コンパチブル カイザー。 コンパチカイザー

【スパロボDD】【話題】第3回制圧戦の報酬機体にコンパチブルカイザーが登場!!⇒性能は〇〇になるのかな…あの、BGMは…

コンパチブル カイザー

他では見れないのだが、出撃前の画面で長押して出撃後のステータスが見れる• 命中、被弾、回避で気力が+1されるので回避数ミッションの参考にしよう• 回避のみ、にしていても残り1体になると反撃開始することに注意• ブレイクゲージやHP残量は敵も持ち越し可能 制圧戦で勝てない時の戦い方• 敵の必殺技回数が少なければ、0になるまで雑魚で受ける(通称: 人の屑作戦)• 例えば、HPが減ってきたり気力が上がったりすると回復したり能力が大幅に上がったりして壊滅に追い込まれるケースが多々あります。 そんな時に、• 道中、可能な限り通用する機体の必殺技を撃てるようにしておく• ボスの時、第一陣で死なない程度に必殺などを撃ちつつ戦う• ブレイクが回復し、劣勢になったころに撤退• 脱力要員、ブレイク要員などの第2陣で気力やゲージを削って撤退• 再び第一陣や、層が厚ければ第二陣などで攻撃 などなどとし、1ステージに対してBP2から3程使って攻略するテクニックです。 制圧戦不具合報告 制圧戦攻略中にリスナーさんから不具合報告 ガウェインのドルイドシステムを装備した状態で制圧戦オートをしていたら。 VSガエリオ&マッキー 弱点はガエリオが特殊、マッキーが実弾かつ、射程は3なので推奨 ガエリオは実弾&ビームを3000軽減してくるので注意。 照準が1500でまず回避できないので防御推奨。 マッキーは気力が130以上になると手がつけられなくなるので脱力など推奨。 ただし、マッキーはを狙ってきたので何かしらの条件がありそうなので注意です。 第3回制圧戦エリア10攻略 報酬メモ• 第5の使徒まで到達(倒してない)でD撤退だと250pt• EL-14を倒してB撤退は3300pt バストール 弱点ビーム斬撃弱点 海に沈めて真ゲッターと1vs1だったらかなり楽勝でした。 いかに早く海に沈めて他のメンバーで地上への道を塞ぐかがポイントになります。 次のゲッタードラゴン軍団で回復は可能。

次の

コンパチカイザー

コンパチブル カイザー

今週のは、ついに完成しました! 「コンパチブルカイザー/Gコンパチブルカイザー」の作例連載第4回目となります。 Gサンダーゲートは基本的にキットのままで、爪の肉抜き穴をポリパテで埋めています。 機首部分のユニットと首(?)にあたる部分には後ハメ加工を行い、ショルダー・キャノンは合わせ目にC面を作ってモールドに見立て、塗装がしやすいようにしています。 本体両側のインテーク状のディテールの内部の白い成形色のパーツ(R4・R5、R12・R13)は後ハメができないため、ここはマスキングで対応しています。 奥まっているため少し難しいのですが、しっかりと隙間にテープを入れていき、きちんと密着させることで成功率が上がります。 また、白の塗り分けが存在する背部ユニットと尾翼に関してですが、こちらは赤の成形色が鬼門であり、サフを吹いてから白を吹くと、赤の色素が染み出して若干赤みがかった感じになってしまいます。 これを回避するには、一度黒を吹いて染み出しを押さえ込み、隠ぺい力の強い白を吹けばOKです。 サフを吹くだけだとどうしても下から色素が染み出しホワイトを犯すため、ブラックなどを また、白の塗り分けが存在する背部ユニットと尾翼に関してですが、こちらは赤の成形色が鬼門であり、サフを吹いてても下から赤の色素が染み出して、白が若干赤みがかった感じになってしまいます。 これを回避するには、一度黒を吹いて染み出しを押さえ込み、隠ぺい力の強い白を吹けばOKです。 そして、ついにGコンパチブルカイザーに合体! さて、これまで紹介してきた「コンパチブルカイザー」と「Gサンダーゲート」を合体させると、いよいよ「Gコンパチブルカイザー」の完成。 キットではパーツ差し替えで再現されています。 脚の延長したプロポーションの変更によって、元のキットよりもさらにバランスが良くなったと思います。 Gコンパチブルカイザーとなって初めて使用可能となるオーバー・カイザー・ソードは、上の写真をご覧になるとわかるように、設定画よりもかなり長くなっています。 でも解説しましたが、「グレートな剣は長い方が良い」という考えに基づき、刀身とグリップを2キット分使って大幅に延長。 これにより、両手持ちが可能になります。 地味だが、見栄えを大きく左右するポイント。 キット状態の長さのオーバー・カイザー・ソードだと、どうしてもポーズを取ったときに背面のGサンダーゲートやオーバー・キャノンに負けてしまいがちなのですが、これだけ長くすればそんな心配もなく、バンバン見得を切らせることができるようになり、迫力も段違いに良くなります。 加えてロボットアニメに見られる伝統的なパース効かせた構えを再現するべく、プラ板でパース付きの刀身も製作しました。 また、頭部はフェイスパーツの勘合調整を行い、コンパチブルカイザーのフェイスパーツ取り付けも可能にして、いわゆる「マスク割れ、もしくはマスクなし」の状態も再現できるようにしています。 見るアングルは限定されるが、本来、模型のサイズでは不可能な強烈なパースがさらなる迫力を産む。 下写真は通常のオーバー・カイザー・ソードとの比較。 だからこそ、デザイナーである大張正己氏がこれまで携わってきたロボットアニメへのリスペクトを込めつつ、様々なポージングを再現したいと思ったのが今回改めてコンパチブルカイザーを製作した動機のひとつです。 今回の提案を快諾してくださった担当様、関係各所の皆様、そして当記事をご覧の皆様に、この場にて厚く御礼を申し上げます。

次の

Gコンパチブルカイザー

コンパチブル カイザー

コンパチブルカイザー スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS 5,040円 税込 2011年4月発売予定 c SRWOG PROJECT• スケール:NON• 全高:約200mm• 素材:PS、PE、ABS• 商品仕様:プラキット• 原型制作: 吼えろ!コンパチカイザー!! スーパーロボット大戦OGにおいてファイター・ロアと共に活躍し、 スーパーロボットの王道的なスタイリングや必殺技で人気を博した 「コンパチブルカイザー」がいよいよラインナップ! 大張正己氏完全監修のもと、マッシブでメリハリの効いたデザインを忠実に再現しました。 メイン技の一つ「スパイラルナックル」に加え、肩先端パーツ着脱ギミックにより「カイザー・ブーメラン」も再現可能です。 シリーズ初の同スケールパイロットフィギュア、「ファイター・ロア」が付属、 雰囲気を更に盛り上げます。 さらにボーナスパーツとして「オーバー・カイザー・ソード」が付属。 オーバー・カイザー・ソードを振りかざしたコンパチブルカイザーの勇姿をお楽しみ頂けます。 「メカニカル・ベース フライング3」(別売)に対応、臨場感溢れるディスプレイが可能になります。 一部塗装済みマルチカラーキット仕様ですので、組み立てるだけで設定に近い姿に仕上がります。 この投稿は 2011年4月1日 金曜日 12:00 AM に , カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは フィードで購読することができます。 現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。 コメントは受け付けていません。

次の