小説家 読書量。 作家さん=読書家???

どのくらいの読書量であれば成功者になれるのかを考える

小説家 読書量

有名どころの読書量・本の虫エピソード いちばん気になるのは、「日本人のトップクラスはどれくらい読んでいるのか?」だと思います。 ですから、まずはそこから見ていきましょう。 より一部引用。 佐藤優・・・蔵書4万冊、(速読・超速読含めて)一月300~500冊ペース 立花隆・・・7~8万冊。 井上ひさし・・・20万だか30万冊だか。 一日30冊。 林修先生・・・中学時代には1000冊の本を読破。 同じく中学時代、ちくま日本文学全集シリーズを読破したそうです。 勝間和代・・・「勝間 和代 さんの例を見ても、2007年ころには毎月10万円本を買っていると言っています。 ところが最近では、本の購入額が15万円に膨れ上がっている。 」とのこと 成毛 眞(もと日本マイクロソフト社長)・・・『自宅に置いてあるのは手元に置いておきたい本と、資料として利用できる本である。 大体1万5000冊ぐらいあるだろう。 別荘にはその倍の本が置いてある。 』とのこと 日垣 隆(えらいひと)・・・『私は懲りもせず1ヵ月に100冊以上の本を読んでいます。 「ご、5ケタ~?」と思うかもしれないですが、日本はかりにも先進国で、しかも本好きな人はいくらでも読めるようなシステムになっているのです。 ホンモノの読書好きはそれくらい読んでいて当然といえるかもしれません。 じゃ、日本のトップ層がどれくらいかわかったところで・・・ 「アメリカの学生は、日本の学生の数倍勉強する」とよく言われる、アメリカ合衆国の場合。 どうなんでしょうか。 アメリカの学生(ハーバードなど)・・・ 四年間で最低1000冊は読まされる(流し読みの不可能な類の本です) ハーバード、イェール、カーネギーメロン大学などの大学院博士課程・・・ 二年間で2000~3000冊を読む必要がある。 単純計算で1日30~50冊。 競争社会アメリカのトップ層はやはり相当読んでますね。 「ハーバードで学部~院修了まで学んだ」というくらいのガッチガチのエリートたちは、だいたい二十代中盤くらいまでに3000~5000冊といったところでしょうか。 また、「読む量がもっとも求められる」といっても過言ではない「作家の読書量の平均」はどれくらいでしょうか。 これもデータがあります。 「」より引用。 作家と呼ばれる人の読書量はやはり半端ではありません。 で、講師として出講なさったプロ作家の先生に、プロデビューの時点で、蔵書は何冊位持っていたかという質問をしてみました。 結論としては、三千冊から四千冊というところでした。 平均で三千冊から四千冊ではありません。 多い人は、七、八千冊というケースもありました。 プロとアマの境界線が、大体それ位かなということです。 それ以下の数字を答えた方は居なかったという意味です。 この三、四千冊というのも、読んで処分した本や、人から借りたり図書館を利用した本は計算に入りませんから、実際の冊数はもっと増えるでしょう。 個人的に、五、六千冊と考えています。 つまり、プロとしての文章センスを養うには、その程度の読書が必要だということです。 もし仮に、今まで一冊も本を読んでいない人がプロ作家を目指したとします。 平均、二日のペースで本を読んだとして一年約百八十冊。 このペースで読んでいくと、約三十年前後掛かります。 逆に言えば、全くの素人でも、三十年読書にいそしめば、プロ作家に迫ることが出来るということです。 時々、二十歳そこそこでプロデビューとか、十代でプロデビューという人が居ますが、こういう人は、プロ作家として最低限必要な読書量を、二十年前後でこなしてしまったということなのだと思います。 