イニス フリー 化粧 水。 2020年版ニキビに効く化粧水ランキング!化粧水選びに悩む人必見!

アルコール配合とノンアルコールの化粧水…何が違うの?

イニス フリー 化粧 水

オイルフリーの化粧水って? 化粧品売り場で化粧水を見ていると「オイルフリー」という言葉を目にすることがあります。 オイルフリーの化粧水とは、その名の通りオイルを使用していない化粧水。 「オイルフリー」と書かれていない商品には、たいていの場合オイルが配合されているので、オイルを使用していないものを選びたい時には、「オイルフリー」と書かれているものを選びましょう。 化粧水にオイルが入っていると何が違うの? オイルは、保湿力があり乾燥肌などの場合にはしっかりと肌両面にオイル膜を張ることで肌の水分の蒸発を防いでくれるものになっています。 その反面、皮脂分泌が多い人などにとってはさらにべたつきの原因となり、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。 また、敏感肌の人などは、オイルに反応して肌荒れを起こしてしまう場合もあります。 オイルフリーの化粧水!使い方で気をつけたいことは? オイルフリーの化粧水を使用すれば、皮脂の分泌が多くべたつきやテカリなどに悩む人には使用さっぱりとした使用感で使いやすく、テカリやべたつきを抑えることができます。 ただし、乾燥しやすいというデメリットもあるので、肌の一部が乾燥しやすいなどという人の場合は、化粧水を使い分けたり、乾燥部分には保湿力の高いクリームなどを使用するなどがおすすめです。 無添加処方の化粧品でおなじみの「ファンケル」の大人ニキビを根本から防いでくれる化粧水です。 ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を防ぎ、水分と油分のバランスを整えて健康的で美しい肌へと導いてくれます。 オイルフリーでべたつくことがなくさらっとした使用感でありながら、しっかりと肌をうるおいで満たしてくれます。 コスメ 30代はお肌の曲がり角という言葉がありますが、20代から使っている化粧水が肌に合わなくなってきたり、思った効果が現れないと思っている方も多いのではないでしょうか?毎日の忙しい生活や紫外線によるダメージなど、お肌はいつも荒れやすい危険にさらされています。 お肌の水分を補給する化粧水は大切な役割を持っていて、たっぷりと保湿することで肌の潤いを保つことができます。 今まで使っていた化粧水では何だか物足りないとう方は、肌質の変化にあった化粧水を選んでないからかもしれません。 これからも美しい肌を保つために、もう一度使うべき化粧水を見直す機会も知れませんよ。 今回は30代におすすめの化粧水を人気のブランドやロングセラーアイテム、プチプラのものまで15選を厳選して紹介します。

次の

グリセリンフリー 化粧水一覧[プチプラ1000円以下]|飴玉の日々

イニス フリー 化粧 水

いったい何が違うのでしょうか? この記事では、アルコールの化粧水における役割、メリット、デメリット、そしてノンアルコール化粧水のメリット、デメリットなどをまとめてご紹介していきます。 化粧水選びの際に、アルコールの有り無しでどちらを選ぼうかなと迷ったときの選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 アルコールの化粧水における役割 ノンアルコールの化粧水が多く出始めたのは比較的最近で、かつて 化粧水と言えばアルコールが配合されているのが当たり前でした。 一口にアルコールと言ってもたくさんの種類がありますが、化粧水でアルコールと言えば、ほとんどの場合 「エチルアルコール」という成分を指しています。 成分表示では 「エタノール」と表示されます。 成分表示の中には、「フェノキシエタノール」「ステアリルアルコール」など他にも「アルコール」や「エタノール」とついた名前がありますが、これらは性質上アルコールとして扱われておらず、 エタノールとは別物です。 化粧水におけるアルコールフリーは、ほとんどの場合はエタノールフリーと同じ意味で使われているようです。 エタノールの働き・効果とは? エタノールと言えば、思い浮かぶのが 消毒液です。 化粧水に配合されるエタノールも成分としては同じものですが、もちろん濃度がまったく違うので、消毒液のように強烈なわけではありません。 