 飼育するならオオクワガタをおすすめする訳 男の子だと必ずカブトムシやクワガタに興味を持つ時期が来ると思います。 そんな時はオオクワガタがおすすめです。 オオクワガタはカブトムシなどと違って、1か月くらいえさをやらなくても水分さえあれば少々ほったらかしにしても死なないので、飼育がとても簡単です。 子供がクワガタを飼いたいと言い出したら、オオクワガタを飼ってみてはいかかでしょうか? また、夏休みの自由研究などにもおすすめなので、この夏挑戦してみるのもおすすめですよ! まとめ 私は虫は好きではありませんが、カブトムシやクワガタなどはそんな私が見ていても興奮するくらいおもしろい体験会でした。 幼虫の飼い方なども詳しく説明してくださり、とても興味深くいろいろ質問してしまいました。 夏休みなどにはいろいろな昆虫のイベントなどが開催されたりしています。 カブトムシやクワガタなど甲虫類に興味があれば、参加してみてはいかがでしょうか? 子どもが飼ってみたいと言ったら、場所も取りませんし簡単に飼育できるのでお世話をする大変さや楽しさ、生き物の命についても学ぶことができる甲虫飼育おすすめです。

次の

オオクワガタ属とは

オオクワガタ 英語

みなさんこんにちは! 今回のブログではクワガタムシについて書いていきます! 60年代のバンドとして有名になったビートルズのおかげで、カブトムシを英語でなんと呼ぶのか知っている人も多いですよね。 僕が子供のころは飼育ブームで、カブトムシやクワガタムシを飼う愛好家や飼育家、または子供(小・中学生)がたくさんいました。 僕自身も虫カゴや昆虫ゼリーなどの飼育用品を買って毎日面倒をみていて、時には雌と雄のカブトムシを交配させて飼育繁殖させたりと子供ながらにカブトムシを育てながら色々と学んでいました。 「beetle」はご存知の通りカブトムシという意味です。 「stag」はツノの生えた牡鹿のことを指します。 クワガタムシのハサミがオスの鹿のツノに見えることからこのような表現になっているのです。 この記事ではクワガタムシとカブトムシの違いなどを中心に紹介します。 クワガタムシとカブトムシの違い カブトムシ=「beetle」 クワガタムシ=「stag beetle」 先ほどこのように伝えましたが、カブトムシを「beetle」というのは、厳密にいうとちょっと違うのです。 もちろん「beetle」で伝わることは間違いないのですが、「beetle」の本当の意味は「甲虫」という意味なのです。 甲虫とは硬い甲羅で覆われている虫のことを指します。 なのでカブトムシ=「beetle」というのは正確にいうと違うのです。 クワガタムシが牡鹿のツノのイメージから「stag」という文字が入りました。 カブトムシはサイのツノという意味の「Rhinoceros」という文字が入ります。 カブトムシ=「Rhinoceros beetle」 のように表現してカブトムシとなります。 しかしこの表現は一般的にはあまり用いられることはなく、「beetle」で通じることがほとんどです。 クワガタムシに関する英語例文 ここではクワガタムシに関係する英語の例文を紹介していきます。 ・クワガタムシを食べる国もある。 「Some countries eat stag beetles. 」 様々なクワガタムシの種類を英語で紹介 日本のクワガタムシ クワガタムシは世界で1500種類いることがわかっていますが、その内6割が東南アジアに生息しています。 (もちろんヨーロッパなどにも生息はしていますよ! ) また、50種類のクワガタムシが日本列島で確認されています。 (東京都内の公園などにも生息しているらしいです!) その中でも特に有名な4つのクワガタムシに関して紹介します。 オオクワガタ =「Dorcus hopei binodulosus」 日本に生息している大型種です。 知名度も高く、日本最大のクワガタムシとして有名です。 ) オオクワガタはクヌギやコナラ・ミズナラの木で採れます。 日本の他にも朝鮮半島や中国にも生息していますが、見つけたくてもなかなか見つけられるものではありません。 そのためとても高価です。 オオクワガタは「giant stag beetle」と表現してしまいそうですが、それでは大きなクワガタという意味になってしまうので適していません。 「Dorcus hopei binodulosus」とは学名です。 ノコギリクワガタ =「Prosopocoilus inclinatus」 ノコギリという用語が入っていることからお分かりのとおり、ギザギザした大顎が特徴的で、凛々しくかっこいいクワガタムシになります。 日本全土に生息しているだけでなく、韓国にも生息していますよ。 ミヤマクワガタ =「Lucanus maculifemoratus」 ミヤマクワガタのミヤマとは漢字で「深山」と書きます。 この字のごとく、 山の奥深く標高の高いところで採集することができます。 日本だけでなく台湾や朝鮮半島にも生息しています。 コクワガタ =「Dorcus rectus」 コクワガタは手に入れやすく、飼育するにも容易なクワガタムシの1つです。 体が小さく顎の力が弱いことも特徴的です。 日本だけでなく台湾や中国、朝鮮半島にも生息しています。 海外のクワガタムシ 日本以外には多くのクワガタムシが生息しています。 代表的でかつ人気のあるクワガタムシリストを英語の名前とともに見ていきましょう。 ニジイロクワガタ =「Phalacrognathus muelleri」 世界一きれいなクワガタムシと呼ばれていて、その名の通り体が虹色に輝きます。 オーストラリアやニューギニアに生息していて、現在は国外への持ち出しが禁止されているので、日本で出回っているものは人工的な環境で増やしたものです。 虹色といっても個体によってベースとなる色の状態が異なり、緑っぽかったり赤っぽかったりします。 