今現在プロ作家を目指している人は、一般の人よりも当然沢山の本を読んでいるはずです。 ですが、もし五、六千冊の本を読んでいる自信が無い人は、原稿用紙を埋めるのに忙しくて読書の時間が取れないような生活を続けるよりも、読書に重点を置いた生活を考えた方が良いように思います。 勿論、五、六千冊のラインをクリア出来ればもう本を読まなくてもよいという意味ではありません。 プロ作家は本を読み続けています。 ベテランの中には、蔵書何万冊という方もざらにいらっしゃいます。 物書きで生きていくつもりなら、一生読書人ということでしょう。 つまり、日本人作家の平均は、アメリカのトップ学生よりちょっと見劣りするくらいでしょうか。 それでも、相当な読書量であることには違いありません。 また、長いので引用ができないのですが、 もあります。 また、 大学の教授もやはり相当な読書量を求めます。 大学院に進学すると、しかし求められる読書量はケタ違いだった。 哲学者廣松渉先生の講義に熱心に参加したのだが、廣松先生は 、「一日、六百ページを読まないとダメだ」という。 しかも先生は、 「学部二年生までに、岩波文庫の白帯をすべて読み終えていないと、哲学を志すことはできない」というのだ。 ・・・一日600ページ。 いわゆるライトな本は数えないで、です。 大学の学部生で日本のトップクラスになりたいなら、それくらい読めばいいということですから、わかりやすいですね。 現実的に考えて、これくらい読めば成功できる! というライン いまの日本人は、「活字」からどんどん離れていっているようです。 このテーマに関しては、苫米地英人氏の「」でわかりやすく述べられていますから、引用します。 「1ヶ月に1冊も本を読まない」と答えた人が全体の46. いまの日本では、「読む人はほんとうにたくさん読むけど、読まないひとはぜんぜん読まない」という傾向が強化されているということになりそうです。 ・・・ここまでの例をふまえると、「どれくらい読めば成功者になれるのか」には、ある一定の基準が見いだせそうです。 つまり、 文章を扱う仕事・クリエイティブな仕事・ビジネスの世界で「大」成功したいなら・・・まずは「1日1冊」以上読めばいい。 ひとつの目安は、20代の中盤までに「3000~5000冊」読破すること。 それが達成できれば、日本どころか世界でもトップクラスです。 そこまでは望まないなら・・・月に3,4冊でもいい。 望ましくは、10冊。 読書はつまり、「自分以外の人の意見を聞いてみる」ということですから、まあ、自分のためになるということは間違いないはずです。 読書量を増やすことにあまりとらわれすぎずに、まずは自分のできる範囲で がんばりましょう。 読書量にまつわる、ぶっちゃけた話 ・どんな世界にも、自分を大きく見せたがる人はいるもんです。 「〇〇? ああ、読んだよ。 おもしろいよね」(読んでない)とか、「1日1冊読まないと気が済まなくてさ」(マンガばかり読んでいる)という感じで、読書量を「盛る」ひとも多いですから気を付けましょう。 ・読むジャンル・・・堀紘一氏の「」によると、ビジネスパーソンがかならず読むべき本のジャンルは、 ・生物学 ・哲学 ・軍事学 ・歴史 だそうです。 小説以外でどんな本を読めばいいかわからないひとは、参考までに。 読まない人はスマホのニュースやまとめサイトばかりで、情報を与えられる側にどんどんまわっていきます。 変化が速い世の中になってしまったからこそ、読書量がものをいうと思うのです。 この記事に書いてある量を目安にしながら、どんどん読んでいきましょう。 では、グッド・ラック! ・おまけ・ ・・読書法関連の本のおすすめ。 読書法についてかいてある本は腐るほどありますが、本当に良い内容の本だけを集めました。 参考にしてください。