お肌への安全に配慮されたマイルドなものが配合されています。 その主な働きはこちら。 商品の衛生を保つ• 水に溶けにくい成分をなじませる• サッパリとした使用感を与える• お肌を引き締める(収れん作用)• 皮脂を抑える• 油分や汚れを拭き取る(拭き取り化粧水) 商品の衛生を保つ 消毒液に用いられていることからもわかるように、エタノールには 殺菌作用があります。 化粧水に配合した場合も、雑菌の繁殖を防ぎ商品の衛生を保つ働きをしてくれます。 水に溶けにくい成分をなじませる 化粧水は水分が多くの割合を占めていますが、その他の化粧品原料の中には水に溶けにくい成分があります。 その場合、エタノールを使うと上手く溶け、 化粧水全体のなじみを良くすることができます。 溶解剤という役割です。 サッパリとした使用感を与える 注射の前などにエタノールで肌をふきますが、スーッとした感覚がありますよね。 化粧水に配合されるエタノールも、その清涼な感じを化粧水に加え、べたつかず サッパリとした使用感に導くことができます。 お肌を引き締める(収れん作用) エタノールには、お肌のタンパク質を一時的に変性させ、皮膚の温度を下げてキュッと引き締める効果があります。 ゆるみがちな夏のお肌や毛穴を引き締めるための収れん化粧水には、エタノールの収れん作用が主に活用されています。 皮脂を抑える エタノールの収れん効果の一部として、一時的に毛穴を縮めて皮脂を出づらくする作用があります。 そのため、脂性肌用の化粧水や皮脂の多い男性用化粧水、ニキビ化粧水には、エタノールがよく活用されています。 油分や汚れを拭き取る エタノールは油汚れを浮かせる働きがあるので、お肌に残った汚れや皮脂を拭き取る拭き取り化粧水にも多用されます。 アルコール配合化粧水のメリット・デメリット 化粧水においては幅広い役割を持つアルコール(エタノール)ですが、メリットがあればデメリットもあります。 それぞれを見てみましょう。 メリット• 化粧水の品質を安定させやすい• サッパリとした清涼な使い心地になる• お肌の引き締め効果がある• 拭き取り作用に優れている デメリット• アルコールに敏感な人は合わない場合がある• お肌を乾燥しやすくする• 引き締め効果が強いとお肌の負担になることがある• 拭き取り力が強い分刺激になりやすい エタノールの主成分であるアルコールには、体質上敏感に反応するタイプの人がいます。 注射前にも 「アルコールでかぶれたりしませんか?」と聞かれますが、人によっては 赤みやかゆみなどのかぶれ症状がおこることがあります。 飲む方のお酒に弱い強いとは別物で、酒豪でも顔はアルコールでかぶれるという人もいますし、反対にお酒は一滴も飲めないけど消毒液とかは平気という人もいるので、あくまで お肌につけたときに赤くなったりかゆくなったりするかどうかという話です。 アルコールに敏感なお肌の人の場合は、化粧水レベルの薄さでもつけるとヒリヒリして感じ、赤みやかゆみの原因となることがあります。 また、サッパリとした清涼な使用感はエタノールの魅力で、 夏場や皮脂が多めの人には人気があります。 けれどその反面、皮脂や水分の蒸発を促進し、お肌を乾燥しやすくする性質を持っています。 収れん作用も、お肌のタンパク質を一時的に変性させて引き締める働きなので、働きが強かったり多用したりするとお肌の負担となることがあります。 汚れを浮かす拭き取りも同様に、その働きに優れている分だけ、皮脂を取り過ぎてしまって刺激になりやすい一面があります。 ノンアルコール化粧水のメリット・デメリット ノンアルコール化粧水は、アルコールに反応しやすい体質の人のために作られたものです。 それ以外にも、お肌が敏感な人、乾燥しやすい人などにも向いています。 具体的なメリット・デメリットを見てみましょう。 メリット• アルコールに弱い肌質の人が安心して使える• 敏感肌の人にとっては刺激を減らせる• 乾燥肌の人に使いやすい デメリット• 商品の使用感や配合原料に限界がある ノンアルコール化粧水は、アルコールに反応しやすい人にとっては安心して使用できる強い味方です。 最近は種類も豊富なので、色々なバリエーションから選べるようになってきたのが嬉しいところです。 また、少しでも刺激を避けたい敏感肌や乾燥肌、肌荒れの人にとっても、 アルコールは刺激になりやすい一面があるので、お肌の負担を減らしたいときにはアルコールフリーの化粧水は便利です。 