ギラファノコギリクワガタ =「Prosopocoilus giraffa」 世界最大のクワガタムシと言われていて、東南アジアからインドにかけて生息しています。 面白いのは生息する地域により大顎の形状が違うことです。 顎が細長かったり太めだったりと面白いですよ。 メタリフェルホソアカクワガタ =「Cyclommatus metallifer」 体長が10cmにもなる巨大なクワガタムシです。 細くて長い大顎とメタリックに輝くボディが特徴的です。 東南アジアに主に生息していますが、地域によって輝きに差が出ることも面白いポイントです。 グランディスオオクワガタ =「Dorcus grandis」 オオクワガタムシ界で最大級のクワガタムシになります。 その体長は9cmにもなると言います。 インド東部やラオス、ベトナムに生息しています。 タランドゥスオオツヤクワガタ =「Mesotopus tarandus」 体長が9cmにもなり、顎が短いため胴体がかなり大きいです。 その重厚感と漆を塗ったような光沢感がクワガタファンには人気となっています。 アフリカ西部に生息しています。 高値で取引されるクワガタムシ クワガタムシは高価に取引されているものがあります。 国内で有名なのはオオクワガタですが、現在は昔と比べても価格はだいぶ下がっています。 ここでは高値で取引されるクワガタムシについて見ていきましょう。 オオクワガタムシ 日本のクワガタムシの中ではもっとも人気が高く手に入りにくかったオオクワガタも、現在では値段も高くないようです。 一時期はオオクワガタの成虫に最高額として1000万円以上の値がついたものもあったようですが、現在では2000円くらいから購入することも可能だとか。 現在では高くても3万円くらいで販売しているようです。 ウエストウッドオオシカクワガタ =「Westwood giant deer stag」 高価に取引されているとして有名なのがウエストウッドオオシカクワガタです。 インドやネパールなどに生息していて、日本ではなかなか手に入れづらいクワガタムシです。 その値段もかなり高く10万円以上が当たり前だとも言われていますし、高いものでは30万円を超えるものもあると言います。 見た目も大顎が鋭くかっこいいのが特徴で、体長も10cmにもなる巨大なクワガタムシでもあります。 ユダイクスミヤマクワガタ =「Lucanus cervus judaicus」 値段が高いことでも有名なユダイクスミヤマクワガタは、ミヤマクワガタ界では最大級のクワガタムシになります。 その体長は10cmを超えるものもいるとか。 生息地はシリアやアラブです。 ユダイクスミヤマクワガタは高いもので10万円を超えることもあり、ミヤマクワガタの中でも高価なクワガタムシとなっています。 世界では昆虫食が流行っている? 現在の日本は少子高齢化により人口が減っています。 しかし、世界的に見たら人口は爆発的に増え続けています。 そして問題視されているのが 食料の問題です。 近い将来食料に困った人類が食べるもの、それが昆虫です。 昆虫食と呼ばれ、日本では一部マニアが好んで食しています。 日本でもハチやイナゴを食べますが、日本以外ではハチやイナゴに限らず様々な虫が食されています。 その代表格がクワガタやカブトムシなどが属する 「甲虫」です。 現在食用として食べられている昆虫は1900種類にも及びますが、その内 約600種類が「甲虫」なのです。 昆虫食が盛んな国は、「タイ」「ベトナム」「ラオス」「ミャンマー」「中国」、そして意外にも「韓国」をあげることができます。 アジア圏ではバッタ類などをはじめとした虫がよく食されているのです。 「中国」や「オーストラリア」では蛾の幼虫がよく食べられています。 特に中国の「竹虫」は高級食材として扱われているようです。 美味として有名なのが「東南アジア」や「中国」、「アメリカ」でも食べられている セミです。 フライにして食べると美味しいと言います。 日本でも食べられているイナゴの近い存在でもあるバッタは、タイなどでも屋台に普通に並んでいます。 サクサクの食感が美味しく栄養価も高いです。 クワガタムシを食べる? クワガタムシにだけ焦点を当てると、 ニューギニア島では、クワガタをおやつ代わりに食べていると言います。 ニューギニア島ではパプアキンイロクワガタというクワガタが大量に発生することがあり手に入れやすいため、脚と羽を取り除いてから胸やお腹の部分を食べるのです。 クワガタムシやカブトムシなどの甲虫の食べ方は周りの殻を外し、中の肉質の良い部分を食すらしく、とにかく肉厚で美味しいと言いますが、僕は食べたくないです。 東南アジアを中心として多くのクワガタムシが存在し、コレクションとして収集しているものがある中、クワガタムシを食用として食べているということにも面白さを感じますね。 ただ、もしいつか食料が足りなくなり、クワガタムシなどを食べなければならない時が来ることを考えると僕個人としては少しゾッとします。 まとめ いかがでしたか? 今回はクワガタをテーマに、世界の有名なクワガタやクワガタにまつわる簡単な英語表現や日本や世界のクワガタムシに関する情報をシェアしました。 クワガタが大好き!というお子様には、ぜひ日本語の名前だけでなく、英語の名前も教えてあげてください。 そして、子どもに限らずクワガタの魅力について語りたい大人の方も、ぜひ今回学んだことを活かしてクワガタについて語ってみてくださいね! もちろん、知識だけではクワガタの魅力を伝えることはできません。 クワガタの魅力を伝えるためには、英語力がないと言葉で外国人には伝えることができないからです。 「まずは英語力を伸ばしたい!」 そんな人には、オンライン英会話のネイティブキャンプがオススメです。 初心者にも優しいオリジナルのレッスン教材が揃っているので、初めて英語を習うという人にも安心です。 そして、フリートーク教材もあるので、講師とクワガタについて話したいというときには是非フリートーク教材で講師とお話ししてみてくださいね!.

次の