トイレのスッポン 名前。 トイレつまりの道具の名前はスッポン?使い方や家にない時の対処法は?

ラバーカップ

トイレのスッポン 名前

トイレの詰まりを解消する、これ。 これって、みなさんなんて呼んでます?ちなみにぼくはスッポンって呼んでます! トイレを詰まらせた長男 昨日、家に帰ったら長男のケツが見えました(裸じゃないよ)。 玄関開けた左側、洋室があってその向こうにトイレがあるんですけど、そのトイレの扉が開いていて、そこからケツが見えていた寸法です。 見ると、スッポンを操っている。 詰まらせたらしい。 そして、30分はスッポンスッポンやってたと。 どんだけでかいウンコさんしたんや!と思いつつさらに見ると、使い方を間違ってました。 みなさんコレ、ちゃんとした使い方知ってます?割と逆をやっちゃってる人が多いので、ぼくがちゃんと教えてあげますわ。 知ってる人はさすが!そのまま今までどおりスッポンスッポンやっちゃってください。 スッポンの正式名称 その前に、このスッポンの正式名称も割と知らない人がいたりするので、まずはそこから。 この、トイレの奥に鎮座してますスッポン、実は正式にはラバーカップといいます。 rubber cup、すなわちゴムのカップ。 そのまんまやないかい! ちなみに和製英語です。 どっかの会社の商品の商品名だけど商標登録はされてないらしい。 正しく英語で言えばプランジャー。 Plunger。 ラバーカップの正しい使い方 さて、ここからが本番。 ラバーカップの正しい使い方ですが、率直に言うと押すんじゃないんです。 押さない! 「詰まってるモンを勢いよく押し込むんじゃー!」と言う人が割といるんですが、ギュッと押し込むと詰まってるモノ(たいがいウンコさんとトイレットペーパー)がギュッと圧縮されて詰まりが強力になったりするのでご注意を。 まぁ、相当粘着力のあるぼくのウンコさんのようなウンコさんをしない限りは大丈夫な気がしますが、相当時間かかちゃうことが予想されます。 引く! そう、正解は引くんです。 ラバーカップは、詰まってるものを引っ張り出すためのモノなのです。 ラバーカップを排水口に垂直にフィットさせて、水をラバーカップが隠れるくらいの水位にします。 (画像掲載元:) そしてゆっくり押して押してもうこれ以上押せないってなるまでゆっくり押して…。 もう押せなくなるまでですよ。 限界まで押してください。 (画像掲載元:) そして一気に引く!ていうか引き抜く!スッポーンって! (画像掲載元:) これを数回繰り返せば詰まってたやつが出てくるでしょう、アーメン。 出てきたやつは、そのまま流したらまた詰まったりするかも知れませんので、出来れば取り除いた方がいいでしょう。 あと、バケツかなんかで一回水を流してみてください。 もしまだ詰まった状態で普通に流して汚水が溢れちゃっても超メンドクサイことになりますから。 ぼくはまぁメンドくさいのでそのまま流したりしますけど、大抵流れちゃいますので、流しちゃってもいいかも。 その場合、「また詰まった!」とか言われても責任は取れませんが。 自己責任でどうぞ。 ラバーカップの種類 さてこのラバーカップ、いざホームセンターなどに買いに行くと思いのほか種類が多く、「どれ買ったらいいんだ?」と悩んだことがある人も多いと思います。 なので、ラバーカップの種類をザックリと書いとくやつ。 お椀型のカップがついてるだけなんだが? スーパーや、最近では100円ショップでも見かけることがありますが、オーソドックスなこのタイプ、実は和式便所用なんです。 洋式でも使えないことはないですが、効果はかなり薄いようです。 なんか帽子のツバみたいのがついてるんだが? 最近は節水型の洋式トイレが増えてきていますが、この帽子のようなラバーカップは正にそのような節水型トイレ用なのです。 このツバの部分がどんな形状でもフィットして隙間を防いでくれます。 蛇足 さてこのラバーカップ、ぼくはスッポンと呼んでると書きましたが、みんなどんなふうに呼んでるんだろうと思って調べてみると、出るわ出るわ、色々な呼称があるんですね。 「ギュッポン」「プカプカ」「パッコン」「ガッポン」「ボンテン」「キュポキュポ」「バフバフ」「ヘプシ」「「キュッポンキュッポン」などなど。 ほとんどがその作業中の音や動作を連想させるものです。 ヘプシ? 最近では やっぱりこれつかうと汚水が飛び散ったりして割とキタナイことになったりします。 そんなわけで最近はもっとスマートに詰まりを解消するアイテムもあるようです。