皮膚科医開発~肌に理想的な化粧水~ ただ、アルコール(エタノール)は、商品の安定・使用感の調整・溶解剤としての働きなどに関しては優れているため、アルコールフリーにするとそこに限界が生まれやすくなります。 他のものを使って調整機能の代用はできるので、 アルコールフリーのものが使用感に劣るというわけではありません。 ですが、清涼感やサッパリ感を求めたい人にとっては不満に感じるかもしれません。 アルコール配合の化粧水とノンアルコールの化粧水、どっちを選ぶ? アルコールに敏感な肌質の人は、 アルコールフリーの化粧水がおすすめです。 それ以外の敏感肌や乾燥肌の人に関しては、そればかりにこだわる必要は無く、お肌の感覚や他の成分などとの兼ね合いで選んだ方がいいかもしれません。 アルコール(エタノール)の配合量は、商品によって大きく異なります。 敏感肌や乾燥肌の人には、エタノール配合量の多いサッパリ系や収れん系の化粧水はおすすめできませんが、商品の品質向上のために少量配合されている程度なら、 お肌への影響はあまり無いと言われています。 優れた保湿力を持った敏感肌・乾燥肌用化粧水にも、アルコールフリーでない商品はたくさんあります。 「できるだけ少なくはしてあるけどゼロではない」という化粧水も多いので、完全アルコールフリーにこだわるとかえって化粧水の選択の幅が狭まってしまいます。 アルコール(エタノール)は、配合量が多いとお肌の負担や刺激になりやすいですが、適量なら問題はないとされています。 アルコールに敏感な肌質の人を除いては、「アルコールフリー」という部分にだけこだわらず、配合量や他の成分、使用感などを合わせて選んでみましょう。

次の

思春期ニキビに効く化粧水ランキングTOP8!!10代のテカリ肌に◎

イニス フリー 化粧 水

読みたいところから読める目次• 1.アルコールフリー化粧水で美肌を手に入れたいあなたへ アルコールフリー化粧水は、を配合していないが中心のスキンケアアイテムです。 つまり、アルコールがです。 最近では、エイジングケア世代に人気です。 それは、刺激性が少なく使いやすいから。 しかし、 「アルコールフリー化粧水なら敏感肌やインナードライ肌に絶対大丈夫!」 「アルコールフリーの化粧水なら刺激を心配しなくてもよい」 と思っていませんか? や、などの方は、アルコールフリー化粧水を選んでいる方も多いのではないでしょうか? たしかに刺激が少なくの1つです。 しかし、今からお伝えしたいのは、アルコールフリーの化粧水というだけで必ずしも敏感肌やインナードライ肌に大丈夫ではないということです。 他にも注意すべき点があるのです。 この記事では、アルコールフリーの化粧水のメリットやデメリットについて解説します。 また、その選び方のコツをご紹介します。 さらに、オススメのアルコールフリー化粧水をご紹介します。 「エイジングケア世代はアルコールフリーがよいの?理由を教えて!」 「アルコールフリー化粧水の選び方のコツを知りたい!何に気をつければよいの?」 「アルコールって何が問題なの?メリットはないの?」 「アルコール以外にも気を付けたい成分を知りたい!何を避ければよいの?」 「敏感肌やインナードライ肌に使えるアルコールフリー化粧水って?おすすめを教えて!」 などが気になるエイジングケア世代の女性は、ぜひ、この記事でアルコールフリー化粧水についての正しい知識を身につけ、お役立ていただければ幸いです。 特に、敏感肌、インナードライ肌でお悩みの方で、アルコールフリーの化粧水を使ってみようとお考えの方、使っている方は、必見です。 <エイジングケアにぴったりのアルコールフリー化粧水> * <この記事の大切なポイント>• 化粧品で言うアルコールとは、エタノール(エチルアルコール)のことです。 だから、アルコールフリー化粧水にはエタノールが配合されていないのです。 アルコールには化粧水に配合する際のメリットもちゃんとあります。 それは、殺菌効果や収れん効果、清涼効果などです。 敏感肌やインナードライ肌の方にとってのアルコールのデメリットは、揮発性による乾燥の促進と刺激性です。 これがバリア機能の低下している肌にはよくないのです。 アルコールフリーであることは、刺激の少ない化粧品の必要条件です。 しかし、それだけでは十分ではありません。 他の成分もチェックしましょう。 敏感肌やインナードライ肌対策には、アルコールフリー化粧水を最初に使いましょう。 