次の

読書量がスゴい!本が好きな芸能人まとめ【男性編】

小説家 読書量

評論家だったら普通。 しかし、自分が今何冊読んでるかとか、わからなくね? ついでに言うと、 絵本・漫画・(文字の多い)雑誌・子供向けの本・ゲーム攻略本 ・ゲームノベライズなんかを入れるかどうかもよくわからんし。 と子供向けの小説含めると1000〜2000冊の間だろうなぁ。 入れないと、ぎりぎり1000いかないかも。 とは思うけど、1000冊も2000冊もタイトルを並べて確認なんてできないからなぁ。 連投すまん。 てか、その冊数ってマジ? 1年365日、毎日1冊読んで10年で3650冊でしょ。 子供時代から1日も欠かさず毎日読みまくりなら、20歳くらいで5000冊。 でも、社会人になって、新人賞狙いなりデビューして兼業なりをやりながら 毎日1冊読書って至難の業じゃない? 俺の場合、死ぬまでに5000冊がいいとこだな。 通勤の電車の行き帰りで1冊。 会社の昼休みには原稿を書いて、 帰ってきてからは奥さんと一緒に食事。 子供と風呂に入って、11時に寝て、 朝4時に起きて7時半まで執筆。 土日にはまとめて4冊くらい読んでいくと、 1年で400冊くらいになる。 ただ、勝負はやっぱり学生時代だな。 大学卒業までに2000冊ほど読んで、読む力を身につけておくとあとあと楽だ。 結局、読書も原稿書きも読まない、書かないから遅いんであって、 ある程度(数年)毎日やってるとかなりスピードがつく。 332みたいな意見を目にするにつけ、本末転倒という言葉が浮かぶ。 作家になりたいから、その手段として本を読む…… こういう発想そのものが決定的に間違っているんじゃないかなあ。 「気がついたら」なんて悠長なことを言ってたら、 いつまでたっても「気がつかなかった」わけなんだよ。 本気で小説を書くつもりなら、ある程度意識して「トグ」とか 「習作」をはじめていかないといけないし、 読書の幅も意識的に広げていかなくてはいけない。 まだ読んだことはないけど、今度は、女性のロマンス小説をまとめて読んでみよう、 とか、ミステリ作家を50人1冊ずつ読んでみようとか。 小中学校の頃は、好きな本だけ読んでたから、嗜好がかなり偏っていた。 これではいけないと思ったんで、高校時代に「意識して」 年表順に、流れを追って小説を読みはじめた。 そうすると、おおむねうすぼんやりとだが、 「」がなぜ軽いと言われるか、とか がなぜヒットしたかとかが、なんとなくわかった気がした(あとでこれは間違っていたとわかった)。 大学では暇があったんで、試しに1週間続けて1日10冊ずつ読んでみるとか、 図書館に籠もって句集を片っ端から読みまくるとか、かなりめちゃくちゃやった。 そしたら、の本に「プロになるだいたいの目安は、原稿を1万枚書くこと」と書いてあったので、 「意識的に」やってみようとしたわけだ。 俺はなまけものなんで、 「やってみよう」と思わなければ、 何もしないんだよ。 きみのいう、「王道」とは正反対のところにいるわけだ。 そんで332が今プロだ、というなら、 332のレスにもぐっと真実味が増すんだけどな。 まあ多分、やり方としては間違ってないとは思うけど。 333も間違ってない。 小説じゃなく漫画なんだけど、自分は333の方法でプロになった。 気がついたら、ってことはさすがにないけどねw デビューは明確な意志がないと出来ないから。 でも332の方法でプロになった人間も知ってる。 ひとつ言えるのは、意識的に技術を蓄積する方が効率がいい。 でも無意識的な蓄積の方が、ムダもある分懐は深くなるよ。 読む本にもよるんじゃないの? 5000冊っていうと短編ばかりを読んでいかないことには達成は不可能。 1冊1000ページにも及ぶような長編を1日で読むというのは不可能。 今俺はそれこそ長編ばかり読んでいるので、1日1冊は不可能。 冊数よりも、文庫本で何ページくらい読んだかというほうが実情に沿っている。 5000冊というのは、通常人間の人生の中における読書の総数量だと いわれているよ。 ただし、本の内容にもよるから、多い少ないという 議論はいかがなものか。 田舎だとほとんどいないが、都市部だとけっこういる。 10000冊を超える人はあんまりいないと思うが。 例をあげれば、「クイズ」「週刊ブックレビュー」の司会をしている 俳優のが10000冊以上。 が50000冊。 若手作家で読書家で有名なのは、をとった。 大学時代は1日3冊。 今はミステリだけ数えても年間400冊くらいだそうだ。 5000冊なんてすぐだな。 webdoku. たくさん読む人より、たくさん書ける人の方が凄いと思うが。 ごめん。 俺の書き方が悪かった。 生涯読書数が5000冊以上の人は都会に限らずあちらこちらに存在していると思う。 著名人なら尚の事、かなりの数の読書家が存在していて不思議ではない。 執筆を生業としてる人のデータならば、そこには意味があるのかもしれない。 人の機微に触れる為に小説を読んだり、必要に迫られて専門書を読んだり、 著名人の職業によっても読書をする理由はやはり様々だと思う。 要は、あなた自身、そしてあなたの周りに、生涯読書数5000冊を超える者が、 一体全体何人くらい存在する?自分の周りにはまずいませんよ、って話。 桜庭の家をテレビで拝見したけど狭い廊下が書架に占領されていたね。 部屋が狭くて本の置き場がないとこぼしていたからかなりの読書家なんでしょう。 書店で本を選ぶ桜庭にカメラが密着していたけど、まさしく。 あの場面を見て完全に者だと感じてしまった。 でもこれらのエピソードは桜庭の名前が売れた今だからこそ自慢出来る話でしょ。 大量読書=ベストセラー作家みたいな勘違いに陥ってはいかんと真面目に思う。 人並み以上読書をして、それをよく咀嚼してから流し込み消化させていく。 自分の文章を客観的に読む事が出来て、尚且つ稚拙な部分や陳腐さに気づき 恥ずかしくなれるような人って自然と早く上達すると思う。 へえーなるほどと、小説家志望者が感心するエピソードではあるけれど、 桜庭のあの読書量と作家としての力量は全くの別物だよ。 大きな賞をもらい脚光を浴びた桜庭さんは実はかなりの者でした。 そんな結果でしかないような気がする。