次の

知れば納得。実は結構あるトイレのすっぽんの名前や正しい使いかた|生活110番ニュース

トイレのスッポン 名前

トイレのつまり解消に役立つ道具といえばこれ「ラバーカップ」。 いわゆるスッポンと言われるものです。 他にも通称があり、吸引カップ・ズッポン・かっぽん・キュッポン・吸盤・バキューム・シュポシュポ・ボンテンなど地域によって様々な呼び方があります。 正式名称は「通水カップ」英語では「プランジャー」と呼ばれています。 水道修理業者でもよく使う、ごく一般的なつまりの修理道具「ラバーカップ」。 おもちゃなど固形物や異物が詰まった場合を除き、ほぼ全てのトイレの詰まりを解消できます。 ただし、正しい使い方をしないと効果は減少。 思ったように詰まりを直せないことも多いです。 そこでこの記事では、 水道修理のプロがラバーカップ(スッポン)の正しい使い方を解説します。 注意してほしいことは、トイレが詰まったときに、まずはラバーカップではありません。 正しくは、トイレットペーパーや排泄物など水に溶ける物、トイレに流せる物が詰まったときはラバーカップです。 固形物や水に溶けない物など、トイレには流してはいけない物が詰まりの原因ならラバーカップはおすすめしません。 仮にラバーカップで水が流れるようになったとしても、トイレに流してはいけない物が排水管の奥へと移動して次のトラブルが発生してしまいます。 ラバーカップで上手く吸引できれば、固形物を取り出せる可能性もありますが、失敗して奥へと流れてしまった場合の修理費は数倍になるのでリスクが高すぎます。 大量のトイレットペーパー• 排泄物• テッシュペーパー• 流せるお掃除シートなど ラバーカップの種類を確認 洋式用• 一般的な形の『和式用』(底の出っ張りがない)• 底の先が出っ張った『洋式用』 ラバーカップには大きく2種類あります。 一般的な形(底の出っ張りがない)をしているのが主に和式便器で使うスッポンです。 これはキッチン・お風呂・洗面などの排水口にも使えるものです。 現在のご家庭では洋式トイレが多いと思いますので、先が出っ張った洋式用を使います。 また、先の出っ張り部分を出し入れできる兼用の物もあります。 また最近では節水トイレに対応した大きめのつば付きで便器によりフィットするように作られた節水型便器対応ラバーカップもあります。 また排水口が四角い形状の場合は、丸型のラバーカップではフィットしにくいため、四角い排水口にもフィットするパッコンバーというラバーカップもあります。 形状が違うのはより吸引効果を高めるためなので、あなたのトイレにあったラバーカップを使うようにしましょう。 またラバーカップを購入するときは使用するトイレの排水口のサイズを確認して、排水口にフィットするサイズを選びましょう。 洋式用ラバーカップには大・小などのサイズがあります。 排水口よりもラバーカップのサイズが小さいと隙間ができてしまい吸引力がだせないので注意してください。 和式・洋式トイレの種類も確認! 最初にラバーカップを正しく使ってトイレの詰まりを解消する手順を確認しましょう。 1,止水栓を閉める。 誤って水を流さないように止水栓または水道の元栓を閉めましょう。 2,便器から水が溢れそうなときは水を抜く(ラバーカップのゴム部分が浸るくらい)• 3,便器に水が少ないときは水を入れる(ラバーカップのゴム部分が浸るくらい)• 4,汚れないように養生する。 水の飛び散りはビニール袋や新聞紙で防ぐ• 5,ラバーカップで詰まりを解消する• 6,詰まりが解消されたかバケツで流して確認する• 7, 止水栓を開けてレバーで水を流す まずは止水栓または水道の元栓を閉めることから トイレが詰まっている状態で誤ってハンドルレバーから水を流してしまうと便器から汚水が溢れて大変なことになります。 上記画像のようにトイレの止水栓または水道の元栓を閉めましょう。 マイナスドライバーで時計まわりで閉まります。 マイナスドライバーではなくハンドルで手で閉められるタイプもあります。 トイレの止水栓がわからない場合は、家全体の水道の元栓を閉めましょう。 また止水栓を閉めてもタンク内には水が溜まっている状態です。 タンクを開けて灯油ポンプやコップなどを使ってバケツに水を移してタンク内の水を抜いておきましょう。 便器から水が溢れそうなら灯油ポンプとバケツで取り除く 便器から溢れそうな水位で水が流れずに便器に溜まっている状態、ここでラバーカップを使うと汚水が溢れてしまいます。 衛生上も良くありませんので、ラバーカップを使う前にある程度、便器の水を取り除いておきます。 目安としては、ラバーカップ先端のゴム部分(カップ)が水に浸かる程度まで水を抜きます。 便器の上面より10センチ以上水位が低くなるくらいにしましょう。 便器内の水を抜く方法は、灯油ポンプや器などを使ってバケツに移しましょう。 このときにに新聞紙や雑巾などを床に敷いて汚れないようにしておくと後処理が楽になります。 ラバーカップの使い方のコツは『水に浸す』 「手順」ラバーカップの正しい使い方• 1,ラバーカップを排水口と水平になるように密着させる• 2,ゆっくりと押し込みカップをへこませる• 3,勢いをつけてグッと引っ張る• 4,1~3を何度か繰り返す ラバーカップを使う時、まずは 排水口と水平になるように先端部分を密着させます。 