その後、美容液や保湿クリームで保湿することをおすすめします。 もちろん、これらもアルコールフリーを使いましょう。 2.アルコールフリー化粧水とは? 1)化粧品でアルコールと言えば? アルコールフリー化粧水の前に、まず化粧品でいう「アルコール」が何かを理解しましょう。 化粧品で言う場合ののことです。 無色透明なので見た目ではと変わりません。 間違いやすい例では、化粧品に使う代表的な防腐剤にがあります。 最後が「エタノール」ですが、この防腐剤が入っていても「アルコール配合」ではありません。 フェノキシエタノールは、化学的なカテゴリーで言えば、「アルコール」ですが、化粧品成分では、「アルコール」として認識されないのです。 他にも、「アルコール」の名前がついた下記の成分が入っていても、「アルコールフリー」です。 2)アルコールフリー化粧水とは、こんな化粧水 このように、純粋に「エタノール」が配合されない化粧水を、「アルコールフリー化粧水」「ノンアルコール化粧水」と呼びます。 つまり、に、「エタノール」という記載がなければ、アルコールフリー、ノンアルコールの化粧水となります。 があり、、エイジングケア化粧水、柔軟化粧水などがありますが、それらもアルコール(エタノール)が入っていなければアルコールフリー化粧水です。 エタノールは、さまざまな化粧品に使われますが、最もよく使われているのは化粧水です。 そこで、この記事では、アルコールフリー化粧水を中心にお話を進めます。 アルコールフリー化粧品の全般的なお話は、「」で説明していますので、こちらをご覧ください。 3.アルコールフリー化粧水のメリットとデメリット エタノールは、お酒に配合されるアルコールなので、大量に飲んだり、使わなければ基本的には安全な成分です。 また、アルコールには血行促進などのよい作用もあります。 だから、などを改善するはたらきもあります。 しかし、ことは、誰もがご存知だと思います。 同じように、化粧水に使うアルコールにもメリットとデメリットがあるのです。 それでは、アルコールが化粧水に配合されるメリットや役割とは、どのようなものでしょうか? 1)アルコールが化粧水に配合されるメリット これは、逆に言えばアルコールフリー化粧水のデメリットになります。 アルコールは、水溶性の成分なので化粧水に配合しやすい上に、次のような作用があります。 収れん(引き締め) つまり、アルコールを配合することによって、次のような実感が得られるのです。 サッパリして気持ちよい• 清涼感がある• のベタツキがなくなる• ニキビが改善する アルコールの化粧水に配合される濃度はさまざまですが、ほとんどは5%~30%の範囲です。 、ニキビ肌用化粧水、などは比較的高濃度で20%~30%、多い場合は40%程度の場合もあります。 アルコール濃度を30%以上に高めると、お肌の汚れ、汚れ、油脂分などを取り除く力がアップします。 そのため、その作用を重視すればするほど、高濃度になるのです。 このようにアルコールには、お肌にとってのメリットもあることから、化粧水にアルコールを配合することが多いのです。 もう1つ、アルコールには、化粧水をつくる上での大切な役割があります。 それは、植物からエキス成分を取り出すなどの「抽出溶媒」としての役割です。 抽出溶媒とは、化粧水に配合したい成分を溶かして、なじみやすくする役割のことです。 アルコールを使えば、水だけでは溶けにくい、あるいはなじみにくい成分を入れることもできるので、色々な化粧品成分を配合しやすくできるのです。 また、アルコールは、それぞれの成分が調和されてしっかりはたらくのを助けます。 つまり、アルコールを抽出溶媒として使うことで、配合できる化粧品成分の選択肢が広がるのです。 こうしたアルコールのはたらきは、極めて優れたものといえます。 いま説明してきたことが、アルコール配合の化粧水のメリットです。 そのため、の方やの方は、ノンアルコールよりもアルコールありの化粧水を使った方がよい場合もあるのです。 だから、アルコールフリーがよい、アルコール配合が悪いと言うわけではなく、自分のお肌の状態やに合わせて上手に選ぶことが大切です。 これは、場合も同じです。 2)アルコールを化粧水に配合する際のデメリット それでは、アルコールフリーの化粧水のメリット、言い換えれば、アルコールのデメリットとは何でしょうか? アルコールには、次のような作用があります。 