次の

円城寺まどかの文章毒本

小説家 読書量

作家になるためには読書量が不可欠とはよくいわれます。 しかし、あまり本を読んだことがないという人が たまに新人賞をとって作家デビューして インタビューなどで「本は読みません」と言っています。 こういう人はたいてい2、3年で消えます。 消えない人は、この後、すごい努力をして、本を読んでいます。 インタビューを鵜呑みにしたり、その後もその人が 同じと考えてはいけなのではないかと思います。 読書には、質と量がありますが、 作家を目指すのなら、どちらも上げてほしい。 しかし漠然と手当たり次第に読んでいても 作家になるための読書とはいえません。 効率よく、必要な読書をしていきましょう。 まず、今まであまり本を読んでいないという方は 自分が目指すジャンルの代表作を100冊ピックアップしてください。 上下巻・シリーズは1冊と数えます。 ベストセラー、ロングセラー、人気作家などをネットで調べれば すぐに100冊くらいピックアップできるでしょう。 本好きな人におススメを訊いてもいいでしょう。 そのジャンルの代表作とともに、そのジャンルの歴史も学べます。 どんな経緯でそのジャンルが育ってきたかがわかれば これから書くべき小説の姿も見えてきます。 このリストを消化しているうちに 読書の習慣も身についてくるでしょう。 3分でも時間があれば、本を開くのが習慣化されます。 次に 作家としての技量を上げる読書を目指します。 今まで本を読んでくれば、そのジャンルの優れた作品が どういうものかがわかってくるでしょう。 その優れた点を作者がどのように作品に仕上げているか、 分析します。 純文学なら、まずは文体、言葉の選択、展開、 終結などを学べる作品を選び、分析してください。 エンターテインメントなら、小説を分解してみましょう。 プロット、人物関係図、キャラクターのプロフィールなど その小説から学ぶべき面をとりあげて、分解します。 ご自分が小説を書くときも、これらの資料をつくってみてください。 学ぶことが多いでしょう。 次に、 作家として求められる時代性、 新鮮さを身につけるために本を読みます。 ベストセラーは確かに技術的には学ぶ面は少ないですが その小説がヒットする理由、受け入れられる理由があるはずです。 それをご自分なりに考えてみてください。 これは自分で読まないと身につきません。 誰かのレビューなどを読んで内容を知っても 本質はわかりません。 今、どんな作家がどんな作品を書いているかを追うのも 作家を目指す人にとっては大切な勉強です。 一人ひとりの作家を追うのは、好きな作家、好きな物語になります。 もちろん、それも大事ですから、時間をとって読んでください。 このほかに、自分の目指す新人賞が決まっているのなら その新人賞の文芸誌、同じ傾向の文芸誌(わからなければ 受賞者が書いている文芸誌)を年間購読します。 文芸誌は多くの作家が連載をもっていたり 短編から中編までを掲載しています。 今まで読んだことのない作家や、今読まれている作家、 人気作家から大御所までの作品を読むことができます。 上手に文芸誌を活用してください。 年間定期購読を申し込めば、発売日やその翌日には 確実に送られてきます。 買い忘れがありません。 一年分、先払いですので、特別編集で値段が上がった時に 元の価格で買えます。 送料は無料です。 ならネットから年間定期購読ができます。 トップページの生活・情報誌>総合・文芸>小説・文芸に 文芸誌は入っています。 送料無料で届きます。 文芸誌によっては半年契約、割引価格もあります。 さらに新人賞対策として、 選考委員の小説も読みましょう。 選考委員は著作も多いので、全ての著作を読むのは無理でしょう。 まずは代表作3~5作くらいを読みます。 この時に注意するのは、読者の存在です。 新人賞の選考委員は、多くの場合、人気がある作家を呼び その新人賞の人気を上げたいという主催者の意向があります。 さらにその選考委員の読者層と同じ読者層を 獲得できるような新人作家を求めています。 選考委員がベテラン揃いであれば、自ずと読者層が高かったり そのジャンルに精通している読者を満足させることのできる クオリティを持つ受賞作が求められます。 選考委員が多ければ、読者層、書いているジャンルの硬軟なども 幅広くなるでしょう。 どのような作品が求められているか 選考委員の作品からも予測できるでしょう。 ぜひ、読書の習慣を身につけて 新人賞をとるための読書、 作家になるための読書を心がけてください。

次の