このときカップと便器との隙間ができないように、空気の漏れがないように意識しましょう。 次にゆっくりと押し込んでいきます。 静かに、徐々に押し込んでいくのがコツです。 もう押し込めないところまで来たら、勢いをつけてグッと引っ張ります。 押し込むときはカップ先端の出っ張りが排水口の奥深くに入るようにして、カップの中の空気を押し込んで真空状態になるように意識しましょう。 引っ張るときは勢いよくです。 水が吸い寄せられて詰まりを引っ張りだすイメージです。 これを何度か行うと、つまりがなくなった感覚があったり、ゴボゴボと音がして流れるはずです。 それがつまりが解消された合図となります。 なぜ押してはいけないのでしょうか? それは、ラバーカップは押しこむためではなく、つまりを引っ張るための道具だからです。 ラバーカップは真空状態を作ることで吸引力を出します。 単純に押し込めてしまうと余計につまりを悪化させ、水が溢れたり排水管を傷める原因になります。 業者を呼んだ時大規模な修繕工事にならないためにも、ラバーカップ(スッポン)を使うときは必ず引っ張るようなイメージで使いましょう。 ラバーカップが押せない時の使い方 ラバーカップがどうしても押し込めない時もあると思います。 そういう時は、 少し持ち手を傾けてから押し込んでみましょう。 こちらの動画を見ることでコツが掴めます。 詰まりを解消できた後はバケツで水を流して確認 詰まっていたのものを上手に引っ張ることができた後処理ですが、トイレットペーパーや便など流しても大丈夫なものは少しづつ流していきます。 もし、子供のおもちゃ・水に溶けないお掃除シートなど、トイレには流せない固形物が逆流して出てきた場合は、 流さずに手袋や火バサミなどの挟めるもので取り除きましょう。 次に詰まりが解消されたか確認します。 水洗レバーで一気に水を流すとまだ詰まっていた場合に便器から溢れてしまうので、ここは慎重に行ってください。 まずはバケツで少しずつ水を流しながら水位が上昇しないか、スムーズに流れているか確認してください。 問題なければ止水栓または元栓を開けてハンドルレバーから水を流して完了です。 もし、水が流れない、まだ少し流れが悪いなど、詰まりが解消されない場合は、下記ページのラバーカップ以外の方法を試してみましょう。 ただし、他の方法を試すのはトイレットペーパーや排泄物など水に溶ける物が詰まりの原因とわかっている場合に限ります。 トイレには流せない固形物が詰まっている可能性がある場合は専門業者に相談してください。 ラバーカップの正しいお手入れ方法 よく洗剤や漂白剤で洗うという方法がありますが、あれはゴムを傷めることになります。 ですので、 水で綺麗に洗い流した後、ベランダなどで天日干しするほうが長持ちできます。 必ず水で綺麗に洗い流さないと、虫が湧いたり臭いがきつくなりますので、注意してください。 ラバーカップの種類、便器の種類を確認する• トイレの止水栓または水道の元栓を閉めて、タンク内の水を抜く• 便器から水が溢れそうときは水を抜く(先端のゴム部分が浸るくらい)• 便器に水が少ないときは水を入れる(先端のゴム部分が浸るくらい)• ビニールや新聞紙で水の飛び散りを防ぐ• 排水口に水平になるようにラバーカップを設置• 押すときはゆっくり、引くときは一気に引く、何度か繰り返すことで詰まりを直す• 詰まりが解消されたか確認するには、レバーではなくバケツで溢れないように水を流す• つまりが解消できたらラバーカップを水洗いして天日干し ラバーカップ(スッポン)は、押しこむのではなく引っ張る道具。 つまりを悪化させないためにも、必ず押しこむ時はゆっくり行ってください。 流れにくい固形物などを詰まらせていない限りは、ある程度はラバーカップで解消できるはず。 もし、それでも直らない時は、薬剤や専用道具などを使って対処します。 以下のページではラバーカップ以外での修理方法をご紹介していますのでご参考ください。 修理の種類 WEB限定料金 通常料金 トイレの詰まり 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ トイレの水が溢れる、止まらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ チョロチョロ水が漏れている 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ タンクに水がたまらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 異臭、悪臭がする 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の水漏れ不具合 故障 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の取り付け(交換) 11,880円(税込み)~ 19,440円(税込み)~.