揮発性• 刺激性 この作用によって、次のような問題を起こすのです。 乾燥を促進させる、になる• お肌に刺激を与えて炎症を起こさせる• 濃度が高いと皮脂を取りすぎたり、を溶かしたりする• のバランスが崩れるリスクがある そのため、、、ぶつぶつや赤みが出たり、が出るなどのリスクがあるのです。 もちろん、低濃度の場合やお肌が丈夫な方であれば、問題になることは多くありません。 しかし、お肌の弱い方や敏感肌の方、の方、インナードライ肌の方など、が弱っている場合には、アルコールのはたらきはデメリットになってしまう可能性が高いのです。 また、年齢とともにお肌のバリア機能は弱まってしまうので、若い頃は大丈夫だったアルコールに耐えられなくてお肌が赤くなることもあります。 これらがアルコールによるデメリットで、エイジングとともにリスクが高まるのです。 つまり、こうしたアルコールのデメリットの影響を受けないのが、アルコールフリーの化粧水なのです。 そのため、「アルコールフリーの化粧水=お肌に優しい化粧水」というイメージがあるのです。 はたして、本当にそうなのでしょうか? 4.アルコールフリー化粧水を選ぶ前に ここからは、エイジングケアにとって有用なアルコールフリー化粧水の選び方を考えましょう。 1)アルコールフリー化粧水を正しく知ろう! さて、私たち実施したアンケートでは、やの知識が不十分とお考えの方が、70%以上いました。 一方、ウェブサイト上の化粧品情報を見ていると、アルコールフリーであればどんなものでも大丈夫という情報もあります。 私たちは、アルコールフリー化粧水の選び方についての正しい情報を発信することが大切だと考えています。 上手に選ぶことで、うるおいのある美肌がキープできます。 また、敏感肌やインナードライ肌が改善できる可能性が高まるからです。 2)アルコールフリー化粧水にもさまざまな種類がある アルコールフリーであることは、お肌に優しい化粧水の必要条件の1つであることは間違いありません。 しかし、「アルコールフリーの化粧水=お肌に優しい」、という十分条件にはならないのです。 なぜなら、アルコール以外の成分についてもしっかりチェックしなければ、その化粧水がお肌に優しいものかどうはわからないからです。 例えば、アルコールフリー化粧水には、オーガニック化粧水や植物成分中心の化粧水などがあります。 これらは、必ずしもお肌に優しい化粧水ではなく、植物成分がお肌に刺激を与えたり、アレルギーの原因になってしまうこともあります。 だからこそ、アルコール化粧水に配合される一つひとつの成分についての知識が必要なのです。 3)アルコールフリー化粧水を選ぶ前に敏感肌や乾燥肌を知ろう! とくに、エイジングケア世代でかつ敏感肌の方にとっては、豊富な知識を持つことがとても大切だと考えます。 アルコールフリーに関する知識だけでは不十分なのです。 インナードライ肌や敏感肌の方のために、原因や症状、改善のための対策、また化粧品選びの際に注意すべきポイントなどをまとめた記事をご用意しましたので、詳しくは下記をご覧ください。 * * * * * もう1つの大切なポイントは、お肌に優しいというだけで化粧水を選んでも、敏感肌やインナードライ肌の改善につながらなければ、まったく意味がないということです。 アルコールフリー化粧水を選ぶ上で大切なのは、「お肌に優しいという基本的な条件」を満たした上で、自分のお肌をどうしたいかを考えることです。 つまり、アルコールフリー化粧水を使って、改善したいが何か、またを行いたいが何かをはっきりと考えましょう。 敏感肌やインナードライ肌の方、乾燥肌の方にとっては、化粧水を選ぶことはとても大切なことだと思います。 だからこそ、化粧水をアルコールフリーという理由だけで選んではいけないのです。 5.アルコールフリー化粧水の選び方の3つのコツ ここからは、実践的なアルコールフリー化粧水の選び方における3つのコツをご紹介します。 1)刺激のある成分を避ける アルコール以外でも刺激の強い成分があります。 それらを避けることがアルコールフリー化粧水を選ぶコツの1つ目です。 例えば、精油もその1つです。 でも使う精油には効果はありますが、エネルギーが強く刺激もあります。 だから、肌が弱い方にとっては注意が必要です。 この他、やは保湿成分として使われますが、比較的、刺激の大きな成分です。 だから、アルコールフリー化粧水には配合を避けたい成分です。 