グラブル メディク。 アビリティ一覧

アルケミストの取得方法は?怪異を暴きし者と魔導師の信念の取り方

グラブル メディク

ジ・オーダー・グランデHLのソロ攻略。 昨今のグラブルには珍しく、捻ったギミックの無いストレートに強いボス。 こちらの防御力を無視した無属性攻撃を多数仕掛けてくるので、相応の対策が必要となる。 難易度的にはより僅かに下といったところか。 様々な攻略方法があると思うが、今回はドクターを採用。 一番簡単 だと思う 風属性で挑む。 ユリウス・アンチラ・カッツェリーラは今更説明するまでも無いだろう。 特にカッツェはグランデHLソロでは大活躍する。 リミテッドモニカは火力役としても回復役としてもソツが無く、退場してしまっても困らない ひどい ので編成。 6番手キャラは基本出て来ることは無いので、セワスチアンにする。 武器編成。 で攻略する。 無属性ボスなので、奥義が属性バフであるリユニオンをメインとする。 両面では3本で回復量は85. 5%上昇する。 ニュートリエントと併せると凄まじい回復量を見せる。 割合ダメージを連発するグランデHLでは最大HPは高すぎても低すぎても良くない。 連撃確保のみならず、暴君スキルにより最大HPを適度に抑えることが出来る。 背水武器を編成する必要は特に無い。 第3スキルは進境一択。 石編成。 後半のトリガーを踏み間違えると一瞬で終わるので、リカバー用に黒麒麟を2枚用意。 上記編成のランク230のHP。 特殊技に割合ダメージを持つボスなので、あまりに最大HPが高いと回復が追いつかなくなる。 5万以上のHPは不要。 5凸進境持ちならメイン武器はエターナルラヴでも良い。 風属性の場合は自属性で完結できるので特に恩恵は無い。 逆に言えば、他属性で攻略する場合はアンチラを入れても総合火力が下がりにくくなるので大変ありがたい効果である。 どの道最大レベルになることは避けられないので、無視。 トリガーはカッツェで他のキャラに押し付ける。 通常特殊:バイセクション 全体に光属性ダメージ 何と言うことはない特殊技。 素受けでOK。 最大HP分の6割ダメージなので、HPが6割以下だと当然死ぬ。 気絶は主人公のワクチンかモニカ2アビで回復。 グランデHLソロでドクターが適当なのは、単体の大ダメージをポーションで回復出来るため。 ちなみにグランデはマリスやルシファー同様にトリガーでCTを消費しない。 お伴の竜は連れて来なかったらしい。 まあ3体ボスは面倒くさいので仕方ない。 対策なしにはどんどんHPを削られる。 治癒スキルが有効。 アンチラ1アビが回復するまでは十分リカバー出来る。 対策無しには問答無用で退場させられるが、ティターン等の食いしばり効果で耐えることも可能。 あえて落として裏から賢者を引っ張り出すのに利用することもできる。 これ以降はカッツェリーラが必須なので交代。 実際にはあのゾーイはかなり巨大なのだろう。 リリンクでどうなるのか気になる。 ここからアーカーシャのように通常攻撃が全体化。 普通の編成だとかなり痛いのだが、治癒&堅守を完備するゼピュロス編成ならどこ吹く風である。 TAを連発されると流石に痛いので、ユリウス3アビかゼピュロス召喚で消去。 一見恐ろしい特殊攻撃だが、追撃を持たないのが有情。 ターン終了時はゼ 絶対に死なない の状態が確定している。 グランデHLに即死フィールドが存在していれば、難易度は極悪化していただろう。 何故か主人公が世界の敵認定される。 ここまで来るとポーションが余りまくるので、どんどん使う。 アンチラ2アビで回避。 カッツェ3アビ必須。 踏み間違えると当然全滅なので、保険のために黒麒麟を1枚残しておきたい。 スパルナフェザー「負けてない!グランデにだってオレは負けてないぞ! オレは間違ってはいなかった 」 スパルナフェザー君大活躍。 治癒スキルは使いどころによっては非常に強力なスキルである。 返す返すもコスモスHEが削除されたのが惜しまれる。

次の

グランデHLソロ攻略: habaneraのブログ

グラブル メディク

名称 説明 アビリティ 固定アビリティ 決められたジョブでしか使用することが出来ない固定のアビリティです。 各ジョブの基本的なジョブアビリティとなります。 EXアビリティ 各ジョブのLv. を上げることで習得出来る一部のアビリティのことです。 他の2種類と異なり、他の系統のジョブでもセットすることが出来ます。 リミットアビリティ ジョブをマスターする Lv. 20まで育てる ことで解禁されるアビリティです。 リミットポイント LP を消費して習得でき、特定のジョブ系統にのみセットできます。 このページでは各ジョブ系統別にアビリティを紹介しています。 刀:エレメンタルキャストは短縮されない。

次の

【FGO】幕間の物語攻略一覧|強化対象とドロップまとめ

グラブル メディク

スポンサードリンク 取得方法• 500JP• 怪異を暴きし者 アルケミストの取得方法は、以上の通り、500JPと魔導士の信念というトレジャーに、怪異を暴きし者という称号が必要になります。 魔導士の信念は、武勲の輝き200と交換することもできますし、共闘クエストでもドロップします。 共闘クエストの場合、Extra1-3がいいと思います。 称号「怪異を暴きし者」は、共闘クエストExtra 1-4をクリアするともらえます。 キュアポーションを生成したり、メディクで回復したりはできるんですが、ビショップのヒールオールのほうが回復力が上なので、 アルケミストよりかはビショップのほうが使いやすいと思います。 ただ、アルケミストは短剣が装備できるのが大きいですね。 短剣の装備できる回復ジョブはアルケミストだけなので、回復が必要で、メイン武器が短剣の場合は、アルケミストの選択に入ってくるかもしれません。 それよりも、メディクをダークフェンサーなどのEXアビリティにして使ったほうが強いような気がしますが… メディクがEXアビリティにできるのは大きいですね。 全体回復のEXアビリティは、このメディクだけですし。 アルケミストは、このジョブで戦っていくというより、EXアビリティを別のジョブに設定したり、マスターボーナスで回復力をあげたりする感じになる気がしました。 そこまで重要度の高いジョブではなさそうなので、後回しにしても大丈夫そうです。 クラス3ジョブを一通り取ってからでも、十分だと思います。

次の