次の

トイレの「スッポン」英語でどういう?

トイレのスッポン 名前

トイレ詰まった スッポンなしで対処するには? トイレを済ませて、いつも通り水を流そうとするとどんどん水位が上がってくる・・・。 え?え?と思って、とにかく焦りますよね!! でも、流れないんだからどうにもできなくて。 溢れる!!とひやひやしながら、入り口の方に後ずさり。 我が家も便器のぎりぎりまで、水位が上がったことがあって、何度かもう溢れちゃう!!って思いました。 幸い、少し水圧を下げてるおかげで流す時の水量が減っているので、まだ溢れたことはありません。 ですが、便座すれすれまで来たことは何度もあります。 そんな、ひやひやする経験しているにも関わらず、実はすっぽんを持っていません。 いつもトイレが詰まったらすっぽんなしの対処で乗り越えています。 では、実際どのように対処しているかお伝えしていきますね! まず、トイレが詰まったら放置です。 すぐに対処しようとせず、待ちましょう! トイレから離れても大丈夫ですが、水位は覚えておいてください。 私は、気になるのでじーっと眺めていることもあります(笑) そして、しばらくして水位が下がっているようであれば、もう少し待ってから自力の簡単対処法を実践してみましょう。 もし、水の量が減っていかないという時は、2つ目・3つ目の対処法もご覧ください。 トイレが詰まったらお湯で対処 軽い詰まりであれば、お湯だけで対処することも可能です。 ただし、異物を詰まらせた場合は対応できません。 強引に流そうとすれば、奥の方に押し込んでしまい、もっと手こずる厄介な状況になります。 異物が詰まって取れないなら、この方法ではなくスッポン(ラバーカップ)を使ってください。 このいったトイレの詰まりは、業者さんを呼ぶのが無難です。 異物ではない!トイレットペーパーなど流せるもの、もしくは自分の排泄物・・・とわかっている場合は、この方法をまず試みましょう。 トイレ自体の水は、少なければ少ないほど良いです。 2. 水が減ったところでお湯を注ぐ 便器の上の方まで満たしましょう。 最初のトイレ詰まりの段階で、詰まりきっていて水が引かない場合は、次の方法を試してみましょう。 トイレの詰まりに食器用洗剤で対処 お湯でトイレ詰まりに対処する方法と、やり方は同じです。 お湯での解消法に、食器用洗剤100㏄を足すだけ。 1. 食器用洗剤を便器に100㏄入れる 2. お湯を上の方まで入れる 3. 30分ほど待つ 4. お湯を半分まで足す 5. トイレの水を流す 最初の洗剤を入れる部分以外のやり方は、同じです。 再度いいますが、熱湯はダメです。 温度計がないなら、手でぬるま湯になっているか確認してくださいね。 お湯を注ぎ入れる時に、高い位置から細いラインを描くように奥に流れていく部分にダイレクトに流し込むようにすると、 お湯で溶けやすくなる作用に水圧も加わって効果的です。 ただ、汚水が跳ねると大変なのでご注意ください。 トイレに流せるものでない異物が詰まっている時には、絶対にやらないでくださいね。 トイレの詰まりを重曹と酢で対処 お湯と洗剤でトイレの詰まりが解消しない場合、重曹と酢を使った方法があります。 トイレットペーパーなどを溶けやすくできるので、この方法でトイレ詰まりが直る人も多いですよ。 1.トイレの窓を開けておく 炭酸ガスが発生する為、念のため窓は開けて行ってください。 2.便器内の水が多い場合は一旦抜く 何を使って水を抜いてもいいのですが、 1リットルのパック飲料(牛乳パックなど)を使うと、使った後そのまま捨てられて衛生的です。 