さらには、着色料、香料の中にも刺激がある成分があります。 これらは、 を起こす可能性がないわけではありません。 アルコールフリー化粧水では、刺激のある成分をチェックして選びましょう。 2)アルコールフリー化粧水に過度な保湿力を期待しない アルコールフリー化粧水に過度な保湿力を期待しないことが選び方のコツの2つ目です。 30代、40代、50代と年齢を重ねれば、が進み、やそれが原因のや、さらに、、をはじめとして多くのエイジングサインが目立ち始めます。 これらは、まで進めば改善が難しくなりますが、の問題が原因の場合、しっかりすることである程度までは予防が可能です。 だから、化粧水は、「しっかりと保湿したい」という目的で選ぶことが多いと思います。 敏感肌やインナードライ肌の場合は特にそうですよね。 しかし、残念ながら、化粧水は、やなどに比べると保湿力が低いのです。 なぜなら、「であり、セラミドなどの保湿力の強い油溶性成分 を高濃度で配合するには向いていない」からです。 つまり、「強い保湿」「水分を保持する力」は、化粧水ではなく、美容液や保湿クリームに求めたほうがベターなのです。 だから、敏感肌やインナードライ肌を改善するためには、化粧水の前に、しっかりと美容液や保湿クリームを選びましょう。 インナードライ肌や敏感肌の方にとって、どんなスキンケアやエイジングケアが必要なのかを具体的に知りたい場合は、こちらをご覧ください。 * もちろん、最近では、、などの水溶性で機能性の高い保湿成分もあるので、保湿力の高いアルコールフリー化粧水もあります。 他でも、水分を吸着するとしては、や、、などもおすすめの保湿成分です。 しかし、保湿には水溶性成分だけではなく、セラミドのような水分を挟み込んで保湿し、を保持する成分、またやなどの水分の蒸発を防ぐ成分も必要なのです。 だから、高い保湿力は、アルコールフリー化粧水だけではなく、やはり配合のや油溶性成分を配合した保湿クリームに求める方がよいのです。 具体的には、水溶性のを配合したアルコールフリー化粧水を選ぶことです。 特に、30歳以上の場合には、エイジングケア化粧品成分配合のアルコールフリー化粧水をオススメします。 なぜなら、どんなタイプ、肌質のお肌であっても、年齢によってお肌の衰えや乾燥が進むからです。 バリア機能の低下やの早すぎや遅すぎも、お肌の衰えが原因の1つです。 また、コラーゲンやなども減少して、やがなくなってきます。 だからこそ、アルコールフリー化粧水は、エイジングケアを重視すべきなのです。 年代別の化粧水の選び方は次の記事を参考にしてください。 そのため、アルコールフリー化粧水を選ぶ場合は、機能性の高い配合のものを選びましょう。 では、機能性の高いエイジングケア化粧品成分とは具体的にどんなものがあるのでしょうか? 6.アルコールフリー化粧水でオススメのエイジングケア化粧品成分は? アルコールフリー化粧水でオススメのエイジングケア化粧品成分を3つ選ぶとしたら、 ビタミンC誘導体、ナールスゲン、ネオダーミルです。 1)ビタミンC誘導体はエイジングケアにおすすめ ビタミンC誘導体は、次のようなエイジングケアにとってよい作用があることがわかっています。 の生成を抑制することで、ができる• 肌のコラーゲンを増やすことで、シワ、ほうれい線、の対策ができる• 抗酸化(活性酸素の除去)でを予防• 抗炎症作用(ニキビを抑える)• 皮脂分泌抑制で、やができる• セラミド合成促進 アルコールフリー化粧水では、などのがおすすめです。 ただし、刺激もありますので、インナードライ肌や敏感肌の方は、注意が必要です。 特に、高濃度で配合されている場合は、そのリスクが高くなります。 また、皮脂抑制作用のために乾燥肌を促進するリスクもあります。 ビタミンC誘導体は、エイジングケアによい成分ですが、その点だけ注意しましょう。 ビタミンC誘導体化粧水についての詳しい情報は、「」や「」をご覧ください。 また、最近では高浸透型ビタミンC誘導体といわれる進化したなどの選択肢も増えています。 2)アルコールフリー化粧水で使いたいナールスゲン ナールスゲンは、京都大学と大阪市立大学の共同研究で開発されたエイジングケア化粧品成分で、お肌の細胞にはたらきかけて、お肌が本来持っている力をサポートします。 