2.重曹を入れる 水が溜まっている奥の部分に、ダイレクトに入れてください。 我が家は、バシャっとまとめていれると沈殿していたので、パラパラ振り入れました。 3.酢を入れる すぐに発砲し始めます。 重曹を先にいれると、この発砲が長持ちするので順番は厳守! 4.便器の半分くらいまで約45度のお湯を注ぐ 5.1時間ほど待って、トイレットペーパーなどが溶け出すのを待つ 6.ゆっくりとお湯を足して、水位が下がるか確かめる 7.水位が下がるようなら水を流す トイレの詰まりを対処中に、誤って水を流すレバーを引いたり・当たったりすると大変なので。 念のため、止水栓を締めたほうが良いですね。 といっても、私はそのままやりましたが(笑) これらの方法は、トイレの詰まりがまだ軽度もしくは手前に詰まっている時に効果が出やすいです。 なので、 ちょっと流れにくいと感じたら、詰まり始めてるサインと思って実践するのがおすすめ。 で、私もよくやってしまうのですが、何度か流してるうちに流れる時があるんですよね。 その時の様子と、トイレ詰まりを解消した方法はこちらでご紹介しています。 冬のトイレが詰まりやすい理由 実は、冬場の方がトイレが詰まりやすいのを知っていますか? そういえば??という感じがしませんか? そんな大量のトイレットペーパーを流したわけでもない気がするのに・・・。 いつもと同じような感じだったのに・・っていうことがありますよね。 それは、ずばり水が冷たいから! つまり、冷たい水だから溶けだしてくれないわけです。 トイレットペーパーや排泄物など。 なかなか溶けなくて、逆に硬くぎゅっとなってしまうような傾向があるのです。 特に便秘の人は要注意!! カチカチの便は、冬にトイレの詰まりを引き起こしやすいです。 冬は、水が冷たいのでただでさえ詰まりやすく、一度トイレが詰まったら自然には直りにくい環境になります。 その為、ひどい便秘の私は 拭く前に一度流します。 もともと硬いから、トイレットペーパーと一緒に流すと詰まりやすさに拍車が掛かります(笑) それでも詰まった場合は、お湯・食器用洗剤を使って、まず自力で解消できないか試してみましょう。 食器用洗剤とお湯であれば、おそらく誰でも持っているかと思います。 すっぽんは、簡単そうに見えますがうまくできない人も多いです。 私も、トイレ詰まりが悪化してスッポンを買いに走りましたがコツを掴むまでだいぶ掛かりました。 その為、まずはすっぽんなしのこの解消法から実践した方が良いでしょう。 汚物が散乱する可能性も低いですし、便器が破損する心配もありません。 便器が割れたら、それこそ悲劇なので・・・。 すっぽんは、正しい使い方を確認してから使いましょう! スポンサーリンク トイレが詰まった時にすっぽんなし まとめ トイレに、ブラシ置いているご家庭は多いかもしれません。 ですが、案外すっぽんって置いてなかったりしますよね。 どうやって置いておくの?とか思ったりして・・・。 特に一人暮らしの人は、持ってない人が多いでしょう。 そんな時のトイレ詰まりには、お湯や洗剤を使うと簡単です。 便器も傷めませんし、やり方も至ってシンプルです。 汚物も飛び散らないので、一番安全といえます。 但し、異物が詰まった場合は、残念ですがこの解消法は使えません。 手に負えないと思った時は、悪化する前に業者に委ねるのが無難。 費用が気になる方は、無料見積もりをしてくれるこちらが安心です。

次の