分子量26ダルトンという極めて小さな水溶性成分• 真皮のを活性化し、真皮のコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、を増やす• 表皮のHSP(ヒートショックプロテイン)70を増やす• お肌の水分量を維持する• 表皮の傷の治癒を助ける• によるを抑える• 表皮で抗酸化成分を増やす などの特徴、はたらきがあります。 また、ナールスゲンには刺激性もなく、使いやすいことも大きなメリットです。 ナールスゲンについて、詳しくは、「」で詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。 <「ナールスゲン」を動画で学ぶ> 「ナールスゲン」のTVニュース MANAMIさんが語るナールス化粧品の魅力 3)化粧水で使いたいネオダーミル ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた最先端のエイジングケア化粧品成分です。 ネオダーミルは2013年にパリで開催されたin-cosmeticsという化粧品原材料の国際展示会において高い評価を受け、イノベーションアワード金賞を受賞しました。 細胞のエネルギー源としてはたらき、コラーゲンやエラスチンの産生をサポートする画期的なエイジングケア化粧品成分として注目されています。 特に、を増やすことが大きな特徴です。 ネオダーミルについて、詳しくは、「」をご覧ください。 なお、今回ご紹介したエイジングケア化粧品成分以外にも、アルコールフリー化粧水に配合可能な化粧品成分はたくさんあります。 化粧水全般に関する知識は、「」をご参考にしてください。 今、挙げた以外でもを防ぐ、、、フラーレン、アスタキサンチン、、、などの抗酸化成分もおすすめです。 7.オススメのアルコールフリー化粧水 私たちがオススメするアルコールフリーのエイジングケアローションは、。 なぜなら、アルコールフリーに加え、次の特徴があることから、ビタミンC誘導体の刺激に問題がなければ、敏感肌やインナードライ肌の方でも、オイリー肌の方でも、使いやすいからです。 エイジングケアにオススメのナールスゲンとビタミンC誘導体を配合している• 抗酸化作用を持つ配合• シンプルな処方で全成分たったの12種類• 実際に、敏感肌の方でも使える場合も多い になった、ナールスゲン&ビタミンC誘導体配合のエイジングケアローションです。 このナールスピュアですが、「素肌サプリメント」をコンセプトに開発しました。 従来の化粧水が、「水分を補う」「水溶性の保湿成分を補う」ことがメインの機能であるのに対して、「素肌本来の力を引き出す」ことによって、自ら潤うことを目指して開発したものです。 もちろん、アルコールフリーなので、エタノールは溶剤としても一切、入っていません。 アルコールフリー化粧水としてのメリットを実感していただけるエイジングケアローションです。 ナールスピュアについての詳しい情報はこちらからどうぞ。 * 8.アルコールフリー化粧水の使い方と学びたい情報 1)アルコールフリー化粧水の使い方 アルコールフリー化粧水といっても特別な使い方があるわけではありません。 化粧水の基本的な使い方については、「」で詳しく取り上げていますので、こちらを参考にしてください。 また、化粧水のさまざまな使い方については、次の記事も参考にしてください。 * * * * * * 2)化粧水についてもっと学ぼう! エイジングケアアカデミーでは、そんな化粧水に関してさまざまな記事をご用意しています。 そこで、化粧水についてもっと深く知りたい方は、次の記事をご覧ください。 * * * * * * * * 9.まとめ アルコールフリー化粧水とは何か、特徴やメリット、デメリットをご紹介しました。 いかがでしたか? アルコールフリーの化粧水についての理解は深まりましたでしょうか? 何となく刺激が少ないから、というのではなく、アルコールフリー化粧水のメリットとデメリットをちゃんと理解していただければ幸いです。 また、正しいエイジングケアのためには、1つの成分だけでなく成分全体をチェックすることが大切です。 さらに、アルコールフリーの化粧水の選び方についてもお示ししました。 その3つのポイントをご理解いただけたと思います。 特に敏感肌やインナードライ肌の方は、優しいエイジングケアに関する知識もしっかり身につけていただき、早く改善を目指してくださいね。 よいアルコールフリー化粧水で、あなたのお肌が健やかで美しくなることをお祈りします。

次の